for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

174.73USD

変化

-0.71(-0.40%)

出来高

1,911,521

本日のレンジ

172.50

 - 

179.44

52週レンジ

89.00

 - 

391.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
175.44
始値
173.62
出来高
1,911,521
3か月平均出来高
979.00
高値
179.44
安値
172.50
52週高値
391.00
52週安値
89.00
発行済株式数
564.45
時価総額
99,026.88
予想PER
-32.58
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Boeing Co Earnings Release

適時開示

その他

Boeing Reports 43 Cancellations For Max In July

SES Selects United Launch Alliance To Launch Two C-Band Satellites To Accelerate C-Band Clearing

Spirit Aero Now Expects To Be Cash Flow Positive In 2022 - Conf Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Performance and Strategy

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Leanne G. Caret

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer of Boeing Defense, Space & Security

統計

2.88 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

93.4K

2018

101.1K

2019

76.6K

2020(E)

62.3K
EPS (USD)

2017

10.300

2018

16.010

2019

-3.470

2020(E)

-9.280
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.43
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-5.55
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.99

最新ニュース

最新ニュース

欧州委報道官、航空機補助金めぐり米国との交渉要望

欧州連合(EU)欧州委員会の報道官は13日、航空機メーカーへの補助金をめぐり米国との間で16年にわたり続く通商紛争について、報復関税を維持するとした米国の決定を受け、解決に向けた交渉を求める考えを示した。

米、対EU報復関税を維持 航空機補助金巡る紛争で

米政府は12日、航空機補助金を巡る欧州連合(EU)との紛争で発動したエアバス<AIR.PA>製航空機に対する15%の関税と他の欧州連合(EU)製品に対する25%の関税を維持すると発表した。

米超党派議員、EUからの25%輸入関税の撤廃をUSTRに要請

米の超党派議員13人が、欧州連合(EU)からの輸入品に課している25%の関税の撤廃を米通商代表部(USTR)に要請していたことがわかった。ロイターが書簡を入手した。

EXCLUSIVE-米FAA、安全確保なおざりと職員が指摘 航空業界から圧力も

米連邦航空局(FAA)職員らが、航空業界からの「強力な」圧力にさらされ、空の安全確保の取り組みが必ずしも優先されていないと警告したことが、分かった。ロイターが7日、独立的な調査報告を確認した。  

米ボーイング、格付け見通しをネガティブに引き下げ=S&P

格付け会社S&Pグローバル・レーティングは5日、米航空機大手ボーイング<BA.N>の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。新型コロナウイルス危機の影響で、航空宇宙業界の回復に予想以上の時間がかかる可能性があることが理由。

豪航空ヴァージン、従業員の3分の1削減へ 短距離便に経営資源集中

豪航空会社ヴァージン・オーストラリア・ホールディングス<VAH.AX>は5日、全従業員の3分の1に相当する3000人を削減する計画を明らかにした。身売りで合意している米プライベートエクイティ(PE)投資会社のベインキャピタルの下で事業を再編する計画の一環。

欧州当局、737MAX運航再開の日程策定せず 試験飛行必要

欧州航空安全局(EASA)は4日、米ボーイング<BA.N>の新型旅客機「737MAX」の運航再開について、具体的な日程はまだ策定していないと明らかにした。

米航空当局、737MAXの安全対策で設計変更要求案

米連邦航空局(FAA)は3日、米ボーイングの新型旅客機「737MAX」の安全問題への対応策として、4点の重要な設計変更を要求する「耐空性改善通報」案を公表した。

訂正:三菱重、4―6月期純損益は579億円の赤字 スペースジェット事業損失

三菱重工業<7011.T>が3日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す事業損益が713億円の赤字(前年同期は404億円の黒字)となった。カナダ航空機大手ボンバルディア<BBDb.TO>の小型旅客機「CRJ」事業の買収に伴うのれんの減損や、ジェット旅客機「スペースジェット」の開発体制縮小に伴う損失が響いた。純損益は579億円の赤字(同163億円の黒字)だった。

エアバス、第2四半期は予想上回る営業赤字 A350型機減産へ

欧州の航空機大手エアバス<AIR.PA>は30日、大型旅客機「A350」の生産をさらに削減する方針を示した。同時に発表した第2・四半期決算では予想を上回る赤字を計上。新型コロナウイルスの流行が響いた。

NY市場サマリー(29日)ドル2年ぶり安値、ダウ160ドル高

<為替> ドルが2年ぶりの安値。米連邦公開市場委員会(FOMC)は29日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを全会一致で決定。新型コロナウイルス感染拡大の影響からの景気回復に向け「あらゆる手段」を尽くすとし、必要な限り政策金利をゼロ%近辺にとどめると改めて表明した。[nL3N2F04NR]

ダウ160ドル高、FRBが景気の全力支援を強調

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は160ドル高で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済の回復に向け、「あらゆる手段」を尽くすと再表明したことが相場を後押しした。

米ボーイング、3四半期連続の赤字 生産削減や納入遅延へ

米航空機大手ボーイング<BA.N>が29日発表した第2・四半期決算は、予想を超える赤字となった。赤字は3四半期連続。1年4カ月にわたる737MAX機の世界的な運航停止によって業績が引き続き圧迫される中、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が追い打ちをかけた。

米GE、第2四半期損失は予想上回る コロナが航空機事業に打撃

米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>が29日発表した第2・四半期決算は、予想を上回る損失を計上した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が航空機事業に打撃となった。ただキャッシュアウトフローは予想ほど膨らまなかった。

米耐久財コア受注、6月3.3%増 2年ぶり伸び率

米商務省が27日発表した6月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比3.3%増と、市場予想の2.3%増を上回り、2018年7月以降で最大の伸びとなった。国内総生産(GDP)の設備投資の算出に用いられるコア資本財の出荷も伸びが加速した。

米耐久財コア受注、6月3.3%増 出荷も持ち直し続く

米商務省が27日発表した6月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比3.3%増と、市場予想の2.3%増を上回った。国内総生産(GDP)の設備投資の算出に用いられるコア資本財の出荷も伸びが加速した。

米ボーイング、777Xを最大1年延期 コロナ禍で需要減=関係筋

米ボーイング<BA.N>が、新型コロナウイルス感染拡大を受け大型旅客機の需要が落ち込む中、次世代大型旅客機「777X」を巡る計画を数カ月から1年延期することが複数の関係筋の話で明らかになった。

エアバス、仏などへの融資返済額引き上げ 米欧の航空機紛争巡り

欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>は24日、米欧の航空機補助金を巡る紛争解決に向け、フランスとスペインから借り入れた航空機「A350」の開発資金に対する支払金利の引き上げに合意したと発表した。追加の返済額に関しては明らかになっていない。

米当局、保管中のボーイング旅客機に耐空性改善令 腐食の可能性

米連邦航空局(FAA)は24日、保管されている米ボーイング<BA.N>製の旅客機2000機に対し、緊急の耐空性改善命令を出した。エンジン故障につながりかねない腐食が起きる可能性があるという。

キャセイ航空、エアバス機納入先送りで合意 ボーイングとも協議

香港のキャセイ・パシフィック航空<0293.HK>は22日、欧州エアバス<AIR.PA>と、発注済みの旅客機「A350」と「A321neo」の納入先送りで合意したと発表した。米ボーイング<BA.N>とも「777-9」の納入先送りについて協議が進んでいるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up