for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション

BAC.N

現在値

24.14USD

変化

-0.05(-0.21%)

出来高

10,121,123

本日のレンジ

23.45

 - 

24.14

52週レンジ

17.95

 - 

35.71

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
24.19
始値
23.96
出来高
10,121,123
3か月平均出来高
1,570.87
高値
24.14
安値
23.45
52週高値
35.71
52週安値
17.95
発行済株式数
8,675.61
時価総額
208,388.20
予想PER
16.81
配当利回り
3.00

次のエベント

Q2 2020 Bank of America Corp Earnings Release

適時開示

その他

Bank Of America Announces Redemption Of Senior Notes

Bank Of America Provides Statement On Federal Reserve’S 2020 Comprehensive Capital Analysis And Review

Bank Of America Corp Issues $1 Bln Corporate Social Bond

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションとは

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は銀行持株会社と金融持株会社である。【事業内容】同社は個人消費者及び他の銀行、投資、資産管理と他の金融・リスク管理商品・サービスを有する機関にサービスを提供する金融機関である。同社は米国と国際市場における銀行・非銀行子会社を通じて、預金と消費者向け貸出を含むコンシューマー・バンキング、メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメントと米国トラスト、バンク・オブ・アメリカ・プライベート・ウェルス・マネジメントの2つの主要事業により構成されるグローバル資産・投資管理、貸出関連商品・サービスを提供するグローバル・バンキング、並びに販売と取引サービスを提供するグローバル・マーケッツ及び持分投資等を含む4つの事業セグメントを通じて銀行・非銀行金融サービスと商品を提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

Bank of America Corporate Center

100 N Tryon St

CHARLOTTE, NC

28255-0001

United States

+1.704.3865681

https://www.bankofamerica.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian T. Moynihan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Thong M. Nguyen

Vice Chairman of the Board

Paul M. Donofrio

Chief Financial Officer

Dean C. Athanasia

President - Retail and Preferred & Small Business Banking

Kathleen A. Knox

President - U.S. Trust

統計

2.33 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

89.2K

2018

91.9K

2019

91.8K

2020(E)

86.6K
EPS (USD)

2017

1.850

2018

2.620

2019

2.750

2020(E)

1.439
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.29
株価純資産倍率(四半期)
0.86
株価キャッシュフロー倍率
8.54
総負債/総資本(四半期)
171.28
長期負債/資本(四半期)
95.73
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.97

最新ニュース

最新ニュース

WRAPUP 1-米銀決算、トレーディング収入が急増 持続性に疑問も

今年3月以降の株式および債券市場の大幅変動が米銀大手のトレーディング収入の急増をもたらし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う影響を相殺した。ただ、トレーディング収入が持続的に増加する可能性は低いとみられている。

NY市場サマリー(10日)ナスダック最高値、ドル下落

<為替> ドルが下落。新型コロナウイルスワクチンを巡る期待からリスク選好が上向き、株価が値上がりする一方、ドルは売られた。ドル指数は週間で約1カ月ぶりの大幅な下げとなった。

米国株は上昇、ギリアド・金融株が高い ナスダック最高値

米国株式市場は上昇。米国で新型コロナウイルス新規感染者数が連日で最多を記録し、懸念は強まっているものの、製薬ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>のコロナ感染症治療薬が治験で良好なデータを示したことが材料視された。

FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止

米連邦準備理事会(FRB)は25日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響についても分析を行い、少なくとも第3・四半期まで配当支払いを制限し、自社株買いも禁じる方針を明らかにした。

訂正-FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止=コロナ禍分析

米連邦準備理事会(FRB)は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する分析の結果、大手銀行に対し第3・四半期まで(訂正)の配当支払いを制限し、自社株買いを禁じる方針を明らかにした。

コラム:最高裁がLGBTQ差別に違法判断、米政治は機能せず

米連邦最高裁が今一度、偉大なる米国のための仕事を「代行」した。政治がうまく働かないとき、企業や消費者や、他の影響力を持つ関係者が創造力を働かせて、この国が機能し続けるようにする。職場での性的少数者への差別を違法とする最高裁判断が出たことは、裁判官も自分たちの役割を理解していることを示す。

米GS、人種差別に取り組む団体支援へ1000万ドルの基金

米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>は10日、人種間の不平等や経済格差に取り組んでいる団体を支援するため1000万ドルの基金を創設した。

アングル:米銀ストレステスト、FRBも読めないコロナ禍の結果

米国の金融システムは、新型コロナウイルス感染拡大がもたらした経済危機で企業や消費者のデフォルト(債務不履行)が増加する中で、どの程度耐久力を持っているのか――。その答えを導き出すための手掛かりの1つになるのが、米連邦準備理事会(FRB)の大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果だろう。

社債に過去最高の資金流入、経済再開でリスク資産にシフト=バンカメ

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のデータによると、6月3日までの週は、社債ファンドに過去最高の325億ドルの資金が流入した。米連邦準備理事会(FRB)の債券買い入れプログラムや、経済再開への期待が支援した。

焦点:「割安」な米銀行株の買い活発化、上昇は持続するか

米経済の持ち直しを見込む投資家が、割安な米銀行株の買いを活発化させている。株価上昇が持続するためには、連邦準備理事会(FRB)のストレステスト(健全性審査)で好結果が確認された上で、貸し倒れ損失が一服することが必要だと一部市場関係者が警告しているにもかかわらずだ。

米ゴールドマン社員の差別是正訴えたメール、社内で拡散

白人警官による黒人暴行死やその後の抗議デモを受けて、ゴールドマン・サックス<GS.N>のある社員が今週、黒人として自身が経験した人種差別などを綴ったメールを数人の同僚に送った。メールは瞬く間に社内に広がり、デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)にも転送されたという。

米バンカメ、人種格差改善に10億ドル拠出へ 非白人系住民支援

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>は1日、白人警官の暴行による黒人死亡事件に対する抗議活動が全米に拡大していることを受け、国内の経済、人種格差の改善に向こう4年間で10億ドルを振り向けると発表した。米大手銀でこうした方針を自主的に表明するのはバンカメが初めて。

大手投資銀12行の第1四半期、コモディティ関連収入が増加=調査

調査会社コーリションによると、大手投資銀行12行は第1・四半期、原油を中心にコモディティ(商品)市況の大幅変動により収益を上げた。

UPDATE 1-FRBの社債買い入れ制度、運用開始1週間でETF15本購入

米連邦準備理事会(FRB)が29日公表したデータによると、新型コロナウイルス対策の一環である社債買い入れプログラム「セカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(SMCCF)」による取引回数は運用開始から1週間で158回に達し、15本の上場投資信託(ETF)が購入された。

FRBの社債買い入れ制度、運用開始1週間でETF15本購入

米連邦公開市場委員会(FRB)が29日公表したデータによると、新型コロナウイルス対策の一環である社債買い入れプログラム「セカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(SMCCF)」による取引回数は運用開始から1週間で158回に達し、15本の上場投資信託(ETF)が購入された。

新たな米証券取引所MEMX、9月4日に取引開始

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>や米資産運用大手ブラックロック<BLK.N>などが支援する新たな証券取引所、メンバーズ・エクスチェンジ(MEMX)は28日、9月4日に取引を開始すると発表した。

焦点:横ばい続く株式市場、新たな手掛かり模索

世界各国が新型コロナウイルス対策で導入したロックダウン(都市封鎖)の緩和に乗り出し、米欧の経済指標にかすかな回復の兆しが見え始めたにもかかわらず、世界の株式相場<.MIWD00000PUS>の今月の上昇は1%程度にとどまっている。

米投資ファンド、第1四半期にハイテクやエネルギー株の保有拡大

米投資ファンドは第1・四半期に大手ハイテク企業や、売り込まれていたエネルギーセクターへの投資を拡大した。15日に公表された規制当局への提出資料で明らかになった。

米バークシャー、ゴールドマン株を84%売却 Wファーゴは維持

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は15日、保有する米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>株の大半を売却したと明らかにした。

バフェット氏、米の危機克服力に期待 「残りの人生も米に投資」

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、自身の米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>の年次株主総会で、新型コロナウイルスの世界的流行で米経済と自身の投資が大打撃を受ける可能性を認めつつも、米国が過去の危機と同様にコロナ危機も克服するとの期待感を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up