for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

9984.T

現在値

9,922.00JPY

変化

101.00(+1.03%)

出来高

15,285,000

本日のレンジ

9,653.00

 - 

10,040.00

52週レンジ

4,300.00

 - 

10,695.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,821.00
始値
9,700.00
出来高
15,285,000
3か月平均出来高
272.07
高値
10,040.00
安値
9,653.00
52週高値
10,695.00
52週安値
4,300.00
発行済株式数
1,801.64
時価総額
20,524,070.00
予想PER
5.76
配当利回り
0.45

次のエベント

Full Year 2021 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

Gojek Co-CEO, Andre Soelistyo, To Head App Giant After Merger With Tokopedia - Bloomberg News

SoftBank Vision Fund Q4 Profit Could Surpass $30 Billion - Bloomberg

Tempo Raises $220 Million In New Capital

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

業種

Communications Services

連絡先

TOKYO PORTCITY TAKESHIBA Office Tower

1-7-1, Kaigan

MINATO-KU, TKY

105-7537

Japan

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Ronald D. Fisher

Vice Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiaries

Yoshimitsu Goto

Chief Financial Officer, Senior Managing Director, Chief Information Security Officer

Ken Miyauchi

Executive President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

Simon Segars

Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.85 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

9.2K

2019

9.6K

2020

6.2K

2021(E)

6.0K
EPS (JPY)

2018

466.770

2019

634.075

2020

-478.500

2021(E)

1,710.410
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.11
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.20
株価純資産倍率(四半期)
2.32
株価キャッシュフロー倍率
9.87
総負債/総資本(四半期)
231.12
長期負債/資本(四半期)
156.77
投資利益率(過去12カ月)
3.21
自己資本利益率(過去12カ月)
2.36

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回り地合い悪化

<16:01> 日経平均・日足は「小陰線」、7 5日線を下回り地合い悪化 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日終値(2万9100円38銭= 20日)から大きく下放れる格好となった。これまで下値支持線として機能していた75 日移動平均線(2万9118円28銭=21日)も下回り、地合いが悪化した。 ボリンジャーバンドでは3月の下落局面で切り返したマイナス2シグマ(2万856 3円27銭=同)を下回った。下降トレンドの発生も意識される。 <15:45> 新興市場は大幅続落、地合い悪化でマザーズは3%超安 新興株市場は軟調に推移し、...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は大幅続落、地合い悪化でマザーズは3%超安

<15:45> 新興市場は大幅続落、地合い悪化でマザーズは3%超安 新興株市場は軟調に推移し、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続落と なった。マザーズ指数は前営業日比3%を超す下落となり、市場では「きのうまで買われ ていた直近IPO銘柄やウィズコロナ銘柄も売られる展開となっており、地合いが悪化し ている」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.53%安。個別では、イメージワン <2667.T >、環境管理センター 、Speee 、Shinwa Wise Hol dings が商いを伴い大幅安。ネクストウェア...

日経平均は大幅続落、591円安 米株安と感染拡大で地合い悪化

東京株式市場で日経平均は大幅続落した。米株安や国内での新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感から地合いが悪化。日経平均は寄り付きで2万9000円を割り込み、一時680円54銭安の2万8419円84銭まで下げ幅を拡大した。1日を通して安値圏でもみあう展開となった。これまで日経平均の下値支持線として機能した75日移動平均線(2万9118円28銭=21日)からは下放れ、市場では「上昇相場の終焉として意識され始めた」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は550円安でもみあい、75日線下回り地合い悪化

<14:35> 日経平均は550円安でもみあい、75 日線下回り地合い悪化 日経平均は安値圏でもみあい。前営業日比550円超安の2万8500円台前半での 推移となっている。午後2時30分現在での東証1部の売買代金は1兆9182億720 0万円。東証33業種では、空運業以外の32業種が下落する展開となっている。 市場では、日経平均が75日移動平均線を下回ったことにより、地合いが悪化したと の見方が多い。「コロナショック以降の上昇相場は日経平均の75日移動平均線が下支え となっていたため、上昇相場の終焉として意識されはじめたのだろう」(国内証券...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は持ち直し、日銀によるETF買いの思惑

<13:12> 日経平均は持ち直し、日銀によるETF買いの思惑 日経平均は、きょうの安値圏で持ち直す動きとなっている。一時2万8400円付近 に下落した後、日銀のETF買いへの思惑から2万8500円を回復。その後、急速に2 万8600円台に上昇した。 その後は、やや失速気味となっている。新型コロナの感染拡大を受けた緊急事態宣言 の発令を警戒した売り圧力の継続への警戒感も根強い。3月の直近安値は24日の終値で 2万8405円52銭、ザラ場で2万8379円06銭で「どうしても目先は、これらの 水準が意識されやすい」(国内証券)という。 <11...

午前の日経平均は大幅続落、米株安やコロナ警戒続く

21日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比638円18銭安の2万8462円20銭となり大幅に続落した。米国の株安や国内での新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感から売り優勢の地合いが継続した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は600円超安、朝方安値割り込み売り強まる

<11:15> 日経平均は600円超安、朝方安値割り込み売り強まる 日経平均は下げ幅を拡大し600円超安で推移。朝方の安値2万8599円を割り込 んでから売り圧力が強まった。 証券ジャパンの大谷正之投資情報部長は、テクニカル面から3月の下落局面で切り返 したボリンジャーバンドのマイナス2シグマを下回ったことで「きょうは下方向のトレン ドが出やすいとみている投資家が多い」と話している。 次の下値メドは3月の安値2万8379円06銭や26週移動平均線の通る2万78 72円付近と見られる。 <09:50> 日経平均は安値もみあい、突っ込み警戒感...

21年3月期の業績は精査中、一部報道でソフトバンクG

ソフトバンクグループは21日、2021年3月期の最終利益が4兆円台後半になる見通しと一部で報じられたことについて、業績は精査中とのコメントを発表した。1─3月期に複数の投資先が上場して、評価益が計上されたのは事実とする一方、多くの未上場投資先は公正価値を算出中とした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、突っ込み警戒感からショートカバーも

<09:50> 日経平均は安値もみあい、突っ込み警戒感からショートカバーも 日経平均は安値もみあい。朝方は米株安を受け、大幅続落で始まったものの、売り一 巡後は戻りに転じる場面があり、前場中盤に差し掛かってからは一進一退の展開。市場で は「2日間の急落で突っ込み警戒感が台頭し、ショートカバーや実需筋の押し目買いも入 っているようだ」(国内証券)との声が出ていた。 前日は大幅安で始まった後は、反発力がほとんど感じられなかったが、きょうは戻る 場面があるなど、上下にうねりが出ていることが注目されている。 <09:05> 日経平均は大幅続落、...

ホットストック:ソフトバンクGがしっかり、前期最終利益4兆円台報道を評価

ソフトバンクグループがしっかり。午前9時45分現在、東証1部の売買代金ランキングで第1位となっている。朝方は地合いの悪化から売られたものの、その後は切り返す展開となった。市場関係者によると「前期の最終利益が4兆円台後半になるとの一部報道がポジティブな評価を受けた」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)という。

寄り付きの日経平均は大幅続落、3月26日以来の2万9000円割れ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比440円02銭安の2万8660円36銭となり、大幅続落でスタート。前日の米国株安が嫌気されたほか、国内要因では3度目の緊急事態宣言が発令される見込みとなったことが懸念材料となり、ほぼ全面安となっている。3月26日以来の2万9000円割れとなった。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタなど主力銘柄が総じて売り優勢

<08:40> 寄り前の板状況、トヨタなど主力銘柄が総じて売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニーグループ < 6758.T>、ホンダ 、キヤノン 、東京エレクトロン 、ソフトバン クグループ 、三菱UFJフィナンシャル・グループ など主力株が総じて 売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック な ども売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225...

日経平均は急反落、環境面悪化で売り優勢 調整局面は正念場に

東京株式市場で日経平均株価は急反落した。米株安、円高、コロナ禍に対する警戒感の広がりなど環境面の悪化から、終始売り優勢の展開となった。日経平均は下値の目安として意識されていた75日移動平均線(2万9104円08銭)をわずかながら下回り、テクニカル面では調整局面が正念場に差し掛かったとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、強力な支持線だった75日線の攻防に

<15:30> 日経平均・日足は「中陰線」、強力な支持線だった75日線の攻防 に 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「中陰線」。もみあい から一気に下放れる格好となり、5日移動平均線(2万9546円56銭=20日現在) 、25日移動平均線(2万9506円44銭=同)のみならず、わずかながらではあるが 75日移動平均線(2万9104円08銭=同)まで下回り、急速に弱気に傾斜する足取 りとなった。 75日線は昨年来、強力な下値支持線として機能し、3月24日安値(2万8379 円06銭)を付けた前回の急落場面でもサポート...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は軟調に推移、地合い悪化の中で直近IPOが気を吐く

<15:10> 新興市場は軟調に推移、地合い悪化の中で直近IPOが気を吐く 新興株市場は軟調に推移。日経ジャスダック平均は小幅に5日ぶりに反落、東証マザーズ指数も反落し た。市場では「地合いの悪化から売り優勢となる中で、需給面でシコリ感の心配が小さい直近IPOが買わ れ、気を吐く格好となった」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.36%安。個別では、イメージワン が一時ストップ高 に買われたほか、ナガオカ もしっかりだが、大幅高で始まった環境管理センター は値を消 し、ハーモニック・ドライブ・システムズ 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で推移、2万9000円割れ寸前で下げ渋る

<14:05> 日経平均は安値圏で推移、2万9000円割れ寸前で下げ渋る 日経平均は安値圏で推移。2万9000円割れ寸前まで下落したものの、その後は下げ渋る展開。商い も細っており、小康状態を保っている。市場では「日経平均が終値で75日移動平均線を維持できるがどう かがポイント。昨年来、同線は強力な下値サポートラインとなっていただけに、これを下回ると調整色が一 段と濃くなる」(雨宮総研代表の雨宮京子氏)との声が聞かれた。 <12:40> 安値もみあい、下値の目安として75日移動平均線を意識 後場寄り付き後の日経平均は、安値もみあいとなっている...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、下値の目安として75日移動平均線を意識

<12:40> 安値もみあい、下値の目安として75日移動平均線を意識 後場寄り付き後の日経平均は、安値もみあいとなっている。テクニカル面では、下値の目安として2万 9100円を超えた水準に位置する75日移動平均線が意識されているという。市場では「戻りが鈍い状態 となっているが、押し目を買う動きも散見される。日銀のETF買いに対する期待もあるようだ」(国内証 券)との声が聞かれた。 <11:44> 前場の日経平均は大幅反落、コロナ感染警戒や円高で売り強まる 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比534円66銭安の2万9150円71銭となり...

午前の日経平均は大幅反落、コロナ感染警戒や円高で売り強まる

20日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比534円66銭安の2万9150円71銭となり、大幅反落した。前日の米株安に加え、対ドルでの円高基調や、国内での新型コロナウイルス感染拡大への警戒感も重しとなって、下げ幅は一時600円超安まで拡大した。その後いったん下げ渋ったが、反発力は弱く安値圏での推移となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時600円超安、世界経済回復シナリオ「崩れず」

<10:29> 日経平均は一時600円超安、世界経済回復シナリオ「崩れず」 日経平均は一時600円超安の2万9082円40銭まで下げた。その後は2万91 00円台後半に値を戻している。一時107円台後半に下落したドルは、108円台を回 復した。 前日の米株価は主要3指数がそろって下落した一方、米WTI原油は小幅上昇だった ことから「米国を中心とした世界景気の回復シナリオは崩れておらず、相場の支えになる のではないか」(国内証券)との声が出ている。 <09:40> 日経平均は500円超安、円高や感染拡大など複数のネガティブ材料 重なる 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は500円超安、円高や感染拡大など複数のネガティブ材料重なる

<09:40> 日経平均は500円超安、円高や感染 拡大など複数のネガティブ材料重なる 日経平均は下げ幅を拡大し、一時552円31安の2万9133円06銭で安値を付 けた。現在500円安の2万9100円台後半。外為市場ではドル/円が一時107円台 後半を付けた。 市場では「米株安以外にも為替の円高や国内での新型コロナウイルスの感染拡大など が材料が重なり、売りが売りを呼ぶ展開となっている。欧米ではワクチン接種が進む中、 国内では大幅に遅れ感染が再拡大。主力企業の決算を来週に控え、弱気な業績見通しやコ メントを発表する可能性が出てきた」(...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up