for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.

AMD.O

現在値

64.66USD

変化

0.52(+0.81%)

出来高

44,397,257

本日のレンジ

63.48

 - 

65.91

52週レンジ

62.83

 - 

164.46

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
64.14
始値
63.62
出来高
44,397,257
3か月平均出来高
1,677.64
高値
65.91
安値
63.48
52週高値
164.46
52週安値
62.83
発行済株式数
1,614.32
時価総額
110,355.00
予想PER
15.52
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Advanced Micro Devices Inc Earnings Release

適時開示

その他

Advanced Micro Devices Q2 Non-GAAP Earnings Per Share $1.05

Lfg Investment Says On 14 June, Lego Vision Fund Sp Executed Trade Orders To Acquire Shares Of Microsoft Corp

AMD Completes Acquisition Of Pensando Systems, Deal Valued At About $1.9 Billion

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.とは

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices Inc)は、世界的な半導体企業である。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。コンピューティングとグラフィックスセグメントには、主にデスクトップ及びノートブック用マイクロプロセッサ、マイクロプロセッサとグラフィックスを統合した高速処理ユニット、チップセット、ディスクリートグラフィックス処理ユニット(GPU)、データセンター及び業務用GPU、開発サービスなどが含まれる。また、知的財産(IP)ポートフォリオの一部を売却またはライセンス供与することもある。エンタープライズ、エンベデッド及びセミカスタムセグメントでは、主にサーバー及び組み込み用プロセッサ、セミカスタム・システムオンチップ(SoC)製品、開発サービス、ゲーム機向け技術などがあり、IPポートフォリオの一部も販売またはライセンス供与されることがある。マイクロプロセッサの顧客は、主に相手先ブランド名製造(OEM)、大手パブリッククラウドサービスプロバイダー、相手先ブランドによる設計製造(ODM)、システムインテグレーター、独立系ディストリビューターで構成される。

業種

Semiconductors

連絡先

2485 Augustine Drive

SANTA CLARA, CA

95054

United States

+1.408.7494000

https://www.amd.com/en

エグゼクティブリーダーシップ

Lisa T. Su

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Devinder Kumar

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Treasurer

Mark D. Papermaster

Chief Technology Officer and Executive Vice President - Technology and Engineering

Richard A. Bergman

Executive Vice President, Computing and Graphics Business Group

Darren Grasby

Executive Vice President, Chief Sales Officer, President of AMD EMEA

統計

2.02 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

6.7K

2020

9.8K

2021

16.4K

2022(E)

26.2K
EPS (USD)

2019

0.640

2020

1.290

2021

2.790

2022(E)

4.355
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.74
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.11
株価純資産倍率(四半期)
2.00
株価キャッシュフロー倍率
21.53
総負債/総資本(四半期)
5.03
長期負債/資本(四半期)
4.47
投資利益率(過去12カ月)
8.95
自己資本利益率(過去12カ月)
7.98

最新ニュース

最新ニュース

英アーム、次世代データセンター用半導体の設計技術発表

[オークランド(米カリフォルニア州) 14日 ロイター] - ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計大手アームは14日、次世代データセンター向け半導体の設計技術「ネオバースV2」を発表した。高速通信規格「5G」やインターネットにつながる機器によるデータ量の劇的な増加に対応する。

米政権、半導体製造装置・AI半導体の対中輸出規制拡大へ=関係筋

[ワシントン 11日 ロイター] - バイデン米政権は半導体製造装置および人工知能(AI)向け半導体の対中輸出規制の適用対象を来月に広げる計画。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

焦点:米のAI半導体輸出禁止、中国スタートアップ企業に好機か

米国は先週、国内半導体大手エヌビディアとアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)に対して人工知能(AI)向けの主力半導体を中国に輸出することを禁じたが、これがかえって中国のスタートアップ半導体企業に好機をもたらしている──。業界幹部やアナリストが明らかにした。

米の一部半導体の対中輸出停止、大半のハイテク大手に影響=専門家

米半導体大手のエヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が先月末、人工知能(AI)向けの一部半導体の対中輸出を事実上停止するよう米政府から通知されたと発表したことで、専門家からは中国でクラウドコンピューティングや言語などの最先端AI学習処理を手がける大手ハイテク企業の大半に打撃が出る可能性が高いとの見方が出ている。

NY市場サマリー(1日)ドルが140円突破、国債利回り急上昇 S&P5日ぶり小反発

<為替> ドル指数が20年ぶりの高値を更新したほか、ドル/円が1ドル=140円を突破し24年ぶりの高値を付けた。米経済の底堅さを示す経済指標を受け、連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向けて積極的に利上げを行う余地があるとの見方が広がった。

米国株式市場=S&P5日ぶり小反発、米雇用統計を注視

米国株式市場はS&P総合500種が5営業日ぶりに小反発した。2日に米雇用統計の発表を控える中、終盤にかけて買いが強まった。

米、エヌビディアの輸出認可 主力AI半導体の開発完了に向け

[1日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアは1日、同社の人工知能(AI)向け主力半導体の開発完了に必要とされる輸出が米政府に認可されたと発表した。

米、エヌビディアなどのAIチップに対中輸出規制

[31日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアは31日、人工知能(AI)向けの主力半導体2種について、中国への輸出を停止するよう米当局から通知があったと明らかにした。

UPDATE 2-米、エヌビディアなどのAIチップに対中輸出規制

[31日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアは31日、人工知能(AI)向けの主力半導体2種について、中国への輸出を停止するよう米当局から通知があったと明らかにした。

NY市場サマリー(25日)ドル小幅安、利回り上昇後に下げ転換 米株上昇

<為替> 不安定な値動きとなる中、主要通貨に対するドル指数が小幅安。ユーロは安定的に推移した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が26日に行う経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)での講演で、利上げペースについて一段の手がかりを示すか注目されている。

米国株式市場=ナスダック急伸、エヌビディアなどに買い

米国株式市場は半導体大手のエヌビディアなどのハイテク株に買いが入り、ナスダック総合が急伸して終了した。市場ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が26日に経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で行う講演が注目されている。

アングル:クラウド市場に成長鈍化の兆し、米半導体業界に広がる不安

米半導体産業を次に待ち受ける問題は、需要の柱であるクラウドサービスとデータセンターの動向かもしれない。コロナ禍中には消費者がクラウド型娯楽サービスに走り、企業はオフィスのクラウド環境を刷新したが、このセクターに鈍化の兆しが見え始めている。

サウジ政府系ファンド、アルファベットやズームなど米企業株取得

[ドバイ 16日 ロイター] - サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)はアルファベット、ズーム・ビデオ、マイクロソフトなど多数の米企業株を新たに取得し、6月末時点の運用資産残高は時価で約408億ドルに上った。

米で中国対抗半導体法が成立、バイデン氏署名 「一世一代の投資」

[ワシントン 9日 ロイター] - バイデン米大統領は9日、中国に対する競争力向上を目指す国内半導体産業支援法案に署名し、同法が成立した。バイデン大統領は署名式で「米国への一世一代の投資」とし、「未来は米国で作られるようになる」と言明した。

NY市場サマリー(4日)ドル下落・株式まちまち、雇用統計に注目

週間の米新規失業保険申請件数が市場予想を超えて増加し、労働市場の一部が軟調になっている可能性が示されたことで、ドルは下げ足を速めた。

米国株式市場=まちまち、米雇用統計を注視

米国株式市場は、主要株価指数がまちまちで取引を終えた。ハイグロース株が上昇したものの、エネルギー株の下げが相殺した。投資家は米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースを見極めるために雇用統計に注目している。

NY市場サマリー(4日)ドル下落・株式まちまち、雇用統計に注目

<為替> ドルが大半の主要通貨に対し下落した。市場の注目は5日発表の米雇用統 計に向かっている。 週間の米新規失業保険申請件数が市場予想を超えて増加し、労働市場の一部が軟調に なっている可能性が示されたことで、ドルは下げ足を速めた。 終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.704%安の105.720 。 ポンド/ドルは0.19%高の1.2166ドル。イングランド銀行(英中央 銀行)は4日、政策金利を1.25%から0.5%ポイント引き上げ1.75%とした。 インフレ高進に対処するため27年ぶりの大幅利上げに踏み切った。 ただ、インフレ...

米AMD、7─9月期売上高見通しが予想下回る データセンター向け好調

米半導体大手、アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が2日発表した第3・四半期売上高見通しは、アナリスト予想をやや下回った。先行き不透明感が示されたとして投資家の一部から懸念の声が上がった。

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けた動き。

米AMD売上高見通しの中心が予想下回る、第2四半期業績はしっかり

米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が2日発表した第3・四半期売上高見通しの中心値は、アナリスト予想をやや下回った。一方、第2・四半期の売上高と実質1株利益は予想を超えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up