for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション

BAC.N

現在値

46.37USD

変化

1.30(+2.88%)

出来高

15,969,552

本日のレンジ

45.36

 - 

46.66

52週レンジ

23.12

 - 

46.66

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
45.07
始値
45.77
出来高
15,969,552
3か月平均出来高
1,017.79
高値
46.66
安値
45.36
52週高値
46.66
52週安値
23.12
発行済株式数
8,241.24
時価総額
379,259.70
予想PER
13.79
配当利回り
1.86

次のエベント

Bank of America Asia Credit Conference (Virtual)

適時開示

その他

Bank Of America Reports Q3-21 Net Income Of $7.7 Bln, EPS Of $0.85

Bank Of America's Long Position In Jinchuan Group Rises To 5.19% - HKEX Filing

Bank Of America Appoints Holly O’Neill President Of Retail Banking

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションとは

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は銀行持株会社と金融持株会社である。【事業内容】同社は個人消費者及び他の銀行、投資、資産管理と他の金融・リスク管理商品・サービスを有する機関にサービスを提供する金融機関である。同社は米国と国際市場における銀行・非銀行子会社を通じて、預金と消費者向け貸出を含むコンシューマー・バンキング、メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメントと米国トラスト、バンク・オブ・アメリカ・プライベート・ウェルス・マネジメントの2つの主要事業により構成されるグローバル資産・投資管理、貸出関連商品・サービスを提供するグローバル・バンキング、並びに販売と取引サービスを提供するグローバル・マーケッツ及び持分投資等を含む4つの事業セグメントを通じて銀行・非銀行金融サービスと商品を提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

Bank of America Corporate Center

100 N Tryon St

CHARLOTTE, NC

28255-0001

United States

+1.704.3865681

http://investor.bankofamerica.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian T. Moynihan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Paul M. Donofrio

Vice Chairman of the Board

Anne Finucane

Vice Chairman of the Board

Thong M. Nguyen

Vice Chairman - Bank of America Corporation

Alastair Borthwick

Chief Financial Officer

統計

2.37 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

91.9K

2019

91.8K

2020

86.0K

2021(E)

88.7K
EPS (USD)

2018

2.620

2019

2.750

2020

1.870

2021(E)

3.316
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.35
株価純資産倍率(四半期)
1.49
株価キャッシュフロー倍率
16.38
総負債/総資本(四半期)
185.83
長期負債/資本(四半期)
102.26
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.05

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、心理的な目安の2万9000円に急接近

<13:05> 日経平均は堅調持続、心理的な目安の2万9000円に急接近 日経平均は堅調を持続している。心理的な戻りの目安として意識される2万9000 円まで、あと1円に迫る急接近となった。市場では「テクニカル面で底打ち感が生じてお り、買い戻しが活発化している。ただ、週末なので新たなポジションが取りにくく、さら なる上値追いは難しそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株大幅上昇を好感 戻り相場に弾み 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比369円21銭高の2万8920円1 4銭となり、続伸...

午前の日経平均は続伸、米株大幅上昇を好感 戻り相場に弾み

15日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比369円21銭高の2万8920円14銭と続伸した。前日の米国株式市場が大幅上昇したことを好感、幅広く物色され戻り相場に弾みを加えている。きょうの上昇によりテクニカル面で底打ちを確認したとみる関係者も多い。

米銀大手4行、第3四半期利益が予想超え 景気回復やM&Aブームで

今週発表された米銀主要4行の第3・四半期決算は前期に続き好調な内容となった。新型コロナウイルス禍で積み上げた貸倒引当金の戻し入れのほか、M&A(合併・買収)ブーム、株式の引受業務およびトレーディングの収入増が利益を押し上げた。

NY市場サマリー(14日)国債利回り低下、S&P大幅上昇

<為替> 不安定な展開となる中、ドルが小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が11月に量的緩和の縮小(テーパリング)を開始することがほぼ確実視される中、市場の焦点は利上げ開始時期にシフトしている。リスク選好の回復によって、安全通貨としてのドルへの投資妙味が薄まった可能性も指摘された。

再送米国株式市場=S&P3月以来の大幅上昇、好決算や指標受け

米国株式市場では、S&P総合500種が3月上旬以来の大幅な上昇率となった。好決算を発表した金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)や医療保険大手ユナイテッドヘルス・グループなどが買われたほか、この日発表された経済指標を受け利上げ見通しを巡る懸念が後退した。

米Wファーゴ、第3四半期は60%増益 貸倒引当金戻し入れなど貢献

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は約60%の増益となった。貸倒引当金の戻し入れと経費削減が貢献した。

米シティ、第3四半期は48%増益 貸倒引当金戻し入れが寄与

米金融大手シティグループが14日に発表した第3・四半期利益(9月30日まで)は利益が48%増加し、予想を上回った。貸倒引当金の戻し入れに加え、株式引受業務と投資銀行助言業務の手数料収入が増加したことが追い風となった。

米BofA、第3四半期利益が予想上回る 事業全体の伸び堅調

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)が14日に発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は利益が市場予想を上回った。事業全体の堅調な伸びと、昨年積み上げた貸倒引当金を11億ドル戻し入れたことが寄与した。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

アングル:米IPO、来年も堅調予想 足元ボラ上昇の影響軽微

米国株式市場ではボラティリティーが数週間にわたり高まっているが、新規株式公開(IPO)への影響はさほど見られていない。市場関係者の間では、年末から来年にかけて堅調なIPOが見込まれている。

米バンク・オブ・アメリカ、国内従業員の最低時給を21ドルに引き上げ

米銀行大手バンク・オブ・アメリカは6日、米国従業員の最低賃金を時給21ドルに引き上げたと発表した。2025年までに時給を25ドルに引き上げるとの約束履行の一環。

BofA、ワクチン完了しオフィス復帰のメリル社員に200ドル支給

米金融大手バンク・オブ・アメリカは、新型コロナウイルスワクチン接種を完了しオフィスに定期的に出勤する傘下メリルリンチ・ウェルス・マネジメントの社員に対し200ドルを支給する方針。ロイターが6日、社内メモを確認した。

BofA、デジタル資産をリサーチ対象に

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)は4日、暗号資産(仮想通貨)や他のデジタル資産をリサーチの対象に追加し、最初のリポートを公表した。

再送-米JPモルガン・チェース、コロナワクチン未接種者の出張禁止

米銀行大手JPモルガン・チェースは4日、新型コロナウイルスワクチン未接種または接種状況を開示していない米国従業員の出張を禁止する方針を明らかにした。ロイターが閲覧した内部メモで分かった。

英国内の主要銀行、20年の男女賃金格差は小幅縮小

ロイターの分析によると、英国内の主要銀行の男女賃金格差は昨年、わずかに縮小した。ただ業界専門家は、格差是正にはまだ長い道のりがあると指摘する。

恒大集団の債務問題、中国への投資意欲を阻害せず=スタンチャート

英銀行大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)のハルフォード最高財務責任者(CFO)は23日、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の資金繰りを巡る懸念について、同行の中国に対する投資を抑制するものではないとの見解を示した。

BofA、今後3年間の中国の経済成長率予測を下方修正

BofAセキュリティーズは21日、今後3年間の中国の経済成長率予測を下方修正した。新型コロナウイルスのデルタ変異株の流行と、不動産・インフラセクターの規制強化が理由。

機関投資家の世界経済見通し悪化、運用姿勢なお強気=BofA

米バンク・オブ・アメリカ(BofA)の月次ファンドマネジャー調査によると、9月は今後数カ月間に世界経済が成長すると予想した割合はネットで13%にとどまり、新型コロナウイルスのパンデミックによる最初のパニックが起こった2020年4月以来の低水準となった。

原油相場、寒冬なら100ドル目標の達成予想時期前倒しも=BofA

バンク・オブ・アメリカ(BofA)グローバル・リサーチは、今冬が例年より寒くなれば需要が拡大し、供給不足が進む可能性があるとして、現在は2022年半ばとしている1バレル=100ドルの原油価格目標の達成時期予想を向こう6カ月に前倒しする可能性があるとした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up