for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション

BAC.N

現在値

33.86USD

変化

-0.59(-1.71%)

出来高

17,477,734

本日のレンジ

32.96

 - 

34.98

52週レンジ

32.96

 - 

50.11

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.45
始値
34.70
出来高
17,477,734
3か月平均出来高
1,135.07
高値
34.98
安値
32.96
52週高値
50.11
52週安値
32.96
発行済株式数
8,056.88
時価総額
277,559.60
予想PER
10.31
配当利回り
2.44

次のエベント

Bank of America India Virtual Forum

適時開示

その他

Bank Of America Decreases Its Shareholding In EDP's Share Capital To 0.255%

Bank Of America Says Shareholder Proposal Requesting Policy To Cease Financing New Fossil Fuel Supplies Did Not Pass, With Nearly 11% Of Votes In Favor - AGM

Bank Of America CFO Says Q2 NII Expected To Grow $650 Mln From Q1

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションとは

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corp)は、銀行持株会社と金融持株会社である。【事業内容】金融機関であり、個人消費者、中堅・中小企業、機関投資家、企業、政府に対して、銀行業務、投資、資産運用、その他の金融・リスク管理商品・サービスを提供する。米国内および国際市場における銀行子会社およびさまざまなノンバンク子会社を通じて、4つの事業セグメントで銀行業務およびノンバンク業務の幅広い金融サービスと商品を提供する。コンシューマー・バンキング事業は、預金と消費者金融で構成される。グローバル・ウェルスとインベストメント・マネジメント事業は、メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメントとバンク・オブ・アメリカ・プライベート・バンクの2つの主要ビジネスで構成される。グローバル・バンキング事業は、融資関連の商品・サービスを提供する。グローバルマーケット事業は、セールスとトレーディングサービスおよびリサーチサービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

Bank of America Corporate Center

100 N Tryon St

CHARLOTTE, NC

28255-0001

United States

+1.704.3865681

https://www.bankofamerica.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian T. Moynihan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Paul M. Donofrio

Vice Chairman of the Board

Alastair M. Borthwick

Chief Financial Officer

Dean C. Athanasia

President, Regional Banking

Rita Sola Cook

President of Bank of America Chicago

統計

2.29 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

91.8K

2020

86.0K

2021

89.5K

2022(E)

94.3K
EPS (USD)

2019

2.750

2020

1.870

2021

3.570

2022(E)

3.342
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.10
株価純資産倍率(四半期)
1.16
株価キャッシュフロー倍率
8.80
総負債/総資本(四半期)
194.06
長期負債/資本(四半期)
101.40
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.00

最新ニュース

最新ニュース

ウェルズ・ファーゴ、年末から緩やかな米景気後退を想定 GDP予想引き下げ

ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティテュートは18日、米経済の基本シナリオを下方修正し、年末から来年初めにかけて緩やかな景気後退(リセッション)に見舞われると想定した。米大手行として最も弱気の見通しを示した形だ。

機関投資家、現金保有20年ぶり高水準 楽観度過去最低=BofA

BofAセキュリティーズの機関投資家への月次調査によると、世界経済成長への懸念が高まり、現金の保有高を過去20年で最高水準に高めたことが分かった。

米バークシャー、シティグループ株など新たに取得 第1四半期

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは16日、第1・四半期にシティグループなど複数企業の株式を新たに取得したことを明らかにした。株式市場のボラティリティーを利用し、これまで主に現金で保有していた511億ドルを投入した。

米消費者のカード支出、4月は前年比13%増=調査

バンク・オブ・アメリカ・インスティテュートの調査によると、米消費者のデビットカードおよびクレジットカード支出額は4月に前年同月比13%増加した。支出拡大は全ての所得層で見られた。

物言う投資家の標的企業助言業務、21年はBofAがランク首位

リフィニティブが3日公表したデータによると、2021年にアクティビスト(物言う投資家)の標的となった企業の金融アドバイザーランキングで、米バンク・オブ・アメリカ(BofA)が首位となった。

独検察、米モルガン・スタンレーのフランクフルト支店を捜索

米金融大手モルガン・スタンレーは3日、「過去の活動」を巡りフランクフルト支店が独検察当局の捜索を受けていると明らかにした。

米BofA、第1四半期13%減益 融資好調で予想ほど減少せず

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)が18日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は利益が13%減少した。ただ、好調な融資事業で世界的な取引の低迷の影響が緩和され、予想ほど大きな減益にはならなかった。

NY市場サマリー(18日)株下落、ドル2年ぶり高値、利回り約3年ぶり高水準

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、薄商いで地合いが不安定な中、ドルが2年ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が50ベーシスポイント(bp)の利上げを複数回実施するとの見方を背景に米債利回りが上昇したことを受けた。

大手銀の住宅ローン、金利上昇で需要減少

米金利の上昇に伴い住宅購入のためにローンを組もうとする人は減少しており、金融機関の住宅ローンのポートフォリオの先行きはさほど明るくないと予想されている。

米国株式市場=下落、決算発表控え一進一退

米国株式市場は下落して取引を終えた。今週の決算発表を控え、投資家が米債利回りの上昇とバンク・オブ・アメリカ(BofA)の好決算を見比べる中、前週末終値を挟んで一進一退となった。

米BofA、第1四半期13%減益 融資好調で予想ほど減少せず

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)が18日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は利益が13%減少した。ただ、好調な融資事業で世界的な取引の低迷の影響が緩和され、予想ほど大きな減益にはならなかった。

米個人消費なお堅調、低所得層も支出増=BofA調査

バンク・オブ・アメリカ・インスティテュートの調査によると、年初から4月8日までの米消費者のクレジットカードおよびデビットカード支出額は前年同期比15%増加した。高インフレを受けた消費者心理の悪化がまだ需要減退につながっていないことが示された。

JPモルガン、第1四半期は42%減益 インフレとウクライナに警戒

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比42%減の82億8000万ドル(1株当たり2.63ドル)となった。投資銀行業務が低調だったほか、貸倒引当金の計上が響いた。

JPモルガン、第1四半期は42%減益 投資銀行業務低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比42%減の82億8000万ドル(1株当たり2.63ドル)となった。投資銀行業務が低調だったほか、貸倒引当金の計上が響いた。

NY市場サマリー(8日)株価まちまち、ドル指数一時2年ぶり高値 10年債利回り上昇

<為替> 主要6通貨に対するドル指数が約2年ぶりに100台に乗せた。米連邦準備理事会(FRB)がインフレ対応に積極的に動くとの観測から、週間ベースでの上昇率は約1カ月ぶりの大きさとなった。

米国株式市場=ダウ上昇もS&P下落、銀行株が回復

米国株式市場は不安定な地合いの中、ダウ工業株30種が上昇した一方、S&P総合500種が下落した。売られていた銀行株が回復した。

英バークレイズ、米従業員の最低時給を20.5ドルに引き上げ

英銀大手バークレイズは31日、米従業員の最低時給を17ドルから20.50ドルに引き上げた。

米国債めぐる独禁法訴訟、金融大手の勝訴確定

米国債市場で大手金融機関10社が共謀して競争を抑制していたとする反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁は31日、取引参加者である年金基金や銀行、企業などが再提出した訴状を改めて棄却した。

FRB、年内に複数回の0.5%利上げ BofAとシティ予想

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)とシティは、インフレの高進や政策当局者によるタカ派発言を受け、米連邦準備理事会(FRB)が年内に0.5%ポイントの大幅な利上げを複数回行うとの見通しを示した。

FRB、6・7月に50bp利上げの可能性 前倒しリスクも=BofA

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、米連邦準備理事会(FRB)が6月と7月に開く連邦公開市場委員会(FOMC)でそれぞれ50ベーシスポイント(bp)の利上げを予想し、それぞれ5月と6月に前倒しされる「リスク」があるとの見方を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up