for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SE

AIR.PA

現在値

125.90EUR

変化

1.74(+1.40%)

出来高

1,716,714

本日のレンジ

124.84

 - 

127.36

52週レンジ

77.50

 - 

137.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
124.16
始値
126.84
出来高
1,716,714
3か月平均出来高
26.94
高値
127.36
安値
124.84
52週高値
137.32
52週安値
77.50
発行済株式数
777.50
時価総額
96,615.38
予想PER
20.63
配当利回り
1.21

次のエベント

Full Year 2019 Airbus SE Earnings Release

適時開示

その他

Qantas Airways Says Selected The A350-1000 As Preferred Aircraft If Project Sunrise Proceeds

Airbus Acquires Seattle-Area’S MTM Robotics

Airbus Receives Firm Order For One Airbus C295 Military Airlifter

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Airbus SEとは

エアバス(Airbus SE)(旧名:Airbus Group SE)はオランダに拠点を置く航空宇宙・防衛産業で活躍する会社である。【事業内容】同社は3つの事業区分により構成される。エアバス商用航空機事業は商業用ジェット機、航空機部品、並びに航空機の変換・関連サービスの開発・製造・マーケティング・販売に従事する。エアバスヘリコプター事業は民生用・軍用ヘリコプターの開発・製造・マーケティング・販売、並びにヘリコプター関連サービスの提供を専門的に従事する。エアバスの防衛・宇宙事業は軍用戦闘機と訓練機の生産、防衛エレクトロニクスとグローバルセキュリティ市場ソリューションの提供、及び製造業者と市場のミサイルの提供に従事する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

Mendelweg 30

+31.71.5245600

http://www.airbus.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Denis Ranque

Non-Executive Independent Chairman

Guillaume Faury

Chief Executive Officer, Executive Director

Dominik Asam

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Michael Schollhorn

Chief Operating Officer, Member of the Executive Committee

Thierry Baril

Chief Human Resources Officer, Member of the Executive Committee

統計

1.75 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

66.6K

2017

66.8K

2018

63.7K

2019(E)

69.6K
EPS (EUR)

2016

3.310

2017

3.670

2018

5.220

2019(E)

6.018
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.39
株価純資産倍率(四半期)
20.42
株価キャッシュフロー倍率
14.88
総負債/総資本(四半期)
351.00
長期負債/資本(四半期)
266.53
投資利益率(過去12カ月)
6.64
自己資本利益率(過去12カ月)
3.25

最新ニュース

最新ニュース

米ボーイング、1─11月納入数は半減 737MAX運航停止が重し

米ボーイング<BA.N>の1─11月の納入機数は345機と、前年同期の704機から約50%減少した。737MAX機の世界での運航停止が引き続き重しとなった。

トランプ米大統領、NATO閉幕後の会見中止 「何度もやった」

トランプ米大統領は4日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の閉幕に当たり予定していた記者会見を中止した。2日間で何度も会見を行ったためだと理由を説明した。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 5営業日ぶりに反発して取引を終 えた。米中が貿易協議の第一段階の合意に近づいているとの報道でリスク志向が高まった 。 ブルームバーグは、米中が第1段階の協定文書を巡り、これまでに発動した追加関税 の引き下げ規模で合意に近づいていると報じた。アジアへのエクスポージャーが高い金融 大手HSBCやFTSE350種鉱業株指数の値上がりが目立った 。 ただ、OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は市場心理が好転したことに ついて「他に材料がなかった」ためだろうと指摘。他のアナリストは合意内容の具体的な 詳細が明らかでないとした...

欧州株式市場=反発、米中通商合意に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 403.19 +4.71 +1.18 398.48 種 FTSEユーロファー 1575.15 +17.67 +1.13 1557.48 スト300種 ユーロSTOXX50 3660.02 +49.03 +1.36 3610.99 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中通商協議が合意に近づいているとの報道 が買い材料だった。 ブルームバーグは、第一段階の合意文書を巡りこれまでの追加関税の引き下げ規模に ついて両国が合意に近づいていると...

英首相、デジタル課税の推進確認 対米関係の火種の恐れも

ジョンソン英首相は4日、世界的な大手IT(情報技術)企業を対象としたデジタルサービス税について推進する意向を改めて表明した。同税を巡ってはトランプ米大統領が米国企業に対する不当差別だと批判しており、両国関係の火種になる恐れもある。

仏、米の制裁関税に報復の用意 マクロン氏「国益断固守る」

フランスのルメール経済・財務相は3日、米国がフランス製品に対する追加関税を検討していることについて「受け入れられない」と発言、仏をはじめ欧州連合(EU)は報復する用意があると述べた。

米ロ、核兵器巡る新条約締結に意欲=トランプ大統領

トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に「核を巡る全体的な状況は良くない」と指摘。「ロシアが順守していなかったため、米国は条約を離脱したが、ロシアは条約締結を望んでおり、われわれも条約締結は素晴らしいことだと考えている。率直に言って、われわれができる最も重要なことの1つだ」と述べた。

トランプ氏、対トルコ制裁を検討 ロシア製ミサイル購入で

トランプ米大統領は3日、トルコによるロシア製の地対空ミサイル「S400」の購入を巡って、トルコへの制裁措置を検討していると明らかにした。

EU、米の対仏関税に一体で取り組む=欧州委

欧州連合(EU)欧州委員会は3日、EUが米国の対仏関税に対し一体となって取り組む考えを示したほか、世界貿易機関(WTO)による解決が最善との見方を示した。

EU、米国の対仏関税に報復の用意=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は3日、米国がフランス製品に対する追加関税を検討していることについて「受け入れられない」と発言、欧州連合(EU)には報復する用意があると述べた。

アジア株式市場サマリー:中盤(3日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:29 2872.52 -3.285 -0.11 2869.8822 2872.8104 2857.3204 前営業日終値 2875.8072 中国 CSI300指 12:29 3836.32 +0.262 +0.01 3829.212 3836.559 3811.628 数 前営業日終値 3836.059 香港 ハンセン指数 12:29 26410.69 -34.03 -0.13 26315.97 26416.43 26063.02 前営業日終値 26444.72...

WTO、米の対EU報復関税継続を認定 米は関税引き上げ検討

世界貿易機関(WTO)は2日、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>に補助金を拠出していないとした欧州連合(EU)の主張を退け、先に承認した米国の対EU報復関税についてEUが求めていた差し止め要請を認めなかった。

WTO、米の対EU報復関税継続を認定 航空機補助金巡り

世界貿易機関(WTO)は2日、欧州航空機大手エアバスに補助金を拠出していないとした欧州連合(EU)の主張を退け、先に承認した米国の対EU報復関税を巡るEUの差し止め要請を認めなかった。

欧州エアバス、2035年までのハイブリッド機生産を検討

欧州航空機大手エアバス<AIR.PA> <AIRG.DE>は、二酸化炭素排出量の削減を目指す中、2035年までにハイブリッド型の航空機を生産することを検討している。

NATO、早期警戒管制機の電子装備強化 ボーイングに発注

北大西洋条約機構(NATO)は27日、米ボーイング<BA.N>に対して、同社製の早期警戒管制機「AWACS」の電子装備を強化する10億ドルの契約を発注した。

ドバイ航空ショー、ボーイング737MAXに販売回復の兆し

19日開かれたドバイ航空ショーでは、墜落事故を受けて運航停止となっているボーイング<BA.N>の「737MAX」型機に複数の航空会社から合計で最大50機を購入する方針が示され、販売が回復する兆しが見られた。定価では60億ドル相当の商談となる。

エアバス、計300億ドル受注 ボーイングもMAX機に受注

11月17日から開催されているドバイ航空ショーで、欧州航空大手エアバス<AIR.PA>がアラブ首長国連邦(UAE)の航空会社、エミレーツ航空とエア・アラビアから合計300億ドルの受注を獲得した。米ボーイング<BA.N>も737MAX型機の受注を3月の運行停止以降で初めて正式に獲得した。

香港キャセイ、エアバス機の受領先送り デモで需要減少

香港のキャセイ・パシフィック航空<0293.HK>は14日、エアバス<AIR.PA>社製の単通路機4機の受け取り時期を2020年から先送りすると発表した。長引く抗議デモの影響で航空機の利用が減少しているため、輸送能力を削減する。

香港キャセイ、エアバス機の受領先送り デモで需要減少

香港のキャセイ・パシフィック航空は14日、エアバス社製の単通路機4機の受け取り時期を2020年から先送りすると発表した。長引く抗議デモの影響で航空機の利用が減少しているため、輸送能力を削減する。

米ボーイング、10月の新規受注は10機 年初からは45機

米航空機大手ボーイング<BA.N>の10月の新規受注は10機だった。墜落事故を起こし運航停止となっている「737MAX」の運航再開時期が見通せない中、一部顧客企業の間で737MAXの受注を価格が高いワイドボディ機に切り替える動きが出ている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up