for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alstom SA

ALSO.PA

現在値

35.54EUR

変化

-1.06(-2.90%)

出来高

1,495,638

本日のレンジ

35.48

 - 

36.80

52週レンジ

33.91

 - 

49.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
36.60
始値
36.77
出来高
1,495,638
3か月平均出来高
26.20
高値
36.80
安値
35.48
52週高値
49.70
52週安値
33.91
発行済株式数
400.32
時価総額
13,611.57
予想PER
20.76
配当利回り
0.68

次のエベント

Dividend For ALSMY.PK - 0.0297 USD

適時開示

その他

Alstom Appoints Michael Keroulle As President Of Alstom Americas

Alstom Invests 100,000 Euros In French Cybersecurity Campus

Alstom Q1 Sales Up At 3.70 Billion Euros

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alstom SAとは

アルストム(Alstom SA)は、フランスを拠点とする鉄道輸送セクター向けインフラストラクチャのメーカーである。【事業内容】オファーには、車両、システム、サービス、及び旅客と貨物鉄道輸送の信号を含む各種なソリューションが含まれる。鉄道サービスには、メンテナンス、近代化、スペアパーツの管理、サポート、技術支援サービスが含まれる。鉄道インフラには、線路敷設、線路電力システム、電気機械設備、通信機器、駅の旅行者情報、チケットの自動購入用ターミナル、エスカレーターへのアクセス、障害者用リフト、プラットフォームの自動着陸ドア、換気、空調、照明システムなどが含まれる。製品とサービスを世界中に販売する。

業種

Railroads

連絡先

48, rue Albert Dhalenne

93400

France

+33.1.57068000

http://www.alstom.com

エグゼクティブリーダーシップ

Henri Poupart-Lafarge

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, President of the Executive Committee

Laurent Martinez

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Member of the Executive Committee

Emmanuelle Petrovic

Senior Vice President Legal, General Counsel, Member of the Executive Committee

Anne-Sophie Chauveau-Galas

Senior Vice President, Human Resources & Environment, Health, Safety and Sustainable Development, Member of the Executive Committee

Jean-Francois Beaudoin

Senior Vice President - Alstom Digital Mobility, Member of the Executive Committee

統計

2.20 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

8.1K

2020

8.2K

2021

8.8K

2022(E)

15.5K
EPS (EUR)

2019

1.790

2020

1.827

2021

1.140

2022(E)

1.763
株価売上高倍率(過去12カ月)
40.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.55
株価純資産倍率(四半期)
1.62
株価キャッシュフロー倍率
24.75
総負債/総資本(四半期)
32.39
長期負債/資本(四半期)
24.79
投資利益率(過去12カ月)
1.79
自己資本利益率(過去12カ月)
0.81

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。約3週間 ぶりの大幅な落ち込みだった。一次産品や銀行株が売られた。ポンド高に伴い輸出銘柄も 値を下げた。 FTSE350種鉱業株指数と石油・ガス株指数、銀 行株指数の値下がりが大きな押し下げ要因だった。 ポンドがドルに対して1週間超ぶりの高値を付け、ドルで収益を上げる酒造大手のデ ィアジオやブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が値を下げ た。 一方、スーパーマーケット大手セインズベリーは0.6%高だった。第1・ 四半期の売り上げが市場予想を上回ったことが好感された。ただ売り上げの伸びは...

欧州株式市場=反落、経済回復懸念で債券買われる

IGのシニアマーケットアナリスト、ジョシュア・マホニー氏は「 軟調な経済指標が経済回復に関するセンチメントに響いた」と述べた。 STOXX欧州600種自動車・部品株指数は2.87% 下落し、部門別で最も大幅に値を下げた。6月上旬に15年以来の高値 を付けて以降、供給網の混乱への懸念が重しとなっている。 石油・ガス株指数は1.75%下落した。石油輸出国機構 (OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」内 の亀裂により、原油が数年ぶりの高値を付けた後、下落に転じた。石油 大手のロイヤル・ダッチ・シェルとトタル、BP<BP...

ノルウェー年金基金、投資先から16社除外 イスラエル入植活動関与

ノルウェー最大の年金基金KLPは5日、仏アルストムや米モトローラ・ソリューションズなど16社について、イスラエルのヨルダン川西岸の入植活動に関与しているとして投資対象から外すと発表した。

メキシコの高架橋崩落で24人死亡、迅速な原因究明を大統領表明

メキシコの首都で3日夜発生した起きた地下鉄高架橋崩落事故では、少なくとも24人が死亡、79人が負傷した。

仏政府が拒否、カナダのコンビニ大手によるカルフール買収提案で

フランス政府は14日、カナダのコンビニ運営大手アリマンタシオン・クシュタールによる仏小売大手カルフール買収提案について、食料安全保障の観点から認めない方針を示した。

カナダのコンビニ大手によるカルフール買収提案、仏政府が難色

フランス政府は14日、カナダのコンビニ運営大手アリマンタシオン・クシュタールによる仏小売大手カルフール買収提案について、食料安全保障の観点から難色を示した。

マクロン仏大統領とイラク首相が会談、テロとの戦い強調

フランスのマクロン大統領とイラクのカディミ首相は19日会談し、テロとの戦いの重要性を強調した。フランス大統領府が声明を発表した。

欧州委、アルストムのボンバルディア鉄道事業買収承認へ=関係筋

欧州連合(EU)の独占禁止当局が仏鉄道車両大手アルストム<ALSO.PA>によるカナダのボンバルディア<BBDb.TO>の鉄道事業買収を承認する見通しであることが27日、関係筋の話で明らかになった。実現すればアルストムは中国国有の中国中車(CRRC)<601766.SS>に次ぐ世界2位の鉄道車両メーカーとして浮上する。

EUが「単一データ市場」構築へ、米中企業に対抗 新デジタル戦略

欧州連合(EU)の欧州委員会は19日、新たなデジタル戦略を発表した。EU域内の産業データを共有する単一市場を構築し、「GAFA」など米IT大手や国家の支援を受ける中国企業に対抗できる企業の育成を目指す。

仏アルストム、加ボンバルディア鉄道事業買収で合意 最大67億ドル

仏鉄道車両大手アルストム<ALSO.PA>は17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を最大62億ユーロ(67億ドル)で買収することで合意した。世界第2位の鉄道車両メーカーが誕生し、アルストムは中国国有の中国中車(CRRC)<601766.SS>との競争をこれまでより有利に進められるとみられる。

欧州市場サマリー(17日)

<外為市場> ユーロが約3年ぶりの安値に下落。中国の新型コロナウイルス対策を 受け市場に落ち着きが見られ、人民元や豪ドルを支援する一方、ユーロ圏の低成長が懸念 された。 この日は主要な経済指標の発表がなかったが、市場ではドイツ欧州経済センター(Z EW)が18日に発表する景気期待指数、21日の購買担当者景気指数に注目している。 先週の指標では特にドイツ経済の低迷がみられ、INGのアナリストは「ユーロ/ド ルは今後数日間、今の下降トレンドが継続するとみている」と指摘。また、今週の指標は このところのさえないデータと同じような内容になるとみられ...

欧州株式市場=最高値、伊銀行株高や中国の新型肺炎対策で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 431.98 +1.46 +0.34 430.52 FTSEユーロファース 1683.73 +5.24 +0.31 1678.49 ト300種 ユーロSTOXX50種 3853.27 +12.30 +0.32 3840.97 <.STOXX50E > 欧州株式市場は終値で過去最高値を更新した。イタリア銀行が上昇したほか、中国の 新型コロナウイルス対策が投資家心理を押し上げた。 米市場が休場で商いは低調だったが、STOXX欧州600種は0.3%上 昇。ドイツの...

アルストム、ボンバルディア鉄道事業買収で協議 70億ドル規模か

仏鉄道車両大手アルストムは17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を買収する可能性について協議を進めていることを確認した。買収額は企業価値ベースで70億ドルとなる可能性がある。

加ボンバルディア、鉄道事業統合へ日立や仏アルストムに接触か

カナダの重工大手ボンバルディアが鉄道事業の統合に向け、日立製作所や仏アルストムに接触したことが、複数の関係者の証言で明らかになった。

世界の鉄道産業、「今後数年」で統合が起きる=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は23日、世界の鉄道産業の統合が「今後数年」で起きるだろうと述べた。

焦点:仏「介入主義的」政策の限界、FCA統合撤回で露呈

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>と仏ルノー<RENA.PA>の統合案が突然撤回されたことで、図らずもフランス政府の介入主義的な産業政策の限界があらわになった。こうした政策は常に、政治的な要求と冷厳な経済合理性をうまく釣り合わせるのが難しい。

コラム:「ゼロサム思考」はなぜ世界成長を脅かすのか

ワシントンで今月開かれた世界銀行と国際通貨基金(IMF)の春季会合では、国際協調の必要性が叫ばれたが、実際には勝ち組の数だけ負け組が出るという「ゼロサム思考」が幅を利かせていた。

フランスとドイツ、産業政策計画で一致 地元企業支援目指す

フランスとドイツは19日、欧州の産業政策に関する共同計画で一致した。国際競争に直面する地元企業を支援し、主要技術を海外勢の買収から守る狙いだ。

コラム:シーメンスとアルストムの鉄道事業統合、却下は妥当

欧州連合(EU)欧州委員会のベステアー委員(競争政策)は、独仏両国政府の圧力に屈せず、シーメンス<SIEGn.DE>とアルストム<ALSO.PA>の鉄道事業統合計画を阻止することで、正しく行動した。

独シーメンスと仏アルストムの鉄道事業統合計画、欧州委が却下

欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は6日、独シーメンス<SIEGn.DE>と仏アルストム<ALSO.PA>の鉄道事業統合計画を競争を阻害し、消費者に不利益をもたらす恐れがあるとして却下した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up