for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アプライド・マテリアルズ

AMAT.O

現在値

59.47USD

変化

1.24(+2.13%)

出来高

5,828,283

本日のレンジ

58.25

 - 

59.85

52週レンジ

36.64

 - 

69.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
58.23
始値
58.28
出来高
5,828,283
3か月平均出来高
162.85
高値
59.85
安値
58.25
52週高値
69.90
52週安値
36.64
発行済株式数
913.00
時価総額
52,778.61
予想PER
14.22
配当利回り
1.52

次のエベント

Q4 2020 Applied Materials Inc Earnings Call

適時開示

その他

Applied Materials Reports Q3 GAAP Earnings Per Share $0.91

Applied Materials Prices $1.5 Bln Of Senior Unsecured Notes

Applied Materials Q2 Non-GAAP Earnings Per Share $0.89

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アプライド・マテリアルズとは

アプライド・マテリアルズ(Applied Materials, Inc.)はグローバル半導体、ディスプレー及び関連産業へ製造機器、サービス及びソフトウェアを提供する。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。半導体システム事業はエッチング、急速熱処理、堆積、化学機械平坦化、計測と検査、ウェーハパッケージングおよびイオン注入のための半導体の資本設備を含む。応用グローバルサービス事業は設備と工場のパフォーマンスと生産性を最適化する統合ソリューションを提供する。ディスプレイ・隣接市場事業はテレビ、パソコン、スマートフォン及びその他の消費者向けの液晶ディスプレイ、有機発光ダイオード、アップグレードとロールツーロールウェブコーティングシステム、及びその他のディスプレイ技術を製造するための製品を含む。法人と他の事業には製品からの収入、太陽光発電セル及びモジュールを製造するために販売される製品の費用、並びに特定の営業費用が含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

3050 Bowers Ave

SANTA CLARA, CA

95054-3299

United States

+1.408.5635300

http://www.appliedmaterials.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Thomas J. Iannotti

Independent Chairman of the Board

James C. Morgan

Chairman Emeritus

Gary E. Dickerson

President, Chief Executive Officer, Director

Daniel J. Durn

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Omkaram Nalamasu

Senior Vice President, Chief Technology Officer

統計

2.07 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

14.5K

2018

17.3K

2019

14.6K

2020(E)

17.1K
EPS (USD)

2017

3.250

2018

4.450

2019

3.040

2020(E)

4.065
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.79
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.24
株価純資産倍率(四半期)
5.51
株価キャッシュフロー倍率
14.84
総負債/総資本(四半期)
56.92
長期負債/資本(四半期)
56.92
投資利益率(過去12カ月)
19.97
自己資本利益率(過去12カ月)
15.94

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:半導体装置関連は軟調、中国SMIC向け米輸出規制を嫌気

東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどの半導体製造関連銘柄は軒並み下落となっている。中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)向けの一部輸出に対して、米政府が規制を課したことが嫌気されている。ロイターが閲覧した米商務省の25日付の通知によると、SMICに特定の機器を輸出する企業は今後、事前に輸出許可を申請することが求められる。

米、中国SMIC向け輸出規制 「軍事利用リスク」理由

米政府が、中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>向けの一部輸出に規制を課したことが、米商務省の通知で明らかになった。同社に輸出された機器が軍事利用される「容認できないリスク」があるためという。

中国SMIC、米政府が禁輸リストへの追加を検討=関係筋

米トランプ政権は中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討している。国防総省高官が4日、明らかにした。

EXCLUSIVE-中国SMIC、米政府が禁輸リストへの追加を検討=関係筋

米トランプ政権は中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討している。国防総省高官が4日、明らかにした。

NY市場サマリー(14日)ドルが10年ぶり8週続落、株は小動き

<為替> ドルが下落した。新型コロナウイルス対策により経済が米国をアウトパフォームしている国の通貨が注目された。ドルは週間で8週連続安となった。

米国株は小動き、景気巡る不透明感強まる 一連の指標で

米国株式市場はまちまち。S&P総合500種<.SPX>は取引時間中に終値の最高値に迫まる場面もあったものの、朝方発表された一連の経済指標を受け景気回復を巡る不透明感が強まる中、ほぼ横ばいで終了した。

ホットストック:半導体関連が軟調、インテルのさえない業績見通しを嫌気

半導体関連が軟調に推移している。東京エレクトロン、信越化学工業は一時2%超、アドバンテストは一時3%超それぞれ下落した。米半導体大手インテルがさえない業績見通しを発表し時間外取引で下落したことなどが嫌気されている。SCREENホールディングス、SUMCO、ルネサスエレクトロニクスなども売られている。

UPDATE 2-米インテル、通期業績見通し示さず 「先行き不透明」

米半導体大手インテルが23日発表した第1・四半期決算は、在宅勤務の増加を受けて半導体需要が大きく伸びた。ただ、第2・四半期の1株利益見通しは市場予想を下回った。同社はまた、新型コロナウイルスの大流行を受けて経済の先行き不透明感が著しく高まっているため、新たな通年業績見通しは公表しないとした。

米政府の規制強化案は「残念」=ファーウェイ

の幹部は7日、同社への半導体供給を制限する米政府の計画について「残念だ」とコメントした。

米アプライド・マテリアルズ、第2四半期業績予想を取り下げ

米半導体製造装置メーカーのアプライド・マテリアルズ<AMAT.O>は23日、第2・四半期の業績予想を取り下げると発表した。新型コロナウイルス感染拡大でサプライチェーンと製造業務が影響を受けているため。

米アプライド・マテリアルズ、第2四半期の業績が予想上回る見通し

米半導体製造装置メーカーのアプライド・マテリアルズ<AMAT.O>は12日、第2・四半期の売上高と利益が市場予想を上回るとの見通しを示した。

ホットストック:半導体関連が堅調、米SOX指数2%高 米中合意への期待で

半導体関連株が堅調。東京エレクトロン、アドバンテストは2%超高。SCREENホールディングス。SUMCOは一時3%超高、ルネサスエレクトロニクスは買い気配となっている。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが対円で1週間ぶり高値に上昇。米中通商協議を巡る前向きな報道で、リスク選好度が高まった。

米国株式市場は3指数が最高値、米中協議の進展期待膨らむ

米国株式市場は続伸し、主要3指数がいずれも終値での最高値を更新した。米中通商協議を巡り「第1段階」の合意が近いとの期待が高まったほか、複数の買収合意が市場心理を支えた。

NY市場サマリー(25日)

米国株式市場: <金先物> 米中貿易協議の進展期待を背景としたリスク選好の流れに押され、下落した。12月物の 清算値は前週末比6.70ドル(0.46%)安の1オンス=1456.90ドルと、中心限月としては約 2週間ぶりの低水準。 オブライエン米大統領補佐官は23日、米中両国が年内に貿易協議「第1段階」の最終合意に至る可能 性は依然としてあるとの見解を表明。また、中国政府が24日、知的財産権の侵害に対する罰則を強化する 方針を示したことで、米国側が望む構造問題の解決に向けた前進があったとの楽観ムードも広がった。 さらに、中国共産党機関紙傘下...

東証続伸、上値は重く薄商い

東京株式市場で日経平均は続伸。前週末の米国株式市場で主要3指数が最高値を更新したことや、香港ハンセン指数<.HSI>がしっかりした動きとなったことなどが安心感を誘った。ただ、日本は国内企業の決算発表が一巡した中、積極的な買い材料も乏しく、東証1部の売買代金は節目の2兆円を割り込むなど売買は盛り上がらなかった。

ホットストック:半導体関連株がしっかり、東京エレクは年初来高値更新

半導体関連株がしっかり。東京エレクトロンが年初来高値を更新し、アドバンテスト、SCREENホールディングス、ロームが堅調。信越化学工業、SUMCO、ルネサスエレクトロニクスはプラス圏で推移している。半導体・ディスプレー製造装置の米アプライド・マテリアルの第1・四半期の売上高および利益見通しが市場予想を上回ったことが引き続き好感されている。同社の株価は前日比8.95%高で15日の取引を終えた。

NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが下落した。米中通商協議を巡る楽観的な見方を背景に、ユーロやポンドなど貿易関連の材料で変動しやすい通貨が上昇した。

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

米国株式市場は主要3株価指数が最高値を更新。米中通商合意を巡る楽観論が追い風になったほか、ヘルスケア株の大幅上昇が寄与した。

日経平均は3日ぶり反発、高値警戒感和らぎショートカバー

東京株式市場で日経平均は3日ぶり反発。直近の下げで高値警戒感が和らぎ、買い戻しや押し目買いが入った。ドル安/円高に振れていた為替相場が落ち着いたことや、香港ハンセン指数がプラス圏で推移したことも安心感を誘った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up