for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

252.36USD

変化

-2.59(-1.02%)

出来高

1,344,122

本日のレンジ

249.45

 - 

252.80

52週レンジ

113.90

 - 

278.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
254.95
始値
250.60
出来高
1,344,122
3か月平均出来高
334.99
高値
252.80
安値
249.45
52週高値
278.50
52週安値
113.90
発行済株式数
583.64
時価総額
148,799.00
予想PER
-575.51
配当利回り
--

次のエベント

Boeing Co Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Magellan Aerospace Secures Contract Extension With Boeing Commercial Aircraft

Analysis of cockpit voice recorder from fallen Sriwijaya jet will take 3 days to a week - Indonesia investigator

Alaska Air Group Says Alaska Airlines Amended Previously Existing Aircraft Purchase Agreement With Boeing Co

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Operations

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Michael D'Ambrose

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.62 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

101.1K

2019

76.6K

2020

58.2K

2021(E)

80.6K
EPS (USD)

2018

16.010

2019

-3.470

2020

-12.080

2021(E)

-0.404
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.54
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-23.74
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.36

最新ニュース

最新ニュース

米航空各社、ボーイング737MAX7運航停止 電気系統問題に対応

米航空機大手ボーイングが旅客機「737MAX7」の電気系統問題への対応を米航空16社に要請したことを受け、各社は9日、同機の運航を一時的に停止した。

JAL、P&Wエンジン搭載777型機全て退役 損傷事故で前倒し

日本航空(JAL)は5日、事故が相次いでいる米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製エンジンを搭載した米ボーイングの大型機である777型機を3月末までに全機退役させたと発表した。退役の時期を予定から1年前倒し、整備費用を抑制する。JALによると、機材の減損処理に伴い2021年3月期に約70億円の特別損失が発生する見込みだが、業績への影響は限定的であり、修正の予定はないという。

対中関係、米政府は貿易と人権分けて考えるべき=ボーイングCEO

米航空機大手・ボーイングは31日、中国との関係について貿易と人権問題を分けて考えるよう米国政府に求め、自社が中国市場から締め出されれば、欧州の同業エアバスが利益を得ることになると警告した。

S&P横ばい、ヘッジファンド懸念で銀行株に売り

米国株式市場は、S&P総合500種がほぼ横ばいで終了した。米ヘッジファンドのアーケゴス・キャピタル・マネジメントがマージンコールに対しデフォルトを起こしたことを受け、銀行株が売られたものの、米経済に対する楽観的な見方が出ていることで影響は限定された。

NY市場サマリー(29日)S&P横ばい、ドル4カ月ぶり高値

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対して上昇し、4カ月 ぶり高値を付けた。米ヘッジファンドの損失問題を巡って懸念が広がる中、ドルに対する 質への逃避が見られた。 ドルは通貨バスケットに対し一時92.964と、昨年11月以来の高値を付 けた。その後は0.1%高の92.904。 関係筋によると、米ヘッジファンドのアーケゴス・キャピタル・マネジメントがマー ジンコールに対してデフォルトを起こし、クレディ・スイスと野村ホールディン グスは多額の損失に直面する恐れがあると警告した。 ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのチーフ...

USTR代表と独経済相、航空機補助金問題や金属の過剰生産能力など協議

米通商代表部(USTR)は24日、タイUSTR代表がドイツのアルトマイヤー経済相と協議し、米国と欧州連合(EU)が長く対立している航空機メーカー補助金問題の解決と世界的な鉄鋼・アルミニウム生産能力過剰の解消に向けた米独両国の「強い関心」について話し合ったと発表した。

米耐久財コア受注、2月は10カ月ぶり減少 設備投資に減速の兆し

米商務省が24日発表した2月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.8%減少した。マイナスとなるのは10カ月ぶりで、寒波の影響も考えられる中、企業の設備投資に減速の兆しが出てきた。

米耐久財コア受注、2月は10カ月ぶり減少 設備投資に減速の兆し

米商務省が24日発表した2月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.8%減少した。マイナスとなるのは10カ月ぶりで、寒波の影響も考えられる中、企業の設備投資に減速の兆しが出てきた。

USTR代表、茂木外相や各国閣僚と会談 中国など巡り協議

米通商代表部(USTR)は23日、タイUSTR代表が日本や韓国、メキシコ、フランスの閣僚と相次ぎ電話会談し、中国の不公正な貿易慣行や人権問題への懸念、世界貿易機関(WTO)の改革などの共通利益を巡り協議したと発表した。

米USTRの新代表、来週に英国際貿易相と電話協議=関係筋

米通商代表部(USTR)代表に新たに就任したキャサリン・タイ氏は来週、英国のトラス国際貿易相と電話協議する。停滞している通商交渉から航空機補助金紛争まで幅広く話し合う見通しだ。事情に詳しい複数の関係筋が18日に明らかにした。

NY市場サマリー(12日)ダウ5日連続で最高値、米利回り上昇でドル高

<為替> 米国債利回りが再び上向いていることを受け、ドルが上昇した。国債利回り上昇に何らかの言及があるか、16─17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まっている。

UPDATE 1-米国株式市=ダウ5日連続で最高値、経済再開期待で景気循環株が高い

(表を更新しました) [ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国株式市場はダウ工業株30種が 5日連続で最高値を更新。米経済再開に伴い恩恵を受ける銘柄の買いが膨らんだ。S&P 総合500種も小幅高で取引を終えた。 ナスダック総合は反落。楽観的な米景気見通しを反映し、米10年債利回り< US10YT=RR>が昨年2月以来の水準に上昇する中、インフレ高進懸念が再燃し、ハイテク株 を圧迫した。 米国で1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策法の成立を好感し 、週間ではS&Pが2.6%上昇、ナスダックも3.1%上昇し、2月初旬以来...

米ダウ5日連続で最高値、経済再開期待で景気循環株が高い

米国株式市場はダウ工業株30種が5日連続で最高値を更新。米経済再開に伴い恩恵を受ける銘柄の買いが膨らんだ。S&P総合500種も小幅高で取引を終えた。

米ボーイング、数十億ドルの737MAX受注で合意間近=関係筋

米航空機大手・ボーイングは近く、サウスウエスト航空から旅客機「737MAX7」数十機(数十億ドル相当)の受注を獲得する見通しだ。関係筋が10日、明らかにした。

米ボーイング、2月納入22機で前年同月上回る 純受注もプラス

米ボーイングは9日、2月の納入が22機で前年同月(17機)を上回ったと発表した。また、新型コロナウイルスワクチン配布で航空会社の信頼感が改善し、純受注は14カ月ぶりにプラスとなった。

GE航空機リース部門、エアキャップへの売却に向け協議=関係筋

米ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の航空機リース大手、GECASとアイルランドの同業大手・エアキャップが合併に向けた話し合いを進めていることが分かった。複数の金融筋が8日に明らかにした。この業界では約10年ぶりの大型再編となりそうだ。

アメリカン航空の737MAXが緊急着陸、エンジン不具合で

アメリカン航空は5日、フロリダ州マイアミからニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港に向かっていたボーイング737MAX機が、機械的なトラブルで機長がエンジンの一つを停止させ、緊急着陸したと発表した。

米・EU、航空機補助金巡る関税を4カ月停止 通商紛争解決目指す

米国と欧州連合(EU)は5日、米欧の航空機メーカーに対する補助金を巡る通商紛争で相互が発動している関税を4カ月間停止することで合意した。

米、航空機補助金巡る対英関税4カ月停止 紛争解決に向け

米国は4日、航空機補助金を巡る対立からスコッチウイスキーなど英製品に適用している報復関税を4カ月間停止すると発表した。両国はこの期間内に紛争解決を目指すと述べた。

音速機製造の米アエリオン、バークシャー傘下企業が20機購入へ

米ボーイングが支援する超音速ジェット機製造のアエリオンは3日、著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイ傘下のネットジェッツが、「AS2」型ビジネスジェット20機の購入権を取得したと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up