for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

9984.T

現在値

4,875.00JPY

変化

9.00(+0.18%)

出来高

10,434,800

本日のレンジ

4,865.00

 - 

4,955.00

52週レンジ

3,876.00

 - 

6,045.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,866.00
始値
4,890.00
出来高
10,434,800
3か月平均出来高
284.60
高値
4,955.00
安値
4,865.00
52週高値
6,045.00
52週安値
3,876.00
発行済株式数
2,071.24
時価総額
10,169,040.00
予想PER
11.95
配当利回り
0.68

次のエベント

Q3 2020 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

Softbank Group Lowers Stake In doValue To 26.9% From 43.9% - Italian Market Watchdog

Eurocastle Crossed Upwards 15% Threshold Of Dovalue On Dec. 13, 2019

Softbank-Backed Robotic Pizza Startup Zume Plans To Lay Off Up To 80% Of Its Staff - Business Insider

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

業種

Communications Services

連絡先

Tokyo Shiodome Bldg.

1-9-1, Higashi-shimbashi

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Ronald D. Fisher

Vice Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiaries

Yoshimitsu Goto

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer

Yun Ma

Executive Chairman of Subsidiary, Director

Ken Miyauchi

President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.73 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

8.9K

2018

9.2K

2019

9.6K

2020(E)

9.5K
EPS (JPY)

2017

643.505

2018

466.770

2019

634.075

2020(E)

408.298
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.06
株価純資産倍率(四半期)
1.38
株価キャッシュフロー倍率
3.43
総負債/総資本(四半期)
247.37
長期負債/資本(四半期)
194.12
投資利益率(過去12カ月)
4.31
自己資本利益率(過去12カ月)
3.16

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:ユニゾ巡る動き、フォートレスがTOB期間を延長

フォートレスは1月20日、ユニゾへの公開買い付け期間を2月4日まで再び延長すると発表した。ユニゾホールディングス<3258.T>が昨年末、従業員による買収(EBO)により非公開化すると発表したことを受け、フォートレスはこれまで公開買い付け期間を今年1月20日まで延長していた。

ソフトバンク、インドネシア新首都に最大400億ドル投資も=調整相

インドネシアのルフット・パンジャイタン調整相(海事・投資)は17日、ソフトバンクグループ<9984.T>が、インドネシアが計画しているジャカルタからカリマンタン島への首都移転計画に最大400億ドルを投資することを提言したと述べた。

ウィー中国法人、テマセクとPE会社が出資率上げを提案=関係筋

シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスと中国のプライベートエクイティ(PE)会社、トラストブリッジ・パートナーズは、米シェアオフィスのウィーワークの中国法人と出資率引き上げについて協議した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

Tモバイルとスプリントの合併巡る訴訟、最終弁論に

ニューヨーク州などが米携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>と同業スプリント<S.N>の合併差し止めを求めて起こした訴訟は15日、最終弁論が行われた。

コラム:ユニコーンの企業価値、「魔法」支える資金調達法

IT界の未公開巨大企業(ユニコーン)はしばしば、自らが魔法を操れると信じている。背景には未公開株市場ならではの仕組みがある。未公開のスタートアップ企業は、企業価値が上昇している間に資金調達を行うだけで、さらに価値評価を高められる。ほんの一部の調達額に基づき価値を評価する慣習と、優先株に与えられる権利にも問題がある。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

ソフトバンクGの孫会長、インドネシア投資拡大の意向=メディア

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長は10日、インドネシアへの投資を拡大したいと述べた。インドネシアメディアが伝えた。

訂正:ソフトバンクG出資の宅配サービス「ラッピ」、人員6%削減

携帯アプリを使った宅配サービスを中南米で展開するラッピは、6%の人員を削減したと発表した。

ソフトバンクG、印再生エネ合弁の過半数株売却で交渉=インド紙

ソフトバンク・グループ<9984.T>は、インドの再生エネルギー合弁会社SBGクリーンテクの過半数株式の売却を目指して交渉している。さまざまな分野で投資事業の不振が続くなか、手元資金を増やすことが狙い。インド紙エコノミック・タイムズ(電子版)が9日、関係筋の話として報じた。

ソフトバンクG、印再生エネ合弁の過半数株売却で交渉=インド紙

ソフトバンク・グループは、インドの再生エネルギー合弁会社SBGクリーンテクの過半数株式の売却を目指して交渉している。さまざまな分野で投資事業の不振が続くなか、手元資金を増やすことが狙い。インド紙エコノミック・タイムズ(電子版)が9日、関係筋の話として報じた。

ソフトバンクG、伊債権回収大手への出資比率が低下

イタリアの債権回収最大手ドゥバリュー<DOVA.MI>に対するソフトバンクグループ<9984.T>の株式保有比率が、43.9%から26.9%に低下した。同行の浮動株が増加し、9.4%をヘッジファンドのEJFインベストメンツが握った。イタリアの監督当局が7日、明らかにした。

コラム:スタートアップを揺るがすソフトバンクのソフトな投資

ソフトバンクグループ<9984.T>を率いる孫正義氏のディールメーキングへの新たなアプローチはスタートアップ企業を揺るがしそうだ。孫氏は、1000億ドル規模の「ビジョン・ファンド」による投資を今後、より慎重に行うという。食品デリバリー、ライドシェア、eコマース分野の黒字化への道のりが長いスター企業の間でM&A(合併・買収)が活発化するとみられる。

柳井氏、ソフトバンクGの社外取締役を退任 「本業に専念」

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は27日、ファーストリテイリング <9983.T>の柳井正会長兼社長が社外取締役を退任すると発表した。12月31日付。

柳井ファーストリテ会長、社外取締役を31日付で退任=ソフトバンクG

ソフトバンクグループは27日、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が社外取締役を退任すると発表した。12月31日付。

ヤフーとLINEの経営統合で最終合意、ソフトバンクが主導権

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とソフトバンク<9434.T>、SNSサービスのLINE<3938.T>とその親会社のネイバー<035420.KS>は23日、ヤフーとLINEの経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。新たに設立する合弁会社の取締役の過半数はソフトバンク側となり、主導権を握る。

米社巡るソフトバンクG追加融資、交渉妥結は越年へ=関係筋

米シェアオフィス大手「ウィーワーク」の経営悪化で赤字に陥ったソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>の追加融資交渉で、みずほや三菱UFJ、三井住友の主力3行による30億ドル(約3300億円)の融資承認が越年することが23日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。主力行の足並みがそろうかが焦点で、協調融資の枠組みは今後見直される可能性もありそうだ。

ZホールディングスとLINE、経営統合で最終合意

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とSNSサービスのLINEは23日、経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。

ハンドルのない自動運転車、米当局が公道走行めぐり近く判断

米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)の当局者は、ハンドルなどドライバーによる制御機能を持たないい自動運転車の公道走行の実現を求めていた米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の嘆願書について、近く決定を下す見通しであると述べた。ロイターの取材に答えた。

ソフトバンクG出資のOYO、2000人削減か=インド紙

ソフトバンクグループ<9984.T>が出資するインドの格安ホテル運営会社OYO(オヨ)ホテルズアンドホームズは、来年1月末までにインドで少なくとも2000人の人員を削減する。

ウィーワーク、17.5億ドルの信用枠確保 ゴールドマンが主導

共用オフィス運営のウィーワークは17日、ゴールドマン・サックス<GS.N>との間で17億5000万ドルの信用枠について文書を交わしたことを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up