for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アバクロンビー・アンド・フィッチ・カンパニー

ANF.N

前日終値

17.95USD

変化

-0.04(-0.22%)

出来高

338,350

本日のレンジ

17.82

 - 

18.28

52週レンジ

13.59

 - 

30.62

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
17.99
始値
17.86
出来高
338,350
3か月平均出来高
55.97
高値
18.28
安値
17.82
52週高値
30.62
52週安値
13.59
発行済株式数
65.69
時価総額
1,130.85
予想PER
23.78
配当利回り
4.45

次のエベント

Q3 2019 Abercrombie & Fitch Co Earnings Release

適時開示

その他

Tommy Hilfiger Appoints Michael Scheiner As Global Chief Marketing Officer

Abercrombie & Fitch Co Reports Q2 Loss Per Share $0.48

Abercrombie & Fitch Declares Quarterly Cash Dividend Of $0.20/Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アバクロンビー・アンド・フィッチ・カンパニーとは

アバクロンビー・アンド・フィッチ(Abercrombie & Fitch Co.)は店舗と直販事業、卸売り、フランチャイズ、ライセンス契約を通じて製品を販売する専門小売業者である。【事業内容】同社は「Abercrombie & Fitch」、「abercrombie kids」等のブランドを含むアバクロンビー事業及び「Hollister」、「Gilly Hicks」というブランドを含むホリスター事業を運営する。同社は「Abercrombie & Fitch」、「abercrombie kids」、「Hollister」、「Gilly Hicks」などのブランドでニットトップ、織物シャツ、グラフィックTシャツ、フリース、セーター、ジーンズ、織物パンツ、ショーツ、アウターウェア、ドレス、水着、男性用、女性用のパーソナルケア用品やアクセサリーなどのアパレル製品を提供する。同社は北米、欧州、アジアおよび中東で事業を展開する。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

6301 Fitch Path

+1.614.2836500

http://www.abercrombie.com

エグゼクティブリーダーシップ

Terry Lee Burman

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Fran Horowitz

Chief Executive Officer, Director

Scott D. Lipesky

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Kristin A. Scott

President - Global Brands

Gregory J. Henchel

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.93 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

3.3K

2018

3.5K

2019

3.6K

2020(E)

3.6K
EPS (USD)

2017

-0.060

2018

0.650

2019

1.150

2020(E)

0.757
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.31
株価純資産倍率(四半期)
1.15
株価キャッシュフロー倍率
4.79
総負債/総資本(四半期)
25.31
長期負債/資本(四半期)
25.31
投資利益率(過去12カ月)
3.24
自己資本利益率(過去12カ月)
2.46

最新ニュース

最新ニュース

ダウ326ドル高、中国が対米貿易協議に期待表明

米国株式市場は主要株価3指数が軒並み1%超上昇。ダウ平均株価<.DJI>は326ドル値上がりして取引を終えた。中国が対米貿易協議への期待を表明したことを受け、景気後退懸念が和らいだ。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対し上昇した。米中が来月に通商協議の再開を検討していると伝わったことを受け、貿易戦争を巡る懸念が後退したことが背景。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

米株市場は続伸、米中通商協議への期待やCPI受け

米国株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議の進展への期待が高まったほか、消費者物価指数(CPI)統計でインフレが抑制されていることが示され、米連邦準備理事会(FRB)が当面金利を据え置くとの見方を裏付ける格好となった。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルが上昇。注目されていた1月の消費者物価指数(CPI)は、総合指数の伸びが前月比で横ばいとなる一方、食品・エネルギーを除くコア指数は5カ月連続で0.2%の伸びを維持した。これを受け米連邦準備理事会(FRB)は利上げを継続するとの見方が広がった。

米空売り銘柄指数が過去最大の上昇率、買い戻し優勢に

26日の米株式市場では、空売り筋の最大の標的となっている銘柄で構成する指数<.TRXUSPMSHRT>が過去最大の上昇率を記録、空売りの買い戻しが全体相場の急反発をけん引したことが示された。

米年末商戦売り上げ、6年ぶり大幅プラス

マスターカードの利用・決済状況をまとめた調査「スペンディング・パルス」によると2018年の米国の年末商戦の売り上げは前年比5.1%増加し8500億ドルを超えた。6年ぶりの大幅な伸びとなった。全米小売業協会は4.3-4.8%増を予想していた。好調な経済と早期の値引きが追い風となった。

米株上昇、米中首脳会談への期待で 週間では数年ぶり大幅高

米国株式市場は上昇。アルゼンチンで開かれている20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ週末に予定される米中首脳会談で、貿易摩擦解消に向けた進展があるとの期待が追い風となった。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが小幅高。前日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を引き続き消化する展開となった。

米国株式市場は小幅下落、テクノロジー・金融株が安い

米国株式市場は小幅下落して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が公表した11月7─8日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、利上げの打ち止め時期を巡る議論が始まったことが分かり、一時は上昇していたものの、テクノロジー株や金融株が売られ、下げに転じた。

米国株はまちまち、米・カナダNAFTA協議合意に至らず

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は下落、S&P総合500は横ばい、ナスダック総合は小幅高でそれぞれ取引を終えた。米国とカナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の2国間協議はこの日、合意に至らず終了した。

米国株式市場は反落、米国の対中関税発動への懸念で

米国株式市場は5営業日ぶり反落。トランプ米大統領が来週9月6日以降に2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税を発動させる考えを示したと伝わる中、貿易摩擦への懸念が再燃した。また、レーバーデーの連休を控え、リスク選好度が低下した。

焦点:ミレニアルに続く「Z世代」に照準、米企業が戦略再構築

米消費関連企業の間で、いわゆる「ミレニアル世代」に続く「Z世代」に目を向ける動きが出てきた。Z世代をうまく購買層に取り込めそうな企業を物色する投資家も登場している。

米貿易赤字、1月は9年ぶり高水準 輸出落ち込む

米商務省が発表した1月の貿易収支によると、赤字が前月比5.0%増の566億ドルと、2008年10月以来約9年ぶりの高水準となった。輸出が落ち込んだ。

米国株式市場は下落、税制改革法案の行方に懸念

米国株式市場は共和党の税制改革法案の行く末に懸念が出ていることで、主要3指数が揃って下落して終了した。

米7月雇用、予想上回る20.9万人増 FRBの引き締め観測高まる

米労働省が発表した7月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万9000人増と、市場予想の18万3000人増を上回る伸びとなった。賃金も5カ月ぶりの大幅増となり、労働市場の引き締まりを示唆した。米連邦準備理事会(FRB)による9月会合でのバランスシート縮小開始の発表を後押ししそうだ。

7月米雇用者数、予想上回る20.9万人増 賃金増ペースも加速

米労働省が発表した7月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万9000人増と、市場予想の18万3000人増を上回る伸びとなった。賃金も5カ月ぶりの大幅増となり、労働市場の引き締まりを示唆した。米連邦準備理事会(FRB)による9月会合でのバランスシート縮小開始の発表を後押ししそうだ。

コラム:米小売り大手の業績回復期待は当て外れか

25日に発表された米小売り大手シアーズ・ホールディングス<SHLD.O>、アバクロンビー・アンド・フィッチ<ANF.N>、ベスト・バイ<BBY.N>の決算は、軒並み堅調な数字となり、小売り大手の業績回復期待が高まった。株式市場では消費関連株が買われ、S&P総合500種とナスダック総合の両指数は終値として過去最高を更新した。

米4月雇用者数、21.1万人増に急加速、失業率10年ぶり低水準

米労働省が発表した4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が21万1000人増加し、伸びは市場予想の18万5000人増を上回るとともに、前月の7万9000人増から大幅に加速した。

米国株が反落、ヘルスケア株に売り

米国株式市場は反落して取引を終えた。投資家は米大統領選後の株価上昇による利益を確定させようとし、ヘルスケア株が売り込まれた。トランプ次期米政権の政策を見極めたいとの思惑も積極的な買いを手控えさせた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up