for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SE

AIR.PA

現在値

139.00EUR

変化

3.20(+2.36%)

出来高

1,462,261

本日のレンジ

137.10

 - 

139.40

52週レンジ

93.97

 - 

139.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
135.80
始値
137.18
出来高
1,462,261
3か月平均出来高
24.40
高値
139.40
安値
137.10
52週高値
139.40
52週安値
93.97
発行済株式数
777.50
時価総額
108,861.10
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Airbus SE Earnings Release

適時開示

その他

LOT CEO Sees Possible Order Of Around 30 Planes From Boeing And Airbus

Jetblue Airways Corp Sees FY 2020 Capex $1.35-$1.55 Billion - SEC Filing

Airbus: CALC Signs Purchase Agreement For 40 Additional A321neo

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SEとは

エアバス(Airbus SE)(旧名:Airbus Group SE)はオランダに拠点を置く航空宇宙・防衛産業で活躍する会社である。【事業内容】同社は3つの事業区分により構成される。エアバス商用航空機事業は商業用ジェット機、航空機部品、並びに航空機の変換・関連サービスの開発・製造・マーケティング・販売に従事する。エアバスヘリコプター事業は民生用・軍用ヘリコプターの開発・製造・マーケティング・販売、並びにヘリコプター関連サービスの提供を専門的に従事する。エアバスの防衛・宇宙事業は軍用戦闘機と訓練機の生産、防衛エレクトロニクスとグローバルセキュリティ市場ソリューションの提供、及び製造業者と市場のミサイルの提供に従事する。

連絡先

Mendelweg 30

+31.71.5245600

http://www.airbus.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Guillaume Faury

Chief Executive Officer, Executive Director

Dominik Asam

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Michael Schollhorn

Chief Operating Officer, Member of the Executive Committee

Thierry Baril

Chief Human Resources Officer, Member of the Executive Committee

Jean-Brice Dumont

Executive Vice President Engineering, Member of the Executive Committee

統計

1.87 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

66.6K

2017

66.8K

2018

63.7K

2019(E)

69.9K
EPS (EUR)

2016

3.310

2017

3.670

2018

5.220

2019(E)

6.000
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.57
株価純資産倍率(四半期)
22.86
株価キャッシュフロー倍率
16.77
総負債/総資本(四半期)
351.00
長期負債/資本(四半期)
266.53
投資利益率(過去12カ月)
6.64
自己資本利益率(過去12カ月)
3.25

最新ニュース

最新ニュース

EU、対米通商関係リセットするのに良いスタート切った=欧州委員

欧州連合(EU)のホーガン欧州委員(通商担当)は16日、訪問先のワシントンで行った米政府高官らとの協議について、米EUの通商関係をリセットするのに「良いスタート」を切ったとの見方を示した。ただ、多くの課題が残されているという。

米ボーイング「737MAX」、マレーシア航空への納入保留に

経営再建中のマレーシア航空は15日、米航空機大手ボーイングに発注した小型機「737MAX」25機について、2度の墜落事故を受けた運航停止が長引いていることから、受け取りを一時保留にすると明らかにした。

米ボーイング、MAX運航停止で受注「マイナス」に 納入も半減

米航空機大手ボーイング<BA.N>が14日発表した2019年の総受注数は前年比77%減の246機となり、キャンセルや初期受注の変更を反映した純受注数は54機と昨年の893機から大幅に減少した。

米ボーイング、19年純受注数は11年ぶり低水準 MAX運航停止で

米航空機大手ボーイングが14日発表した2019年の純受注数はマイナス87機となった。737MAX機の運航停止が影響し、競合の欧州大手エアバスに大差を開けられた。

エアバスの純受注機数、19年は3%増 納入機数の伸びには届かず

欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>が発表した2019年の純受注機数は3%増の768機だった。ただ納入機数の伸びには届かなかった。

エアバスが主力機「A320」を米で増産、対EU報復関税を回避

欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>は9日、米アラバマ州モービルの工場での主力機「A320」シリーズ生産を2021年初めまでに月間7機に増やすと発表した。これに伴い、275人を雇用する。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。序盤 はマイナス圏で取引されたものの、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方か ら終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与えるというよりも象徴的な報復」と捉え、「その場合、米国が武力で反撃す る正当性が弱まる」と指摘した。 取引の終了間際には、トランプ...

欧州株式市場=続伸、米イランの緊張緩和で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 418.36 +0.69 +0.17 417.67 FTSEユーロファース 1635.76 +3.07 +0.19 1632.69 ト300種 ユーロSTOXX50種 3772.56 +13.31 +0.35 3759.25 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。イランがイラク駐留米軍をミサイルで攻撃し たことで、ソレイマニ司令官殺害への報復措置を「完結した」と示唆し、中東情勢に関す る不安が和らいだ。 ミサイル攻撃が起きた当初、相場...

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。中国の金 融緩和が好感されたほか、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表し たことで買い安心感が広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手BPとスイスの商品取引・ 資源大手グレンコア、チリ産銅大手アントファガスタは2.0%から3 .1%上昇した。 景気循環株も値を上げた。...

欧州株式市場=反発、中国の金融政策と米中交渉の進展で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 419.72 +3.88 +0.93 415.84 FTSEユーロファース 1638.12 +14.16 +0.87 1623.96 ト300種 ユーロSTOXX50種 3793.24 +48.09 +1.28 3745.15 <.STOXX50E > 年明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和と米中通商合意への 期待が相場を押し上げた。 トランプ米大統領は第1段階の合意文書を15日に署名すると表明した。 STOXX欧州600種銀行株指数は1...

エアバス、2019年納入機数で首位 ボーイングから奪還=関係筋

関係筋が1日明らかにしたところによると、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>の2019年の航空機納入数が863機となり、米ボーイング<BA.N>を抜いて2011年以来の世界首位となった。

米ボーイング次期CEO、エンブラエル部門買収巡るEU審査も課題

米ボーイング<BA.N>の次期最高経営責任者(CEO)に決まったデービッド・カルホーン氏は、主力旅客機「737MAX」の運航停止問題に加え、ブラジルの小型機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>の商用機部門買収計画を巡る欧州連合(EU)当局の厳しい審査に直面する。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 小幅に続伸して取引を終えた。米中通商合意への期待が相場を下支えした。一方、ジョンソン英首相が英国の欧州連合(EU)離脱交渉について強硬姿勢を示したことで合意なきEU離脱への不安が再浮上し、国内経済に左右されやすい銘柄が売られた。

欧州株式市場=5日ぶり反落、ユニリーバ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 414.92 -2.83 -0.68 417.75 FTSEユーロファース 1619.69 -8.94 -0.55 1628.63 ト300種 ユーロSTOXX50種 3745.28 -27.46 -0.73 3772.74 <.STOXX50E > 欧州株式市場は5営業日ぶりに反落して取引を終えた。軟調な売り上げ見通しを示し た英日用品のユニリーバが売られた。英国の欧州連合(EU)離脱が混乱すると の不安も相場の重しだった。 ユニリーバは7.2%下落した。...

米、対EU関税引き上げも 貿易赤字の削減必要=USTR代表

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は17日、欧州との恒常的な貿易赤字の削減に向け、欧州製品に対する関税引き上げの可能性を示唆した。

コラム:ボーイング737MAX生産停止、時価総額さらに減少も

米航空機大手ボーイング<BA.N>は16日、2件の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」の生産を停止すると発表した。合計346人の犠牲者を出した事故を受け、同機が運行停止となってから9カ月。たとえ生産停止が数カ月にとどまったとしても、同社の利益にまた1つ悪影響が加わるだろう。

ボーイング、来年1月から737MAXの生産停止 部品供給網に影響も

米航空機大手ボーイング<BA.N>は、2件の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」の運航再開が年明け以降になる見通しとなったことを受け、同機の生産を来年1月から一時停止すると16日に発表した。世界中のサプライチェーンや米経済に影響が広がる可能性がある。

米ボーイング、来年1月から737MAXの生産停止

米航空機大手ボーイングは、2件の墜落事故を起こした旅客機「737MAX」の運航再開が年明け以降になる見通しとなったことを受け、同機の生産を来年1月から停止すると16日に発表した。世界中のサプライチェーンや米経済に影響が広がる可能性がある。

米ボーイング、1─11月納入数は半減 737MAX運航停止が重し

米ボーイング<BA.N>の1─11月の納入機数は345機と、前年同期の704機から約50%減少した。737MAX機の世界での運航停止が引き続き重しとなった。

トランプ米大統領、NATO閉幕後の会見中止 「何度もやった」

トランプ米大統領は4日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の閉幕に当たり予定していた記者会見を中止した。2日間で何度も会見を行ったためだと理由を説明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up