for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

247.28USD

変化

-1.06(-0.43%)

出来高

1,517,542

本日のレンジ

245.79

 - 

251.07

52週レンジ

141.58

 - 

278.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
248.34
始値
250.50
出来高
1,517,542
3か月平均出来高
310.92
高値
251.07
安値
245.79
52週高値
278.50
52週安値
141.58
発行済株式数
584.81
時価総額
145,231.70
予想PER
-176.47
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2021 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Boeing CEO says 'frustrated as anyone' with stability of monthly delivery rate

Boeing Says Working To Provide FAA Additional Information For Verification Work On Undelivered 787s

Boeing Dreamliner Deliveries Face New Delays - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

https://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Operations

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Michael D'ambrose

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.44 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

101.1K

2019

76.6K

2020

58.2K

2021(E)

79.1K
EPS (USD)

2018

16.010

2019

-3.470

2020

-12.080

2021(E)

-1.367
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.55
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-21.93
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.09

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=まちまち、個人投資家はミーム株物色

米国株式市場は主要株価指数がまちまちとなった。明確な手掛かり材料に欠け、機関投資家の動きが鈍い一方、個人投資家による「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)物色は継続した。

米・トルコ、NATO首脳会談で関係修復を 経済界が要請

米国とトルコの経済団体は2日、両国首脳が6月14日に北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で悪化した関係の修復に着手するよう求めた。両首脳が対面で会談するのは、バイデン米大統領の就任後初めて。

航空業界、データに基づく渡航規制をG7に要請

国際航空運送協会(IATA)は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えることを目的とした一律の渡航規制を、データやAI(人工知能)、リスク分析の情報に基づいた柔軟な規制に置き換えるように主要7カ国(G7)に対して要請した。

米IT大手3社、10億ドル規模の入札参加 ボーイングにクラウド提供

米アマゾン・ドッド・コムと米マイクロソフト、米アルファベット傘下のグーグルが、米航空機大手ボーイングにクラウドサービスを提供するための入札に参加することが分かった。米インターネットメディア「ザ・インフォメーション」が27日、関係筋の話として報じた。

米政権の国防予算要求、中国抑止に向けた核兵器近代化も=関係筋

バイデン米大統領が2022年度(21年10月─22年9月)の予算教書で求めた国防総省の予算7150億ドルについて、中国抑止に向けた核兵器の近代化などに充てられるとの見方を、予算の内容に詳しい複数の関係筋が示した。

NY市場サマリー(27日)株式小幅高、利回り上昇

<為替> ドル指数が狭いレンジ内の値動きにとどまった。ただ、ドルは対ユーロで横ばいとなった一方、対ポンド、対カナダドルでは下落、対円では上昇するなどまちまちの展開となった。

米国株式市場=小幅上昇、失業保険申請の改善受け

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。労働市場の改善を示す経済指標を受け景気回復への期待感が高まり、回復の恩恵を享受する可能性が高い銘柄が買われた。

NY市場サマリー(25日)株式小幅安、ドル続落

<為替> ドルが続落し、主要通貨に対し一時1月以来の安値に沈んだ。インフレの高まりが最近確認されているものの、米連邦準備理事会(FRB)当局者が緩和スタンスへの支持を表明する中、米債利回りは低下した。

米国株式市場=小幅安、物価動向見据える動き続く

米国株式市場は小幅安で終了した。物価動向を見据える動きが続く中、主要3指数は前日終値近辺にとどまっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は「陽線」、急落の半値戻しで達成感も

<16:08> 日経平均は「陽線」、急落の半値戻しで達成感も 日経平均は「陽線」。「陽の寄り付き坊主」の形状で、上ヒゲが実体より長く、上値の重さが示唆され る。10日高値2万9685円41銭から13日安値2万7385円03銭までの急落の半値戻し(2万8 535円08銭)水準を一時上回っており、達成感が出やすい。21日に続いて上値を押さえられた26週 移動平均線(2万8589円17銭=24日)を上抜けるかが目先の焦点。 <15:30> 新興市場はマザーズ反落、ジャスダック小幅続伸 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は5日ぶりに反落し、...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズ反落、ジャスダック小幅続伸

<15:30> 新興市場はマザーズ反落、ジャスダック小幅続伸 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は5日ぶりに反落し、日経ジャスダック平均は小幅に5日続 伸した。マザーズについては「今年に入ってもみあったレンジの下限に差し掛かり、戻り待ちの売りが待ち 構えている」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ指数は前営業日比1.80%安。モブキャストホールディングス が軟調に推移し、バ リュエンスホールディングス も売られた。一方、ソフトバンク が株式公開買い付け(TO B)し連結子会社化すると発表したイーエムネットジャパン がストップ高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、海外市場や暗号資産は小動き

<13:20> 日経平均は小幅高、海外市場や暗号資産は小動き 日経平均は小幅高。前引けに比べ水準をやや切り上げたものの、様子見ムードが漂っている。 米株価指数先物や台湾株は小幅高、暗号資産を代表するビットコインは小幅安。市場では「目先の材料 もなく海外市場の動きもない中では、動きようがない」(国内証券)との声が出ていた。 <11:35> 前場の日経平均は3日続伸、5月急落の半値戻しを達成後は伸び悩む 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比58円87銭高の2万8376円70銭となり、3日続 伸。10日高値2万9685円41銭から13日安値...

午前の日経平均は3日続伸、5月急落の半値戻し達成後は伸び悩む

24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比58円87銭高の2万8376円70銭となり、3日続伸した。10日高値2万9685円41銭から13日安値2万7385円03銭まで急落した際に下げた幅の半値戻し(2万8535円08銭)を一時上回った。その後は、上値の重さや買い材料不足から伸び悩み、テクニカル面では目標達成感が生じる格好となっている。

NY市場サマリー(21日)ドル上昇、株はまちまち

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し上昇。堅調な米製造業指標が追い風となった。しかし、米連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小(テーパリング)を巡る懸念が和らぐ中、週間では下落する見通し。

米国株式市場=まちまち、ボーイング買われダウ上昇

米国株式市場はインフレ懸念がくすぶる中、まちまちの展開となった。個別銘柄では米ボーイングが買われ、ダウ工業株30種が上昇した。

米ボーイング、22年秋にMAX月間生産42機に引き上げへ=関係筋

米ボーイングが旅客機「737MAX」の月間生産機数を2022年秋に最大42機に引き上げる予備計画を策定したことが、業界関係者の話で分かった。

米ボーイング、737MAXの出荷再開=関係筋

米ボーイングは19日、旅客機「737MAX」の出荷を再開した。関係筋がロイターに明らかにした。

米国株式市場=ダウ433ドル高、失業保険統計改善で安値拾いの買い

米国株式市場は主要株価3指数がそろって反発。ダウ工業株30種は433ドル値上がりして取引を終えた。前日まで売りが続く中、この日は新規失業保険申請件数の改善を手掛かりに安値拾いの買いが入った。

B737MAXの電気系統問題、当局が改修承認 運航再開に道

米ボーイングは、旅客機「737MAX」の約100機に影響が出た電気系統の問題を巡り、米連邦航空局(FAA)が改修を承認したと明らかにした。4月上旬から停止している運航の早期再開に道が開かれた。

EXCLUSIVE-ボーイング737MAX電気系統の問題、当局が改修承認

米ボーイングの旅客機「737MAX」の約100機が電気系統の問題で4月上旬から運航を停止している問題で、関係筋はロイターに対し、米連邦航空局(FAA)が改修を承認したと明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up