for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ・インク

AMD.O

現在値

50.93USD

変化

1.16(+2.33%)

出来高

57,722,501

本日のレンジ

49.90

 - 

51.05

52週レンジ

19.02

 - 

51.05

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
49.77
始値
50.20
出来高
57,722,501
3か月平均出来高
1,102.86
高値
51.05
安値
49.90
52週高値
51.05
52週安値
19.02
発行済株式数
1,113.63
時価総額
55,425.24
予想PER
80.00
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Advanced Micro Devices Inc Earnings Release

適時開示

その他

Advanced Micro Devices Awarded Contract To ASC Networks

AMD Reports Q3 Non-GAAP Earnings Per Share $0.18

AMD, Microsoft Announce Microsoft Surface Laptop 3

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ・インクとは

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices, Inc.)はグローバルな半導体会社である。【事業内容】同社は、スタンドアロンデバイスとして、またはアクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット(APU)に組み込まれているx86マイクロプロセッサ、アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット、サーバーと組み込みプロセッサー、セミカスタム・システムオンチップ(SoC)製品およびゲームコンソール用の技術を提供する。同社は2つの事業区分により構成される。コンピューティングとグラフィックス事業には、主にデスクトップおよびノートブックプロセッサーおよびチップセット、ディスクリートGPUおよびプロフェッショナルグラフィックスが含まれる。企業・エンベデッド・セミカスタム事業には、主にサーバおよびエンベデッド・プロセッサ、セミカスタムSoC製品、開発サービス、ゲーム機向け技術、および知的財産ポートフォリオのライセンス部分が含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

2485 Augustine Dr

+1.408.7494000

https://www.amd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Edward Caldwell

Independent Chairman of the Board

Lisa T. Su

President, Chief Executive Officer, Director

Devinder Kumar

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Treasurer

Darren Grasby

Senior Vice President, Chief Sales Officer, President of AMD EMEA

Mark D. Papermaster

Executive Vice President, Chief Technology Officer - Technology and Engineering

統計

2.55 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

4.3K

2017

5.3K

2018

6.5K

2019(E)

6.7K
EPS (USD)

2016

-0.140

2017

0.170

2018

0.460

2019(E)

0.622
株価売上高倍率(過去12カ月)
247.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.20
株価純資産倍率(四半期)
25.48
株価キャッシュフロー倍率
131.03
総負債/総資本(四半期)
40.07
長期負債/資本(四半期)
40.07
投資利益率(過去12カ月)
7.58
自己資本利益率(過去12カ月)
4.63

最新ニュース

最新ニュース

今日の株式見通し=もみあいを想定、前日に続いて閑散相場に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。マーケット参加者が少ない上に、方向性を示す材料が見当たらないため、模様眺めとなりそうだ。前日に続いて閑散相場になる可能性が高い。

NY市場サマリー(24日)

<為替> クリスマスの祝日を控え、ドルは対ユーロで小動き。一方、対ドルで5営業日連続で下落していた英ポンドは上向いた。

NY市場サマリー(24日)

<為替> クリスマスの祝日を控え、ドルは対ユーロで小動き。一方、対ドルで5営業日連続で下落し ていた英ポンドは上向いた。 終盤の取引でユーロは対ドルで0.02%安。 主要6通貨に対するドル指数は0.02%高の97.674。 ドル指数は年初から約1.6%上昇。米経済が他の国の経済をアウトパフォームしていることもあり、 リスク回避の姿勢が市場で強まる時はドルが買われる傾向があった。ただ、今月に入り米中が通商交渉で「 第1段階」の合意に達したことを受け、通商問題を巡る緊張が緩和。ドルよりも通商問題に敏感な通貨の方 が選好される傾向が出ている。...

米株はS&Pとダウが下落、薄商いで上昇一服

米国株式市場は、クリスマス休暇を控えた短縮取引の中、S&P総合500種とダウ工業株30種が下落した。米中通商関係の改善に支えられ、最高値を更新してきた上昇基調がこの日は一服した。

米アマゾン、データセンター向け半導体開発

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は3日、データセンターのサーバーに使う、より強力な半導体を設計したと発表した。市場を牛耳る米インテル<INTC.O>とアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>に挑戦を突き付ける。

焦点:米ハイテク企業の決算予想、半導体とソフトウエアで明暗

米ハイテク企業の第3・四半期決算の発表がまもなく本格化する。セクター全体は前年同期比で8%近い減益が予想されているが、セクター内では明暗が分かれる見通しだ。半導体企業の利益が大幅に落ち込む一方、情報技術(IT)関連などは総じて底堅いためだ。

アブダビ政府系ファンド、SBファンド第2弾に出資検討=CEO

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビの政府系ファンド、ムバダラ・インベストメントのハルドゥーン・ハリファ・ムバラク最高経営責任者(CEO)は17日、ソフトバンクグループ<9984.T>が資金調達に苦心している「ビジョンファンド」第2弾への出資を検討しているが、決定には至っていないと述べた。

NY市場サマリー(8日)

<為替> 中国人民銀行(中銀)による人民元の対ドル基準値設定を受けリスク選好が改善し、人民元が上昇した。またドル指数は小幅高で推移した。

米S&P2カ月ぶり大幅高、指標受け貿易巡る懸念が後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>は1日としては約2カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。市場予想を上回る米中の経済指標を受け、貿易を巡る懸念が一部和らいだ。

ダウ急落333ドル安、FRB議長発言で追加利下げ期待後退

米国株式市場は急落。ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>が5月31日以来の大幅な下落率を記録した。連邦準備理事会(FRB)はこの日、10年半ぶりの利下げを決めたが、パウエル議長の発言を受けて追加利下げ期待が後退した。

NY市場サマリー(31日)

<為替> ドルが上昇し、約2年ぶりの高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は予想通り10年ぶりの利下げに踏み切ったものの、パウエルFRB議長が政策決定後の会見で利下げサイクルの始まりではないと強調したことがドルへの追い風となった。

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが横ばいで推移。今週開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な取引が手控えられた。市場は欧州中央銀行(ECB)のイベントやイングランド銀行(英中銀)の政策決定会合などにも注目している。

米株、ハイテク株買われ小幅高 FOMCに注目

米国株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる中、ハイテク株に支えられ小幅高で取引を終了した。

マイクロソフト、次世代「Xbox」の詳細発表

米マイクロソフト<MSFT.O>は9日、次世代「Xbox」コンソール(Project Scarlett)の詳細を発表した。販売は2020年の年末頃に予定されている。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが上昇した。米10年債利回りが1年7カ月ぶりの水準に低下したものの、通商や政治を巡る懸念から安全通貨としてのドルに買いが入った。5月の米CB消費者信頼感指数が堅調だったこともドル買い要因となった。

米株は反落、対中貿易問題の長期化観測が重し

米国株式市場は反落して取引を終えた。早い取引時間帯には上昇したが、対中貿易戦争長期化の可能性が意識され、再びリスク選好意欲の重しとなった。

米AMD、第1四半期は予想上回る データセンター向け販売好調

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>が発表した第1・四半期決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。データセンターやサーバー向けチップの販売増が寄与した。

アングル:S&P500の大幅反発、けん引役はまたもハイテク株

米S&P総合500種株価指数<.SPX>は昨年末の急落後に大幅反発し、現在再び過去最高値に迫ろうとしている。上昇をけん引しているのは、またもやハイテク株だ。

NY市場サマリー(3日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、米中が通商合意に達するとの期待からリスク選好度が改善し、ユーロが対ドルで上昇した。

米株小幅上昇、対中通商合意に期待 半導体株が高い

米国株式市場は小幅上昇して取引を終えた。中国との通商合意期待が強まり、半導体メーカーが上昇して市場のセンチメントを押し上げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up