for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

9984.T

現在値

3,675.00JPY

変化

-113.00(-2.98%)

出来高

45,510,900

本日のレンジ

3,620.00

 - 

3,887.00

52週レンジ

2,609.50

 - 

6,045.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,788.00
始値
3,788.00
出来高
45,510,900
3か月平均出来高
503.16
高値
3,887.00
安値
3,620.00
52週高値
6,045.00
52週安値
2,609.50
発行済株式数
2,071.36
時価総額
7,916,217.00
予想PER
--
配当利回り
0.87

次のエベント

Full Year 2020 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

Meetup Spins Off From WeWork

OneWeb Files for Chapter 11 Restructuring to Execute Sale Process

Moody's Downgrades Softbank Group To Ba3

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

連絡先

Tokyo Shiodome Bldg.

1-9-1, Higashi-shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7303

Japan

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Ronald D. Fisher

Vice Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiaries

Yoshimitsu Goto

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Chief Information Security Officer

Yun Ma

Executive Chairman of Subsidiary, Director

Ken Miyauchi

Executive President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.50 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

8.9K

2018

9.2K

2019

9.6K

2020(E)

9.6K
EPS (JPY)

2017

643.505

2018

466.770

2019

634.075

2020(E)

334.681
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.41
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.83
株価純資産倍率(四半期)
1.02
株価キャッシュフロー倍率
3.18
総負債/総資本(四半期)
249.87
長期負債/資本(四半期)
196.84
投資利益率(過去12カ月)
1.90
自己資本利益率(過去12カ月)
1.41

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、二番底の模索が継続

<17:15> 日経平均・日足は「大陰線」、二番底の模索が継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」。25日移動平均線(1万9281円47銭=1日)に 接近していた日足はこの日遠ざかり、引き続き上値の重さが意識された。19日の安値(1万6358円1 9銭=19日)に対する二番底の模索が継続している。 市場からは「24日と25日に空けたマド(1万8100円39銭─1万8446円80銭)を意識し た展開となった。連日3兆円超となり膨れ上がっていた東証1部の売買代金は、きょうは3兆円を割り込ん だ。これは売り圧力が弱まっていると捉えることができ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、日経平均に連れ安 一部の銘柄では海外ファンドが買い

<16:15> 新興株市場は軟調、日経平均に連れ安 一部の銘柄では海外ファンドが買い 新興株市場は軟調。日経平均が後場に急落したことを受け、新興株も連れ安となり、日経ジャスダック 平均は1.62%安の3日続落、東証マザーズ指数は0.95%安の反落となった。前日大幅に買われた銘 柄を中心に利益確定の売りが出た。ただ、中小型株の中でも選別が進んでおり、一部の銘柄では買いが目立 った。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス が続落。前 日ストップ高となっていた出前館 、中京医薬品 なども売られた。チエル 、イメー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、600円超安 米株先物の下げ幅拡大を嫌気

<14:30> 日経平均は下げ幅拡大、600円超安 米株先物の下げ幅拡大を嫌気  日経平均は下げ幅拡大、前日比600円ほど安いの1万8300円台前半を推移している。市場からは 「米株先物の下げ幅拡大に伴い、日経平均も連れ安となっている。米国での新型コロナの急速な感染拡大を 受け、ジム・ロジャーズ氏やジェフリー・ガンドラック氏といった著名な投資家がネガティブなコメントを 出すなど、きょうは地合いが悪い。売りに押されてしまう」(国内証券)との声が出ていた。 <13:35> 日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず 日経平均は軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず

<13:35> 日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず 日経平均は軟調、1万8500円台後半を推移している。米国での新型コロナウイルスの感染拡大が急 増しており、31日には1日の死者数が初めて700人を上回ったことなどが嫌気され、米株先物が下落し ている。市場からは「米株先物が下げ止まらない。国内でも、引き続き首都封鎖のうわさがあるなど、地合 いは良くない。機械的な売りが入っている可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。   <11:45> 前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気  前場の東京株式市場...

日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比177円03銭安の1万8739円98銭となり、続落した。前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、主力輸出関連株を中心に安寄りして始まった。弱い日銀短観も嫌気され400円近くまで下げ幅を拡大したが、その後は下げ渋った。新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞が懸念されるものの、下値は日銀のETF(上場投資信託)買いに対する警戒もあり、売り込みにくいという。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気

<11:45> 前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比177円03銭安の1万8739円98銭となり、続落 した。前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、主力輸出関連株を中心に安寄りして始まった。弱い日銀短 観も嫌気され400円近くまで下げ幅を拡大したが、その後は下げ渋った。新型コロナウイルスの感染拡大 による経済停滞が懸念されるものの、下値は日銀のETF(上場投資信託)買いに対する警戒もあり、売り 込みにくいという。 寄り付き前に日銀が発表した3月調査短観は投資家心理を圧迫する...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は続落スタート、主力輸出関連株中心に安寄り銘柄多い

<09:05> 日経平均は続落スタート、主力輸出関連株中心に安寄り銘柄多い 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比230円89銭安の1万8686 円12銭となり、続落してスタート。前日の米国株式が軟化したことを受けて、主力輸出 関連株を中心に安寄りして始まる銘柄が多い。日銀短観は予想を若干上回ったものの、株 価に対してマイナスに働いた格好。先行きの悪化をここから株価に織り込むとの見方が出 ている。 <08:30> 寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー な...

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち

<08:30> 寄り前の板状況、主力輸出関連株が売り買いまちまち 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー な どが売り優勢となる一方、ホンダ 、キヤノン などが買い優勢で、主力の 輸出関連株は売り買いまちまち。富士通 、TDK 、任天堂 ソフ トバンクグループ などは買い優勢だが、指数寄与度の大きいファーストリテイリ ング は売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション...

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(30日現在)

台湾の外交部(外務省)は30日、新型コロナウイルスの感染例や予防措置の詳細について台湾が世界保健機関(WHO)に提供した情報が他の加盟国に共有されていないと批判した。

北京汽車と滴滴出行、リース事業を計画 新車販売低迷で

と配車サービス大手の滴滴出行は、他社と共同でBAICの乗用車をリースする事業を立ち上げると発表した。

日経平均反落、円高嫌気し大幅安 引けにかけ戻す

東京株式市場で、日経平均は反落した。新型コロナウイルスに対する警戒感が引き続き強い中、円高進行が嫌気され終始売り優勢の展開となった。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(30日現在)

中国国家衛生健康委員会によると、29日に本土で確認された新型コロナウイルスへの新たな感染者は31人で、前日の45人から減少した。減少は4日連続。

ソフトバンクG出資のワンウェブ、米破産法11条の適用申請

ソフトバンクグループ<9984.T>が出資する衛星ベンチャー企業ワンウェブは米連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請したことを明らかにし、資産売却を進める方針を示した。また新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人員削減を実施した。

ホットストック:ソフトバンクGは反落、投資先の英衛星ベンチャー破綻で

ソフトバンクグループは反落。同社が出資する衛星ベンチャー企業ワンウェブは米連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請したことが嫌気されている。市場からは「ソフトバンクGは投資会社という位置づけ。世界の株安や出資先の破綻はネガティブ材料」(国内証券)との声が出ていた。

アングル:五輪延期、サムスンの日本スマホ市場攻略計画に狂い

2020年東京五輪を契機に日本のスマートフォン市場で一気に存在感を高める計画を進めてきた韓国のサムスン電子<005930.KS>は、新型コロナウイルス感染拡大による五輪の1年延期で肩透かしを食らった。

米ウィーワーク、資金面は十分 新型コロナ拡大で逆風

米共用オフィス運営大手ウィーワークは26日、昨年末時点で手元に有していた44億ドルの現金と融資枠は、向こう5年間の経営計画と新型コロナウイルスでもたらされる課題の処理に十分との見解を示した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は中陰線、「陽の陰はらみ」

<15:57> 日経平均・日足は中陰線、「陽の陰はらみ」 日経平均・日足は「中陰線」。上ヒゲのない「陰の寄り付き坊主」の形状で、投資家の強い失望感を表 している。ローソク足の組み合わせは「陽の陰はらみ」。あすの取引で下寄りし、陰線で終わった場合は下 降相場を示唆するが、上寄りして陽線を引いた場合は短期的な上昇相場の継続も期待できる。 <15:45> 新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新型コロナ関連は物色 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反落した。東京都での新型コロナウイ ルス感染者急増を受け警戒感が広...

日経平均は4日ぶり大幅反落、882円安 都市封鎖リスクを警戒

東京株式市場で、日経平均は大幅に4日ぶり反落した。東京都での新型コロナウイルス感染者急増による都市封鎖リスクへの警戒感が広がり、朝方から幅広い銘柄で売りが先行した。前日、丸紅<8002.T>が今期の当期損益予想を赤字に修正したことで企業業績の下押しに対する懸念も出た。日経平均は大引けにかけて一時下げ幅を1000円超に拡大。終値ベースでも1万9000円を割り込んだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新型コロナ関連は物色

<15:45> 新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新 型コロナ関連は物色 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反落した。東京都での新型コロナウイ ルス感染者急増を受け警戒感が広がり、新興市場でも幅広い銘柄が売られた。ただ、ジャスダック市場では マスクなどの製造を手掛ける銘柄が物色され、ストップ高まで上昇する銘柄もあった。東証マザーズ指数は 4.23%安、日経ジャスダック平均は1.28%安となった。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、フリー 、ティーケーピー が反落。メ ドレー 、オイシックス・ラ・大地...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、日銀がETF買い入れか 米上院は新型コロナ対策法案可決

<13:30> 日経平均は下げ幅縮小、日銀がETF買い入れか  米上院は新型コロナ対策法案可決 日経平均は後場下げ幅を縮小し1万8900円台半ばを推移している。市場からは「日銀のETF(上 場投資信託)の買い入れか、もしくはそれを期待した買いが入っている」(国内証券)との声が出ていた。 また、日本時間の午後に米上院が新型コロナウイルスに対処する2兆ドル規模の経済対策法案を全会一 致で可決したと伝わったことも材料視されているという。「25日の米国株式市場は法案の可決に対する疑 念が出てきてまちまちとなった。法案が全会一致で可決したことは好材料...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up