for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barrick Gold Corp

ABX.TO

現在値

21.18CAD

変化

0.02(+0.09%)

出来高

693,667

本日のレンジ

21.00

 - 

21.34

52週レンジ

19.02

 - 

33.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
21.16
始値
21.31
出来高
693,667
3か月平均出来高
124.31
高値
21.34
安値
21.00
52週高値
33.50
52週安値
19.02
発行済株式数
1,771.00
時価総額
37,750.77
予想PER
14.54
配当利回り
2.43

次のエベント

Dividend For ABX.TO - 0.1000 USD

適時開示

その他

Barrick Gold Corp - Reports Second Quarter 2022 Results

Barrick Gold Says Gold Production In 2022 Is Expected To Increase Through Year

Montage Enters Into Agreement With Barrick And Endeavour To Expand Koné Gold Project

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barrick Gold Corpとは

バリック・ゴールド(Barrick Gold Corp)はカナダを拠点とする金と銅の生産者である。【事業内容】南北アメリカ、アフリカ、パプアニューギニア、サウジアラビアの18か国で鉱山とプロジェクトの運営を行う。事業には、ネバダ金鉱山、ブリヤンフル、ヘムロ、ジャバルサイード、キバリ、ルーロゴンコト、ルムワナ、ノースマラ、ポルゲラ、プエブロビエホ、トンゴン、ベラデロ、ザルディバール、及び探鉱&プロジェクトが含まれる。ブリヤンフル事業は、タンザニア北西部、ビクトリア湖の南約55 km、ムワンザ市の南西150kmにある。ヘムロ事業は、オンタリオ州マラソンの東約35 kmにあるトランスカナダハイウェイのスペリオル湖の北に位置し、地下オペレーションである。ジャバルサイード銅事業は、サウジアラビア王国のジェッダの北東約350kmに位置する。キバリ金鉱山事業は、コンゴ民主共和国の北東にある。

業種

Gold & Silver

連絡先

Canada Trust Tower

161 Bay St Suite 3700

TORONTO, ON

M5J 2S1

Canada

+1.416.3077470

https://www.barrick.com

エグゼクティブリーダーシップ

John Lawson Thornton

Non-Independent Executive Chairman of the Board

D. Mark Bristow

President, Chief Executive Officer, Director

Graham Patrick Shuttleworth

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

Joel Holliday

Executive Vice President - Exploration

Kevin James Thomson

Senior Executive Vice President - Strategic Matters

統計

2.00 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

9.7K

2020

12.6K

2021

12.0K

2022(E)

11.7K
EPS (USD)

2019

0.510

2020

1.150

2021

1.160

2022(E)

1.012
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.61
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.47
株価純資産倍率(四半期)
1.21
株価キャッシュフロー倍率
5.52
総負債/総資本(四半期)
21.33
長期負債/資本(四半期)
21.28
投資利益率(過去12カ月)
8.80
自己資本利益率(過去12カ月)
6.83

最新ニュース

最新ニュース

世界の資源大手、2050年までの温室効果ガス実質ゼロを表明

国際金属・鉱業評議会(ICMM)は5日、世界の大手資源企業が2050年までに温室効果ガスの直接・間接の排出量を実質ゼロにする目標を掲げたと表明した。

ウォール街、米中金融円卓会議の年内再開を準備=ブルームバーグ

ブルームバーグは25日、ウォール街の重鎮と中国政府の高官が米中の共通した立場を探る「米中金融円卓会議」の年内再開に向けて準備を進めていると報じた。

米バークシャー、ベライゾンやシェブロン株取得

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

コラム:投資の神様バフェット氏、お得意の危機対処術にほころび

もし著名投資家ウォーレン・バフェット氏が株式を売ったり買ったりすれば、他の投資家に注目される。だから、カナダの産金大手バリック・ゴールド<ABX.TO>株を5億6400万ドル弱で取得したことと、JPモルガン・チェース<JPM.N>やウェルズ・ファーゴ<WFC.N>といった大手行の持ち株を削減したことを同氏の投資会社バークシャー・ハサウェイ<BRKa.N>が公表したとあれば、今回の景気下降局面をどう乗り切るかの教訓を引き出したい誘惑にかられるところだ。しかし、バフェット氏の危機対処術は、今回はうまくいかないかもしれない。

米バークシャー、米銀株を一部売却 加バリック・ゴールドに投資

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、第2・四半期にウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>やJPモルガン・チェース<JPM.N>など米大手行の株式を一部売却したほか、米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>の株式をすべて売却した。

加バリック、第1四半期は約55%増益、金価格の上昇で

カナダの産金大手バリック・ゴールド<ABX.TO> <GOLD.N>が6日発表した第1・四半期決算は、金価格の上昇を背景に約55%の増益となった。

加バリック、第3四半期は実質利益が予想超え 配当引き上げ

カナダの産金大手バリック・ゴールド<ABX.TO><GOLD.N>が6日発表した第3・四半期決算は、調整後利益が2億6400万ドル(1株当たり0.15ドル)と前年同期の8900万ドル(同0.08ドル)から増加した。1株利益はレフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の0.11ドルを上回った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up