for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Apollo Global Management Inc

APO.N

現在値

44.47USD

変化

-0.49(-1.09%)

出来高

263,825

本日のレンジ

43.97

 - 

45.01

52週レンジ

22.66

 - 

45.25

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
44.96
始値
44.33
出来高
263,825
3か月平均出来高
47.46
高値
45.01
安値
43.97
52週高値
45.25
52週安値
22.66
発行済株式数
222.46
時価総額
10,001.89
予想PER
19.11
配当利回り
4.49

次のエベント

Q4 2019 Apollo Global Management Inc Earnings Release

適時開示

その他

Apollo Makes Bid For Tenneco’s Powertrain Unit - WSJ

Tech Data Announces Expiration Of "Go-Shop" Period

Apollo To Offer Fixed-Rate Resettable Subordinated Notes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Apollo Global Management Incとは

アポロ・グローバル・マネジメント(Apollo)(旧名:Apollo Global Management, LLC)は、未公開株式、クレジット、不動産の代替投資管理業者である。【事業内容】年金、寄付金、ソブリンウエルスファンド、及びその他の機関投資家と個人投資家の代理として、資金を調達、投資、管理する。3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。未公開株式事業セグメントは、コントロールエクイティ、関連する債券、転換証券、及び、ディストレス債務投資に投資する。クレジット事業セグメントは、資本構造全体を通じて、実行、ストレス、ディストレス投資を含む非制御企業および構造化される債券に投資する。不動産事業セグメントは、不動産資産、ポートフォリオ、プラットフォームおよび事業会社の取得と再資本化のための不動産資本に投資する。また、最初の住宅ローン及びメザニンローン、優先株式、商業モーゲージを含む不動産負債にも投資する。

業種

Investment Services

連絡先

9 W 57th St

+1.212.5153200

https://www.apollo.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Leon D. Black

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Scott M. Kleinman

Co-President

James C. Zelter

Co-President

Tetsuji Okamoto

Partner, Head Private Equity Business

Martin B. Kelly

Chief Financial Officer, Co-Chief Operating Officer

統計

1.94 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

2.0K

2017

2.5K

2018

1.0K

2019(E)

2.0K
EPS (USD)

2016

2.360

2017

3.570

2018

-0.210

2019(E)

2.318
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.26
株価純資産倍率(四半期)
8.26
株価キャッシュフロー倍率
12.83
総負債/総資本(四半期)
180.05
長期負債/資本(四半期)
180.05
投資利益率(過去12カ月)
16.72
自己資本利益率(過去12カ月)
10.65

最新ニュース

最新ニュース

バークシャー、テック・データ買収で競り負ける=CNBC

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、IT製品の卸売販売代理店である米テック・データ<TECD.O>の買収で、51億4000万ドルでの買収を提案した米プライベートエクイティのアポロ・グローバル・マネジメント<APO.N>に競り負けた。CNBCが29日に伝えた。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対して当初値上がりしていたものの、その後は買いが続かず下げに転じた。米中通商協議を巡って警戒感が根強いほか、感謝祭明けの週末で動意薄となった。

米国株は下落、米中通商懸念で軟調地合い 小売株さえず

米国株式市場は下落して取引を終えた。米中通商協議を巡る懸念に加え、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」での店舗の集客が例年よりも少なかったことで小売株が売られた。

イタリアの銀行間預金保護基金、アポロのカリジェ救済計画を拒否

イタリアの銀行間預金保護基金(FITD)は24日、プライベートエクイティ(PE)が示した中堅銀行バンカ・カリジェの救済計画を拒否したと明らかにした。

メレディス、米放送局の売却検討 アポロが関心=関係筋

米メディア大手のメレディス<MDP.N>が事業の合理化に向けて地方放送局の売却を検討していることが、事情に詳しい関係筋の話で分かった。

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。世界 経済への懸念が再燃し、相場の重しとなった。ポンド高も国際的な銘柄の押し下げ要因と なった。 トランプ米大統領が、中国と翌週に予定している閣僚級の通商協議に先立って中国側 から提案された実務者協議の開催を断ったとするフィナンシャル・タイムズの報道で、米 中摩擦が再び不安視された。米国の緩慢な中古住宅販売と日本の輸出の予想を上回る落ち 込み、カナダの軟調な製造業売上高の統計も市場心理悪化の原因だった。 英国が合意なしに欧州連合(EU)を離脱することを回避する案を英最大野党・労働 党が支持するとの...

ロンドン株式市場=続落、世界経済への懸念とポンド高で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6842.88 -58.51 -0.85 6901.39 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。世界経済への懸念が再燃し、相場の重し となった。ポンド高も国際的な銘柄の押し下げ要因となった。 トランプ米大統領が、中国と翌週に予定している閣僚級の通商協議に先立って中国側 から提案された実務者協議の開催を断ったとするフィナンシャル・タイムズの報道で、米 中摩擦が再び不安視された。米国の緩慢な中古住宅販売と日本の輸出の予想を上回る落ち 込み、カナダの軟調な製造業売上高...

ロンドン株式市場=小幅反発、鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6721.17 +9.24 +0.14 6711.93 ロンドン株式市場は小幅反発して取引を終えた。鉱業株が買われ、プラスに転じた。 週間では世界景気減速への懸念から大幅に下落した。 政府機関の一部閉鎖や追加利上げへの懸念で大きく値下がりしてきた米株式市場が一 時上昇したことも好感した。大手銀行HSBCが0.6%上昇した。 FTSE350種鉱業株指数は1.32%上昇した。銅価格の値上がりを受けて、資 源大手のアングロ・アメリカンが2.8%値上がりした。リオ・ティント...

NY市場サマリー(8日)

<為替> 予算案を巡るイタリアと欧州連合(EU)の対立を受けユーロが対ドルで7週間ぶり安値に下落した。中国が融資促進策を打ち出したが、経済成長を巡る懸念は和らがず、人民元は軟調に推移した。

米国株式市場はナスダック続落、世界経済巡る懸念で

米国株式市場では、ナスダック総合株価指数が3日続落となった。中国株の売りを背景に世界経済の成長減速懸念が高まっている。一方S&P総合500<.SPX>は、一時の下げから戻しほぼ横ばいで引けた。

米国株式市場はS&P小幅高、米利回り上昇で金融株に買い

米国株式市場は、S&P総合500とナスダック総合が上昇。米10年債利回りの上昇に伴い金融株に買いが入ったほか、企業決算や米経済への期待が支援材料となった。

コムキャスト、フォックスのスポーツ資産買い手特定中=関係筋

米ケーブルテレビ(CATV)大手コムキャスト<CMCSA.O>は、米メディア大手の21世紀フォックス<FOXA.O>の地域スポーツネットワークの買い手候補特定を進めている。フォックス資産の大半取得に向けた新たな提案を巡り、独占禁止関連の懸念緩和を狙う。関係筋が明らかにした。

米ゼロックス、裁判所の差し止めに上訴 富士フイルムによる買収案で

米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>は4日、富士フイルムホールディングス<4901.T>による買収手続きを米ニューヨーク州上級裁判所が一時的に差し止めたことは不当だとして上訴した。買収の是非を判断するのは裁判所ではなく株主であるべきと主張した。

アポロ・グローバル、ゼロックス買収巡り接触=関係筋

米プライベートエクイティ(PE)会社のアポロ・グローバル・マネジメント<APO.N>が、米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>に接触し、買収の可能性に関心を示したことが、関係筋の話で2日分かった。

EXCLUSIVE-アポロ・グローバル、ゼロックス買収巡り接触=関係筋

米プライベートエクイティ(PE)会社のアポロ・グローバル・マネジメントが、米事務機器大手ゼロックスに接触し、買収の可能性に関心を示したことが、関係筋の話で2日分かった。

欧州株式市場=反発、米国株持ち直しを好感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 378.82 +2.64 +0.70 376.18 FTSEユーロファースト3 1485.28 +9.94 +0.67 1475.34 00種 DJユーロSTOXX50種 3443.97 +24.26 +0.71 3419.71 欧州株式市場は反発して取引を終えた。トランプ米大統領がシリアへの差し迫った軍 事攻撃はない可能性を示唆したことで米国株が買い戻され、買い安心感が広がった。 トランプ大統領は12日のツイッターで、シリアでの化学兵器使用疑惑を受けたアサ...

トランプ氏、テスラCEO・不動産業幹部と会合 インフラで官民提携

トランプ米大統領は8日、インフラ投資拡大に向け民間部門との提携を模索する中、米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のほか、不動産会社などの幹部との会合を開いた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up