for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BAE Systems plc

BAES.L

現在値

794.95GBp

変化

-4.45(-0.56%)

出来高

1,008,051

本日のレンジ

791.40

 - 

798.80

52週レンジ

517.40

 - 

847.42

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
799.40
始値
798.00
出来高
1,008,051
3か月平均出来高
173.17
高値
798.80
安値
791.40
52週高値
847.42
52週安値
517.40
発行済株式数
3,140.82
時価総額
24,561.52
予想PER
15.40
配当利回り
3.27

次のエベント

Dividend For BAES.L - 10.4000 GBX

適時開示

その他

BAE Systems Says Cressida Hogg Will Join Board As Non-Executive Director, Chair Designate

Land Securities' Chairman Cressida Hogg Intends To Retire

BAE Systems To Name Cressida Hogg As Its Next Chair - Sky News Reporter Tweet

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BAE Systems plcとは

BAE・システムズ(BAE Systems plc)は、防衛・航空宇宙・セキュリティの会社である。【事業内容】同社は5つの事業セグメントを通じて事業を行う。電子システム事業は、米国と英国を拠点とする電子機器事業に従事する。サイバー・インテリジェンス事業は、米国を拠点とするインテリジェンスとセキュリティ事業及び英国を拠点とするアプライドインテリジェンス事業から構成されて、同社のサイバー、安全政府、商業及び金融セキュリティ活動を含む。プラットフォーム・サービス(US)事業は、米国、英国、スウェーデンで事業を展開して、戦闘車、武器、弾薬を製造する。プラットフォーム・サービス(UK)事業は、英国を拠点とする航空、海上、戦闘車、軍需品及び共有サービス活動で構成される。プラットフォーム・サービス(国際)事業は、サウジアラビア、オーストラリア、オマーンでの事業及びMBDA Holdings SAS(MBDA)合弁事業への持分から構成される。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

Stirling Square, 6 Carlton Gardens

SW1Y 5AD

United Kingdom

+44.1252.383857

https://www.baesystems.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Roger Carr

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Thomas Arseneault

President, Chief Executive Officer of BAE Systems, Inc.

Charles Woodburn

Chief Executive, Executive Director

Bradley M. Greve

Group Finance Director, Executive Director

Philip Nicholas Bramwell

Group General Counsel

統計

2.35 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

20.1K

2020

20.9K

2021

19.5K

2022(E)

22.3K
EPS (GBp)

2019

45.500

2020

46.500

2021

47.400

2022(E)

52.165
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.15
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.23
株価純資産倍率(四半期)
2.18
株価キャッシュフロー倍率
11.16
総負債/総資本(四半期)
60.31
長期負債/資本(四半期)
57.86
投資利益率(過去12カ月)
7.53
自己資本利益率(過去12カ月)
5.10

最新ニュース

最新ニュース

英、新型戦闘機開発計画で日・伊と協力へ

[ファンボロー(英国) 18日 ロイター] - 英国は18日、次世代戦闘機開発計画について、日本および従来からのパートナーであるイタリアと協力し、年内に協力関係を一段と深化させる見込みだと発表した。

日英、戦闘機開発計画の統合検討 年内の合意目指す=関係者

次期戦闘機開発をそれぞれ進める英国と日本が、双方の計画を統合し、新たに共同事業を立ち上げる方向で調整していることが分かった。年内の合意を目指す。事情を知る日英の関係者3人が明らかにした。

ロシア、英報道関係者約30人を入国禁止 「偽情報拡散」

ロシア外務省は14日、英国の報道関係者と国防関係者ら数十人の入国を禁止すると発表した。西側諸国の制裁措置のほか「ロシアに関する偽情報の拡散」への対応としてしている。

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引 を終えた。西側諸国による厳しい対ロシア追加制裁が相場を圧迫した。 石油大手のBPは4.0%下落。ロシアによるウクライナ侵 攻を受けて、保有するロシアの石油大手ロスネフチの株式20%弱を全 て売却し、ロシアからの事業撤退を決めたことが要因。 エクイティ・キャピタルの首席マクロエコノミスト、スチュアート ・コール氏は「BPの撤退決定で、ロシア企業は西側諸国との提携やパ ートナーシップに関してますます孤立することに気づき、全体的に投資 家心理がさらに悪化した」と述べた。 ウクライナ大統領府のポドリャク顧問の...

欧州株式市場=反落、ロシア・ウクライナ停戦交渉で下落幅縮小

週明けの欧州株式市場は反落して取引を 終えた。ユーロ圏の銀行株が低迷し、ロシアに対する新たな厳しい制裁 の影響が警戒された。ただ、ロシアとウクライナの停戦交渉を受けて下 落幅は縮小した。 STOXX欧州600種指数は一時1.88%下落。その 後、ディフェンシブやテクノロジー銘柄が買われたことで下げ幅は縮小 した。 ロシア通信(RIA)によると、ロシア・ウクライナの停戦交渉が 28日に終了した。双方の当局者が課題を持ち帰ってさらに協議した後 で第2回交渉に臨む見通し。 ウクライナへの侵攻を巡って市場は大きく揺れた。ロシアの大手銀 行を国際銀行間...

欧州市場サマリー(24日)

<ロンドン株式市場> 大幅反落して取引を終えた。ロ シアによる全面的なウクライナ軍事侵攻を受けて投資家がリスク回避姿勢を強め、世界的 に株価が急落した流れを引き継いだ。 中型株で構成するFTSE250種指数は2.82%下げた。 ロシア軍は陸海空からウクライナへ侵攻。バイデン米大統領は、米国と同盟国は「厳 しい制裁」をロシアに科すとした。 ロシアで事業を展開する鉱山大手のペトロパブロフスク、エブラズ 、ポリメタル・インターナショナルは27.0─37.8%の大幅下落。ロン ドン市場に上場しているロシアのズベルバンクの預託証券は72.2%安と...

欧州株式市場=大幅続落、ウクライナ侵攻で9カ月ぶり安値

欧州株式市場は大幅続落して取引を終え た。ロシアによるウクライナへの全面侵攻を受けて特に銀行や自動車関 連銘柄が売られ、STOXX欧州600種指数は2021年5 月以来、約9カ月ぶりの安値で取引を終えた。 ロシア軍が陸海空からウクライナに侵攻し、第2次世界大戦以降の 欧州での1国による他国への最大の攻撃となったことを受け、世界の投 資家が株式から比較的安全な金や国債などへリスク回避した。 バイデン米大統領をはじめとする西側諸国首脳は、ロシアに対して 厳しい制裁を科すと明言した。 ロシア関連事業を有するオーストリアの銀行ライファイゼン・バン...

エアバス、防衛部門の戦略見直しに着手=関係筋

欧州航空機大手エアバスは、新たな提携に道を開く可能性がある防衛部門の戦略見直しに着手した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

英外務省、年初に深刻なサイバー攻撃の標的に=文書

英外務省が年初に深刻なサイバーセキュリティー上の事件の標的になっていたことが、政府ウェブサイトに掲載された文書で明らかになった。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 小幅反落して取引を終えた。消費 関連株や旅行株が売られ、鉱業株の上昇を相殺した。 ポンド高を背景にドルで収益を上げる英日用品のユニリーバ、ブリティッシ ュ・アメリカン・タバコ(BAT)、酒造大手のディアジオが0.5─ 0.9%下落した。 ただ、商品価格の上昇を受けてFTSE350種貴金属株指数と石油 ・ガス株指数がそれぞれ1.69%、0.18%上げたため、相場全体の 下げ幅は限られた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.24%安。旅行・娯楽関連株 指数が1.22%値下がりし、相場を圧迫した。英航空大手ブリティッシ...

ロンドン株式市場=小幅反落、消費関連株に売り

週明けロンドン株式市場は小幅反落して取 引を終えた。消費関連株や旅行株が売られ、鉱業株の上昇を相殺した。 ポンド高を背景にドルで収益を上げる英日用品のユニリーバ<ULVR. L>、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)、酒造大 手のディアジオが0.5─0.9%下落した。 ただ、商品価格の上昇を受けてFTSE350種貴金属株指数<.FT NMX551030>と石油・ガス株指数がそれぞれ1.69%、 0.18%上げたため、相場全体の下げ幅は限られた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.24%安。 旅行・娯楽関連株指数が1.22...

米国務省、台湾への榴弾砲売却を承認 最大7.5億ドル=国防総省

米国防総省は4日、国務省が台湾への榴弾砲の武器売却を承認したと発表した。売却額は最大7億5000万ドルとなる可能性がある。

ロンドン株式市場=反落、米金融政策発表前に様子見姿勢

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6762.67 -40.94 -0.60 6803.61 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米連邦準備理事会(F RB)が最新の政策声明で金利や物価に対する見方が注視されており、 投資家は様子見姿勢を取った。 鉱業株がFTSE100種の最大の押し下げ要因だった。 レイモンド・ジェームスのストラテジスト、クリス・ベイリー氏は 「投資家は、投資判断をする前にFRBとイングランド銀行(英中央銀 行)が何を言うかを知りたい」と話した。「明日の英中銀の会合でも同 じように...

ロンドン株式市場=反発、好決算が買い材料

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6803.61 +53.91 +0.80 6749.70 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。好決算が買い材料だっ た。欧州医薬品庁(EMA)が英製薬アストラゼネカの新型コロナウイ ルスワクチンを推奨し続けると述べたことでアストラゼネカ株が好調だ った。 アストラゼネカは3.6%高。EMAのエグゼクティブデ ィレクター、エマー・クック氏は、ワクチンの推奨を変える理由がない と述べた。EMAはワクチンの安全性を巡り調査を進めており、18日 に結論を公表する。 UBS...

ロンドン株式市場=反落、1次産品株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6749.70 -11.77 -0.17 6761.47 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。1次産品株が売られ 全体水準を押し下げた。一方、今年の経済回復への期待から旅行・娯楽 株は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準に迫 った。 中国が鉄鋼生産を抑制する環境対策を打ち出したことで鉄鉱石価格 が下がり、資源大手のリオ・ティントとBHPの値下 がり要因となった。 原油安に伴い石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>も...

ロンドン株式市場=続伸、銀行と生活必需品株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6761.47 +24.51 +0.36 6736.96 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。銀行や生活必需品株が 買われた。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置が徐 々に緩和されることや、コロナワクチンの接種が進んでいることで経済 成長が加速するとの期待から、週間ベースでは2週連続でプラスとなっ た。 この日発表された1月の国内総生産(GDP)は、封鎖措置が再導 入されたことを反映し前月比2.9%減少したが、市場予想ほど落ち込 まなかった。第1...

ロンドン株式市場=小幅上昇、1次産品株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6736.96 +11.36 +0.17 6725.60 ロンドン株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。1次産品の値上 がりで鉱業とエネルギー株が買われた。 資源大手のBHPとリオ・ティント、アングロ・ アメリカンは1.9%から4.6%上昇した。 原油高に伴い石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>も大きな押し上げ要因となった。 一方、配当落ちした金融大手HSBCは4.7%安だった 。 製薬のアストラゼネカは2.5%下落した。イタリアとデ ンマーク...

ロンドン株式市場= 横ばい、鉱業と銀行株売られる一方ディフェンシブ株好調

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6725.60 -4.74 -0.07 6730.34 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。物価急上昇への懸 念が和らぎ、鉱業と銀行株が売られる一方で生活必需品やヘルスケアな どのディフェンシブ銘柄に資金が流れた。 資源大手のアングロ・アメリカンとリオ・ティント 、BHPは1.0%から3.0%下落した。 この日発表された2月の米消費者物価指数(CPI)は落ち着いた 伸びとなり、物価急上昇に関する不安が和らいだ。統計を受け米国債利 回りが低下し、生活必需品や...

ロンドン株式市場=続伸、ディフェンシブ銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6730.34 +11.21 +0.17 6719.13 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。工業株などのディフェンシブ銘柄が買わ れ全体水準を押し上げた。ただ金属の値下がりに伴い鉱業株が売られ、上昇幅は限定的だ った。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が落ち着き経済が再開した際に 最も恩恵を受けるとの見方からディフェンシブ銘柄が好調だった。 一方、資源大手のBHPとリオ・ティント、アングロ・アメリカン< AAL.L>は2.4%から4.4%下落...

ロンドン株式市場=反発、銀行と鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6719.13 +88.61 +1.34 6630.52 週明けロンドン株式市場は反発して取引を終えた。経済の早期回復 に対する期待や新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置 の緩和を受け市場心理が好転し、銀行や鉱業株が買われた。 英銀大手のバークレイズとHSBC、ロイズ<LLO Y.L>は3.7%から4.3%上昇した。 金属の値上がりに伴い資源大手のリオ・ティントとグレン コア、アングロ・アメリカンも買われた。 ETXキャピタルのアナリスト、マイケル・ベイカー...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up