for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.

AMD.O

現在値

97.93USD

変化

0.00(-0.00%)

出来高

140,561,028

本日のレンジ

89.65

 - 

98.71

52週レンジ

67.02

 - 

99.23

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
97.93
始値
93.44
出来高
140,561,028
3か月平均出来高
873.24
高値
98.71
安値
89.65
52週高値
99.23
52週安値
67.02
発行済株式数
1,215.02
時価総額
110,603.40
予想PER
42.29
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Advanced Micro Devices Inc Earnings Release

適時開示

その他

AMD Reports Q2 EPS $0.58

AMD Says UK's Competition And Markets Authority Issued Approval Of Merger With Xilinx

CMA Says Not To Refer Advanced Micro Devices/Xilinx Merger Inquiry To Phase 2 Investigation

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.とは

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices Inc)は、世界的な半導体企業である。【事業内容】製品は、パーソナルコンピュータ(PC)、ゲーム、データセンターなどの市場向けのx86マイクロプロセッサ(CPU)、アクセラレート・プロセッシング・ユニット(APU)、ディスクリート・グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)、セミカスタム・システムオンチップ(SOC)製品、チップセットなどがある。セグメントには、コンピューティング・グラフィックス事業とエンタープライズ・エンベデッド・セミカスタム事業がある。コンピューティング・グラフィックス事業は、主にデスクトップ及びノートブック用プロセッサ及びチップセット、ディスクリート及びインテグレーテッド・グラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)、データセンター及びプロフェッショナル用GPU、開発サービスが含まれる。エンタープライズ・エンベデッド・セミカスタム事業は、主にサーバおよび組み込み用プロセッサ、セミカスタムSoC製品、開発サービス、ゲーム機向け技術などが含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

2485 Augustine Dr

SANTA CLARA, CA

95054-3002

United States

+1.408.7494000

https://www.amd.com/en

エグゼクティブリーダーシップ

John Edward Caldwell

Independent Chairman of the Board

Lisa T. Su

President, Chief Executive Officer, Director

Devinder Kumar

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Treasurer

Mark D. Papermaster

Chief Technology Officer and Executive Vice President - Technology and Engineering

Richard A. Bergman

Executive Vice President, Computing and Graphics Business Group

統計

2.24 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

6.5K

2019

6.7K

2020

9.8K

2021(E)

14.8K
EPS (USD)

2018

0.460

2019

0.640

2020

1.290

2021(E)

2.173
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.49
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.29
株価純資産倍率(四半期)
15.66
株価キャッシュフロー倍率
29.17
総負債/総資本(四半期)
4.43
長期負債/資本(四半期)
4.43
投資利益率(過去12カ月)
57.38
自己資本利益率(過去12カ月)
39.69

最新ニュース

最新ニュース

米AMD、第2四半期は予想超え 強気の売上高見通しで株価上昇

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が27日に発表した第2・四半期決算は、売上高と利益が予想を上回った。データセンターやゲーム機向け半導体の需要拡大を見込み、第3・四半期の売上高についても市場予想を上回る見通しを示した。

インテルとTI、需要見通し対照的 半導体他社の決算に注目

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)とインテルが直近決算発表時に示した需要見通しは対照的な内容だった。投資家は26日からの週に予定されている他の半導体メーカーの企業決算で今後の需要動向を見極める必要がある。

米インテル、印リライアンス・ジオと5G技術で協力

米半導体大手インテルは21日、インドのリライアンス・インダストリーズ傘下のリライアンス・ジオと高速通信規格「5G」ネットワーク技術の開発で協力すると発表した。

米半導体AMD、第1四半期は93%増収 需要堅調で通年見通し上げ

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が発表した第1・四半期決算は、売上高が93%増の34億5000万ドルと、市場予想の32億1000万ドルを上回った。

インテル、第2四半期利益見通しが市場予想下回る 株価下落

米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

インテル、第2四半期利益見通しなどが市場予想下回る 株価下落

米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

コラム:インテル、時間稼ぎ狙った賭けに潜む落とし穴

米半導体大手インテルは、企業として目指す姿をこれから数年がかりで決めるという賭けに出ようとしている。同社は23日、最先端半導体を自社だけでなく同業者にも供給するため、生産拡大への投資を強化すると発表。台湾積体電路製造(TSMC)や韓国サムスン電子などライバルからの部品購入も増やすと表明した。

米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導体需要好調

米半導体大手エヌビディアは24日、第1・四半期(2─4月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲーム機器やデータセンター向けのグラフィックス用半導体需要が強いと見込む。

米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導体需要好調

米半導体大手エヌビディアは24日、第1・四半期(2─4月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲーム機器やデータセンター向けのグラフィックス用半導体需要が強いと見込む。

米アプライド、堅調な第2四半期売上高見込む 半導体装置の需要増加

米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズは18日、第2・四半期の売上高が市場予想を上回るとの見通しを示した。世界的な半導体不足を背景に、半導体装置への需要が上向いている。

アップルなどハイテク企業の決算に注目=今週の米株式市場

25日に始まる週の米株式市場では、アップルやマイクロソフト、フェイスブックを始めとするハイテク企業の決算が焦点になりそうだ。最近の市場では、経済再開への期待から銀行やエネルギー株が買われ、ハイテク株やグロース株は押され気味だったが、決算の内容次第ではハイテク株が市場の主導権を取り戻す可能性もある。

ファーウェイから分離の低価格スマホ、大手半導体メーカーと契約

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)から分離した低価格スマートフォン事業会社「HONOR(オナー)」は22日、米インテルやクアルコムなど大手半導体メーカーから供給を受ける契約を結んだと発表した。

インテル、台湾TSMCにグラフィックス半導体製造委託=関係筋

米インテルは第2世代のパソコン用ディスクリート・グラフィックスチップ「DG2」の製造を台湾積体電路製造(TSMC)に委託することを計画している。関係者2人がロイターに述べた。

米サード・ポイント、インテルに事業見直し要求

アクティビスト(物言う株主)として知られる米ヘッジファンドのサード・ポイントが米半導体大手インテルに戦略上の選択肢を模索するよう求めたことが、ロイターが確認した書簡で分かった。半導体の設計と製造の双方を手掛けることが適切かどうかなど見直しを求めている。

マイクロソフト、半導体を自社設計へ サーバーやPCに=関係筋

米マイクロソフトが、クラウドサービス向けのサーバーとパソコンの「サーフェス」に、自社で設計・開発したCPU(中央演算処理装置)を搭載する計画を進めていることが分かった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

NY市場サマリー(27日)ドル下落、米株まちまち

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが下落。前日の上げや株安を背景に利食い売りが出た。新型コロナウイルスの感染第2波への懸念や米大統領選を巡る不安がくすぶる中、ドルは円や資源通貨などに対して値下がりした。

米株まちまち、追加策協議の行き詰まりが重し

米国株式市場はまちまちで終了した。軟調な企業決算に加え、米大統領選前の追加経済対策実現の観測が後退したことで、ダウとS&Pが下落した一方、ナスダックは主要情報技術企業の決算発表を控えやや上昇した。

米AMD、ザイリンクスを350億ドルで買収 インテルとの競争激化

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>は27日、同業のザイリンクス<XLNX.O>を350億ドルで買収することで合意したと発表した。今後はデータセンター向け半導体市場で、ライバルであるインテル<INTC.O>との競争がさらに激しさを増しそうだ。

米ザイリンクス、10─12月期売上高見通しが市場予想上回る

米半導体ザイリンクス<XLNX.O>は21日、第3・四半期(10─12月)の売上高が市場予想を上回るとの見通しを示した。

ホットストック:半導体関連が堅調、米SOX指数は史上最高値更新

SUMCO、SCREENホールディングス、アドバンテスト、東京エレクトロンなどの半導体関連は堅調。前週末の米国株市場で、半導体ザイリンクスは14.1%高となり、半導体指数が史上最高値更新となったことが好感されている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、競合大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)がザイリンクス買収に向け協議を進めており、買収額は300億ドル強に上る可能性があるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up