for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

175.08USD

変化

0.00(-0.00%)

出来高

116,998,901

本日のレンジ

170.70

 - 

175.96

52週レンジ

116.21

 - 

175.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
175.08
始値
172.12
出来高
116,998,901
3か月平均出来高
1,799.17
高値
175.96
安値
170.70
52週高値
175.96
52週安値
116.21
発行済株式数
16,406.40
時価総額
2,808,447.00
予想PER
28.82
配当利回り
0.51

次のエベント

Q1 2022 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

In September And October, Production Of Apple's iPhone 13 Range Fell 20% Short Of Previous Plans - Nikkei

Facing Hostile Chinese Authorities, Apple CEO Signed $275 Bln Deal With Them - The Information

Apple's Treatment Of Roblox In Spotlight In DOJ Antitrust Probe - The Information

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc)は、スマートフォン、パソコン、タブレット、ウェアラブル、アクセサリーの設計・製造・販売及び関連するサービスの販売を行う。【事業内容】製品には、「アイフォーン」、「マック」、「アイパッド」、「ウェアラブル」、「ホーム」、「アクセサリー」が含まれる。「アイフォーン」は、アイフォーンオペレーティングシステム(iOS)をベースにしたスマートフォンラインである。「マック」は、マックオペレーティングシステム(macOS)をベースにしたパーソナルコンピュータである。「アイパッド」は、アイパッドオペレーティングシステム(iPadOS)をベースにした多目的タブレットである。「ウェアラブル」、「ホーム」、「アクセサリー」には、「エアーポッズ」、「アップルテレビ」、「アップルウォッチ」、ビーツ製品、「ホームポッド」、「アイポッドタッチ」、その他の「アップル」ブランド及びサードパーティのアクセサリーが含まれる。「エアーポッズ」は、シリと相互作用するワイヤレスヘッドフォンである。「アップルウォッチ」は、スマートウォッチの製品ラインである。サービスには、広告、アップルケア、クラウドサービス、デジタルコンテンツ、支払いサービスが含まれる。顧客は、主に消費者、中小企業、教育、企業、政府の市場にいる。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

CUPERTINO, CA

95014-0642

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.86 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

260.2K

2020

274.5K

2021

365.8K

2022(E)

381.6K
EPS (USD)

2019

2.973

2020

3.280

2021

5.610

2022(E)

5.738
株価売上高倍率(過去12カ月)
30.53
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.68
株価純資産倍率(四半期)
44.57
株価キャッシュフロー倍率
26.50
総負債/総資本(四半期)
197.68
長期負債/資本(四半期)
172.94
投資利益率(過去12カ月)
42.65
自己資本利益率(過去12カ月)
28.06

最新ニュース

最新ニュース

米高裁、アップルのフォートナイト巡る訴訟で逆転判決 課金規約変更に猶予

米連邦第9巡回区控訴裁判所(高裁)は8日、人気ゲーム「フォートナイト」の開発企業エピック・ゲームズが米アップルに対して起こした反トラスト法(独占禁止法)違反訴訟の控訴審継続中は、一審がアップルに命じたアプリ配信サービス「アップストア」の課金規約変更を猶予することを認めた。

豪が決済業界見直しへ、暗号資産取引所の免許制度創設など

豪政府は決済業界見直し策の一環として、暗号資産(仮想通貨)取引所の免許制度を創設し、リテール中央銀行デジタル通貨の導入を検討する。

米・EU、ハイテク分野の競争政策巡り新たな対話の枠組み開始

米司法省反トラスト局と米連邦取引委員会(FTC)は7日、欧州委員会との間で、ハイテク分野の競争政策および執行を調整する対話の枠組みを立ち上げたと発表した。

iPhone13、9─10月生産が計画比20%減=日経アジア

米アップルの最新のスマートフォン「iPhone13」の9─10月の生産台数が当初の計画を20%下回ったと、日本経済新聞社の英文媒体「日経アジア(Nikkei Asia)」が8日、事情に詳しい関係筋の情報として報じた。

米アップルの社内チャット制限で自由な言論に制約、元従業員が主張

米アップルの元社員が7日に労働規制当局の全米労働関係委員会に提出した申立書で、同社が従業員によるビジネスチャットアプリ「スラック」の利用を制限し、従業員が自由に発言したり組合を結成する機会を狭めたと主張した。

アップルCEO、16年に中国当局と合意書締結 脅威回避で=報道

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が中国でのデバイス販売やサービス提供が妨げられる脅威を和らげるため、2016年に中国当局と約2750億ドル規模と推定される合意書を締結していたと、テクノロジー系ニュースサイト「ザ・インフォメーション」が7日報じた。

マイクロソフトのニュアンス買収、EU独禁当局が調査を強化

欧州連合(EU)の反トラスト(独占禁止)当局が、米マイクロソフトによる米ソフトウエア会社ニュアンス・コミュニケーションズ買収案件を詳しく調査していることが分かった。顧客や競合他社に懸念事項リストの作成を依頼している。ロイターが質問書を確認した。

サムスン電子、モバイル・家電部門を統合 共同CEO発表

韓国のサムスン電子は7日、モバイル部門と家電部門を統合し、新たな共同最高経営責任者(CEO)を起用すると発表した。

世界の広告費、21年は予想よりも大幅増に=業界見通し

6日に発表された広告代理店2社の見通しによると、今年の世界の広告費は当初予想よりも大幅に伸び、来年も増加する見通し。コロナ禍で企業がアルファベット傘下のグーグルやメタなどのサーチエンジンやソーシャルメディアのプラットフォームで広告の出稿を増やしていることが背景にある。

米国務省職員のiPhoneにハッキング、イスラエルのスパイウエア使用

少なくとも9人の米国務省職員が使用するアップルのiPhoneがハッキング攻撃を受けていたことが分かった。攻撃にはイスラエルに拠点を置くNSOグループが開発したスパイウエアが使われ、攻撃者の正体は不明。4人の関係筋が明らかにした。

NY市場サマリー(3日)オミクロン懸念で株安、国債利回り低下 円に安全買い

<為替> 安全通貨とされる円とスイスフランが上昇した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」拡散のほか、米連邦準備理事会(FRB)による積極的なインフレ対応策に対する懸念で、世界的に株価が下落し国債利回りが低下したことが背景。

米国株式市場=下落、オミクロン株やテーパリング巡る懸念で

米国株式市場は主要株価指数が下落した。ナスダック総合が下げを主導した。11月の米雇用統計が市場予想を下回ったものの、米連邦準備理事会(FRB)による緩和策の縮小ペースが鈍化することはないとの見方が広がったほか、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」を巡る懸念を受けた。

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。各国で感 染が確認されている新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念に加 え、主要中央銀行からのインフレに対する警告も投資家心理を悪化させた。 イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は1日、オミクロン株による経済へ の影響は依然として強いとの認識を示したほか、サプライチェーン(供給網)の混乱と消 費財の需要増加を起因とするインフレ圧力に言及した。 英中銀が今月、利上げに踏み切るかどうか不透明となる中、FTSE350種銀行株 指数は0.25%下落した。 OANDAのアナリスト...

欧州株式市場=反落、オミクロン株懸念で

欧州株式市場は反落して取引を終えた。新 型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大防止のた め各国が規制を強化し、景気回復への悪影響が懸念された。 ドイツは2日、新型コロナウイルスワクチン未接種者を対象とした 新たな規制に合意し、米国は旅行に関わる制限を強化した。一方、イエ レン米財務長官は、オミクロン株によって新型コロナのパンデミック( 世界的大流行)が「しばらくの間」続く可能性が示されたと述べた。 STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は2.57 %下落。今年に入ってからの下落は7.15%に達し、2桁台の上昇が 見込...

iPhone13需要減速、アップルが部品業者に伝達=報道

米アップルは部品サプライヤーに対し、最新スマートフォン「iPhone13」シリーズの需要が減速していると伝えた。ブルームバーグ・ニュースが1日、事情に詳しい複数の関係筋の話として報じた。一部消費者が入手困難な同製品を諦めた可能性を示唆しているという。

アップル、「iPhone13」需要減速を部品業者に伝達=報道

米アップルは部品サプライヤーに対し、最新スマートフォン「iPhone13」シリーズの需要が減速していることを伝えた。ブルームバーグ・ニュースが1日、事情に詳しい複数の関係筋の話として伝えた。一部消費者が入手困難な同製品を諦めた可能性を示唆しているという。

米国株式市場=下落、テーパリング加速や変異株巡る懸念で

米国株式市場は、主要株価3指数が軒並み下落して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が次回の政策会合で大規模な債券買い入れプログラムの縮小加速を検討する可能性を示唆し、新型コロナウイルスの新たな変異株を巡り神経質になっている市場が、さらに圧迫された。

訂正:米国株式市場=上昇、オミクロン株巡る懸念が後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」について、バイデン米大統領がロックダウン(都市封鎖)の再導入にはつながらないと述べ、安心感が広がった。

米国株、コロナの脅威再び 「急落は買い場か」

新型コロナウイルスが市場を大きく動かす要因として再浮上している。南アフリカで新たな変異株が確認されたからだ。

米ブラックフライデー商戦の混雑緩和、値引きは減少

[シカゴ 26日 ロイター]- - 米年末商戦の幕開けとなる「ブラックフライデー」の26日のセールには、肌寒い中でクリスマスプレゼントを求める買い物客が小売店に集まった。米大手小売業が商戦を早めたため、店舗は例年より混雑していなかった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up