for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Air France KLM SA

AIRF.PA

現在値

1.56EUR

変化

-0.02(-1.17%)

出来高

8,412,329

本日のレンジ

1.55

 - 

1.60

52週レンジ

1.07

 - 

2.28

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1.58
始値
1.59
出来高
8,412,329
3か月平均出来高
322.71
高値
1.60
安値
1.55
52週高値
2.28
52週安値
1.07
発行済株式数
2,568.14
時価総額
4,057.59
予想PER
36.29
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2022 Air France KLM SA Earnings Release

適時開示

その他

Air France-KLM: Successful Issuance Of Inaugural Sustainability-Linked Bonds For €1 Bln

Air France-KLM To Vote On Duty Continuation At Chair Age Limit

German Union Verdi Calls On Air France-KLM Ground Staff To Strike On Friday At Frankfurt Airport

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Air France KLM SAとは

エール・フランス-ケー・エル・エム (Air France Klm SA) は旅客輸送に従事する航空会社である。【事業内容】同社は旅客輸送事業、貨物輸送事業、航空補修事業及びその他事業の4つ事業区分により構成される。同社の主要事業は航空輸送会社の資本、より一般的に、フランスの任意会社または航空輸送関連産業の事業体による持分を直接・間接的に保有することである。また、同社は貨物、航空機補修及びその他航空輸送関連業務(主にケータリングとチャーターサービス等)も提供する。同社は子会社Aero Maintenance Group、Blue Link、Brit Air、City Jet、VLM、Transavia France等を通じて業務を運営する。

業種

Airline

連絡先

2 rue de Robert-Esnault-Pelterie

Bp 93290

75007

France

+33.1.41565656

https://www.airfranceklm.com/fr

エグゼクティブリーダーシップ

Anne-Marie Couderc

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Benjamin M. Smith

Chief Executive Officer, Member of the Executive Board, Director

Steven Zaat

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Jean-Christophe Lalanne

Executive Vice-President- Information Technology, Member of the Executive Committee

Constance Thio

Executive Vice President of Human Resources, Member of the Executive Committee

統計

2.89 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

27.2K

2020

11.1K

2021

14.3K

2022(E)

26.1K
EPS (EUR)

2019

0.479

2020

-7.394

2021

-2.002

2022(E)

0.058
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.17
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
1.47
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
0.63
自己資本利益率(過去12カ月)
0.38

最新ニュース

最新ニュース

仏労組、年金改革巡り31日にスト 交通機関混乱へ

[パリ 29日 ロイター] - フランスのボーヌ交通担当相は29日、政府の年金改革案に反対する労働組合のストライキで31日は公共交通機関に大きな混乱が生じると述べた。

欧州ハイイールド債の発行増加、金利上昇で投資家心理改善

欧州でハイイールド債の発行が回復している。金利上昇を背景に投資家のリスク選好度が高まっていることが背景。

アングル:中国で海外旅行解禁、ロシアルート使える国内航空に勝機

中国が先日ようやく、コロナ禍に伴う渡航制限を解除したことで、抑えこまれていた中国渡航需要の回復が欧米の航空会社の懐を潤すことになるだろう。とはいえアナリストや航空当局者は、増便の承認や新たな検査ルール、大型機の不足といった点が、依然として収益改善の障害になると指摘している。

独ルフトハンザ、イタリア国営ITAの少数株式取得を提案

ドイツ航空大手ルフトハンザは18日、経営破綻したイタリア航空大手アリタリア航空を引き継いだ国営ITAエアウェイズの少数株式取得を提案したと発表した。

米国内便で遅延・欠航1万便超、システム不具合 週内影響も

[ワシントン/シカゴ 11日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は11日、夜間に生じたシステムの不具合により、米国内の全ての出発便に運航停止を命じたと発表した。約90分後に停止令は解除され、運航は徐々に再開しているものの、正常化にはなお時間がかかりそうだ。

全米国内便が一時運航停止、システム不具合で 4000便以上が遅延

[ワシントン 11日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は11日、夜間に生じたシステムの不具合により、米国内の全ての出発便に運航停止を命じたと発表した。その後、停止令は解除され、運航は徐々に再開しているという。

欧州空港の旅客数、完全回復時期は25年に後ずれ=業界団体

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州の空港でつくる業界団体「ACIヨーロッパ」は20日、域内空港旅客数が完全回復する時期の見通しについて、従来の2024年ではなく、25年に後ずれすると表明した。

仏トタルとエールフランスKLM、持続可能な航空燃料供給で覚書

フランスの石油大手トタルエナジーズと欧州航空大手エールフランスKLMは5日、「持続可能な航空燃料(SAF)」の供給に関する覚書に署名したと発表した。供給期間は来年から10年超。

エールフランス、全従業員給与を11月から来年5月に3回引き上げ

欧州航空大手エールフランスは14日、従業員の給与を全職種で来年にかけて3回に分けて引き上げ、1人当たり1000ユーロの賞与も支給すると発表した。従業員がインフレ上昇に対応するのを支援するとしている。

ボーイング、8月の引き渡し増加 787の納入再開

米ボーイングの8月のジェット旅客機納入は35機に増加した。787ドリームライナーの納入を15カ月ぶりに再開した。

イタリア右派の有力首相候補、選挙に勝利しても財政は安全と強調

[ローマ 25日 ロイター] - イタリア政党「イタリアの同胞」のジョルジャ・メローニ党首は9月25日に行われる総選挙を控えロイターのインタビューに応じ、自党率いる右派連合の支出計画について、欧州連合(EU)の財政規則を尊重し、国の財政に穴を開けないようにすると述べた。同党は世論調査で支持率トップに立っている。

独ルフトハンザ、旅行需要回復で第2四半期は営業黒字に転換

ドイツ航空大手ルフトハンザが4日発表した第2・四半期決算は貨物輸送需要の高まりを背景に営業損益が黒字に転換した。旅客輸送事業が欧州短距離便をけん引役に成長し、通期でも営業黒字を達成すると予想した。

エールフランスKLMがライツイシュー、23億ユーロ規模

欧州航空大手エールフランスKLMは24日、既存の株主に新株を購入する権利を割り当てる「ライツイシュー」を発表した。規模は22億5600万ユーロ(24億1000万ドル)。

エールフランスKLM、米アポロと協議 5億ユーロの出資で

欧州航空大手・エールフランスKLMは20日、同社のエンジニア・メンテナンス部門に関する仏政府への返済のため米プライベート・エクイティ(PE)投資会社、アポロ・グローバル・マネジメントと5億ユーロ(5億2900万ドル)の出資をめぐり協議を始めたと発表した。

香港、非居住者の入境制限を5月に解除 2年超ぶり

香港政府は22日、2年以上続けてきた非居住者の入境制限を5月から解除すると発表した。非居住者の入境手続きは居住者と同様になる。

デルタとエールフランス、伊ITAの過半数株取得に意欲=伊紙

米デルタ航空とエールフランスKLMは、国際ファンド1社の支援を受け、伊アリタリア航空を引き継いだITAエアウェイズの過半数株式取得に意欲を示している。伊紙レプッブリカが政府関係者の話として10日報じた。

UPDATE 1-加EUがロシア機の領空飛行禁止、米も検討 日本便など運航停止

欧州連合(EU)は27日、ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアへの制裁の一環として、EU領空にロシアの航空機が乗り入れるのを禁止すると発表した。カナダもロシア機に対して自国の領空通過を禁止した。

ウクライナ、民間機に対し領空封鎖 安全性に「高いリスク」

ウクライナは24日、安全性に「高いリスク」があるとして、民間機に対し領空を封鎖したと発表した。欧州航空当局は、ロシアとベラルーシのウクライナ国境周辺での飛行についても、軍事活動による危険を警告した。

ウクライナ便、約10の航空会社が運航停止

ウクライナ政府は21日、約10の航空会社がウクライナ便の運航を停止したと発表した。航空会社名は挙げず、「キャンセルされた便を代替するために努力している」としている。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。ウクラ イナ政府軍と親ロシア派勢力がウクライナ東部で停戦ラインを越えて交戦したと伝わった ほか、金融株やエネルギー株の下落も投資家心理を冷やした。 石油大手のBP、シェルはそれぞれ1.4%、2.7%下落。イラン 核合意の修復に向けた協議が最終段階に入り、原油価格が値下がりしたことが嫌気された 。 英2年物国債利回りが2日連続で低下したことを背景に、FTSE350種銀行株指 数は1.31%下げた。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.24%安。FTSE350種 旅行・娯楽関連株指数が1.78...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up