for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Allianz SE

ALVG.DE

現在値

160.42EUR

変化

-3.00(-1.84%)

出来高

541,690

本日のレンジ

160.04

 - 

162.98

52週レンジ

117.10

 - 

232.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
163.42
始値
162.98
出来高
541,690
3か月平均出来高
23.02
高値
162.98
安値
160.04
52週高値
232.60
52週安値
117.10
発行済株式数
416.58
時価総額
68,174.39
予想PER
--
配当利回り
5.87

次のエベント

Q3 2020 Allianz SE Earnings Release

適時開示

その他

Atlantia extends talks with CDP over motorway unit bid to Oct. 27

Euler Hermes Group Names Clarisse Kopff CEO

Allianz Changes To The Allianz SE Board Of Management

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Allianz SEとは

アリアンツ(Allianz SE)はドイツベースの金融サービス・プロバイダー、Allianz Groupの持株会社である。【事業内容】保険運営事業と資産管理事業という2つの主要事業部門を有する。保険運営事業は個人と企業両方の顧客向けの損害保険と生命・健康保険商品のポートフォリオを提供する保険事業の中核市場はドイツ、フランス、イタリアと米国を含む。資産管理事業で主にAllianz Asset Management(AAM)の下で「PIMCO」と「AllianzGI」を管理する。さらに保険事業をサポートし、Oldenburgische Landesbank AG (OLB)事業を含有する銀行業務とオルタナティブ投資業務を行うドイツ、イタリア、フランス、オランダとブルガリアで銀行業務を提供する銀行業務は中央持株機能を係合するコーポレートとその他事業セグメントの一部である総計約70カ国で事業を行い、中核事業を欧州で展開する。

業種

Insurance (Life)

連絡先

Koeniginstrasse 28

80802

Germany

+49.89.38000

https://www.allianz.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael Diekmann

Independent Chairman of the Supervisory Board

Oliver Baete

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer

Gabriele Burkhardt-Berg

Vice Chairwomen of the Supervisory Board

Jim Hagemann Snabe

Independent Vice Chairman of the Supervisory Board

Giulio Terzariol

Member of the Management Board for Finance, Controlling, Risk

統計

2.28 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

126.1K

2018

130.6K

2019

142.4K

2020(E)

139.3K
EPS (EUR)

2017

15.230

2018

17.300

2019

18.830

2020(E)

15.532
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
0.94
株価キャッシュフロー倍率
9.36
総負債/総資本(四半期)
50.09
長期負債/資本(四半期)
46.28
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.71

最新ニュース

最新ニュース

低リターン環境、今後3─5年続く=PIMCO

米債券運用会社パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)は7日、今後3─5年はあらゆる資産クラスで低リターンが続くとの見方を示した。

社債をオーバーウエート、財政・金融対策で企業債務下支え=PIMCO日本代表

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)で日本の債券運用を統括する正直知哉マネージング・ディレクター(日本代表)は16日、ロイターのインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて打ち出した政府・日銀による企業の資金繰り支援策が企業債務を幅広く下支えするとして、個々のバリュエーションを勘案しながら社債をオーバーウエートにする方針を明らかにした。

仏アクサ、2020年の利益目標を撤回 特別配当見送り

仏保険大手アクサ<AXAF.PA>は6日、2020年の利益目標を撤回した。第4・四半期に追加の株主還元を行わない方針も示した。上半期の純利益は40%減だった。

ソフトバンクG出資のレモネード、IPOで3億1900万ドル調達目指す

ソフトバンクグループ<9984.T>などが出資する新興企業の米保険・レモネードは1日、新規株式公開(IPO)価格を1株29ドルと発表した。1100万株を放出する計画で、3億1900万ドルの調達を目指す。

欧州市場サマリー(3日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。経済規模 で世界1位と2位の米中統計が市場予想を上回ったことで、経済が新型コロナウイルスに よる打撃から持ち直していることを示唆した。 FTSE100種は新型ウイルスの危機で3月に急落した後、急速に持ち直した。外 出自粛勧告が緩和されたほか、世界各国が景気刺激策を導入したことで市場心理が好転し 、米中貿易摩擦や米国で起きている抗議デモに関する懸念が相殺された。 FTSE100種は1月に付けた過去最高値を約17%下回る水準にあるが、低迷し ていたFTSE350種自動車株指数や 不動産株指数、旅行...

欧州株式市場=続伸、アクサ配当発表で保険株に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 368.92 +9.15 +2.54 359.77 種 FTSEユーロファー 1435.64 +36.02 +2.57 1399.62 スト300種 ユーロSTOXX50 3269.59 +110.5 +3.50 3159.02 <.STOXX50 種 7 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。フランスの保険大手アクサが配当支払いを発 表したことで保険株が買われた。また各国の経済指標が改善していることで経済が新型コ ロナウイルスの危機を受けた打撃から当初予想...

EUのコロナ復興案、大きな効果もたらさず=PIMCO

米投資会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の信用アナリスト、ニコラ・マイ氏は28日、欧州連合(EU)が前日発表した7500億ユーロ規模の経済復興案について、イタリアなどの新型コロナウイルスの打撃が大きかった国などにとって債務の軽減額はごくわずかとなる見込みであり、大きな効果をもたらすものではないと述べた。ロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラムで話した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(12日現在)

英国の新型コロナウイルス感染症による死者が、その疑いのあるケースも含めて5月初めの時点で3万8000人を超えたことが分かった。欧州諸国の中で群を抜いて最悪の数字で、ジョンソン首相の新型コロナ対策を批判する声が高まりそうだ。

独アリアンツ、第1四半期は29%減益 新型コロナ響く

独保険大手アリアンツ<ALVG.DE>が12日発表した第1・四半期決算は、純利益が29%減となった。新型コロナウイルス流行が響いた。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(1日現在)

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、在宅勤務が可能な従業員に対し、少なくとも10月2日まで延長するよう指示した。広報担当者が声明を発表した。

独アリアンツ、第1四半期は30%減益 通期予想を撤回

独保険大手アリアンツ<ALVG.DE>は30日、第1・四半期の暫定決算を発表、純利益は30%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済の見通しが不透明だとして、通期業績目標を撤回した。

独企業、新型コロナ政府援助と環境保護の連動を要請=新聞

独鉄鋼大手ティッセンクルップ<TKAG.DE>や同ザルツギッター<SZGG.DE>、製薬・化学大手バイエル<BAYGn.DE>などドイツの大手企業は、新型コロナウイルス感染に対応した政府からの援助を環境保護への取り組みに連動させるよう要請した。独ハンデルスブラット紙が報じた。

IMF、新型コロナ対応で外部諮問機関を設置

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は10日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)や、それに伴う世界経済への影響に対応するため、外部諮問機関を設置すると発表した。

米GDP成長率、第2四半期は-30%の公算=PIMCO

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO、ピムコ)は8日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に起因する米国全域の事業停止と失業の急増により、米国内総生産(GDP)成長率は第2・四半期にマイナス30%、2020年全体ではマイナス5%になるとの見方を示した。

PIMCO、ディフェンシブ投資推奨 コロナ不況「短期だが深刻」

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO、ピムコ)は2日、新型コロナウイルスに伴う不況は「短期だが深刻」になるとの見方を示した上で、ディフェンシブ投資を推奨した。

日本は温室効果ガス削減強化を、機関投資家団体が安倍首相に書簡

運用資産が合計で37兆ドルに上る複数の機関投資家団体は、安倍晋三首相に公開書簡を送り、温室効果ガス排出量を一段と削減するよう求め、日本政府に前向きな動きがあれば、今年11月の気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を前に国際的な環境対策強化につながると指摘した。

訂正-新型肺炎、保険補償外で企業のコスト負担格段に大きく

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、中国国内で猛烈に感染が広がり、いまや国外にも波及し、ホテル、航空会社から製造業までさまざまな企業活動に深刻な影響が出ている。企業は、災害等で事業を停止せざるを得なくなることをあらかじめ想定して保険をかけている。しかし、伝染病は一般に保険の補償対象外となっており、新型肺炎による機会損失、コスト負担は格段に大きくなる恐れがあると専門家は指摘する。

IEAは温暖化回避のため「エネルギー展望」大幅改定を=共同書簡

国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル事務局長に対し、年金基金、保険会社、その他の大企業や科学者らが共同で書簡を送り、IEAが毎年公表している「世界エネルギー展望」の内容を大幅に改定し、2015年に採択されたパリ協定が掲げる目標の実現を支援し、壊滅的な地球温暖化を回避するよう訴えた。

独アリアンツ、第3四半期は予想上回る増益 通期に明るい見通し

ドイツの保険大手アリアンツ<ALVG.DE>が発表した第3・四半期決算は、税負担の軽減などが寄与し、純利益が予想を上回る0.6%の増加となった。アリアンツは2019年の営業利益が目標レンジの中間から上限の範囲になるとの見通しを示した。

ドイツ銀アハライトナー会長、昨年の報酬が国内優良企業最高額

ドイツ銀行<DBKGn.DE>のパウル・アハライトナー会長の昨年の報酬は、およそ86万ユーロ(94万4624ドル)で、国内優良企業の最高額となった。株主のためにロビー活動を行う非営利団体DSWが8日発表した調査で明らかになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up