for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・エキスプレス・カンパニー

AXP.N

現在値

151.21USD

変化

3.88(+2.63%)

出来高

392,354

本日のレンジ

146.76

 - 

151.26

52週レンジ

67.03

 - 

151.26

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
147.33
始値
147.28
出来高
392,354
3か月平均出来高
77.73
高値
151.26
安値
146.76
52週高値
151.26
52週安値
67.03
発行済株式数
805.59
時価総額
118,687.40
予想PER
22.63
配当利回り
1.17

次のエベント

American Express Co at Citi Global Property Conference (Virtual)

適時開示

その他

American Express ‍​Qrtly Earnings Per Share $1.76

Federal Investigators Probing AmEx Card Sales Practices - WSJ

American Express Sets Regular Quarterly Dividend Of $0.43 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・エキスプレス・カンパニーとは

アメリカン・エキスプレス(American Express Company)は子会社とともにグローバルなサービスの提供を行う会社である。【事業内容】同社の主要製品及びサービスは世界中の消費者・企業に提供されるチャージとクレジットカード商品及び旅行関連サービスである。同社の事業はグローバル消費者サービスグループ(GCSG)、グローバルマーチャントとネットワークサービス(GMNS)、及びグローバルな商業サービス(GCS)を含む。同社の製品とサービスには、ネットワークサービス、マーチャントの買収・処理、サービスと決済、並びにPOSマーケティング及びマーチャント向け情報商品とサービス、詐欺防止サービスと顧客ロイヤルティプログラムの設計と運用を含むその他の手数料サービス、経費管理製品およびサービス、および保管されたバリュー/プリペイド商品が含まれる。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

200 Vesey St Fl 50

NEW YORK, NY

10285-1000

United States

+1.212.6402000

https://www.americanexpress.com

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen J. Squeri

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jeffrey C. Campbell

Chief Financial Officer

Douglas E. Buckminster

Group President, Global Consumer Services Group

Anna E. Marrs

President-Global Commercial Services

Denise Pickett

President, Global Services Group

統計

2.43 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

40.3K

2019

43.6K

2020

36.1K

2021(E)

39.5K
EPS (USD)

2018

7.330

2019

8.200

2020

3.770

2021(E)

6.509
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.12
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.21
株価純資産倍率(四半期)
5.16
株価キャッシュフロー倍率
25.81
総負債/総資本(四半期)
573.03
長期負債/資本(四半期)
186.88
投資利益率(過去12カ月)
3.15
自己資本利益率(過去12カ月)
1.61

最新ニュース

最新ニュース

米ビザ、10─12月は利益が予想上回る 決済総額が増加

米クレジットカード大手・ビザが28日発表した第1・四半期(2020年12月31日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。オンライン支出の拡大を背景に、新型コロナウイルス禍で前期に落ち込んでいた決済総額が上向いた。

米アメックス、今夏の旅行需要の回復見込む

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は26日、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ旅行需要の回復が今夏から見込めるとの見通しを示した。ただ、ビジネス旅行は当面回復が見込めないという。

S&Pとナスダック、最高値から下落 決算に注目

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が最高値から下落して取引を終えた。投資家が決算内容を消化する中、連邦公開市場委員会(FOMC)結果を控え、値動きは抑制された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(26日)ドル全面安、S&Pとナスダックは最高値から下落

(表を更新し、株のリポートを追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが全面安となった。前日から一転し、この日はよりリスクの高い通貨 への選好度が高まった。新型コロナウイルスの感染拡大や27日までの連邦公開市場委員 会(FOMC)を控え、このところリスク選好度は後退していた。 ドル指数は0.22%安の90.143。一時は90.614まで上昇し、2 0日以来の高値を付けた。 コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した1月の米消費者信頼感指数は89 .3と、前月の87.1から上昇。上昇したものの、新型コロナ懸念は払拭されておらず...

グーグル、政治献金中止 大統領選結果の承認反対議員に

米アルファベット傘下のグーグルは25日、先の米大統領選の結果認定に反対した議員について、今回の選挙サイクルでは、同社の政治活動委員会(PAC)を通じた献金を行わない方針を示した。

議会乱入で米企業の献金停止相次ぐ、バイデン氏承認反対議員に

トランプ米大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した問題を受け、バイデン氏の大統領選勝利認定に反対した議員への献金を停止する企業が相次いでいる。

焦点:アバター姿でデジタル勤務、金融界に広がる仮想オフィス

かつてはゲーマーたちが独占していたバーチャルリアリティ(仮想現実、VR)。いま、その世界に夢中になっているのは、金融セクターだ。ひとりぼっちのトレーダーや孤立した幹部たちの在宅勤務を活気づける一方で、現実世界での営業活動や人脈構築、研修イベントなどがVRで再現されている。

米アメックス、多様性促進で10億ドル投資を表明

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>は29日、人種とジェンダーの平等促進に向け10億ドルを投資すると表明した。

NY市場サマリー(23日)米株はまちまち、ドルは週間で1%下落

<為替> ドルが主要通貨に対して小幅安。米大統領選を控え、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議に不透明感が漂う中、週間ベースでは約1%の下落となる見込み。

米国株はまちまち、コロナ対策協議にらみ不安定な展開

米国株式市場はまちまち。追加の新型コロナウイルス経済対策協議の行方をにらみ値動きの激しい展開となる中、ナスダック総合<.IXIC>とS&P総合500種<.SPX>は続伸して終了。ダウ工業株30種<.DJI>は小反落した。

アメックス、第3四半期40%減益 コロナ禍で消費鈍化

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>が23日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた消費の鈍化が重しとなり、利益が予想を下回った。

アメックス、第3四半期40%減益 コロナ禍で消費鈍化

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)が23日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた消費の鈍化が重しとなり、利益が予想を下回った。

米バークシャー、日本の5大商社株約5%取得 市場に驚きの声

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表した。

米アメックス、ソフトバンクG出資のフィンテック企業買収へ

「ニューヨーク 17日 ロイター] - 米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>は17日、金融とIT(情報技術)を組み合わせたフィンテック関連サービスを手掛ける米ベンチャー企業カベッジを買収すると発表した。金額は非公表。

米FRB、銀行資本比率要件発表 ゴールドマンとモルガンS13%台

米連邦準備理事会(FRB)は10日、今年の銀行ストレステスト(健全性審査)の対象となった各行に維持を要請する自己資本比率を発表した。10月1日付で適用する。

NY市場サマリー(24日)米株続落、ドルは下落

<為替> 安全通貨である円が上昇し、4カ月超ぶりの高値を付けた。一方、ドルは売られ、約2年ぶりの安値を形成。新型コロナウイルス感染者の増加継続や米国の新型コロナ対策法案の遅れ、米中間の緊張懸念などを背景に、リスク選好の動きが後退した。

米国株続落、決算やコロナ感染が重し インテル大幅安

米国株式市場は続落して取引を終えた。週末を控える中、軟調な企業決算や新型コロナウイルス感染者の急増、地政学的な不確実性などを背景に幅広く売りが出た。

アメックス、第2四半期は85%減益 コロナ禍でカード利用低迷

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>が24日発表した第2・四半期決算は85%の減益となった。新型コロナウイルス感染抑制に向けた世界的なロックダウン(都市封鎖)がカード利用に響いた。

FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止

米連邦準備理事会(FRB)は25日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響についても分析を行い、少なくとも第3・四半期まで配当支払いを制限し、自社株買いも禁じる方針を明らかにした。

訂正-FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止=コロナ禍分析

米連邦準備理事会(FRB)は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する分析の結果、大手銀行に対し第3・四半期まで(訂正)の配当支払いを制限し、自社株買いを禁じる方針を明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up