for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション

BAC.N

前日終値

30.17USD

変化

0.50(+1.69%)

出来高

13,450,841

本日のレンジ

29.87

 - 

30.32

52週レンジ

22.67

 - 

31.36

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
29.67
始値
30.00
出来高
13,450,841
3か月平均出来高
1,144.60
高値
30.32
安値
29.87
52週高値
31.36
52週安値
22.67
発行済株式数
9,308.30
時価総額
280,831.40
予想PER
10.65
配当利回り
2.39

次のエベント

Bank of America Merrill Lynch Global Healthcare Conference

適時開示

その他

Bank Of America Corp Says Has Recognized A Non-Cash, Pretax Impairment Charge Of Approximately $2.1 Billion In Quarter Ending September 30, 2019

Bank of America CEO Moynihan says underlying consumer is doing well- CNBC Interview

Intercontinental Exchange Announces Agreement To Acquire The Merrill Lynch Option Volatility Estimate (MOVE) Index From Bank Of America Merrill Lynch

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションとは

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は銀行持株会社と金融持株会社である。【事業内容】同社は個人消費者及び他の銀行、投資、資産管理と他の金融・リスク管理商品・サービスを有する機関にサービスを提供する金融機関である。同社は米国と国際市場における銀行・非銀行子会社を通じて、預金と消費者向け貸出を含むコンシューマー・バンキング、メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメントと米国トラスト、バンク・オブ・アメリカ・プライベート・ウェルス・マネジメントの2つの主要事業により構成されるグローバル資産・投資管理、貸出関連商品・サービスを提供するグローバル・バンキング、並びに販売と取引サービスを提供するグローバル・マーケッツ及び持分投資等を含む4つの事業セグメントを通じて銀行・非銀行金融サービスと商品を提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

Bank of America Corporate Center

100 N Tryon St

+1.704.3868486

https://www.bankofamerica.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian T. Moynihan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Thong M. Nguyen

Vice Chairman of the Board

Paul M. Donofrio

Chief Financial Officer

Dean C. Athanasia

President - Retail and Preferred & Small Business Banking

Kathleen Knox

President - U.S. Trust

統計

2.29 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

84.6K

2017

89.2K

2018

91.9K

2019(E)

91.8K
EPS (USD)

2016

1.500

2017

1.850

2018

2.620

2019(E)

2.833
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.74
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.07
株価純資産倍率(四半期)
1.14
株価キャッシュフロー倍率
9.48
総負債/総資本(四半期)
169.56
長期負債/資本(四半期)
87.69
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.24

最新ニュース

アングル:外為取引、大手行の「覇権」に新技術で挑む新興企業

外国為替市場は指標の不正操作問題に見舞われてから5年余りが経過したが、一握りの大手銀行が取引を支配する状況はかつてないほど強固で、それが揺らぐ気配は見えない。

サウジアラムコ、IPO主幹事にJPモルガンなど9行選定=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは、計画している新規株式公開(IPO)の主幹事に米JPモルガン・チェースなど9つの金融機関を選定した。関係筋が11日、ロイターに明らかにした。

豪年金基金、1680億ドルの運用で海外視野に

オーストラリアの年金基金は2450億豪ドル(1673億8000万ドル)の運用資金を抱えているが、運用会社からは、国内の投資先が不足しているため、海外に向かうとの見方がでている。

米バンカメ、中規模企業に注力 投資銀行部門の立て直し目指す

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>のトム・モンタグ最高執行責任者(COO)は9日、中規模企業に焦点を当てることで市場シェアを取り戻す戦略が奏功し、中規模企業の合併・買収(M&A)部門が上向いていると明らかにした。

主要投資銀行、上半期収入は13年ぶり低水準=コアリション

業界分析会社コアリションが5日発表した最新データによると、世界の主要投資銀行の今年1─6月収入総額は前年同期比11%減の768億ドルと、上半期としては2006年以来13年ぶりの低水準となった。

米シティ、最低賃金15ドルに引き上げ 議員の圧力などで

米シティグループ<C.N>が今年6月、政治家の圧力や他の大手行の決定を受けて最低賃金を時給15ドルに引き上げたことが、米下院金融委員会のウォーターズ委員長が公表したデータで分かった。

米経済成長は持続、個人消費は堅調=バンカメCEO

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>のモイニハン最高経営責任者(CEO)は21日、個人消費が力強いことで米経済成長は持続するとの見方を示し、米国が景気後退(リセッション)に陥る可能性があるとの見方を退けた。

企業は社会的責任重視を、米経済界トップが声明

米経済団体ビジネス・ラウンドテーブルは19日、米経済界は株主だけでなく従業員や地域社会などすべての利害関係者に経済的利益をもたらす責任があるとする声明を発表した。

コラム:米大手行の時価総額が急減、景気後退サインか

米大手銀5行はこの3週間だけで、合計約1250億ドルもの時価総額を失った。今や5行のうち、株価純資産倍率(PBR)が1倍を上回っているのはJPモルガン<JPM.N>だけだ。これを歴史的に考えれば、投資家が景気後退(リセッション)がやってくると考え、そちらの方向にいち早く賭けたことを意味する。しかし直近の金融危機で得られた経験に基づくと、そうしたメッセージが正確とは言えなくなる。

トランプ米大統領、金融大手トップと協議 市場混乱の最中

トランプ米大統領が金融市場が混乱した14日に国内金融大手3社のトップと電話で協議していたことが、関係筋の話で16日分かった。

UPDATE 1-バークシャー、第2四半期にアマゾン株の保有数を11%拡大

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは14日、アマゾン・ドット・コム株の保有数を第2・四半期に11%増やしたことを公表した。

米国の対中追加関税発動、アップル業績に打撃の公算=BAML

トランプ米大統領が発表した対中追加関税が米アップル<AAPL.O>の通期業績に悪影響を及ぼす可能性がある。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)のアナリストが2日、発表した。

コラム:モルガンS、ゴーマンCEOの成績評価は「中位」

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)<MS.N>のジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、2009年9月の就任からこれまで10年間の成績を評価するなら「中ぐらい」といったところだろう。

UPDATE 1-米国株式市場=続落、貿易摩擦の企業業績への影響に懸念広がる

(内容を追加します。) [ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国株式市場は続落して取引を終えた。米 鉄道輸送大手CSXのさえない決算を背景に、米中貿易摩擦が米企業業績に悪影 響を及ぼすとの懸念が高まった。 CSXは10.3%下落し、1日としては2008年以来の大幅な下げを記録した。 前日引け後に発表した第2・四半期決算は利益が予想を下回り、通年売上高見通しを下方 修正した。貿易摩擦が影響し、上期のトラック・鉄道の貨物輸送量が減少したことが業績 を押し下げた。 同業のユニオン・パシフィックも6.1%安、BNSF鉄道を傘下に持つバ ークシャー・ハザウェイ...

米バンカメ、第2四半期利益は予想上回る 個人向け事業が好調

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が17日発表した第2・四半期決算は、個人向け金融部門が好調で、利益が市場予想を上回った。ただ、低金利環境の継続が見込まれる中、通年の純金利収入見通しを下方修正した。

FRB議長証言「ハト派」、今月の利下げ幅は0.25%=BAML

米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)は、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の10日の議会証言は「ハト派」だったとした上で、今月の利下げ幅は0.25%になるとの見通しを示した。

銀行ストレステスト第一弾、全18行合格 FRB「耐性は大幅強化」

米連邦準備理事会(FRB)は21日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の第一弾の結果を公表し、全18行が合格したと明らかにした。

米銀ストレステスト第一弾、全18行合格=FRB

米連邦準備理事会(FRB)は21日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の第一弾の結果を公表し、全18行が合格したと明らかにした。

米利下げ時期、今後2週間の指標やイベント次第=バンカメメリル

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(バンカメメリル)は、米連邦準備理事会(FRB)が利下げの開始時期を7月にするか9月にするかを判断する上で、今後2週間の経済指標などが極めて重要だとの見方を示した。

焦点:弱音吐けない金融エリート、「心の病」対策に職場が本腰

ヘッジファンドの世界を舞台にした米テレビドラマ「ビリオンズ」では、架空のファンド「アックス・キャピタル」で働くトレーダーたちが、定期的に会社専属の精神科医の問診を受ける。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up