for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Adaro Energy Tbk PT

ADRO.JK

前日終値

1,340.00IDR

変化

40.00(+3.08%)

出来高

41,127,700

本日のレンジ

1,300.00

 - 

1,350.00

52週レンジ

1,010.00

 - 

1,585.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,300.00
始値
1,315.00
出来高
41,127,700
3か月平均出来高
1,261.70
高値
1,350.00
安値
1,300.00
52週高値
1,585.00
52週安値
1,010.00
発行済株式数
31,985.96
時価総額
42,861,190.00
予想PER
7.93
配当利回り
6.72

次のエベント

Full Year 2019 Adaro Energy Tbk PT Earnings Release

適時開示

その他

PT Adaro Energy Tbk announces FY 2015 final cash dividend

PT Adaro Energy Tbk announces FY 2015 interim dividend

PT Adaro Energy Tbk announces FY 2014 final cash dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Adaro Energy Tbk PTとは

アダロ・エナジー(PT Adaro Energy Tbk)は子会社を通じて探鉱事業を運営するインドネシアの会社である。【事業内容】同社は掘削、荷役、荷積み、浚渫、港湾サービス、マーケティング及び発電事業を運営する。同社はインドネシアのカリマンタン・セラタンにある鉱山から熱石炭を生産する。その石炭はブランド名「Envirocoal」で販売される。子会社はPT Alam Tri AbadiとPT Saptaindra Sejatiを含む。

業種

Coal

連絡先

Jl. H.R. Rasuna Said, Blok X-5, Kav. 1-2

+62.21.5211265

http://www.adaro.com

エグゼクティブリーダーシップ

Edwin Soeryadjaya

President Commissioner

Garibaldi Thohir

Chief Executive Officer, President Director

Christian Ariano Rachmat

Deputy Chief Executive Officer, Vice President Director

Theodore Permadi Rachmat

Vice President Commissioner

Lie Luckman

Chief Financial Officer

統計

2.55 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

2.5K

2017

3.3K

2018

3.6K

2019(E)

3.3K
EPS (USD)

2016

0.010

2017

0.014

2018

0.012

2019(E)

0.012
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.80
株価純資産倍率(四半期)
0.81
株価キャッシュフロー倍率
3.30
総負債/総資本(四半期)
35.30
長期負債/資本(四半期)
24.53
投資利益率(過去12カ月)
10.63
自己資本利益率(過去12カ月)
8.24

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=大半が動意薄、ホーチミンは5週間ぶり高値

4日の東南アジア株式市場の株価は、米経済指標が弱い内容となったことで世界的な景気減速への懸念が高まり、大半が動意に薄くさえない値動きとなった。一方、ホーチミン市場は、不動産株がけん引し、5週間ぶりの高値で引けた。

東南アジア株式・中盤=大半が上伸、マレーシアは下落

4日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が上伸。米中貿易摩擦を巡り、両国が合意に近づいているとの報道が好感された。一方、1月のマレーシアの貿易黒字が予想を上回ったものの、クアラルンプール市場は下落した。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、マニラとジャカルタは統計を好感

東南アジア株式市場は大半の市場が上昇して引けた。マニラ市場がインフレ統計を好感して上伸したほか、ジャカルタ市場は昨年の石炭生産が予想を上回る中、エネルギー株主導で総合株価指数が約8カ月ぶりの高値となった。

東南アジア株式・中盤=マニラが6日続落、その他は商い低調

12日中盤の東南アジア株式市場では、マニラ市場が6日続落となった一方、その他の市場はおおむね低調な商いとなった。米国と中国の貿易摩擦の激化が、市場の地合いに打撃を与えた。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、中銀会合に注目

30日の東南アジア株式市場は、大半が上昇。金融政策の方向性を占う手掛かりとして日銀の金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が注目されており、投資家は様子見姿勢。その中でジャカルタ株は7営業日続伸した。

東南アジア株式・中盤=全般に小幅高、シンガポールは下落

中盤の東南アジア株式市場は大半が小幅高。ジャカルタ市場は7日続伸となっている。一方シンガポール市場は小幅安。

東南アジア株式・中盤=総じて下落、米NEC委員長辞任で不安再燃

中盤の東南アジア株式市場は、他のアジア株に追随して大半の市場が下落した。自由貿易を擁護する立場のコーン米国家経済会議(NEC)委員長が近く辞任すると発表され、トランプ政権が保護主義色の強い通商政策を推し進める可能性への不安が再燃した。

東南アジア株式・中盤=大半がしっかり、マニラは反落

東南アジア株式市場は、大半が他のアジア市場に追随してしっかり。シンガポール市場は急伸した。1月の非石油製品輸出が前年同月比13%増と、市場予想の9%増を上回ったことが好感された。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、ジャカルタは最高値

中盤の東南アジア株式市場の株価は大半の市場が値上がりしている。米政府機関閉鎖の解除に向けた合意を受けた世界の株式市場の上昇に足並みをそろえた。一方で、米政府が一部の輸入品に高率の関税をかける方針を決めたことが投資家心理を圧迫した。

東南アジア株式・引け=総じて上昇、マニラ、ジャカルタは最高値

東南アジア株式市場は総じて上昇。幅広いアジア市場の株価上昇に追随。マニラとジャカルタ市場は過去最高値で引けた。市場関係者は、米政府機関の閉鎖による経済への影響は限られるとの見方を示した。

東南アジア株式・引け=総じて堅調、ホーチミンは10年ぶり高値

東南アジア株式市場は総じて堅調。幅広くアジア市場がつれ高になったほか、1ー3月期決算が堅調な内容になるとの期待が支援材料となった。ホーチミン市場の株価の終値は10年超ぶりの高値。MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)も最高値だった。

東南アジア株式・引け=ジャカルタが最高値、IEAのエネルギー需要見通しで

東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場の総合株価指数が終値ベースの史上最高値を付けた。国際エネルギー機関(IEA)が東南アジアの旺盛なエネルギー需要見通しを発表したことを受けて炭鉱銘柄が値上がりした。一方、他の大半の市場は利食い売りで下落した。  IEAは、東南アジアのエネルギー需要が2040年までに現在の水準から60%近く増えるとの見通しを示した。石炭と再生可能エネルギーが、新たに追加される発電能力の7割近くを占めるという。  ジャカルタ市場の総合株価指数は0.03%高の5952.076で引けた。取引時間中の最高値も記録した。石炭株はバヤン・リソーシズ...

東南アジア株式・中盤=ジャカルタが最高値、石炭株に買い

中盤の東南アジア株式市場はジャカルタ市場が最高値を記録した。採炭株に押し上げられた。前日の米株価下落を受け、他の大半の東南アジア市場は控えめな値動きとなっている。

東南アジア株式・中盤=米株高に連れ上昇

中盤の東南アジア株式市場は、米税制改革をめぐる楽観的な見方から最高値を更新した米国株高に連れて上昇。

東南アジア株式・引け=総じて下落、ECB理事会待ち

東南アジア株式市場は総じて下落。欧州中央銀行(ECB)理事会を前に、量的緩和縮小への手掛かりを探ろうとする投資家らは慎重姿勢を崩さなかった。

東南アジア株式=小動き、シンガポール市場は4カ月連続の上昇

週末28日の東南アジア株式市場の株価は、総じて小動きだった。月間ベースではシンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) が4カ月連続の上昇、ジャカルタ市場の総合株価指数 は3カ月連続の値上がりとなった。

東南アジア株式=大半が小幅上昇、インドネシアは最高値

東南アジア株式市場は、大半が小幅上昇した。インドネシア株が終値ベースの史上最高値で引けたほか、フィリピン市場は5カ月超ぶりの高値で終了した。

東南アジア株式=全般に小幅高、シンガポールは下落

東南アジア株式市場は、薄商いのなか全般的に小幅上昇。アジア株の小幅上伸に足並みをそろえた。今週は米連邦準備理事会(FRB)関連のイベントが多く予定されているが、きょうは材料に乏しく投資家は慎重姿勢だった。

東南アジア株式=マニラ市場が10日ぶりに反発

東南アジア株式市場では、マニラが10営業日ぶりに反発したほか、ジャカルタがエネルギー株主導で値を上げた。その他の市場では米大統領選をめぐる不安から様子見が続いた。

東南アジア株式=下落、米大統領選控え慎重姿勢 マニラ約半年ぶり安値

3日の東南アジア株式市場の株価は、軒並み下落して引けた。米大統領選を控え、投資家が慎重姿勢を維持した。マニラ市場の主要株価指数は1%超下落し、終値ベースで約半年ぶりの安値となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up