for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

American Airlines Group Inc

AAL.O

現在値

18.92USD

変化

-0.12(-0.60%)

出来高

2,817,150

本日のレンジ

18.85

 - 

19.13

52週レンジ

10.63

 - 

26.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
19.03
始値
19.11
出来高
2,817,150
3か月平均出来高
635.11
高値
19.13
安値
18.85
52週高値
26.09
52週安値
10.63
発行済株式数
647.51
時価総額
12,555.31
予想PER
-2.34
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 American Airlines Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

American Airlines Files For Offering Of Up To $591.9 Mln Of Pass Through Trust Pass Through Certificates, Series 2021-1

American Airlines Says Given Deferred Business Demand, Recent Rise In Fuel Prices, Q4 Will Be Challenging - Conf Call

American Airlines Posts Q3 Earnings Per Share $0.25

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

American Airlines Group Incとは

アメリカン・エアラインズ・グループ(American Airlines Group Inc)は、持株会社である。【事業内容】主な事業活動はネットワーク航空会社の運営であり、乗客と貨物の定期航空輸送を提供する。乗客と貨物の航空輸送を提供するアメリカセグメントを通じて運営される。地域航空会社の子会社およびアメリカン・イーグルとして運航する第三者の地域航空会社とともに、主な事業活動はネットワーク航空会社の運営、シャーロット、シカゴ、ダラス・フォートワース、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、フィラデルフィア、フェニックス、ワシントン、コロンビア特別区(DC)とロンドン、マドリッド、シアトル・タコマ、シドニー、東京などのパートナーゲートウェイを利用して、旅客および貨物の定期航空輸送を行う。子会社には、American Airlines, Inc. (American)、Envoy Aviation Group Inc.(Envoy)、PSA Airlines, Inc. (PSA)、Piedmont Airlines, Inc. (Piedmont)が含まれる。

業種

Airline

連絡先

1 Skyview Dr

FORT WORTH, TX

76155

United States

+1.682.2789000

https://americanairlines.gcs-web.com/

エグゼクティブリーダーシップ

William Douglas Parker

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Robert D. Isom

President

Derek J. Kerr

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Maya Leibman

Executive Vice President, Chief Information Officer

Elise R. Eberwein

Executive Vice President - People and Global Engagement

統計

3.14 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

44.5K

2019

45.8K

2020

17.3K

2021(E)

29.5K
EPS (USD)

2018

4.550

2019

4.900

2020

-19.660

2021(E)

-8.717
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.51
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-6.77
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.94

最新ニュース

最新ニュース

米ホワイトハウス、連邦請負業者へのワクチン接種義務に柔軟性も

米ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策調整官を務めるジェフ・ザイエンツ氏は27日、企業が接種義務化期限の12月8日を迎えても、すぐさま未接種の従業員に対応を講じる必要はないとの認識を示した。

NY市場サマリー(21日)S&P最高値、ドル上昇

<為替> ドル指数が当初は軟調だったものの、好調な経済指標に反応し、上昇に転じた。米国債利回りの上昇も押し上げ要因になった。

UPDATE 2-米国株式市場=S&P最高値、IBM株安がダウ圧迫

(内容を追加し、表を更新しました) [21日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種が7営業日続伸し、過去最高値を付けた 。テスラやマイクロソフトなどの大型株が買われ、ナスダック総合も上昇。ただ 、失望を誘う四半期決算を発表したIBMが売られ、ダウ工業株30種平均は圧迫された。 ダウは前日、取引時間中の最高値を更新していたが、この日はほぼ終始マイナス圏で推移した。第3・ 四半期売上高が市場予想を下回ったIBMは9.6%値下がりした。マネージド・インフラストラクチャー ・サービス事業での受注が来月の事業分離を控え、減少した。 S...

米航空大手2社、黒字回復の遅れを警告 インフレ圧力の高まりで

米アメリカン航空とサウスウエスト航空は21日、インフレ圧力の高まりがクリスマス・年末年始の繁忙期に見込まれる堅調な需要への冷や水となり、両社の黒字回復に遅れが生じる可能性があるという見通しを示した。燃料価格と人件費の拡大も第4・四半期の収益を圧迫すると予想した。

米、海外からの渡航制限解除へ ワクチン接種完了が条件 11月8日から

米ホワイトハウスは15日、新型コロナウイルス対策として2020年初めから導入していた渡航制限を解除し、11日8日からワクチン接種を完了した外国人の入国を認めると発表した。

米鉄道最大手、従業員のコロナワクチン接種で政府の期限順守方針

米鉄道貨物輸送最大手ユニオン・パシフィックは13日、国内の従業員3万1000人について、政府職員および契約職員に12月8日までの新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けたバイデン政権の措置に準じると発表した。ただし、例外も認めるとしている。

米労働省、企業のコロナワクチン義務化巡る規則案を策定 近く公表も

米労働省の労働安全衛生局は13日、民間企業の従業員に対する新型コロナウイルスワクチン接種義務化に関する規則案をホワイトハウスに提出した。

ボーイング、米従業員にワクチン接種義務化 テキサスでは様子見

米航空機大手ボーイングは12日、米国の従業員12万5000人に対し、12月8日までに新型コロナウイルスワクチンを接種するよう義務付けると発表した。

NY市場サマリー(12日)ドル1年ぶり高値、2年債利回り1年半ぶり高水準

<為替> ドルが1年ぶり高値を更新。米連邦準備理事会(FRB)が来月にもテーパリング(量的緩和の縮小)を発表するとの期待が追い風となった。また、エネルギー価格高騰を巡る懸念から、安全資産としてのドルの逃避買いが膨らんだ。

米国株式市場=続落、決算やFOMC議事要旨控え警戒感

米国株式市場は続落して終了した。一連の企業決算のほか、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表を翌日に控えて警戒感が高まり、終盤に下げ幅を拡大した。ただ電気自動車(EV)大手テスラが買われたことで下値は支えられた。

テキサス州のワクチン義務化禁止令、政治的な動機=米政権報道官

米ホワイトハウスのサキ報道官は12日、テキサス州のアボット知事(共和党)が州内における新型コロナウイルスワクチン接種義務化を禁止する行政命令を出したことについて、科学ではなく、政治的な動機との認識を示した。

米、入国再開はWHO・FDA承認のワクチン接種者が対象

米疾病対策センター(CDC)は8日、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した33カ国からの渡航者の入国を認める措置について、米食品医薬品局(FDA)か世界保健機関(WHO)が承認しているワクチンが対象になると発表した。

米政権、ワクチン接種義務化で航空会社に圧力 有力議員が非難

米共和党の有力議員は7日、ホワイトハウスが米航空会社に対し、12月8日までの新型コロナウイルスワクチン接種を従業員に義務付けるよう圧力を掛けていると非難した。12月8日は連邦政府の契約職員に対する接種義務の期限。

米国株式市場=上昇、債務上限引き上げに楽観的な見方

米国株式市場は上昇して終了した。米民主・共和両党が連邦債務上限引き上げで合意して米国のデフォルト(債務不履行)が回避されるとの楽観的な見方が広がった。

米デルタ航空、チケット販売が改善 「ビジネス客戻る」

米デルタ航空は3日、航空券販売が上向き始めたと明らかにした上で、第3・四半期の売上高について、2019年同時期との比較で30─35%減としていた従来予想の範囲内になるとの見方を示した。

米政権、航空会社従業員のワクチン義務化を要請 12月8日までに

米ホワイトハウスが米航空各社に対し、12月8日までに従業員の新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けるよう要請している。関係筋4人が1日、ロイターに明らかにした。

米国株式市場=ほぼ横ばい、FOMCに注目

米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。中国の不動産開発大手、中国恒大集団を巡る懸念が払しょくされていないほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を翌日に控えていることで、積極的な取引が手控えられた。

機内の迷惑行為を刑事訴追の対象に、米司法省に有力議員が要請

米上院民主党の有力議員2人はガーランド司法長官宛てに書簡を出し、機内における乗客の問題行為による事件が増えているのを受け、そのような行為を刑事捜査・訴追の対象とするよう求めた。

原油下落、中国の戦略備蓄放出や米航空会社の業績予想下方修正で

アジア時間の原油先物は下落。週間ベースで2%近く値下がりする見通しだ。中国が戦略石油備蓄の放出計画を発表したことや、ジェット燃料需要の回復で鍵を握る一部の米航空会社が航空券販売が減速する恐れがあると警告したことが背景。

米航空、売上高予想を下方修正 デルタ株急拡大で予約が低調

米国の複数の米航空会社は9日、新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染急拡大により、コロナワクチン接種開始後の旅行回復が鈍化して航空券販売が減速する恐れがあると警告し、売上高予想を下方修正した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up