for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・エキスプレス・カンパニー

AXP.N

現在値

94.33USD

変化

0.28(+0.30%)

出来高

883,795

本日のレンジ

93.91

 - 

97.29

52週レンジ

67.03

 - 

138.13

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
94.05
始値
96.40
出来高
883,795
3か月平均出来高
141.29
高値
97.29
安値
93.91
52週高値
138.13
52週安値
67.03
発行済株式数
805.00
時価総額
75,707.57
予想PER
33.88
配当利回り
1.83

次のエベント

Q2 2020 American Express Co Earnings Release

適時開示

その他

American Express Provides Update On Its Capital Plans

Greenlight Capital Inc Cuts Share Stake In Adient, Chemours

American Express Reports Qtrly Discount Revenue $5.84 Bln vs $6.20 Bln Reported Last Year

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アメリカン・エキスプレス・カンパニーとは

アメリカン・エキスプレス(American Express Company)は子会社とともにグローバルなサービスの提供を行う会社である。【事業内容】同社の主要製品及びサービスは世界中の消費者・企業に提供されるチャージとクレジットカード商品及び旅行関連サービスである。同社の事業はグローバル消費者サービスグループ(GCSG)、グローバルマーチャントとネットワークサービス(GMNS)、及びグローバルな商業サービス(GCS)を含む。同社の製品とサービスには、ネットワークサービス、マーチャントの買収・処理、サービスと決済、並びにPOSマーケティング及びマーチャント向け情報商品とサービス、詐欺防止サービスと顧客ロイヤルティプログラムの設計と運用を含むその他の手数料サービス、経費管理製品およびサービス、および保管されたバリュー/プリペイド商品が含まれる。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

200 Vesey St Fl 50

NEW YORK, NY

10285-1000

United States

+1.212.6402000

https://www.americanexpress.com

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen J. Squeri

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jeffrey C. Campbell

Chief Financial Officer

Douglas E. Buckminster

Group President, Global Consumer Services Group

Anna E. Marrs

President-Global Commercial Services

Denise Pickett

President, Global Services Group

統計

2.46 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

33.5K

2018

40.3K

2019

43.6K

2020(E)

38.1K
EPS (USD)

2017

5.870

2018

7.330

2019

8.200

2020(E)

2.776
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.68
株価純資産倍率(四半期)
3.60
株価キャッシュフロー倍率
11.28
総負債/総資本(四半期)
638.14
長期負債/資本(四半期)
250.35
投資利益率(過去12カ月)
5.50
自己資本利益率(過去12カ月)
2.91

最新ニュース

最新ニュース

FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止

米連邦準備理事会(FRB)は25日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響についても分析を行い、少なくとも第3・四半期まで配当支払いを制限し、自社株買いも禁じる方針を明らかにした。

訂正-FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止=コロナ禍分析

米連邦準備理事会(FRB)は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する分析の結果、大手銀行に対し第3・四半期まで(訂正)の配当支払いを制限し、自社株買いを禁じる方針を明らかにした。

コラム:変わる旅のかたち、コロナ後も需要回復に長い道のり

「旅はそれ自体が目的だ」という言い回しがこれほど真実味を帯びたことはない。

米マスターカード、長期の在宅勤務許可へ オフィス再編も検討

クレジットカード大手・マスターカード<MA.N>は、新型コロナウイルスに対するワクチンが入手可能となるまで全世界の従業員にオフィスに戻るよう求めない方針を示した。幹部が20日、ロイターに明らかにした。

米ビザ、大半の従業員に今年中の在宅勤務許可

米クレジットカード最大手ビザ<V.N>のアルフレッド・ケリー最高経営責任者(CEO)は、同社は大半の従業員に今年いっぱいの在宅勤務を許可すると明らかにした。他の同業種企業も今週、類似の方針を発表している。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(19日現在)

オーストラリアのカンタス航空<QAN.AX>は19日、国内の移動規制緩和に伴い需要の増加が期待でき、7月に国内輸送能力の40─50%を再開できるとの見方を示した。

米アメックスCEO、従業員に年内の在宅勤務継続を指示

米クレジットカード大手、アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>のスクエリ最高経営責任者(CEO)は、オフィスへの復帰計画について、在宅勤務が可能な従業員は今年いっぱい継続すべきとの見解を示した。

米バークシャー、ゴールドマン株を84%売却 Wファーゴは維持

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は15日、保有する米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>株の大半を売却したと明らかにした。

バフェット氏、米の危機克服力に期待 「残りの人生も米に投資」

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、自身の米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>の年次株主総会で、新型コロナウイルスの世界的流行で米経済と自身の投資が大打撃を受ける可能性を認めつつも、米国が過去の危機と同様にコロナ危機も克服するとの期待感を示した。

バークシャー、第1四半期は約500億ドルの赤字 新型コロナが痛手

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が2日発表した第1・四半期決算は、最終損益が500億ドル近い赤字となった。四半期の赤字額としては過去最大。同社は、新型コロナウイルスの影響により複数の主要事業で業績が低迷しているとした。

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(31日現在)

マレーシアのザフルル・アジズ財務相は、今年の同国の財政赤字は国内総生産(GDP)比で4%に達する見込みだと明らかにした。前週発表された新型コロナウイルス対応の580億ドル規模の経済対策が財政を圧迫する。

アングル:次の1兆ドル企業はビザ、マスターか キャッシュレス化が追い風

株式時価総額が1兆ドルを超える企業はハイテクやインターネット関連が多いが、次はクレジットカード会社の番かもしれない。

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 円が対ドルで上昇し、109円台前半で推移した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念される中、安全資産とみられる円が買われた。

米中合意、中国の金融市場開放では内容乏しく

米中両国が15日に署名した「第1段階」の通商合意には、中国の40兆ドル規模の金融サービス市場の開放が盛り込まれた。ただ、中国は米国との貿易戦争に突入する以前から同市場開放に向けて取り組んでおり、目新しい内容は乏しかった。

米中合意、中国の金融市場開放では内容乏しく

米中両国が15日に署名した「第1段階」の通商合意には、中国の40兆ドル規模の金融サービス市場の開放が盛り込まれた。ただ、中国は米国との貿易戦争に突入する以前から同市場開放に向けて取り組んでおり、目新しい内容は乏しかった。

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。英国と欧州連合(EU)が前日に新たな離脱協定案で合意し、英国の無秩序なEU離脱が回避される見通しになったことで、ユーロ圏が景気後退(リセッション)を回避するとの期待が広がった。

米アメックス、第3四半期利益は予想上回る カード利用増加

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>が18日発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。買い物や支払いなどのカード利用が増加した。

NY市場サマリー(23日)

<為替> ドルが対ユーロで上昇した。米経済指標はまちまちの内容だったが、ユーロ圏の製造業とサービス業に関する経済指標がユーロ圏経済への懸念につながった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up