for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニー

BA.N

現在値

167.36USD

変化

-1.71(-1.01%)

出来高

1,354,364

本日のレンジ

166.07

 - 

170.26

52週レンジ

89.00

 - 

375.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
169.07
始値
170.26
出来高
1,354,364
3か月平均出来高
531.96
高値
170.26
安値
166.07
52週高値
375.50
52週安値
89.00
発行済株式数
564.45
時価総額
94,466.14
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Boeing Co Split For BA.BA - Ratio 2-1

適時開示

その他

Southwest Airlines CEO Says Co Has At Least 3 Years Of Cash, Can Borrow More If Needed - Conf Call

Southwest Airlines Reports Q3 Loss of $1.96 Per Share

Boeing discussing new plane as it starts to emerge from 737 Max crisis - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイング・カンパニーとは

ボーイング(The Boeing Company)は航空宇宙会社である。【事業内容】同社は商用飛行機(BCA)事業、防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)事業、グローバル・サービス(BGS)、ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)の4つの事業を運営する。BCA事業は商業用ジェット機を開発・製造・販売し、世界中の商用航空業界にフリートサポートサービスを提供する。BDS事業は有人および無人の軍用機およびストライキ、サーベイランスおよび機動性のための兵器システムの研究、開発、製造および改造に従事する。BGS事業は、世界中の商業および防衛顧客にサービスを提供する。BCC事業ポートフォリオは、オペレーティングリース設備、ファイナンスリース設備、受取手形およびその他の債権ならびに売却目的で保有する資産を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

100 N Riverside Plz

CHICAGO, IL

60606-1596

United States

+1.312.5442000

http://www.boeing.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence W. Kellner

Independent Non-Executive Chairman of the Board

David L. Calhoun

President, Chief Executive Officer, Director

Gregory D. Smith

Chief Financial Officer, Executive Vice President - Enterprise Performance and Strategy

Theodore Colbert

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer, Boeing Global Services

Leanne G. Caret

Executive Vice President, President and Chief Executive Officer of Boeing Defense, Space & Security

統計

2.81 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

93.4K

2018

101.1K

2019

76.6K

2020(E)

61.0K
EPS (USD)

2017

10.300

2018

16.010

2019

-3.470

2020(E)

-9.628
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.36
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-5.55
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.99

最新ニュース

最新ニュース

アメリカン航空とサウスウエスト航空、第3四半期に大幅損失計上

米航空最大手アメリカン航空グループ<AAL.O>と米サウスウエスト航空<LUV.N>が22日発表した第3・四半期決算はともに大幅な損失を計上した。ただ、レジャー客の予約状況では新型コロナウイルス禍からの回復の兆しが示され、来月以降の資金流出額は減少すると見込んだ。

台湾国防相「中国との軍拡競争志向せず」、米国の武器売却承認で

台湾の厳徳発国防部長(国防相に相当)は22日、 米当局が台湾への武器売却を承認したことについて、信頼の置ける戦闘能力が必要なためと説明した上で、中国と軍拡競争をする意図はないと述べた。

米国務省、台湾への武器売却を承認 総額18億ドル=国防総省

米国防総省は21日、国務省が台湾へのミサイルなど3種類の兵器システムの売却を承認したと発表した。総額18億ドルに上る可能性があるという。

航空機内のコロナ感染確率、2700万人に1人は不適切な推計=専門家

米アラバマ大学の伝染病の専門家、デービッド・フリードマン氏は、航空機内で新型コロナウイルスに感染する可能性は極めて低いとする国際航空運送協会(IATA)の調査結果について「不適切な計算」に基づいているとの見解を明らかにした。

EU、対米報復関税を来週にも正式認可 年間40億ドル規模

世界貿易機関(WTO)が19日開示した文書によると、米欧の航空機補助金をめぐる貿易紛争で、EUは米国産品輸入で年間40億ドル相当に課す関税について、来週にも正式な認可を得る見通しだ。

米、EUにエアバスの補助金払い戻し提案 航空機補助金紛争で

米国は航空機メーカーへの補助金を巡る米国と欧州連合(EU)の紛争で、航空機大手のエアバス<AIR.PA>が欧州各国政府に何十億ドルもの補助金を払い戻せば、ワインやウイスキー、その他の製品に対する関税を撤廃すると提案した。複数の関係筋がロイターに話した。

米、EUにエアバスの補助金払い戻し提案 航空機補助金紛争で

米国は航空機メーカーへの補助金を巡る米国と欧州連合(EU)の紛争で、航空機大手のエアバスが欧州各国政府に何十億ドルもの補助金を払い戻せば、ワインやウイスキー、その他の製品に対する関税を撤廃すると提案した。複数の関係筋がロイターに話した。

ボーイング737MAX、9月の受注取り消し3機 1-9月で1006機

米航空機大手ボーイング<BA.N>は13日、9月に最新型旅客機「737MAX」3機の受注がキャンセルされたことを明らかにした。

米政権、台湾への無人機・ミサイル売却計画を議会に通知=関係筋

米ホワイトハウスが13日、ゼネラル・アトミックス製のドローン(無人機)「MQ─9」とボーイング製の対艦巡航ミサイルを台湾に売却する計画を議会に通知したことが、事情に詳しい関係者8人の話で分かった。

米株反落、ワクチン期待後退 景気対策巡る不透明感も圧迫

米国株式市場は反落。新型コロナウイルスワクチン治験中断を巡るニュースや追加のコロナ経済対策を巡る不透明感がセンチメントを圧迫した。企業の四半期決算も注目された。

EXCLUSIVE-米政権、台湾への無人機売却計画を議会に通知=関係筋

米ホワイトハウスが13日、無人航空機「MQ─9」と沿岸防衛ミサイルシステムを台湾に売却する計画を議会に通知したことが、事情に詳しい5人の関係者の話で分かった。

WTO、EUの対米報復を承認 ボーイング補助金巡り

世界貿易機関(WTO)は米政府による米航空機大手ボーイング<BA.N>への補助金を巡り、欧州連合(EU)が報復措置として米製品に40億ドルの関税を課すことを承認した。

WTO、EUの対米報復を承認 ボーイング補助金巡り

世界貿易機関(WTO)は米政府による米航空機大手ボーイングへの補助金を巡り、欧州連合(EU)が報復措置として米製品に40億ドルの関税を課すことを承認した。

米政権、台湾向け兵器3種類の売却計画を議会に通知=関係者

トランプ米政権はこのほど、3種類の新鋭兵器の台湾向け売却計画を議会に非公式に通知した。事情に詳しい5人の関係者が12日明らかにした。

中国最大の航空ショー、新型コロナで延期

11月中旬に開催予定だった中国最大の航空ショー「中国国際航空宇宙博覧会」が新型コロナウイルスの影響で延期となった。主催者が13日に発表した。

エアバス、9月の納入機数は57機と今年最多

欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>が9日発表した9月の航空機納入数は57機と8月の39機から増加し、今年最多となった。ただ、年初からの累計は341機で、前年同期に比べ40%減少している。

ホットストック:ボーイング関連株がさえない、世界の商用機需要見通し11%減で

川崎重工業、三菱重工業、東レなどボーイング関連株がさえない。前日の米国株式市場で、米航空機大手ボーイングが下落。米国時間の6日に、2029年までの世界の商用機需要が2019年の予測から11%減少するとの見通しを発表したことを受け、日本株でも関連銘柄に売りが集中している。

NY市場サマリー(1日)ドル指数1週間ぶり安値、米株続伸

米国株式市場: <金先物> 米追加経済対策の実現が見通せない中、安全資産としての需要が高まり反発した。中心限 月12月物の清算値(終値に相当)は、前日比20.80ドル(1.10%)高の1オンス=1916.3 0ドルと、9月18日以来約2週間ぶりの高水準となった。 NY貴金属: <米原油先物> エネルギー需要の減退懸念などを背景に大幅反落した。米国産標準油種WTIの中心 限月11月物の清算値(終値に相当)は前日比1.50ドル(3.73%)安の1バレル=3 8.72ド ル。一時2.61ドル(6.49%)安まで売られた。12月物の清算値は1....

米株続伸、ハイテク株高い 追加コロナ対策協議は一進一退

米国株式市場は続伸。追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議が一進一退の展開となる中、相場は不安定な展開となった。朝方発表された一連の経済指標は景気回復失速の可能性を示唆し、2日に発表される9月米雇用統計に注目が集まる。

WTO、EUの対米報復関税を承認 ボーイング補助金問題で=関係筋

WTO(世界貿易機関)は、欧州連合(EU)が米政府による米航空機大手ボーイング<BA.N>への補助金支給に対する報復として40億ドル相当の米製品に関税を課すことをを承認した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up