for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plc

AZN.L

現在値

7,690.00GBp

変化

116.00(+1.53%)

出来高

1,707,641

本日のレンジ

7,540.00

 - 

7,773.00

52週レンジ

5,626.00

 - 

8,227.89

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7,574.00
始値
7,585.00
出来高
1,707,641
3か月平均出来高
30.60
高値
7,773.00
安値
7,540.00
52週高値
8,227.89
52週安値
5,626.00
発行済株式数
1,312.14
時価総額
100,206.70
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

AstraZeneca PLC at Leerink Global Healthcare Conference

適時開示

その他

AstraZeneca CEO says not seen operational disruption in China

AstraZeneca Says 2020 Rev Growth To Depend On Impact Of Coronavirus

Cellink Announces Extension Of Collaboration With Astrazeneca

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

AstraZeneca plcとは

アストラゼネカ(AstraZeneca PLC)はグローバルな生物医薬会社である。【事業内容】同社は心臓血管、胃腸、感染症、神経科学、腫瘍学及び呼吸・炎症の6つ健康分野向けに処方薬の発見・開発及び商業化を行う。同社は抗生剤などの病気治療薬、酸関連疾患治療用の「Merrem/Meronem」及び「Losec/Prilosec」を含む各種薬剤を提供する。同社商品には「Crestor」、「Atacand」、「Seloken/Toprol-XL」、「Plendil」、「Onglyza」、「Zestril」、「Symbicort」及び「Zoladex」等がある。同社は世界中で複数の研究開発(R&D)施設、生産販売施設を保有・運営する。同社は中国、メキシコ、ブラジル及びロシア等100以上の国で事業を展開している。平成23年8月31日、同社はDENTSPLY International IncへのAstra Tech事業の売却を完了した。

連絡先

1 Francis Crick Avenue

+44.20.73045000

https://www.astrazeneca.com/Home

エグゼクティブリーダーシップ

Leif Johansson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Pascal Soriot

Chief Executive Officer, Executive Director

Marc Dunoyer

Chief Financial Officer, Executive Director

Katarina Ageborg

Executive Vice President - Sustainability, Chief Compliance Officer

Fiona Cicconi

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.11 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.5K

2018

22.1K

2019

24.4K

2020(E)

26.5K
EPS (USD)

2017

4.280

2018

3.460

2019

3.500

2020(E)

4.163
株価売上高倍率(過去12カ月)
95.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.33
株価純資産倍率(四半期)
9.90
株価キャッシュフロー倍率
26.05
総負債/総資本(四半期)
138.85
長期負債/資本(四半期)
123.54
投資利益率(過去12カ月)
2.90
自己資本利益率(過去12カ月)
2.01

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下回る

<15:56> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。上ヒゲが実体と下ヒゲを合わせたものより長い「上影陰線」で、投資家 の失望感を表している。 いったん25日移動平均線(2万3555円55銭=21日)と75日移動平均線(2万3515円9 5銭=同)を突き抜けたが、その後、失速。終値は5日移動平均線(2万3396円73銭=21日)や一 目均衡表の雲下限を下回った。心理的節目の2万3000円を下回らなければ調整の範囲内との見方もある が、相場の弱さを意識させ、目先は弱含みの展開となる可能性がある。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、週末前に短期資金が流入

<15:36> 新興株市場はしっかり、週末前に短期資金が流入  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「週末を控え て大型株に手を出しづらい中、材料のある小型株に短期資金が向かった」(ネット系証券)との声が出てい た。 ジャスダック市場では、ザインエレクトロニクス がストップ高比例配分。AI顔認証システム を用い、他人数の体温を非接触で検知できるソリューションを発売すると発表。新型コロナウイルス対策と して需要の高まりが期待された。 このほか、第一商品 が23%超の上昇。金相場の上昇にともない、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前日終値近辺で小動き、3連休前に手控えムード

   <13:18> 日経平均は前日終値近辺で小動き、3連休前に手控えムード 日経平均は前日終値近辺で小動き、2万3400円台半ばで推移している。日本が3連休前ということ もあり、手控えムードが出ている。 新型コロナウイルスによる肺炎について、市場では「いつかは収束するもので、どこまでも企業業績や 景気の足を引っ張るとは思わないが、足元の1─3月期、次の4─6月期までは影響が出るだろう。株価上 昇の原動力となっていた来期の業績回復期待が少ししぼんだ」(国内証券)との声が出ていた。 ただ 過去に疫病が流行したケースでは、その間止まっていた...

前場の日経平均は反落、円高支えになるが週末で模様眺めに

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比65円34銭安の2万3413円81銭となり、反落した。前日の米国株式市場は下落したものの、外為市場で円安が進んだことが支えとなり、安寄りした後は一時プラスとなる場面もあった。ただ、週末とあって次第に模様眺め気分が強まり、前場終盤はジリ安となり、きょうの安値付近で前引けた。

焦点:新型肺炎、新薬開発の中国投資熱に冷や水

新型コロナウイルスの感染拡大が、中国で活発化していた新薬臨床試験の妨げになり始めた。中国が持つさまざまな潜在力を利用しようと、これまで数十億ドルを投資してきた世界的な大手製薬会社にも、誤算が生じかねない事態だ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目先は上値重い

<15:57> 日経平均・日足は「小陰線」、目先は上値重い  日経平均・日足は「小陰線」。ほぼ上ヒゲのない「陰の寄り付き坊主」のような形状で、投資家の失望 感を表している。75日移動平均線(2万3494円85銭=18日)を下回り、日足一目均衡表の雲も下 抜けるなど目先的に上値の重さが意識される。 一方、心理的節目の2万3000円を割り込まなければ調整の範囲内との見方もある。騰落レシオ(東 証1部、25日平均)は71%台と安値圏。各種オシレーター系指標も売られ過ぎ圏内に近づいており、自 律反発のタイミングがくる可能性もある。 <15:08...

〔マーケットアイ〕株式:東証マザーズ指数は3日続落、投資家心理悪化で「底打ち感なし」

<15:08> 東証マザーズ指数は3日続落、投資家心理悪化で「底打ち感なし」 新興株市場で、日経ジャスダック平均は5日続落、東証マザーズ指数は3日続落となった。「新型コロ ナウイルスの国内感染拡大などがセンチメントを悪化させ、日本株全体の上値が重い。個人の狼狽売りも出 やすく、新興株市場は底を打った感じがしない」(東海東京調査センターのシニアストラテジスト、中村貴 司氏)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、大木ヘルスケアホールディングス が値下がり率1位。コスモ・バイオ は反落。半面、中京医薬品 は一時ストップ高。大塚家具 、多摩川...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、今晩のアップル株の動きに関心

<13:50> 日経平均は後場軟調、今晩のアップル株の動きに関心   日経平均は後場軟調、一時2万3133円60銭まで下落した。台湾株や韓国株などアジアの株価指数 がマイナス圏で推移しており、投資家心理は上向いていない。米アップルによる1─3月期売上高予想未達 の発表を受け、休日明けの米国株市場とアップル株がどのような動きになるかも注目されているという。 市場からは「アップル株が向こう何日か下げると雰囲気は悪くなるが、思ったより下げなければ、全体 的に米国株は堅調なので相場が大きく崩れない可能性もある」(国内証券)との声も聞かれた。 <...

前場の日経平均は大幅続落、アップル決算見通しを嫌気

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比285円80銭安の2万3237円44銭となり、大幅続落した。1─3月期の売上高が会社予想に届かない見通しだと米アップル<AAPL.O>が発表したことを受け、電子部品株や半導体関連株を中心に幅広く売られた。新型コロナウイルスによる感染拡大の景気への影響が、さらに広がるとの不安を増幅させている。

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。決算が 嫌気された製薬のアストラゼネカと銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコット ランド(RBS)が重しとなった。新型コロナウイルスによる世界経済への打撃 も依然として不安材料。 新型ウイルスの感染拡大が頭打ちになる兆しがない中、市場は各中央銀行による緩和 策を見込んでいる。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は今週、コロナウイルス の感染拡大による打撃が世界経済に波及するリスクを警告した。 コモディティー(商品)は、中国の需要の伸びが鈍化するとの見方から値下がりして いる。コモディティー...

欧州株式市場=続落、英仏株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 430.52 -0.56 -0.13 431.08 FTSEユーロファース 1678.49 -2.58 -0.15 1681.07 ト300種 ユーロSTOXX50種 3840.97 -5.77 -0.15 3846.74 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。英国とフランス株の値下がりが目立った。 英製薬のアストラゼネカは4.3%安だった。新型コロナウイルスの感染拡 大による打撃を考慮すると、今年は売り上げの伸びが鈍化する可能性があると...

ロンドン株式市場=続落、アストラゼネカとRBSに売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7409.13 -42.90 -0.58 7452.03 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。決算が嫌気された製薬のアストラゼネカ と銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が重しと なった。新型コロナウイルスによる世界経済への打撃も依然として不安材料。 新型ウイルスの感染拡大が頭打ちになる兆しがない中、市場は各中央銀行による緩和 策を見込んでいる。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は今週、コロナウイルス の感染拡大による打撃が世界経済に...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、直近IPO銘柄や新型肺炎関連の物色が中心

<15:30> 新興株はまちまち、直近IPO銘柄や新型肺炎関連の物色が中心 新興株市場で、日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は反発となった。直近IPO銘柄や新 型肺炎銘柄を中心に物色された。 ジャスダック市場ではワークマン が反落、エスケーエレクトロニクス が大幅続落、先 週新規上場したコーユーレンティア は反落し8.01%安となった。新型肺炎関連銘柄の中京医薬 品 は3日続伸、ハーモニック・ドライブ・システムズ は反発、ホロン は6日続伸 した。 マザーズ市場ではAiming が4日続伸、あんしん保証 が続伸。先週新規上場した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、上値重い 東エレクとアドバンテスは後場もしっかり

<13:50> 日経平均は一進一退、上値重い 東エレクとアドバ ンテスは後場もしっかり 日経平均は後場2万3800円台前半で一進一退。東京エレクトロン やアドバンテスト<6857. T>などの半導体関連は後場も3%超高でしっかりと推移している。ソフトバンクグループ を加える と、3銘柄で約180円日経平均を押し上げる格好となっている。TOPIXはマイナス圏での推移となっ ており、東証33業種では24業種が値下がり、9業種が値上がりと、値下がり業種の方が多い。 市場からは「ソフトバンクGの上昇の効果もあり日経平均は堅調だが、上値は重い。米国株...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、買い一巡後は材料不足で模様眺めに

<11:40> 前場の日経平均は反発、買い一巡後は材料不足で模様眺めに 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比127円54銭高の2万3813円52銭となり、反発 した。前日の米国株式市場が堅調だったことが好感されたほか、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大 の影響に対する懸念が後退し、地合いは落ち着いた。ただ、不安を完全には拭い切れておらず、上値を買い 進むには材料不足との声も聞かれ、買い一巡後は模様眺めとなり伸び悩んだ。 11日の米国株市場は、ダウ工業平均がほぼ横ばい。S&P総合500種が0.17%高、ナスダック 総合が0.11...

豪南東部に待望の豪雨、NSW州の森林火災の3分の1が鎮火

大規模な森林火災が続くオーストラリアで、南東部のニューサウスウェールズ(NSW)州が待望の豪雨に見舞われ、州内で続いていた火災の3分の1がたった1日で鎮火した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線を上回る

<16:23> 日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線を上回る 日経平均・日足は「中陽線」。25日移動平均線(2万3598円38銭=6日)を上回り、1月24 日と27日に空けたマド(2万3463円89銭─2万3755円32銭)も埋めた。パラボリックも陽転 するなど底入れの兆候を強めている。 きょうは心理的節目の2万4000円に迫ったものの、しっかり捉えられなかった。2万4000円台 は昨年12月と今年1月に上値を抑えられた水準だけに、追加の強い買い材料が出て売買が活発化する必要 があるとの見方も出ている。 <15:58> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、「相対的に上昇はマイルド」との声も

<15:58> 新興株市場は堅調、「相対的に上昇はマイルド」との声も 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸した。リスクオフが巻き戻 され、しっかりした動きとなったものの、「東証1部の大型株に資金が向かったこともあり、上昇は相対的 にマイルドだった」(ネット系証券)という。 ジャスダック市場では、オーデリック が連日の昨年来高値更新。アバールデータ も5 日続伸し昨年来高値を更新した。半面、興研 が一時ストップ安。アマガサ は一時ストップ 高となったものの、その後、反落してストップ安比例配分となるなど荒い値動...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段高、中国が米国からの一部輸入品の関税引き下げへ

<13:42> 日経平均は後場一段高、中国が米国からの一部輸入品の関税引き下げへ 日経平均は後場一段高。上げ幅は650円を超え、2万3900円台後半まで上昇している。中国が米 国からの一部の輸入品の関税を半分に引き下げると伝わり、材料視されている。 市場からは「中国の状況を考えると米国と争っている場合ではない。新型肺炎の影響など経済成長率が 低下する要素がでてきた。対処できるところは対処していこうという中国側の考えも出ている」(東海東京 調査センターの仙石誠氏)との声が出ていた。 <12:49> 日経平均は後場上げ幅拡大500円超高、リスクオン...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場上げ幅拡大500円超高、リスクオン継続

<12:49> 日経平均は後場上げ幅拡大500円超高、リスクオン継続  日経平均は上げ幅を500円超に拡大し、2万3800円台半ばで推移している。前 日の米国株高や為替の円安基調が引き続き支援材料。 米株高については「米企業決算がまずまずだったことや、新型肺炎の感染拡大で景気 が減速するなら米連邦準備理事会(FRB)が利下げに動くという思惑が支えとなってい る」(ストラテジスト)という。。 チャートでは、1月17日に付けた直近高値2万4115円95銭も視野に入ってき た。ただ、2万4000円を超えていくには、新型肺炎の感染拡大ペースの鈍化...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up