for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

122.06USD

変化

-3.06(-2.45%)

出来高

112,966,340

本日のレンジ

121.84

 - 

125.71

52週レンジ

53.15

 - 

145.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
125.12
始値
124.81
出来高
112,966,340
3か月平均出来高
2,171.50
高値
125.71
安値
121.84
52週高値
145.09
52週安値
53.15
発行済株式数
16,788.10
時価総額
2,145,351.00
予想PER
28.71
配当利回り
0.64

次のエベント

Q2 2021 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

Target Debuts Apple Shopping Destination With Expanded Footprint, Extended Assortment And Enhanced Services

Apple's App Sign-In Button Becomes Hot-Button Issue In U.S. Antitrust Probe- The Information

Google Says Apple TV+ Is Now Available On Google TV

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc.)は移動体通信とメディアデバイス、パソコン及び携帯型デジタル音楽プレーヤーの設計・製造・マーケティングに従事する。【事業内容】同社は一連の関連するソフトウェア、サービス、周辺機器、ネットワーキングソリューション、およびサードパーティ製のデジタルコンテンツとアプリケーションを販売する。同社は米州、欧州、中国、日本及びアジア太平洋他の地域事業を運営する。米州事業は北米と南米を含む。欧州事業はヨーロッパ諸国、インド、中東及びアフリカを含む。中国事業は中国大陸、香港及び台湾を含む。アジア太平洋他の地域事業はオーストラリア及び同社の他の事業セグメントには含まれていないアジア諸国を含む。同社の製品とサービスは「iPhone」、「iPad」、「Mac」、「iPod」、「Apple Watch」及び「Apple TV」、一般消費者および専門家の双方向けのソフトウェア・アプリケーションのポートフォリオ、「iPhone OS (iOS)」、「OS X」及び「watchOS」オペレーティングシステム、「iCloud」、「Apple Pay」、並びに一連のアクセサリー、サービス及びサポート製品を含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

CUPERTINO, CA

95014-0642

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.02 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

265.6K

2019

260.2K

2020

274.5K

2021(E)

333.6K
EPS (USD)

2018

2.978

2019

2.973

2020

3.280

2021(E)

4.451
株価売上高倍率(過去12カ月)
34.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.29
株価純資産倍率(四半期)
32.46
株価キャッシュフロー倍率
28.67
総負債/総資本(四半期)
169.19
長期負債/資本(四半期)
149.92
投資利益率(過去12カ月)
27.80
自己資本利益率(過去12カ月)
18.41

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(3日)ドル上昇、米株続落

ドルは通貨バスケットに対し0.14%高の90.924。ユーロ/ドルは0.19%安の1.2068ドル。米国債利回りが上昇したこともドルを支えたとみられる。

米株続落、ハイテク株への売りでナスダック大幅安

米国株式市場は続落し、ナスダック総合が大幅安で取引を終えた。財政出動や新型コロナウイルスワクチンの接種進展への期待から、ハイテク株を売って景気回復の恩恵を受けやすいセクターにシフトする動きが広がった。

NY市場サマリー(3日)ドル上昇、米株続落

30年債利回りは3.1bp上昇の2.246%。 米金融・債券市場: <株式> 続落し、ナスダック総合が大幅安で取引を終えた。財政出動や新 型コロナウイルスワクチンの接種進展への期待から、ハイテク株を売って景気回復の恩恵 を受けやすいセクターにシフトする動きが広がった。 マイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コムが売 られ、S&P総合500種の重しとなった。 S&P500の金融、工業指数は取引時間中の最高値を更新したが 、他のセクターは大半が下落した。 ワクチン配布が景気回復を支援すると予想されているものの、オートマチック・デー タ・プロセッシング...

米国株式市場=続落、ハイテク株への売りでナスダック大幅安

米国株式市場は続落し、ナスダック総合が大幅安で取 引を終えた。財政出動や新型コロナウイルスワクチンの接種進展への期待から、ハイテク 株を売って景気回復の恩恵を受けやすいセクターにシフトする動きが広がった。 マイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コムが売 られ、S&P総合500種の重しとなった。 S&P500の金融、工業指数は取引時間中の最高値を更新したが 、他のセクターは大半が下落した。 ワクチン配布が景気回復を支援すると予想されているものの、オートマチック・デー タ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスがこの日発表...

日経平均は反発、景気敏感株中心に底堅い動き

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日銀とスイス中銀の株価がともに急騰、市場の熱狂反映か

東証ナスダック上場の日本銀行株とスイス証券取引所上場のスイス国立銀行(中央銀行、SNB)株が2日、ともに大幅上昇を演じた。明確な買い材料がない中での株高で、投資資金があふれている株式市場の熱狂を反映しているとみられる。

NY市場サマリー(2日)ドル下落、米株反落

先週の米国債利回り急上昇を受け、米株のボラティリティーは高まったが、ドルには追い風となっていた。米債利回りは今週に入って落ち着いている。

米株はハイテク銘柄主導で反落、素材は上昇

米国株式市場は反落して取引を終えた。アップルやテスラの下げが重しとなった。一方、追加経済対策成立への期待から、素材株には買いが入った。

NY市場サマリー(2日)ドル下落、米株反落

<為替> リスク選好度が改善する中、ドルが下落したほかオーストラリアドルなど のリスク通貨が上昇した。 先週の米国債利回り急上昇を受け、米株のボラティリティーは高まったが、ドルには 追い風となっていた。米債利回りは今週に入って落ち着いている。 ドル指数は一時3週間ぶり高値となる91.396に上昇後、0.31%安の 90.731に戻した。 ユーロは0.36%高の1.2092ドル。 オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は2日、市場の予想通り、政策金利の オフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.10%に据え置くことを決定。豪ドル<A...

米国株式市場=反落、アップルやテスラが重し

米国株式市場は反落して取引を終えた。アップルや テスラの下げが重しとなった。一方、追加経済対策成立への期待から、素材株に は買いが入った。 新型コロナウイルス流行下でアウトパフォームした銘柄から景気回復局面で業績改善 が見込まれる銘柄への循環物色が再び広がり、前日の取引で大きく上昇していたハイテク 株が下落。素材株は上昇した。 前週に1年ぶり高水準を付けた米10年債利回りは上昇が一服している 。 USバンク・ウェルス・マネジメントのグローバル投資ストラテジスト、トム・ヘイ ンリン氏は「ハイテク株は昨年、非常に大きく値上がりしたため、金利...

NY市場サマリー(1日)ドル指数3週間ぶり高値、米株大幅高

バイデン政権が大規模な追加景気対策の策定を進める中、景気回復とインフレ高進に対する期待が膨らみ、ドル相場はこのところ米国債利回りの上昇に歩調を合わせ上昇している。

米国株式市場=大幅高、債券市場の落ち着きや景気回復期待で

米国株式市場は大幅高で取引を終えた。債券市場の売りが落ち着いたほか、新型コロナウイルスワクチンや追加経済対策に関連した動きを受けて早期の景気回復への期待が高まった。S&P総合500種は昨年6月以来の大幅な上昇となった。

訂正:アップル、米270全店舗の営業再開 パンデミック以来約1年ぶり

米アップルは1日、米国内の270全店舗(訂正)が営業を再開したと発表した。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まってから、全店舗の営業再開は約1年ぶり。 *英文の訂正により、全米の店舗数を「271」から「270」に訂正します。

バフェット氏が年次書簡 米国とバークシャーに強い期待

米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は27日、年に一度の「株主への手紙」を公開し、新型コロナウイルス禍が続く中でも、米国、さらに自身が経営するバークシャー・ハサウェイに対する強い期待は揺らいでいないとの自信を示した。

NY市場サマリー(26日)国債利回り1.4%台に低下、株式まちまち

<為替> 米国債利回りが約1年ぶり高水準近辺にとどまっていることでドルが上昇した。一方、豪ドルなどの高リスク通貨は下落した。

米国株まちまち、ナスダック小反発 ハイテク株が盛り返す

米国株式市場はまちまち。値の振れる展開となる中、ナスダック総合は小反発して取引を終えた。前日は米国債利回りの上昇を受け、過去4カ月で最大の下落率を記録していた。

NY市場サマリー(25日)10年債利回り一時1.6%、米株下落

<為替> ドル指数が小幅高。一時7週間ぶり安値に沈んだものの、米指標10年債利回りが一時1.6%を上抜けたことに反応した。

米国株は下落、テクノロジー株に売り 国債利回り上昇受け

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国債利回りの上昇を受けてテクノロジー関連株が圧迫され、ナスダック総合の下落率は過去4カ月で最大となった。

NY市場サマリー(25日)10年債利回り一時1.6%、米株下落

豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどの資源国通貨は 自国債利回りの上昇に追随し、一時3年ぶり高値を付けたものの、いずれも下げに転じた 。 豪ドル/米ドルは一時0.8007米ドルに上昇。その後は1%安の0.7882米 ドル。NZドルも0.7463米ドルを付けた後、0.8%安で推移。カナダドルも一時 、1米ドル=1.2468カナダドルまで上昇した。 ユーロ/ドルは一時、0.5%上昇し、3週間ぶり高値を更新。その後は 上げ幅を縮小し、0.04%高の1.2175ドル近辺で推移した。 安全資産の円も弱含み、ドル/円は106.29円となった...

アーク・インベストETF、大量解約で保有株の流動性に懸念

アーク・インベストの旗艦上場投資信託(ETF)が1日で5億ドルという記録的な資金流出に見舞われたことにより、ETFが流動性の低い株式に集中的に投資することへの警戒感が高まっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up