for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BAE Systems plc

BAES.L

前日終値

571.60GBp

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

439.40

 - 

590.80

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
571.60
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
135.24
高値
--
安値
--
52週高値
590.80
52週安値
439.40
発行済株式数
3,204.52
時価総額
18,383.31
予想PER
12.64
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 BAE Systems PLC Earnings Release

適時開示

その他

BAE Systems confirms guidance as F-35 ramp up progressing

CNH Industrial's Iveco Defence unit to deliver additional platforms to U.S. Marines

BAE Systems To Develop Advanced Decoy Countermeasures To Protect Aircrafts

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BAE Systems plcとは

BAE・システムズ(BAE Systems plc)は、防衛・航空宇宙・セキュリティの会社である。【事業内容】同社は5つの事業セグメントを通じて事業を行う。電子システム事業は、米国と英国を拠点とする電子機器事業に従事する。サイバー・インテリジェンス事業は、米国を拠点とするインテリジェンスとセキュリティ事業及び英国を拠点とするアプライドインテリジェンス事業から構成されて、同社のサイバー、安全政府、商業及び金融セキュリティ活動を含む。プラットフォーム・サービス(US)事業は、米国、英国、スウェーデンで事業を展開して、戦闘車、武器、弾薬を製造する。プラットフォーム・サービス(UK)事業は、英国を拠点とする航空、海上、戦闘車、軍需品及び共有サービス活動で構成される。プラットフォーム・サービス(国際)事業は、サウジアラビア、オーストラリア、オマーンでの事業及びMBDA Holdings SAS(MBDA)合弁事業への持分から構成される。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

Stirling Square, 6 Carlton Gardens

+44.1252.383857

https://www.baesystems.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Roger Carr

Non-Executive Chairman of the Board

Gerard J. DeMuro

President and Chief Executive Officer, Executive Director

Charles N. Woodburn

Chief Executive, Executive Director

Peter J. Lynas

Group Finance Director, Executive Director

Gary Barnes

Finance Director

統計

2.23 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2016

19.0K

2017

19.6K

2018

18.4K

2019(E)

19.7K
EPS (GBp)

2016

40.100

2017

43.300

2018

42.800

2019(E)

45.386
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.90
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.06
株価純資産倍率(四半期)
3.39
株価キャッシュフロー倍率
9.61
総負債/総資本(四半期)
92.26
長期負債/資本(四半期)
87.76
投資利益率(過去12カ月)
8.66
自己資本利益率(過去12カ月)
5.66

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(5日)

ポンドはここ2日間で、10カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。英議会は10月31日に英国を合意なしで欧州連合(EU)から離脱させようとするジョンソン首相の動きを阻止する法案を可決した。合意なき離脱への懸念が後退し、ポンドを押し上げた。

ロンドン株式市場=反落、ポンド高で輸出株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7271.17 -40.09 -0.55 7311.26 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。ポンド高を受け輸出株 が売られた。 ポンドはここ2日間で、10カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。 英議会は10月31日に英国を合意なしで欧州連合(EU)から離脱さ せようとするジョンソン首相の動きを阻止する法案を可決した。合意な き離脱への懸念が後退し、ポンドを押し上げた。 国際的な銘柄である酒造大手のディアジオと製薬のアスト ラゼネカ、同グラクソ・スミスクライン(GSK...

米国務省、日本へのミサイル売却計画を承認 33億ドル相当

米国務省は、約33億ドル相当のミサイルの日本への売却計画を承認した。国防総省の国防安全保障協力局(DSCA)が27日、明らかにした。

メイ英首相、トランプ米大統領に経済協力強化呼びかけへ

英国のメイ首相は4日、トランプ米大統領に米英の経済協力強化を呼びかけ、2国間自由貿易協定(FTA)によって両国の連携は「いっそう強まる」との見方を示す見通しだ。

アングル:米国が怯える中国の切り札「レアアース砲」とは

レアアース(希土類)は、iPhone(アイフォーン)や電気自動車(EV)のモーターなどの消費財から、軍用機のジェットエンジンや人工衛星、レーザーに至るまで、幅広い製品に使われている。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 下落して取引を終えた。4月の ユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)が軟調だったことで市場心理が悪化した。ま たイースター(復活祭)の連休を控え利益確定の売りが出た。 4月のユーロ圏総合PMIは好不況の分かれ目となる50をわずかに上回った。ドイ ツの製造業PMIは50を下回り、ドイツの製造業部門が今後少なくとも数カ月は低調な 水準となることを示唆した。 マーケッツ・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「今日のPMIの数字から 分かることは、ユーロ圏にまだ春が来る兆しがないことだ」と指摘した。CMCマーケッ ツ...

ロンドン株式市場=下落、軟調なユーロ圏PMIを嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7459.88 -11.44 -0.15 7471.32 ロンドン株式市場は下落して取引を終えた。4月のユーロ圏総合購買担当者景気指数 (PMI)が軟調だったことで市場心理が悪化した。またイースター(復活祭)の連休を 控え利益確定の売りが出た。 4月のユーロ圏総合PMIは好不況の分かれ目となる50をわずかに上回った。ドイ ツの製造業PMIは50を下回り、ドイツの製造業部門が今後少なくとも数カ月は低調な 水準となることを示唆した。 マーケッツ・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン...

英国防省、日本のF35戦闘機墜落で事態注視

航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」墜落を受けて日本が同型機の飛行を一時停止したことについて、英国防省は米当局と連携しながら事態を注視しているとの見解を示した。

焦点:欧州防衛産業にドイツ排除の動き、対サウジ禁輸措置で

ドイツが導入した武器輸出規制は、欧州の防衛産業の中で自らを「のけ者」にしてしまう恐れがある。武器開発協力や、欧州共通の防衛政策育成という自国の野望が台無しになりかねない。

欧州市場サマリー(21日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。軟調な 業績見通しを示した電力・ガス大手セントリカと防衛大手BAEシステムズ<BAES .L>が落ち込んだほか、ポンド高に伴い国際的な銘柄が売られた。 セントリカは11.7%下落し、16年近くぶりの安値をつけた。英規制当局がガス ・電力価格に上限を設けたことが2019年の業績に打撃を与えるとの見通しが不安視さ れた。 BAEシステムズは7.9%下落した。ドイツ政府によるサウジアラビアへの輸出停 止の動きで、サウジアラビアとの取引に影響が出て業績を左右するとの見方を示したこと が嫌気された。 不動産仲介業...

ロンドン株式市場=反落、軟調な見通しでセントリカとBAE売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7167.39 -61.23 -0.85 7228.62 種 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。軟調な業績見通しを示した電力・ガス大 手セントリカと防衛大手BAEシステムズが落ち込んだほか、ポンド高 に伴い国際的な銘柄が売られた。 セントリカは11.7%下落し、16年近くぶりの安値をつけた。英規制当局がガス ・電力価格に上限を設けたことが2019年の業績に打撃を与えるとの見通しが不安視さ れた。 BAEシステムズは7.9%下落した。ドイツ政府によるサウジアラビア...

米検察当局、サイバー攻撃巡り中国政府系ハッカー訴追へ=関係筋

米連邦検察当局は早ければ10日に始まる週に、「クラウドホッパー」として知られるサイバー攻撃を通じて米企業からデータを盗んだとして、中国情報当局と関係があるハッカーらを刑事訴追する見通し。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ドイツ、サウジ記者殺害巡り18人の欧州渡航を禁止 武器売却凍結

ドイツは19日、サウジアラビア人の著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害に関与した疑いのある同国籍の18人について欧州の大部分への渡航を禁止するとともに、サウジへの武器売却を凍結した。

英国が次期戦闘機開発構想を発表、日本などと連携の可能性協議

英政府は16日、航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」で次期戦闘機「テンペスト」の開発計画を明らかにした。ドイツとフランスは1年前に次期戦闘機を共同開発する計画を明らかにしており、欧州の今後の防衛協力を巡り不透明感が強まった。

米大統領、NATO加盟国の米国からの武器購入を支援する方針

トランプ米大統領は12日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が米国から武器を購入する場合に支援する用意があることを明らかにした。

米ノースロップが参画を模索、空自のF2後継機=関係者

米防衛大手ノースロップ・グラマン<NOC.N>が、約30年ぶりに戦闘機開発への復帰を目指している。米空軍の主力機選定でロッキード・マーチン<LMT.N>に敗れて以降は戦闘機製造から遠ざかっていたが、航空自衛隊の「F2」後継機開発への参画を模索している。

空自F2後継機、米社がF22とF35両機ベースの開発案打診

航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。両機を手がける米ロッキード・マーチン<LMT.N>が、日本政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。

英サウジ、戦闘機取引の最終調整で合意 20億ドル超の商談も成立

英国とサウジアラビアは9日、英航空・防衛大手BAEシステムズ<BAES.L>が開発した戦闘機タイフーン48機のサウジによる購入について、最終調整を進めることで合意する文書に署名した。

空自のF2後継機、F35など既存機ベースに共同開発案=関係者

航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継を巡り、日本政府内で「F35」など外国の既存機を土台に共同開発する案が浮上している。国内開発や完成機輸入と比較・検討した上で調達方針を決定するが、関係者によると、今年末までに策定する中期防衛力整備計画に間に合わず、具体的な決断は先送りする公算だという。

米、日本への迎撃ミサイル売却承認 北朝鮮の脅威に対応

米政府は、北朝鮮の核・ミサイル開発による脅威を踏まえ、新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の日本への売却を承認した。国務省の当局者が9日、明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up