for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Allianz SE

ALVG.DE

現在値

220.55EUR

変化

-1.15(-0.52%)

出来高

724,648

本日のレンジ

220.10

 - 

221.60

52週レンジ

181.92

 - 

225.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
221.70
始値
220.90
出来高
724,648
3か月平均出来高
18.91
高値
221.60
安値
220.10
52週高値
225.90
52週安値
181.92
発行済株式数
423.50
時価総額
91,632.02
予想PER
11.78
配当利回り
4.10

次のエベント

Allianz SE at Kepler Cheuvreux & UniCredit German Corporate Conference

適時開示

その他

Allianz Completes Acquisition Of Britain’s LV General Insurance

Allianz To Reshuffle Insurance Business In Germany - Manager Magazin

Allianz Partners With Microsoft To Digitally Transform The Insurance Industry

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Allianz SEとは

アリアンツ(Allianz SE)はドイツベースの金融サービス・プロバイダー、Allianz Groupの持株会社である。【事業内容】同社は保険運営事業と資産管理事業という2つの主要事業部門を有する。保険運営事業は個人と企業両方の顧客向けの損害保険と生命・健康保険商品のポートフォリオを提供する。同社の保険事業の中核市場はドイツ、フランス、イタリアと米国を含む。資産管理事業で、同社は主にAllianz Asset Management(AAM)の下で「PIMCO」と「AllianzGI」を管理する。さらに同社は、保険事業をサポートし、Oldenburgische Landesbank AG (OLB)事業を含有する銀行業務とオルタナティブ投資業務を行う。同社はドイツ、イタリア、フランス、オランダとブルガリアで銀行業務を提供する。同社の銀行業務は中央持株機能を係合するコーポレートとその他事業セグメントの一部である。同社は総計約70カ国で事業を行い、中核事業を欧州で展開する。

業種

Insurance (Life)

連絡先

Koeniginstrasse 28

+49.89.38000

https://www.allianz.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael Diekmann

Independent Chairman of the Supervisory Board

Oliver Baete

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer

Gabriele Burkhardt-Berg

Vice Chairman of the Supervisory Board

Jim Hagemann Snabe

Independent Vice Chairman of the Supervisory Board

Giulio Terzariol

Member of the Management Board for Finance, Controlling, Risk

統計

2.10 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

122.4K

2017

126.1K

2018

130.6K

2019(E)

135.7K
EPS (EUR)

2016

15.000

2017

15.230

2018

17.300

2019(E)

18.654
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.96
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.91
株価純資産倍率(四半期)
1.25
株価キャッシュフロー倍率
11.06
総負債/総資本(四半期)
51.77
長期負債/資本(四半期)
51.77
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.85

最新ニュース

最新ニュース

IEAは温暖化回避のため「エネルギー展望」大幅改定を=共同書簡

国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル事務局長に対し、年金基金、保険会社、その他の大企業や科学者らが共同で書簡を送り、IEAが毎年公表している「世界エネルギー展望」の内容を大幅に改定し、2015年に採択されたパリ協定が掲げる目標の実現を支援し、壊滅的な地球温暖化を回避するよう訴えた。

独アリアンツ、第3四半期は予想上回る増益 通期に明るい見通し

ドイツの保険大手アリアンツ<ALVG.DE>が発表した第3・四半期決算は、税負担の軽減などが寄与し、純利益が予想を上回る0.6%の増加となった。アリアンツは2019年の営業利益が目標レンジの中間から上限の範囲になるとの見通しを示した。

ドイツ銀アハライトナー会長、昨年の報酬が国内優良企業最高額

ドイツ銀行<DBKGn.DE>のパウル・アハライトナー会長の昨年の報酬は、およそ86万ユーロ(94万4624ドル)で、国内優良企業の最高額となった。株主のためにロビー活動を行う非営利団体DSWが8日発表した調査で明らかになった。

BRIEF-アリアンツ、日本でブラックストーンのファンドから不動産取得へ 11億ユーロ

ドイツの保険会社アリアンツの不動産部門アリアンツ・リアル・エステートは4日、米ブラックストーン・グループのファンドから、日本の不動産資産を取得する契約を締結したと発表した。取得額は11億ユーロ相当。

英アビバのアジア事業、日生・MS&ADなどが関心=関係筋

複数の関係筋によると、英保険会社アビバ<AV.L>のシンガポール、ベトナム事業に独アリアンツ<ALVG.DE>、日本生命保険、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>などが関心を示している。

EXCLUSIVE-英アビバのアジア事業、日生・MS&ADなどが関心=関係筋

複数の関係筋によると、英保険会社アビバのシンガポール、ベトナム事業に独アリアンツ、日本生命保険、MS&ADインシュアランスグループホールディングスなどが関心を示している。

独首相が中国首相と会談、通商や香港巡る問題の解決促す

ドイツのメルケル首相は6日、米中貿易戦争は全世界に影響を及ぼしていると指摘し、両国が早期に問題を解決するよう望んでいると述べた。

米FRB、今夏の利下げに抵抗し難くなる可能性=エラリアン氏

独保険大手アリアンツの首席経済顧問、モハメド・エラリアン氏は、7日に発表された米雇用統計が弱い内容となったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)は今夏に政策金利を「保険として引き下げる」ことに抵抗し難くなる可能性があるとの見解を示した。

サウジアラムコ、債券説明会控えエラリアン氏を非公式助言役に

世界最大の石油会社であるサウジアラビア国営のサウジアラムコは、初の債券発行に関する投資家向け説明会(ロードショー)を控え、独アリアンツの首席経済アドバイザーであるモハメド・エラリアン氏を非公式アドバイザーに選んだ。2人の関係筋が明らかにした。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 6営業日続伸して取引を終え た。英政府が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案を大きく変えない限り承認できない とする英下院バーコウ議長の発言を受けポンドが下落し、輸出銘柄の追い風となった。 バーコウ議長の発言を受け、英国のEU離脱を巡る懸念が高まった。たばこのブリテ ィッシュ・アメリカン・タバコやインペリアル・ブランズ、製薬大手グ ラクソ・スミスクライン、同アストラゼネカなどドルで大半の収益を上げ る企業が値を上げた。 また、原油の値上がりに伴い石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルとBP<BP. L>が買われた。 鉄鉱石先物...

欧州株式市場=続伸、M&Aの動きで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 0.00 0.00 0.00 0.00 種 FTSEユーロファー 0.00 +4.46 +0.30 1498.88 スト300種 DJユーロSTOXX 3387.94 +1.86 +0.05 0.00 <.STOXX50 50種 E> 週明け欧州株式市場は続伸して取引を終えた。ドイツ銀行<DBKGn.D E>とコメルツ銀行などの金融部門における合併・買収(M& A)の動きが買い材料となった。 ドイツ銀行とコメルツ銀行は4.2%と7.2%上昇した。ただ両 行の合併...

欧州経済、投資家の想定よりも急速に減速=エルエリアン氏

独アリアンツ<ALVG.DE>の首席経済アドバイザー、モハメド・エルエリアン氏は4日、欧州経済は多くの投資家が想定しているよりも急速に減速しているとの見方を示した。

コラム:グロース氏引退、債券運用黄金時代への「挽歌」

あのビル・グロース氏も、時の流れに屈しようとしている。パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO、ピムコ)の共同創業者として、かつては2930億ドルもの資産運用に携わったグロース氏は、2014年からファンドマネジャーを務めていたジャナス・ヘンダーソンを退職する。74歳の同氏が第一線を退くのは当然と言えば当然だが、同時にこれは国債と資産管理手数料に対する「挽歌」とみなさざるを得ない。

「債券王」グロース氏引退へ、PIMCO時代に輝かしい成績

かつて債券市場で最も影響力のある投資家として知られ「債券王」の異名をとったビル・グロース氏が、3月1日付で資産運用会社ジャナス・ヘンダーソンを退職し、資産運用業務から退くことになった。

「債券王」ビル・グロース氏が引退、PIMCO時代に輝かしい成績

「債券王」として知られ、資産運用会社ジャナス・ヘンダーソンのファンドマネジャーを務めるビル・グロース氏(74)が3月1日付で退職、引退することになった。今後は個人資産や慈善財団などの運用に当たるという。

コラム:ダボス会議、ポピュリスト政治家にはマイナスか

トランプ米大統領、カナダのトルドー首相、マクロン仏大統領、インドのモディ首相、そしてメイ英首相──。これら5人の首脳に共通するものは何か。

焦点:顧客がライバルに、中国の「台頭」に対策急ぐドイツ

輸出企業の黄金期が過ぎ去りつつある欧州最大の経済大国ドイツでは、中国における自国の権益を確保すべく急いで対策を講じている。だが、顧客からライバルへと「転身」した中国によって自国における変革を余儀なくされている。

ドイツと中国、金融セクターの協力強化へ合意書に署名へ=文書

ドイツと中国は、金融セクターにおける両国間の協力強化に向けた2件の合意文書への週内の署名を目指している。ロイターが入手したドイツ政府の文書で明らかになった。

来年の米景気後退入り、確率は30%=ピムコ

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO、ピムコ)は13日、来年の見通しを公表し、米国が景気後退入りする確率を30%とした。

仮想通貨は今後も存続、通貨ではなく商品=エラリアン氏

アリアンツの首席経済アドバイザー、モハメド・エラリアン氏は27日、仮想通貨について、今年に入り大幅に値下がりしているが今後も存続するとした上で、機関投資家の参入が増えていることから、より広く受け入れられる時が来るとの見方を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up