for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.

AMD.OQ

現在値

96.28USD

変化

-6.19(-6.04%)

出来高

16,640,609

本日のレンジ

95.71

 - 

104.22

52週レンジ

72.77

 - 

164.44

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
102.47
始値
100.00
出来高
16,640,609
3か月平均出来高
2,292.11
高値
104.22
安値
95.71
52週高値
164.44
52週安値
72.77
発行済株式数
1,620.51
時価総額
152,716.70
予想PER
21.39
配当利回り
--

次のエベント

Advanced Micro Devices Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

AMD Reports Q1 Non-GAAP EPS $1.13

AMD Announces New $8 Billion Share Repurchase Authorization

AMD Board Of Directors Announces New Appointments

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Advanced Micro Devices, Inc.とは

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices Inc)は、世界的な半導体企業である。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。コンピューティングとグラフィックスセグメントには、主にデスクトップ及びノートブック用マイクロプロセッサ、マイクロプロセッサとグラフィックスを統合した高速処理ユニット、チップセット、ディスクリートグラフィックス処理ユニット(GPU)、データセンター及び業務用GPU、開発サービスなどが含まれる。また、知的財産(IP)ポートフォリオの一部を売却またはライセンス供与することもある。エンタープライズ、エンベデッド及びセミカスタムセグメントでは、主にサーバー及び組み込み用プロセッサ、セミカスタム・システムオンチップ(SoC)製品、開発サービス、ゲーム機向け技術などがあり、IPポートフォリオの一部も販売またはライセンス供与されることがある。マイクロプロセッサの顧客は、主に相手先ブランド名製造(OEM)、大手パブリッククラウドサービスプロバイダー、相手先ブランドによる設計製造(ODM)、システムインテグレーター、独立系ディストリビューターで構成される。

業種

Semiconductors

連絡先

2485 Augustine Dr

SANTA CLARA, CA

95054-3002

United States

+1.408.7494000

https://www.amd.com/en

エグゼクティブリーダーシップ

Lisa T. Su

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Devinder Kumar

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Treasurer

Mark D. Papermaster

Chief Technology Officer and Executive Vice President - Technology and Engineering

Richard A. Bergman

Executive Vice President, Computing and Graphics Business Group

Darren Grasby

Executive Vice President, Chief Sales Officer, President of AMD EMEA

統計

2.23 mean rating - 44 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

6.7K

2020

9.8K

2021

16.4K

2022(E)

26.4K
EPS (USD)

2019

0.640

2020

1.290

2021

2.790

2022(E)

4.403
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.09
株価純資産倍率(四半期)
2.76
株価キャッシュフロー倍率
35.46
総負債/総資本(四半期)
3.23
長期負債/資本(四半期)
2.67
投資利益率(過去12カ月)
9.88
自己資本利益率(過去12カ月)
8.80

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=大幅安、ウクライナ危機巡る不安で

米国株式市場は大幅に下落して取引を終えた。ウクライナ危機を巡る不安が高まり、前日に続き金融株の売りが目立った。

NY市場サマリー(1日)株式大幅安、ドルに安全買い

<為替> ロシアによるウクライナに対する攻撃が激化しする中、ユーロが対ドルで2020年6月以来の安値を付けたほか、ロシアルーブルが不安定な取引の中で下落した。

米インテル、デスクトップ向けグラフィックスチップの発売延期

米半導体大手インテルは17日、デスクトップ向け独立型グラフィックスチップの発売を第2・四半期に延期すると発表した。ノート型パソコン向けは予定通り第1・四半期にリリースされるという。

コラム:半導体業界のM&A頓挫、当局のレッドライン示す

半導体業界の買収に規制当局はレッドライン(超えてはならない一線)を引いているようだ。英半導体設計大手アームや独シルトロニックの買収破談は、半導体業界での再編の動き以上に、業界の貴重な技術の実情を物語っている。

英アーム、新CEOにルネ・ハース氏

ソフトバンクグループの英半導体設計子会社アームは8日、ルネ・ハース氏を最高経営責任者(CEO)兼取締役に起用すると発表した。

今日の株式見通し=弱含み、米メタの時間外での下落が重し 押し目買いが支え

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は弱含みの展開が想定されている。前日の米国株式市場では主要3指数がそろって上昇したが、引け後に決算を発表した米IT大手メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)が時間外取引で大幅安となり、東京でも相場の重しになりそうだ。ただ、企業業績は全般的に堅調との見方が優勢で、下値では押し目買いが支えになるとみられている。

NY市場サマリー(2日)株式4日続伸、ドル下落

<為替> ADP民間雇用統計が軟調だったことで、ドルが下落した。ただ連邦準備理事会(FRB)が3月15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切るとの見方は変わっていない。

米国株式市場=4日続伸、アルファベットやAMDの好決算追い風

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。グーグルの親会社アルファベットや半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が前日発表した好決算を追い風に、4営業日続伸となった。

NY市場サマリー(2日)株式4日続伸、ドル下落

<為替> ADP民間雇用統計が軟調だったことで、ドルが下落した。ただ連邦準備 理事会(FRB)が3月15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み 切るとの見方は変わっていない。 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)と ムーディーズ・アナリティクスが朝方発表した1月の全米雇用報告によると、民間部門雇 用者数は30万1000人減と、市場予想の20万7000人増に反して減少した。減少 は2020年12月以来約1年ぶり。新型コロナウイルスの感染再拡大による企業活動の 混乱が響いた。 終盤の取引...

米国株式市場=4日続伸、アルファベットなど好決算が追い風

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。グ ーグルの親会社アルファベットや半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AM D)が前日発表した好決算を追い風に、4営業日続伸となった。 アルファベットは第4・四半期売上高が過去最高となったほか、1対20 の株式分割を発表したことを好感して買われた。マーケッツ・ドット・コムのチーフマー ケットアナリスト、ニール・ウィルソン氏は株式分割について、個人投資家にとって同社 株の魅力が高まると指摘した。 AMDも上昇。同社が示した2022年の売上高見通しはアナリスト予想を 上回った。  ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、年初来高安の半値戻し視野に

日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7533円60銭。前日にパラボリックが前日に陽転しており、地合いは改善してきている。1月5日高値(2万9388円16銭)から同27日安値(2万6044円52銭)への下落の半値戻し(2万7716円34銭)が視野に入ってきた。上昇に弾みがつけば、25日移動平均線(2万8009円28銭=2日)を試す局面も意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は4日続伸、グロース株買い戻しが継続

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに4日続伸した。マザーズは終値で心理的節目800ポイントを回復した。米国市場でグロース(成長)株の比率が高いナスダック総合が上昇し、時間外取引で同指数の先物も堅調に推移したことで投資家心理が支援された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場も高値圏、ナスダック先物の堅調推移が支援

日経平均はきょうの高値圏での推移を継続している。良好な決算を発表した銘柄を中心に堅調な値動き。米株先物もナスダック100Eミニ先物がしっかり推移しており「投資家の安心感につながっている」(国内証券)という。連日の上昇を受けて「買い遅れた投資家の買いも入ってきているようだ」(別の国内証券)との声も聞かれた。

前場の日経平均は続伸、米株高が支援 個別物色も活発化

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比419円12銭高の2万7497円60銭と、4日続伸した。前日の米国株式市場で主要3指数が続伸した流れを引き継いだほか、時間外取引の米ナスダック先物の底堅い値動きも支援した。個別では、引き続き好決算銘柄の物色が活発化した。

米AMD、2022年の堅調な売上高見通し示す 株価上昇

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は1日、2022年の売上高が約215億ドルになりそうだと発表した。アナリスト予想以上に堅調な数字を示したことから、株価は時間外取引で約11%上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経一時400円超高、ナスダック先物高が支援 安心感広がる

日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比405円59銭高の2万7484円07銭で高値をつける場面があった。足元では350円超高の2万7400円台前半でのもみあい。時間外取引のナスダック先物は1%超高での推移となっており、日経平均の値がさハイテク株にとって追い風となっている。

寄り付きの日経平均は続伸、一時300円超高 米株先物が支援

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比224円51銭高の2万7302円99銭と4日続伸した。その後も上げ幅を拡大し、一時300円超高となり2万7400円に接近した。

米AMD、2022年の堅調な売上高見通し示す 株価上昇

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は1日、2022年の売上高が約215億ドルになりそうだと発表した。アナリスト予想以上に堅調な数字を示したことから、株価は時間外取引で約11%上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、年初来高安の3分の1戻しを一時回復

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7078円48銭。1月5日高値(2万9388円16銭)から同27日安値(2万6044円52銭)への下落の3分の1戻し(2万7159円07銭)を一時上回ったが、引けにかけて押し戻された。買いの勢いが続いておらず、上ヒゲは長い。一方、5日移動平均線(2万6795円89銭=1日)を維持。半値戻し(2万7716円34銭)の水準を回復し、上昇に弾みがつくかが焦点。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続伸、米ナスダック高が投資家心理を支援

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日続伸した。米国市場でグロース(成長)株の比率が高いナスダック総合が上昇する中、投資家心理が支援され、自律反発ねらいの買いが継続した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up