for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plc

AZN.L

現在値

7,000.00GBp

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

5,626.00

 - 

8,227.89

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7,000.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
53.30
高値
--
安値
--
52週高値
8,227.89
52週安値
5,626.00
発行済株式数
1,312.23
時価総額
91,051.48
予想PER
--
配当利回り
3.12

次のエベント

Q1 2020 AstraZeneca PLC Earnings Release

適時開示

その他

Astrazeneca UK Ltd Discloses 5.32% Stake In Silence Therapeutics As Of March 30 - Filing

Astrazeneca Says Imfinzi Approved In The U.S. For Extensive-Stage Small Cell Lung Cancer

AstraZeneca Says Lokelma Approved In Japan For Hyperkalaemia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plcとは

アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)は、バイオ医薬品会社である。【事業内容】製品の発見・開発・製造・販売を行う。腫瘍学、心血管・腎・代謝(CVRM)、呼吸器の3つの主な治療分野に焦点を当て、自己免疫、感染、神経科学の治療を選択的に追求する。CVRMでは、ロキサデュスタットを使用して心血管腎領域にポートフォリオを拡大し、慢性腎臓病(CKD)と心不全(HF)におけるSGLT2とGLP-1フランチャイズの利点を調査するために投資する。フェーズIには、26の新しい分子エンティティ(NME)を含む約38のプロジェクトと、12の腫瘍併用プロジェクトがある。25のNMEを含む、フェーズIIで約43のプロジェクト、フェーズIIに達したプロジェクトに対する6つの追加適応症、12の腫瘍併用プロジェクトがある。フェーズIIIとピボタルフェーズII試験または規制審査中にあり、開発後期段階にある約22のプロジェクトがある。

連絡先

1 Francis Crick Avenue

CB2 0AA

United Kingdom

+44.20.73045000

https://www.astrazeneca.com/Home

エグゼクティブリーダーシップ

Leif Johansson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Pascal Soriot

Chief Executive Officer, Executive Director

Marc Dunoyer

Chief Financial Officer, Executive Director

Katarina Ageborg

Executive Vice President - Sustainability, Chief Compliance Officer

Fiona Cicconi

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.18 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.5K

2018

22.1K

2019

24.4K

2020(E)

26.6K
EPS (USD)

2017

4.280

2018

3.460

2019

3.500

2020(E)

3.954
株価売上高倍率(過去12カ月)
82.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.61
株価純資産倍率(四半期)
8.56
株価キャッシュフロー倍率
22.52
総負債/総資本(四半期)
138.85
長期負債/資本(四半期)
123.54
投資利益率(過去12カ月)
2.90
自己資本利益率(過去12カ月)
2.01

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を下回る

<16:03> 日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。終値は5日移動平均線(1万9120円53銭=31 日)を下回り、上値の重さを意識させる。 25日に引いた「大陽線」から上下どちらかの方向に動きそうな状況だが、トレンドの方向性を明確に 示すのは同日の高値・安値いずれかを抜けてからになりそうだ。 <15:47> マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「個 人投資家に逆張りの動きが出たが、...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い

<15:47> マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「個 人投資家に逆張りの動きが出たが、まだ打診買いの域を出ていない」(ストラテジスト)との声が出ていた 。 マザーズ市場では、関通 、AI CROSS 、トレンダーズ が一時ストッ プ高。Jストリーム 、フィードフォース は売られた。 きょうマザーズ市場に新規上場したMacbee Planet は公開価格を28.3%上回 る2348円で初値を形成。1848円で取引を終えた。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏に下落、仕掛け的な売りか

<13:14> 日経平均は安値圏に下落、仕掛け的な売りか 日経平均は後場、前日終値を挟んでもみあっていたが、一時的に下押し圧力が強まり、きょうの安値を 付けた。市場からは「前引けでTOPIXがプラスとなり、日銀がETF(上場投資信託)の買い入れはな いとみた向きが仕掛け的な売りを出したのではないか」(国内証券)との声が出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は反発、予想を上回った中国PMIを好感 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比148円53銭高の1万9233円50銭となり、反発 した。前日の米国株式市場が反発したほか、立ち会...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、予想を上回った中国PMIを好感

<11:50> 前場の日経平均は反発、予想を上回った中国PMIを好感 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比148円53銭高の1万9233円50銭となり、反発 した。前日の米国株式市場が反発したほか、立ち会い時間中に発表された中国のPMIが予想を上回ったこ とが好感され、景気敏感株を中心に買い優勢となった。きょうは年度末最終で期末株価が注目されるが、そ うした中で、日銀が購入した上場投資信託(ETF)の買いコストとなる損益分岐点の攻防が意識されてい る。 30日の米国株式市場はヘルスケア関連株などに買い戻しが入り反発。投資家は新型コロナウイルス...

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> ロンドン株式市場は反発して取 引を終えた。製薬のアストラゼネカが買われたほか、ポンド安を受け輸出銘柄が 値を上げた。 アストラゼネカは4.4%上昇した。米食品医薬品局(FDA)が、治療歴のない進 展型小細胞肺がん患者の治療薬として同社の薬品を認めた。 格付け会社フィッチが英国の長期債務格付けを引き下げたことでポンドが値を下げ、 ドルで収益を上げる輸出銘柄の押し上げ要因となった。 ただ、市場は総じて慎重だった。投資家は、過去数週間に各国が導入した大規模な景 気刺激策を巡り、世界経済を下支えするのに十分かどうかについて...

ロンドン株式市場=反発、アストラゼネカ買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5563.74 +53.41 +0.97 5510.33 週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。製薬のアストラゼネカが 買われたほか、ポンド安を受け輸出銘柄が値を上げた。 アストラゼネカは4.4%上昇した。米食品医薬品局(FDA)が、治療歴のない進 展型小細胞肺がん患者の治療薬として同社の薬品を認めた。 格付け会社フィッチが英国の長期債務格付けを引き下げたことでポンドが値を下げ、 ドルで収益を上げる輸出銘柄の押し上げ要因となった。 ただ、市場は総じて慎重...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、底入れ期待膨らむ

<16:40> 日経平均・日足は「大陽線」、底入れ期待膨らむ 日経平均・日足はわずかな上ヒゲを伴う「大陽線」。底入れ期待を膨らませている。 1月17日の年初来高値から7500円超の下落となっていた日経平均は、連日の急騰を 受け約3分1以上回復した。 市場からは「次のターゲットは半値戻しとなるが、その間にPBR1倍の水準と25 日移動平均線(2万0159円25銭=25日)が視野に入る。短期的には25日移動平 均線が上値抵抗線として働くだろう」(国内証券)との声が出ていた。 <15:45> 新興株市場は堅調、日経平均に連れ高 幅広い銘柄が買...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、日経平均に連れ高 幅広い銘柄が買われる

<15:45> 新興株市場は堅調、日経平均に連 れ高 幅広い銘柄が買われる 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに続騰。新型コロナ対 策法案で米上院とトランプ政権幹部が合意に達したと伝わった後、日経平均は急速に上げ 幅を拡大。これに伴い新興株市場でも幅広い銘柄が物色され、マザーズ指数は4.44% 高、ジャスダック指数は5.91%高となった。 マザーズ市場では、メルカリ 、そーせいグループ 、フリー 、関通 が上昇。Amazia 、マネーフォワード 、Sansa n は下落した。 マザース市場に新規上場したヴィス は公開価格...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、1200円超高 米株先物は経済対策巡り下げ渋り

<14:30> 日経平均は上げ幅拡大、1200円超 高 米株先物は経済対策巡り下げ渋り 日経平均は上げ幅拡大、前営業日比1200円ほど高い1万9200円台後半での推 移となっている。米株先物は下げ渋り。一部のメディアで、新型コロナウイルスの経済対 策を巡り、米上院とトランプ政権幹部が合意したと伝わったことが材料視されているとい う。 そのほか、市場からは「ショートカバーが継続している。今週は期末最後の週となる など、需給が特殊な1週間。ポジション調整が出やすい局面でもある」(国内証券)との 声が出ていた。 <13:32> 日経平均は高値圏...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、上値追いには慎重

<13:32> 日経平均は高値圏でもみあい、上値追いには慎重 日経平均は高値圏でもみあい、前営業日比1000円ほど高い1万9100円近辺で もみあっている。きょうのアジア株式市場は堅調。ソウル株式市場の総合株価指数(KO SPI) は4%超高、香港ハンセン指数 は2%超高、上海総合指数 は1.5%超高での推移となっている。 市場からは「アジア株が下支えとなっているが、米株先物が小幅安となっているため 、上値追いには慎重にならざるを得ない」(みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの 三浦豊氏)との声が出ていた。 <11:45> 前場の日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続騰、1036円高で1万9000円台回復

<11:45> 前場の日経平均は続騰、1036円高で1万9000円台回復 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比1036円86銭高の1万9129円 21銭となり、続騰した。前日の米国株式市場が史上最大の上げ幅になったことを受け、 朝方から幅広く買いを集めている。中だるみの場面があったものの、買い戻しが活発化し 、1000円以上の上昇幅となり、3月12日以来の1万9000円台回復となった。 24日の米国株式市場は、米議会で新型コロナウイルス対策法案の可決が近いと伝わ ったことで大幅高で終了。ダウ工業株30種は2112ドル(11.4%)...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日移動平均線を11日ぶりに上回る

<16:30> 日経平均・日足は「中陽線」、5日移動平均線を11日ぶりに上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」。終値(1万6887円78銭=23 日)は11営業日ぶりに5日移動平均線(1万6836円15銭=同日)を上回った。目 先的には自律反発が意識されている。 市場からは「このところ日経平均は一本調子で下がってきて、純資産倍率(PBR) はリーマン・ショック時の水準である0.8倍となった。売りにくいなか、日銀のETF (上場投資信託)買いの期待もあり、自律反発の領域に入りつつある」(みずほ証券・シ ニアテクニカルアナリスト...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、日経平均に連れ高 個別物色が中心

<16:00> 新興株市場は反発、日経平均に連 れ高 個別物色が中心 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場か らは「日経平均が切り返し1万7000円台回復したことによって、新興株も連れ高とな った。個別物色が中心」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)と の声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス<2 702.T>、ユニバーサルエンターテインメント が上昇。セリア 、リプロセ ル は下落した。 マザーズ市場では、弁護士ドットコム 、Amazia...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、今晩は米株安との見方優勢 SBGは一時ストップ高

<14:29> 日経平均は上げ幅縮小、今晩は米株安との見方優勢 SBGは一時 ストップ高 日経平均は1万6800円台前半。一時1万7000円台を回復し496円高の上昇 となったが、その後は上げ幅を縮小している。市場からは「年金の買いや日銀のETF買 い入れで買い戻しを誘ったが、今晩の米国株式市場は下がるとみている投資家が多く、日 計りの投資家が売り始めているのではないか」(国内証券)との声が出ていた。 個別ではソフトバンクグループ が自己株取得と負債削減のために最大4.5 兆円の保有資産売却・資金化を決定したと発表したことが好感され、一時...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、一時376円高 年金の買いも

<13:05> 日経平均は上げ幅拡大、一時376円高 年金の買いも 日経平均は後場上げ幅拡大、一時前営業日比376円57銭高の1万6929円40 銭まで上げ幅を拡大した。その後は300円ほど高い1万6800円台半ばを推移してい る。日銀のETF(上場投資信託)買いに対する期待に加え、年金などの買いが下支えと なっているという。市場からは「商いは膨らんでおり、今のペースであれば4兆円を超え る。先週から年金と個人の買いが目立っているが、個人中心であればここまで商いは膨ら まない。相当年金の買いが入っていることが考えられる」(国内証券)との...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、日銀ETF買い期待が下支え要因に

<11:35> 前場の日経平均は反発、日銀ETF買い期待が下支え要因に 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比80円63銭高の1万6633円46 銭となり、反発した。時間外取引で米株先物が軟化したほか、アジア株式市場も波乱商状 となる中で、買い戻す動きが活発化し底堅く推移した。引き続き環境は厳しいものの、日 銀のETF(上場投資信託)買いに対する期待も下支え要因になっているという。 新型コロナウイルスの影響はとどまるところを知らず、世界各国では外出禁止令を実 施する国が増えたほか、東京オリンピック・パラリンピックの延期も現実味を帯び...

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。イング ランド銀行(英中銀)が、新型コロナウイルスの感染拡大による景気への打撃を抑えるた め政策金利を過去最低水準まで引き下げたほか資産買い入れを拡大したことが相場を押し 上げた。 ポンドは約35年ぶりの安値から持ち直したが、安値圏にあることから、酒造大手の ディアジオや石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル、製薬のアストラゼ ネカなどの輸出銘柄が買われた。 英中銀はここ1週間余りで2度目の緊急利下げを実施。政策金利を0.1%まで引き 下げ、債券の買い取り枠を2000億ポンド拡大した。買い入れペース...

ロンドン株式市場=反発、緊急利下げなど英中銀の支援策で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5151.61 +71.03 +1.40 5080.58 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。イングランド銀行(英中銀)が、新型コ ロナウイルスの感染拡大による景気への打撃を抑えるため政策金利を過去最低水準まで引 き下げたほか資産買い入れを拡大したことが相場を押し上げた。 ポンドは約35年ぶりの安値から持ち直したが、安値圏にあることから、酒造大手の ディアジオや石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル、製薬のアストラゼ ネカなどの輸出銘柄が買われた。 英中銀はここ1...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数4.9%安 TKPがストップ安比例配分

<16:32> 新興株市場は軟調、マザーズ指数4.9%安 TKPがストップ安比例配分  新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落となった。マザーズは 時価総額上位銘柄の売りが目立ち、前日比4.9%安で取引を終えた。 マザーズ市場では、貸会議室大手ティーケーピー が新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念 されストップ安比例配分。メルカリ 、そーせいグループ が13%超安となった。半面、S ansan 、フリー 、弁護士ドットコム は買われた。 マザース市場に新規上場した日本インシュレーション は公開価格を7...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、NT倍率が12台まで急低下

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、NT倍率が12台まで急低下   日経平均・日足は「中陰線」。17日の昨年来安値1万6378円94銭を若干ながら割り込み、引き 続き下値警戒感は消えていない。今回も5日移動平均線(1万6944円80銭=19日)に頭を抑えられ る格好となったが、終値が同線を上回らない限り、自律反発さえ見込めない状況になる。 蛇足的になるが、TOPIXは徐々に底堅さを増しており、目先底入れを期待させる動きとなった。T OPIXのチャートが心理的に好影響を与える可能性がある。ただ、NT倍率は直近1週間で13.81倍...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up