for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.O

現在値

106.84USD

変化

-3.50(-3.17%)

出来高

287,104,882

本日のレンジ

106.09

 - 

110.88

52週レンジ

53.15

 - 

137.98

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
110.34
始値
110.40
出来高
287,104,882
3か月平均出来高
3,633.74
高値
110.88
安値
106.09
52週高値
137.98
52週安値
53.15
発行済株式数
17,102.54
時価総額
1,827,235.00
予想PER
33.04
配当利回り
0.77

次のエベント

Q4 2020 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

Apple Introduces Watch Series 6, Series SE, Fitness+, New iPads

Apple Inc Says New iPad Air Will Be Priced Starting At $599

Apple's Watch Series 6 Will Measure Blood Oxygen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc.)は移動体通信とメディアデバイス、パソコン及び携帯型デジタル音楽プレーヤーの設計・製造・マーケティングに従事する。【事業内容】同社は一連の関連するソフトウェア、サービス、周辺機器、ネットワーキングソリューション、およびサードパーティ製のデジタルコンテンツとアプリケーションを販売する。同社は米州、欧州、中国、日本及びアジア太平洋他の地域事業を運営する。米州事業は北米と南米を含む。欧州事業はヨーロッパ諸国、インド、中東及びアフリカを含む。中国事業は中国大陸、香港及び台湾を含む。アジア太平洋他の地域事業はオーストラリア及び同社の他の事業セグメントには含まれていないアジア諸国を含む。同社の製品とサービスは「iPhone」、「iPad」、「Mac」、「iPod」、「Apple Watch」及び「Apple TV」、一般消費者および専門家の双方向けのソフトウェア・アプリケーションのポートフォリオ、「iPhone OS (iOS)」、「OS X」及び「watchOS」オペレーティングシステム、「iCloud」、「Apple Pay」、並びに一連のアクセサリー、サービス及びサポート製品を含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

CUPERTINO, CA

95014-0642

United States

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.21 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

229.2K

2018

265.6K

2019

260.2K

2020(E)

273.0K
EPS (USD)

2017

2.303

2018

2.978

2019

2.973

2020(E)

3.236
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.67
株価純資産倍率(四半期)
25.33
株価キャッシュフロー倍率
26.12
総負債/総資本(四半期)
156.85
長期負債/資本(四半期)
130.98
投資利益率(過去12カ月)
25.71
自己資本利益率(過去12カ月)
18.27

最新ニュース

最新ニュース

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提供禁止は延期

トランプ米大統領は、中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業について、継続を可能にする案を基本的に支持すると表明した。

中国商務省、「信頼できない」企業リストに関する規則を公表

中国商務省は19日、同国が策定を目指す「信頼できない実体の一覧表」に関する規則を公表し、中国の主権や国家安全保障を脅かす外国企業・個人を対象にする方針を示した。

米国株、3週連続で下落 ハイテク株の売り続く

米国株式市場は続落。ハイテク株が3日連続で売られ、アップル<AAPL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、アルファベット<GOOGL.O>の下げが目立った。

米、TikTokなど20日から提供禁止 トランプ氏「急展開も」

米商務省は18日、国家安全保障上の懸念を理由に、中国発の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内での新規ダウンロードを20日から禁止すると発表した。

NY市場サマリー(18日)主要株価指数が3週続落、円は7週ぶり高値

欧州ではフランスでも感染が急拡大。OANDA(ニューヨーク)のシニア市場アナ リスト、エドワード・モヤ氏は、新型ウイルス感染再拡大を巡る懸念が増大していること で「リスク回避」の姿勢が高まっていると指摘。「欧州諸国はウイルスとの戦いで今は負 けているように見える」とし、「経済活動の再開については失望的なニュースが増えてお り、リスク選好の重しとなる」と述べた。 ユーロは対ドルでほぼ横ばいの1.1851ドル。ただ対円では過去5日間 で4日下落した。終盤の取引でユーロ/円は123.90円。 ドル/円は一時104.27円まで下落し、7月31日以来...

米、TikTokとウィーチャットのダウンロード禁止へ 20日から

米商務省は18日、中国発の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内でのダウンロードを9月20日から禁止する方針を明らかにした。

米アップル、インドでオンライン販売を23日開始

米アップル<AAPL.O>は18日、インドでオンラインストアを23日に開設すると発表した。ヒンドゥー教のお祝いで、小売業は年間で最大のセールスを展開する時期にあたる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、デジタル関連銘柄が買われる

  <15:42> 新興株市場は小反発、デジタ ル関連銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小反発し た。「菅新政権の政策への期待から、デジタル関連やオンライン診療などの医療関連の銘 柄が買われた」(国内ネット証券)という。 個別銘柄では、グローバルウェイ 、KIYOラーニング 、ユナイト アンドグロウ などが高い。半面、バンク・オブ・イノベーション 、トゥ エンティーフォーセブン は値下がりした。 <15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド   日経平均・日足...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド

<15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。投資家の気迷い心理を表してい る。5日移動平均線(2万3433円88銭=18日)で上値が抑えられた一方、底堅さ も意識されている。 25日移動平均線(2万3205円12銭=同)、75日移動平均線(2万2769 円82銭=同)は右肩上がりで、中長期の上昇トレンド維持を示唆している。「日足一目 均衡表で『雲』が切り上がっていることも考えれば、下値不安は小さく、上方向に期待が 持てそうだ」(ストラテジスト)との声も聞かれる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、日本株「下値不安小さい」との見方

<14:07> 日経平均は小幅高、日本株「下値不安小さい」との見方 日経平均は小幅高。日本が4連休前で、新規の手掛かり材料も出ていない。2万33 00円台半ばで小動きとなっている。 国内メディアの世論調査で菅義偉政権に対する高い支持率が示されたことは、株式市 場の安心感につながっているという。市場からは「積極的な買い材料ではないが、デジタ ル庁の創設や携帯電話料金の引き下げなど目を引く政策もある。日本株の下値不安は小さ い」(ファンドマネジャー)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は小反発、4連休前で見送られ売買代金1兆円割...

前場の日経平均は小反発、4連休前で見送られ売買代金1兆円割れ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比6円63銭高の2万3326円00銭となり、小反発。前日の米株は下落したが、為替相場が落ち着いたことなどから、相場全般は堅調な始まりとなり、その後も底堅さを感じさせる展開。ただ、4連休控えとあって見送り気分が強く、上値に対しても慎重で小動きに終始した。前場の東証1部売買代金は1兆円を割り込んだ。

今日の株式見通し=続落、米株安と円高を嫌気 4連休前の手控えムード

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落の展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場でハイテク関連株の売りが継続した流れや、円高基調を嫌気し、朝方から売り優勢の展開になるとみられる。加えて、日本はあすから4連休となるため積極的な売買は手控えられ、薄商いとなりそうだ。

NY市場サマリー(17日)ドル/円7週ぶり安値、米株下落

フォード・モーターも3.7%高。ミシガン工場で、主力ピックアップトラック「F150」の 新モデル生産を開始したと発表した。 米国株式市場: <金先物> ドルの上昇に伴う割高感などに圧迫され、4営業日ぶりに反落。中心限月12月物の清算 値(終値に相当)は前日比20.60ドル(1.05%)安の1オンス=194 9.90ドル。 NY貴金属: <米原油先物> 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラ ス」が減産順守の姿勢を改めて強調したことなどを受けて、3日続伸。米国産標準油種WTIの中心限月 10月物の清算値...

米株下落、ハイテク株の売り継続 失業保険申請は高止まり

米国株式市場は下落。ハイテク関連株の売りが継続し、アマゾン<AMZN.O>やアップル<AAPL.O>などの下げが相場を圧迫した。朝方発表された新規失業保険申請件数の高止まりが続いていることも嫌気された。

米国株式市場=下落、ハイテク株の売り継続 失業保険申請は高止まり

米国株式市場は下落。ハイテク関連株の 売りが継続し、アップルやアマゾンなどの下げが相場 を圧迫した。朝方発表された新規失業保険申請件数の高止まりが続いて いることも嫌気された。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27901.98 -130.40 -0.47 27834.1 28056.7 27647.9 8 9 3  前営業日終値 28032.38 ナスダック総合 10910.28 -140.19 -1.27 10796.0 10974.4 10783.8 5 5 1  前営業日終値 11050.47 S&...

アップル、新型ウオッチなど発表 フィットネスサービス配信も

米アップル<AAPL.O>は15日、腕時計型端末「アップルウオッチ」やタブレット端末「iPad」などの新製品を発表した。また、新たなフィットネスサービスのほか、動画・音楽配信などのサブスクリプションサービスを合わせた「Apple One(アップルワン)」を開始することも明らかにした。

スポティファイ、アップルのバンドル型サービスは反競争的と批判

音楽配信大手のスポティファイ・テクノロジー<SPOT.N> は15日、米アップル<AAPL.O>が同日発表した動画・音楽配信などのサブスクリプションサービスをひとまとめにした「Apple One(アップルワン)」について、支配的地位の乱用に当たり、反競争的だと批判した。

今日の株式見通し=強もちあい、基調維持しながら上値に対し慎重

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。前日の米国株式市場の上昇が好感され、調整一巡感が台頭した半導体関連株などが物色されそうだ。ただ、FOMCの結果や新内閣の組閣を見極めたいとのムードもあり、強い基調を維持しながらも模様眺めとなり、上値に対して慎重な動きになるという。

NY市場サマリー(15日)ドル/円2週間ぶり安値、米株上昇

この日から始まったFOMCでは、米連邦準備理事会(FRB)がコロナ禍の影響を受けている米経済情勢についてハト派的な見方を据え置き、超低金利を今後3年間維持する方針を表明することが予想されており、ドルへの一段の重しとなる可能性がある。

米株上昇、FRB緩和維持観測で ハイテク株高い

米国株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)がこの日から2日間の日程で開始した連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和的なスタンスを維持するとの観測から、上昇して終了した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up