for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

152.28USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

89.00

 - 

398.66

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
152.28
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
324.17
高値
--
安値
--
52週高値
398.66
52週安値
89.00
発行済株式数
564.23
時価総額
91,404.59
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Boeing Receives $1.5 Billion P-8A Poseidon Contract From U.S. Navy

Fitch Says Downgrades Boeing's Ratings To 'BBB'; Removes From Rating Watch Negative; Outlook Negative

Given Boeing's Plans To Close Their Washington State Factories For 14 Days, Triumph Will Evaluate Need To Furlough Employees

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Performance and Strategy

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Leanne G. Caret

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer of Boeing Defense, Space & Security

統計

2.64 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

93.4K

2018

101.1K

2019

76.6K

2020(E)

82.2K
EPS (USD)

2017

10.300

2018

16.010

2019

-3.470

2020(E)

1.862
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.08
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
55.90
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-1.77
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.51

最新ニュース

最新ニュース

S&P、エアバスを格下げ方向のクレジット・ウォッチに指定

格付け会社S&Pグローバル・レーティングは、 欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>を格下げ方向の「クレジット・ウォッチ」に指定した。新型コロナウイルス感染拡大が航空会社に打撃を与えるなか、今後の航空機納入や納入前の支払いを巡り懸念が浮上しているとした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(28日現在)

米議会下院は27日、2兆2000億ドル規模の新型コロナウイルス関連経済対策法案の発声投票による採決を実施し、ほぼ全会一致で可決した。トランプ大統領が直ちに署名し、法案は成立した。新型コロナの感染拡大による景気の急激な落ち込みから個人や企業を守り、医療機関に必要な物資を供給する。

米株は反落、ダウ900ドル超安 国内の新型コロナ感染8.5万人突破で

米国株式市場は反落。米国内の新型コロナウイルス感染者数が増加し、米経済見通しを巡る不透明感が強まる中、3日続伸していたダウ工業株30種<.DJI>は週末を前に900ドル超安で取引を終了した。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが下落した。政府・中銀による新型コロナウイルス対策が世界的な市場混乱の抑制につながっている。ドルの週間の下落率は10年超ぶりの大きさとなった。

米経済対策、航空業界の救済でない ボーイング支援求めず=財務長官

ムニューシン米財務長官は27日、議会で審議されている新型コロナウイルスに対処する経済対策法案について、航空業界の救済でないと改めて表明し、ボーイング<BA.N>は政府支援を要請していないと強調した。

NY市場サマリー(26日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが幅広い通貨に対して下落した。過去最多となった米新規失業保険申請件数を受け、米政府や連邦準備理事会(FRB)が新たな経済刺激措置を打ち出すとの見方が広がった。

米株3日続伸、ダウ1351ドル高 新型コロナ対策法案成立に期待

米国株式市場は3日続伸し、主要3指数はそろって5%を超える上昇で終了した。朝方発表の週間新規失業保険申請件数は急増したものの、市場の最悪の予想ほどには増えなかったことに加え、2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案が間もなく成立するとの期待が相場の支援要因となった。

航空各社、収入確保へ旅客機での貨物輸送に活路 米は580億ドルの支援策

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて旅客需要が急減する中、航空各社の間では、旅客機を貨物輸送に転用して収入を確保しようとする動きが出ている。

NY市場サマリー(25日)

<為替> 主要通貨に対しドルが下落した。新型コロナウイルスの感染拡大に対する 2兆ドル規模の対策が米議会で間もなく可決されるとの観測でリスク選好度が上昇し、安 全通貨とされるドルに対する需要が低下した。 米上院と政権幹部は25日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を 緩和するための2兆ドル規模の対策で合意に達したと表明。上院は25日中に採決を行い 、下院も続く見通し。こうした中、米株価も続伸している。 一方、労働省が26日に発表する週間新規失業保険申請件数の急増が予想される中、 ドルへのエクスポージャーを低下させる動きが出ていることも...

米株続伸、新型コロナ対策法案の議会通過期待で

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が続伸した。2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案が間もなく米議会を通過するとの期待が高まった。

米耐久財受注、2月は1.2%増 新型コロナで落ち込む見通し

米商務省が25日発表した2月の耐久財受注(季節調整済み)は、前月比1.2%増と、市場予想の0.8%減に反してプラスとなった。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を抑えるための厳しい対策が講じられる中で需要が減っており、耐久財受注は今後減少するとみられる。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(25日現在)

欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービズ(FCA)<FCHA.MI>は23日、月間100万枚のマスクを生産し、北米の医療関係者らに寄付すると発表した。新型コロナウイルス感染流行に対応するもので、週内に生産設備を設置し、向こう数週間で生産を開始して、米国、カナダ、メキシコにまず配布するという。

米デルタの格付けをジャンク級に、新型コロナで需要急減=S&P

S&Pグローバル・レーティングは24日、米デルタ航空<DAL.N>の債務格付けを「BBBマイナス」から「BB」に引き下げ、ジャンク級(投機的等級)とした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた需要急減を理由に挙げた。

NY市場サマリー(24日)

<為替> ドルが朝方の下落の大部分を回復した。新型コロナウイルス対策法案の可 決に向けた期待が高まっているほか、トランプ米大統領が新型ウイルス感染拡大阻止に向 け制限されている米経済活動を4月12日のイースター(復活祭)までに再開させたいと 述べたことなどがドルの支援要因となった。 米議会で討議されている規模約2兆ドルの新型ウイルス対策法案について、民主、共 和両党はこの日、合意に近づいていると表明。ただ市場では新型ウイルス感染拡大の最悪 期が過ぎるまで、経済と市場の安定化は望めないとの見方が出ている。 キャピタル・エコノミクスのアシスタント・エコノミスト...

ダウ平均2112ドル急騰、コロナ対策法案可決に期待

米国株式市場は、米議会で新型コロナウイルス対策法案の可決が近いと伝わったことで大幅高で終了した。ダウ工業株30種は2112ドル(11.4%)上昇し、1日としての上昇率は1933年以来の大きさとなった。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(25日現在)

米共和・民主両党の幹部は24日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響緩和に向けた2兆ドル規模の景気刺激策について合意が近いとの見方を示した。ただ、採決日程については明らかにしなかった。

米ボーイング、政府の株式取得望まず 新型コロナ支援で=CEO

米ボーイング<BA.N>のカルホーン最高経営責任者(CEO)は24日、新型コロナウイルスの影響で信用市場が冷え込む中、米財務省が同社支援の条件として株式を取得することを望んでいないと述べた。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(24日現在)

複数の関係筋によると、20カ国・地域(G20)首脳は26日に、新型コロナウイルスの感染拡大対応についてテレビ会議を行う。ただ、原油価格を巡るサウジとロシアの関係悪化や米中両国の新型コロナ発生源を巡る対立が議論を複雑にするとみられる。

米ボーイング、ワシントン州での生産を2週間停止 新型コロナ対策

米航空機大手ボーイング<BA.N>は23日、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、ワシントン州シアトルにある工場の操業を3月25日から14日間停止すると発表した。同工場では双通路型機を生産している。

米株大幅安、FRBの無制限QE発表も売り止まらず

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。新型コロナウイルスの急速な感染拡大により米国内では移動制限措置が広がっており、米連邦準備理事会(FRB)による無制限の量的緩和(QE)発表の影響は限定的だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up