for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ・インク

AMD.O

現在値

77.67USD

変化

0.24(+0.31%)

出来高

42,480,983

本日のレンジ

77.06

 - 

78.50

52週レンジ

27.43

 - 

78.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
77.43
始値
78.19
出来高
42,480,983
3か月平均出来高
1,287.34
高値
78.50
安値
77.06
52週高値
78.96
52週安値
27.43
発行済株式数
1,174.00
時価総額
90,907.21
予想PER
71.65
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Advanced Micro Devices Inc Earnings Release

適時開示

その他

Advanced Micro Devices Reports Q2 Earnings Per Share $0.13

AMD Reports First Quarter 2020 Financial Results

Advanced Micro Devices - CEO's FY 2019 Total Compensation Was $58.5 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ・インクとは

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices, Inc.)はグローバルな半導体会社である。【事業内容】同社は、スタンドアロンデバイスとして、またはアクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット(APU)に組み込まれているx86マイクロプロセッサ、アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット、サーバーと組み込みプロセッサー、セミカスタム・システムオンチップ(SoC)製品およびゲームコンソール用の技術を提供する。同社は2つの事業区分により構成される。コンピューティングとグラフィックス事業には、主にデスクトップおよびノートブックプロセッサーおよびチップセット、ディスクリートGPUおよびプロフェッショナルグラフィックスが含まれる。企業・エンベデッド・セミカスタム事業には、主にサーバおよびエンベデッド・プロセッサ、セミカスタムSoC製品、開発サービス、ゲーム機向け技術、および知的財産ポートフォリオのライセンス部分が含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

2485 Augustine Dr

SANTA CLARA, CA

95054-3002

United States

+1.408.7494000

https://www.amd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Edward Caldwell

Independent Chairman of the Board

Lisa T. Su

President, Chief Executive Officer, Director

Devinder Kumar

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Treasurer

Mark D. Papermaster

Chief Technology Officer and Executive Vice President - Technology and Engineering

Harry A. Wolin

Senior Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

2.39 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

5.3K

2018

6.5K

2019

6.7K

2020(E)

8.9K
EPS (USD)

2017

0.170

2018

0.460

2019

0.640

2020(E)

1.088
株価売上高倍率(過去12カ月)
153.88
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.89
株価純資産倍率(四半期)
27.50
株価キャッシュフロー倍率
105.95
総負債/総資本(四半期)
20.88
長期負債/資本(四半期)
14.83
投資利益率(過去12カ月)
15.95
自己資本利益率(過去12カ月)
10.17

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(29日)ドル2年ぶり安値、ダウ160ドル高

<為替> ドルが2年ぶりの安値。米連邦公開市場委員会(FOMC)は29日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを全会一致で決定。新型コロナウイルス感染拡大の影響からの景気回復に向け「あらゆる手段」を尽くすとし、必要な限り政策金利をゼロ%近辺にとどめると改めて表明した。[nL3N2F04NR]

ダウ160ドル高、FRBが景気の全力支援を強調

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は160ドル高で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済の回復に向け、「あらゆる手段」を尽くすと再表明したことが相場を後押しした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回り調整長引く可能性も

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回り調整長引く可能性も 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。新たにマド(2万2584円87銭─2万2 646円22銭)を空けて下放れる格好となったほか、25日移動平均線(2万2528円33銭=29日 現在)や一目均衡表の基準線(2万2467円58銭=同)を下回ったことで弱気に一段と傾斜し、調整が 長引く可能性が出てきた。 6月15日の安値2万1529円83銭を起点にした右肩上がりの下値支持線を明確に下回っており、 このまま下押すとリバウンド相場に対する期待が後退しそうなど...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、先駆した銘柄中心に利益確定売り

<15:10> 新興株市場は軟調、先駆した銘柄中心に利益確定売り 新興株市場は軟調に推移。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続落した。市場では「先駆 した銘柄を中心に利益確定売りが先行している。地合いは悪化した感じで、調整が長引く可能性が出てきた 」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ指数は2.42%安となった。フィーチャ が急反落したほか、メルカリ も軟 調、弁護士ドットコム も続落した。半面、ブランジスタ がストップ高に買われたほか、A iming も高い。 ジャスダック指数は2.31%安。米マクドナルドが保有株売却を...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一段安、7月10日以来の安値圏

<14:17> 日経平均は一段安、7月10日以来の安値圏 日経平均は一段安。チャート上で下値めどとみられていた7月27日安値を下抜け、一時2万2366 円34銭まで下落。7月10日以来の安値を付けた。 市場からは「後場に新たなネガティブ材料が出たわけではないが、円高は相変わらず重荷。企業決算も 弱く、新型コロナウイルスの感染拡大や米中関係悪化への懸念を払しょくするには至っていない」(国内証 券)との声が出ていた。 <12:45> 日経平均は下げ幅広げる、引き続き円高が上値抑える要因に 日経平均は後場に入り下げ幅を広げ、前場の安値を下回った...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅広げる、引き続き円高が上値抑える要因に

<12:45> 日経平均は下げ幅広げる、引き続き円高が上値抑える要因に 日経平均は後場に入り下げ幅を広げ、前場の安値を下回った。引き続き円高が上値を抑える要因となっ ている。市場では「キヤノン の決算で国内製造業の厳しさが浮き彫りにされたが、円高でなおのこ と輸出関連株に手を出しにくくなった。好調な情報通信や半導体関連で全体を支え切れていない」(国内証 券)との声が聞かれた。 <11:49> 前場の日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比178円33銭安の2万2479円05銭となり、...

日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比178円33銭安の2万2479円05銭となり、続落した。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数が揃って反落したことや、外為市場で円高が進行したことなどが嫌気され、朝方から売りが先行。一時下げ幅を200円超に拡大した。個別では、決算発表銘柄で選別が見られ、業績予想が弱かったファナック<6954.T>やキヤノン<7751.T>が売られた。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別

<11:49> 前場の日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比178円33銭安の2万2479円05銭となり、続落 した。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数が揃って反落したことや、外為市場で円高が進行したこ となどが嫌気され、朝方から売りが先行。一時下げ幅を200円超に拡大した。個別では、決算発表銘柄で 選別が見られ、業績予想が弱かったファナック やキヤノン が売られた。 ファナックは2021年3月期の連結営業利益が前年比56.4%減に、キヤノンは20年12月期の 連結営業利益が...

NY市場サマリー(24日)米株続落、ドルは下落

<為替> 安全通貨である円が上昇し、4カ月超ぶりの高値を付けた。一方、ドルは売られ、約2年ぶりの安値を形成。新型コロナウイルス感染者の増加継続や米国の新型コロナ対策法案の遅れ、米中間の緊張懸念などを背景に、リスク選好の動きが後退した。

米国株続落、決算やコロナ感染が重し インテル大幅安

米国株式市場は続落して取引を終えた。週末を控える中、軟調な企業決算や新型コロナウイルス感染者の急増、地政学的な不確実性などを背景に幅広く売りが出た。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 外部生産委託拡大も

米半導体大手インテル<INTC.O>は23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅れていると明らかにし、外部への生産委託拡大を検討する方針を示した。これを受け、取引終了後の時間外取引で株価は9%下落した。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 株価9%安

米半導体大手インテルは23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅延していると明らかにした。これを受け、取引終了後の時間外取引でインテル株は9%下落した。

ホットストック:半導体関連が軟調、インテルのさえない業績見通しを嫌気

半導体関連が軟調に推移している。東京エレクトロン、信越化学工業は一時2%超、アドバンテストは一時3%超それぞれ下落した。米半導体大手インテルがさえない業績見通しを発表し時間外取引で下落したことなどが嫌気されている。SCREENホールディングス、SUMCO、ルネサスエレクトロニクスなども売られている。

UPDATE 2-米インテル、通期業績見通し示さず 「先行き不透明」

米半導体大手インテルが23日発表した第1・四半期決算は、在宅勤務の増加を受けて半導体需要が大きく伸びた。ただ、第2・四半期の1株利益見通しは市場予想を下回った。同社はまた、新型コロナウイルスの大流行を受けて経済の先行き不透明感が著しく高まっているため、新たな通年業績見通しは公表しないとした。

米インテル、新たなデータセンター向けプロセッサーなど発表

米半導体大手インテル<INTC.O>は24日、第2世代「Xeon(ジーオン)」などの新たなデータセンター向けプロセッサーと次世代通信網「5G」基地局向け10ナノメートル(nm)チップを発表した。

今日の株式見通し=もみあいを想定、前日に続いて閑散相場に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。マーケット参加者が少ない上に、方向性を示す材料が見当たらないため、模様眺めとなりそうだ。前日に続いて閑散相場になる可能性が高い。

NY市場サマリー(24日)

<為替> クリスマスの祝日を控え、ドルは対ユーロで小動き。一方、対ドルで5営業日連続で下落していた英ポンドは上向いた。

NY市場サマリー(24日)

<為替> クリスマスの祝日を控え、ドルは対ユーロで小動き。一方、対ドルで5営業日連続で下落し ていた英ポンドは上向いた。 終盤の取引でユーロは対ドルで0.02%安。 主要6通貨に対するドル指数は0.02%高の97.674。 ドル指数は年初から約1.6%上昇。米経済が他の国の経済をアウトパフォームしていることもあり、 リスク回避の姿勢が市場で強まる時はドルが買われる傾向があった。ただ、今月に入り米中が通商交渉で「 第1段階」の合意に達したことを受け、通商問題を巡る緊張が緩和。ドルよりも通商問題に敏感な通貨の方 が選好される傾向が出ている。...

米株はS&Pとダウが下落、薄商いで上昇一服

米国株式市場は、クリスマス休暇を控えた短縮取引の中、S&P総合500種とダウ工業株30種が下落した。米中通商関係の改善に支えられ、最高値を更新してきた上昇基調がこの日は一服した。

米アマゾン、データセンター向け半導体開発

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は3日、データセンターのサーバーに使う、より強力な半導体を設計したと発表した。市場を牛耳る米インテル<INTC.O>とアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>に挑戦を突き付ける。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up