for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plc

AZN.L

現在値

8,480.00GBp

変化

21.00(+0.25%)

出来高

1,722,145

本日のレンジ

8,440.00

 - 

8,525.00

52週レンジ

6,499.80

 - 

8,923.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,459.00
始値
8,452.00
出来高
1,722,145
3か月平均出来高
50.80
高値
8,525.00
安値
8,440.00
52週高値
8,923.00
52週安値
6,499.80
発行済株式数
1,549.12
時価総額
131,039.70
予想PER
22.60
配当利回り
2.55

次のエベント

Q2 2021 AstraZeneca PLC Earnings Release

適時開示

その他

EMA Says GBS To Be Listed As Very Rare Side Effect Of COVID-19 Vaccine Janssen

EMA Expects Advice On Moderna Vaccine Use For Teens At End Of Next Week

AstraZeneca Says Alexion Transaction Cleared In The UK

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plcとは

アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)は、バイオ医薬品会社である。【事業内容】製品の発見・開発・製造・販売を行う。腫瘍学、心血管・腎・代謝(CVRM)、呼吸器の3つの主な治療分野に焦点を当て、自己免疫、感染、神経科学の治療を選択的に追求する。CVRMでは、ロキサデュスタットを使用して心血管腎領域にポートフォリオを拡大し、慢性腎臓病(CKD)と心不全(HF)におけるSGLT2とGLP-1フランチャイズの利点を調査するために投資する。フェーズIには、26の新しい分子エンティティ(NME)を含む約38のプロジェクトと、12の腫瘍併用プロジェクトがある。25のNMEを含む、フェーズIIで約43のプロジェクト、フェーズIIに達したプロジェクトに対する6つの追加適応症、12の腫瘍併用プロジェクトがある。フェーズIIIとピボタルフェーズII試験または規制審査中にあり、開発後期段階にある約22のプロジェクトがある。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

1 Francis Crick Avenue

CB2 0AA

United Kingdom

+44.20.73045000

https://www.astrazeneca.com/Home

エグゼクティブリーダーシップ

Leif Johansson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Pascal Soriot

Chief Executive Officer, Executive Director

Marc Dunoyer

Chief Financial Officer, Executive Director

Jeffrey A. Pott

Chief Human Resource Officer, General Counsel

Katarina Ageborg

Executive Vice President - Sustainability, Chief Compliance Officer

統計

1.86 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

22.1K

2019

24.4K

2020

26.6K

2021(E)

32.6K
EPS (USD)

2018

3.460

2019

3.500

2020

4.020

2021(E)

5.133
株価売上高倍率(過去12カ月)
38.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.54
株価純資産倍率(四半期)
10.59
株価キャッシュフロー倍率
26.04
総負債/総資本(四半期)
139.51
長期負債/資本(四半期)
123.87
投資利益率(過去12カ月)
9.63
自己資本利益率(過去12カ月)
6.48

最新ニュース

最新ニュース

新型コロナワクチン、デルタ株にもほぼ同等の効果=研究結果

新型コロナウイルス変異株に対するワクチンの有効性について、英アストラゼネカと米ファイザー製のワクチンの接種を2回受ければ、「デルタ株」に対しても「アルファ株」とほぼ同等の効果があることが確認された。

台湾仏教団体、ビオンテックのコロナワクチン500万回分購入へ

台湾の仏教団体である慈済基金会は21日、独ビオンテックの新型コロナウイルスワクチン500万回分を、同社と中国での販売契約を結んでいる上海復星医薬を通じて購入すると明らかにした。

豪でコロナ新規感染者が大幅増、ロックダウン解除期待に水差す

オーストラリアの人口が最も多い2つの州が21日報告した新型コロナウイルス新規感染者は前日から大幅に増加した。全人口の半数を対象とするロックダウン(都市封鎖)の早期解除期待に水を差した。

イラン、首都と近隣州を1週間封鎖 1日のコロナ感染者が過去最多に

イランは20日、新型コロナウイルス感染第5波で1日当たりの新規感染者数が過去最多を記録した事態を受け、感染拡大抑制のため首都テヘランと近隣のアルボルズ州に1週間のロックダウン(都市封鎖)を発動した。国営テレビが報じた。

アストラゼネカのタイ向けコロナワクチン供給、政府の主張と齟齬

英製薬大手アストラゼネカがタイ政府に約束した新型コロナウイルスワクチンの供給量は政府が主張する1カ月当たり1000万回分ではなく、およそ600万回分だったことが明らかになった。

台湾、独自コロナワクチン候補の緊急使用許可 メディゲン製

台湾当局は19日、台湾のワクチンメーカー、メディゲン・ワクチン・バイオロジクス(高端疫苗生物製剤)の新型コロナウイルスワクチン候補の緊急使用と生産を許可した。

アフリカ派遣の韓国軍艦でクラスター、乗組員の8割がコロナ陽性

アフリカ東部ソマリア沖のアデン湾に派遣されている韓国海軍の駆逐艦で、乗組員の80%に当たる247人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。韓国軍ではこれまでで最大のクラスター(集団感染)となった。

仏、ワクチン接種完了者の入国要件緩和 未接種者は一部制限強化

フランスのカステックス首相は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した渡航者の入国要件を緩和する一方、一部の国を対象にワクチンを接種していない渡航者への制限を強化すると発表した。国内の感染再拡大に対応する。

英保健相が新型コロナ陽性、症状軽く自宅から職務継続

英国のジャビド保健相は17日、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことをツイッターで明らかにした。ただ、ワクチンを2回接種済みで症状は軽いと説明。自主隔離するとともに自宅から職務を続けると付け加えた。

ロンドン株式市場=続落、軟調な鉱業株と新型コロナ感染急増で

(26日から表は本文の下に表示します) [16日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7008.09 -3.93 -0.06 7012.02 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。鉱業株が軟調だったこ とや、新型コロナウイルス感染の急増により経済活動再開への期待が後 退した。 FTSE350種工業用金属指数と貴金属株指数<. FTNMX551030>は2.80%と1.81%下落した。 銀行株指数は1.65%値を下げた。 英イングランドの主任医務官は、驚くほど早く困難な事態に陥る恐...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。製薬と エネルギー株が売られ、全体水準を押し下げた。1週間ぶりの大幅なマイナスとなった。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は2.87%下落し た。個別銘柄では製薬のアストラゼネカとグラクソ・スミスクライン(GSK)< GSK.L>の値下がりが目立った。 石油・ガス株指数は2.56%下落。石油大手のロイヤル・ダッチ・ シェルとBPがそれぞれ2.5%、2.9%下がった。 一方、サイバーセキュリティーソフト会社アバストは18.1%急騰。米国 の同業ノートンライフロックとの合併に向けて交渉...

ロンドン株式市場=続落、製薬とエネルギー株売られる

(26日から表は本文の下に表示します) [15日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7012.02 -79.17 -1.12 7091.19 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。製薬とエネルギー株が 売られ、全体水準を押し下げた。1週間ぶりの大幅なマイナスとなった 。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は 2.87%下落した。個別銘柄では製薬のアストラゼネカとグ ラクソ・スミスクライン(GSK)の値下がりが目立った。 石油・ガス株指数は2.56%下落。石油大手のロ イヤル・ダッチ・シェル...

訂正-アストラゼネカの米アレクシオン買収、英当局が承認 来週完了へ

英競争規制当局の競争・市場庁(CMA)は14日、英国の製薬大手アストラゼネカによる米国の製薬会社アレクシオンの買収を承認したと発表した。

ロンドン株式市場=続落、ポンド高で輸出銘柄売られる

(26日から表は本文の下に表示します) [14日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7091.19 -33.53 -0.47 7124.72 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。ポンド高に伴い大半の 利益を国外で上げる多国籍企業の株価が下がった。物価の急上昇と新型 コロナウイルス感染の急増を受け、経済活動の再開が遅れるとの懸念が 浮上した。 英国の6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.5%上昇 し、約3年ぶりの高い伸びとなった。イングランド銀行(中央銀行)が 目標とする...

欧州医薬品庁、コロナワクチンの混合接種推奨せず

欧州医薬品庁(EMA)は14日、異なる製薬メーカーの新型コロナウイルスワクチン混合接種の推奨を控えると発表した。また追加接種(ブースター)の必要性や必要となる時期について正式に発表するのは時期尚早とした。

タイ、アストラゼネカワクチンの輸出規制検討

タイの国家ワクチン機関(NVI)のナコーン長官は14日、タイ国内で製造するアストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、輸出を規制することを検討していると語った。他のアジア諸国への供給に影響する可能性がある。

ベトナム、アストラ製ワクチン接種者に2回目はファイザー製使用へ

ベトナム政府は13日、新型コロナウイルスワクチンについて、1回目に英アストラゼネカ製を接種した人に対し、2回目は米ファイザーと独ビオンテックの共同開発ワクチンを選択できるようにする方針を明らかにした。

欧州医薬品庁、J&Jワクチン接種後の神経障害発症問題を調査

欧州医薬品庁(EMA)は13日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種後に神経障害を発症した事例について調べていると表明した。

ロンドン株式市場=横ばい、旅行やエネルギー株売られる

(26日から表は本文の下に表示します) [13日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7124.72 -0.70 -0.01 7125.42    ロンドン株式市場は横ばいで取引を終えた。新型コロナウイルス感 染の急増を受け経済活動再開に関する懸念が高まり、旅行やエネルギー 株が売られた。銀行株も軟調だった。 FTSE350種銀行株指数は日中に2%超値を上 げた後、0.80%下落して取引を終えた。イングランド銀行(英中央 銀行)が、新型コロナ危機を受けて大手銀行を対象に実施していた配当...

WHO、異種コロナワクチン混合接種「危険な傾向」 注意促す

世界保健機関(WHO)の主任科学者ソミヤ・スワミナサン氏は、異なるメーカーの新型コロナウイルスワクチン混合接種は「危険なトレンド」とし、避けるよう提言した。健康への影響を見極めるために一段のデータが必要との認識も示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up