for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Julius Baer Gruppe AG

BAER.S

現在値

44.06CHF

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

24.32

 - 

51.82

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
44.06
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
17.87
高値
--
安値
--
52週高値
51.82
52週安値
24.32
発行済株式数
217.68
時価総額
9,288.09
予想PER
10.52
配当利回り
3.16

次のエベント

Nine-Months 2020 Julius Baer Gruppe AG Interim Management Statement Release

適時開示

その他

Julius Baer Says Christian Meissner Stepping Down From Co's Board

Julius Baer To Redeem Perpetual Tier 1 Subordinated Bonds Issued Nov. 18, 2015 At First Call Date

Julius Baer To Offer Private Equity To Ultra-Wealthy Clients - FT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Julius Baer Gruppe AGとは

ジュリアス・ベア・グルッペ(Julius Baer Gruppe AG)はスイスベースのプライベート・バンキングのグループであり、個人顧客および独立系アセット・マネージャーへのサービス提供・助言を主たる事業とする。【事業内容】同社グループは25カ国・地域以上における総数約50ヶ所の拠点を経由して、グローバルに事業を展開する。同社グループはJulius Baer Holding AGからのスピンオフにより設立された、当該スピンオフによって、Julius Baer Holding AGは同社およびGAM Holdingの2社に分割した。同社は子会社とともに、Bank Julius Baer & Co Ltdを主要な事業エンティティとして構成し、GAM Holdingは子会社とともに、「GAM」と「Julius Baer」商号のアセットマネジメント事業を行い、具体的には元のJulius Baer Holding Ltdのバンク・ジュリアス・ベア事業セグメントの一部であったプライベート・ラベル・ファンド事業を含む。同社グループはスイス、欧州の残りの部分、米州、アジアおよびその他の国々という地域的事業セグメントを介して事業を展開する。

業種

Regional Banks

連絡先

Bahnhofstrasse 36

8001

Switzerland

+41.58.8881111

https://www.juliusbaer.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Romeo Lacher

Independent Chairman of the Board

Raymond J. Baer

Honorary Chairman of the Board

Philipp Rickenbacher

Chief Executive Officer, Member of the Executive Board

Charles G. T. Stonehill

Non-Executive Independent Vice Chairman of the Board

Dieter A. Enkelmann

Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

統計

2.55 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CHF)

2017

3.3K

2018

3.4K

2019

3.4K

2020(E)

3.4K
EPS (CHF)

2017

3.660

2018

3.720

2019

3.520

2020(E)

3.946
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.61
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.43
株価純資産倍率(四半期)
1.44
株価キャッシュフロー倍率
9.74
総負債/総資本(四半期)
23.28
長期負債/資本(四半期)
23.28
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.58

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。FTS E350製薬・バイオテクノロジー株指数や嗜好品株指数が値 を下げたほか、ポンド高により輸出銘柄が売られた。 一方、中型株で構成するFTSE250種指数は0.24%上昇した。英国 と欧州連合(EU)はこの日、通商交渉を強化し協定の法的文書を進めることで合意。交 渉は前週末、何週間も行き詰まっていた末にジョンソン英首相が交渉を打ち切ると述べて いた。 格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは先週、英国の信用格付けを引 き下げた。イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は18日...

欧州株式市場=反落、コロナ感染急増で制限措置懸念高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 366.81 -0.67 -0.18 367.48 FTSEユーロファース 1418.02 -4.17 -0.29 1422.19 ト300種 ユーロSTOXX50種 3242.51 -2.96 -0.09 3245.47 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルス 感染の急増により制限措置が強化されることへの懸念が高まった。 イタリアでは週末、新型コロナの1日の新規感染件数が過去最高に 達した。各市町は夜9時以降...

ジュリアス・ベア、伊子会社のれん代を追加計上へ 1─9月期は好調

スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベア<BAER.S>は19日、今通期の決算にはイタリアの子会社でヘッジファンド運営会社カイロスに関連したのれん代の減損処理を反映させると発表した。

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。原油安 に伴いエネルギー株が売られた。製薬のアストラゼネカは新型コロナウイルスの ワクチン開発への期待から終値で過去最高値を付けた。 需要が減るとの見方から原油が値を下げ、石油大手のBPとロイヤル・ダッチ ・シェルがFTSE100種の大きな重しとなった。 一方、アストラゼネカは1.4%高。開発を進める新型コロナワクチンの初期の臨床 試験で健康な被験者に対する安全性と免疫効果が確認された。 FTSE350種住宅建設株指数は0.76%上昇した。スナク英財務 相が減税を発表して以降、英住宅市場の回復...

欧州株式市場=続伸、新型コロナワクチンに期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 375.51 +2.80 +0.75 372.71 FTSEユーロファース 1463.56 +10.66 +0.73 1452.90 ト300種 ユーロSTOXX50種 3388.34 +22.74 +0.68 3365.60 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチンに関す る前向きな結果が買い材料となった。欧州連合(EU)首脳が新型コロナで打撃を被った 欧州経済を立て直す「復興基金」について合意が近いとの...

ジュリアス・ベア、上半期は43%増益 顧客の売買注文が増大

スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベア<BAER.S>は20日、 2020年上半期の純利益が43%増の4億9100万スイスフラン(5億2301万ドル)となり、過去最高益を記録したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で顧客からの売買注文が増大し、収益を押し上げたという。

富裕層向け金融大手、香港顧客の民主化運動との関係調査=関係筋

富裕層向けサービスを手掛ける大手金融機関が香港の顧客について、民主化運動と関係がないか調査していることが関係筋の話で明らかになった。香港国家安全維持法に抵触することを回避するためという。

焦点:金投資に走る世界の超富裕層、株価の急伸に警戒感

株式市場が新型コロナ危機を受けた暴落から急速に持ち直しているにもかかわらず、世界の富裕層に投資助言するプライベートバンク(PB)が、金の持ち高をもっと増やすよう勧めている。株高がどれほど強いか、世界の中央銀行による惜しげもない資金供給の影響がどれだけ長く続くかについて懐疑的なためだ。

中国の富裕層、香港から資産移転の可能性 「安全法」を懸念=金融筋

中国政府が制定を目指す「香港国家安全法」により、本土の当局が香港にある資産を追跡し、差し押さえることが可能になるとの懸念から、中国の富裕層が香港からの資産移転に動く可能性がある。銀行関係者などが明らかにした。

スイス中銀が政策据え置き、マイナス金利は当面続く可能性

スイス国立銀行(中銀)は12日、政策金利を据え置いた。リスクは下向きとの認識を示し、マイナス金利が当面続く可能性を示した。スイスフランについては、引き続き過大評価されているとし積極的に市場介入する方針を示した。

ジュリアス・ベア、今年の資金流入の伸びが目標に届かない可能性

スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベア<BAER.S>は19日、今年の資金純流入額の伸びが目標の4─6%に届かない可能性が高いとの見通しを示した。イタリアの子会社でヘッジファンド運営会社カイロスからの資金流出が原因だとしている。

クレディ・スイス、個人と法人の大口預金にマイナス金利導入

スイス金融大手のクレディ・スイス<CSGN.S>は18日、スイスフラン建ての大口預金にマイナス金利を課す方針を明らかにした。

UBSとクレディ・スイス、資本状況が改善=中銀

スイス中銀は13日、銀行大手UBS<UBSG.S>とクレディ・スイス<CSGN.S>について、資本状況は改善したが、危機管理対策を強化する必要があるとの認識を示した。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 5営業日続伸。約2カ月ぶりの高値をつけた。テク ノロジーと生活必需品銘柄が買われ全体水準を押し上げた。 米国株式市場で米アルファベットの決算を前にテクノロジー銘柄が買われたことを受け、欧州市場でも 同業銘柄が連れ高となった。 経済的、地政学的リスクがある際に比較的安全な資産として買われる傾向のある日用品大手ユニリーバ や酒造大手のディアジオなどの生活必需品銘柄も買われた。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> ほぼ横ばい。銀行株が売られ、全体水準を抑制した。 スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベアは4.4%...

欧州株式市場=ほぼ横ばい、銀行株低迷

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 359.92 +0.21 +0.06 359.71 FTSEユーロファースト3 1414.78 +0.54 +0.04 1414.24 00種 DJユーロSTOXX50種 3165.20 -5.92 -0.19 3171.12 週明け欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。銀行株が売られ、全体水準を抑制 した。 スイスのプライベートバンク大手ジュリアス・ベアは4.4%下落した。2 018年の軟調な業績を受け成長目標を引き下げた。 スペインのバンコ・サバデルと...

欧州市場サマリー(20日)

(外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください) [20日 ロイター] - <為替> 欧州終 アジア市場 コード 盤 終盤 ユーロ/ドル    1.1389 1.1457 ドル/円 112.64 112.50 ユーロ/円 128.33 128.93 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 351.06 -4.05 -1.14 355.11 FTSEユーロファース 1384.18 -15.09 -1.08 1399.27 ト300種 DJユーロSTOXX5 3116.07 -44.26 -1.40 3160.33...

欧州株式市場=続落、経済成長や企業利益鈍化への懸念で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 351.06 -4.05 -1.14 355.11 種 FTSEユーロファー 1384.18 -15.09 -1.08 1399.27 スト300種 DJユーロSTOXX 3116.07 -44.26 -1.40 3160.33 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は続落して取引を終えた。経済成長や企業利益が鈍化しているとの懸念 やイタリアの予算が市場心理に影響した。 アナリストらはこのところ、MSCI欧州株指数採用企業の利益見通しを下方改定し ている...

欧州市場サマリー(27日)

<為替> 主要6通貨に対するドル指数<.DXY>が下落。米税制改革の行方や翌28日に上院銀行委で開かれるパウエル氏の次期連邦準備理事会(FRB)議長指名公聴会を見守る展開。ドル/円<JPY=>は111円近辺での取引。

欧州株式市場=下落、ジュリアス・ベアCEO辞任劇が金融株押し下げる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 384.87 -1.76 -0.46 386.63 FTSEユーロファースト30 1513.36 -6.51 -0.43 1519.87 0種 DJユーロSTOXX50種 3564.02 -17.21 -0.48 3581.23 欧州株式市場は下落して取引を終えた。スイス金融大手、ジュリアス・ベア は最高経営責任者(CEO)が突然辞任してプライベート・バンクに移ったことで6%超 下げ、金融株を押し下げた。資源関連株も相場下落で低調だった。 ジュリアス・ベアでの...

日本と中国の株買い増し、高値でもまだ欲しい=ジュリアス・ベア

スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベアのアジア地域最高投資責任者(CIO)、バシュカール・ラクミナラヤン氏(シンガポール在勤)は、ロイターとのインタビューで、好調な企業業績や政治的不透明感の後退などを背景に、2─3週間前に日本株と中国株の買い増しに動いたことを明らかにした。そのうえで、日本株は高値水準にあるが、まだ買いたいとの意向を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up