for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

354.09USD

変化

8.41(+2.43%)

出来高

625,719

本日のレンジ

347.21

 - 

354.39

52週レンジ

292.53

 - 

445.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
345.68
始値
347.74
出来高
625,719
3か月平均出来高
95.14
高値
354.39
安値
347.21
52週高値
445.95
52週安値
292.53
発行済株式数
562.79
時価総額
199,278.80
予想PER
414.24
配当利回り
2.32

次のエベント

Q4 2019 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

US FAA Says Posted Revised Boeing 737 Max Master Minimum Equipment List For Public Comment

United Airlines Sets a Course for the Future With Order of 50 Airbus A321XLR Aircraft

SkyGrid Approved By FAA As LAANC Supplier

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Dennis A. Muilenburg

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Performance and Strategy

Theodore Colbert

President, Chief Executive Officer of Boeing Global Services

Donna J. Hrinak

President - Boeing Canada

Leanne G. Caret

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer of Boeing Defense, Space & Security

統計

2.57 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

94.6K

2017

93.4K

2018

101.1K

2019(E)

79.9K
EPS (USD)

2016

7.240

2017

10.300

2018

16.010

2019(E)

0.855
株価売上高倍率(過去12カ月)
54.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.15
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
33.08
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
10.05
自己資本利益率(過去12カ月)
3.07

最新ニュース

最新ニュース

米ボーイング、737MAX機の運航再開遅延で生産停止も

米ボーイング<BA.N>は米証券取引委員会(SEC)宛ての書簡で、規制要件の大幅な拡大や旅客機「737MAX」運航再開の遅延により、旅客機の生産が削減または一時的に停止する可能性があると明らかにした。ロイターが5日、書簡を入手した。

WTO、米の対EU報復関税継続を認定 米は関税引き上げ検討

世界貿易機関(WTO)は2日、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>に補助金を拠出していないとした欧州連合(EU)の主張を退け、先に承認した米国の対EU報復関税についてEUが求めていた差し止め要請を認めなかった。

米FAA長官が11日に下院委証言、ボーイング737MAX巡り

米連邦航空局(FAA)のディクソン長官は、墜落事故を受けて運航が停止されているボーイング737MAX機の審査状況を巡り、11日に下院運輸・インフラ委員会で証言する。同委員会とFAAが2日に明らかにした。

WTO、米の対EU報復関税継続を認定 航空機補助金巡り

世界貿易機関(WTO)は2日、欧州航空機大手エアバスに補助金を拠出していないとした欧州連合(EU)の主張を退け、先に承認した米国の対EU報復関税を巡るEUの差し止め要請を認めなかった。

NATO、早期警戒管制機の電子装備強化 ボーイングに発注

北大西洋条約機構(NATO)は27日、米ボーイング<BA.N>に対して、同社製の早期警戒管制機「AWACS」の電子装備を強化する10億ドルの契約を発注した。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが主要通貨に対して上昇。感謝祭を控え薄商いとなる中、底堅い米経済指標を手掛かりにドルが買われた。

米国が連日最高値、堅調な経済指標で

米国株式市場は続伸し、主要株価指数が連日で最高値で引けた。経済指標で国内景気の底堅さが示されたほか、米中通商協議に対する慎重ながらも楽観的な見方が、引き続き投資家心理を支えた。感謝祭の祝日を前に、商いは薄かった。

737MAXの耐空証明、FAAのみが発行へ ボーイングに通知

米連邦航空局(FAA)は26日、航空大手ボーイング<BA.N>の737MAX機について、今後はFAAのみが耐空証明を発行すると同社に通知した。過去には同社と共同で発行していた。

フィリピン航空のボーイング機、ロサンゼルス空港に緊急着陸

米ロサンゼルス国際空港で21日、フィリピン航空のボーイング777型機が離陸直後に同空港に引き返し緊急着陸した。エンジントラブルとみられる。

ドバイ航空ショー、ボーイング737MAXに販売回復の兆し

19日開かれたドバイ航空ショーでは、墜落事故を受けて運航停止となっているボーイング<BA.N>の「737MAX」型機に複数の航空会社から合計で最大50機を購入する方針が示され、販売が回復する兆しが見られた。定価では60億ドル相当の商談となる。

米当局、ボーイングに737NGの部品再設計要求

米国家運輸安全委員会(NTSB)は19日、ボーイング<BA.N>に対して小型旅客機737NG(ネクスト・ジェネレーション)の部品の再設計を要求した。昨年4月、サウスウエスト航空<LUV.N>の737―700型機がエンジン破損事故を起こして乗客1人が死亡したことを踏まえた措置。737―700型は737NG系列の旅客機だ。

エアバス、計300億ドル受注 ボーイングもMAX機に受注

11月17日から開催されているドバイ航空ショーで、欧州航空大手エアバス<AIR.PA>がアラブ首長国連邦(UAE)の航空会社、エミレーツ航空とエア・アラビアから合計300億ドルの受注を獲得した。米ボーイング<BA.N>も737MAX型機の受注を3月の運行停止以降で初めて正式に獲得した。

737MAX認証「必要な時間かける」、米FAA局長が指示

米連邦航空局(FAA)のディクソン局長は、墜落事故を受けて運航が停止されているボーイング<BA.N>の「737MAX」機の認証手続きに必要なだけ時間をかけるよう職員に促し、認証はスケジュールなどに左右されないと改めて表明した。

香港キャセイ、エアバス機の受領先送り デモで需要減少

香港のキャセイ・パシフィック航空<0293.HK>は14日、エアバス<AIR.PA>社製の単通路機4機の受け取り時期を2020年から先送りすると発表した。長引く抗議デモの影響で航空機の利用が減少しているため、輸送能力を削減する。

香港キャセイ、エアバス機の受領先送り デモで需要減少

香港のキャセイ・パシフィック航空は14日、エアバス社製の単通路機4機の受け取り時期を2020年から先送りすると発表した。長引く抗議デモの影響で航空機の利用が減少しているため、輸送能力を削減する。

サウスウエスト労組、737MAXの運航再開巡りボーイング批判

米サウスウエスト航空<LUV.N>パイロット組合のジョン・ウィークス委員長は13日、運航停止となっているボーイング<BA.N>の「737MAX」機を巡り、ボーイングが運航再開の時期を早めようとしているのではないかとの疑問を呈し、同社を批判した。

インドネシア、737MAX運航再開は欧米など主要国の承認が前提

インドネシアは13日、墜落事故を起こし運航停止となっている米航空機大手ボーイング<BA.N>の「737MAX」の運航再開について、米国・欧州・ブラジル・カナダ・中国の当局による承認が前提となるとの見解を示した。

米ボーイング、10月の新規受注は10機 年初からは45機

米航空機大手ボーイング<BA.N>の10月の新規受注は10機だった。墜落事故を起こし運航停止となっている「737MAX」の運航再開時期が見通せない中、一部顧客企業の間で737MAXの受注を価格が高いワイドボディ機に切り替える動きが出ている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、決算発表などの個別材料に反応

<15:20> 新興株式市場はまちまち、決算発表などの個別材料に反応 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は続伸し た。市場からは「(全体的な市場の流れよりも)決算発表などの個別材料に反応している 」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ市場では、10月28日に上場したセルソース が続落。Amazi a は続落、ブシロード は反落した。一方、ロゼッタ 、アドバン スト・メディア は買われた。 ジャスダック市場では、AKIBAホールディングス が急伸しストップ高比 例配分。11日に発表した好決算が材料視された...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、強い基調を維持

<15:04> 日経平均・日足は「小陽線」、強い基調を維持 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。騰落レシオ(東証1部、25日平均)が142% 台と高値圏に上昇。オシレーター系指標も短期的な過熱感を示唆しているが、「今のように海外の中長期の 投資家の買いが入ってきているような時は、短期的な過熱感も無視される」(ストラテジスト)との声が出 ていた。5日、25日、75日、200日と長短すべての移動平均線が上向きで、強い基調を維持している 。 <14:41> 日経平均は後場上げ幅拡大、香港ハンセン指数にらみか 日経平均は2万3400...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up