for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

323.05USD

変化

5.26(+1.66%)

出来高

2,552,589

本日のレンジ

312.53

 - 

326.16

52週レンジ

302.72

 - 

445.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
317.79
始値
322.47
出来高
2,552,589
3か月平均出来高
125.67
高値
326.16
安値
312.53
52週高値
445.95
52週安値
302.72
発行済株式数
562.79
時価総額
181,809.70
予想PER
--
配当利回り
2.54

次のエベント

Q4 2019 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Southwest President Says Not Considering Discounting 737 Max Flights Once The Jet Returns, Thinks Customers 'Will Come Back Nicely'

S&P Says Boeing Co. 'A-' Issuer Credit Rating On CreditWatch Negative Due To Additional MAX Delays

American Airlines Group- Expects Q1 Total Revenue Per Available Seat Mile To Be Flat To Up 2 Percent Year-Over-Year

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

連絡先

100 N Riverside Plz

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Performance and Strategy

Theodore Colbert

President, Chief Executive Officer of Boeing Global Services

Donna J. Hrinak

President - Boeing Canada

統計

2.83 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

94.6K

2017

93.4K

2018

101.1K

2019(E)

80.0K
EPS (USD)

2016

7.240

2017

10.300

2018

16.010

2019(E)

0.570
株価売上高倍率(過去12カ月)
49.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.96
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
30.18
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
10.05
自己資本利益率(過去12カ月)
3.07

最新ニュース

最新ニュース

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 円が対ドルで上昇し、109円台前半で推移した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念される中、安全資産とみられる円が買われた。

ボーイング737MAX、年央前に再開承認の可能性=関係者

米連邦航空局(FAA)のディクソン長官は24日、相次ぐ墜落事故で運航停止になっている米ボーイングの「737MAX」について、年央前に再開を承認する可能性があると米航空会社に伝えた。関係者が明らかにした。

米ボーイング、ドリームライナーの追加減産を検討=関係筋

米ボーイングが中型旅客機787「ドリームライナー」の追加生産削減を検討していると関係筋が24日明らかにした。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し横ばいで推移。市場では中国で感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎を懸念する声が根強い。

S&Pが小幅高、IBMなどIT株主導で=米株市場

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が小幅に上昇して取引を終えた。IBM<IBM.N>の堅調な業績見通しを受けて情報技術(IT)株が上げを主導。新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念による影響を補った。

米ボーイング、737MAX製造を年央前に再開=CEO

米ボーイング<BA.N>のカルホーン最高経営責任者(CEO)は22日、2件の墜落事故を起こし運航停止となっている主力の小型旅客機「737MAX」について、運航再開が見込まれる今年の年央の数カ月前に製造を再開する方針を示した。このほか、ボーイングが配当停止や減配を計画していないことも明らかにした。

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 3日続落して取引を終えた。好 調な英製造業指標を受けポンドが上昇し、ドルで収益を上げる国際的な銘柄が値を下げた 。旅行大手のTUIも軟調だった。 英産業連盟(CBI)が発表した製造業楽観指数が上昇したことから英中銀イングラ ンド銀行(BOE) による利下げ観測が後退し、ポンドはユーロに対して5週間ぶりの 高値を付けた。 ポンド高により、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や金融大手 HSBC、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)などの輸出 銘柄が売られた。 TUIは5.5%下落し、昨年9月以来の安値。...

ロンドン株式市場=3日続落、ポンド高が重し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7571.92 -38.78 -0.51 7610.70 ロンドン株式市場は3日続落して取引を終えた。好調な英製造業指標を受けポンドが 上昇し、ドルで収益を上げる国際的な銘柄が値を下げた。旅行大手のTUIも軟 調だった。 英産業連盟(CBI)が発表した製造業楽観指数が上昇したことから英中銀イングラ ンド銀行(BOE) による利下げ観測が後退し、ポンドはユーロに対して5週間ぶりの 高値を付けた。 ポンド高により、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や金融大手...

FRB利上げは「大きな過ち」、中間層向け減税発表へ=米大統領

トランプ米大統領は22日、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの影響が尾を引いていなければ、米国内総生産(GDP)の伸びは4%近い水準になっていただろうと語った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート

<15:30> 日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。25日移動平均線(2万3816円30銭)が下 値支持線として働いている。昨日下回った5日線(2万3990円76銭=22日)はきょう再び上回り、 短期的な底入れ機運が強まった。ただ、商いは薄く、上昇に向けての勢いは感じられない。引き続き2万4 100円の壁が意識されている。 <15:15> 新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反落した。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色

<15:15> 新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反落した。 ジャスダック市場では、ワークマン 、KYCOMホールディングス 、重松製作所<798 0.T>が上昇。新型コロナウイルスが原因とみられる新型肺炎の拡大懸念から、マスク関連の興研 や 医薬品の中京医薬品 なども買われた。一方、小倉クラッチ 、ウエストホールディングス<1 407.T>、大日光・エンジニアリング は下落した。   マザーズ市場では、引き続き値動きの良い直近IPO銘柄を中心に物色...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調を持続、2万4000円はさんで小動き

<14:05>  日経平均は高値圏で堅調を持続。2万4000円を挟んで小動きとなっている。市場では「新型肺炎の 影響が懸念されて売られたものの、間を置かず引き戻したことで安心感が広がった。ただ、2万4000円 を超すと戻り売りが出てくるようで上値は重い」(国内証券)との声が出ていた。 <13:01> 日経平均は2万4000円台回復、値ごろ感で押し目買い 日経平均は後場上げ幅を拡大し2万4000円台を回復、現在2万4000円台前半を推移している。 ドル/円はランチタイム中に110円台に乗せた。「アジア株が総じて落ち着いてきたことが影響している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万4000円台回復、値ごろ感で押し目買い

<13:01> 日経平均は2万4000円台回復、値ごろ感で押し目買い 日経平均は後場上げ幅を拡大し2万4000円台を回復、現在2万4000円台前半を推移している。 ドル/円はランチタイム中に110円台に乗せた。「アジア株が総じて落ち着いてきたことが影響している 。値ごろ感からの押し目買いで上がっているが、商いは薄い」(SMBC日興証券・投資情報部部長の太田 千尋氏)という。 新型コロナウイルスが原因とみられる新型肺炎については「パンデミックに至ってしまうと経済活動の 萎縮につながるため、侮れない。今後も注意深くみる必要がある。ただ、きょうは...

前場の日経平均は反発、円安やハンセン指数上昇などを好感

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比120円94銭高の2万3985円50銭となり、反発した。21日の米国株式市場は主要3指数は下落して取引を終えた。日経平均は続落で寄り付いた後はプラス転換し、米国株安が日経平均に与える影響は限定的だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小じっかり、アドバンテスなど高い

<10:57> 日経平均は小じっかり、アドバンテスなど高い 日経平均は小じっかり、2万3900円付近で推移している。 市場からは「米株株市場でダウ平均は下落したものの、ハイテク関連は頑張った印象がある。前日の香 港ハンセン指数や日経平均は下押ししすぎた感もあり、修正が入っている」(国内証券)との声が出ていた 。 個別ではアドバンテスト が反発しているほか、NEC が続伸。決算発表に対する期待 感があるという。   <09:37> 日経平均はプラス転換、香港株の動向に関心 日経平均はプラス転換、2万3800円台後半で推移している。 市場からは...

737MAX運航再開は2020年半ば以降、ボーイングが見通し 株価下落

米ボーイング<BA.N>は21日、737MAX機の運航再開に向けた連邦航空局(FAA)による再認証が、年央以降になるとの見通しを発表した。飛行制御システムを巡る審査などが理由という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換、香港株の動向に関心

<09:37> 日経平均はプラス転換、香港株の動向に関心 日経平均はプラス転換、2万3800円台後半で推移している。 市場からは「前日のダウ平均の下げはボーイングの影響が大きかった。東京市場も、新型肺炎で過度に 騒ぐのは止めようという動きになっている。きょうも香港株が下げれば連れ安となる可能性もあるが、とり あえず新型肺炎については株価に織り込まれた」(国内証券)との声が出ていた。  ボーイング は3.3%下落し、ダウ工業株30種 の下げを主導した。同社は737MAX 機の運航再開に向けた連邦航空局(FAA)による再認証を年央まで取得できない...

NY市場サマリー(21日)

<為替> 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を背景に人民元が急落する一方、安全資産としての円に買いが入った。

米株は最高値から下落、新型ウイルス感染や世界経済巡る懸念で

米国株式市場は、最高値から下落して取引を終えた。中国で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大している問題で米国内で初の患者が確認されたことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが背景。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up