for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Broadcom Inc

AVGO.O

現在値

318.31USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

250.09

 - 

331.58

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
318.31
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
49.37
高値
--
安値
--
52週高値
331.58
52週安値
250.09
発行済株式数
397.79
時価総額
122,929.80
予想PER
--
配当利回り
4.21

適時開示

その他

Broadcom Says Certain Subsidiaries Of It Have Entered Into Two Separate Multi-Year Agreements With Apple

Accenture To Acquire Symantec's Cyber Security Services Business From Broadcom

Broadcom Seeks Buyer For RF Wireless-Chip Unit, Which Could Be Worth $10 Bln- WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Broadcom Incとは

ブロードコム(Broadcom Inc.)(旧名:Broadcom Limited)はデジタル及び混合信号の相補型金属酸化物半導体(CMOS)ベースのデバイス及びアナログIII-Vベースの製品に焦点を当てる一連の半導体デバイスの設計者、開発者及びグローバルサプライヤーである。【事業内容】同社は有線インフラ、無線通信、エンタープライズストレージ、及び産業・その他4つの事業を運営する。同社は最終製品で使用されるエンタープライズ・データセンターネットワーキング、家庭内接続、セットトップボックス(STB)、通信機器、スマートフォン、データセンターのサーバとストレージシステム、工場の自動化、発電と代替エネルギーシステム及び電子ディスプレイなどの製品を提供する。その製品ポートフォリオはディスクリートデバイスから、複数のデバイスタイプを含む複雑なサブシステムまでにわたって、アナログシステムとデジタルシステムとの間のインタフェースのためのファームウェアを含む。その製品はオプトエレクトロニクスまたは容量性センサーとインターフェースする機械的ハードウェアを含む。

連絡先

1320 Ridder Park Dr

+1.408.4338000

https://www.broadcom.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Henry S. Samueli

Chairman of the Board

Hock E. Tan

President, Chief Executive Officer, Director

Thomas H. Krause

Chief Financial Officer

Charlie B. Kawwas

Senior Vice President, Chief Sales Officer

Kirsten M. Spears

Chief Accounting Officer, Vice President and Corporate Controller

統計

2.15 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

17.7K

2018

20.9K

2019

22.6K

2020(E)

25.0K
EPS (USD)

2017

16.010

2018

20.820

2019

21.290

2020(E)

23.228
株価売上高倍率(過去12カ月)
47.79
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.44
株価純資産倍率(四半期)
4.93
株価キャッシュフロー倍率
14.44
総負債/総資本(四半期)
131.62
長期負債/資本(四半期)
120.44
投資利益率(過去12カ月)
5.05
自己資本利益率(過去12カ月)
4.65

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅下落。米中の「第1段階」通商合意や英総選挙での与党保守党の大勝によって不確実性が一部解消され、安全資産としてのドルに対する投資妙味が薄まった。

米株はほぼ横ばいで終了、米中合意受け一時最高値

米国株式市場では、米中が通商交渉で「第1段階」の合意に達したことを受け午前の取引で主要3指数が一時過去最高値を更新したものの、ダウ工業株30種とS&P総合500種はほぼ横ばいで引けた。ナスダック総合は主にアップル<AAPL.O>上昇したことで上昇して終了した。

米ブロードコム第4四半期は予想上回る、通年見通し受け株価下落

米半導体大手ブロードコム<AVGO.O>が12日に発表した第4・四半期決算は、ソフトウエア部門の伸びが貢献し、収益が市場予想を上回った。

NY市場サマリー(23日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、英ポンドとユーロがドルに対して安定的に推移した。欧州連合(EU)首脳は、英国のEU離脱を3カ月延期する決定を先送りした。

米株小幅高、決算不振もボーイング・キャタピラーに買い

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。ボーイング<BA.N>やキャタピラー<CAT.N>が発表した四半期決算は低調な内容となったものの、売りにはつながらなかった。

規制違反企業の分割、最終手段であるべき=欧州委員

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のマルグレーテ・ベスタエアー委員(競争政策担当)は8日、規制に違反した企業は罰金を科すなどして処罰すべきで、違反企業の分割は最終手段であるべきだとの考えを示した。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ユーロが対ドルで上昇。欧州中央銀行(ECB)が決定した利下げや金利階層化が為替にまちまちの影響を及ぼすという見方が広がった。

米ダウ8日続伸、アップル売られナスダック・S&Pを圧迫

米国株式市場はまちまち。米中通商問題に進展の兆しが見られる中、ダウ工業株30種は8営業日続伸した。一方、アップルの下落に圧迫され、ナスダック総合とS&P総合500種は反落して取引を終えた。

米ブロードコムの5─7月期、売上高が予想下回る 通年見通しは維持

米半導体大手ブロードコム<AVGO.O>が12日に発表した第3・四半期決算(8月4日終了)は、米中貿易摩擦の影響で半導体需要が鈍化し、売上高が市場予想を小幅に下回った。一方、通年の業績見通しは維持した。 時間外取引で株価は、1.5%下落した。

米ブロードコムの5─7月期、売上高は予想下回る 通年見通しは維持

米半導体大手ブロードコムが12日に発表した第3・四半期決算(8月4日終了)は、米中貿易摩擦の影響で半導体需要が鈍化し、売上高が市場予想を小幅下回った。一方、通年の業績見通しは維持した。 時間外取引で株価は、1.5%下落した。

米国内で240万人の雇用を支援=アップル

米アップル<AAPL.O>は15日、ウェブサイトに掲載したリリースで、間接雇用も含めて米国内で推計240万人の雇用を支えていると明らかにした。

NY市場サマリー(8日)

<為替> 中国人民銀行(中銀)による人民元の対ドル基準値設定を受けリスク選好が改善し、人民元が上昇した。またドル指数は小幅高で推移した。

米S&P2カ月ぶり大幅高、指標受け貿易巡る懸念が後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>は1日としては約2カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。市場予想を上回る米中の経済指標を受け、貿易を巡る懸念が一部和らいだ。

コラム:「トランプ・ファースト」に苦しむ米IT大手

米国の巨大IT企業が「トランプ・ファースト」政策に苦しんでいる。トランプ米大統領は、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>と国防総省のクラウド契約に口出しし、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルと中国との関係に疑問を呈し、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への販売許可も利用して米IT企業を罰する構えをみせている。

米IT大手、ファーウェイ販売許可で迅速対応要請=NEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は9日、トランプ大統領が前日に大手IT首脳らと開いた会合に関連し、企業側は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売許可申請で迅速な対応を求めていると述べた。

米大統領がIT大手に迅速な対応約束、ファーウェイへの販売許可巡り

トランプ米大統領は22日、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルなどIT大手の首脳と会合を開き、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売再開を求める米企業の要請に関して「適時に」決断することに合意した。

米政権がハイテク企業と22日会合、ファーウェイ問題で=関係者

に対する米国の制裁を巡り、22日に米半導体およびソフトウェア大手の幹部と会談する。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅高で推移、全般的に薄商いの中、連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測が引き続き相場の重しとなった。

米株小幅高、シティ決算が銀行株圧迫 ナスダック最高値

米国株式市場は、振れの大きい取引になったが小幅高で終了。米企業の四半期決算発表が始まる中、金融大手シティグループ<C.N>の決算はまちまちの内容となり、銀行株を圧迫した。一方、S&P情報技術<.SPLRCT>とヘルスケア<.SPXHC>が上昇し、ナスダックは4営業日連続で、終値で最高値を更新した。

NY市場サマリー(8日)

<為替> ドルが小幅高となり、約3週間ぶりの高値近辺で推移した。前週発表の6 月の米雇用統計が堅調だったことで連邦準備理事会(FRB)が今月の会合で大幅な利下 げに踏み切るとの観測が後退した流れが続いている。 6月の雇用統計では、非農業部門の雇用者数が22万4000人増と5カ月ぶりの大 幅な伸びとなり、ロイターがまとめたエコノミスト予想の16万人増を上回った。[nL4N2 462NY]これを受け、FRBが今月30─31日の連邦公開市場委員会(FOMC)で50 ベーシスポイント(bp)の利下げを決定するとの観測は後退した。ただ賃金がなお緩...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up