for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アマゾン・ドット・コム・インク

AMZN.O

現在値

3,217.41USD

変化

26.92(+0.84%)

出来高

2,189,551

本日のレンジ

3,127.37

 - 

3,224.05

52週レンジ

2,330.00

 - 

3,554.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,190.49
始値
3,136.28
出来高
2,189,551
3か月平均出来高
75.24
高値
3,224.05
安値
3,127.37
52週高値
3,554.00
52週安値
2,330.00
発行済株式数
504.32
時価総額
1,660,037.00
予想PER
59.06
配当利回り
--

次のエベント

Amazon.com Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Amazon.Com Files Preliminary Prospectus Supplement Related To Eight-Part U.S. Dollar Denominated Notes Offering, Size Undisclosed

GOP Lawmakers Urge Probe Of Amazon's Pursuit Of Pentagon Contract - WSJ

Buffett and Munger criticize rise of Robinhood; Berkshire shareholder proposals fail

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アマゾン・ドット・コム・インクとは

アマゾン・ドット・コム(Amazon.com Inc)は自社のウェブサイトを通じて、製品とサービスを提供する。【事業内容】製品には、ベンダーやサードパーティの売り手から再販のために購入する商品とコンテンツが含まれる。また、電子デバイスの製造・販売も行う。北米、国際、アマゾンウェブサービス(AWS)の3つの事業セグメントを通じて運営する。AWS製品には、「analytics」、「Amazon Athena」、「Amazon CloudSearch」、「Amazon EMR」、「Amazon Elasticsearch Service」、「Amazon Kinesis」、Apache Kafka向けの「Amazon Managed Streaming」、「Amazon Redshift」、「Amazon QuickSight」、「AWS Data Pipeline」、「AWS Glue」、「AWS Lake Formation」を含む。AWSソリューションには、機械学習、分析、データレイク、モノのインターネット、サーバーレスコンピューティング、コンテナ、エンタープライズアプリケーション、ストレージが含まれる。更に、広告などのサービスを提供する。また、無料配送、映画やテレビ(TV)エピソードのストリーミングへのアクセスを含むメンバーシッププログラムであるAmazon Primeも提供する。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

410 Terry Ave N

SEATTLE, WA

98109-5210

United States

+1.206.2661000

https://www.amazon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jeffrey P. Bezos

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Brian T. Olsavsky

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Andrew R. Jassy

Chief Executive Officer of Amazon Web Services

Jeffrey A. Wilke

Chief Executive Officer - Worldwide Consumer

David A. Zapolsky

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.65 mean rating - 49 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

232.9K

2019

280.5K

2020

386.1K

2021(E)

490.6K
EPS (USD)

2018

20.140

2019

23.010

2020

41.830

2021(E)

55.697
株価売上高倍率(過去12カ月)
62.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.96
株価純資産倍率(四半期)
16.06
株価キャッシュフロー倍率
30.64
総負債/総資本(四半期)
66.94
長期負債/資本(四半期)
65.82
投資利益率(過去12カ月)
15.34
自己資本利益率(過去12カ月)
9.84

最新ニュース

最新ニュース

米国防総省、アマゾンの訴訟抱えるクラウド事業打ち切りを検討=WSJ

米国防総省は、総額100億ドルのクラウド事業「JEDI」の打ち切りを検討している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が10日伝えた。

米NBC、Gグローブ賞中継見送り 差別的体質に批判拡大

米NBCテレビは10日、アカデミー賞の前哨戦とされるゴールデン・グローブ賞の2022年授賞式を中継しないと明らかにした。同賞を巡っては、主催者の倫理面や人種的多様性を巡り反発が高まっていた。

アマゾン、サステナビリティー債で10億ドル調達 環境改善に投資

米アマゾン・ドット・コムは10日、同社初のサステナビリティー債を発行し、10億ドルを調達した。再生可能エネルギーやクリーンな輸送手段、より環境に配慮した建物などに投資する。

アマゾン、インドでプライムデー開催見合わせ 深刻なコロナ禍で

米アマゾン・ドット・コムは7日、深刻な新型コロナウイルス感染第2波に見舞われているインドについて、今年は恒例の有料会員向けネット通販セール「プライムデー」開催を見合わせた。広報担当者が7日に明らかにした。

NY市場サマリー(6日)ドル下落、ダウ最高値

<為替> ドルが下落し3日ぶりの安値を付けた。世界的にリスク選好度が改善した。投資家は7日発表の4月米雇用統計に注目している。

米株はダウが最高値、失業保険統計を好感 製薬は軟調

米国株式市場はダウ工業株30種が終値で最高値を更新。週間の米新規失業保険申請件数の改善が追い風となった。一方、バイデン米大統領が新型コロナワクチン特許の一時放棄に支持を表明したことを受け、ファイザーやモデルナなどワクチンメーカーの株価は下落した。

NY市場サマリー(6日)ドル下落、ダウ最高値

<為替> ドルが下落し3日ぶりの安値を付けた。世界的にリスク選好度が改善した 。投資家は7日発表の4月米雇用統計に注目している。 ドル指数は終盤で0.34%安の90.948。 4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸び予想が70万人─200万人超と なっている。OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は、伸びが150 万人を超えれば米債利回りが上昇し一時的にドルの支援材料になると述べた。 一方、英中央銀行(イングランド銀行)は6日、予想通り政策を維持した上で、今年 の英経済成長率はほぼ第2次世界大戦以来の大幅な伸びになるとし...

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想をやや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。

米国株式市場でダウ最高値更新、ナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種が終値ベースで過去最高値を更新した。ゴールドマン・サックス、キャタピラー、シェブロンなどが買われ、ダウを押し上げた。ナスダック総合は大型テクノロジー株が下落する中、当初の上げから反転し、マイナス圏で終了した。

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想を やや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)と ムーディーズ・アナリティクスが5日に発表した4月の全米雇用報告は、民間部門雇用者 数が74万2000人増加し、7カ月ぶりの大幅増となった。ただ、ロイターがまとめた エコノミスト予想の80万人増には届かなかった。 また、米供給管理協会(ISM)が5日発表した4月の非製造業総合指数(NMI) は62.7と、過去最高だった前月の63...

米株はナスダック急落、ハイテク株売りで

米国株式市場はナスダック総合が急落した。金利上昇懸念や雇用統計を巡る不透明感を受け、時価総額の大きな成長株を売り、ディフェンシブ銘柄に資金をシフトする動きが広がった。

NY市場サマリー(4日)ナスダック急落でドルに安全買い、利回り低下

<為替> 株安を受けたリスク選好度の低下を反映し、ドルが2週間ぶり高値を付けた。イエレン米財務長官が、経済の過熱を防ぐために金利は上昇する必要があるとの考えを示したこともドルの支援要因となった。

NY市場サマリー(3日)ドル下落、ハイテク株売られるもダウとS&P上昇

<為替>  ドルが主要通貨バスケットに対し下落。失望を誘う米指標や米債利回りの低下がドルを圧迫した。日本や中国、英国が祝日だったことで、薄商いとなった。

米ダウやS&P上昇、ハイテク株は軟調

米国株式市場では、ダウ工業株30種はS&P総合500種指数が上昇。おおむね底堅い企業決算が買いの手掛かりとなった。一方、大型ハイテク株を含むグロース株には売りが出て、ナスダック総合指数は軟調だった。

NY市場サマリー(30日)ドル高・株安、利回り低下

<為替> ドルが上昇。好調な米経済指標が追い風になったほか、ドルショートポジションに対する利益確定の動きが出た。一方、ドルは月間で2.1%下落し、昨年12月以来の大幅な下げを記録した。

米株は下落、アップルなどに売り

米国株式市場はアマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、グーグルの持ち株会社アルファベットなどに売りが出て、下落して終了した。

米アマゾン、第1四半期は過去最高益 今後も成長続く見通し

米ネット通販大手アマゾン・ドットコムが29日に発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルス禍でオンライン販売が引き続き好調となり、4四半期連続の過去最高益となった。売上高も市場予想を上回った。

S&P最高値、好決算のフェイスブック買われる

米国株式市場は主要株価3指数が反発。S&P総合500種は終値ベースの最高値を更新した。堅調な決算を発表したフェイスブックの上昇が支援した。引け後に決算を発表したアマゾン・ドット・コムも時間外取引で値上がりした。

NY市場サマリー(29日)米債利回りとドル上昇、S&P最高値

S&Pの主要11セクターでは通信サービスが2.75%高と上げを主導 。フェイスブック、アルファベットの上昇が目立った。 アップルは0.07%安。28日発表した第2・四半期(3月27日まで)決算は、 iPhoneやMac(マック)の販売好調を背景に売上高と利益がそろって市場予想を 上回ったものの、株価はさえなかった。 アマゾンは時間外で4%上昇。第1・四半期決算は、新型コロナウイルス禍でオンラ イン販売が引き続き好調となり、4四半期連続の過去最高益となった。売上高も市場予想 を上回った。 米国株式市場: <金先物> 米長期金利の上昇を背景...

米アマゾン、第1四半期売上高が予想上回る ネット販売好調

米ネット通販大手アマゾン・ドットコムが29日に発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルス禍でオンライン販売が引き続き好調となり、売上高が市場予想を上回った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up