for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション

BAC.N

現在値

33.54USD

変化

-0.58(-1.70%)

出来高

7,924,999

本日のレンジ

33.27

 - 

34.12

52週レンジ

26.21

 - 

35.71

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.12
始値
34.11
出来高
7,924,999
3か月平均出来高
916.32
高値
34.12
安値
33.27
52週高値
35.71
52週安値
26.21
発行済株式数
8,995.11
時価総額
301,695.90
予想PER
--
配当利回り
2.15

次のエベント

Dividend For BAC_pe.N - 0.2556 USD

適時開示

その他

Bank Of America Reports Quarterly EPS OF $0.74

Bank Of America Accelerates Move To $20 Per Hour Minimum Wage In 2020

Bank Of America Declared A Regular Quarterly Cash Dividend On Common Stock Of $0.18/Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションとは

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は銀行持株会社と金融持株会社である。【事業内容】同社は個人消費者及び他の銀行、投資、資産管理と他の金融・リスク管理商品・サービスを有する機関にサービスを提供する金融機関である。同社は米国と国際市場における銀行・非銀行子会社を通じて、預金と消費者向け貸出を含むコンシューマー・バンキング、メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメントと米国トラスト、バンク・オブ・アメリカ・プライベート・ウェルス・マネジメントの2つの主要事業により構成されるグローバル資産・投資管理、貸出関連商品・サービスを提供するグローバル・バンキング、並びに販売と取引サービスを提供するグローバル・マーケッツ及び持分投資等を含む4つの事業セグメントを通じて銀行・非銀行金融サービスと商品を提供する。

連絡先

Bank of America Corporate Center

100 N Tryon St

+1.704.3868486

https://www.bankofamerica.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian T. Moynihan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Thong M. Nguyen

Vice Chairman of the Board

Paul M. Donofrio

Chief Financial Officer

Dean C. Athanasia

President - Retail and Preferred & Small Business Banking

Kathleen Knox

President - U.S. Trust

統計

2.38 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

89.2K

2018

91.9K

2019

91.8K

2020(E)

92.3K
EPS (USD)

2017

1.850

2018

2.620

2019

2.750

2020(E)

3.024
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.31
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
14.69
総負債/総資本(四半期)
162.44
長期負債/資本(四半期)
90.95
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.15

最新ニュース

最新ニュース

米民主ウォーレン氏、大手銀に気候変動リスクへの対応で説明要求

米大統領選の野党・民主党候補指名を目指すウォーレン上院議員は、国内大手銀行の首脳に21日付で書簡を送り、気候変動リスクに関する評価と対応を詳細に説明するよう求めた。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 米中が貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名したことを受けドルは下げ幅を縮小したものの、対ユーロと対円で軟調なまま推移した。

米国株市場はダウが初の2万9000ドル台、米中の通商合意署名で

米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種<.DJI>が初めて2万9000ドル台に乗せて終了。S&P総合500種<.SPX>も終値ベースで最高値を更新した。米中両国はこの日、貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名し、1年以上にわたって市場を揺るがしてきた関税合戦の終結に向け取り組む姿勢を表明した。

米バンカメ、第4四半期は減収減益 金利低下の影響で

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が15日発表した第4・四半期決算は、金利低下の影響で利益が前年同期比4%減少した。

米バンカメ、第4四半期利益は予想上回る 債券取引や融資が増加

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が15日発表した第4・四半期決算は、利益が予想を上回った。債券取引や融資が伸び、低金利による影響を緩和した。

米大手3行、CEOは慎重ながらも先行きを楽観

米銀大手3行が14日に発表した決算では、貿易戦争、低金利、地政学リスクにもかかわらず、主力事業に大きな落ち込みはみられなかった。経営トップは慎重ながらも今年の成長を楽観している。

米地方債ファンド、2019年は過去最高の資金流入=リッパー

リフィニティブ傘下の調査会社・リッパーが2日発表した米国拠点ファンドの資金動向によると、米地方債ファンドは2019年全体で資金流入超過額が940億5000万ドルとなり、過去最高を更新した。リスク回避や税負担の圧縮を狙う投資家の動きを反映した。

米GSE債の価格共謀訴訟、13社が3億3700万ドル支払いで和解

米政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNMA.PK>と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)<FMCC.PK>の債券の価格を大手金融機関16社が共謀して不当につり上げたとして投資家らが起こした民事訴訟で、まだ和解していなかった13社が、総額3億3700万ドルを支払う和解案に合意した。

原油価格、来年第2四半期までに70ドル超えも=バンカメ・メリル

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(バンカメ・メリル)は9日、石油輸出国機構(OPEC)とその他の主要産油国による減産が順守され、米中通商合意など経済面で明るい材料が生じた場合、2020年の第2・四半期までに原油価格が1バレル=70ドルを超える可能性があると指摘した。

米大手行、資本上乗せ回避へ短期金融市場で貸し出し抑制も

JPモルガン・チェース<JPM.N>やゴールドマン・サックス<GS.N>など米大手銀行の一部は金融規制による資本上乗せを避けるために、年末に向けて短期金融市場で貸し出しを控える可能性がある。

焦点:曲がり角の米ジャンク級ローン市場、LBOブームに幕

投機的格付けの米企業ローン市場の最もリスクの高い分野は、格下げへの懸念から多くの投資家に敬遠されつつある。このためレバレッジドバイアウト(LBO)や、借り入れを原資とする配当受け取り(debt-funded dividends)の動きが鈍ってきた。

香港金融機関、シャッター下ろし自宅勤務も 騒乱拡大で安全策

香港では13日、抗議活動の騒乱によりビジネス街が3日連続でまひ状態となり、金融機関は従業員に自宅待機を求めるなどの対策を取った。

米IBM、バンカメと金融サービス特化のクラウド技術構築

米IBM<IBM.N>は6日、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>と提携し、金融サービスに特化したクラウド技術を構築したと明らかにした。バンカメが同プラットフォームを利用する最初の主要行になる。

バークシャー、第3四半期営業利益が14%増 予想上回る

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が発表した第3・四半期決算は、営業利益の伸びが市場予想を上回った。一部事業の好調が貿易摩擦などの悪影響を打ち消した。

バンカメ、好業績背景に3年連続で特別賞与支給へ

米大手銀行バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>は、好業績を背景に3年連続で社員に特別賞与を支給する。モイニハン最高経営責任者(CEO)が記した社員宛てメモを、ロイターが確認して分かった。

米バンカメ、コスト削減より投資を重視へ転換

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が16日発表した第3・四半期決算は、コスト削減に頼った利益拡大策から同社が約5年ぶりに離れたことを示した。2007-09年の金融危機後に続いた米銀行界のコスト削減の流れが、投資重視へと急激に転換している最新の兆候だ。

米株は小幅反落、低調な米指標が重し 決算堅調

米国株式市場は小幅に反落して取引を終えた。米企業の第3・四半期決算は全体的に堅調だったが、低調な米経済指標と地政学的な緊張感が重しとなった。

NY市場サマリー(16日)

商務省が発表した9月の小売売上高は前月比0.3%減と、2月以来7カ月ぶりに落ち込んだ。製造業の弱含みがより広範な経済に波及している懸念が高まり、連邦準備理事会(FRB)の追加利下げの論拠となる可能性がある。[nL3N27133W]

バンカメ、第3四半期利益は予想上回る 助言手数料・融資が増加

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が16日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。助言手数料や融資が増加し、金利低下による悪影響を相殺した。

米銀大手が決算発表へ、幹部会見に注目=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、第3・四半期決算を発表する銀行最大手に関心が集まる見通し。金利の低下を背景にした純金利マージンの縮小により1株利益が3年ぶりに前年比で減少する可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up