for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

138.93USD

変化

2.21(+1.62%)

出来高

71,051,552

本日のレンジ

135.66

 - 

139.04

52週レンジ

129.04

 - 

182.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
136.72
始値
136.04
出来高
71,051,552
3か月平均出来高
1,946.07
高値
139.04
安値
135.66
52週高値
182.94
52週安値
129.04
発行済株式数
16,185.18
時価総額
2,212,838.00
予想PER
22.28
配当利回り
0.67

次のエベント

Q3 2022 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

NLRB Certified The Union Election Win For Over 100 Apple Store Employees In Towson, MD

Lawmakers Want FTC To Investigate Apple, Google Over Mobile Tracking - WSJ

Shipments of smartphones within China fell 9.1% y/y to 20.56 mln handsets in May - CAICT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc)は、スマートフォン、パソコン、タブレット、ウェアラブル、アクセサリーの設計・製造・販売及び関連するサービスの販売を行う。【事業内容】製品には、「iPhone」、「Mac」、「iPad」、及びウェアラブル・ホーム・アクセサリーが含まれる。「iPhone」は、アイフォーンオペレーティングシステム(iOS)をベースにしたスマートフォンラインである。「Mac」は、マックオペレーティングシステム(macOS)をベースにしたパーソナルコンピュータである。「iPad」は、アイパッドオペレーティングシステム(iPadOS)をベースにした多目的タブレットである。ウェアラブル・ホーム・アクセサリーには、「AirPods」、「Apple TV」、「Apple Watch 」、「Beats」、「HomePod」、「iPod touch」、その他の「Apple」ブランド及びサードパーティのアクセサリーが含まれる。「AirPods」は、シリと相互作用するワイヤレスヘッドフォンである。「Apple Watch」は、スマートウォッチの製品ラインである。サービスには、広告、AppleCare、クラウドサービス、デジタルコンテンツ、支払いサービスが含まれる。顧客は、主に消費者、中小企業、教育、企業、政府の市場にいる。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way, ONE INFINITE LOOP

CUPERTINO, CA

95014

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.87 mean rating - 46 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

260.2K

2020

274.5K

2021

365.8K

2022(E)

393.8K
EPS (USD)

2019

2.973

2020

3.280

2021

5.610

2022(E)

6.136
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.22
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.73
株価純資産倍率(四半期)
32.88
株価キャッシュフロー倍率
19.55
総負債/総資本(四半期)
178.02
長期負債/資本(四半期)
153.30
投資利益率(過去12カ月)
44.91
自己資本利益率(過去12カ月)
29.64

最新ニュース

最新ニュース

再送-(30日配信記事)米FCC委員、アップルとグーグルにTiKToK削除要求

米連邦通信委員会(FCC)のブレンダン・カー委員(共和党)は今週、中国系動画投稿アプリのTikTok(ティックトック)について、米アップルと米アルファベット傘下グーグルそれぞれの最高経営責任者(CEO)に書簡でアプリストアからの除外を要求した。

今年のスマホ・PC出荷台数は減少へ、中国が減速=ガートナー

調査会社ガートナーは30日、世界のパソコン(PC)とスマートフォンの出荷台数が今年は減少するとの見通しを示し、インフレによる個人消費の落ち込みと中国経済の減速を要因として挙げた。

ロシアのスマホ市場、中国がシェア拡大 4─6月は65%=小売大手

ロシアの電子機器小売最大手エムビデオは29日、4─6月に国内で販売されたスマートフォンの3分の2を中国製が占めたと明らかにした。

韓国サムスン電子、3ナノ半導体の量産開始 世界初

韓国の半導体大手サムスン電子は30日、回路線幅3ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体の量産を開始したと発表した。3ナノ製品の量産化は世界で初めてで、ライバルの台湾積体電路製造(TSMC)に先行した。

NY市場サマリー(29日)ドル上昇、S&Pとナスダック小幅続落

<為替> ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの方がより大きなリスクとの見方を示したことが背景。

米国株式市場=S&Pとナスダック小幅続落、日中は一進一退

米国株式市場はS&P総合500種が小幅続落して取引を終了した。日中は前日終値を挟んで一進一退の動きとなった。S&P500は月間および四半期での下げが見込まれるほか、上半期では1970年以降で最大の下落率を記録する見通しとなっている。

NY市場サマリー(29日)ドル上昇、S&Pとナスダック小幅続落

<為替> ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の パウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの方がより大きなリス クとの見方を示したことが背景。 パウエル議長はポルトガルのシントラで開かれている欧州中央銀行(ECB)の年次 フォーラムで、FRBがインフレ抑制のために景気を必要以上に減速させる「リスクはあ る」と認めながらも、「それがより大きなリスクという見方には同意しない。物価安定の 回復に失敗することがより大きな間違いだ」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.593%高の105.070...

英アーム、スマホゲームの画像向上と電池長寿化の新技術発表

ソフトバンクグループ子会社の英半導体設計大手アームは28日、スマートフォンでゲーム画像を向上させながらバッテリー寿命を長持ちさせられる新半導体技術を発表した。

ロシア、ツイッチやピンタレストなどに罰金 個人データ法違反で

ロシアの裁判所は、アマゾン・ドット・コム傘下のゲーム実況配信ツイッチ、画像共有のピンタレスト、民泊大手エアビーアンドビー、UPSについて、ロシア国民の個人データを同国内で保存することを拒否したとして罰金を科した。

NY市場サマリー(28日)株式大幅続落、ユーロ下落

<為替> ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECBが検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについて新たな手がかりを示さなかった。

米国株式市場=大幅続落、消費者信頼感悪化で景気懸念

米国株式市場は大幅続落して終了した。6月の米消費者信頼感が悪化したことで楽観的な見方が後退し、インフレ対応に向けた連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げで米経済が景気後退(リセッション)に陥るとの懸念が高まった。

NY市場サマリー(28日)株式大幅続落、ユーロ下落

<為替> ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECB が検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについ て新たな手がかりを示さなかった。 ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なインフレが悪化した 場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場合は、断固として行動する選択肢も あると述べた。 ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で推移。終盤の取引 では0.6%安の1.052ドル。 ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は28日、政策金利が年末までに...

米国株式市場=大幅続落、消費者信頼感悪化で景気懸念

米国株式市場は大幅続落 して終了した。6月の米消費者信頼感が悪化したことで楽観的な見方が 後退し、インフレ対応に向けた連邦準備理事会(FRB)の積極的な利 上げで米経済が景気後退(リセッション)に陥るとの懸念が高まった。 主要3指数の中では、ハイテク銘柄が多いナスダック総合 が最も大きく下落。アップル、マイクロソフト、アマ ゾン・ドット・コムの下げが重しになった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 30946.99 -491.27 -1.56 31549.0 31885. 30934. 5 09 33  前営業日終値...

コラム:米中絶否定判断、企業は見て見ぬふりで対応の公算

米連邦最高裁判所が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた以前の「ロー対ウェード判決」を覆す判断を示したことは、歴史的な大事件だ。だが、米国で事業を行う企業にとって、この判断に関する「費用便益分析」の結果はおなじみの内容になる。企業経営者は結局、米国の非リベラル州を新興国と変わらない目で見るだけのことだろう。

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

アップルとアンドロイドの端末、伊やカザフでスパイウエア被害=グーグル

イタリア企業が開発したスパイウエアが、基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォンとアップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」をイタリアやカザフスタンで利用している人々の個人情報不正入手に利用された――。米アルファベット子会社グーグルが23日公表した報告書でこう指摘した。

NY市場サマリー(23日)ユーロ下落、利回り2週間ぶり低水準 株反発

<為替> ユーロの下落が目立った。独仏の経済指標が予想を下回り、ユーロ圏経済の伸び悩みを示したことから、欧州中央銀行(ECB)による利上げ幅縮小観測が浮上した。

米国株式市場=反発、ディフェンシブ株やハイテク株が高い

米国株式市場は反発して取引を終えた。景気後退への懸念が続く中、ディフェンシブ株やハイテク株の上昇が景気敏感株の下落を相殺した。

メタバース標準化団体設立、メタなど アップル不参加

メタ、マイクロソフトなどの米巨大テック企業は、各社のメタバース(巨大仮想現実空間)に互換性を持たせるための業界標準開発促進団体「メタバース・スタンダーズ・フォーラム」を立ち上げた。

米IT自社優遇禁止法案、支持派と反対派双方が議会に圧力

米議会に提出されているアマゾン・ドット・コムやグーグルなど巨大IT企業の自社サービス優遇を禁止する法案を巡り、支持派と反対派の双方が電話や書簡で議員らへの働きかけを続けている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up