for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アクティビジョン・ブリザード

ATVI.O

現在値

78.50USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

1,755

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

44.81

 - 

80.38

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
78.50
始値
0.00
出来高
1,755
3か月平均出来高
170.72
高値
--
安値
--
52週高値
80.38
52週安値
44.81
発行済株式数
770.49
時価総額
59,720.33
予想PER
28.51
配当利回り
0.52

次のエベント

Q2 2020 Activision Blizzard Inc Earnings Release

適時開示

その他

Activision Blizzard Posts Qtrly Adjusted Earnings Per Share $0.76

Activision Blizzard Qtrly EPS $0.68

Activision Blizzard Q4 GAAP Earnings Per Share $0.68

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アクティビジョン・ブリザードとは

アクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard, Inc)はインタラクティブ娯楽コンテンツとサービスの開発・発行に従事する会社である。【事業内容】同社はビデオ・ゲーム装置、パソコン(PC)及びモバイル装置を含む各種ゲーム・プラットフォームを通じてコンテンツ・サービスの開発・発行を行う。同社は4つの事業セグメントを運営する。Activision Publishing, Inc.(Activision)事業は、インタラクティブ・ソフトウェア製品と娯楽コンテンツの開発・発行を行う。Blizzard Entertainment, Inc.(Blizzard)事業は、インタラクティブ・ソフトウェア製品とPCゲーム等の娯楽コンテンツの開発・発行を行う。King Digital Entertainment(King)はモバイル娯楽会社である。他の事業は、メジャーリーグゲーミング(MLG)事業、Activision Blizzard Studios(スタジオ)事業、及びActivision Blizzard Distribution(流通)事業を展開する。同社はアクションまたはアドベンチャー、ロール・プレイングとシミュレーション等の製品を開発する。

業種

Software & Programming

連絡先

3100 OCEAN PARK BLVD

SANTA MONICA, CA

90405

United States

+1.310.2552000

https://www.activisionblizzard.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian G. Kelly

Chairman of the Board

Daniel Alegre

President, Chief Operating Officer

Robert A. Kotick

Chief Executive Officer, Executive Director

Dennis M. Durkin

Chief Financial Officer, President, Emerging Businesses

Claudine Naughton

Chief People Officer

統計

1.88 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

7.2K

2018

7.3K

2019

6.4K

2020(E)

7.2K
EPS (USD)

2017

2.280

2018

2.600

2019

2.250

2020(E)

2.759
株価売上高倍率(過去12カ月)
38.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.26
株価純資産倍率(四半期)
4.65
株価キャッシュフロー倍率
28.73
総負債/総資本(四半期)
20.54
長期負債/資本(四半期)
20.54
投資利益率(過去12カ月)
9.55
自己資本利益率(過去12カ月)
8.32

最新ニュース

最新ニュース

コラム:巨大化するゲーム市場、20年に立ちはだかる敵とは

2020年のビデオゲーム業界では、1300億ドル規模の市場をめぐり、激烈な闘いが繰り広げられそうだ。ソニー<6758.T>と米マイクロソフト<MSFT.O>が数年ぶりに新しいゲーム機器を発売する予定。米グーグル<GOOGL.O>はクラウド型プラットフォームの「Stadia(スタディア)」を発表したばかりで、米アップル<AAPL.O>と並んでゲーム配信のサブスクリプションサービスで牙城を構築したい意向だ。一方、米アクティビジョン・ブリザード<ATVI.O>などのゲームソフト開発会社は、優位な立場にある。ただ、業界の動向に対して規制当局は監視...

米超党派議員ら、アップルに香港の地図アプリ配信復活を要請

米議会で超党派の議員7人が18日、アップル<AAPL.O>のティム・クック最高経営責任者(CEO)に書簡を送り、香港でiPhone(アイフォーン)の地図アプリ「HKマップ・ライブ」の配信を復活するよう要請した。

ダウ平均494ドル安 低調な経済指標で成長懸念

米国株式市場は大幅続落。主要株価3指数は軒並み1日としては約6週間ぶりの大幅な下げを記録した。最近発表された製造業や雇用関連指標が低調な内容で、米中貿易摩擦が米経済に打撃を与えている可能性を示唆した。

NY市場サマリー(2日)

<為替> ドルが対円で下落し、1週間ぶりの安値を付けたほか、対ユーロでも値下がりした。前日の米供給管理協会(ISM)製造業統計の悪化が尾を引き、経済を巡る懸念が根強く、ドル安、株安、債券高の展開となった。ダウ平均株価は一時500ドル以上急落した。

NY市場サマリー(6日)

<為替> 豪ドルが急落した。オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁の講演を受け、利下げに道が開かれたとの見方が広がった。ドルは対主要通貨バスケットで5営業日続伸した。

米国株式市場は小反落、ビデオゲーム会社の売上高見通しさえず

米国株式市場は小反落して取引を終えた。米中通商関係の行方が待たれる中、ビデオゲーム会社が示した売上高見通しがさえなかったことが嫌気された。

中国テンセント、ネクソンの親会社への買収提案を検討=関係筋

中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>は、韓国のゲーム会社ネクソンの持ち株会社NXCに買収提案することを検討している。2人の関係筋がロイターに明らかにした。

NY市場サマリー(11日)

<為替> ドルが対ユーロで上昇した。テクニカル的な要因が支えとなったが、米連邦準備理事会(FRB)が追加利上げに慎重な姿勢を示す中で、ドルに対する見通しは引き続き暗いままとなっている。

米国株は6日ぶり小反落、エネルギー株が安い 来週本格化の企業決算に注目

米国株式市場は6営業日ぶりに小幅反落。エネルギー株が売られた。来週から本格化する企業決算の発表が注目される。

コラム:急成長するeスポーツ市場、頂点に立つのはどこか

対戦型ゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」の世界市場は2019年に新たなレベルに達する見通しだ。eスポーツトーナメントの視聴者数は、米国では既に大リーグ(MLB)の視聴者数を上回っている。

米国株は上昇、アップルやエネルギー株が高い

米国株式市場は上昇。アップル<AAPL.O>が買われ、ハイテク株全体の上昇を主導した。エネルギー株も高い。原油相場が2%超上昇したことに追随した。

焦点:米株セクター変更、輝き増すハイテク株はどれか

9月に予定されている企業のセクター分類の変更で、フェイスブック<FB.O>など従来「情報技術(IT)」に分類されてきた巨大ハイテク株の一角が「通信サービス」に組み入れられることで、半導体やクラウドコンピューティングなど時価総額で劣る「残留組」が輝きを増しそうだ。

NY市場サマリー(8日)

<為替> ドルが対円<JPY=>で下落し0.2%安の113.78円台近辺で推移。一時113.40円まで値下がりした。トランプ政権が目指す税制改革が遅れるのではないかとの懸念が広がった。

米国株は最高値更新、アップル時価総額が初の9000億ドル台

米国株式市場は主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新して取引を終了。アップル<AAPL.O>の時価総額が初の9000億ドル超えとなったほか、ビデオゲーム会社のテイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア<TTWO.O>が買われた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up