for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

149.64USD

変化

5.86(+4.08%)

出来高

90,978,503

本日のレンジ

145.26

 - 

149.68

52週レンジ

123.13

 - 

182.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
143.78
始値
145.39
出来高
90,978,503
3か月平均出来高
2,087.29
高値
149.68
安値
145.26
52週高値
182.94
52週安値
123.13
発行済株式数
16,185.18
時価総額
2,327,105.00
予想PER
23.42
配当利回り
0.64

次のエベント

Q3 2022 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

Apple Boosting Pay Budget For Workers Amid Tight Labor Market - WSJ

Apple Is Delaying Its Three-Day Per Week Office Return Deadline On Rising COVID-19 Cases - Bloomberg Reporter Tweet

Shipments of smartphones within China fell 40.5% in March - CAICT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc)は、スマートフォン、パソコン、タブレット、ウェアラブル、アクセサリーの設計・製造・販売及び関連するサービスの販売を行う。【事業内容】製品には、「iPhone」、「Mac」、「iPad」、及びウェアラブル・ホーム・アクセサリーが含まれる。「iPhone」は、アイフォーンオペレーティングシステム(iOS)をベースにしたスマートフォンラインである。「Mac」は、マックオペレーティングシステム(macOS)をベースにしたパーソナルコンピュータである。「iPad」は、アイパッドオペレーティングシステム(iPadOS)をベースにした多目的タブレットである。ウェアラブル・ホーム・アクセサリーには、「AirPods」、「Apple TV」、「Apple Watch 」、「Beats」、「HomePod」、「iPod touch」、その他の「Apple」ブランド及びサードパーティのアクセサリーが含まれる。「AirPods」は、シリと相互作用するワイヤレスヘッドフォンである。「Apple Watch」は、スマートウォッチの製品ラインである。サービスには、広告、AppleCare、クラウドサービス、デジタルコンテンツ、支払いサービスが含まれる。顧客は、主に消費者、中小企業、教育、企業、政府の市場にいる。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

CUPERTINO, CA

95014-0642

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.87 mean rating - 46 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

260.2K

2020

274.5K

2021

365.8K

2022(E)

394.0K
EPS (USD)

2019

2.973

2020

3.280

2021

5.610

2022(E)

6.140
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.37
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.03
株価純資産倍率(四半期)
34.58
株価キャッシュフロー倍率
20.56
総負債/総資本(四半期)
178.02
長期負債/資本(四半期)
153.30
投資利益率(過去12カ月)
44.91
自己資本利益率(過去12カ月)
29.64

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(27日)ドル小幅安、株式は大幅続伸

<為替> ドルが小幅安。週足では2週連続での下げとなる見通し。トレーダーの間では、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げ予想を修正する動きが広がっている。また、朝方発表された米指標はインフレ伸び鈍化と堅調な消費支出の継続を示し、景気後退を巡る懸念が和らいだ。

米国株式市場=大幅続伸、週間でも上昇 インフレ鈍化示す指標好感

米国株式市場は大幅続伸。インフレ鈍化と底堅い消費支出を示す統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が景気後退を回避しつつ、金融引き締めを進めることが可能という楽観的な見方が広がった。

UPDATE 2-台湾、今年の経済成長率見通しを3.91%に下げ 内外で消費需要減退

台湾主計総処は27日、2022年の台湾の経済成長率が3.91%になるとの見通しを示した。世界的なインフレや新型コロナウイルス流行を背景に内外で消費需要が減退しているため、従来予想の4.42%から下方修正した。

デジタル人民元対応アプリ禁止を提案、米共和議員が法案作成

米上院共和党の議員3人は26日、アップルやアルファベット傘下グーグルなど国内のアプリストア運営会社に対し、中国の中央銀行デジタル通貨であるデジタル人民元(eCNY)による決済を受け付けるアプリ提供を禁止する法案を公表した。

米国株式市場=大幅続伸、小売業決算を好感 利上げ懸念も和らぐ

米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。小売り企業の堅調な業績見通し発表が相次いだほか、米連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げに対する懸念が和らいだことから、買い戻し機運が高まった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(26日)株式大幅続伸、ドル小幅安

(株式の内容を追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが小幅安となった。市場は米連邦準備理事会(FRB)が年後半に引 き締めサイクルを減速あるいは一時停止する可能性があるか注視している。 ドル指数は0.206%安の101.84。 OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「市場はFRBが引き締 めに積極的になりすぎることはなく、株式などのリスク資産に見られた売りが行き過ぎだ った可能性があると少し楽観的になっている」と指摘。これがリスク資産の上昇とドル売 りにつながっているとした。 26日に発表された第1・四半期...

再送-NY市場サマリー(26日)株式大幅続伸、ドル小幅安

(表を追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが小幅安となった。市場は米連邦準備理事会(FRB)が年後半に引 き締めサイクルを減速あるいは一時停止する可能性があるか注視している。 ドル指数は0.206%安の101.84。 OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「市場はFRBが引き締 めに積極的になりすぎることはなく、株式などのリスク資産に見られた売りが行き過ぎだ った可能性があると少し楽観的になっている」と指摘。これがリスク資産の上昇とドル売 りにつながっているとした。 26日に発表された第1・四半期の実質国内総生産...

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り上昇、成長鈍化見通しで

(内容を更新しました) [ニューヨーク 26日 ロイター] - 米金融・債券市場では、 10年債利回りが6週間ぶりの低水準を付けた後に上昇に転じた。マク ロ経済指標や企業からの発表が経済成長鈍化を示唆する中、インフレ懸 念が引き続き解消されつつある。 10年債利回りは0.9ベーシスポイント(bp)上 昇の2.756%。序盤には一時2.706%まで低下する場面があっ た。 DRWトレーディングの市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏 は、数週間前は米連邦準備理事会(FRB)がインフレ対応で積極的に 利上げを実施するとの期待が高かったが、最近...

米金融・債券市場=利回り上昇、成長鈍化見通しで

米金融・債券市場では、 10年債利回りが6週間ぶりの低水準を付けた後に上昇に転じた。マク ロ経済指標や企業からの発表が経済成長鈍化を示唆する中、インフレ懸 念が引き続き解消されつつある。 10年債利回りは2.3ベーシスポイント(bp)上 昇の2.770%。序盤には一時2.706%まで低下する場面があっ た。 DRWトレーディングの市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏 は、数週間前は米連邦準備理事会(FRB)がインフレ対応で積極的に 利上げを実施するとの期待が高かったが、最近の指標は経済の軟化を示 唆していると指摘。「特に新築住宅販売はかなりひどかった...

米アップル、22年のiPhone生産は横ばいに=ブルームバーグ

米アップルは2022年の「iPhone」の生産台数をほぼ横ばいの2億2000万台とする方針。ブルームバーグ・ニューズが26日伝えた。

アップル、米従業員の給与予算を増額=WSJ

米アップルが米従業員の給与予算を増額すると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が25日報じた。物価の上昇や社内での労組結成に向けた動きなどが背景にあるとみられる。

米株への個人投資家の資金流入、ミーム株熱狂時に迫る=調査

調査会社バンダ・リサーチによると、米国株式市場での個人投資家の買い越しが、2021年に「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)が熱狂的に取引された際とほぼ同水準となった。

国際的なデジタル課税協定、24年初に後ずれも=仏財務相

フランスのルメール経済・財務相は24日、デジタル課税を巡る国際的な協定は、2023年末か24年初めまで準備できない可能性があると述べ、改革が大幅に遅れる可能性を示唆した。

UPDATE 1-今日の株式見通し=強含み、米株堅調を好感 2万7000円固める動きに

(内容を追加しました) [東京 24日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みが想定されている。前日の米国株式 市場が堅調に推移したことが好感されそうだ。日本株は米株離れが進んでいるとの指摘が あるものの、米主要株価3指数の上昇は心理面でプラスに働き、前日までの好地合いを引 き継いで2万7000円を固めに動くとみられる。 日経平均の予想レンジは2万6900円─2万7300円。 23日の米国株式市場は上昇。大型ハイテク株の反発が幅広いセクターの上昇を後押 しした。アップルやマイクロソフトのほか、銀行株も買われた 。主要株価...

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)株式上昇、利上げ観測でユーロに買い

(株式の内容を追加しました) [23日 ロイター] - <為替> ドル指数が下落し、ユーロは上昇した。欧州中央銀行(ECB)がマイナ ス金利からの離脱を示唆したことが背景。 ECBのラガルド総裁は23日、中銀預金金利について、9月末までにマイナス金利 が解消される公算が大きいと発言した。 ユーロは1.13%高の1ユーロ=1.0687ドル。5月13日に付け た安値1.0349ドルからは3.4%上昇している。 ドル指数は0.82%低下し102.09。5月13日には105.01と2 0年ぶりの高水準にあった。 チャールズ・シュワブの先物・外為担当...

米国株式市場=上昇、銀行や大手ハイテクに買い

米国株式市場は上昇して取引を終えた。銀行株の上昇と大型ハイテク株の反発が幅広いセクターの上昇を後押しした。

NY市場サマリー(23日)株式上昇、利上げ観測でユーロに買い

<為替> ドル指数が下落し、ユーロは上昇した。欧州中央銀行(ECB)がマイナ ス金利からの離脱を示唆したことが背景。 ECBのラガルド総裁は23日、中銀預金金利について、9月末までにマイナス金利 が解消される公算が大きいと発言した。 ユーロは1.13%高の1ユーロ=1.0687ドル。5月13日に付け た安値1.0349ドルからは3.4%上昇している。 ドル指数は0.82%低下し102.09。5月13日には105.01と2 0年ぶりの高水準にあった。 チャールズ・シュワブの先物・外為担当マネジングディレクター、JB・マッケンジ ー氏は「投資家...

米アップル、中国以外での生産増を検討=WSJ

米アップルは一部の製造委託先に対し、中国以外での生産を増やしたいという意向を伝えた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい関係者の話として伝えた。

日経平均は反発、米株に反発期待生じ幅広く物色

東京株式市場で日経平均は反発。前日比336円19銭高の2万6739円03銭で大引けた。前日の米国株式市場は軟調だったものの、時間外取引で先物がしっかりとなるなど米株の反発期待が生じ、幅広く物色された。

NY市場サマリー(19日)ドル全面安、10年債利回り低下 株式続落

<為替> ドルが全面安となり2週間ぶりの安値を付けた。ドル高で年初から売られていた主要通貨の大半に買いが入った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up