for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

211.17USD

変化

-1.56(-0.73%)

出来高

950,369

本日のレンジ

209.50

 - 

212.85

52週レンジ

113.03

 - 

223.16

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
212.73
始値
211.32
出来高
950,369
3か月平均出来高
149.04
高値
212.85
安値
209.50
52週高値
223.16
52週安値
113.03
発行済株式数
597.59
時価総額
126,193.00
予想PER
203.34
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2023 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Alaska Airlines CEO Ben Minicucci Says 37 More Boeing 737 Max Are Coming To The Alaska Fleet In 2023 - CNBC Interview

U.S. proposes airworthiness directive for Boeing 757s -notice

Boeing Reaffirms 2023 Operating Cash Flow Guidance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(Boeing Co)は航空宇宙会社である。【事業内容】セグメントには、民間航空機(BCA)、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)、グローバルサービス(BGS)、ボーイングキャピタル(BCC)が含まれる。BCAセグメントは、商用ジェット機を開発、製造、販売し、主に民間航空業界にフリートサポートサービスを提供する。生産中の商用ジェット機には、「737」ナローボディモデルと「747」、「767」、「777」、および「787」ワイドボディモデルが含まれる。BDSセグメントは、有人および無人の軍用機および攻撃、監視、機動性のための武器システムの研究、開発、生産および修正を行う。BDSセグメントは、垂直リフト、モビリティ、監視および爆撃機、航空支配、および宇宙、インテリジェンスおよび兵器システムを含む4つの部門で構成される。「KC-46」、「SAOC」、「E-7」、「VC-25B」、「P-8」、爆撃機、「AWACS/AEW&C」および「777X」コンポーネントを提供する。BCCセグメントは、顧客のために選択的な資金調達ソリューションを促進、手配、構築、提供する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

929 Long Bridge Drive

ARLINGTON, VA

22202

United States

+1.703.4146338

https://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Chairman of the Board

David M. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Brian J. West

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Theodore Colbert

President and Chief Executive Officer - Boeing Defense, Space & Security

Stephanie Pope

President & Chief Executive Officer - Boeing Global Services

統計

1.96 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

58.2K

2021

62.3K

2022

66.6K

2023(E)

79.9K
EPS (USD)

2020

-12.080

2021

-9.440

2022

-11.060

2023(E)

1.149
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.89
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-9.77
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.67

最新ニュース

最新ニュース

ボーイング、23年に1万人採用の見通し 増産計画に伴い

[ワシントン 27日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは27日、航空機の増産計画に伴い、2023年に1万人を採用する見通しと発表した。ただ、一部のサポート部門では人員を削減する可能性があるとした。

米軍装備品の輸出額、22会計年度は49%増の2056億ドル

[ワシントン 25日 ロイター] - 米国務省は25日、外国政府に対する米軍装備品の2022会計年度の輸出額が49%増の2056億ドルになったと発表した。

米ボーイング、22年12月期決算の純損失拡大 フリーキャッシュフローは黒字化

米航空機大手ボーイングの2022年12月期の通年決算の純損益は50億ドルの赤字となり、赤字額は前期の43億ドルから膨らんだ。防衛・宇宙・安全保障部門の業績不振が響いた。

NY市場サマリー(23日)ユーロ上昇、米国債利回り上昇 株続伸

<為替> ドルが対ユーロで下落し、一時9カ月ぶり安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)当局者が追加的な大幅利上げ実施を示唆する発言を行ったことがユーロの支援要因になった。

米国株式市場=続伸、テクノロジー株が主導

米国株式市場は主要株価3指数が続伸して取引を終えた。週内に一連の企業決算発表を控える中、モメンタム銘柄への期待が再燃。テクノロジー株が市場の上げを主導した。

NASA、ボーイングに排出量30%減の機体開発を4億ドルで発注

米航空宇宙局(NASA)は18日、バイデン政権が目標とする2030年までの航空分野の排出量20%低減に向けて、米航空機大手ボーイングに7カ年・4億2500万ドルの開発事業を発注したと発表した。合意の総投資額は7億2500万ドル規模とみられ、NASAの支出以外はボーイングや同社パートナー企業が拠出する。

世界の旅客量は6月にもコロナ前回復、機体確保が難題=業界会合

航空機リース大手のエアキャップ(ダブリン)と中国資本アバロンは16日、世界の旅客量が業界の人手不足問題も乗り越えてコロナ禍前水準に戻るのは大方の業界予測より何カ月も前倒しされそうで、早ければ今年6月にも実現するなどと予想した。航空機リースの一大拠点であるアイルランド・ダブリンで開催中の航空業界会合「エアライン・エコノミクス」で語った。

米ベインキャピタル、ヴァージン・オーストラリア再上場を検討

[シドニー 16日 ロイター] - 米プライベート・エクイティ(PE)ファンドのベインキャピタルは16日、豪航空2位ヴァージン・オーストラリアの再上場を検討していることを明らかにした。国内航空市場は新型コロナウイルス禍の低迷から力強い回復を見せている。

ボーイング22年受注急増、エアバスには4年連続及ばず 中国で劣勢

[ワシントン 10日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは、2022年の受注・納入機数が大きく増加したことを明らかにした。ただ、欧州のエアバスには4年連続で及ばなかった。中国で後れを取っていることが響いた。

カナダ、F35購入契約に最終合意 総額142億ドル

カナダ政府は9日、米ロッキード・マーチンからステルス戦闘機「F35」88機を購入する契約に最終合意した。総額190億カナダドル(142億米ドル)を投じ、老朽化しつつある現行主力戦闘機の米ボーイング製「CF―18ホーネット」との入れ替えを進める。

エアバス、22年は暫定663機を引き渡し=業界筋

複数の業界筋によると、欧州航空機大手エアバスが2022年に引き渡した航空機は663機(暫定値)だった。今後内部監査が行われ、10日の発表前に小幅修正される可能性があるという。

ロシア航空会社、政府資金でリース航空機の買い取りを打診

ロシアのウクライナ侵攻後に欧米などのリース会社が航空機をロシア国内から取り戻せなくなっている問題で、ロシアの航空会社が少なくとも主要リース会社の1つに対して、政府の資金を利用して航空機を買い取る案を打診しているもようだ。裁判所に提出された文書や複数の関係者の話で明らかになった。

米ユナイテッド航空、ボーイング787と737MAX大量発注

米ユナイテッド航空は13日、米航空機大手ボーイングへの中型機787を100機と主力小型機737MAX100機の発注を発表した。値引き前価格で総額約430億ドル相当。787は2030年までにエネルギー効率で劣る767と全て置き換え、1席当たりの排出量を約25%削減させる。コロナ禍後の長距離旅客輸送の需要拡大と座席料金上昇の流れも捉える狙い。

NASA宇宙船「オリオン」が帰還、月有人探査へ前進

[11日 ロイター] - 月周回軌道の無人試行飛行を行っていた米航空宇宙局(NASA)の新型宇宙船「オリオン」が11日、地球に帰還し、メキシコ沖の太平洋に着水した。

エア・インディア、最大500機をエアバスとボーイングに近く発注=業界筋

インドの巨大複合企業タタ・グループ傘下に入った航空会社エア・インディアは、欧州エアバスおよび米ボーイングに対して合計で最大500機の旅客機を近く正式に発注する。複数の業界関係者が11日明らかにした。

中国東方航空に国産旅客機「C919」引き渡し、記念飛行を実施

[北京/シドニー 9日 ロイター] - 中国初の国産狭胴型ジェット旅客機「C919」が9日、上海でローンチカスタマーの中国東方航空に引き渡され、歴史的瞬間を記念する飛行を行った。

米ユナイテッド、ボーイング787の大型発注発表へ=関係筋

[ワシントン 8日 ロイター] - 米ユナイテッド航空は来週、米航空機大手ボーイングの中型機「787ドリームライナー」の大型発注を発表する予定だと、関係筋2人がロイターに明らかにした。

エアバス、22年の航空機納入目標を取り下げ

[パリ 6日 ロイター] - エアバスは6日、2022年の航空機納入目標と主力の小型機「A320」シリーズの生産目標達成時期を取り下げた。ただ、財務面の目標は据え置いた。

米軍戦略爆撃機B─21レイダー公開、核搭載可能な「第6世代」

[ワシントン 2日 ロイター] - 防衛大手ノースロップ・グラマンは2日、カリフォルニア州パームデールで米空軍の新型長距離ステルス爆撃機「B─21レイダー」を公開した。

ユナイテッド航空、ボーイング787の大型発注で近く合意=関係筋

[ワシントン/パリ 2日 ロイター] - 米ユナイテッド航空が米航空機大手ボーイグの中型機「787ドリームライナー」の大型発注で合意に近づいていると、関係筋2人がロイターに対し明らかにした。早ければ月内に合意について発表される可能性があるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up