for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

383.68USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

22,564,330

本日のレンジ

378.82

 - 

383.92

52週レンジ

192.58

 - 

385.27

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
383.68
始値
381.34
出来高
22,564,330
3か月平均出来高
741.46
高値
383.92
安値
378.82
52週高値
385.27
52週安値
192.58
発行済株式数
4,334.34
時価総額
1,662,998.00
予想PER
30.97
配当利回り
0.85

次のエベント

Q3 2020 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

Apple Opts For OLED Screens For Entire 5G iPhone Range - Nikkei

Microsoft Helped Japan Create Contact-Tracing App To Prevent Second Wave Of Coronavirus Infections - Nikkei

Emirates Islamic Offering Business Banking Debit Cards Free Of Charge To Eligible SME Clients

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc.)は移動体通信とメディアデバイス、パソコン及び携帯型デジタル音楽プレーヤーの設計・製造・マーケティングに従事する。【事業内容】同社は一連の関連するソフトウェア、サービス、周辺機器、ネットワーキングソリューション、およびサードパーティ製のデジタルコンテンツとアプリケーションを販売する。同社は米州、欧州、中国、日本及びアジア太平洋他の地域事業を運営する。米州事業は北米と南米を含む。欧州事業はヨーロッパ諸国、インド、中東及びアフリカを含む。中国事業は中国大陸、香港及び台湾を含む。アジア太平洋他の地域事業はオーストラリア及び同社の他の事業セグメントには含まれていないアジア諸国を含む。同社の製品とサービスは「iPhone」、「iPad」、「Mac」、「iPod」、「Apple Watch」及び「Apple TV」、一般消費者および専門家の双方向けのソフトウェア・アプリケーションのポートフォリオ、「iPhone OS (iOS)」、「OS X」及び「watchOS」オペレーティングシステム、「iCloud」、「Apple Pay」、並びに一連のアクセサリー、サービス及びサポート製品を含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

CUPERTINO, CA

95014-0642

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.00 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

229.2K

2018

265.6K

2019

260.2K

2020(E)

263.5K
EPS (USD)

2017

9.210

2018

11.910

2019

11.890

2020(E)

12.388
株価売上高倍率(過去12カ月)
30.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.21
株価純資産倍率(四半期)
21.15
株価キャッシュフロー倍率
24.13
総負債/総資本(四半期)
140.46
長期負債/資本(四半期)
114.40
投資利益率(過去12カ月)
24.22
自己資本利益率(過去12カ月)
17.28

最新ニュース

最新ニュース

ホンハイ、iPhone生産のインド工場拡張に10億ドル投資=関係者

米アップル<AAPL.O>製品の生産を受託している鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>は、インド南部の工場拡張に向けて最大10億ドルを投資する計画だ。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。

米が仏のデジタル課税に対抗措置 25%の追加関税、180日間猶予

米トランプ政権は10日、フランスのデジタル課税への対抗措置として化粧品やバッグなどを含む130億ドル相当の仏製品に25%の追加関税を課すと発表した。ただ実施まで180日間の猶予を設けた。

米FRB、6月下旬に社債13億ドル超買い取り アップルなど

米連邦準備理事会(FRB)は6月22日から30日にかけて、アップル<AAPL.O>やビール大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)<ABI.BR>、オンライン旅行サイトのエクスペディア<EXPE.O>などの社債13億3000万ドルを流通市場で買い取った。

日経平均は反落、中国株安や感染者増嫌気し終盤に下げ加速

東京株式市場で日経平均は反落した。週末とあって模様眺めムードが強い中で、このところ株価上昇の材料となっていた中国株式市場が軟化し、利益確定売りが先行する展開となった。また、後場中盤に東京都の新型コロナウイルス感染者数が過去最多になると伝わったことが嫌気され、終盤は下げ足を速めた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日線と25日線下回り調整色強める

<15:55> 日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日線と25日線下回り調整色強める 日経平均・日足は「中陰線」。上下ともヒゲがほとんどなく、「丸坊主」に近い形状で、単独で弱さを 示す足となった。しかも、これまでサポートラインとなっていた5日移動平均線(2万2517円58銭= 10日現在)と25日移動平均線(2万2542円54銭=同)を同時に下回り、調整色を強める動きとな っている。一目均衡表では、基準線(2万2357円84銭=同)を割り込んだ。 なおも、形成中のペナントフラッグをブレークするには至っておらず、売りを決定づけるような格好...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄の循環物色続く

<15:10> 新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄の循環物色続く 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続落したものの、東証マザーズ指数は小反発。市場では「値動 きの良い銘柄の循環物色が続いている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょう、ジャスダック市場に新規上場したSpeee は、朝方は買い気配で始まった後、前引 け直前に公開価格2880円に対して78.8%上昇の5150円で初値をつけ、後場に入ってから上値を 追う展開となった。 マザーズでは、Delta-Fly Pharma がストップ高となり、アンジェス も堅調。Aiming も買...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、週末事情と感染者数増加で模様眺め

<14:30> 日経平均は安値圏でもみあい、週末事情と感染者数増加で模様眺め 日経平均は安値圏でもみあい。週末事情で商いが細っているうえ、新型コロナウイルスの感染者数増加 から模様眺め。市場では「感染者数の増加が気にされる中、土日で事態がより深刻化するリスクがあるため に買いにくい状況だ」(国内証券)との声が出ている。 NHKが報じたところでは、東京都の関係者によると、10日、都内で新たに240人以上が新型コロ ナウイルスに感染していることが確認されたという。都内で1日に確認された数としては、9日の224人 を上回り、これまでで最も多くなる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を広げる、中国株式市場の軟化も見送り材料に

<13:50> 日経平均は下げ幅を広げる、中国株式市場の軟化も見送り材料に 日経平均は下げ幅を広げ、前場に付けたきょうの安値を下回ってきた。週末で模様眺めムードが強い中 で「このところ堅調な動きが買い材料となっていた中国株式市場が軟化したことも見送り材料となっている ようだ。一方で、週末に国内での感染者が急増する可能性があることも、リスク要因としてカウントされて いる」(国内証券)という。 <11:55> 前場の日経平均は反落、52円安 ファーストリテは2%超安 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円55銭安の2万2476円74...

前場の日経平均は反落、ファーストリテは2%超安

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円55銭安の2万2476円74銭となり、反落した。オーバーナイトの米国株市場はまちまちとなったものの、米国や東京で新型コロナウイルスの新規感染者が増加していることや、ETF(上場投信)の分配金支払いに伴う換金売りなどへの警戒感もあり、さえない展開となった。指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>が反落したことも重荷となった。

今日の株式見通し=もみあい、コロナ感染増加を懸念 ハイテク関連は堅調か

きょうの東京株式市場で日経平均株価はもみあいが予想されている。オーバーナイトの米国株市場でナスダック総合が続伸し終値での最高値を更新したことはハイテク関連の支援材料となりそうだが、米国や東京で新型コロナウイルスの新規感染者が増加していることが懸念される。中国株や米国株先物の動きをにらみながら方向感なく推移するとみられている。

NY市場サマリー(9日)ドル上昇、ダウ・S&P反落

<為替> ニューヨーク外為市場では、米国株が高安まちまちとなる中、安全資産としてのドルの需要が高まったことで、一時は4週間ぶりの安値を付けていたドルが上昇に転じた。米国で新型コロナウイルス感染拡大が続いていることに加え、米連邦最高裁判所がトランプ大統領の財務記録を開示するよう命じたことも安全需要の増大につながった。

ダウ・S&P反落、コロナ再拡大懸念で ナスダックは連日最高値

米国株式市場は、ダウ平均株価とS&P総合500が反落。新型コロナウイルス感染が国内で再拡大する中、ロックダウン(都市封鎖)措置再導入への懸念が広がった。一方、ナスダック総合は終値での最高値を連日で更新。

今日の株式見通し=強もちあい、米株高好感で堅調も上値は限定的に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。前日の米国株式市場がナスダック指数が最高値となるなど堅調に推移したことを受けて、買い優勢の展開になりそうだ。IT、ハイテク株を中心に物色される可能性が高いものの、8日に続いて10日にETFの分配金基準日を迎え、換金売りに対する警戒感が大きいため、上値の伸びは限定的との見方もある

NY市場サマリー(8日)ドル下落、ナスダック最高値

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが下落し2週間ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される一方、米ハイテク株やコモディティー価格が上昇するなど、底堅いリスク選好が見られた。

ナスダック最高値、ハイテク株高い 経済回復期待で

米国株式市場は上昇して取引を終了した。ハイテク株が買われ、ナスダック総合が終値ベースの最高値を更新した。新型コロナウイルス感染者の全国的な急増を背景に新たなロックダウン(都市封鎖)措置を巡る懸念はあるものの、経済回復への期待が勝った。

バフェット氏、29億ドル分のバークシャー株寄付 ゲイツ財団など

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、自身の米投資会社バークシャー・ハザウェイ株式約29億ドル分をビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団など5つの慈善団体に寄付した。

米アップル、独立系修理事業者プログラムを欧州やカナダに拡大

米アップル<AAPL.O>は8日、iPhoneを修理するための部品や工具、マニュアルを独立系修理業者に提供するプログラムを、欧州の32カ国とカナダに拡大すると発表した。

バフェット氏、29億ドル分のバークシャー株寄付 ゲイツ財団など

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、自身の米投資会社バークシャー・ハザウェイ株式約29億ドル分をビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団など5つの慈善団体に寄付した。

ホットストック:保土谷化が大幅高、アップルの次期iPhoneに有機ELとの報道

保土谷化学工業は一時15%を超える上昇となり、2月に付けた年初来高値を更新した。午前10時34分現在、東証1部で値上がり率1位。米アップルが2020年後半に発売するスマートフォン「iPhone」の全機種に有機ELパネルを採用する方針との報道が材料視されている。7日に日経電子版が伝えた。保土谷化は有機EL材料を手掛けており、需要拡大の思惑から買いが先行している。

TikTok、数日以内に香港市場から撤退 国家安全法施行で

短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は7日、数日以内に香港市場から撤退することを明らかにした。中国が香港の反体制的な活動を取り締まる香港国家安全維持法(国安法)を施行したことを受け、撤退を決定した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up