for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plc

AZN.L

現在値

10,016.00GBp

変化

82.00(+0.83%)

出来高

1,676,293

本日のレンジ

9,784.00

 - 

10,072.00

52週レンジ

8,090.32

 - 

11,540.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,934.00
始値
10,030.00
出来高
1,676,293
3か月平均出来高
37.23
高値
10,072.00
安値
9,784.00
52週高値
11,540.00
52週安値
8,090.32
発行済株式数
1,549.50
時価総額
155,197.50
予想PER
16.38
配当利回り
2.21

次のエベント

AstraZeneca PLC at Sanford C Bernstein Pan European Strategic Decisions Conference

適時開示

その他

Ionis Says Provides Update On Development Program Evaluating PCSK9 Antisense Medicine For Treatment Of Hypercholesterolemia

Astrazeneca Says Ultomiris Approved In EU For GMG

Astrazeneca Says Evusheld Recommended For Approval In EU For Treatment Of Covid-19

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plcとは

アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)は、バイオ医薬品会社である。【事業内容】製品の発見・開発・製造・販売を行う。腫瘍学、心血管・腎・代謝(CVRM)、呼吸器の3つの主な治療分野に焦点を当て、自己免疫、感染、神経科学の治療を選択的に追求する。CVRMでは、ロキサデュスタットを使用して心血管腎領域にポートフォリオを拡大し、慢性腎臓病(CKD)と心不全(HF)におけるSGLT2とGLP-1フランチャイズの利点を調査するために投資する。フェーズIには、26の新しい分子エンティティ(NME)を含む約38のプロジェクトと、12の腫瘍併用プロジェクトがある。25のNMEを含む、フェーズIIで約43のプロジェクト、フェーズIIに達したプロジェクトに対する6つの追加適応症、12の腫瘍併用プロジェクトがある。フェーズIIIとピボタルフェーズII試験または規制審査中にあり、開発後期段階にある約22のプロジェクトがある。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

1 Francis Crick Avenue

CB2 0AA

United Kingdom

+44.20.73045000

https://www.astrazeneca.com/Home

エグゼクティブリーダーシップ

Leif Johansson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Pascal Soriot

Chief Executive Officer, Executive Director

Aradhana Sarin

Chief Financial Officer, Executive Director

Marc Dunoyer

Chief Executive Officer - Alexion, Chief Strategy Officer - AstraZeneca

Jeffrey A. Pott

Chief Human Resource Officer, General Counsel

統計

2.03 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

24.4K

2020

26.6K

2021

37.4K

2022(E)

43.6K
EPS (USD)

2019

3.500

2020

4.020

2021

5.290

2022(E)

6.634
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.83
株価純資産倍率(四半期)
4.69
株価キャッシュフロー倍率
26.34
総負債/総資本(四半期)
82.18
長期負債/資本(四半期)
75.55
投資利益率(過去12カ月)
-1.98
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.47

最新ニュース

最新ニュース

アストラゼネカが勝訴、コロナワクチン巡る米株主の訴訟

英製薬大手アストラゼネカが新型コロナウイルスワクチンの臨床試験に関する問題を隠したため、米当局によるワクチンの承認を得にくくなり株価が下落したとして、米株主が同社を相手取って起こした集団訴訟で、米マンハッタン連邦地裁は12日、株主側の訴えを退ける判決を下した。

仏サノフィと英GSK共同開発コロナワクチン、EU当局が数週で承認も

フランスの製薬大手サノフィ幹部は5日、欧州連合(EU)欧州議会の公聴会で、英同業グラクソ・スミスクライン(GSK)と共同開発した新型コロナウイルスワクチンの承認の是非を欧州医薬品庁(EMA)が数週間で決断する可能性があると表明した。

米ノババックスのコロナワクチン、欧州医薬品庁が追加接種支持

[ロンドン 1日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)は1日、米バイオ医薬品会社ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、既に2回接種を済ませている成人への追加接種を支持した。冬に感染が再び拡大する可能性に備える。

米政府、来年にコロナワクチン・治療薬供給の民間移行を想定=高官

米政府は向こう1年で、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の供給を民間ベースに移行していくことを想定している。オコネル厚生次官補(準備・対応担当)が30日、ブログで明らかにした。

アストラゼネカのコロナ治療薬、30日中にも特例承認=加藤厚労相

加藤勝信厚生労働相は30日の閣議後会見で、英アストラゼネカの新型コロナウイルス治療薬「エバシェルド」について、29日の厚労省専門部会での了承を踏まえ、30日中にも特例承認したいと述べた。

アストラゼネカのコロナ治療薬、30日中にも特例承認=加藤厚労相

加藤勝信厚生労働相は30日の閣議後会見で、英アストラゼネカの新型コロナウイルス治療薬「エバシェルド」について、29日の厚労省専門部会での了承を踏まえ、30日中にも特例承認したいと述べた。

アストラゼネカCEO、米薬価抑制制度は投資回収に打撃と主張

英製薬大手アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は23日のロイター・ニュースメーカーのインタビューで、先週成立した米国の歳出・歳入法に薬価抑制制度が盛り込まれたことについて、業界各社が新薬開発の投資費用を回収する能力が低下し、イノベーションを阻害すると主張した。

アストラ、ワクチン事業にとどまるか不確定 抗体医薬品強化へ=CEO

[ロンドン 23日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は23日、長期的にワクチン事業にとどまらない可能性があるという認識を示した。

サノフィが乳がん治療薬候補の開発打ち切り

仏製薬大手サノフィは、乳がん治療薬候補として商業化の期待が高かった「アムセネストラント」の開発を中止した。

訂正(15日配信の記事)-アストラと第一三共の乳がん治療薬、生存期間の改善を確認

(15日配信の記事で見出しの「第一製薬」を「第一三共」に、1段落目の「HER2低発現乳がん患者」を「HER2陽性乳がん患者」に訂正します)

ロンドン株式市場=続伸、鉱業株が好調

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。オーストラリアの資源大手BHPグループの好決算を受けて鉱業株 が買われ、相場を押し上げた。 ロンドン市場に上場するBHPグループの株価は5.5% 高。石炭などの商品価格の上昇を背景に、通期利益が2011年以来の 高水準になったことが好感された。 チリ産銅大手アントファガスタ、資源大手のリオ・ティン ト、スイスの商品取引・資源大手グレンコアも3.0 ─4.0%上昇。FTSE350種鉱業株指数は3.7 2%上げた。 英ファッションブランドのテッド・ベーカーはは16.9 %と急上昇。「ジューシークチュール...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英製薬のアストラゼネカや消費関連株が買われたのが相場を支えた。

ロンドン株式市場=続伸、アストラゼネカが買われる

週明けロンドン株式市場は続伸して取引 を終えた。英製薬のアストラゼネカや消費関連株が買われたの が相場を支えた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.22%高。 アストラゼネカは2.3%上昇。第一三共と共同開発した 乳がん治療薬「エンハーツ」について、HER2低発現乳がん患者のが ん進行を遅らせることを確認したと発表したことが好感された。 一方、中国の経済指標を受けて需要鈍化への懸念が高まり、商品価 格が値下がりしたため石油大手のシェル、英資源大手アングロ ・アメリカン、リオ・ティントは1.5─2.2%下落 した。 中国経済の健全性...

アストラと第一三共の乳がん治療薬、FDAが対象範囲広げ承認

米食品医薬品局(FDA)は5日、アストラゼネカと第一三共が共同開発する乳がん治療薬「エンハーツ」について、いわゆるHER2低発現乳がん患者への使用を承認した。使用できる患者の範囲が大幅に広がり、数十億ドル規模の売り上げ増加につながる可能性がある。

南ア、国内で初めてコロナワクチン原因の死亡例報告

南アフリカの保健当局は4日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンと直接因果関係のある死亡例を国内で初めて報告した。

英アストラゼネカ、第2四半期利益と売上高が予想上回る

[29日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカが29日発表した第2・四半期決算は、利益と売上高がアナリスト予想を上回った。がん治療薬が好調だった。

ロンドン株式市場=上昇、レキット・ベンキーザーとロイズが買われる

ロンドン株式市場は上昇して取引を終え た。石油株が上昇したほか、日用品のレキット・ベンキーザーや英銀大 手のロイズの好調な業績見通しも相場を支援した。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.36%高。 レキット・ベンキーザーは2.8%上昇し、約1年ぶりの高値 水準を付けた。大幅な値上げを受けて第2・四半期の売り上げが予想を 上回り、通期の売上高見通しを上方修正したことが好感された。 ロイズは4.1%高。増配や、急速な金利上昇を背景に通 期の収益性の見通しを引き上げたことが材料視された。 エクイティ・キャピタルの市場アナリスト、デービッド・マデン...

ロンドン株式市場=反落、ディフェンシブ銘柄に売り

HSBCアセット・マネジメントのマクロおよび投資ストラテジス ト、フセイン・メフディ氏は「生活費の高騰は英国の消費者主導の経済 に著しい圧力をかけている。これは景気後退のリスクが高いことを意味 する」とし、「それにもかかわらず最近の経済指標は依然として労働市 場が過熱し、国内のインフレ圧力を高める要因となっていることを示し ており、賃金・物価スパイラルの進行リスクを抑えるために英中銀は超 タカ派的姿勢を維持する可能性が高い」と述べた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.61%高。 市場関係者は、ジョンソン英首相の後任を選出する与党保守党...

ロンドン株式市場=続伸、商品関連株がけん引

週明けロンドン株式市場は続伸して取引 を終えた。商品関連株が上昇したほか、世界的に投資家心理が改善した ことも相場を押し上げた。 ドルの下落や、ロシアからの供給減少への警戒感を背景に原油先物 が値上がりしたため、石油大手のシェル、BPはそれぞ れ2.4%、2.5%上昇した。 スイスの商品取引・資源大手グレンコア、資源大手のリオ ・ティントはそれぞれ3.2%、2.9%上昇。中国当局が不 動産市場の危機を回避するための措置を打ち出したことやドル安が好感 されて、金属価格が値上がりしたことが押し上げ要因だった。 中型株で構成するFTSE250...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。石油株やディフェ ンシブ銘柄が買われたのが相場を押し上げた。 石油大手のシェル、英製薬のアストラゼネカ、ブ リティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が2.7─3. 2%上昇。中型株で構成するFTSE250種指数は1.91 %上げた。 ただ、中央銀行による積極的な利上げや世界経済の急減速への懸念 を背景に、FTSE100種は週間ベースで0.52%下げた 。 イングランド銀行(英中央銀行)のラムスデン副総裁は14日、持 続的な物価上昇を繰り返さないために、金利をさらに上げる必要がある との考えを...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up