for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

205.84USD

変化

-1.57(-0.76%)

出来高

1,196,590

本日のレンジ

204.30

 - 

206.68

52週レンジ

89.00

 - 

349.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
207.41
始値
205.55
出来高
1,196,590
3か月平均出来高
402.69
高値
206.68
安値
204.30
52週高値
349.95
52週安値
89.00
発行済株式数
564.53
時価総額
117,089.10
予想PER
-21.27
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2020 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Boeing Says U.S. Air Force Awarded Boeing $2.1 Bln Contract For 15 KC-46A Tankers

BBAM Adds Up to 12 737-800 Boeing Converted Freighters

Lisi Aerospace Signs Contract Extension With Boeing Company

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Performance and Strategy

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Leanne G. Caret

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer of Boeing Defense, Space & Security

統計

2.69 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

93.4K

2018

101.1K

2019

76.6K

2020(E)

58.0K
EPS (USD)

2017

10.300

2018

16.010

2019

-3.470

2020(E)

-9.686
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.85
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-8.27
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.07

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(19日)リスク選好改善しドル下落、米株反発

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが2営業日連続で下落した。バイデン次期大統領が財務長官に指名したイエレン前連邦準備理事会(FRB)議長が議会の指名承認公聴会で景気支援の拡充を提唱したことが歓迎され、リスク選好度が改善したことがドル売りにつながった。

米株反発、イエレン次期財務相が大規模経済対策を支持

米国株式市場は反発して取引を終えた。バイデン次期政権の財務長官に指名されたイエレン前連邦準備理事会(FRB)議長が議会の公聴会で、大規模な経済対策の必要性を訴えた。

米ボーイング737MAXの運航再開、来週承認へ=欧州当局

欧州航空安全局(EASA)のエクゼクティブディレクター、パトリック・キー氏は19日、米ボーイングの旅客機「737MAX」の運航再開を来週承認すると述べた。

カナダ、ボーイング「737MAX」機運航禁止を20日に解除

カナダ運輸省は18日、米航空機大手ボーイングの新型旅客機「737MAX」について、2年近くに及んだ運航禁止を20日に解除すると発表した。2度の墜落事故を起こしたMAX機を路線復帰させる米国などの動きに追随した。

インドネシア機墜落、米運輸安全委が調査チーム派遣へ

インドネシア・スリウィジャヤ航空の旅客機が9日に海上に墜落した事故で、米国家運輸安全委員会(NTSB)は12日、事故調査の一環として、調査チームを数日中にジャカルタに派遣すると明らかにした。

インドネシア墜落機、飛行記録装置を回収 データ抽出に最長5日

インドネシア・スリウィジャヤ航空の旅客機が9日に海上に墜落した事故で、同国当局は12日、ダイバーが海中からフライトレコーダー(飛行記録装置)を回収したと発表した。

米、フランス・ドイツ製航空機部品・ワインの追加関税を12日発動

米税関・国境警備局(CBP)は11日付の通知で、フランスとドイツから輸入する航空機部品などの製品への追加関税の徴収を12日午前0時1分(日本時間午後2時1分)に開始すると発表した。

UPDATE 1-米、フランス・ドイツ製航空機部品・ワインの追加関税を12日発動

米税関・国境警備局(CBP)は11日付の通知で、フランスとドイツから輸入する航空機部品などの製品への追加関税の徴収を12日午前0時1分(日本時間午後2時1分)に開始すると発表した。

NY市場サマリー(11日)株式下落、ドル小幅高

バイデン次期政権下で政府支出が拡大するとの観測から、米10年債利回りはこの日、10カ月ぶりの高水準に達した。2・10年債利回り格差も2017年7月以来の水準に拡大した。

米国株は下落、利食い売りやトランプ氏弾劾手続きで

米国株式市場は主要株価3指数が下落して取引を終えた。前週に最高値を付けたことから利食い売りが出た。決算シーズンの開始が待たれる中、米議会でのトランプ大統領の弾劾手続きにも注目が集まっている。

インドネシアで旅客機墜落、国内線62人不明 離陸直後に海上に

インドネシアの首都ジャカルタ発のスリウィジャヤ航空SJ182便の国内線旅客機が9日、離陸直後に海上に墜落し、乗客・乗員62人が行方不明となっている。

欧州エアバス、20年は566機納入 2年連続で首位

欧州航空機大手エアバスは8日、2020年に566機の航空機を納入したと発表した。米ボーイングが「737MAX」の墜落事故で苦戦する中、2年連続で世界トップとなった。

米国株式市場は急反落、ジョージア決選投票やコロナ巡る懸念で

2021年最初の取引となった米国株式市場は急反落して取引を終えた。ジョージア州の上院決選投票を控えた警戒感や新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリスク選好ムードが後退した。

NY市場サマリー(4日)米国株急反落、ドル指数は底堅い

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドル指数が一時約3年ぶりの安値を付けたものの、その後は値を戻す展開となった。

NY市場サマリー(4日)米国株急反落、ドル指数は底堅い

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドル指数が一時約3年ぶりの安値を付けたも のの、その後は値を戻す展開となった。 ドル指数は昨年7%近く値下がり。この日は新年最初の取引で米国株が大幅安となる など、リスク選好が後退した。新型コロナウイルスワクチンの展開やジョージア州上院選 決選投票への不安が影響した。 ドルは通貨バスケットに対し0.159%高。一時89.415と2018年 4月17日以来の安値を付けた。 ウエスタンユニオン・ビジネスソリューション(ワシントン)のシニア市場アナリス ト、ジョー・マニンボ氏は「今なお市場の前には多くの障害...

米国株式市場=急反落、ジョージア決選投票やコロナ巡る懸念で

2021年最初の取引となった米国株式市場 は急反落して取引を終えた。ジョージア州の上院決選投票を控えた警戒感や新型コロナウ イルスの感染拡大を受けてリスク選好ムードが後退した。 ダウ工業株30種とS&P総合500種は序盤の取引で最高値を更新す る場面もあったが、ボーイングの下落にも押されて値を下げた。ボーイングは、バ ーンスタインがキャッシュフローに関する懸念を理由に投資判断を「アンダーパフォーム 」に引き下げたことを嫌気し、大幅安となった。 主要3指数はいずれも2週間ぶり安値を付けた。投資家の不安心理を示すシカゴ・オ プション取引所(...

EU、バイデン新政権に期待 航空機補助金巡る係争解消へ

欧州連合(EU)は31日、バイデン次期米大統領との協議によって、米国との航空機メーカーへの補助金を巡る16年にわたる係争を速やかに解消したいとの考えを示した。

米、仏独産ワインなどEU産品の関税引き上げ 航空機補助金巡り

米通商代表部(USTR)は30日、航空機関連部品や仏独産ワインなど一部の欧州連合(EU)産品に対する関税を引き上げると発表した。

米株は小反落、現金給付増額巡る不透明感で

米国株式市場は小反落して取引を終えた。最高値を更新する場面もあったが、経済再開の道筋や国民への現金給付を引き上げる案の行方を巡る懸念から不安定な値動きとなった。

ボーイング737MAXが米で運航再開、墜落事故で長期停止

米ボーイングの「737MAX」が29日、米国で運航を再開した。相次ぐ墜落事故を受け運航が停止されていたが、米連邦航空局(FAA)は先月、1年8カ月ぶりに停止措置を解除していた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up