for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Applied Materials, Inc.

AMAT.O

現在値

105.53USD

変化

0.48(+0.46%)

出来高

5,555,622

本日のレンジ

104.99

 - 

108.91

52週レンジ

82.67

 - 

167.06

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
105.05
始値
105.79
出来高
5,555,622
3か月平均出来高
156.07
高値
108.91
安値
104.99
52週高値
167.06
52週安値
82.67
発行済株式数
869.00
時価総額
91,387.96
予想PER
13.43
配当利回り
0.99

次のエベント

Q3 2022 Applied Materials Inc Earnings Release

適時開示

その他

Applied Materials Announces Second Quarter 2022 Results

Applied Materials Announces New $6 Bln Share Repurchase Authorization

Applied Materials Announces First Quarter 2022 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Applied Materials, Inc.とは

アプライド・マテリアルズ(Applied Materials Inc)は、半導体、ディスプレイおよび関連業界向けに製造装置、サービスおよびソフトウエアを提供する。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。半導体システムセグメントは、主に半導体チップの製造に使用される設備機器を含む。アプライドグローバルサービスセグメントは、半導体、ディスプレイ、太陽電池の各製品向けに、スペアパーツ、アップグレード、サービス、再生装置、ファクトリーオートメーションソフトウェアなど、装置や製造工場の性能と生産性を最適化する統合的なソリューションを提供する。ディスプレイ・隣接市場セグメントは、液晶ディスプレイや有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイ、その他テレビ、モニター、ノートパソコン、電子タブレット、スマートフォン、その他消費者向け機器やアップグレード機器向けのディスプレイ技術などを製造するための製品を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

3050 Bowers Ave

SANTA CLARA, CA

95054-3299

United States

+1.408.5635300

https://www.appliedmaterials.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Thomas J. Iannotti

Independent Chairman of the Board

James C. Morgan

Chairman Emeritus

Gary E. Dickerson

President, Chief Executive Officer, Director

Brice Hill

Senior Vice President, Chief Financial Officer

Omkaram Nalamasu

Senior Vice President, Chief Technology Officer

統計

2.00 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.6K

2020

17.2K

2021

23.1K

2022(E)

25.3K
EPS (USD)

2019

3.040

2020

4.170

2021

6.840

2022(E)

7.484
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.68
株価純資産倍率(四半期)
7.88
株価キャッシュフロー倍率
12.74
総負債/総資本(四半期)
47.11
長期負債/資本(四半期)
47.11
投資利益率(過去12カ月)
35.49
自己資本利益率(過去12カ月)
27.27

最新ニュース

最新ニュース

米政府、中国半導体メーカーへの製造装置出荷制限を検討=関係筋

米政府は、長江メモリー・テクノロジー(YMTC)など中国の半導体メーカーへの米国製半導体製造装置の出荷制限を検討している。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。中国の半導体業界の発展を抑え、米企業を守るための措置の一環とみられる。

ホットストック:半導体関連が上値重い、米アプライドは市場予想下回る

半導体関連株は上値が重い。前日に大幅に下落したものの、反動による買い戻しの動きは限定的となっている。個別では、東京エレクトロン、アドバンテスト、SUMCO、レーザーテックが小幅高で推移する中、信越化学工業、ディスコなどはマイナス圏。市場では「米アプライド・マテリアルズの決算を受け、慎重にならざるを得ない。サプライチェーンを巡る懸念が引き続き重し」(国内証券)との声が聞かれる。

米アプライド、第3四半期売上高見通しが予想下回る 供給問題で

米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズが19日に発表した第3・四半期の売上高見通しは市場予想を下回った。中国でのロックダウン(都市封鎖)措置によって供給面のボトルネックが悪化し、半導体製造装置に対する需要への対応が妨げられていることを示唆した。

KKR傘下の旧日立系半導体装置メーカー、6月にも東証上場へ=関係者

米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が、傘下の旧日立系半導体製造装置メーカー、KOKUSAI ELECTRIC(東京都千代田区)を6月にも東証プライム市場へ上場させる方向で調整していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

エヌビディアの第1四半期、予想上回る売上高見通し 第4四半期は増益

米半導体大手・エヌビディアは16日、第1・四半期の売上高が81億ドルになるとの見通しを示した。データセンター向け需要の堅調を背景に、アナリスト予想(72億9000億ドル)よりも強気な見通しを示した。

エヌビディアの第1四半期、予想上回る売上高見通し 第4四半期は増益 

米半導体大手エヌビディアは16日、第1・四半期の売上高が81億ドルになるとの見通しを示した。データセンター向け需要の堅調を背景に、アナリスト予想(72億9000億ドル)よりも強気な見通しを示した。

UPDATE 2-米国株式市場=続伸、ハイテク株買われナスダック大幅高

(出来高などを追加しました) [7日 ロイター] - 米国株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルス の新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念が後退し、ハイテク株への買いがナスダック 総合を押し上げた。 インテルは自動運転技術を開発するモービルアイの株式を2022年に米国 で上場させる計画を好感して3%上昇。フィラデルフィア半導体指数は一時5%超 の大幅高となった。 オミクロン株を巡る前向きなニュースも支援材料となった。 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)はこの日の取引開始前に、 米Virバイオテクノロジーと共同開発した...

NY市場サマリー(7日)株式続伸、為替はリスク通貨が上昇

<為替> 豪ドルなどのリスク通貨が上昇した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念が後退したほか、中国の流動性促進策が寄与した。

中国企業のイタリア事業買収認めず、ドラギ政権で3例目

イタリアのドラギ首相は23日、中国企業が絡むイタリア事業の買収を阻止する決定を下した。中国企業による買収案件の阻止は2月のドラギ政権発足後3例目。

米アプライド、第1四半期見通しが市場予想下回る 株価下落

米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズは18日、市場予想を下回る第1・四半期の収益見通しを発表した。半導体不足によりサプライチェーン(供給網)が停滞しているとした。発表を受けて株価は時間外取引で約6.7%下落した。

NY市場サマリー(25日)S&P・ナスダック最高値、利回り上昇

<為替> ドルがほぼ横ばい。市場では米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でのパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容に関心が集まっている。

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値、半導体・金融銘柄に買い

米国株式市場は、半導体や金融銘柄に買いが入り、S&P総合500種とナスダック総合が終値ベースで再び最高値を更新した。リスク選好を覆すマイナス要因が見当たらない中、主要3指数はそろって上昇した。

米アプライド、第4四半期売上高見通しが予想上回る 半導体装置好調

米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズが19日発表した第4・四半期の売上高見通しが市場予想を上回った。世界的な半導体不足を背景に半導体メーカーが生産能力の増強を図っており、半導体製造装置に対する需要が高まっている。

ホットストック:東京エレクトロンなど半導体関連が軟調、「売り抜け探る」動きも

東京エレクトロンやアドバンテスト、レーザーテックといった半導体関連株が軒並み売られている。世界半導体市場統計(WSTS)が今年と来年の市場拡大予想を発表したことを受け「売り抜けを探る投資家もいるようだ」(国内証券)との見方が出ている。

アングル:半導体が世界的に不足する事情と、大問題になる理由

自動車の納車遅延から家電製品の供給不足、さらには高額スマートフォンに至るまで、世界各地の関連企業や消費者が前代未聞の半導体不足の打撃に直面している。

米アプライド、旧日立系の買収断念 中国の承認得られず

米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズは29日、旧日立製作所系のKOKUSAI ELECTRICを22億ドルで米投資ファンドKKRから買収する計画を断念したと発表した。中国の規制当局の承認が得られなかったという。

ハイテク主導でS&P続落、当局者の楽観的見通しに反応薄

米国株式市場はS&P総合500種が続落。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長とイエレン財務長官が議会証言で米景気回復に楽観的な見通しを示したものの、ハイテク株の下げを食い止めるには至らなかった。

米、中国SMICへの米製品輸出許可手続きが停滞

米政府による中国半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)の事実上の禁輸リスト指定を受け、半導体製造装置メーカーのラム・リサーチやアプライド・マテリアルズなど米企業が政府に申請したSMICへの輸出許可の承認手続きが滞っていることが明らかになった。

米委員会、半導体分野での優位性維持に向け提言 対中輸出管理など

国家安全保障や技術分野の専門家などで構成される米議会の独立委員会は議会に提出する最終報告書で、半導体分野における中国の台頭に対処し、数年後も米国の優位性を維持できるよう、関連技術の輸出管理強化などを提言した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、5日線を下回る 上値重い

<15:55> 日経平均・日足は「上影陰線」、5日線を下回る 上値重い 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「上影陰線」。上ヒゲが示す通り、 上値の重い形状となった。終値(3万0156円03銭=22日)は2日連続で5日移動 平均線(3万0234円00銭=同)を下回り、目先は調整含みの展開が見込まれる。一 方で、75日移動平均線(2万7311円49銭=同)や200日移動平均線(2万43 30円18銭=同)は依然として上向きで、中長期的には上昇トレンドが維持されている 。 <15:30> 新興株市場は反発、WACULは公開価格の4倍...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up