for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plc

AZN.L

現在値

7,958.00GBp

変化

229.00(+2.96%)

出来高

2,550,450

本日のレンジ

7,787.00

 - 

7,963.00

52週レンジ

5,871.00

 - 

10,120.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7,729.00
始値
7,849.00
出来高
2,550,450
3か月平均出来高
38.99
高値
7,963.00
安値
7,787.00
52週高値
10,120.00
52週安値
5,871.00
発行済株式数
1,312.32
時価総額
100,757.90
予想PER
26.21
配当利回り
2.79

次のエベント

AstraZeneca PLC at Credit Suisse Virtual Bus Tour

適時開示

その他

AstraZeneca Says Crestor To Be Divested To Grünenthal In Europe

19 vaccine 94.1% effective

AstraZeneca Says Forxiga Approved In Japan For Heart Failure

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plcとは

アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)は、バイオ医薬品会社である。【事業内容】製品の発見・開発・製造・販売を行う。腫瘍学、心血管・腎・代謝(CVRM)、呼吸器の3つの主な治療分野に焦点を当て、自己免疫、感染、神経科学の治療を選択的に追求する。CVRMでは、ロキサデュスタットを使用して心血管腎領域にポートフォリオを拡大し、慢性腎臓病(CKD)と心不全(HF)におけるSGLT2とGLP-1フランチャイズの利点を調査するために投資する。フェーズIには、26の新しい分子エンティティ(NME)を含む約38のプロジェクトと、12の腫瘍併用プロジェクトがある。25のNMEを含む、フェーズIIで約43のプロジェクト、フェーズIIに達したプロジェクトに対する6つの追加適応症、12の腫瘍併用プロジェクトがある。フェーズIIIとピボタルフェーズII試験または規制審査中にあり、開発後期段階にある約22のプロジェクトがある。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

1 Francis Crick Avenue

CB2 0AA

United Kingdom

+44.20.73045000

https://www.astrazeneca.com/Home

エグゼクティブリーダーシップ

Leif Johansson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Pascal Soriot

Chief Executive Officer, Executive Director

Marc Dunoyer

Chief Financial Officer, Executive Director

Katarina Ageborg

Executive Vice President - Sustainability, Chief Compliance Officer

Fiona Cicconi

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.11 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.5K

2018

22.1K

2019

24.4K

2020(E)

26.5K
EPS (USD)

2017

4.280

2018

3.460

2019

3.500

2020(E)

4.054
株価売上高倍率(過去12カ月)
54.31
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.24
株価純資産倍率(四半期)
11.11
株価キャッシュフロー倍率
21.54
総負債/総資本(四半期)
183.18
長期負債/資本(四半期)
153.78
投資利益率(過去12カ月)
5.59
自己資本利益率(過去12カ月)
3.93

最新ニュース

最新ニュース

EXCLUSIVE-米、2000万人がコロナワクチン年内接種も=FDA長官

米食品医薬品局(FDA)のハーン長官は4日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、FDAの諮問委員会が10日に開く審査会合後、迅速に行動するとし、年内に2000万人の国民が接種を受ける可能性があると語った。

コラム:容易でないワクチン普及 保管、人員、世論など障壁に

新型コロナウイルスワクチンを迅速に普及させるには、いくつかの障害を覚悟しなければならない。英国はこのほど一部ワクチンを承認し、他の西側諸国も数週間中に追随する構えだ。コロナ感染症に対して最もぜい弱な人々にいち早く接種することで、当局は感染を防ぐ制限措置の緩和に着手できるだろう。しかし保管、輸送、人員などの問題に加え、ワクチンに懐疑的な市民を啓蒙する必要もあり、普及が遅れる可能性はある。

韓国、アストラゼネカと新型コロナワクチン購入で合意=メディア

韓国政府は、英製薬大手アストラゼネカから新型コロナウイルスワクチンを購入することで同社と合意した。新型コロナの感染が再び拡大する中、ワクチン入手を急ぐ。複数の地元メディアが3日報じた。

コロナワクチン、国際基準に準じ欧州法規制に基づき審査=英当局

英医薬品当局は2日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、国際基準に準じて、欧州の法規制に基づき審査したと明らかにした。

英アストラゼネカのワクチン、1月下旬に治験結果も=米政府顧問

英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発する新型コロナウイルスワクチンは、来年1月下旬にも臨床試験(治験)結果が得られ、その後、ワクチンの緊急使用許可申請が提出される可能性がある。米政府のコロナワクチン開発加速計画「ワープ・スピード作戦」のモンセフ・スラウイ首席顧問が2日、明らかにした。

ファイザーのコロナワクチン、英が世界最速承認 来週接種開始へ

英政府は2日、米ファイザーが独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。来週から接種が始まる見通しだ。ファイザーの新型コロナワクチンの承認は世界初で、米国や欧州連合(EU)に先駆けて接種が始まる。

北朝鮮、J&Jなどにもサイバー攻撃の疑い コロナ情報狙い

北朝鮮系とみられるハッカー集団が、新型コロナウイルスの情報を狙って、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)など少なくとも9つの医療関連組織にサイバー攻撃を試みていたことが、複数の関係者による調べで分かった。

英、ファイザーの新型コロナワクチン承認 世界初

英政府は2日、米ファイザーが独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認した。来週から配布する予定としている。新型コロナワクチンの承認は世界初。

中国、北朝鮮の金委員長らにコロナワクチン候補提供=米専門家

中国は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とその家族などに対して、新型コロナウイルスのワクチン候補を提供した。米国の北朝鮮専門家が日本の情報筋の話として1日に明らかにした。

米、承認後最短24時間でコロナワクチン接種へ 11月感染者420万人

米政府の新型コロナウイルスのワクチン開発を加速する「ワープ・スピード作戦」のモンセフ・スラウイ首席顧問は1日、規制当局によるワクチン承認から24時間以内、最長でも36─48時間以内に、医療従事者らへの接種を開始する可能性があると述べた。

情報BOX:新型コロナワクチン、各国の入手時期と接種の進め方

新型コロナウイルスのワクチンで米製薬大手・ファイザーとドイツのバイオ企業・ビオンテック、これと別に米バイオ企業のモデルナが、約95%の有効性を示す臨床試験結果を発表。英製薬大手・アストラゼネカも今週、同社のワクチンの有効性が最大90%の可能性があると発表した。

NY市場サマリー(27日)ナスダック最高値、ドルは下落

<為替> ドル指数が約3カ月ぶりの低水準を付けた。中国の経済指標が好調だったことで、株式のほか高リスク通貨に資金が流れ、ニュージーランドドルは約3年ぶりの高値を更新した。

原油先物まちまち、週間では4週連続値上がり

米国時間の原油先物価格はまちまち。週間では北海ブレント先物、米WTI先物ともに4週連続で値上がりした。

米株はナスダック最高値、年末商戦が本格スタート

半日立会いとなった27日の米国株式市場では主要株価指数が上昇し、ナスダック総合が終値で過去最高値を更新した。米国では入院している新型コロナウイルス感染者が過去最多となる中、年末商戦が本格的にスタートした。

欧州市場サマリー(27日)

<ロンドン株式市場> 小幅に反発して取引を終えた。英国と欧州連合(EU)の交渉が難航していることや新型コロナウイルス危機による軟調な経済見通しを受け、国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は続落。週間ベースで1カ月ぶりのマイナスとなった。

ロンドン株式市場=反発、英EU交渉難航で中型株は続落

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6367.58 +4.65 +0.07 6362.93 ロンドン株式市場は小幅に反発して取引を終えた。英国と欧州連合(EU)の交渉が 難航していることや新型コロナウイルス危機による軟調な経済見通しを受け、国内銘柄が 多い中型株で構成するFTSE250種指数は続落。週間ベースで1カ月ぶりの マイナスとなった。 EUと英国は通商協定に関して大きな溝が残ると述べた。英国水域での漁業権、公平 な競争条件(国家補助金)、ガバナンス(紛争解決手続き)が主な争点。 今週は、新型...

10種類のコロナワクチン、来夏にも利用可能=製薬団体連合会

世界の製薬業界団体でつくる国際製薬工業団体連合会(IFPMA)のトーマス・クエニ事務局長は27日、規制当局の承認次第で来年半ばまでに10種類の新型コロナウイルスワクチンが利用できるようになるという見通しを示した。

アストラゼネカのワクチン、タイとフィリピンも確保へ

タイ政府は27日、英製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大学と共同開発している新型コロナウイルスワクチンについて、2600万回分の供給契約を締結したと発表した。

北朝鮮、英アストラゼネカにサイバー攻撃の疑い ワクチン狙いか

北朝鮮系とみられるハッカー集団が過去数週間、英製薬大手アストラゼネカにサイバー攻撃を試みていたことが、複数の関係者の話で分かった。同社が開発する新型コロナウイルスワクチンの情報が狙われたもようだが、成功しなかったという。

アジア通貨動向(27日)=取引閑散、インドGDPに注目

アジア通貨は米感謝祭の連休で取引が閑散としている。インドルピーは、7-9月のインド国内総生産(GDP)統計の発表を控え、横ばい。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up