for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alaska Air Group, Inc.

ALK.N

現在値

40.78USD

変化

-1.10(-2.63%)

出来高

599,536

本日のレンジ

40.10

 - 

41.34

52週レンジ

38.20

 - 

63.76

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
41.88
始値
41.15
出来高
599,536
3か月平均出来高
30.64
高値
41.34
安値
40.10
52週高値
63.76
52週安値
38.20
発行済株式数
126.76
時価総額
5,169.47
予想PER
10.90
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Alaska Air Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Alaska Airlines Says IAM-Represented Employees At Alaska Airlines Ratify Two-Year Contract Extension

Alaska Airlines And Gevo Enter Into Sustainable Aviation Fuel Sales Agreement

Alaska Air Group Reports Q2 GAAP EPS Of $1.09

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alaska Air Group, Inc.とは

アラスカ・エア・グループ(Alaska Air Group Inc)は航空会社の運営を行う。【事業内容】アラスカとホライゾンの2つの航空会社を運営する。同社には、航空サービスプロバイダーであるMcGee Air Servicesも含まれる。メインライン、リージョナル、ホライズンの3つのセグメントで事業を展開する。メインライン事業には、米国全土、及びカナダ、メキシコ、コスタリカ、ベリーズの一部での乗客と貨物のためのアラスカのボーイングまたはエアバスジェット機での定期航空輸送が含まれる。リージョナル事業には、キャパシティ購入契約(CPA)に基づく、米国及びカナダ内の短距離ネットワークを通過する乗客のためのホライゾン及びその他のサードパーティキャリアの定期航空輸送が含まれる。ホライズン事業には、CPAの下でアラスカに販売された容量が含まれる。メインライン事業には、アラスカが提供するボーイング737(B737)及びエアバスA320ファミリー(A320及びA321neo)ジェットサービスが含まれる。リージョナル事業は、主にホライゾンとスカイウェストが運航するフライトで構成される。

業種

Airline

連絡先

19300 International Blvd

SEATTLE, WA

98188

United States

+1.206.3925040

https://investor.alaskaair.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Patricia M. Bedient

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Benito Minicucci

President and Chief Executive Officer of Alaska Air Group, Inc. & Alaska Airlines, Inc., Director

Shane R. Tackett

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Finance

Joseph A. Sprague

President of Horizon Air Industries, Inc.

Andrew R. Harrison

Executive Vice President and Chief Commercial Officer of Alaska Airlines, Inc.

統計

1.92 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

8.8K

2020

3.4K

2021

6.0K

2022(E)

9.6K
EPS (USD)

2019

6.420

2020

-10.170

2021

-2.030

2022(E)

4.452
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.63
株価純資産倍率(四半期)
1.36
株価キャッシュフロー倍率
8.63
総負債/総資本(四半期)
60.62
長期負債/資本(四半期)
51.62
投資利益率(過去12カ月)
1.97
自己資本利益率(過去12カ月)
1.32

最新ニュース

最新ニュース

スピリット航空、フロンティアへの身売り断念 ジェットブルーと交渉

米格安航空会社(LCC)のスピリット航空は27日、同業フロンティア・グループ・ホールディングスへの身売りを断念した。株主の支持が得られなかった。

米主要航空会社、24年末までに「Xジェンダー」の航空券購入可能に

米主要旅客航空会社が、男女どちらでもないと自認する人が「Xジェンダー」表示の航空券を買えるよう2024年末までにコンピューターシステムを更新することで合意した。各社を代表する団体が1日確認した。

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

米FAA、5G巡り航空会社に新たな指針 欠航などの影響緩和へ

米連邦航空局(FAA)は18日夜、承認された電波高度計を搭載した航空機が利用できる空港のリストを更新した。ニューヨークのジョン・F・ケネディやラガーディア、ロサンゼルス、シカゴのオヘアやミッドウェイー、サンフランシスコ、シアトルといった主要空港が含まれる。

米通信2社、5G新サービスを一部延期 航空便への影響配慮

通信大手AT&Tとベライゾンは18日、19日に開始予定だった第5世代(5G)移動体通信の新サービスについて、航空業界への影響に配慮して主要空港周辺での運用の一時延期に合意した。

AT&Tとベライゾン、5G新サービスの一時延期に合意

通信大手AT&Tとベライゾンは18日、19日に開始予定だった第5世代(5G)移動体通信の新サービスについて、主要空港周辺での運用の一時延期に合意した。同サービスを巡っては、航空管制の妨げになる可能性があるとして延期を求める声が上がっていた。

米国株式市場=ダウ・S&P最高値、小売株に買い

米国株式市場は上昇して取引を終え、ダウ工業株30種とS&P総合500種が終値での最高値を更新した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念が和らぎ、薬局チェーン大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスやスポーツ用品大手ナイキなど小売株が買われた。

米CDC、国内線ワクチン義務は現時点で検討せず 航空便欠航続く

米デルタ航空は悪天候と新型コロナウイルスのオミクロン株感染拡大による影響で、28日に運航を予定していた4133便のうち250便以上を欠航する見込みだと発表した。アラスカ航空もシアトル発着の150便の欠航を発表。欠航や遅延はさらに増える見通しとした。

AMDやP&GもCES対面参加見送り、オミクロン株感染拡大で

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)、台湾の微星科技(マイクロスター・インターナショナル)、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、来年1月5日から米ラスベガスで開催されるデジタル見本市「CES」への対面式参加を取りやめた。新型コロナウイルスのオミクロン変異株への感染が急速に拡大していることが背景。

訂正(発表者側の申し出)-米航空大手とアマゾン、持続可能な航空燃料の取り組みに参加

米大手航空会社とアマゾン・ドット・コムの航空子会社が、持続可能な航空燃料(SAF)の開発・利用を加速する取り組みに参加する。

米航空大手2社、黒字回復の遅れを警告 インフレ圧力の高まりで

米アメリカン航空とサウスウエスト航空は21日、インフレ圧力の高まりがクリスマス・年末年始の繁忙期に見込まれる堅調な需要への冷や水となり、両社の黒字回復に遅れが生じる可能性があるという見通しを示した。燃料価格と人件費の拡大も第4・四半期の収益を圧迫すると予想した。

ボーイング、米従業員にワクチン接種義務化 テキサスでは様子見

米航空機大手ボーイングは12日、米国の従業員12万5000人に対し、12月8日までに新型コロナウイルスワクチンを接種するよう義務付けると発表した。

アメリカン航空とサウスウエスト航空、第2四半期は黒字 旅客需要回復

米アメリカン航空と米サウスウエスト航空が22日に発表した第2・四半期決算は、政府支援と旅客需要の回復が追い風となり、共に黒字となった。

米ボーイング、数十億ドルの737MAX受注で合意間近=関係筋

米航空機大手・ボーイングは近く、サウスウエスト航空から旅客機「737MAX7」数十機(数十億ドル相当)の受注を獲得する見通しだ。関係筋が10日、明らかにした。

米航空大手、議会に一段の雇用支援を要請 ワクチン輸送にらみ

米航空大手7社の最高経営責任者(CEO)らが18日、連名で議会に書簡を送付し、従業員への給与支払いについて年末までに一段の支援を行うよう求めたことがわかった。ロイターが書簡を入手した。

ボーイング737MAX、米当局が運航再開承認 停止から1年8カ月

[ワシントン/シアトル 18日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は18日、2度の墜落事故で346人の死者を出した米ボーイング<BA.N>の旅客機「737MAX」の運航停止措置を1年8カ月ぶりに解除した。

米下院、航空業界向け給与補助の延長を過半数が支持

米下院の過半数の議員が、新型コロナウイルス危機を受けて導入された航空業界向けの320億ドルの給与補助策について、6カ月間延長するよう求める書簡に署名した。給与補助策は9月30日に期限が切れる。

アメリカン航空など、8─9月の増便を再考 コロナ急拡大受け

米アメリカン航空<AAL.O>と米サウスウエスト航空<LUV.N>は23日、国内の新型コロナウイルス感染急拡大を受け、8─9月に予定していた増便を再考していると明らかにした。

米航空大手5社、250億ドル規模の政府融資へ趣意書に署名

米ユナイテッド航空<UAL.O>など航空大手5社は7日、新型コロナウイルス流行の打撃を受けている同業界向けの250億ドル規模の政府融資プログラムに関する趣意書に署名した。

ユナイテッドなど米航空大手5社、政府融資趣意書に署名 コロナで

米ユナイテッド航空など航空大手5社は7日、新型コロナウイルス流行の打撃を受けている同業界向けの250億ドル規模の政府融資プログラムに関する趣意書に署名した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up