for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

9984.T

現在値

6,055.00JPY

変化

8.00(+0.13%)

出来高

10,899,000

本日のレンジ

5,965.00

 - 

6,055.00

52週レンジ

4,210.00

 - 

7,180.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,047.00
始値
6,029.00
出来高
10,899,000
3か月平均出来高
372.15
高値
6,055.00
安値
5,965.00
52週高値
7,180.00
52週安値
4,210.00
発行済株式数
1,549.89
時価総額
10,432,490.00
予想PER
8.99
配当利回り
0.73

次のエベント

Q3 2023 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

Japan's SoftBank Could Sell Some Stake Via Blockdeal In Policybazaar At 440 Rupees Per Share On Friday - CNBC Awaaz

SoftBank Group Corp - To Issue 385 Billion Yen In 7-Year Unsecured Straight Bonds

SoftBank Vision Fund CFO Govil - Plan Vision Fund Staff Cut Of More Than 30%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

業種

Communications Services

連絡先

TOKYO PORTCITY TAKESHIBA Office Tower

1-7-1, Kaigan

MINATO-KU, TKY

105-7537

Japan

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, Executive President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yoshimitsu Goto

Chief Financial Officer, Senior Managing Executive Officer, Chief Information Security Officer, President & CEO of Subsidiary, Director

Kentaro Kawabe

President & CEO of Subsidiary, Director

Ken Miyauchi

Chairman of Subsidiary, Director

Rajeev Mishra

Executive Vice President

統計

2.39 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

6.2K

2021

5.6K

2022

6.2K

2023(E)

6.5K
EPS (JPY)

2020

-478.500

2021

2,619.610

2022

-1,018.580

2023(E)

673.812
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.62
株価純資産倍率(四半期)
0.79
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
167.29
長期負債/資本(四半期)
128.46
投資利益率(過去12カ月)
-6.05
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.47

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、25日線下回る

<15:52> 日経平均・日足は「中陰線」、25日線下回る 日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万7777円90銭。攻防ラインと みられた25日移動平均線(2万7844円33銭=2日)を28営業日ぶりに下回った 。陰の寄り付き坊主に準ずる形状で、売り圧力の強さがうかがえる。一方、75日線(2 万7650円63銭=同)が支持線となった。週足の13、26、52週の各移動平均線 が集中する2万7400円台前半は堅めのサポートに意識される。下方圧力がさらに強ま る場合、この水準で下げ止まるかが焦点となる。 <15:10> 新興株はマザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ反落、下げ限定 「円高影響受けにくい」の声

<15:10> 新興株はマザーズ反落、下げ限定 「円高影響受けにくい」の声 新興株式市場は、マザーズ総合が0.93%安の798.98ポイントと、反落した 。東証グロース市場指数は0.91%安の1015.67ポイントだった。 下落率は日経平均の1.59%安より小さかった。米国市場で長期金利が低下し、ハ イテク株比率の高いナスダック総合が小幅ながら上昇したことが支えになった。 また、日経平均は円高が重しになったが「(新興株は)内需株が多く、円高の影響を 受けにくい」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれた。 フリーやM&A総合研究所が大幅安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、日銀ETF買いへの思惑が支え

<13:18> 日経平均は下げ渋り、日銀ETF買いへの思惑が支え 日経平均は午後に入り、500円安の2万7700円台前半で下げ渋る動きとなって いる。 きょうのTOPIXの前場終値が2.04%安だったことから「後場には日銀の上場 投資信託(ETF)買いが入るとの思惑が下支えになっている」(国内証券のストラテジ スト)との声が出ている。市場では、前場TOPIXの2%超安が日銀による買いの基準 との観測がある。 業種別では、電気・ガスや海運、建設、卸売業などで、前場の終値からの下げ縮小が 目立つ。 米国の景気懸念や為替の円高が景気敏感株や輸出関連株...

午前の日経平均は大幅反落、円高が重し TOPIX2%超安

東京株式市場で日経平均は大幅反落し、前営業日比546円24銭安の2万7679円84銭で前場を終えた。前日の米株安や円高の進行を嫌気し、軟調に推移した。下げ幅は一時560円を超え、特に輸出関連株の売り圧力が強まった。前場のTOPIXは2.04%安となり、日銀のETF(上場投資信託)買いの思惑も広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、輸出関連株の売り加速

<10:15> 日経平均は下げ幅拡大、輸出関連株の売り加速 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約430円安の2万7700円台後半で推移 している。寄り付きから変わらず全業種で値下がりし、全面安の展開となっている。下げ 幅は一時450円を超えた。 輸出関連株の下げが目立っており、トヨタ自動車、日立製作所、ホ ンダが軟調。市場では、ドル/円相場での円高進行と前日の米株安が重しになっ ているとの声が聞かれた。「多くの企業がドル/円の想定レートを135円前後としてお り、さらなる円高進行は企業業績にとってマイナスになる可能性がある」(国内証券...

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売り優勢

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比242円90銭安の2万7983円18銭と、反落してスタートした。寄り付き後も350円安と下げ幅を広げている。昨日の株高の反動で利益確定売りが優勢となり、節目の2万8000円を下回った。東証33業種では、全業種値下がりしている。

ソフトバンクG、印PBフィンテックの5%株売却へ=報道

ソフトバンクグループは、インドのオンライン保険プラットフォーム「ポリシーバザール」を運営するPBフィンテックの5%株式を、ブロック取引を通じて売却する計画だ。地元メディアのCNBC-TV18が関係筋の話として伝えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線は下向きに

25日移動平均線(2万7830円49銭=1日)、10日線(2万8094円27銭=同)は上向きの一方、5日線(2万8133円75銭=同)は緩やかに下向きになっており、目先の日経平均は売りも出やすいとみられている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株は反発、米長期金利低下が支え 

新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.63%高の806.44ポイントと反発した。東証グロース市場指数は同1.61%高の1025.02ポイントだった。米長期金利が低下する中、前日の米市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大きく上昇したことが好感された。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみ合い、徐々に様子見姿勢強まる

後場の日経平均はもみ合う展開が続いている。前場引けとほぼ同水準の、前営業日比約310円高で推移している。前場に引き続き、米金利低下に伴って値がさ株やグロース(成長)株の一角がしっかり。市場では「グロース株の上昇は日経平均の指数押し上げにつながりやすい。日経平均はこのまま2万8000円台を維持し、2万9000円をトライできるかが注目される」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 一方、米経済指標の公表をにらんで足元では様子見姿勢も広がっている。今晩は、米連邦準備理事会(FRB)が物価統計として重視する10月の個人所得・消費支出が発表...

午前の日経平均は反発、米引き締めへの過度な警戒感が緩和

1日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比312円05銭高の2万8281円04銭と反発した。利上げペース減速を示唆したパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の発言で米株が上昇したことを好感し、買いが先行した。一巡後は、重要な経済指標の発表を控えて伸び悩んだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、円高で輸出関連の一角が軟調に

日経平均は一時400円超高に上値を伸ばす場面があったが、買い一巡後は伸び悩んでいる。為替が円高寄りで推移しており、完成車メーカーなど輸出関連株の一角が軟調となっている。

寄り付きの日経平均は反発スタート、FRB議長発言後の米株高を好感

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比304円14銭高の2万8273円13銭と、反発してスタートした。前日の米国市場で、連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が12月連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げペース減速を示唆して株高となったことを好感し、買いが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、MACDがデッドクロス

日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7968円99銭。25日移動平均線(2万7791円46銭=30日)が支持線として機能。ローソク足は下影陽線のカラカサに準ずる形状となり、売り一巡とみることも可能だ。一方、MACDがデッドクロスし、調整リスクもくすぶる。支持線は、引き続き25日線や75日線(2万7655円46銭=同)が見込まれる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが5日ぶり反落、ウェルプレイドRは値付かず

新興株式市場は、マザーズ総合が1.22%安の793.51ポイントと、5日ぶりに反落した。東証グロース市場指数は前営業日比1.21%安の1008.79ポイントだった。米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落し、投資家心理の重しになった。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅縮小、アジア株の底堅い動きが支え

後場の日経平均は午前の終値から下げ幅を縮小し、前営業日比約100円安の2万7900円台前半で推移している。アジア株がプラス圏で底堅く推移しており、相場を下支えしている。前場は軟調だった半導体関連株や自動車株がプラス転換している。

午前の日経平均は4日続落、ハイテク株安が重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比169円68銭安の2万7858円16銭と4日続落した。前日の米株市場でのハイテク株安を嫌気した値がさのハイテク銘柄の下げが大きく、全体の重しとなった。ただ、米連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容を見極めたいとして様子見姿勢も広がり、下げが一段と拡大する動きにはならなかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、値がさ株下落が重し 

日経平均は軟調な展開が続いている。寄り付きから下げ幅を拡大し、前営業日比約190円安の2万7800円台前半で推移。値がさ株の下げが指数全体の重しとなっている。市場では「前日の米株市場でのハイテク株安の流れを受けて、東京市場でも値がさのハイテク株が売られているようだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。

寄り付きの日経平均は続落、ハイテク株が軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比141円17銭安の2万7886円67銭と、続落してスタートした。前日の米株市場でのハイテク株安を嫌気して、値がさ株や半導体関連株が軟調に推移している。個別では、東京エレクトロン、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループが軟調。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線・75日線が下値支持線に

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線・75日線が下値支持線に 日経平均・日足は上に短く、下に長いヒゲを伴う「下影陰線」の形に近い「小陰線」 で、下落一服の相場を暗示している。終値は2万8162円83銭。 5日移動平均線(2万8177円90銭=28日)、25日線(2万7706円21 銭=同)など、短期の主要な移動平均線は上を向いており、目先は底堅い展開も見込まれ る。 市場では「当面は25日線や75日線(2万7658円83銭=同)が日経平均の下 値を支えるのではないか」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれ、2万7500...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up