for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アマゾン・ドット・コム・インク

AMZN.O

現在値

2,954.91USD

変化

-53.82(-1.79%)

出来高

8,892,580

本日のレンジ

2,905.54

 - 

3,037.80

52週レンジ

1,626.03

 - 

3,552.25

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,008.73
始値
3,031.74
出来高
8,892,580
3か月平均出来高
103.95
高値
3,037.80
安値
2,905.54
52週高値
3,552.25
52週安値
1,626.03
発行済株式数
500.89
時価総額
1,507,042.00
予想PER
95.72
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Amazon.com Inc Earnings Release

適時開示

その他

Tonal Announces $110 Million In New Capital

Hyatt Hotels Says New Collaboration Between Hyatt's Exhale Brand And Amazon Halo

Amazon Appoints Ex-NSA Chief Keith Alexander To Board

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アマゾン・ドット・コム・インクとは

アマゾン・ドット・コム(Amazon.com Inc)は自社のウェブサイトを通じて、製品とサービスを提供する。【事業内容】製品には、ベンダーやサードパーティの売り手から再販のために購入する商品とコンテンツが含まれる。また、電子デバイスの製造・販売も行う。北米、国際、アマゾンウェブサービス(AWS)の3つの事業セグメントを通じて運営する。AWS製品には、「analytics」、「Amazon Athena」、「Amazon CloudSearch」、「Amazon EMR」、「Amazon Elasticsearch Service」、「Amazon Kinesis」、Apache Kafka向けの「Amazon Managed Streaming」、「Amazon Redshift」、「Amazon QuickSight」、「AWS Data Pipeline」、「AWS Glue」、「AWS Lake Formation」を含む。AWSソリューションには、機械学習、分析、データレイク、モノのインターネット、サーバーレスコンピューティング、コンテナ、エンタープライズアプリケーション、ストレージが含まれる。更に、広告などのサービスを提供する。また、無料配送、映画やテレビ(TV)エピソードのストリーミングへのアクセスを含むメンバーシッププログラムであるAmazon Primeも提供する。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

410 Terry Ave N

SEATTLE, WA

98109-5210

United States

+1.206.2661000

http://www.amazon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jeffrey P. Bezos

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Brian T. Olsavsky

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Andrew R. Jassy

Chief Executive Officer of Amazon Web Services

Jeffrey A. Wilke

Chief Executive Officer - Worldwide Consumer

David A. Zapolsky

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.71 mean rating - 48 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

177.9K

2018

232.9K

2019

280.5K

2020(E)

368.1K
EPS (USD)

2017

4.560

2018

20.140

2019

23.010

2020(E)

31.612
株価売上高倍率(過去12カ月)
115.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.68
株価純資産倍率(四半期)
20.45
株価キャッシュフロー倍率
41.72
総負債/総資本(四半期)
69.19
長期負債/資本(四半期)
67.62
投資利益率(過去12カ月)
9.28
自己資本利益率(過去12カ月)
5.91

最新ニュース

最新ニュース

米国株、3週連続で下落 ハイテク株の売り続く

米国株式市場は続落。ハイテク株が3日連続で売られ、アップル<AAPL.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、アルファベット<GOOGL.O>の下げが目立った。

NY市場サマリー(18日)主要株価指数が3週続落、円は7週ぶり高値

欧州ではフランスでも感染が急拡大。OANDA(ニューヨーク)のシニア市場アナ リスト、エドワード・モヤ氏は、新型ウイルス感染再拡大を巡る懸念が増大していること で「リスク回避」の姿勢が高まっていると指摘。「欧州諸国はウイルスとの戦いで今は負 けているように見える」とし、「経済活動の再開については失望的なニュースが増えてお り、リスク選好の重しとなる」と述べた。 ユーロは対ドルでほぼ横ばいの1.1851ドル。ただ対円では過去5日間 で4日下落した。終盤の取引でユーロ/円は123.90円。 ドル/円は一時104.27円まで下落し、7月31日以来...

米アップル、インドでオンライン販売を23日開始

米アップル<AAPL.O>は18日、インドでオンラインストアを23日に開設すると発表した。ヒンドゥー教のお祝いで、小売業は年間で最大のセールスを展開する時期にあたる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、デジタル関連銘柄が買われる

  <15:42> 新興株市場は小反発、デジタ ル関連銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小反発し た。「菅新政権の政策への期待から、デジタル関連やオンライン診療などの医療関連の銘 柄が買われた」(国内ネット証券)という。 個別銘柄では、グローバルウェイ 、KIYOラーニング 、ユナイト アンドグロウ などが高い。半面、バンク・オブ・イノベーション 、トゥ エンティーフォーセブン は値下がりした。 <15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド   日経平均・日足...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド

<15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。投資家の気迷い心理を表してい る。5日移動平均線(2万3433円88銭=18日)で上値が抑えられた一方、底堅さ も意識されている。 25日移動平均線(2万3205円12銭=同)、75日移動平均線(2万2769 円82銭=同)は右肩上がりで、中長期の上昇トレンド維持を示唆している。「日足一目 均衡表で『雲』が切り上がっていることも考えれば、下値不安は小さく、上方向に期待が 持てそうだ」(ストラテジスト)との声も聞かれる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、日本株「下値不安小さい」との見方

<14:07> 日経平均は小幅高、日本株「下値不安小さい」との見方 日経平均は小幅高。日本が4連休前で、新規の手掛かり材料も出ていない。2万33 00円台半ばで小動きとなっている。 国内メディアの世論調査で菅義偉政権に対する高い支持率が示されたことは、株式市 場の安心感につながっているという。市場からは「積極的な買い材料ではないが、デジタ ル庁の創設や携帯電話料金の引き下げなど目を引く政策もある。日本株の下値不安は小さ い」(ファンドマネジャー)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は小反発、4連休前で見送られ売買代金1兆円割...

前場の日経平均は小反発、4連休前で見送られ売買代金1兆円割れ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比6円63銭高の2万3326円00銭となり、小反発。前日の米株は下落したが、為替相場が落ち着いたことなどから、相場全般は堅調な始まりとなり、その後も底堅さを感じさせる展開。ただ、4連休控えとあって見送り気分が強く、上値に対しても慎重で小動きに終始した。前場の東証1部売買代金は1兆円を割り込んだ。

「真の」眼鏡型端末の市場投入は5─10年先=米フェイスブック幹部

米フェイスブックの拡張現実(AR)開発責任者であるマイケル・アブラッシュ氏は17日、ロイターに対し、スマートフォンと代替できるような「真の」眼鏡型端末が市場投入されるまでには5─10年程度を要するとの認識を示した。

今日の株式見通し=続落、米株安と円高を嫌気 4連休前の手控えムード

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続落の展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場でハイテク関連株の売りが継続した流れや、円高基調を嫌気し、朝方から売り優勢の展開になるとみられる。加えて、日本はあすから4連休となるため積極的な売買は手控えられ、薄商いとなりそうだ。

NY市場サマリー(17日)ドル/円7週ぶり安値、米株下落

フォード・モーターも3.7%高。ミシガン工場で、主力ピックアップトラック「F150」の 新モデル生産を開始したと発表した。 米国株式市場: <金先物> ドルの上昇に伴う割高感などに圧迫され、4営業日ぶりに反落。中心限月12月物の清算 値(終値に相当)は前日比20.60ドル(1.05%)安の1オンス=194 9.90ドル。 NY貴金属: <米原油先物> 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラ ス」が減産順守の姿勢を改めて強調したことなどを受けて、3日続伸。米国産標準油種WTIの中心限月 10月物の清算値...

米株下落、ハイテク株の売り継続 失業保険申請は高止まり

米国株式市場は下落。ハイテク関連株の売りが継続し、アマゾン<AMZN.O>やアップル<AAPL.O>などの下げが相場を圧迫した。朝方発表された新規失業保険申請件数の高止まりが続いていることも嫌気された。

米国株式市場=下落、ハイテク株の売り継続 失業保険申請は高止まり

米国株式市場は下落。ハイテク関連株の 売りが継続し、アップルやアマゾンなどの下げが相場 を圧迫した。朝方発表された新規失業保険申請件数の高止まりが続いて いることも嫌気された。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27901.98 -130.40 -0.47 27834.1 28056.7 27647.9 8 9 3  前営業日終値 28032.38 ナスダック総合 10910.28 -140.19 -1.27 10796.0 10974.4 10783.8 5 5 1  前営業日終値 11050.47 S&...

アリババと中国移動、監視カメラ大手に出資検討 米禁輸対象=関係筋

は、米政府の禁輸リストに掲載された監視カメラ設備大手、浙江大華技術(ダーファ)<002236.SZ>に30億元(4億4300万ドル)を出資することを検討している。

米公聴会でグーグルに厳しい追及、ネット広告での支配的地位巡り

米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルの幹部は上院司法委員会の反トラスト小委員会が15日に開いた公聴会に遠隔で出席し、広告事業について議員らの厳しい追及を受けた。特に、ネット広告での支配的地位を乱用して利益を得ているかどうかが焦点となった。

欧州はクラウド市場で敗北、戦い続けるべき=マクロン仏大統領

フランスのマクロン大統領は14日、欧州はクラウドコンピューティングの国際競争に「敗れた」が、戦いを再開する必要があるとの認識を示した。

バイトダンス、TikTok米事業は売却せずオラクルとの提携目指す=関係者

中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は13日、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業について、売却はせずに、米ソフトウエア大手オラクル<ORCL.N>とのパートナーシップ締結を目指すことを決めた。事情に詳しい関係者がロイターに語った。

米アマゾンが10万人追加採用へ、今年の国内雇用計画第4弾

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は14日、今年の国内雇用計画第4弾として、さらに10万人の人員を採用すると発表した。新型コロナウイルス流行に伴う電子商取引需要の拡大ペースに合わせる。

NY市場サマリー(11日)米株軟調、ユーロが3日続伸

<為替> ユーロが対ドルで3日続伸した。欧州中央銀行(ECB)のユーロ高をけん制する動きが乏しかったことで、ユーロ買いが強まった。

米株は軟調、主要指数は2週続落 情報技術株に売り

米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。

EU独自のデジタル課税推進を、国際合意なければ=仏財務相

フランスのルメール経済・財務相は11日、デジタル課税を巡る国際的な合意に向け今後数カ月以内に進展がなければ、欧州連合(EU)は独自のデジタル課税導入を来年早々にも進めるべきだと述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up