for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社

9984.T

現在値

8,758.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

2,609.50

 - 

8,900.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,758.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
341.60
高値
--
安値
--
52週高値
8,900.00
52週安値
2,609.50
発行済株式数
1,879.32
時価総額
17,769,690.00
予想PER
9.63
配当利回り
0.52

次のエベント

Q3 2021 SoftBank Group Corp Earnings Release

適時開示

その他

Sb Cayman 2 Ltd Reports Open Market Sale Of 38 Mln Shares Of Uber's Common Stock At $53.46/Share On Jan 7 - SEC Filing

Softbank Group Corp - Bought Back 123.85 Billion Yen Of Own Shares From Dec 14-31

Softbank's SVF Investment Corp Announces Pricing Of $525 Million IPO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクグループ株式会社とは

ソフトバンクグループは、通信・インターネット関連を中心に事業を運営する。【事業内容】同社には、6つの事業セグメントがある。ソフトバンク事業は、日本国内における移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなど固定通信サービスの提供などを行うほか、日本国内における携帯端末アクセサリーやパソコン向けソフトウエア、周辺機器の販売を行う。スプリント事業は、米国における移動通信サービスの提供、携帯端末の販売やリース、アクセサリーの販売、固定通信サービスの提供を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業やイーコマース事業、会員サービス事業を行う。アーム事業は、マイクロプロセッサーに係るインターネット・プロトコル(IP)および関連テクノロジーのデザイン、ソフトウエアツールの販売を行う。ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業は、テクノロジー分野で投資活動を行う。ブライトスター事業は、海外における携帯端末の流通事業を行う。その他、同社はフォートレスや福岡ソフトバンクホークス関連事業などを行う。

業種

Communications Services

連絡先

Tokyo Shiodome Bldg.

1-9-1, Higashi-shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7303

Japan

+81.3.68892000

https://group.softbank/

エグゼクティブリーダーシップ

Masayoshi Son

Chairman of the Board, President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Ronald D. Fisher

Vice Chairman of the Board, Chairman & President of Subsidiaries

Yoshimitsu Goto

Chief Financial Officer, Senior Managing Director, Chief Information Security Officer

Ken Miyauchi

Executive President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

Simon Segars

Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.64 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

9.2K

2019

9.6K

2020

6.2K

2021(E)

6.0K
EPS (JPY)

2018

466.770

2019

634.075

2020

-478.500

2021(E)

928.001
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.83
株価純資産倍率(四半期)
2.19
株価キャッシュフロー倍率
13.54
総負債/総資本(四半期)
212.22
長期負債/資本(四半期)
167.87
投資利益率(過去12カ月)
-0.63
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.48

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日線と日足が交差 下値不安後退か

<15:53> 日経平均・日足は「大陽線」、5日線と日足が交差 下値不安後退か 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」、線の実体部分が大きく、買い意欲が強い相場を表 している。5日移動平均線(2万8509円94銭=19日)が日足の実体部分と交差し、下値不安が後退 したことを示唆している。 また、25日移動平均線(2万7323円33銭=同)が緩やかに上を向いていることから、目先とし ては上昇余地もありそうだ。 <15:39> 新興株市場はまちまち、マザーズは方向感のない動き続く 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズは方向感のない動き続く

<15:39> 新興株市場はまちまち、マザーズは方向感のない動き続く 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は小反落となった。市場 では「マザーズ市場は方向感のない動きが続いた。最近のテーマ株として人気が高い情報通信関連もまちま ちの展開で、全体を押し上げるような感じではなかったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.36%高。個別では、イボキン が一時ストップ高と なったほか、CAICA などがしっかり。一方、セリア 、ネクスグループ などは さえない。 マザーズ指数...

日経平均は反発、391円高 値がさ株の上昇が相場押し上げ

東京株式市場で日経平均は反発した。指数寄与度の高い銘柄や半導体関連株が堅調に推移し、相場全体を押し上げた。1日を通じて幅広い業種で買いが先行し、後場には一時470円高となる場面もあった。「需給相場の様相が強まっている」(市場参加者)との見方も出ており、このまま2万8000円台を維持できるかに注目が集まる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、高値からは押し戻される

<14:50> 日経平均は堅調持続、高値からは押し戻される 日経平均は堅調持続。一時2万8720円をつけたが、高値からは押し戻され、350円程高い2万8 600円付近で推移している。 市場からは「下値不安はいったん後退したようだが、この安心感が持続できるかどうかに注目が集まる 」(国内証券)との声が聞かれた。 <12:45> 日経平均は堅調、一時450円高 2万8000円台値固めの動き 後場に入っても日経平均は堅調。前営業日比420円ほど高い2万8600円台半ばで推移している。 後場スタート直後には一時450円高となる場面もあった。値上...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、一時450円高 2万8000円台値固めの動き

<12:45> 日経平均は堅調、一時450円高 2万8000円台値固めの動き 後場に入っても日経平均は堅調。前営業日比420円ほど高い2万8600円台半ばで推移している。 後場スタート直後には一時450円高となる場面もあった。値上がり銘柄数は5割にとどまっており、前場 に続き指数寄与度の高い銘柄群の上昇が相場全体を押し上げている。 市場からは「きょうは2万8000円台値固めの動きとなっている。ただ、どの程度の高値で定着でき るかがポイントになりそうだ」(国内証券)との見方が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は急反発、過熱感和らぎ...

午前の日経平均は急反発、過熱感和らぎ値がさ株リードで上値追い

19日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比361円64銭高の2万8603円85銭となり、急反発した。前日に続落したことを受けて、それまでの過熱感が和らぎ押し目買いが流入、値がさ株がリードする形で上値を追った。ただ、連休明けとなる今晩の米株市場の動向をみたいというムードもあり、前場中盤から一進一退の展開となっている。

〔マーケットアイ〕株式:高値もみあい、日経平均は5日移動平均線を回復

<11:00> 高値もみあい、日経平均は5日移動平均線を回復 全般は高値もみあい。日経平均は2万8500円前後に位置する5日移動平均を回復し、下値に対する 不安を後退させている。日経平均はいったんこのラインを割り込んで調整入りを示唆していた。市場では「 押しが入れば、すがさず買われることをこの一両日で示したが、方向性がはっきりするのは連休明けとなる 今晩の米国株式市場の動きがわかってからだろう」(国内証券)との声が聞かれた。 <10:03> 日経平均はしっかり、値がさ株が押し上げ ファーストリテ3%超高 日経平均は上げ幅を拡大。一時前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はしっかり、値がさ株が押し上げ ファーストリテ3%超高

<10:03> 日経平均はしっかり、値がさ株が押し上げ ファー ストリテ3%超高 日経平均は上げ幅を拡大。一時前営業日比405円36銭高の2万8647円57銭の高値を付けた。 ただ、その後は、もみあいとなっている。ファーストリテイリング 、東京エレクトロン 、 ソフトバンクグループ などの指数寄与度の高い銘柄が総じて堅調。ファーストリテイリングは3% 超高での推移となっており、日経平均を約120円押し上げている。TOPIXは前営業日比0.60%高 と小じっかり。 市場では「先物主導で指数が上昇している可能性が高い。押し目買い意欲は依然として...

ホットストック:ソフトバンクGが反発、12月高値後の調整に一巡感

ソフトバンクグループが反発している。午前9時03分現在、東証1部売買代金ランキングの個別銘柄で第1位。前週末には昨年12月10日のITバブル以降の最高値8900円に迫りながら、前日は全体の地合い悪化からひと息入れていた。

寄り付きの日経平均は反発、指数寄与度の高い銘柄が堅調

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比163円28銭高の2万8405円49銭となり、反発した。その後も上げ幅を拡大し、現在前営業日比300円ほど高い2万8500円台前半での推移となっている。18日の米国株式市場が休場となり手掛かり材料に欠ける中、ファーストリテイリング、東京エレクトロン、ソフトバンクグループなどの指数寄与度の高い銘柄が指数を押し上げた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、指数寄与度の高い銘柄が買い優勢

<08:40> 寄り前の板状況、指数寄与度の高 い銘柄が買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、東京エレクトロン 、ソフトバンク グループ が買い優勢、トヨタ自動車 、ソニー 、ホンダ 、キヤノン が売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は買い優 勢。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄...

東南アジアの配車大手グラブ、年内の米国上場を検討=関係筋

複数の関係筋によると、東南アジアの配車・デリバリーサービス大手グラブが年内の米国上場を検討している。少なくとも20億ドルを調達する可能性があり、実現すれば、東南アジア企業としては過去最大規模の海外上場となる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日線割り込み攻防の分岐点に

<15:25> 日経平均・日足は「十字線」、5日線割り込み攻防の分岐点に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う寄り引けがほぼ「坊主」の「十字線」。終値が5 日移動平均線(2万8416円12銭=18日現在)を下回り、調整色を濃くする動きと なっている。 今回の足そのものは、方向性を探る動きで、翌日に上下いずれに振れるか重要だ。マ ドを空けて下放れた場合は、「十字足」が崩落の兆しとなる「捨て子線」となる一方、す かさず切り返しに転じた場合、絵づらはスピード調整を示唆することになる。そこから攻 防の分岐点と言えそうだ。 <15:10> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算発表シーズン控え好業績銘柄に関心

<15:10> 新興株市場はまちまち、決算発表シーズン控え好業績銘柄に関心 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均はほぼ変わらずだが、東証マザーズ指 数は続伸歩調となった。市場からは「決算発表シーズンを控えて好業績銘柄に関心が移り つつあるようだ」(国内証券)とのが聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.01%高。個別では、Mipox が商いを伴って上昇したほか、アサカ理研 がストップ高。ウエストホールディン グス も堅調だが、出前館 、不二精機 は下落した。 マザーズ指数は、前営業日比1.56%高。個別では、前週末に業績見通...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、米国株式市場休場のため見送りムードに

<14:15> 安値もみあい、米国株式市場休場のため見送りムードに 安値もみあい。日経平均は2万8200円台で推移している。今晩の米国株式市場が 休場のため「見送りムードが強くなっている。本格的に方向性が出るのは、海外勢の姿勢 がはっきりする週半ばから。それまでは調整色が濃い動きになるのではないか」(国内証 券)という。 午後2時15分現在、東証1部の売買代金は1兆5012億6600万円。前週の平 均に比べてやや細っている。 <13:00> 日経平均はマイナス圏、急騰後の反動 市場では底堅いとの声も 日経平均は後場も株安の流れを引き継ぐ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、急騰後の反動 市場では底堅いとの声も

<13:00> 日経平均はマイナス圏、急騰後の 反動 市場では底堅いとの声も 日経平均は後場も株安の流れを引き継ぐ展開となっている。現在前営業日比250円 ほど安い2万8200円台後半。市場では「今夜の米国株式市場は休場となるため、様子 見ムードが広がりやすい。ただ、前週末に急騰したにもかかわらず200円安にとどまっ ていることは、ある意味底堅いととらえることもできる」(国内証券)との声が出ていた 。 <11:50> 前場の日経平均は続落、利益確定売りが優勢 中国GDPには反応 薄 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日236円44銭安...

コラム:コロナ禍で電動キックボードに脚光、シェアリング好調

立ち乗り式の電動キックボードはもはや、子供の遊具ではない。コロナの時代に、都市交通に欠かせない一部となっている。公道での電動キックボード利用を許可する都市も増えている。この結果、シェア電動キックボード事業を手掛ける欧州の新興企業が活気を取り戻しつつある。

前場の日経平均は続落、利益確定売り優勢 中国GDPには反応薄

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日236円44銭安の2万8282円74銭となり、続落した。短期間で急騰した調整売りがみられ、前週まで堅調に推移していた値がさ株や半導体関連株に利益確定売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で一進一退、米休場で様子見強まる

<10:58> 日経平均はマイナス圏で一進一退、米休場で様子見強まる 日経平均はマイナス圏で一進一退の値動きで、前営業日比200円ほど安い2万83 00円台前半での推移となっている。市場では「18日の米国株式市場はキング牧師生誕 記念日に伴い休場。海外勢が少なく、様子見ムードが強まりやすい」(国内証券)との声 が出ていた。 東証33業種では海運業、鉱業、石油・石炭製品、保険業などの29業種が値下がり 。電気・ガス業、精密機器、空運業、医薬品の4業種は値上がりとなっている。 <10:01> 日経平均は戻り歩調、中国の経済指標に注目 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は戻り歩調、中国の経済指標に注目

<10:01> 日経平均は戻り歩調、中国の経済指標に注目 日経平均は戻り歩調、前営業日比180円ほど安い2万8300円台前半で推移して いる。市場からは「日本時間午前11時に公表予定の中国の経済指標にマーケットの関心 が集まっている。特に、安川電機やファナックなど機械株の値動きに注目したい」(国内 証券)との声が聞かれた。 <09:30> 日経平均は軟調、一時400円超安 半導体関連株に利益確定売り 日経平均は軟調、前営業日比240円ほど安い2万8200円台後半で推移している 。一時400円を超えるマイナスとなる場面もあったが、その後は...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up