for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

132.05USD

変化

8.00(+6.45%)

出来高

2,005,867

本日のレンジ

125.81

 - 

132.82

52週レンジ

120.28

 - 

258.36

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
124.05
始値
126.95
出来高
2,005,867
3か月平均出来高
210.23
高値
132.82
安値
125.81
52週高値
258.36
52週安値
120.28
発行済株式数
591.64
時価総額
75,256.08
予想PER
-175.43
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Ryanair CEO says caution required for winter, impossible to predict H2 fares

Virgin Orbit To Expand Fleet With Modification Of Second Airborne Satellite Launchpad

ACT Announces $7 Mln Contract With Boeing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(Boeing Co)は、航空宇宙企業である。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。民間航空機(BCA)セグメントは、主に商用航空業界向けに民間ジェット機の開発・製造・販売及びフリートサポートサービスの提供を行う。民間ジェット機は、ナローボディモデルの737、ワイドボディモデルの747、767、777、787を生産する。防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)セグメントは、有人と無人の軍用機及びストライキ、サーベイランス、機動性のための兵器システムの研究・開発・製造・改造を行う。主な製品は、F/A-18E/Fスーパーホーネット、F-15プログラム、P-8プログラム、KC-46Aタンカー、T-7Aレッドホークなどの固定翼軍用機である。グローバルサービス(BGS)セグメントは、商業及び防衛分野の顧客にサービスを提供する。ボーイングキャピタル(BCC)セグメントは、顧客のために資金調達の促進、アレンジ、ストラクチャリングを行い、選択的な資金調達ソリューションを提供する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

https://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Brian J. West

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Theodore Colbert

President and Chief Executive Officer - Boeing Defense, Space & Security

Stephanie Pope

President & Chief Executive Officer - Boeing Global Services

統計

2.04 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

76.6K

2020

58.2K

2021

62.3K

2022(E)

75.0K
EPS (USD)

2019

-3.470

2020

-12.080

2021

-9.440

2022(E)

-0.711
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.23
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-8.73
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.48

最新ニュース

最新ニュース

中国機墜落、意図的行為の可能性を調査=関係筋

中国東方航空の旅客機が3月に墜落した事故を巡る調査で、意図的な行為だった可能性が検証されていることが、複数の関係筋の話で分かった。これまでに機器不良の証拠は見つかっていないという。

ライアンエア、21年度は赤字縮小 今年度予想は示せず

欧州格安航空大手ライアンエアが16日発表した今年3月末までの2021年度決算は、純損失が3億5500万ユーロ(3億6900万ドル)で、赤字幅は前年より縮小した。

SMFG系航空機リース会社が欧州企業買収、保有機体数で世界2位に

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の関連会社で、アイルランドに拠点を置く航空機リース会社のSMBCアビエーションキャピタルは16日、欧州の同業ゴスホーク・アビエーションを67億ドルで買収することで合意した。保有機体数で世界第2位の航空機リース会社が誕生する。

SMFG系、欧航空機リース会社買収へ 70億ドル規模=関係者

三井住友フィナンシャルグループの関連会社で、アイルランドに拠点を置くSMBCアビエーションキャピタルが、同業の航空機リース、ゴスホーク・アビエーション買収に向け合意に近づいていることがわかった。負債を含めた買収額は70億ドル規模となる見通し。

ルフトハンザ、ボーイング777X貨物機発注 業界からは納入遅延に苦言

ドイツ航空大手ルフトハンザは9日、米航空機メーカーのボーイングに貨物機10機を発注したと発表した。最新の777Xの貨物機版7機を含むという。777Xの旅客機版の納入遅れを埋める一環として、787の発注も増やした。

ボーイング、シカゴから首都近郊に本社移転へ

米航空機大手ボーイング社は5日、本社をシカゴから首都ワシントン近郊のバージニア州アーリントンに移転すると発表した。経営不振が続く中、首都に近い立地を選び、顧客、連邦規制当局や議員らとの関係修復に取り組む。

ボーイング、本社移転を計画 シカゴから首都近郊へ 来週発表か

[ワシントン/シアトル 5日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング社が本社をシカゴから首都ワシントン近郊のバージニア州アーリントンに移転する計画と、関係筋が5日明らかにした。来週半ばにも正式発表される見通しという。

豪カンタス航空、欧州エアバス機発注 ロンドン直行便就航に向け

豪カンタス航空は2日、シドニー・ロンドン間の直行便向けに欧州航空機大手エアバスの「A350」を12機発注したと発表した。国内線の航空機刷新に向け、ナローボディ(単通路)の「A321」と「A220」も20機ずつ発注した。

中国航空大手3社、1─3月期決算は大幅赤字 コロナ制限措置響く

中国の航空大手3社の2022年1─3月期決算は、軒並み大幅な赤字となった。新型コロナウイルス関連の制限措置の長期化が旅客需要を圧迫し、人民元相場の下落と燃料価格の上昇でコストが膨らんだ。こうした傾向は今期も解消していない。

米ボーイング、新型機777Xの生産停止 第1四半期赤字で株価急落

米航空機大手ボーイングは27日、新型大型機777Xの生産を2023年まで停止すると発表した。認証を巡る問題や、需要低迷によって就航が遅れるため。延期に伴い、15億ドルの追加コストを計上する。

米国株式市場=ダウとS&P反発、マイクロソフトなどに買い

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が反発して終了した。前日に決算を発表したマイクロソフトとビザが力強い業績見通しを示したことで、世界的な景気減速と金利上昇に対する懸念が緩和された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(27日)ドル指数5年ぶり高値、ダウ・S&P反発

(株式の内容を追加しました) [27日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)が来週追加利上げを実施するこ とが想定される中、主要6通貨に対するドル指数は5年ぶり高値を付けた。一方、ユーロ は下落。ロシアがポーランドとブルガリアへのガス供給を停止したことを受け、欧州の成 長を巡る懸念が高まった。 ユーロは一時、2017年3月以来の安値となる1.0515ドルに沈ん だ。終盤の取引では1.0561ドル近辺まで戻した。4月はこれまでに4.6%下落し ており、月間としては約7年ぶりの大幅な下げを記録する見通し。 ロシア...

米ボーイング、新型機777Xを23年まで生産停止 株価下落

米航空機大手ボーイングは27日、新型大型機777Xの生産を2023年まで停止すると発表した。認証を巡る問題や、需要低迷によって就航が遅れるため。777Xの開発では、異例となる15億ドルものコストを要している。

米耐久財コア受注、3月は1.0%増 予想上回る伸び

米商務省が26日に発表した3月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が1.0%増加した。

米耐久財コア受注、3月は1.0%増 予想上回る伸び

米商務省が26日に発表した3月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が1.0%増加した。

ブラックボックスに「深刻な損傷」、先月墜落の中国東方航空機

中国南部の広西チワン族自治区で先月、中国東方航空の旅客機が墜落し、乗客乗員132人全員が死亡した事故で、中国民用航空局は20日、同機のブラックボックスが「深刻な損傷」を受けているとの暫定報告書を発表した。

ボーイング、年後半に787納入再開と関係先に説明=関係者

米ボーイングは、主要航空会社や部品供給メーカーに対して中型旅客機「787ドリームライナー」の納入を年後半に再開する方針を伝えた。事情に詳しい3人の関係者が明らかにした。

先月墜落した中国機、ブラックボックスに「深刻な損傷」

中国南部の広西チワン族自治区で先月、中国東方航空機が墜落し、乗客乗員132人全員が死亡した事故で、中国民用航空局は20日、同機のブラックボックスが「深刻な損傷」を受けているとの暫定報告書を発表した。

ベラルーシ国営航空が米制裁に違反か、ボーイング機運航

米商務省は14日、ベラルーシの国営航空会社ベラビアが運航するボーイング機7機について、米国の輸出規制に違反していることを確認したと発表した。

ロシア産チタンは制裁対象外に、エアバスCEOがEUに訴え

欧州航空機大手エアバスのギヨム・フォーリ最高経営責任者(CEO)は12日の株主総会で、航空機やジェットエンジンの素材であるチタンについて、ロシアからの輸入を禁止しないよう欧州連合(EU)に訴えた。制裁対象にすれば航空宇宙産業が打撃を受ける半面、ロシア経済への悪影響はほぼないとの認識を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up