for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アパッチ・コーポレーション

APA.N

現在値

27.36USD

変化

-0.56(-2.01%)

出来高

1,053,192

本日のレンジ

27.24

 - 

28.06

52週レンジ

18.33

 - 

38.11

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
27.92
始値
28.05
出来高
1,053,192
3か月平均出来高
128.85
高値
28.06
安値
27.24
52週高値
38.11
52週安値
18.33
発行済株式数
376.02
時価総額
10,288.35
予想PER
--
配当利回り
3.65

次のエベント

Q4 2019 Apache Corp Earnings Release

適時開示

その他

Apache Says Co And Total Announced Joint Venture Agreement To Explore, Develop Block 58 Offshore Suriname

Apache Board Declares Regular Cash Dividend On Co's Common Shares

Apache Q3 Adjusted Loss Per Share $0.29

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アパッチ・コーポレーションとは

アパッチ(Apache Corporation)は独立系のエネルギー会社である。【事業内容】同社は天然ガス、原油及び液体天然ガスの探査、開発及び生産に従事する。同社の生産事業は米国、エジプト及びイギリス北海事業を含む。同社はまた、スリナムの探鉱権を追求する。北米では、同社はペルミアン地域、ミッドコンセント及び湾岸地域3つのオンショア地域を有する。ウェストテキサス州とニューメキシコ州に位置するペルミアン地域には、ペルム紀の小盆地、ミッドランド盆地、中央盆地プラットフォーム/北西棚およびデラウェア盆地が含まれる。ミッドコンセント/湾岸地域には、西アナンダルコ盆地のグラナイト・ウォッシュ、トンカワ、キャニオン・ライム、マルマトン、クリーブランド、セントラル・オクラホマ州にあるウッドフォード・スクープ・アンド・スタック・プレイ、サウス・イースト・テキサスのイーグル・フォード・シェールを含む。

連絡先

2000 Post Oak Blvd Ste 100

+1.713.2966000

http://www.apachecorp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John E. Lowe

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Stephen J. Riney

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Paul Anthony Lannie

Executive Vice President, General Counsel

W. Mark Meyer

Executive Vice President – Energy Technology, Data Analytics & Commercial Intelligence

David A. Pursell

Executive Vice President - Planning, Reserves and Fundamentals

統計

2.61 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

5.4K

2017

6.4K

2018

7.4K

2019(E)

6.4K
EPS (USD)

2016

-1.130

2017

0.240

2018

1.770

2019(E)

-0.121
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.61
株価純資産倍率(四半期)
1.63
株価キャッシュフロー倍率
4.97
総負債/総資本(四半期)
133.50
長期負債/資本(四半期)
133.20
投資利益率(過去12カ月)
-2.92
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.41

最新ニュース

最新ニュース

米株は反落、中東情勢巡る警戒感で エネルギー株が安い

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国とイランが対立する中、警戒ムードが続いた。このところ上昇していた原油価格が下落したことから石油大手エクソンモービル<XOM.N>やシェブロン<CVX.N>などエネルギー株が売られた。

NY市場サマリー(23日)

<為替> ドルが安定的に推移。年末年始を控え薄商いとなる中、主要通貨バスケットに対し2週間ぶり高値近辺を維持した。ポンドは英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡る懸念から下落した。

米国株式市場は最高値更新、通商巡る期待で ボーイング上昇も寄与

米国株式市場は続伸し、主要3指数が終値ベースでの最高値を更新した。トランプ米大統領が週末に、中国との「第1段階」の通商合意に間もなく署名するとの見方を示したことが支援材料となった。最高経営責任者(CEO)の辞任を好感してボーイングも買われた。

米シェール企業、来年も設備投資を削減 生産の伸びも大幅鈍化へ

米シェール産業は今年に続き、来年も設備投資を絞り込む方針だ。生産量の伸びも大幅に鈍化する見通し。石油・ガスの増産によって価格が下がり、利益が圧迫されていることが背景。

ダウ142ドル安、サウジ攻撃嫌気 エネルギー株は堅調

の石油施設が攻撃を受けたことで、投資家の間で地政学的リスクや世界経済の減速に対する懸念が広がり、全般的に売りが優勢となった。一方、原油価格の急騰に伴いエネルギー株は堅調となった。

訂正-NY市場サマリー(16日)

(日付を訂正します) [16日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨に対して上昇した。サウジアラビア東部にある国営石油会 社サウジアラムコの石油施設に対する攻撃を受け、原油価格が急騰。その後、トランプ米 大統領が必要に応じて米戦略石油備蓄の放出を承認したと明らかにし、原油は上げ幅を縮 小した。 安全資産とされる円とスイスフランは、原油価格が高値から下落するに伴い当初の上 昇分を削った。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョ ー・マニンボ氏は「トランプ大統領による戦略石油備蓄放出の決断が功を奏した...

米株は小幅高、米の対EU関税圧力が冷や水

米国株式市場は小幅高で終了した。米中の通商協議再開を巡る歓迎ムードが薄れる中、株価は取引時間の大部分にわたりほぼ横ばいで推移。米通商代表部(USTR)が1日、欧州連合(EU)に対する追加関税の対象規模拡大を検討していると発表したことが冷や水となったものの、プラス圏で引けた。

アングル:高収益体質になった米シェール企業、再編の動き加速

10月以降に原油価格が26%下落したことが米国のシェール生産抑制につながると石油輸出国機構(OPEC)が思っているなら、考え直す必要があるかもしれない。

訂正:焦点:米賃金上昇加速か、テキサス州西部が示す「好循環」

米テキサス州西部は原油価格上昇の恩恵で地域経済が活性化し、雇用や賃金が過去最高水準に達する一方、住居費や飲食費なども上昇している。つまり失業率低下が賃金を押し上げ、物価上昇圧力につながるという好循環の見本がここに存在する。

コラム:米シェール企業の採算ライン、原油50ドル前後と判明

米シェール企業が採算を維持するにはWTI原油価格で1バレル=50ドル前後が必要なことが、第2・四半期の各社財務諸表の分析からは読み取れる。

今週の米株はFOMCや雇用統計に注目、アップルなど決算目白押し

5月1日からの週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米雇用統計、アップルやフェイスブックの決算など米株式市場の注目材料が目白押しだ。

コラム:BHPビリトン、エリオットの改革案に利点も

ヘッジファンドのエリオット・アドバイザーズが英豪資源大手BHPビリトン<BHP.AX><BLT.L>に迫った株主価値の向上策には、幾つかの利点がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up