for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インク

AAPL.OQ

現在値

270.71USD

変化

5.13(+1.93%)

出来高

6,544,789

本日のレンジ

267.51

 - 

271.00

52週レンジ

142.00

 - 

271.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
265.58
始値
267.58
出来高
6,544,789
3か月平均出来高
550.50
高値
271.00
安値
267.51
52週高値
271.00
52週安値
142.00
発行済株式数
4,443.24
時価総額
1,202,836.00
予想PER
20.78
配当利回り
1.14

次のエベント

Q1 2020 Apple Inc Earnings Release

適時開示

その他

Apple Asks Chinese Manufacturer Luxshare-ICT To Double Airpods Pro Production- Nikkei

Twitter Says Recently Received Report About Malicious Mobile Software Development Kit Maintained By oneAudience

India IT Minister Says Expect Apple To Expand Operations In India

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル・インクとは

アップル(Apple Inc.)は移動体通信とメディアデバイス、パソコン及び携帯型デジタル音楽プレーヤーの設計・製造・マーケティングに従事する。【事業内容】同社は一連の関連するソフトウェア、サービス、周辺機器、ネットワーキングソリューション、およびサードパーティ製のデジタルコンテンツとアプリケーションを販売する。同社は米州、欧州、中国、日本及びアジア太平洋他の地域事業を運営する。米州事業は北米と南米を含む。欧州事業はヨーロッパ諸国、インド、中東及びアフリカを含む。中国事業は中国大陸、香港及び台湾を含む。アジア太平洋他の地域事業はオーストラリア及び同社の他の事業セグメントには含まれていないアジア諸国を含む。同社の製品とサービスは「iPhone」、「iPad」、「Mac」、「iPod」、「Apple Watch」及び「Apple TV」、一般消費者および専門家の双方向けのソフトウェア・アプリケーションのポートフォリオ、「iPhone OS (iOS)」、「OS X」及び「watchOS」オペレーティングシステム、「iCloud」、「Apple Pay」、並びに一連のアクセサリー、サービス及びサポート製品を含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

1 Apple Park Way

+1.408.9961010

https://www.apple.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arthur D. Levinson

Independent Chairman of the Board

Timothy D. Cook

Chief Executive Officer, Director

Luca Maestri

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jeffrey E. Williams

Chief Operating Officer

Katherine L. Adams

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.19 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

229.2K

2018

265.6K

2019

260.2K

2020(E)

275.1K
EPS (USD)

2017

9.210

2018

11.910

2019

11.890

2020(E)

13.026
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.84
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.62
株価純資産倍率(四半期)
13.29
株価キャッシュフロー倍率
17.74
総負債/総資本(四半期)
119.40
長期負債/資本(四半期)
101.46
投資利益率(過去12カ月)
22.90
自己資本利益率(過去12カ月)
15.69

最新ニュース

最新ニュース

米の報復関税、仏はWTO提訴を用意=仏経済相

フランスのルメール経済・財務相は8日、米トランプ政権がフランスのデジタル課税への対抗措置としてスパークリングワインなどフランスからの輸入品への報復関税導入を検討すると発表したことについて、フランスは世界貿易機関(WTO)に提訴する用意ができていると述べた。

アラムコIPO、史上最大の調達額 公開価格は仮条件上限

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは5日、新規株式公開(IPO)価格を1株当たり32リヤル(8.53ドル)と仮条件の上限に設定したと発表した。

アラムコIPO価格、仮条件上限で設定 調達額は過去最高=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)価格が1株当たり32リヤル(8.53ドル)と仮条件の上限に設定されたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

トランプ米大統領、NATO閉幕後の会見中止 「何度もやった」

トランプ米大統領は4日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の閉幕に当たり予定していた記者会見を中止した。2日間で何度も会見を行ったためだと理由を説明した。

米アマゾンの反トラスト調査、FTCがクラウド事業に拡大=報道

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の小売り事業が反トラスト法(独占禁止法)に違反していないか調査している米連邦取引委員会(FTC)は、同社のクラウドコンピューティング事業にも調査の対象を拡大した。米ブルームバーグが4日、関係筋の話として報じた。

アラムコIPO、主幹事が仮条件上限の公開価格を助言=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)でブックランナー(主幹事)を務める金融機関が、公開価格を仮条件の上限である32リヤル(8.5ドル)に設定するよう同社に助言したことが、事情に詳しい3人の関係筋の話で明らかになった。

米財務長官、デジタル課税導入OECD合意まで待つよう呼び掛け

ムニューシン米財務長官は経済協力開発機構(OECD)宛ての書簡で、デジタルサービス税は米国のIT(情報技術)企業を不当に標的にしていると米政府は認識しているとし、各国に対しOECDが国際的な税制度で合意するまで同税の導入は控えるよう呼び掛けた。

英首相、デジタル課税の推進確認 対米関係の火種の恐れも

ジョンソン英首相は4日、世界的な大手IT(情報技術)企業を対象としたデジタルサービス税について推進する意向を改めて表明した。同税を巡ってはトランプ米大統領が米国企業に対する不当差別だと批判しており、両国関係の火種になる恐れもある。

アルファベット新CEO、規制当局や政治家からの逆風を一身に

米アルファベット<GOOGL.O>の最高経営責任者(CEO)に就任するスンダー・ピチャイ氏は、世界中の規制当局が同社を調査対象とし、米国の政治家が同社の分割を主張し、トランプ米大統領が自身の政敵を同社が支援したなどと非難するなか、あらゆる逆風を一身に引き受けることになる。

アップルミュージック賞、新人B・アイリッシュにアルバム賞など

米アップルが手掛ける音楽配信サービスのアップルミュージックは3日、2019年に活躍したミュージシャンをたたえる「アップルミュージック・アワーズ」を発表。17歳の新人ビリー・アイリッシュが複数の賞に輝き、存在感を示した。

仏、米の制裁関税に報復の用意 マクロン氏「国益断固守る」

フランスのルメール経済・財務相は3日、米国がフランス製品に対する追加関税を検討していることについて「受け入れられない」と発言、仏をはじめ欧州連合(EU)は報復する用意があると述べた。

鴻海創業者の郭氏が渡米、投資や米中摩擦問題を政権要人と協議へ

鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏は3日、米国訪問中に政府要人と投資や米中貿易摩擦問題について話し合うと表明し、トランプ大統領と再び会見する可能性もあると付け加えた。出発前に空港で記者団に語った。

NY市場サマリー(3日)

<為替> トランプ米大統領の発言をきっかけに米中通商協議進展への期待が一気に後退、リスクオフ取引となる中、ドルが売られ、円やスイスフランには買いが入った。人民元は値下がりし10月以来の安値を付けた。

米国株式市場=3日続落、米中通商合意への期待が後退

米国株式市場は3営業日続落して取引を終えた。トランプ米大統領やロス米商務長官の発言を受け、米中貿易摩擦の早期緩和に向けた期待が後退した。

NY市場サマリー(3日)

<為替> トランプ米大統領の発言をきっかけに米中通商協議進展への期待が一気に 後退、リスクオフ取引となる中、ドルが売られ、円やスイスフランには買いが入った。人 民元は値下がりし10月以来の安値を付けた。 トランプ大統領は、中国との通商交渉合意に期限はないとし、来年11月の大統領選 挙後まで待った方が良いかもしれないと発言した。市場では米中の「第一段 階」の合意が間近ともみられていただけに、発言を受けてドル全般に対する失望売りが広 がったという。 米下院情報特別委員会は3日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査報告 書を公表した。...

米ロ、核兵器巡る新条約締結に意欲=トランプ大統領

トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に「核を巡る全体的な状況は良くない」と指摘。「ロシアが順守していなかったため、米国は条約を離脱したが、ロシアは条約締結を望んでおり、われわれも条約締結は素晴らしいことだと考えている。率直に言って、われわれができる最も重要なことの1つだ」と述べた。

トランプ氏、対トルコ制裁を検討 ロシア製ミサイル購入で

トランプ米大統領は3日、トルコによるロシア製の地対空ミサイル「S400」の購入を巡って、トルコへの制裁措置を検討していると明らかにした。

EU、米国の対仏関税に報復の用意=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は3日、米国がフランス製品に対する追加関税を検討していることについて「受け入れられない」と発言、欧州連合(EU)には報復する用意があると述べた。

米政府、仏製品に最大100%の追加関税も デジタル税巡り

米通商代表部(USTR)は2日、フランスのデジタルサービス税が米IT(情報技術)企業を不当に差別しているとして、シャンパン、ハンドバッグ、チーズなどフランスからの24億ドル相当の輸入品に最大100%の追加関税を課す可能性があると明らかにした。

パリ協定は米経済に貢献し雇用創出 大手企業・労組が声明

地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約の第25回締約国会議(COP25)が開幕した2日、世界の大手企業や労働組合が共同声明を発表、気候変動対策への取り組みは米国の経済に貢献して雇用創出につながると強調するとともに、米国は地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」にとどまるべきだと主張した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up