for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA

現在値

231.63USD

変化

0.06(+0.03%)

出来高

8,659,796

本日のレンジ

231.12

 - 

234.82

52週レンジ

141.58

 - 

278.57

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
231.57
始値
233.69
出来高
8,659,796
3か月平均出来高
266.06
高値
234.82
安値
231.12
52週高値
278.57
52週安値
141.58
発行済株式数
585.88
時価総額
135,424.50
予想PER
-131.30
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Boeing Donates EUR 500,000 To Assist Red Cross Flood Relief Efforts In Germany

Boeing CEO Says Still Expect Remaining Regulatory Approvals For The 737 MAX This Year - Conf Call

Boeing CEO Says More Optimistic Than He Has Been On Prospects For A Significant Recovery In 2023- CNBC Interview

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

https://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Dave Dohnalek

Interim Chief Financial Officer, Senior Vice President, Treasurer

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Michael D'ambrose

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.41 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

101.1K

2019

76.6K

2020

58.2K

2021(E)

76.3K
EPS (USD)

2018

16.010

2019

-3.470

2020

-12.080

2021(E)

-1.435
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.18
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-13.63
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.71

最新ニュース

最新ニュース

エアバス、通期利益見通しを2倍に引き上げ 上期決算が予想上回る

欧州航空機大手エアバスは上半期決算が予想を上回ったことを受けて、通年の利益見通しをこれまでの2倍に引き上げた。航空機の納入予想も上方修正した。

米ボーイング、第2四半期は黒字転換 737MAX納入増が追い風

米航空機大手・ボーイングが28日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、約2年ぶりに黒字に転換した。新型コロナウイルスワクチン接種の進展を受け旅客需要が急速に回復し、主力機「737MAX」の納入が軌道に乗ったことが追い風になった。

UPDATE 1-米ボーイング、第2四半期は黒字転換 737MAX納入増が追い風

米航空機大手・ボーイングが28日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、約2年ぶりに黒字に転換した。新型コロナウイルスワクチン接種の進展を受け旅客需要が急速に回復し、主力機「737MAX」の納入が軌道に乗ったことが追い風になった。

米耐久財コア受注、6月は0.5%増 出荷も底堅い伸び

米商務省が27日発表した6月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.5%増と、供給網の混乱により一部の工場で生産が抑制されているにもかかわらず底堅く伸びた。第2・四半期以降も設備投資が底堅さを保つことを示唆した。市場予想は0.7%増だった。

ボーイングのジェット機、CO2排出量は1機当たり100万トン

米航空機大手ボーイングは26日、同社が昨年引き渡した商用ジェット機について、20年以上に及ぶ耐用期間中に1機当たり二酸化炭素(CO2)換算で平均100万トンの温室効果ガス排出につながると報告した。

米国株式市場=3指数が過去最高値、ハイテク決算を楽観視

米国株式市場は、主要株価3指数が前日に続き、終値ベースで過去最高値を更新した。今週に予定される大手ハイテク企業の決算への楽観的な見方から買いが入った。ただ連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、警戒感が出ている。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

エアバス、天津の最終組立工場から初めて「A350」を引き渡し

欧州の航空機メーカー、エアバスは21日、中国・天津の最終組立工場から、初めて広胴機「A350」を引き渡した。納入先は中国東方航空。

イエレン財務長官、就任直後の超多忙スケジュールが明らかに

イエレン米財務長官が今年1月の就任直後、有力政治家や実業家らとの電話や会議などが詰まった超多忙な日々を送っていたことが分かった。同長官の1月─3月のスケジュールが16日公表された。

米USTR代表と英国際貿易相が会談、二国間関係の強化で合意

米通商代表部(USTR)のタイ代表と英国のトラス国際貿易相は13日にワシントンで行われた会合で、二国間関係の強化に向けて引き続き取り組むことで合意した。USTRが発表した。

UPDATE 1-今日の株式見通し=底堅い、「適温」意識 米株安は重し

(内容を追加しました。) [東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、底堅い展開が見込まれてい る。前日の米株安を受けて売りが先行しそうだが、米長期金利が引き続き低水準で「ゴルディロックス(適 温相場)」も意識される。売り一巡後は景気敏感株を中心に買い支えられ、取引時間中のプラス転換も想定 される。 日経平均の予想レンジは2万8550円─2万8850円。 前日の米国市場では、主要3指数がそろって反落した。ダウ工業株30種は、ボーイング で同社旅客機の一部在庫に品質面の問題が見つかって株価が下落したことが重しとなった...

ボーイング787に構造問題、改修で一時的に生産削減

米ボーイングは13日、中型機「787」の生産に関連する構造的問題が見つかったため、一時的に生産ペースを引き下げると発表した。

NY市場サマリー(13日)長期債利回り上昇、米株下落

ドルは通貨バスケットに対し0.59%高の92.762と、今月8日以来の高値。先週付けた3カ月ぶり高値の92.844に迫った。

米国株式市場=下落、S&Pとナスダックは日中に最高値更新

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が取引時間中に過去最高値を更新した後、小幅安で取引を終えた。6月の米消費者物価指数(CPI)の大幅な伸びやJPモルガンおよびゴールドマン・サックスの決算を消化した。

ボーイングの787ドリームライナー、在庫に問題発覚=FAA

米連邦航空局(FAA)は12日遅く、米ボーイングの旅客機「787ドリームライナー」の在庫の一部に新たに製造品質面の問題が見つかり、修理をした上で顧客に引き渡すことになったと明らかにした。

米ボーイング貨物機、ホノルル沖に緊急着水 エンジントラブル

米連邦航空局(FAA)は2日、米航空機大手ボーイングの「737─200」型貨物機がエンジントラブルを起こし、同日未明にハワイ州のホノルル沖の海上に緊急着水したと明らかにした。操縦士ら2人の乗組員は沿岸警備隊に救助された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(30日)=ドル2カ月半ぶり高値、S&P最高値

(株式の内容を追加しました) [30日 ロイター] - <為替> ドルが2カ月半ぶりの高値を付けた。月間では約3%高と2016年11 月以来の大幅な上昇を記録。米連邦準備理事会(FRB)の予想外のタカ派シフトと新型 コロナウイルス変異株「デルタ」の感染拡大を巡る懸念が支援した。 30日は雇用指標が予想を上回ったこともドル上昇を支援した。企業向け給与計算サ ービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリテ ィクスが30日に発表した6月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が69万2000人 増と、市場予想の60...

米国株式市場=S&P最高値、四半期で5期連続値上がり

米国株式市場はS&P総合500種指数が終値で最高値を更新。この日の経済指標はあまり材料視されず、もっぱら週末の雇用統計待ちとなった。四半期ベースでは主要3指数が5期連続で値上がり。S&P500は上半期に14.5%上昇し、1998年以来2番目の高い伸びを記録した。

米ユナイテッドが旅客機の大型発注、コロナ後の成長加速へ

米ユナイテッド航空は29日、過去最大規模となるボーイングとエアバスの航空機発注を発表した。国内線向けにより大型の旅客機をそろえ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の成長加速を図る。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up