for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション

BAC.N

現在値

29.29USD

変化

0.38(+1.31%)

出来高

10,799,628

本日のレンジ

29.01

 - 

29.43

52週レンジ

17.95

 - 

35.71

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
28.91
始値
29.20
出来高
10,799,628
3か月平均出来高
1,288.93
高値
29.43
安値
29.01
52週高値
35.71
52週安値
17.95
発行済株式数
8,661.52
時価総額
251,392.00
予想PER
16.60
配当利回り
2.48

次のエベント

GS Retail Co Ltd and GS Home Shopping Inc M&A Call Hosted by Bank of America Merrill Lynch Securities (Korean)

適時開示

その他

up

Bank Of America Qtrly EPS $0.51

Bank Of America Announces Redemption Of Senior Notes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションとは

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は銀行持株会社と金融持株会社である。【事業内容】同社は個人消費者及び他の銀行、投資、資産管理と他の金融・リスク管理商品・サービスを有する機関にサービスを提供する金融機関である。同社は米国と国際市場における銀行・非銀行子会社を通じて、預金と消費者向け貸出を含むコンシューマー・バンキング、メリルリンチ・グローバル・ウェルス・マネジメントと米国トラスト、バンク・オブ・アメリカ・プライベート・ウェルス・マネジメントの2つの主要事業により構成されるグローバル資産・投資管理、貸出関連商品・サービスを提供するグローバル・バンキング、並びに販売と取引サービスを提供するグローバル・マーケッツ及び持分投資等を含む4つの事業セグメントを通じて銀行・非銀行金融サービスと商品を提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

Bank of America Corporate Center

100 N Tryon St

CHARLOTTE, NC

28255-0001

United States

+1.704.3865681

https://www.bankofamerica.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian T. Moynihan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Thong M. Nguyen

Vice Chairman of the Board

Paul M. Donofrio

Chief Financial Officer

Dean C. Athanasia

President - Retail and Preferred & Small Business Banking

Kathleen A. Knox

President - U.S. Trust

統計

2.37 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

89.2K

2018

91.9K

2019

91.8K

2020(E)

86.0K
EPS (USD)

2017

1.850

2018

2.620

2019

2.750

2020(E)

1.748
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.86
株価純資産倍率(四半期)
1.03
株価キャッシュフロー倍率
12.69
総負債/総資本(四半期)
172.68
長期負債/資本(四半期)
95.08
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.75

最新ニュース

最新ニュース

日立金属の売却、アポロ・カーライル・ベインなど応札へ=関係筋

日立製作所<6501.T>による上場子会社の日立金属<5486.T>の売却に向けた入札に、米ファンドのアポロ・グローバル・マネジメント<APO.N>、カーライル・グループ<CG.O>、KKR<KKR.N>、ベインキャピタルが応札を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。1次入札は今月末が締め切りの予定という。

サウジアラムコ、ドル建て債発行で80億ドル調達

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ<2222.SE>は17日、ドル建て債券5トランシェの発行に伴うマーケティングを開始し、80億ドルを調達する見通しとなった。原油安により財務が打撃を受けていることから資金を調達する。

サウジアラムコがマーケティング開始、ドル建て債5トランシェ巡り

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは17日、ドル建て債券5トランシェの発行に伴うマーケティングを開始した。原油安により財務が打撃を受けていることから資金を調達する。

コラム:大手銀に「生物多様性リスク」という頭痛の種

大手銀行は新たな頭痛の種を抱え込むことになった。投資家や規制当局からの圧力で気候変動による金融リスクには目覚めていたが、今度は植物や昆虫、動物の保護についても気候変動と同じように緊急な対処を求められている。銀行に対応の備えが整っていない分野だ。

アングル:投資銀行、「バイデン増税」前の事業売却提案で攻勢

うまみのある案件を勝ち取ることに熱心なのが常の投資銀行が、米企業のオーナーに新しい売り込みを図っている。「今のうちにあなたの会社を売るため、われわれを雇ってください。さもないとバイデン民主党政権が誕生したあかつきには、会社を売るのに少なくとも2倍の税金を払うことになりますよ」といった具合だ。

焦点:米金融機関、コロナ支援策の不正問題で規制に戦々恐々

米金融機関が新型コロナウイルス支援策に絡む規制リスクに戦々恐々となっている。

NY市場サマリー(14日)ダウ・ドル下落、追加経済対策に不透明感

<為替> ドル指数が下落。ユーロも一時1週間ぶり安値に沈んだ。新型コロナウイルスワクチンや追加コロナ経済対策を巡り不透明感が漂う中、世界株式市場も神経質な取引となった。

米株続落、財務長官発言で経済対策期待しぼむ

米国株式市場は続落して取引を終えた。追加の新型コロナウイルス経済対策が来月3日の米大統領選までに実現するという期待が後退。アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトが下げを主導した。

米BofA、低金利響き第3四半期収入は予想割れ 引当金は減少

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)<BAC.N>が14日発表した第3・四半期決算は、低金利が響き、収入が市場予想を下回った。しかし、景気回復ペース加速に伴う業績改善見通しを反映し、貸倒引当金繰入額は14億ドルと、前四半期の51億ドルから大幅に減少した。

再送-バンク・オブ・アメリカ、第3四半期収入は予想下回る 低金利が圧迫

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)(が14日発表した第3・四半期決算は、低金利が響き、収入が市場予想を下回った。また、貸倒引当金を14億ドル積み増した。

JPモルガン、第3四半期利益が予想上回る 活況な取引寄与

米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>が13日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が市場予想を大幅に上回った。金融市場の取引が活況だったほか、貸倒引当金が3カ月前の105億ドルから6億1100万ドルに大幅に減少したことが寄与した。

株価、下落より上昇の余地が大きい=ブラックロックCEO

米資産運用大手ブラックロック<BLK.N>のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は13日のインタビューで、主要中央銀行の金融緩和という追い風に加え、米欧で新たに大規模な財政出動が想定されるため、株価は下がるより上がる余地が大きいとの見方を示した。

米株反落、ワクチン期待後退 景気対策巡る不透明感も圧迫

米国株式市場は反落。新型コロナウイルスワクチン治験中断を巡るニュースや追加のコロナ経済対策を巡る不透明感がセンチメントを圧迫した。企業の四半期決算も注目された。

JPモルガン、第3四半期利益が予想上回る 活況な取引寄与

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が市場予想を大幅に上回った。金融市場の取引が活況だったほか、貸倒引当金が3カ月前の105億ドルから6億1100万ドルに大幅に減少したことが寄与した。

値固め、2万4000円を意識 個別は企業決算に注目=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、節目の2万4000円に向けて値固めの動きが想定されている。11月3日の米大統領選挙投票日まで1カ月を切り、トランプ大統領とバイデン前副大統領両候補の動向が注目されるが、大幅に下落するリスクは小さいとの見方が多い。国内企業の7─9月期決算が本格化する中、開示内容を見極めながら個別物色となる展開も予想される。

値固め、2万4000円を意識 個別は企業決算に注目=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、節目の2万4000円に向けて値固めの動きが想定されている。11月3日の米大統領選挙投票日まで1カ月を切り、トランプ大統領とバイデン前副大統領両候補者の動向が注目されるが、大幅に下落するリスクは小さいとの見方が多い。国内企業の7─9月期決算が本格化する中、開示内容を見極めながら個別物色となる展開も予想される。

米ウェルズ・ファーゴ、商業銀行部門で人員削減開始

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>は、商業銀行部門で人員削減を開始した。ほぼすべての業務が影響を受ける幅広い人員削減の一環。広報担当が7日、明らかにした。

バンク・オブ・アメリカ、デジタル金融プラニングを本格展開

バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>は5日、デジタル金融プラニングサービスの提供を全米で開始した。これまでフィンテック企業が独占してきた領域に本格参入する。

米ゴールドマン、人員削減再開へ 「少数を削減」

米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>は30日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のなか停止していた人員削減を再開する方針を明らかにし、「少数の削減」を進める考えを示した。

米FRB、大手行の自社株買い禁止・配当制限を20年末まで延長

米連邦準備理事会(FRB)は30日、大手銀行を対象とした現行の資本還元制限を2020年末まで延長すると発表した。大手行は引き続き自社株買いが禁止され、配当支払いに上限が設けられる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up