for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

9984.T

前日終値

4,330.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

3,401.50

 - 

6,045.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,330.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
291.28
高値
--
安値
--
52週高値
6,045.00
52週安値
3,401.50
発行済株式数
2,071.24
時価総額
8,902,609.00
予想PER
8.71
配当利回り
0.77

次のエベント

Q3 2020 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

T-Mobile CEO Legere Isn't Taking Wework CEO Job, Has No Plans To Leave Wireless Co- CNBC

Wework Facing SEC Inquiry Over Whether It Violated Financial Rules In Run-Up To Its Failed IPO - Bloomberg

India Regulator OKs Secondary Purchase Of 3.28% Of Delhivery By Softbank

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

業種

Communications Services

連絡先

Tokyo Shiodome Bldg.

1-9-1, Higashi-shimbashi

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Ronald D. Fisher

Vice Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiaries

Yoshimitsu Goto

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer

Yun Ma

Executive Chairman of Subsidiary, Director

Ken Miyauchi

President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.79 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

8.9K

2018

9.2K

2019

9.6K

2020(E)

9.6K
EPS (JPY)

2017

643.505

2018

466.770

2019

634.075

2020(E)

501.880
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.93
株価純資産倍率(四半期)
1.21
株価キャッシュフロー倍率
3.01
総負債/総資本(四半期)
247.37
長期負債/資本(四半期)
194.12
投資利益率(過去12カ月)
4.31
自己資本利益率(過去12カ月)
3.16

最新ニュース

最新ニュース

米TモバイルCEOが来年退任へ、ウィーワークとの接触は否定

米携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>は18日、レジャー最高経営責任者(CEO)が来年退任すると発表した。

WRAPUP 1-ヤフーとLINEが経営統合、IT業界の「第3極」目指す

ヤフーを傘下に持つZホールディ ングス(HD)とSNSサービスのLINEは18日 、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。ユーザー基盤や 経営資源を集約し、米中の強豪がひしめく世界のIT業界で「第3極」 になることを目指すとした。 ZHDの親会社ソフトバンクとLINEの親会社NAVERが折半 出資する共同出資会社がZHDを傘下に置き、その下に完全子会社とし てヤフー、LINEが入る。今年12月をめどに、法的拘束力のある最 終契約の締結を目指し協議・検討を進めていく方針。AI(人工知能) や検索、通信、広告、決済、コミュニケーション...

米データ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社

米国の大手ビッグデータ分析会社、パランティア・テクノロジーズは、日本のSOMPOホールディングス<8630.T>と共同出資会社を設立した。パランティアによると、新会社は当初、医療およびサイバーセキュリティー分野の顧客に焦点を当てる。

情報BOX:混迷深めるユニゾHD巡る動き、2ファンドがTOBに名乗り

ユニゾホールディングス<3258.T>を巡る一連の動きが混迷を深めている。フォートレス・インベストメント・グループと米ブラックストーンが共にTOBに名乗りを上げている。

コラム:孫氏が本領発揮、ヤフー・LINE統合に大きなうまみ

検索サービスのヤフーを展開するZホールディングス<4689.T>と無料通信アプリを手掛けるLINEが、経営統合に向けて検討に入った。高齢者の5人に4人が買い物の支払いを現金で行っている日本で、出遅れていたデジタル決済サービスが拡大のチャンスを迎えた。Zホールディングスの親会社・ソフトバンクグループ<9984.T>を率いる孫正義氏が、本領を発揮した形だ。

再送-UPDATE 1-ヤフーとLINEが経営統合を正式発表、アジアや世界でリード目指す

(グラフィックスを追加しました) [東京 18日 ロイター] - ヤフーを傘下に持つZホールディ ングス(HD)とSNSサービスのLINEは18日 、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。それぞれのユー ザー基盤や経営資源を集約し、アジアや世界に展開するリーディングカ ンパニーになることを目指すとしている。 ZHDの親会社ソフトバンクとLINEの親会社NAVERが折半 出資する共同出資会社がZHDを傘下に置き、その下に完全子会社とし てヤフー、LINEが入る。今年12月をめどに、法的拘束力のある最 終契約の締結を目指して協議・...

米Tモバイルのトップ、ウィーワークCEO就任の計画なし=報道

米携帯電話大手TモバイルUSのレジャー最高経営責任者(CEO)は、共有オフィス賃貸を手掛ける米ウィーワークのCEOに就任する意向はなく、Tモバイルを去る計画もないと、CNBCが15日、関係筋の情報として報じた。

米SECがウィーワークを調査、IPO準備で違反の可能性=報道

米証券取引委員会(SEC)は、共有オフィス賃貸を手掛ける米ウィーワークが9月に撤回した新規株式公開(IPO)の準備段階における金融規則違反の有無について同社を調査していると、ブルームバーグが15日、関係者2人の話として報じた。

アングル:ヤフー・LINE統合構想、携帯電話への貢献も鍵 楽天参入に備え

ヤフーとLINEの経営統合構想は、電子商取引(EC)で先行する楽天に肩を並べる規模に経済圏を拡大する側面がある一方、楽天の携帯電話市場参入で生じ得る波乱への備えともなりそうだ。ファンドが苦境にあるソフトバンクグループ<9984.T>にとって、安定的な収益を生み出している携帯事業への貢献も大きなポイントとなる。

ユニゾHD、TOB価格5000円への引き上げ含めフォートレスと協議を継続

ユニゾホールディングス<3258.T>は15日、同社に株式公開買い付け(TOB)を提案している投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループが価格など条件を変更したことを受け、価格について1株5000円に引き上げることも含め、協議を継続するとのコメントを発表した。

日経平均は続落、複数の売り材料 先行きに不透明感

東京株式市場で日経平均は続落。ドル/円の円高基調、中国経済指標の予想下振れ、連日の香港ハンセン指数の下落などが投資家心理を圧迫した。前場はプラス圏に浮上する場面はあったものの、後場には下落し、下げ幅は一時250円を超えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか

<15:23> 日経平均・日足は「小陰線」、目先は調整含みか 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日下抜けした5日移動平均線(2万3341円03 銭=14日)に上値を抑えられる形となった。 75日移動平均線(2万1695円98銭=同)や200日移動平均線(2万1469円44銭=同) は右肩上がりで、上昇トレンドが崩れたとは言い切れないが、MACD(短期12日、長期26日の平滑移 動平均線のかい離幅、プラス374.74=同)がシグナル(プラス387.04=同)を下回り、デッド クロス。パラボリックも陰転するなど目先は調整含みの展開...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色

<15:15> 新興株市場は軟調、好決算銘柄には物色  新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は3日続落、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落となった。「 好決算を発表した銘柄は個別に物色されている。マザーズ市場は時価総額が高い銘柄が軟調だった」(ネッ ト系証券)という。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、CYBERDYNE 、PKSHA Tech nology などが軟調。MTG 、シェアリングテクノロジー など売られた。半 面、マーケットエンタープライズ はストップ高比例配分。メドピア は大幅高。サイバー・ バズ は一時ストップ高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、日銀ETF買いのスタンスに疑念

<14:46> 日経平均は小動き、日銀ETF買いのスタンスに疑念 日経平均は小動き、2万3100円台後半で推移している。香港ハンセン指数の連日 の下落や為替の円高以外にも、日銀のETF(上場投資信託)買いのスタンスに対する疑 念が投資家心理を悪化させているとの声も出ている。 市場からは「日銀はリスクプレミアムを測る際、複数の指標をみる。前場のTOPI Xは一時1%近くまで下がったが長期金利は上がっており、VIX指数も低い状態で市場 はニュートラル。日銀のETF買いについてはもう少し冷静な見方が必要」(運用会社) との声が出ていた。 <13...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時250円超安、為替やハンセン指数にらみ

<13:39>  日経平均は一時250円超安、為替やハンセン指数にらみ 日経平均は2万3100円台半ばで推移している。一時下げ幅を250円超に拡大し、2万3062円 16銭を付けた。前場に発表された中国経済指標の予想下振れや、香港ハンセン指数の弱含み、外為市場で の円高進行など複数の材料が下押し要因になっている。 市場からは「午後1時頃に利益確定売りがピークに達して日経平均は急落した。株式市場は不透明感を 嫌う。香港情勢は悪化する一方で、もしここから中国が本格的に介入するとなると、米中通商協議にも影響 を与えかねない。しばらくは売られるのではないか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場下げ幅拡大、ランチタイム中に先物売り

<12:32>  日経平均は後場下げ幅拡大、ランチタイム中に先物売り 日経平均は2万3100円台後半。後場下げ幅を拡大し、きょうの安値を付けた。東 京市場のランチタイム中、香港ハンセン指数が下げ幅を拡大。外為市場でややドル安/円 高が進行したこともあり、日経平均先物に売りが出た。現物指数も押し下げられている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、円高が上値抑え小幅安水準でもみあう 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日55円91銭安の2万3263円96銭 となり、続落した。前日の米国市場はしっかりとなったものの、外為市場でドル/円が...

前場の日経平均は続落、円高が上値抑え小幅安水準でもみあう

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日55円91銭安の2万3263円96銭となり、続落した。前日の米国市場はしっかりとなったものの、外為市場でドル/円が108円台後半で推移するなど円高に振れ気味となったことが、上値を抑える格好となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、中国経済指標が予想下振れ

<11:29> 日経平均はマイナス圏、中国経済指標が予想下振れ 日経平均はマイナス圏、2万3200円台半ばで推移している。寄りつきから前日終 値を挟んでもみあいが続く中、午前11時前に一時2万3360円06銭まで上昇してい たが、その後に発表された中国の経済指標が弱く、マイナス圏に沈んだ。 中国の国家統計局が発表した10月の鉱工業生産は前年比プラス4.7%で、市場予 想のプラス5.4%を下回った。 市場からは「午後1時くらいまでの間に極端な売りが出なければ、ある程度悪い数字 になることを織り込んでいたと解釈される」(銀行系証券)との声が...

ホットストック:ソフトバンクGがしっかり、市場全体に好影響の声も

ソフトバンクグループがしっかり。経営統合報道でZホールディングスとLINEが買われており、グループの中核企業であるソフトバンクGも「ネガティブな材料が続いた後のグループを強化する好材料が出現したことで、見直し機運が高まりそう。もともと人気株だけに、市場全体にも好影響を与えそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。

米ウィーワーク、第3四半期は赤字拡大 拠点増設でコスト膨らむ

共有オフィス「ウィーワーク」の運営会社、米ウィーカンパニーが13日発表した第3・四半期決算は、純損失が12億5000万ドルと、前年同期の4億9700万ドルから拡大した。共有オフィスの拠点を急速に増やしたが、コストを抑えられなかった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up