for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・インターナショナル・グループ・インク

AIG.N

現在値

58.55USD

変化

-0.68(-1.15%)

出来高

1,371,792

本日のレンジ

58.43

 - 

60.01

52週レンジ

29.74

 - 

60.34

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
59.23
始値
59.03
出来高
1,371,792
3か月平均出来高
92.10
高値
60.01
安値
58.43
52週高値
60.34
52週安値
29.74
発行済株式数
855.20
時価総額
50,653.64
予想PER
12.69
配当利回り
2.16

次のエベント

Q3 2021 American International Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

AIG Reports Qtrly Earnings Per Share of $0.11

AIG - Announces Strategic Partnership With Blackstone

AIG Says Qtrly Earnings Per Share $4.41

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・インターナショナル・グループ・インクとは

アメリカン・インターナショナル・グループ(American International Group Inc)は世界的な保険会社である。【事業内容】約80の国と地域の顧客に、様々な損害保険、生命保険、退職金ソリューション、およびその他の金融サービスを提供する。企業や個人が資産保護、リスク管理、退職後の生活保障などに役立つ製品やサービスを幅広く提供する。そのセグメントは、損害保険、生命保険および退職金、およびその他の事業で構成される。損害保険セグメントは、北米と国際の2つの事業セグメントで構成される。生命保険および退職金セグメントは、個人向け退職金、団体向け退職金、生命保険および機関投資家向け市場の4つの事業セグメントで構成される。北米および国際セグメントは、2つの製品カテゴリで構成される。商用ラインは、負債、金融ライン、不動産およびグローバルスペシャリティで構成される。個人保険は、個人ライン、事故と健康で構成される。

業種

Insurance (Prop. & Casualty)

連絡先

1271 Ave Of The Americas, Fl 37

NEW YORK, NY

10020-1304

United States

+1.212.7707000

http://www.aig.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian Duperreault

Executive Chairman of the Board

Peter S. Zaffino

President, Chief Executive Officer, Director

Mark Donald Lyons

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Karen L. Ling

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Shane Fitzsimons

Executive Vice President, Chief Administrative Officer

統計

2.20 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

47.4K

2019

49.6K

2020

45.2K

2021(E)

47.8K
EPS (USD)

2018

1.170

2019

4.590

2020

2.520

2021(E)

4.684
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.12
株価純資産倍率(四半期)
0.77
株価キャッシュフロー倍率
6.13
総負債/総資本(四半期)
54.06
長期負債/資本(四半期)
53.93
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.75

最新ニュース

最新ニュース

アイダの保険金請求額、コロナの影響で各社の推計上回る可能性

保険業界関係者は30日、大型ハリケーン「アイダ」による保険金請求額について、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で復興に必要な木材や労働コストが上昇していることが一因となり、損害保険各社の推計額(150億─300億ドル)を上回る可能性があるとの見方を示した。

アメリカン・ナショナル、ブルックフィールドの再保険部門が51億ドルで買収へ

カナダのブルックフィールド・アセット・マネジメントの再保険部門は、米保険アメリカン・ナショナル・グループを現金約51億ドルで買収することで合意した。

米AIG、第2四半期利益が予想上回る 保険事業など好調

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が5日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、全般的な保険事業と退職金事業が好調だったことで、利益が予想を上回った。

NY市場サマリー(15日)ドル上昇、債券利回り1週間ぶり低水準

<為替> ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が引き続きハト派姿勢を維持する中、ドルは値下がりする場面も見られたものの、失業保険申請件数の改善が支えとなった。

米国株式市場=ナスダック続落、アップルやアマゾンなど安い

米国株式市場は、ナスダック総合が続落。アップルやアマゾン・ドット・コムなどのハイテク大手の下げが圧迫した。朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が昨年3月以来の水準に改善したことを受け、インフレ高進を巡る懸念が強まった。

英資産運用最大手、一部ファンドの投資対象からAIGなど4社除外

英資産運用最大手のリーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は15日、気候変動問題への対応が「不十分」だとして、米保険会社AIGなど4社を一部ファンドの投資対象から除外すると発表した。

米AIGの第4四半期は6000万ドルの赤字 デリバティブ損失で

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が16日に発表した昨年第4・四半期決算は、6000万ドルの純損失となった。デリバティブ取引で12億ドルの損失を計上したことが主因。ただ、調整後の利益はアナリスト予想を上回った。

プルデンシャル、個人生保と「低成長」事業の縮小を検討=CEO

米保険大手プルデンシャル・ファイナンシャルのローリー最高経営責任者(CEO)は5日、個人生命保険や他の「市場に敏感で低成長な」事業の縮小を検討すると発言した。同社は既にいくつかの変額年金の販売を中止している。

焦点:「M&A保険」が急増、想定外の買収結果の訴訟リスクに備え

今年は合併・買収(M&A)活動が急回復し、さらには関連訴訟が増えたのに伴い、買収に絡む想定外のリスクに備える保険が急増している。

バイデン氏、米中関係の仕切り直し可能=AIG元CEO

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>の元最高経営責任者(CEO)で、現在スター・インシュアランス・カンパニーズの会長を務めるモーリス・ハンク・グリーンバーグ氏は18日、米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の下で、米中が関係を仕切り直し、両国が恩恵を受ける可能性があるとの見方を示した。

米AIG、生保・退職者向け事業の部分売却かIPO検討

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>は6日、生命保険事業と退職者向け保険事業の約20%の売却もしくは新規株式公開(IPO)を検討していると明らかにした。

米AIG、第3四半期は大幅減益 災害の保険金支払い響く

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>が発表した第3・四半期決算は、利益が大幅に減少した。豪雨や山火事、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関連した損失が響いた。

米保険AIG、生保・退職者向け事業分離へ CEO交代も発表

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>は26日、生命保険と退職者向け保険事業を分離する計画を発表した。来年3月付でピーター・ザフィーノ社長を最高経営責任者(CEO)に昇格する人事も明らかにした。

米国事業大きい保険5社、第2四半期のコロナ関連コストは25億ドル

大規模な米国事業を抱える保険会社5社では、新型コロナウイルス流行に伴う第2・四半期のコストが25億ドルとなった。アナリストらによると、懸念されていた水準を大幅に下回っており、業界は資本に手を付けることなくコストを吸収している。

今日の株式見通し=もみあい、急な戻りに警戒感生じ売り買い交錯に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。前日の米国株式市場の上昇は好感されそうだが、戻りのスピードが急なことに警戒感が生じており、売り買いが交錯することになりそうだ。決算発表したソニー<6758.T>の株価動向がどうなるか関心を寄せる関係者が多い。

NY市場サマリー(4日)ダウ続伸、5年債利回り最低更新

<為替> ドルが小幅安。全般的に不安定な取引となる中、ショートポジションの巻き戻しの動きが一服した。引き続き、新型コロナウイルス追加対策を巡る米与野党協議の行方が注目されている。

米株続伸、コロナ経済対策への期待で エネルギー株が高い

米国株式市場は不安定な値動きの中、続伸した。新型コロナウイルス追加経済対策への期待感が背景。アップルやエネルギー株が買われて上昇を主導する一方、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>やマイクロソフト<MSFT.O>は売られた。

米国株式市場=続伸、コロナ経済対策への期待で エネルギー株が高い

米国株式市場は、新型コロナウイルス追加 経済対策への期待を背景に続伸した。エネルギー株が買われて上昇を主 導する一方、保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(A IG)やマイクロソフトは売られた。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30 26828.4 +164.07 +0.62 26664. 26832. 26597. 種 7 61 72 82  前営業日終値 26664.4 0 ナスダック総合 10941.1 +38.37 +0.35 10897. 10941. 10852. 7 89 91 90  ...

米AIG、4-6月は56%減益 コロナ関連の損失と投資利益減少で

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>が3日発表した第2・四半期決算は、調整後利益が56%減少した。新型コロナウイルス流行に伴う災害損失の増加と投資利益の減少が主な要因。

米AIG、第1四半期は93%減益 新型コロナに絡む支払いに備え

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>が4日発表した第1・四半期決算は、調整後利益が93%の大幅減益となった。新型コロナウイルスに関連した保険金支払いに備え、準備金を計上したことが響いた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up