for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・インターナショナル・グループ・インク

AIG.N

現在値

32.38USD

変化

0.37(+1.16%)

出来高

1,065,747

本日のレンジ

31.75

 - 

32.63

52週レンジ

16.08

 - 

56.38

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
32.01
始値
32.40
出来高
1,065,747
3か月平均出来高
143.68
高値
32.63
安値
31.75
52週高値
56.38
52週安値
16.08
発行済株式数
861.43
時価総額
27,893.23
予想PER
--
配当利回り
3.95

次のエベント

Q3 2020 American International Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

AIG - Warrant Exercise Price Will Be Reduced To $42.4151 Per Share From $42.4734 Per Share

AIG Says Co Appoints James Nash President And Chief Executive Officer Of Japan

Boeing Appoints Ed Dandridge To Lead Communications

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・インターナショナル・グループ・インクとは

アメリカン・インターナショナル・グループ(美国国際集団公司)は、グローバルな保険会社である。【事業内容】損害保険、生命保険、退職金ソリューション、及びその他の金融サービスを顧客に提供する。企業や個人が資産を保護し、リスクを管理し、退職後のセキュリティを提供するのに役立つ製品やサービスなどの多様な製品を提供する。4つの事業セグメントで構成される。損害保険セグメントは、北米と国際の2つのモジュールで構成される。生命及び退職セグメントは、個人の退職、グループの退職、生命保険及び制度市場の4つのモジュールで構成される。その他セグメントには、技術主導の子会社であるBlackboard U.S. Holdings, Inc.が含まれる。レガシーポートフォリオセグメントは、流出保険ラインとレガシー投資で構成される。

業種

Insurance (Prop. & Casualty)

連絡先

175 Water St

NEW YORK, NY

10038-4918

United States

+1.212.7707000

http://www.aig.com

エグゼクティブリーダーシップ

Douglas M. Steenland

Independent Chairman of the Board

Peter Zaffino

President, Global Chief Operating Officer, Chief Executive Officer - General Insurance

Brian Duperreault

Chief Executive Officer, Director

Mark Donald Lyons

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jon Hancock

Chief Executive Officer - International General Insurance

統計

2.47 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

49.5K

2018

47.4K

2019

49.6K

2020(E)

44.8K
EPS (USD)

2017

2.340

2018

1.170

2019

4.590

2020(E)

2.364
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.57
株価純資産倍率(四半期)
0.45
株価キャッシュフロー倍率
49.72
総負債/総資本(四半期)
63.12
長期負債/資本(四半期)
63.12
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.79

最新ニュース

最新ニュース

米国事業大きい保険5社、第2四半期のコロナ関連コストは25億ドル

大規模な米国事業を抱える保険会社5社では、新型コロナウイルス流行に伴う第2・四半期のコストが25億ドルとなった。アナリストらによると、懸念されていた水準を大幅に下回っており、業界は資本に手を付けることなくコストを吸収している。

今日の株式見通し=もみあい、急な戻りに警戒感生じ売り買い交錯に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。前日の米国株式市場の上昇は好感されそうだが、戻りのスピードが急なことに警戒感が生じており、売り買いが交錯することになりそうだ。決算発表したソニー<6758.T>の株価動向がどうなるか関心を寄せる関係者が多い。

NY市場サマリー(4日)ダウ続伸、5年債利回り最低更新

<為替> ドルが小幅安。全般的に不安定な取引となる中、ショートポジションの巻き戻しの動きが一服した。引き続き、新型コロナウイルス追加対策を巡る米与野党協議の行方が注目されている。

米株続伸、コロナ経済対策への期待で エネルギー株が高い

米国株式市場は不安定な値動きの中、続伸した。新型コロナウイルス追加経済対策への期待感が背景。アップルやエネルギー株が買われて上昇を主導する一方、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>やマイクロソフト<MSFT.O>は売られた。

米国株式市場=続伸、コロナ経済対策への期待で エネルギー株が高い

米国株式市場は、新型コロナウイルス追加 経済対策への期待を背景に続伸した。エネルギー株が買われて上昇を主 導する一方、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(A IG)やマイクロソフトは売られた。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30 26828.4 +164.07 +0.62 26664. 26832. 26597. 種 7 61 72 82  前営業日終値 26664.4 0 ナスダック総合 10941.1 +38.37 +0.35 10897. 10941. 10852. 7 89 91 90  ...

米AIG、4-6月は56%減益 コロナ関連の損失と投資利益減少で

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>が3日発表した第2・四半期決算は、調整後利益が56%減少した。新型コロナウイルス流行に伴う災害損失の増加と投資利益の減少が主な要因。

米AIG、第1四半期は93%減益 新型コロナに絡む支払いに備え

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>が4日発表した第1・四半期決算は、調整後利益が93%の大幅減益となった。新型コロナウイルスに関連した保険金支払いに備え、準備金を計上したことが響いた。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ユーロが対ドルで約2年ぶりの安値を付けた。中国で新型コロナウイルスの死者数と感染者数が急増したことを受け、ドルを含む米資産に買いが入ったことが背景。

米国株式市場=反落、新型肺炎巡る懸念で 決算も強弱まちまち

米国株式市場は前日の最高値から反落して取引を終えた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念のほか、企業決算が強弱まちまちの内容となったことが背景。

UPDATE 1-T&DHD、米AIGから米再保険会社の持分25%を約637億円で取得

T&Dホールディングスは26日、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)から、米再保険フォーティテュード社の持ち分25%を約637億円で取得することで合意したと発表した。

T&DHD、米AIGから米再保険会社の持分25%を約637億円で取得

T&Dホールディングスは26日、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)から、米再保険フォーティテュード社の持ち分25%を約637億円で取得することで合意したと発表した。米カーライル・グループが新設する投資ファンドとともに、子会社を通じて取得する。

豪ウエストパック銀行、生保事業の売却を検討=関係筋

関係筋によると、オーストラリア国内2位の銀行であるウエストパック銀行<WBC.AX>は、生保事業の売却を検討している。

アリババが香港への重複上場を計画、最大200億ドル規模=関係筋

中国電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N>は、香港への重複上場を通じた最大200億ドルの調達を検討している。3人の関係筋がロイターに明らかにした。

ダウ平均473ドル安、米中貿易摩擦懸念でリスク選好後退

米国株式市場は大幅安。ダウ平均株価<.DJI>は一時600ドル以上値下がりし、終値で2万6000ドルの水準を下回ったほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>も8000ポイントの大台を割り込んで取引を終了した。米中貿易摩擦の激化を巡る懸念からリスク選好が後退した。

NY市場サマリー(14日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。昨年12月の米小売売上高が約9年ぶりの大幅なマイナスとなり、年末の景気急減速を示唆した。

米国株式市場はダウとS&P反落、弱い小売統計が重し

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が反落した一方、ナスダック総合は小高く取引を終えた。米中通商協議の進展が期待される一方で、小売統計がさえない内容だったことが重しとなった。

NY市場サマリー(3日)

<為替> これまで上げていたドルに利益確定の売りが出たことで、不安定な取引のなかドルが下落した。市場は翌日に発表される4月の米雇用統計に注目している。

S&Pが下落、弱い決算受け

米国株式市場は、経済指標が堅調だったものの企業決算が失望を誘い、S&P総合500種<.SPX>は値動きの荒い展開の末に値下がりして取引を終えた。

焦点:仮想通貨の「盗難補償」広がるか、保険会社に温度差

世界の大手保険会社が、仮想通貨の盗難をカバーする保険の提供に乗り出している。急速に発展しているとはいえ、不安定で規制も緩い仮想通貨分野だが、機会を逃すよりも、困難な挑戦に取り組む構えだ。

米株主要3指数が最高値、つなぎ予算巡る上院指導部合意受け

米上院指導部が2月8日までの予算を手当てするつなぎ予算案で合意したことが好感された。合意により、予算案は上下両院で可決される見込みで、閉鎖に追い込まれている政府機関は再開される見通し。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up