for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alliance Global Group, Inc.

AGI.PS

前日終値

11.40PHP

変化

0.00(0.00%)

出来高

194,189,200

本日のレンジ

11.34

 - 

11.52

52週レンジ

10.34

 - 

16.50

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
11.40
始値
11.38
出来高
194,189,200
3か月平均出来高
237.17
高値
11.52
安値
11.34
52週高値
16.50
52週安値
10.34
発行済株式数
9,876.14
時価総額
113,966.80
予想PER
6.79
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Alliance Global Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Alliance Global Group Qtrly Net Income Attributable 4.73 Billion Pesos

Alliance Global Group Posts 9-Mth Net Income Of 19.3 Bln Pesos Versus 18.7 Bln Pesos

Alliance Global Group Announces Buyback

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alliance Global Group, Inc.とは

アライアンス・グローバル・グループ(Alliance Global Group, Inc)は持株会社である。【事業内容】同社は、食品・飲料事業(消費者製品の製造・売買)、不動産(不動産の投資・開発、プロパティのリース、ホテル運営及び観光リゾート事業)、観光娯楽とゲーム、及びクイックサービスレストラン(マクドナルド)事業を運営する。不動産ポートフォリオは、住宅マンション、分譲地とタウンハウス、及びオフィス、レジャー、及び小売りスペース、並びにホテルスペースを含む。同社の食品·飲料事業は、米国により生産・販売されたシューストリングポテト、フライズ、ケチャップフライズ、及びその他の美味しいポテトスナックを含む「Pik-Nik」のブランド名で揚げたてのポテトスナック、「The BaR」のブランド名で風味付けたアルコール飲料、「Emperador」と「Generoso」のラベルでブランデーを生産する。

業種

Real Estate Operations

連絡先

7th Floor, 1880 Eastwood Avenue

188 E. Rodriguez Jr. Avenue

Eastwood City CyberPark, Bagumbayan

+63.2.7092038

http://www.allianceglobalinc.com

エグゼクティブリーダーシップ

Andrew L. Tan

Chairman of the Board

Kingson U. Sian

President, Executive Director

Kevin Andrew L. Tan

Chief Executive Officer, Executive Director

Sergio Relucio Ortiz-Luis

Independent Vice Chairman of the Board

Dina D. R. Inting

Chief Financial Officer

統計

2.17 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, PHP)

2016

139.7K

2017

138.6K

2018

151.5K

2019(E)

177.1K
EPS (PHP)

2016

1.444

2017

1.474

2018

1.523

2019(E)

1.700
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.70
株価純資産倍率(四半期)
0.65
株価キャッシュフロー倍率
3.81
総負債/総資本(四半期)
107.71
長期負債/資本(四半期)
92.45
投資利益率(過去12カ月)
6.39
自己資本利益率(過去12カ月)
4.04

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=FOMC決定待ちで小動き

中盤の東南アジア株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の金利決定待ちとなる中、大半が小動きに推移した。ただ、シンガポール市場は上昇。

東南アジア株式・午前=おおむね上昇、米中貿易協議を楽観

26日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね上昇。ジャカルタ市場が最も大幅に上げている。米中貿易摩擦の解決に向けた協議が進展している兆しが地合いを改善させ、世界経済の見通しをめぐる不安を緩和している。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、中国サービス業指標を好感

4日の東南アジア株式市場の株価は、アジア株全般に足並みをそろえ、大半の市場が上昇した。英調査会社マークイットと中国メディア財新が4日発表した8月の中国サービス業購買担当者景況指数(PMI)が3カ月ぶりの高水準となり、ポジティブな地合いが東南アジア市場に広がった。中国は東南アジアにとって最大の貿易相手国。

アジア株式市場サマリー:引け(3日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [3日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2930.1538 + 6.0475 + 0.21 2925.9422 2930.1538 2915.1974 前営業日終値 2924.1063 中国 CSI300指数 3853.611 +5.291 +0.14 3852.579 3856.681 3833.757 前営業日終値 3848.320 香港 ハンセン指数 25527.85 -98.70 -0.39 25546.32 25736.05 25498.11...

東南アジア株式・引け=大半が下落、米中貿易摩擦で

INGのアナリストらは顧客向けノートで、米中が貿易協議の日程を決定できずにいるため、「米中貿易摩擦に対する不透明感が引き続き市場を支配している」と述べた。

東南アジア株式・午前=おおむね下落、FRB議長講演待ち

23日午前の東南アジア株式市場の株価は、おおむね下落している。米国の金利見通しを巡る不透明感が広がる中、投資家が模様眺めに回っている。一方で、世界の景気減速に対する警戒感は根強い。市場は、世界の金融政策担当者らが集まる米ジャクソンホール会合でパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が行う講演に注目している。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、マニラは続伸

21日中盤の東南アジア株式市場は、おおむね下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)が、バランスシート縮小の開始を発表するとともに、年内あと1回の利上げを示唆したことを受けた。一方、マニラ市場は、安値買いに後押しされ続伸した。

東南アジア株式・引け=総じて上伸、フィリピンはカジノ襲撃で下落

東南アジア株式市場は、総じて上伸した。米国の製造業、雇用関連統計が好調で、景気加速が示されたことを好感した。

東南アジア株式・中盤=総じて上伸、米指標を好感

中盤の東南アジア株式市場は、米国の製造業、雇用関連統計が好調だったことを好感し、総じて上伸している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up