for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Banco BPM SpA

BAMI.MI

現在値

2.63EUR

変化

0.00(+0.11%)

出来高

7,620,983

本日のレンジ

2.61

 - 

2.67

52週レンジ

1.70

 - 

3.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2.63
始値
2.63
出来高
7,620,983
3か月平均出来高
259.91
高値
2.67
安値
2.61
52週高値
3.09
52週安値
1.70
発行済株式数
1,511.54
時価総額
4,060.69
予想PER
8.18
配当利回り
2.24

次のエベント

Full Year 2021 Banco BPM SpA Earnings Release

適時開示

その他

Banco BPM CEO says bank merger incentives alone will not stimulate M&A

Banco BPM sees small impact on capital from taking insurance in-house

Banco BPM CEO doesn't see banks inclined towards M&A right now

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Banco BPM SpAとは

バンコBPM(Banco BPM SpA)は、金融事業を行うイタリアの会社である。【事業内容】マルチチャネル銀行であり、各種銀行商品及びサービスを提供する。株式の配置、専門投資ファンドの設立と管理、企業・個人の当座預金、投資家サービス、一般的な資金調達業務、生命保険と損害保険商品、自動現金支払機(ATM)サービス、電子財布サービス、ショートメッセージサービス(SMS)等のサービスを提供する。ポートフォリオは、個人・企業顧客向けの製品とサービスで構成される。特にロンバルディア、ベネト、ピエモンテなどの生産地域で活躍する。Banca Popolare di Milano、Banca Popolare di Verona、Banca Popolare di Novara、Banca Popolare di Lodi、Credito Bergamascoを通じて運営される。

業種

Regional Banks

連絡先

Piazza Nogara, 2

37121

Italy

http://www.bancobpmspa.it/

エグゼクティブリーダーシップ

Massimo Tononi

Chairman of the Board

Giuseppe Castagna

Chief Executive Officer, Executive Director

Mauro Paoloni

Deputy Chairman of the Board

Edoardo Maria Ginevra

Chief Financial Officer

Angelo Colla

Head - Information Technology

統計

2.17 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2018

4.8K

2019

4.3K

2020

4.2K

2021(E)

4.5K
EPS (EUR)

2018

-0.040

2019

0.530

2020

0.010

2021(E)

0.328
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.89
株価純資産倍率(四半期)
0.31
株価キャッシュフロー倍率
10.27
総負債/総資本(四半期)
110.95
長期負債/資本(四半期)
110.95
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.12

最新ニュース

最新ニュース

伊銀モンテ・パスキ、第2四半期は市場予想上回る利益

政府管理下にあるイタリアの銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)が5日発表した第2・四半期決算は利益と売上高が市場予想を上回った。伊同業ウニクレディトによる買収交渉が進められる中、人員削減を先送りした。

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健全性審査

欧州連合(EU)の欧州銀行監督機構(EBA)が域内銀行に実施したストレステスト(健全性審査)で、イタリアの銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)のコア資本比率がマイナスに陥る可能性があることが分かった。長期的な経営難が要因という。

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健全性審査

欧州連合(EU)の欧州銀行監督機構(EBA)が域内銀行に実施したストレステスト(健全性審査)で、イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)のコア資本比率がマイナスに陥る可能性があることが分かった。長期的な経営難が要因という。

伊ウニクレディト、M&Aは優先事項ではない─CEO=現地紙

伊銀行大手ウニクレディトのオーセル最高経営責任者(CEO)が同行の幹部らに対して、合併買収(M&A)は現時点では優先事項ではないと語ったと、日刊紙イル・メッサッジェロが14日報じた。

欧州市場サマリー(24日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。労働者 への支援策を縮小する英政府の方針が嫌気された。製薬のアストラゼネカは、新型コロナ ウイルスワクチンの臨床試験が米国で引き続き中断されていることから値を下げた。 英国のスナク財務相は、企業のローン返済延長や接客業の減税延長の対策を発表。1 0月末で期限切れとなる休業者のための給与支援措置は、新たな支援の下、対象が所定労 働時間の最低3分の1働く労働者に限られる。 キャピタル・エコノミクスの上級エコノミスト、ルース・グレゴリー氏は新たな支援 策について、経済への打撃を幾分和らげ失業率への長期的...

欧州株式市場=反落、コロナ第2波を懸念

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 355.85 -3.68 -1.02 359.53 種 FTSEユーロファー 1382.07 -14.02 -1.00 1396.09 スト300種 ユーロSTOXX50 3159.64 -20.47 -0.64 3180.11 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染 第2波を巡る懸念が相場の重しとなった。 新型コロナ感染の再拡大によって欧州の経済回復が脅かされるとの 不安が今週の主な材料となっている。英国と...

イタリア政府、モンテ・パスキ株の買い手の年内確保望む=関係筋

関係筋によると、イタリア財務省は、同国銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)<BMPS.MI>の政府保有株の買い手を年末までに見つけることを望んでいる。

アングル:イタリアが「欧州の武漢」に、なぜ感染は広がったのか

これまでのところ、欧州で新型コロナウイルスの感染拡大が最悪の状況を迎えているのはイタリアだ。そこでは、日常生活は不気味で行き場のない静寂にとらわれている。夜を迎えればいっそう不安は募る。

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 小幅に続伸して取引を終えた。米 連邦準備理事会(FRB)が利下げを示唆したとの見方を背景に、市場心理が好転した。 パウエルFRB議長は前日、米中貿易摩擦の激化に伴う経済への打撃に対し、「適切 に行動する」と述べた。 マーケッツ・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「明確に利下げに言及した わけではないが、市場が飛びつく材料としては十分だ」と語った。 こうした中、金融サービスのハーグリーブス・ランズダウンは6.8%続落 。著名なファンドマネジャー、ニール・ウッドフォード氏が前日に自身のファンドで取引 を停止したことが...

欧州株式市場=続伸、ディフェンシブ銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 374.08 +1.41 +0.38 372.67 種 FTSEユーロファー 1471.36 +4.03 +0.27 1467.33 スト300種 DJユーロSTOXX 3339.95 +6.46 +0.19 3333.49 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。債務を巡るイタリアと欧州委員会の対立が不 安視されたものの、ディフェンシブ銘柄が相場を下支えした。 欧州委員会はイタリアの財政状況が欧州連合(EU)の基準を逸脱しているとして...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中通 商協議が再開される中でドルが上昇し、国際的な銘柄の買い材料となった。銀行や消費関 連株が値を上げた。 米中両政府はこの日新たな通商協議を開始し、進展に期待が高まった。アジアへのエ クスポージャーが高い金融大手HSBCは1.3%高となった。 たばこのインペリアル・ブランズは1.5%上昇した。マーク・ウィリアム ソン非常勤会長が退任するとの発表が好感された。同業大手のブリティッシュ・アメリカ ン・タバコ(BAT)は2.3%の連れ高となった。 中型株では銀行のメトロバンクが6.6%上昇した。...

欧州株式市場=反発、米中通商協議再開で市場心理が好転

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 361.12 +3.05 +0.85 358.07 種 FTSEユーロファー 1421.56 +11.16 +0.79 1410.40 スト300種 DJユーロSTOXX 3165.61 +29.99 +0.96 3135.62 <.STOXX50 50種 E> 週明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中両政府が新たな通商協議を始め たことで市場心理が好転した。 ただアナリストらは、通商協議に関するセンチメントは不安定であると警告する。良 い結果が確定しているわけではないとも...

伊、カリジェやモンテ・パスキを健全な銀行と合併させる案を検討=関係筋

イタリア政府が、経営難に陥っている中堅銀行バンカ・カリジェや2017年に救済され政府が株式を保有しているモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)を、UBIなどの健全な競合他社と合併させる選択肢を検討していることが関係筋の話から明らかになった。

ECB、不良債権の引当金積み増しに期限設定へ 伊銀株急落

イタリア紙イル・ソーレ・24・オーレ紙は15日、関係筋の話として、欧州中央銀行(ECB)が監督対象の銀行に対し、不良債権を完全に処理するための資金を2026年ごろまでに積み増すよう要請したと報じた。

アングル:イタリア銀行株の空売り拡大、EUと対立激化で

ここ数週間、イタリアの銀行に対する投資家の空売りポジションが膨らんでいることがデータで確認できる。浮かび上がってくるのは、イタリアの銀行の厳しい収益見通しや、同国政府の来年予算案を巡る欧州連合(EU)との対立激化に伴う経済の先行き不安だ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up