for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アムジェン・インク

AMGN.O

現在値

229.70USD

変化

5.57(+2.49%)

出来高

4,251,215

本日のレンジ

222.06

 - 

230.57

52週レンジ

166.68

 - 

244.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
224.13
始値
225.00
出来高
4,251,215
3か月平均出来高
72.46
高値
230.57
安値
222.06
52週高値
244.99
52週安値
166.68
発行済株式数
588.25
時価総額
135,120.40
予想PER
14.75
配当利回り
2.79

次のエベント

Amgen Inc at Jefferies Healthcare Conference (Virtual)

適時開示

その他

FDA Grants Fast Track Designation For Omecamtiv Mecarbil In Heart Failure

Amgen Announces Positive Top-Line Results From Otezla® Phase 3 Advance Study In Mild-To-Moderate Plaque Psoriasis

Amgen Inc Says Kyprolis Patents Upheld Against Generic Manufacturer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アムジェン・インクとは

アムジェン(Amgen Inc.)はバイオテクノロジー会社である。【事業内容】同社は多様なヒト治療法を発見・開発・製造・提供する。同社はヒト治療事業を運営する。同社の製品ポートフォリオはNeulasta(ペグフィルグラスチム)、Aranesp(ダルベポエチンアルファ)・EPOGEN(エポエチンアルファ)等の赤血球産生促進剤(ESAs)、Sensipar/Mimpara(シナカルセット)、XGEVA(デノスマブ)、Prolia(デノスマブ)及びNEUPOGEN(フィルグラスチム)、並びにKYPROLIS(カルミゾミブ)、Vectibix(パニツムマブ)、Nplate(ロムリプスチム)、Repatha(エボロクマブ)、BLINCYTO(ブリナトモマブ)、IMLYGIC(タルミモジュラーラパーパープ)、Corlanor(イバブラジン)など他の市販製品を含む。同社は腫瘍/血液学、心臓血管疾患および神経科学の分野における重篤な疾患の治療のためのヒト治療法を提供し、反復性片頭痛治療用Erenumab、骨髄異形成症候群治療用Aranesp、急性リンパ芽球性白血病治療用BLINCYTOおよび転移性メラノーマ治療用IMLYGICを含むフェーズⅢの製品候補を提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

1 Amgen Center Dr

THOUSAND OAKS, CA

91320-1730

United States

+1.805.4471000

http://www.amgen.com

エグゼクティブリーダーシップ

Robert A. Bradway

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Peter H. Griffith

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Murdo Gordon

Executive Vice President of Global Commercial Operations

David M. Reese

Executive Vice President - Research and Development

Esteban Santos

Executive Vice President, Operations

統計

2.24 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.8K

2018

23.7K

2019

23.7K

2020(E)

25.4K
EPS (USD)

2017

12.580

2018

14.400

2019

14.820

2020(E)

15.570
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.64
株価純資産倍率(四半期)
14.24
株価キャッシュフロー倍率
13.14
総負債/総資本(四半期)
335.77
長期負債/資本(四半期)
316.37
投資利益率(過去12カ月)
15.18
自己資本利益率(過去12カ月)
12.21

最新ニュース

最新ニュース

米欧保健当局と製薬16社、新型コロナ薬・ワクチン開発で連携

米国立衛生研究所(NIH)は17日、米欧保健当局と医薬品大手16社が新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の開発で連携すると発表した。

焦点:新型肺炎、新薬開発の中国投資熱に冷や水

新型コロナウイルスの感染拡大が、中国で活発化していた新薬臨床試験の妨げになり始めた。中国が持つさまざまな潜在力を利用しようと、これまで数十億ドルを投資してきた世界的な大手製薬会社にも、誤算が生じかねない事態だ。

米アムジェン、今後10年は成長の25%がアジアから=CEO

米バイオ医薬品大手アムジェン<AMGN.O>のロバート・ブラッドウェー最高経営責任者(CEO)は13日、ロイターとのインタビューで、今後10年で販売の伸びのうち、アジア市場が最大25%を占めるようになるとの見通しを明らかにした。

米株は最高値更新、米中貿易摩擦の緩和や強い中国指標で

米国株式市場は最高値を更新して取引を終えた。米中貿易摩擦が緩和したほか、中国の経済指標が強い内容となり、投資家心理が改善した。

スイス製薬大手ノバルティス、米メディシンズを97億ドルで買収へ

スイス製薬大手ノバルティス<NOVN.S>は24日、米バイオ医薬品メディシンズ<MDCO.O>を約97億ドルで買収すると発表した。心血管疾病治療薬の強化が狙い。

コラム:中国の「富裕化・肥満化・老化」で稼ぐ世界的製薬企業

お金持ちになるのは嬉しいが、肥満と老化は避けたいものだ。しかし世界的な製薬企業にとっては3つそろうのが好ましく、急速に人口動態が変化する中国で順調に売り上げを伸ばしている。例えば米メルク<MRK.N>は第3・四半期の中国での売上高が前年同期比84%も伸びた。3つの要因に加え、製薬企業におおむね好意的な中国政府の政策方針も追い風となっており、少なくとも中国国内のライバル企業が台頭してくるまでこの潮流は続きそうだ。

米アムジェン、中国バイオ企業に27億ドル出資

米医薬品大手アムジェン<AMGN.O>は31日、中国のバイオテクノロジー会社、百済神州(ベイジーン)<6160.HK>の株式20.5%を現金約27億ドルで取得すると発表した。

NY市場サマリー(26日)

トランプ米大統領は主要7カ国(G7)首脳会議の合間に、中国から通商交渉再開に向けた申し入れがあったことを明らかにした上で、通商協議を再開する方針を表明、合意の実現に期待感を示した。

NY市場サマリー(9日)

<為替> 安全資産と見なされる円やスイスフランが上昇。米中貿易摩擦を巡る懸念に加え、イタリアでの政局不安、世界的に低調な経済指標が逃避買いを誘う中、円は対ドルで一時7カ月ぶり高値を更新した。

米国株は反落、トランプ氏発言で貿易懸念が再燃

米国株式市場は反落。トランプ大統領の米中貿易協議に関する発言を受けて、摩擦悪化を巡る懸念が再燃した。

米製薬業界団体がトランプ氏と会合、薬価引き下げ法案に反対表明

米製薬会社の業界団体である米国研究製薬工業協会(PhRMA)は25日、トランプ米大統領と会合し、処方薬の価格引き下げに向けた超党派の上院法案に反対する意向を伝えたと発表した。

米連邦地裁判事、TV広告で処方薬の薬価公表求める規則は「無効」

米首都ワシントンにある連邦地裁の判事は8日、製薬会社に処方薬のテレビ広告で薬価を表示するよう義務付ける新規則は無効との考えを示し、予定されていた9日からの規則実施を差し止めた。

米ナスダック調整入り、フェイスブックなどハイテク株に売り

米国株式市場ではナスダック総合<.IXIC>が1.6%下落し、調整局面入りが確認された。米当局による反トラスト規制を警戒してアルファベット<GOOGL.O>、フェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などハイテク大手が売られた。

NY市場サマリー(6日)

カナダ中銀は政策金利を予想通り1.75%に据え置くとともに、国内外の経済が減速する中、追加利上げの時期を巡り「不透明性が増大」したとの認識を示した。

米国株式市場は3日続落、ヘルスケア・エネルギー株が安い

米国株式市場は3営業日続落して取引を終えた。S&P総合500種は1カ月ぶりの大幅な下落率を記録した。ヘルスケア株やエネルギー株が売られたほか、年初から市場が大きく上昇してきたことから投資家の間で様子見ムードが広がった。

製薬28社、1月に米薬価引き上げを計画 凍結解除へ

30社近くの製薬会社が来年1月に米国の医薬品価格引き上げを計画していることが、ロイターが入手した文書で明らかになった。トランプ政権による批判を受けて凍結していた値上げを再開する。

アングル:米中間選挙、影響を受けるトランプ政策と注目銘柄

6日の中間選挙の結果は今後の米政府政策に幅広い影響を及ぼし、その波紋はヘルスケアからハイテク、刑務所運営会社までさまざまな業種に広がりそうだ。

マイランと協和キリン富士バイオ、ヒュミラの後続品でEUの承認取得

後発医薬品(ジェネリック医薬品)大手の米マイランと協和キリン富士フイルムバイオロジクスは20日、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会から、米製薬大手アッヴィの関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」のバイオ後続品(バイオシミラー)を販売する承認を取得したと発表した。

アングル:北朝鮮の核攻撃に備え、米放射線治療薬の開発急ぐ

北朝鮮と米国の間で核戦争の危険性が高まる中、米国防総省は、企業と協力して急性放射線症候群(ARS)の効果的な治療薬開発に向けて動き出した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up