for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SE

AIR.PA

現在値

115.40EUR

変化

-1.28(-1.10%)

出来高

974,686

本日のレンジ

115.02

 - 

116.98

52週レンジ

57.87

 - 

121.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
116.68
始値
115.96
出来高
974,686
3か月平均出来高
29.54
高値
116.98
安値
115.02
52週高値
121.00
52週安値
57.87
発行済株式数
785.78
時価総額
91,712.91
予想PER
30.89
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Airbus SE Earnings Release

適時開示

その他

Airbus Signs MoU On Lunar Extraction Technologies With Mexican Space Agency And Dereum Labs

SIA Engineering Signs Maintenance Agreement With Hawaiian Airlines

Stellantis CEO Carlos Tavares To Step Down From Airbus Board Of Directors In 2022

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SEとは

エアバスSE(Airbus SE)(旧名:Airbus Group SE)は、航空宇宙及び防衛産業を行うオランダに拠点を置く会社である。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。エアバスセグメントは、民間航空機及び航空機部品の開発・製造・マーケティング・販売、並びに航空機の改造及び関連サービスを行う。エアバスヘリコプターセグメントは、民間及び軍用ヘリコプターの開発・製造・マーケティング・販売、並びにヘリコプター関連サービスの提供を行う。エアバス防衛及び宇宙セグメントは、軍用戦闘機及び訓練用航空機の製造、防衛用電子機器及び世界的なセキュリティ市場ソリューションの提供、並びにミサイルの製造・販売を行う。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

Mendelweg 30

2333 CS

Netherlands

+31.71.5245600

http://www.airbus.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Rene Obermann

Non-Executive Independent Chairman of the Board of Directors

Guillaume Faury

Chief Executive Officer, Executive Director, Member of the Executive Committee

Dominik Asam

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Alberto Gutierrez

Chief Operating Officer, Member of the Executive Board

Thierry Baril

Chief Human Resources Officer, Member of the Executive Committee

統計

2.04 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2018

63.7K

2019

70.5K

2020

49.9K

2021(E)

52.7K
EPS (EUR)

2018

5.220

2019

6.070

2020

1.360

2021(E)

3.777
株価売上高倍率(過去12カ月)
30.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.65
株価純資産倍率(四半期)
9.90
株価キャッシュフロー倍率
16.92
総負債/総資本(四半期)
203.87
長期負債/資本(四半期)
181.50
投資利益率(過去12カ月)
5.31
自己資本利益率(過去12カ月)
2.69

最新ニュース

最新ニュース

ボーイング、今後20年の航空機需要予測を引き上げ

米航空機大手ボーイングは14日、今後20年間の商用航空機需要が4万3610機(7兆2000億ドル相当)になるとの見通しを示し、昨年予測の4万3110機から500機引き上げた。

中国の国産旅客機「C919」、年内納入に向け最終組み立て段階

中国航空当局は13日、中国の新型国産旅客機「C919」が中国東方航空への年内引き渡しに向けて最終組み立て段階に入ると明らかにした。

JAL、「守りと攻め」の3000億円調達、コロナ長期化対応と成長投資

日本航空(JAL)は10日、総額約3000億円を調達すると正式発表した。劣後ローンで最大2000億円を調達し、劣後債1000億円程度を発行する。旅客需要の低迷が続く中、新型コロナウイルス感染拡大の影響長期化に備えるほか、成長投資や有利子負債の返済資金などにも充てる。

ライアンエア、ボーイングが値下げに動くまで待つ用意=CEO

欧州格安航空大手ライアンエアのマイケル・オレアリー最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、米航空機大手ボーイングへの航空機発注について、同社が価格を引き下げるまで数年待つ用意があると述べた。

独株価指数DAX構成銘柄40に増、ポルシェやプーマなど新規採用

ドイツ取引所は3日、構成銘柄数を30から40に増やす主要株価指数DAXについて、自動車メーカーのポルシェとスポーツウェアメーカーのプーマを採用すると発表した。DAXの33年の歴史で最大の改革となる。

中国最大の航空ショー、9月28日から珠海で開催 国産技術展示へ

中国南部の珠海市で9月28日─10月3日に開催される国内最大の航空ショー「中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)」について、同市の黄志豪市長は31日、国産の民生用および軍事用の航空技術が展示されると説明した。

豪カンタス、通年赤字が縮小 12月からの国際線再開を想定

豪カンタス航空が26日発表した2021年度(6月終了)決算は、最終損失が前年から縮小した。また、新型コロナウイルスの世界的流行により運休している国際線について、ワクチン接種率が高い国向けの路線を12月から再開する準備を進めていると明らかにした。

欧州株式市場=反落、デルタ変異株や中国の規制強化を懸念

(表は本文の下に表示しています) [30日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。 四半期決算や経済回復への楽観的な見方がある中でも、新型コロナウイ ルスのデルタ変異株の感染拡大や中国の規制強化への懸念が相場の重し となった。 この日は値下がりしたものの、月間ベースでは6カ月連続で伸び、 値上がりが続いた期間は2012─13年(12カ月)以来の長さとな った。 この日はSTOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数と 資源株指数が部門別で最も軟調だった。 一方、イタリアの銀行大手ウニクレディトは2.8%上 昇した。純利益が市場予想...

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。好決算 や高額な配当を受け、経済成長に関する前向きな見方が高まった。 石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは3.8%高。第2・四半期利益が55 億ドルと、2年超ぶりの高水準になったのが好感された。 資源大手アングロ・アメリカンは5.4%上昇。好決算を受け、配当などの 株主還元策を過去最大の計41億ドルに拡大したことが買い材料となった。 好決算が好感されたケータリングサービス大手コンパスとデータ・情報分析 のレレックスは3.7%、3.2%それぞれ上昇した。 一方、決算が期待外れの内容だった通信大手BT...

欧州株式市場=続伸、好決算で

(表は本文の下に表示しています) [29日 ロイター] - 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。 一次産品銘柄や欧州航空機大手エアバスの好決算が買い材料となった。 ユーロ圏景況感指数が過去最高となったことも市場心理を押し上げた。 石油大手の英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルとフランスの トタルは3.8%、2.2%それぞれ上昇した。石油・ガス の値上がりにより利益が増え、自社株買いを発表したことが好感された 。 エアバスは0.6%高。通期の航空機の納入数と利益の見 通しを大幅に引き上げたことが好感された。 欧州連合(EU)の欧州委員会が発表した...

エアバス、通期利益見通しを2倍に引き上げ 上期決算が予想上回る

欧州航空機大手エアバスは上半期決算が予想を上回ったことを受けて、通年の利益見通しをこれまでの2倍に引き上げた。航空機の納入予想も上方修正した。

ボーイングのジェット機、CO2排出量は1機当たり100万トン

米航空機大手ボーイングは26日、同社が昨年引き渡した商用ジェット機について、20年以上に及ぶ耐用期間中に1機当たり二酸化炭素(CO2)換算で平均100万トンの温室効果ガス排出につながると報告した。

エアバス、天津の最終組立工場から初めて「A350」を引き渡し

欧州の航空機メーカー、エアバスは21日、中国・天津の最終組立工場から、初めて広胴機「A350」を引き渡した。納入先は中国東方航空。

米USTR代表と英国際貿易相が会談、二国間関係の強化で合意

米通商代表部(USTR)のタイ代表と英国のトラス国際貿易相は13日にワシントンで行われた会合で、二国間関係の強化に向けて引き続き取り組むことで合意した。USTRが発表した。

英起業家ブランソン氏、宇宙技術のセラフィム株式取得

英起業家のリチャード・ブランソン氏は、宇宙技術を手掛けるセラフィム・スペースインベストメント・トラストの株式を取得した。セラフィムが発表した。

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。鉱業と銀 行株が買われ全体水準を押し上げた。 FTSE350種鉱業株指数は4.08%、銀行株指数<.FTNMX30101 0>は1.83%それぞれ上昇した。 5月の国内総生産(GDP)は前月比0.8%増と、予想の1.5%増を下回った。 AJベルのアナリスト、ダニー・ヒューソン氏は「総じて、慎重ながらも楽観的な見 方が広がる内容だ。5月のGDPが期待外れだったと見る人もいるだろうが、回復は右肩 上がりに進むものではない。浮き沈みがあり、ときにはUターンもある。それでも経済は 伸びており、消費支出...

欧州株式市場=反発、安値拾いの買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 457.67 +6.06 +1.34 451.61 種 FTSEユーロファー 1766.01 +22.94 +1.32 1743.07 スト300種 ユーロSTOXX50 4068.09 +76.43 +1.91 3991.66 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は反発して取引を終えた。STOXX欧州600種は 約2カ月ぶりの大幅な伸びとなった。世界経済の回復への懸念による前 日の大幅安を受けて、安値拾いの買いが入った。 STOXX欧州600種自動車・...

欧州エアバスの21年上半期の納入機数、前年比52%増

欧州航空機大手エアバスは8日、2021年上半期に297機の航空機を納入したと発表した。前年同期の196機から52%増加した。納入機数は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)から急回復しつつあり、6月に引き渡しが急増した。

米ユナイテッドが旅客機の大型発注、コロナ後の成長加速へ

米ユナイテッド航空は29日、過去最大規模となるボーイングとエアバスの航空機発注を発表した。国内線向けにより大型の旅客機をそろえ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の成長加速を図る。

英米、航空機紛争の解決で合意 報復関税5年間停止

英米両政府は17日、航空機メーカー大手の米ボーイングと欧州エアバスを巡る貿易紛争を5年以内に解決することで合意した。報復関税を停止する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up