for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Antofagasta plc

ANTO.L

現在値

853.20GBp

変化

4.60(+0.54%)

出来高

251,727

本日のレンジ

853.00

 - 

866.00

52週レンジ

768.80

 - 

1,026.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
848.60
始値
860.00
出来高
251,727
3か月平均出来高
33.18
高値
866.00
安値
853.00
52週高値
1,026.00
52週安値
768.80
発行済株式数
985.86
時価総額
8,674.56
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Antofagasta PLC Earnings Release

適時開示

その他

Antofagasta Appoints Mauricio Ortiz As CFO

Antofagasta Says Vivianne Blanlot Will Join Nomination And Governance Committee

Antofagasta Plc Posts FY Copper Production Of 770,000 Tonnes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Antofagasta plcとは

アントファガスタ(Antofagasta plc)は輸送事業及び給水業で持分を持つ銅鉱業に従事するチリの会社。【事業内容】同社は鉱業、輸送と水という3セグメントを通じて運営する。同社は子会社、関連会社及びジョイントベンチャーを通じて運営する持株会社。同社は銅鉱業(探査と開発を含む)、貨物の道路運送と鉄道運送及び給水事業を主要活動とする。同社の鉱業オペレーションは金・モリブデン・銀の副産物で銅を生産する。同社は主にチリで業務を展開する。同社はLos Pelambres鉱山、エスペランサ(Esperanza)、El Tesoro鉱山、Michilla鉱山、Antucoya鉱山、探査・評定、鉄道・その他輸送サービス、水利権、及び企業とその他アイテム等の事業部門を有する。

連絡先

Cleveland HSE, 33 King Street

+44.20.78080988

http://www.antofagasta.co.uk

エグゼクティブリーダーシップ

Jean Paul Luksic Fontbona

Non-Executive Chairman

Ivan Arriagada Herrera

Chief Executive Officer

Alfredo Atucha

Chief Financial Officer, Vice President - Finance and Administration

Hernan Menares

Vice President - Operations

Gonzalo Sanchez

Vice President - Sales

統計

2.74 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

3.6K

2017

4.7K

2018

4.7K

2019(E)

4.9K
EPS (USD)

2016

0.390

2017

0.760

2018

0.520

2019(E)

0.523
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.74
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.20
株価純資産倍率(四半期)
1.55
株価キャッシュフロー倍率
6.00
総負債/総資本(四半期)
37.08
長期負債/資本(四半期)
27.13
投資利益率(過去12カ月)
9.44
自己資本利益率(過去12カ月)
7.23

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=上昇、米イラン衝突への不安後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7598.12 +23.19 +0.31 7574.93 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。中東で本格的な衝突が 起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針 を示した。イランは報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「 撃ち合いは今のところ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能 性はある」と述べた。「比較的落ち着いたことから、注目は...

ロンドン株式市場=横ばい、米イランの緊迫化巡る不安後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7574.93 +1.08 +0.01 7573.85 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤はマイナス圏で取引されたもの の、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方から終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与...

ロンドン株式市場=横ばい、石油株さえず EU離脱巡る報道で買いも

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7573.85 -1.49 -0.02 7575.34 ロンドン株式市場は、ほぼ横ばいで取引を終えた。中東の緊張が直近で高まる様子が ないことから買い安心感が広がる一方、原油安に伴い石油株が売られた。英国の欧州連合 (EU)離脱で合意がない場合の準備をやめたと伝わり、国内経済に左右される銘柄は値 を上げた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは0.8%と1.1%そ れぞれ下落した。 ジョンソン英首相の離脱協定案が今週、議会で可決される見込みである中、英政府は...

ロンドン株式市場=反落、中東情勢を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7575.34 -47.06 -0.62 7622.40 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。中東情勢の緊迫で金融株を中心に 幅広い銘柄に売りが出た。 トランプ米大統領はイラクに対して制裁を科すと警告したほか、米軍による先週の空 爆にイランが武力で報復した場合、反撃すると表明した。 原油の値上がりに伴い買われた石油株以外は全部門がマイナス圏で取引された。米中 が第1段階の合意に至るとの期待から世界的に株価が上がっていたが、米イラン間の緊張 が買い意欲に水...

ロンドン株式市場=続伸、石油とたばこ株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7622.40 +18.10 +0.24 7604.30 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米国によるイラクへの空爆を受け原油供 給に影響が出るとの見方から石油株が買われた。タバコ株も値を上げた。 米軍の空爆でイランとイラクの司令官が死亡。地政学的緊張感が高まる中でリスク志 向が弱まり、日中は株価が低迷した。 ただ石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPが1.9%と2.7 %それぞれ上昇し、終盤にかけて相場はプラスに転じた。 たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコ...

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。中国の金 融緩和が好感されたほか、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表し たことで買い安心感が広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手BPとスイスの商品取引・ 資源大手グレンコア、チリ産銅大手アントファガスタは2.0%から3 .1%上昇した。 景気循環株も値を上げた。...

ロンドン株式市場=反発、中国の金融緩和や米中の合意署名日発表で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7604.30 +61.86 +0.82 7542.44 年明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和が好感されたほ か、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表したことで買い安心感が 広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手...

チリの反政府デモ、銅鉱山の操業には概ね影響なし

南米チリでは反政府デモが続いているが、業界関係者によると、国内の銅鉱山は概ね通常通りの操業を維持している。

チリ中部でM6.0の地震、現時点で被害報告なし

米地質調査所(USGS)は4日、チリ中部の沿岸部にあるコキンボ市付近でマグニチュード(M)6.0の地震が発生したと発表した。首都・サンティアゴでも建物が揺れたというが、現時点で被害は報告されていない。

欧州市場サマリー(23日)

フューチャーズ・ファースト・インフォサービシズの金利ストラテジスト、リシ ・ミスラ氏は、同利回りが過去最低水準のマイナス0.70%近辺まで再び下げたとして も驚くべきことではないとしている。 南欧諸国の国債利回りも低下し、イタリア10年債利回りは0.83% と、10bp低下。スペイン10年債利回りも10bp低下の0.14%と なった。 格付け会社S&Pグローバル・レーティングは20日、スペインの格付けを「A- /A─2」から「A/A─1」に引き上げ、見通しを「安定的」とした。ナ ットウエスト・マーケッツの戦略部門グローバル責任者、ジム・マコーミック...

ロンドン株式市場=続落、国債利回り低下で銀行株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7326.08 -18.84 -0.26 7344.92 週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。軟調なドイツの経済指標を受け国 債利回りが低下し、銀行株の重しとなった。 FTSE350種銀行株指数は0.98%低下した。9月のドイツ総合 購買担当者景気指数(PMI)が6年超ぶりに好不況の分かれ目となる50を割り込んだ ことで英国の国債利回りが低下し、銀行株の重しとなった。 米中貿易摩擦の先行き不透明感が漂う中で金属価格が下がり、スイスの商品取引・資 源大手グレンコア...

欧州市場サマリー(15日)

格付け会社ドミニオン・ボンド・レーティング・サービシズ(DBRS)が前週末、 イタリアのソブリン格付けを「BBB(ハイ)」に据え置いたことも材料視された。 フランス、スペイン、ポルトガル国債利回りも5─6bp低下した。 一方、7年債発行を計画しているとの報道を受け、ギリシャの5年債利回り<GR5YT=R R>は3bp、7年債利回りは4.5bpそれぞれ上昇した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1258 1.1279 ドル/円 107.89 107.95 ユーロ/円 121.46...

ロンドン株式市場=反発、中国統計を材料視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7531.72 +25.75 +0.34 7505.97 週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国の統計を受け、世界経済の 鈍化懸念が後退した。 中国の6月の鉱工業生産や小売統計は市場予想を上回った。一方、第2・四半期の国 内総生産(GDP)は27年ぶりの低い伸びだった。 マーケッツ・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏はGDP統計について「悪い ニュースは良いニュースだ。中国の経済成長が比較的に弱かったため、市場は景気刺激策 を求めている」とした。...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。中国政 府が地方の投資を増やす対策を取ったことで鉱業株が買われた。 金属の最大消費国である中国が、地方政府が特別債で調達した資金を主要な投資計画 に充てることを承認。金属が多く使われるインフラ計画に資金が流れ込むとの期待から銅 が値を上げた。これを受けFTSE350種鉱業株指数は2.30%上昇。 個別銘柄ではグレンコアとBHP、リオ・ティント、アントフ ァガスタが2.2%から2.9%値上がりした。 中型株ではウッドフォード・ペイシェント・キャピタル・トラストが7.5 %高と、8営業日ぶりに反発...

ロンドン株式市場=続伸、鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7398.45 +22.91 +0.31 7375.54 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。中国政府が地方の投資を増やす対策を取 ったことで鉱業株が買われた。 金属の最大消費国である中国が、地方政府が特別債で調達した資金を主要な投資計画 に充てることを承認。金属が多く使われるインフラ計画に資金が流れ込むとの期待から銅 が値を上げた。これを受けFTSE350種鉱業株指数は2.30%上昇。 個別銘柄ではグレンコアとBHP、リオ・ティント、アントフ ァガスタが2....

ロンドン株式市場=反落、英EU離脱の延期巡る不透明感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7291.01 -32.99 -0.45 7324.00 ロンドン株式市場は8営業日ぶりに反落して取引を終えた。メイ英首相が欧州連合( EU)離脱(ブレグジット)の期日延期を要請したが、不透明感が依然として残り、金融 株や住宅建設株が売られた。 FTSE350種銀行株指数は0.59%下落した。FTSE350種 住宅建設株指数は1.03%安で3週間超ぶりの大幅下落となり、全体指数 を最も押し下げた。 メイ首相はEUに対し離脱日を6月30日まで延ばすよう要請したが、ロイター...

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 7営業日続伸して取引を終えた。石油と鉱業株が買われ全体 水準を押し上げた。決算が好感されたオンラインスーパー大手オカドも買われ、 日中最高値をつけた。 ロンドン株式相場の続伸期間は2017年5月以来の長さだ。 石油輸出国機構(OPEC)の減産や米国の対イラン・ベネズエラ制裁を背景に原油 が値上がりし、石油株が買われた。また、中国が4月から製造業への減税を実施すると発 表したことで鉱業株も値を上げた。 オカドは5.4%高だった。昨年に主要な配送センターで火事が起きたにもかかわら ず、第1・四半期決算は小売事業の売り上...

ロンドン株式市場=7日続伸、石油と鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7324.00 +24.81 +0.34 7299.19 ロンドン株式市場は7営業日続伸して取引を終えた。石油と鉱業株が買われ全体水準 を押し上げた。決算が好感されたオンラインスーパー大手オカドも買われ、日中 最高値をつけた。 ロンドン株式相場の続伸期間は2017年5月以来の長さだ。 石油輸出国機構(OPEC)の減産や米国の対イラン・ベネズエラ制裁を背景に原油 が値上がりし、石油株が買われた。また、中国が4月から製造業への減税を実施すると発 表したことで鉱業株も値...

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 約3週間ぶりの高値に反発して取引を終えた。米雇用統計が好調だ ったほか、米中通商協議が再開するとの報道で、貿易摩擦解消への期待が高まった。 好調な米雇用統計のほか、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が、政策運営に当たり市場が織り込む下振れリス クを考慮すると発言したことも市場心理好転に繋がった。 アジアへのエクスポージャーが高い銘柄が買われた。金融大手HSBCと銀行大手スタンダード・チャーター ド(スタンチャート)は2.4%と3.6%それぞれ上昇した。高級ブランド会社バーバリーは4.6% 高だった。 銅価格の上昇...

ロンドン株式市場=反発、米中通商協議への期待と好調な米雇用統計で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6837.42 +144.76 +2.16 6692.66 ロンドン株式市場は約3週間ぶりの高値に反発して取引を終えた。米雇用統計が好調 だったほか、米中通商協議が再開するとの報道で、貿易摩擦解消への期待が高まった。 中国政府は、翌週に次官級協議を北京で開くと発表。アジア株が買われたほか、米中 貿易摩擦が世界経済に悪影響を及ぼすとの不安を抱いていた投資家らの間で買い安心感が 広がった。 好調な米雇用統計のほか、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が、政策運営に...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up