for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.

AMD.O

現在値

75.15USD

変化

2.70(+3.73%)

出来高

71,669,107

本日のレンジ

72.03

 - 

75.20

52週レンジ

54.57

 - 

132.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
72.45
始値
72.26
出来高
71,669,107
3か月平均出来高
1,280.37
高値
75.20
安値
72.03
52週高値
132.96
52週安値
54.57
発行済株式数
1,612.36
時価総額
116,815.20
予想PER
20.66
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2023 Advanced Micro Devices Inc Earnings Release

適時開示

その他

Advanced Micro Devices Says As We Enter 2023, Expect Overall Demand Environment To Remain Mixed With The H2 Stronger Than H1 - CEO

Advanced Micro Devices Inc Sees FY 2023 Non-GAAP Revenue Data Center And Embedded Segments Expected To Grow Y/Y

AMD Q4 revenue USD 5,599 million vs. estimate USD 5,500 million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.とは

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices Inc)は、世界的な半導体企業である。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。コンピューティングとグラフィックスセグメントには、主にデスクトップ及びノートブック用マイクロプロセッサ、マイクロプロセッサとグラフィックスを統合した高速処理ユニット、チップセット、ディスクリートグラフィックス処理ユニット(GPU)、データセンター及び業務用GPU、開発サービスなどが含まれる。また、知的財産(IP)ポートフォリオの一部を売却またはライセンス供与することもある。エンタープライズ、エンベデッド及びセミカスタムセグメントでは、主にサーバー及び組み込み用プロセッサ、セミカスタム・システムオンチップ(SoC)製品、開発サービス、ゲーム機向け技術などがあり、IPポートフォリオの一部も販売またはライセンス供与されることがある。マイクロプロセッサの顧客は、主に相手先ブランド名製造(OEM)、大手パブリッククラウドサービスプロバイダー、相手先ブランドによる設計製造(ODM)、システムインテグレーター、独立系ディストリビューターで構成される。

業種

Semiconductors

連絡先

2485 Augustine Drive

SANTA CLARA, CA

95054

United States

+1.408.7494000

https://www.amd.com/en

エグゼクティブリーダーシップ

Lisa T. Su

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Jean Hu

Chief Financial Officer

Mark D. Papermaster

Chief Technology Officer and Executive Vice President - Technology and Engineering

Richard A. Bergman

Executive Vice President, Computing and Graphics Business Group

Darren Grasby

Executive Vice President, Chief Sales Officer, President of AMD EMEA

統計

1.98 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

9.8K

2021

16.4K

2022

23.6K

2023(E)

24.7K
EPS (USD)

2020

1.290

2021

2.790

2022

3.500

2023(E)

3.580
株価売上高倍率(過去12カ月)
43.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.12
株価純資産倍率(四半期)
2.14
株価キャッシュフロー倍率
21.90
総負債/総資本(四半期)
4.52
長期負債/資本(四半期)
4.52
投資利益率(過去12カ月)
6.58
自己資本利益率(過去12カ月)
5.73

最新ニュース

最新ニュース

米AMDの第4四半期、売上高が予想上回る 株価上昇

[31日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が31日発表した第4・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。同社が競合インテルに猛追しているとの投資家期待が高まった。

米AMD、第1四半期売上高見通しが予想下回る

[31日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が31日示した第1・四半期の売上高見通しは市場予想を下回った。パソコン(PC)需要の低迷やデータセンター市場の減速が重しとなる見通し。

米インテル、AMDにシェア奪われ失速 年内の回復目指す

[オークランド(米カリフォルニア州)/バンガロール 27日 ロイター] - 米半導体大手インテルは、弱い第1・四半期業績見通しが市場に衝撃を与える中、今年中にバランスを回復すると表明した。

UPDATE 2-インテル、第1四半期は赤字予想 株価引け後急落

[26日 ロイター] - 米半導体大手・インテルは26日、第1・四半期が赤字となる見通しを示した。パソコン市場の低迷やデータセンター向けの減速が重しとなっており、市場予想を下回る低調な業績見通しを受けて株価は時間外取引で9.5%急落した。

世界のPC市場、23年後半に回復見込み=IDC報告

調査会社IDCとカナリスは、世界のパソコン(PC)出荷台数は2023年後半から伸び、システムの更新需要がある24年に成長が加速する可能性が高いとの報告を発表した。

焦点:アジア株、昨年の外国人売越額が2008年以降で最大を記録

アジア7カ国・地域の株式市場は、昨年の外国人投資家による売越額が570億ドルと、2008年の世界金融危機以降で最大を記録した。米金利上昇に伴ってドル建て資産に資金が流出したためだ。台湾、インド、フィリピン、ベトナム、タイ、インドネシア、韓国の各証券取引所のデータで明らかになった。

バイデン氏、TSMCのアリゾナ工場訪問 米製造業の復活強調

[フェニックス(米アリゾナ州)6日 ロイター] - バイデン米大統領は6日、半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)のアリゾナ工場を訪れた。

TSMCがアリゾナで第2工場建設へ、投資3倍増の400億ドル

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は6日、米アリゾナ州で既に建設中の工場に加えてもう1つ工場を建設すると明らかにした。投資額を従来計画比3倍超の400億ドルに拡大し、年間収入100億ドルを見込む。

UPDATE 1-TSMCがアリゾナで第2工場建設へ、投資3倍増の400億ドル

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は6日、米アリゾナ州で既に建設中の工場に加えてもう1つ工場を建設すると明らかにした。投資額を従来計画比3倍超の400億ドルに拡大し、年間収入100億ドルを見込む。

TSMC、アリゾナ新工場で4ナノ計画 アップル要請受け=通信社

[1日 ロイター] - 半導体受託生産分野で世界首位の台湾積体電路製造(TSMC)は、アップルを含む米国顧客の要請を受け、2024年の開設を予定するアリゾナ州の新工場では先端の回路線幅4ナノメートル半導体を提供する方針だ。通信社ブルームバーグ・ニュースが1日に伝えた。

AMD製車載チップ、アイシンが採用 新型自動駐車システム向けに

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)は16日、同社製の車載用マイクロプロセッサーについて、トヨタ自動車系の部品大手アイシンに採用されたと発表した。

米エヌビディア、8─10月売上高が予想上回る データセンター需要で

米半導体大手エヌビディアが16日発表した第3・四半期(8─10月)売上高は59億3000万ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想(57億7000万ドル)を上回った。クラウドサービスの普及を背景にデータセンター向け製品が好調だった。

米エヌビディア、8─10月売上高が予想上回る データセンター需要で

米半導体大手エヌビディアが16日発表した第3・四半期(8─10月)売上高は59億3000万ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想(57億7000万ドル)を上回った。クラウドサービスの普及を背景にデータセンター向け製品が好調だった。

米クアルコム、10━12月売上高見通しが予想下回る スマホ需要弱く

[2日 ロイター] - 米半導体大手クアルコムは2日、スマートフォン販売の急減を受け、2023年第1・四半期(10━12月)の売上高が92億─100億ドルになるという見通しを示した。市場予想を少なくとも20億ドル下回った。

米AMD、業績見通し低調 市場はデータセンター事業の底堅さ好感

[1日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が1日発表した第4・四半期と通年の売上高見通しは市場予想を下回った。パソコン(PC)需要の低迷が逆風になっているが、データセンター部門は底堅い見通しを示し、株価は時間外で上昇した。

米AMDの第3四半期、予想下回る着地 見通しも低調 

[1日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が1日発表した第3・四半期決算は、29%の増収だった。第4・四半期と通年の売上高見通しは、パソコン(PC)需要の低迷を背景に市場予想よりも低調になりそうだとした。

台湾半導体産業、中台・米中の緊張が深刻な試練=TSMC会長

[新竹(台湾) 19日 ロイター] - 半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の劉徳音会長は19日、台湾と中国、そして米国と中国の間の緊張の高まりは半導体業界にとって「より深刻な」試練となっているとの見方を示した。

NY市場サマリー(10日)株式続落、ドル上昇

<為替> ドルが4日続伸した。今週発表される米インフレ指標待ちとなっている。一方、英ポンドはイングランド銀行(英中央銀行)が国債市場安定化策の長期国債買い入れ措置の上限倍増を発表したものの4日続落した。

米国株式市場=続落、ハイテク株が安い 追加利上げ巡る懸念根強い

10日の米国株式市場は続落。米政府による中国向け半導体製造装置輸出規制の強化を嫌気し、ハイテク株や半導体株の売りが膨らんだ。また投資家の間では、中銀の利上げ継続に伴う影響への懸念が根強い。

欧州株式市場=小幅続落、成長懸念や地政学リスクの高まりで

欧州株式市場は小幅続落。週内に始 まる企業決算シーズンを控え慎重姿勢となったほか、金利上昇見通しや 地政学的な緊張の高まりが投資家心理を圧迫した。 STOXX欧州600種は一時プラス圏に浮上する場面も あったものの、最終的には下げに転じ、4営業日続落となった。 ウクライナの首都キーウやリビウなど複数の都市が10日朝、ロシ ア軍によるミサイル攻撃を受けたことで、地政学的な懸念が強まった。 クリミア半島とロシア本土とを結ぶクリミア大橋で8日起きた爆発の報 復との見方が出ている。 オーバル・マネーのオンラインサービス責任者マイケル・ベイカー...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up