for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Allergan plc

AGN.N

現在値

198.32USD

変化

-0.94(-0.47%)

出来高

810,166

本日のレンジ

197.98

 - 

199.29

52週レンジ

114.27

 - 

202.22

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
199.26
始値
199.29
出来高
810,166
3か月平均出来高
48.67
高値
199.29
安値
197.98
52週高値
202.22
52週安値
114.27
発行済株式数
328.28
時価総額
65,103.96
予想PER
--
配当利回り
1.49

次のエベント

Q1 2020 Allergan plc Earnings Release

適時開示

その他

CMA Issues Supplementary Objections On Probe Relating To Supply Of Hydrocortisone Tablets In UK

Allergan Reports Q4 Loss Per Share Of $0.97

AbbVie Expects 2020 Skyrizi Revenue Of ~$1.2 Bln And Rinvoq Revenue Of ~$500 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Allergan plcとは

アラガン(Allergan plc)は特殊医薬品会社である。【事業内容】同社はブランド医薬品、医療美学、バイオシミラーおよび市販薬の開発、製造、販売および流通に従事する。同社は米国特殊療法、米国一般医学および国際の3つのセグメントを通じて事業を行う。米国特殊療法事業には、医療美学、医療皮膚科、眼科治療、神経科学および泌尿器科治療薬を含む米国内のブランド製品に関する販売が含まれる。米国一般医学事業には中枢神経系、胃腸管、女性健康、抗感染症および多様化ブランドを含む米国特化治療薬ビジネスユニットに該当しない米国内のブランド製品に関する販売が含まれる。国際セグメントには米国外で販売される製品に関する販売が含まれる。

連絡先

Clonshaugh Business And Technology Park

+353.21.65235000

https://www.allergan.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brenton L. Saunders

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Matthew M. Walsh

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Karen Lee Ling

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

A. Robert D. Bailey

Executive Vice President, Chief Legal Officer and Corporate Secretary

William J. Meury

Executive Vice President, Chief Commercial Officer

統計

2.84 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

15.9K

2018

15.8K

2019

16.1K

2020(E)

16.0K
EPS (USD)

2017

16.350

2018

16.690

2019

17.640

2020(E)

17.375
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.05
株価純資産倍率(四半期)
1.12
株価キャッシュフロー倍率
81.79
総負債/総資本(四半期)
38.92
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-6.83
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.36

最新ニュース

最新ニュース

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、医薬関連大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、連邦地裁の審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米地裁、10月21日にオピオイド中毒巡る審理決定 和解勧告も

処方鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、米オハイオ州北部地区の連邦地裁は3日、米製薬大手パーデュー・ファーマら被告側による手続き無効の申し立てを棄却し、10月21日に審理を行うことを決定した。同時に双方に和解勧告も提案した。

コラム:米企業の大型M&Aが過熱、後悔に終わりかねない理由

米企業による大型の合併・買収(M&A)が過熱している。今年上半期は欧州とアジアでM&Aが減ったのに対し、米国では前年同期比19%増えて過去最高の1兆1000億ドルを記録した。多くの株主は企業の経営最高責任者の決断を悔やむことになりそうだ。

米株下落、利下げや貿易協議への期待後退 ハイテク株に売り

米国株式市場はハイテク株の売りが下げを主導する中、下落して取引を終えた。貿易を巡る懸念がくすぶり、一連の経済指標が失望を誘う中、様子見気分が強かった。

米アッヴィ、「ボトックス」のアラガン買収 630億ドル

米製薬大手アッヴィ<ABBV.N>は25日、 しわ取り薬「ボトックス」で知られるアイルランドの製薬会社アラガン<AGN.N>を約630億ドルで買収すると発表した。

米アッヴィ、しわ取り薬「ボトックス」のアラガン買収 630億ドル

米製薬大手アッヴィは25日、 しわ取り薬「ボトックス」で知られるアイルランドの製薬会社アラガンを約630億ドルで買収すると発表した。

米株続伸し過去最高値に迫る、FRBが年内利下げ示唆

米国株式市場は続伸し、S&P総合500種が過去最高値に接近した。米連邦準備理事会(FRB)はこの日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で金利を据え置いたが、年内に最大0.5%ポイントの利下げを行う可能性を示唆し、米中貿易戦争で経済成長が停滞するとの懸念の緩和に努めた。

米国株式市場は上昇、米中通商協議巡る楽観でテクノロジー株が高い

米国株式市場は上昇し、主要株価3指数はすべて日中高値付近で取引を終えた。米中通商協議巡る楽観的な見方を背景にテクノロジー株が買われた。S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>はともに、昨年10月以来初めて100日移動平均線を上回って引けた。

米株市場はまちまち、テクノロジー株売られS&P下落

米国株式市場はまちまちで取引を終えた。アップル<AAPL.O>の決算発表を控えてテクノロジー株が売られ、S&P総合500種<.SPX>は下落した一方、スリーエム(3M)<MMM.N>など工業株が買われ、ダウ工業株30種<.DJI>は上昇した。

製薬企業、米国で薬価引き上げ 250品目以上

2019年に入り、製薬会社が米国において250品目以上の医薬品価格を引き上げた。ただそのペースは昨年に比べ緩やかなものになっている。

製薬28社、1月に米薬価引き上げを計画 凍結解除へ

30社近くの製薬会社が来年1月に米国の医薬品価格引き上げを計画していることが、ロイターが入手した文書で明らかになった。トランプ政権による批判を受けて凍結していた値上げを再開する。

米株上昇、市場は来週の米欧中銀会合に注目

米国株式市場は主要指数が上昇した。貿易を巡る対立への警戒感が後退したものの、米欧の中央銀行で来週開かれる政策決定会合を控えて比較的薄商いとなった。

NY市場サマリー(8日)

<為替> カナダのシャルルボワでこの日から2日間の日程で始まった主 要7カ国首脳会議(G7サミット)の討議が難航するのではないかとの懸念から、安全通貨としての円に買 いが入った。 ドルはこの日は5日ぶりに上昇したものの、ドル指数の週間下落率は3月下旬以来の大きさとなった。 終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は93.56と、0.2%上昇。ただ週初からは0. 7%の下落となり、週間としての下落率は10週間ぶりの大きさとなった。 ドル/円は0.2%安の109.45円、ユーロ/ドルは0.3%安の1.1766ドル となっている。ユーロ/ドルは...

NY市場サマリー(30日)

独連邦統計庁が発表した3月の小売売上高指数は実質ベースで前月比0.6%低下。ロイターがまとめた市場予想は0.8%の上昇だった。

米国株式市場は下落、ヘルスケア株の下げ響く 月間では小幅上昇

米国株式市場は主要3指数がいずれも下落して取引を終えた。ヘルスケア関連株が下げたほか、原油高や米国による鉄鋼・アルミニウム輸入制限措置の猶予が5月1日に期限を迎えることが投資家心理の重しとなった。ただ、月間では主要指数は3カ月ぶりに上昇した。

ロンドン株式市場=続伸、ポンド安が追い風

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7368.17 +39.25 +0.54 7328.92 種 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。ポンドの下落を受け、大手輸出銘柄が多 いFTSE100種の追い風となった。 週間ベースでは約1.4%上昇し、4週連続で伸びた。1月中旬以来の長期間だ。 イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁の発言で英国の5月利上げ観測が後退し 、ポンドが値下がりした。 ただポンドは依然として、年明けから4%高となっている。国際的に事業を展開しド ルで収益を上げる大手企業の株が見劣...

シャイアーが武田薬の買収案拒否、アラガンは断念

武田薬品工業<4502.T>は19日、アイルランドの製薬会社シャイアー<SHP.L>に提示した630億ドル規模の買収案が拒否されたものの、買収を巡る協議は継続していることを明らかにした。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。FTSE100種は2月以来の高値をつけた。原油高で石油銘柄が買われたほか、合併・買収(M&A)期待からアイルランドの製薬会社シャイアー<SHP.L>が値を上げた。

ロンドン株式市場=続伸、石油株とシャイアー買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7328.92 +11.58 +0.16 7317.34 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。FTSE100種は2月以来の高値をつ けた。原油高で石油銘柄が買われたほか、合併・買収(M&A)期待からアイルランドの 製薬会社シャイアーが値を上げた。 シャイアーは5.9%上昇した。同業のアラガンが、シャイアーの買収検討 に向けた交渉の初期段階にあると述べたことが好感された。シャイアーはまた、武田薬品 工業が提示した630億ドル規模の買収案を拒否した。 世界最大の石油輸出国...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up