for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

131.79USD

変化

1.64(+1.26%)

出来高

96,318,587

本日のレンジ

129.65

 - 

132.55

52週レンジ

86.29

 - 

145.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
130.15
始値
129.80
出来高
96,318,587
3か月平均出来高
1,853.17
高値
132.55
安値
129.65
52週高値
145.09
52週安値
86.29
発行済株式数
16,687.63
時価総額
2,163,385.00
予想PER
24.95
配当利回り
0.68

次のエベント

Q3 2021 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

UK's CMA To Scrutinise Apple And Google Mobile Ecosystems

Apple Says Launching A New Service Called SignTime

ACCC Seeks Leave To Appear In Epic Games Vs Apple Appeal

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc.)は移動体通信とメディアデバイス、パソコン及び携帯型デジタル音楽プレーヤーの設計・製造・マーケティングに従事する。【事業内容】同社は一連の関連するソフトウェア、サービス、周辺機器、ネットワーキングソリューション、およびサードパーティ製のデジタルコンテンツとアプリケーションを販売する。同社は米州、欧州、中国、日本及びアジア太平洋他の地域事業を運営する。米州事業は北米と南米を含む。欧州事業はヨーロッパ諸国、インド、中東及びアフリカを含む。中国事業は中国大陸、香港及び台湾を含む。アジア太平洋他の地域事業はオーストラリア及び同社の他の事業セグメントには含まれていないアジア諸国を含む。同社の製品とサービスは「iPhone」、「iPad」、「Mac」、「iPod」、「Apple Watch」及び「Apple TV」、一般消費者および専門家の双方向けのソフトウェア・アプリケーションのポートフォリオ、「iPhone OS (iOS)」、「OS X」及び「watchOS」オペレーティングシステム、「iCloud」、「Apple Pay」、並びに一連のアクセサリー、サービス及びサポート製品を含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

CUPERTINO, CA

95014-0642

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.95 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

265.6K

2019

260.2K

2020

274.5K

2021(E)

354.0K
EPS (USD)

2018

2.978

2019

2.973

2020

3.280

2021(E)

5.194
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.09
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.65
株価純資産倍率(四半期)
31.27
株価キャッシュフロー倍率
24.80
総負債/総資本(四半期)
175.84
長期負債/資本(四半期)
157.05
投資利益率(過去12カ月)
33.54
自己資本利益率(過去12カ月)
23.21

最新ニュース

最新ニュース

GAFA規制法案、米下院司法委が来週表決

ナドラー米下院司法委員長は16日、同委で来週、アマゾン・ドット・コムなど「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業の市場における支配力の規制を含む包括的な独占規制法案に関して表決を行うと明らかにした。

EUのIT大手規制案、iPhoneの安全脅かす=アップルCEO

米アップルのクック最高経営責任者(CEO)は16日、米IT(情報技術)大手の影響力抑制を目的とした欧州の規制案は、iPhoneにセキュリティーやプライバシーの面でリスクをもたらす可能性があるとの懸念を示した。

英競争当局がアップルとグーグル調査へ、スマホOSやアプリストア

英競争・市場庁(CMA)は15日、米アップルとグーグルがスマートフォン向け基本ソフト(OS)やアプリストアやウェブブラウザの各分野で優越的地位を乱用して消費者に弊害を及ぼしている可能性について、調査開始を表明した。

バイデン氏、FTC委員長に巨大IT批判のカーン氏指名へ=関係筋

バイデン米大統領は、連邦取引委員会(FTC)委員長に、巨大IT批判で知られるコロンビア大法科大学院のリナ・カーン准教授を指名する。関係筋が15日、明らかにした。独占的立場を持ち影響力が大きい企業への規制強化を訴える議会の急進派が勢いづく可能性がある。

米アップル、法的要求による情報提供に制限 前政権下の調査受け

米アップルは11日、トランプ前政権下の司法省から民主党議員に関する情報提供を求める召喚状を受け取ったことをきっかけに、法的要求への対応に関する社内ルールの一部を厳格化したと明らかにした。

米議会、トランプ政権下の司法省「悪質」行為を調査へ

米民主党有力議員は13日、トランプ前政権下の司法省の「悪質な」行為について調査を開始する方針を示した。司法省が民主党議員の通話記録を押収した問題などを調査するとしている。

米、大手ハイテク企業の規制法案提出 分割など柱

米下院の超党派議員らは11日、大手ハイテク企業を規制する法案を4本提出した。企業の分割などが柱となる。

米アップル、BMWの元幹部を自動運転プロジェクトに起用

米アップルは10日、独BMWの電気自動車(EV)部門の元幹部、ウルリッヒ・クランツ氏を自動車関連プロジェクトに起用したとの報道を認めた。

インドネシア・南ア・メキシコ、G7合意の最低法人税率案を支持

インドネシア、南アフリカ、メキシコの財務相は10日、主要7カ国(G7)が合意した各国共通の最低法人税率案に支持を表明した。

アマゾンやアップルなどは中国の強制労働「見て見ぬふり」=米議員

米共和党のルビオ上院議員は10日、アマゾン・ドット・コムやアップル、ナイキなどの米大手企業が中国国内の強制労働疑惑に対して見て見ぬふりをしていると強く非難した。上院外交委員会が中国政府のウイグル族などイスラム教少数民族弾圧に関して開いた公聴会における発言。

米アマゾン、オフィス勤務3日・リモート2日の週間勤務体制を容認

米アマゾン・ドット・コムは10日、一部従業員の勤務体制として、一週間のうちオフィス勤務を3日、リモートワークを2日にすることを認めると発表した。

コラム:TikTok禁止撤回、バイデン政権「客観的」判断へ

中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対して米国が締め付けを続けるとしても、もはやそれはティックトックにこだわり過ぎることはなくなる。バイデン米大統領は9日、トランプ前大統領が発出したティックトックと中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の利用禁止命令を撤回。米政府は今後、こうした特定企業を狙い撃ちにするのではなく、外国の敵対勢力が所有しているかどうかなど、より客観的な基準で安全保障上の脅威を判断していくことになる。

バイデン氏、中国アプリ禁止撤回 安保上の懸念巡り調査指示

バイデン米大統領は9日、中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」や動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用禁止に関するトランプ前大統領による大統領令を撤回すると表明した。また、同アプリが及ぼす安全保障上の懸念を調査するよう商務省に指示した。

EU当局、米IT大手のAI音声サービス支配力拡大に懸念

欧州連合(EU)の規制当局は9日、米アマゾン・ドット・コムの「アレクサ」と米アップルの「Siri(シリ)」、米アルファベットの「グーグルアシスタント」といった人工知能(AI)音声認識サービスの市場支配力が増し、反競争的行為の可能性があるとの懸念を表明した。

米、ウィーチャットとTikTok禁じるトランプ氏の大統領令撤回へ

バイデン米大統領が、中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」と動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の新規ダウンロード禁止を求めたトランプ前大統領による大統領令を撤回すると、ホワイトハウスが9日発表した。

EXCLUSIVE-アップル、EV向けバッテリーでCATLやBYDと協議=関係筋

複数の関係筋によると、米アップルは、同社が計画している電気自動車(EV)向けのバッテリー供給について、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)や比亜迪(BYD)と初期段階の協議を進めている。

NY市場サマリー(8日)米株まちまち、ドル小幅高、長期債利回り低下

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅高となった。インフレ水準と中銀の金融政策を巡り投資家は様子見姿勢を強めており、外為市場のボラティリティーが1年超ぶりの低水準となった。

米国株式市場=まちまち、個人投資家はミーム株物色

米国株式市場は主要株価指数がまちまちとなった。明確な手掛かり材料に欠け、機関投資家の動きが鈍い一方、個人投資家による「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)物色は継続した。

EXCLUSIVE-アップル、EV向けバッテリーでCATLやBYDと協議=関係筋

複数の関係筋によると、米アップルは、同社が計画している電気自動車(EV)向けのバッテリー供給について、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)や比亜迪(BYD)と初期段階の協議を進めている。

iPhoneがデジタル身分証に 次期OS、個人情報保護も強化

米アップルは7日に開始した世界開発者会議(WWDC)で、州政府が発行した身分証明書(ID)をiPhoneにデジタル保存する機能を提供するほか、ストレージサービス「iCloud(アイクラウド)」や電子メールアプリにプライバシー保護機能を追加すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up