for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オートデスク・インク

ADSK.O

現在値

219.09USD

変化

-0.20(-0.09%)

出来高

2,479,929

本日のレンジ

212.11

 - 

221.00

52週レンジ

125.38

 - 

221.51

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
219.29
始値
218.93
出来高
2,479,929
3か月平均出来高
49.64
高値
221.00
安値
212.11
52週高値
221.51
52週安値
125.38
発行済株式数
219.40
時価総額
48,064.76
予想PER
58.44
配当利回り
--

次のエベント

Autodesk Inc Digital Investor Day

適時開示

その他

Autodesk Announces Fiscal 2021 First Quarter Results

Aurigo Software & Autodesk Announces Alliance To Develop Set Of Cloud-Based Solutions For Public And Private Owners

Autodesk Announces Q4 Earnings Per Share $0.59

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オートデスク・インクとは

オートデスク(Autodesk, Inc.)はソフトウェア設計及びサービスの提供に従事する企業であり、技術製品とサービスを通じて顧客にビジネスソリューションを提供する。【事業内容】同社はアーキテクチャ・エンジニアリングと建設(AEC)事業、プラットフォームソリューションと新興ビジネス(PSEB)事業、製造(MFG)事業、及びメディア・エンターテインメント(M&E)事業という4つの事業部門を運営する。同社は建築、エンジニアリングと建設、製品設計・製造及びデジタルメディアと娯楽産業での顧客にサービスを提供する。同社の製品開発・製造ソフトウェアは、自動車、輸送、産業機械、消費者製品及び建築製品の製造業者に、デジタルエンジニアリングソリューションを提供する。同社の製品には、AutoCAD、AutoCAD LT、Industry Collections、3ds Max、Maya、Revit、Inventor、AutoCAD Civil 3D(3次元)、CAMソリューション、Fusion 360、BIM 360、Shotgunなどがある。

業種

Software & Programming

連絡先

111 MCINNIS PKWY

SAN RAFAEL, CA

94903

United States

+1.415.5075000

https://www.autodesk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stacy J. Smith

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Andrew Anagnost

President, Chief Executive Officer, Director

Richard Scott Herren

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Principal Financial Officer

Carmel Galvin

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President - People and Places

Pascal W. Di Fronzo

Senior Vice President - Corporate Affairs, Chief Legal Officer, Secretary

統計

2.28 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

2.1K

2019

2.6K

2020

3.3K

2021(E)

3.7K
EPS (USD)

2018

-0.480

2019

1.010

2020

2.790

2021(E)

3.752
株価売上高倍率(過去12カ月)
159.95
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.04
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
111.83
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
10.99
自己資本利益率(過去12カ月)
5.90

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場は反発、エネルギー・金融株が高い

米国株式市場は反発して取引を終了。エネルギー株や金融株が上昇し、序盤の下げから切り返した。ただ依然として、米中貿易摩擦激化を巡る懸念はくすぶっている。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが小幅高。全般的に狭いレンジでの取引に終始。長短金利の逆転(逆イールド)はこの日も進行するなど、景気後退(リセッション)ヘの懸念が根強かった。

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。ポンド安に伴い輸出銘柄が買われた。ただ英国の合意なき欧州連合(EU)離脱への不安から、住宅建設や航空銘柄は値下がりした。

欧州株式市場=反落、世界経済の景気後退入りを不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 372.86 -0.76 -0.20 373.62 FTSEユーロファース 1467.10 -2.58 -0.18 1469.68 ト300種 DJユーロSTOXX5 3365.38 -5.09 -0.15 3370.47 <.STOXX50E 0種 > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。世界経済が景気後退入りす るとの懸念が相場を押し下げた。 米国債市場で長短金利の逆転(逆イールド)が進んだことで、米中 貿易摩擦を背景に世界経済が景気後退入りする可能性が...

NY市場サマリー(24日)

<為替> ドル指数が前日に付けた2年ぶりの高値から下落した。4月の米耐久財受注が軟調となり、米中貿易戦争が一部要因となり製造製造業部門だけでなく、米経済全般が減速しつつある可能性が改めて示されたことがドルの重しとなった。

米国株は小幅高、米中通商関係巡るトランプ氏の楽観的な発言で

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。前日は急落していたが、中国との通商関係に関するトランプ米大統領の楽観的な発言を受け、投資家の懸念が緩和した。

NY市場サマリー(21日)

<為替> 米株上昇のほか、イタリア予算案を巡り楽観的な見方が出ていることでリスク選好度が改善し、ドルが下落した。米株式市場は今週に入ってからハイテク株を中心に売られていたが、この日は米アップルをはじめとする主要ハイテク銘柄に買い戻しが入り、相場は上昇した。ただ、ケンブリッジ・グローバルペイメンツ(トロント)の首席市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は、株価はこの日上向いたものの、回復したように見えても実際はそうでなかったことが過去2週間で数回あったため、リスク選好はなお「極めて抑制」された状態にあるとしている。

米国株はS&Pとナスダックが反発、エネルギー・ハイテク株上昇

米国株式市場はS&Pとナスダックが反発。このところ売り込まれていたエネルギー株やハイテク株に買いが入った。ただ、終盤にかけてアップルが下げに転じたことに押され、S&Pはこの日の安値付近で引けた。ダウは横ばい。ダウとS&Pはいずれも年初来の騰落がマイナスとなっている。S&P技術指数<.SPLRCT>は0.6%上昇。ソフトウエア企業オートデスク<ADSK.O>の上昇が寄与した。

アップルが新製品発表、顔認証搭載のiPadや軽量MacBookなど

米アップル<AAPL.O>は30日、ニューヨークで新製品イベントを開催し、顔認証機能を搭載した新型のタブレット端末「iPad Pro(アイパッド・プロ)」などを発表した。

NY市場サマリー(24日)

<為替> パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がインフレ高進リスクはほとんど見られないとの認識を示し、ドルが下落した。

米S&P終値で最高値更新、強気相場が継続

米国株式市場は上昇して取引を終了。S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日の講演で、利上げを現状のペースで進める方針をあらためて示した。

米S&P下げ幅縮小、輸入関税でメキシコなど適用除外の可能性

米国株式市場はまちまちで引けた。S&P総合500種<.SPX>は値動きの荒い展開の後、小幅安で取引を終えた。ホワイトハウスは7日、トランプ大統領が導入を表明した鉄鋼とアルミニウムに対する輸入関税について、週内に署名される見通しだとした上で、カナダとメキシコなどの国は適用を除外される可能性があると発表。

〔情報BOX〕米税制改革、代替ミニマム税維持なら医薬品・ハイテク企業に打撃

米上院が可決した税制改革法案は法人向けの代替ミニマム税 の廃止が見送られた。一方、下院が可決した税制改革法案には撤廃が盛り込まれており、 両院協議会で法案の一本化を目指す。代替ミニマム税が維持されれば研究開発に多額の資 金を投じる企業には痛手となる。 以下に代替ミニマム税の影響と、研究開発に積極的な業界・企業をまとめた。 ◎法人向け代替ミニマム税の税率は20%。研究開発費など企業による各種の控除を 制限する狙いがある。 ◎法人税(税率35%)と代替ミニマム税で計算した税額のいずれか多い金額を納付 する仕組みのため、代替ミニマム税で計算した...

米国株式市場は堅調、イエレン氏講演受け

TDアメリトレードの首席市場ストラテジスト、JJキナハン氏は、米10年債利回りがなお2.2%を下回っていることに不安が根強いと指摘。「だれもが(高い)利回りを求める中、株価が堅調に推移しつつある現状に驚かない」と話した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up