for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・エキスプレス・カンパニー

AXP.N

現在値

118.28USD

変化

0.34(+0.29%)

出来高

1,098,383

本日のレンジ

117.59

 - 

118.43

52週レンジ

89.07

 - 

129.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
117.94
始値
117.91
出来高
1,098,383
3か月平均出来高
67.43
高値
118.43
安値
117.59
52週高値
129.33
52週安値
89.07
発行済株式数
818.27
時価総額
96,506.86
予想PER
14.44
配当利回り
1.46

次のエベント

American Express Co at Goldman Sachs U.S. Financial Services Conference

適時開示

その他

American Express - Quarterly U.S. Billed Business $206.2 Billion Versus $194.6 Billion Reported Last Year

American Express Says Reaffirming 2019 EPS Guidance Range

American Express Reports Q3 Earnings Of $2.08 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・エキスプレス・カンパニーとは

アメリカン・エキスプレス(American Express Company)は子会社とともにグローバルなサービスの提供を行う会社である。【事業内容】同社の主要製品及びサービスは世界中の消費者・企業に提供されるチャージとクレジットカード商品及び旅行関連サービスである。同社の事業はグローバル消費者サービスグループ(GCSG)、グローバルマーチャントとネットワークサービス(GMNS)、及びグローバルな商業サービス(GCS)を含む。同社の製品とサービスには、ネットワークサービス、マーチャントの買収・処理、サービスと決済、並びにPOSマーケティング及びマーチャント向け情報商品とサービス、詐欺防止サービスと顧客ロイヤルティプログラムの設計と運用を含むその他の手数料サービス、経費管理製品およびサービス、および保管されたバリュー/プリペイド商品が含まれる。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

200 Vesey St Fl 50

+1.212.6402000

https://www.americanexpress.com

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen J. Squeri

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jeffrey C. Campbell

Chief Financial Officer

Douglas E. Buckminster

Group President - Global Consumer Services

Paul D. Fabara

President - Global Services Group

Anna E. Marrs

President-Global Commercial Services

統計

2.38 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

32.1K

2017

33.5K

2018

40.3K

2019(E)

43.6K
EPS (USD)

2016

5.650

2017

5.870

2018

7.330

2019(E)

8.168
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.34
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.18
株価純資産倍率(四半期)
4.21
株価キャッシュフロー倍率
12.58
総負債/総資本(四半期)
584.54
長期負債/資本(四半期)
253.96
投資利益率(過去12カ月)
6.35
自己資本利益率(過去12カ月)
3.43

最新ニュース

最新ニュース

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。英国と欧州連合(EU)が前日に新たな離脱協定案で合意し、英国の無秩序なEU離脱が回避される見通しになったことで、ユーロ圏が景気後退(リセッション)を回避するとの期待が広がった。

米アメックス、第3四半期利益は予想上回る カード利用増加

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>が18日発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。買い物や支払いなどのカード利用が増加した。

米国株式市場でダウは14ドル高、指標まちまちで慎重取引

米国株式市場はほぼ横ばい。ダウ平均株価<.DJI>は14ドル高で引けた。経済指標が強弱まちまちとなる中、慎重な取引に終始した。アップル<AAPL.O>はしっかりとなった。IHSマークイットがこの日発表した9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は前月から上昇し、市場予想を上回った。

NY市場サマリー(23日)

<為替> ドルが対ユーロで上昇した。米経済指標はまちまちの内容だったが、ユーロ圏の製造業とサービス業に関する経済指標がユーロ圏経済への懸念につながった。

米国株下落、7月米利下げが小幅との見方で

米国株式市場は下落して取引を終えた。30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ幅が25ベーシスポイント(bp)にとどまる公算との報道を受けた。

インド、一部米国製品の関税を来週引き上げへ=関係筋

インドは来週、米国からの輸入品の一部について関税を引き上げる方針だ。2人の関係筋が明らかにした。米政府は今月、インドの一般特恵関税制度(GSP)適用を終了した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付けた。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。

米株市場は小幅高、経済指標・企業決算が堅調

米国株式市場では、主要3株価指数が小幅高で終了した。米経済指標のほか、企業決算が堅調だったことが追い風となった。

UPDATE 1-米デルタ航空、通年売上高見通し上方修正 旅客需要堅調

第1・四半期決算は、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスとの提携延長や堅調な旅客需要などが追い風となり、予想を上回った。同時に示した第2・四半期の利益見通しも好調。中盤の取引で株価は約1%高となっている。寄り付き前取引では3%上昇していた。

米デルタ航空、第2四半期見通し堅調 寄り前取引で株価3%高

米デルタ航空が10日に発表した第1・四半期決算は、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスとの提携延長や堅調な旅客需要などが追い風となり、予想を上回った。同時に示した第2・四半期の利益見通しも好調で、寄り付き前取引で株価は3%上昇している。

お知らせ:11時13分配信のコラムを削除しました

Antony Currie 11時13分配信のコラムを削除しました。

米アメックスの第4四半期、経費拡大が圧迫 株価下落

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>が発表した第4・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。経費やカードの損失引当金の増加が利益を圧迫した。

米アメックスの第4四半期、利益が予想下回る 経費拡大などが圧迫

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)が発表した第4・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。経費やカードの損失引当金の増加が利益を圧迫した。

アップル、ドイツでモバイル決済サービスを開始

米アップル<AAPL.O>がドイツでモバイル決済サービスを開始した。

米ハイテク大手、インド政府のデータ管理強化策に反対

米ハイテク大手各社は、インド政府が検討している個人情報データのインド国内での保存義務について、同国での事業拡大に影響を及ぼすとし、反対するためのロビー活動を計画している。関係筋が明らかにした。

米フェイスブック、金融機関と提携巡り協議 顧客サービス向上へ

米フェイスブックは6日、銀行など金融機関と提携に向けて協議していることを明らかにした。金融機関の顧客サービス向上につながるとしている。

コラム:賢人バフェット氏、投資アイデア枯渇か

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、流行を追わず、価値あるものをかぎ分ける自らの鋭い嗅覚で、投資会社バークシャー・ハサウェイ<BRKa.N>を時価総額4700億ドル(約53兆円)の巨人へと育て上げた。

今日の株式見通し=軟調、米株安・円高が重荷 利益確定売り出やすい

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は軟調に推移しそうだ。前日の米国株式市場では主要3指数がそろって下落。為替もやや円高方向に振れており、日本株の買い材料は多くない。週末を控えて利益確定売りが出やすく、上海株が大きく下げたり、為替の円高が一段と進行したりした場合は下げ幅を広げるとみられる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up