for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SE

AIR.PA

現在値

89.80EUR

変化

-1.68(-1.84%)

出来高

1,421,194

本日のレンジ

89.61

 - 

92.53

52週レンジ

88.91

 - 

121.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
91.48
始値
92.14
出来高
1,421,194
3か月平均出来高
27.47
高値
92.53
安値
89.61
52週高値
121.10
52週安値
88.91
発行済株式数
787.49
時価総額
72,098.70
予想PER
18.12
配当利回り
1.39

次のエベント

Q3 2022 Airbus SE Earnings Release

適時開示

その他

EasyJet Is To Upgrade Its A320 Family Fleet With Airbus’ Fuel-Saving Enhancement DPO

Airbus: Xiamen Airlines Placed Firm Order For 40 A320neo Family Aircraft

China Southern Airlines' Unit Signs Agreement To Buy 40 Aircraft From Airbus

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SEとは

エアバスSE(Airbus SE)(旧名:Airbus Group SE)は、航空宇宙及び防衛産業を行うオランダに拠点を置く会社である。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。エアバスセグメントは、民間航空機及び航空機部品の開発・製造・マーケティング・販売、並びに航空機の改造及び関連サービスを行う。エアバスヘリコプターセグメントは、民間及び軍用ヘリコプターの開発・製造・マーケティング・販売、並びにヘリコプター関連サービスの提供を行う。エアバス防衛及び宇宙セグメントは、軍用戦闘機及び訓練用航空機の製造、防衛用電子機器及び世界的なセキュリティ市場ソリューションの提供、並びにミサイルの製造・販売を行う。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

Mendelweg 30

2333 CS

Netherlands

+31.71.5245600

https://www.airbus.com/en

エグゼクティブリーダーシップ

Rene Obermann

Non-Executive Independent Chairman of the Board of Directors

Guillaume Faury

Chief Executive Officer, Executive Director, Member of the Executive Committee

Dominik Asam

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Alberto Gutierrez

Chief Operating Officer, Member of the Executive Committee

Thierry Baril

Chief Human Resources Officer, Member of the Executive Committee

統計

1.86 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

70.5K

2020

49.9K

2021

52.1K

2022(E)

59.1K
EPS (EUR)

2019

6.070

2020

1.360

2021

4.750

2022(E)

4.948
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.38
株価純資産倍率(四半期)
8.30
株価キャッシュフロー倍率
11.55
総負債/総資本(四半期)
198.17
長期負債/資本(四半期)
173.02
投資利益率(過去12カ月)
6.55
自己資本利益率(過去12カ月)
3.45

最新ニュース

最新ニュース

台湾の中華航空、米ボーイングの「787」16機購入へ

現在保有しているエアバスの「A330」22機が老朽化したためで、段階的に787に置き換える計画。この取引は最大46億ドル相当となる。

中国大手航空3社、第2四半期赤字が拡大 ロックダウンで国内線打撃

中国の国営大手航空3社の第2・四半期損益は合計で284億元(41億2000万ドル)の赤字だったことが30日に分かった。上海で新型コロナウイルス感染拡大防止のための厳しいロックダウン(都市封鎖)が実施されたことなどから、主要国内路線の運航が滞ったためで、赤字額は3社とも第1・四半期を上回った。

焦点:スリランカ大量の「頭脳流出」、経済危機で母国に見切り

スリランカの最大都市コロンボで投資調査の仕事に就いていたシャムラ・ユースーフさん(30)は6月、経済が混乱を極めるこの都市を抜け出してアラブ首長国連邦のドバイで新たなスタートを切るため、3歳の息子とスーツケースを携えて母国から旅立った。その3週間前にドバイで営業・マーケティング・ディレクターの職に就いた夫と合流する。

ボーイング787納入再開、広胴機需要上向き始めたタイミングに一致

米ボーイングが10日に2021年5月以降で初めて中型機787を納入したが、これは折しも長らく不振が続いてきた双通路型の広胴(ワイドボディー)機需要がついに上向き始めたタイミングと一致する形になった。

航空機リースのエアキャップ4─6月増収増益、新規納入遅延が追い風に

世界最大の航空機リース会社エアキャップ(本拠地アイルランド)が11日発表した第2・四半期決算は、売上高が前年同期比36%増の16億7000万ドルで、市場予想の16億5000万ドルをわずかに上回った。主要地域全てで旅客需要回復が進んだことが寄与した。

米ボーイング、7月引き渡しが26機に減少 5カ月ぶり低水準

[9日 ロイター] - 米ボーイングは9日、7月の航空機引き渡しが26機となり、5カ月ぶり低水準になったと明らかにした。中型機「787ドリームライナー」の引き渡し再開準備を進める中、世界的なサプライチェーン(供給網)問題が浮き彫りになった。

ウクライナ軍、北東部イジュムに向け前進 ドンバスでも激しい戦闘

[キエフ 9日 ロイター] - ウクライナは9日、東部などの前線全体でロシア軍による激しい砲撃があったと明らかにした。

エアバス、7月の納入46機に減少 エンジン不足で完成に遅れ

欧州の航空機大手エアバスは8日、今年7月の機体引き渡しが46機で、前月の60機や前年同月の47機からも減ったと発表した。同社は先月、サプライチェーン問題でエンジン機材不足が続き、機体完成に遅延が出ていると表明。今年の納入予測を720機から700機に下方修正していた。

米、ロシア新興財閥の航空機押収へ 9000万ドル相当

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米連邦検察当局は8日、制裁対象となっているロシアのオリガルヒ(新興財閥)の一人、アンドレイ・スコチ氏が所有するエアバスの航空機1機について押収令状を取ったと発表した。資産価値は9000万ドル。

米ボーイング、第2四半期でキャッシュフロー黒字に 予想に反し

[27日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングが27日発表した第2・四半期決算(6月まで)は、営業キャッシュフローが市場予想に反し黒字となった。通期のキャッシュフロー見通しも据え置き、生産を巡る問題が徐々に解消されていることを示唆した。

エアバス、中国でヘリコプターの認証取得 現地メーカーと共同開発

[北京/シドニー 26日 ロイター] - 欧州エアバスが中国の航空機メーカーと共同開発した多用途ヘリコプター「AC352」が中国当局の認証を取得した。国営メディアが26日に報じた。エアバスは海外で製造する同機の先行版についても中国当局の販売許可を申請しているが、まだ下りていない。

英国際航空ショー、ボーイングとエアバスが受注

[ファンボロー(英国) 20日 ロイター] - 英国で開催されている世界最大級の航空展示会「ファンボロー国際航空ショー」では、米ボーイングが100機以上の737MAXの確定注文を確保した。

英国際航空ショー、メーカーの受注鈍く 供給網問題で

[ファーンボロー(英国) 19日 ロイター] - 米ボーイング は19日、4年ぶりに開催されている世界最大級の航空展示会「ファーンボロ国際航空ショー」で、737MAX数十機の受注を発表した。

GE、航空機エンジン新会社名は戦略的可能性を示唆=CEO

昨年に会社の3分割計画を発表した米ゼネラル・エレクトリック(GE)は18日、分離・独立後に本体が担う航空機エンジン事業の新会社名を「GEエアロスペース」とし、医療機器事業を「GEヘルスケア」、電力事業を「GEベルノバ」とすると発表した。

英、新型戦闘機開発計画で日・伊と協力へ

[ファンボロー(英国) 18日 ロイター] - 英国は18日、次世代戦闘機開発計画について、日本および従来からのパートナーであるイタリアと協力し、年内に協力関係を一段と深化させる見込みだと発表した。

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 小幅上昇して取引を終えた。生活必需品などの景気動向に左右されにくいとされるディフェンシブ銘柄が買われた。ただ、中国の新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)や、中央銀行の追加利上げ見通しを背景に鉱業株とエネルギー株が下落したのが相場の重しとなり、全体の上げ幅は限られた。

欧州株式市場=反発、航空や高級銘柄が押し上げ

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 航空や高級品、旅行などの銘柄が買われ、相場を押し上げた。ただ、エ ネルギー供給の逼迫(ひっぱく)と世界的な景気後退への懸念が根強く 、上げ幅は限られた。 フランスの高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィト ン)と化粧品メーカー、ロレアルはそれぞれ1.1 %、2.8%高。欧州航空機大手エアバスは3.9%上昇した 。 フランスのCAC40指数が0.80%上げた。 世界的な景気減速懸念で原油価格が1バレル=100ドルを割り込んだ のを背景に、STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は 1.6%...

エアバス、ジェット機引き渡し予測を上方修正

欧州エアバスは11日、今後20年間の見通しを発表し、ジェット機の引き渡し台数の予測を3万9020機から3万9490機に上方修正した。

アジア株式市場サマリー:引け(4日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [4日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。景気後退懸念 が株価を押し下げた。 ジャカルタ市場の総合株価指数は一時3.5%急落した。インドネシア中央銀行の利 上げへの出後れ観から市場は早急な利上げを望んでいるとの指摘がでていた。 中国株式市場は反発して取引を終えた。ヘルスケア株が値を上げたほか、中国と香港 の上場投資信託(ETF)相互取引「ETFコネクト」がきょう開始されたことが支援材 料。一方、香港株式市場は空運株に圧迫され続落して引けた。 ヘルスケア株が4.7%高。中国東部...

中国・香港株式市場・大引け=中国反発、ヘルスケア高と「ETFコネクト」で 香港続落

中国株式市場は反発して取引を終えた。ヘルスケア株 が値を上げたほか、中国と香港の上場投資信託(ETF)相互取引「ETFコネクト」が きょう開始されたことが支援材料。一方、香港株式市場は空運株に圧迫され続落して引け た。 中国市場では、上海総合指数終値は17.7894ポイント(0.53%) 高の3405.4267。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は29.312ポイント(0.66%)高の4496.030。 ヘルスケア株が4.7%高。中国東部の複数都市が3日、新型コロナウイ ルスのクラスター...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up