for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barclays PLC

BARC.L

現在値

173.44GBp

変化

1.94(+1.13%)

出来高

30,139,876

本日のレンジ

173.38

 - 

175.98

52週レンジ

131.04

 - 

192.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
171.50
始値
173.52
出来高
30,139,876
3か月平均出来高
778.76
高値
175.98
安値
173.38
52週高値
192.99
52週安値
131.04
発行済株式数
17,322.06
時価総額
30,043.38
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Barclays European Quantitative Research Advisory Council (EQRAC)

適時開示

その他

Barclays Plc Announces New FinTech Partnership With Nimbla

Barclays Says Secondary Placing Of About 30 Mln Shares In Watches Of Switzerland Group

Barclays Bank Says Proposed Offering Of Up To 55.7 Mlon Existing Shares In Sophos Group

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barclays PLCとは

バークレイズ(Barclays PLC)はリテールバンキング、クレジットカード、卸売銀行、投資銀行、資産管理及び投資管理などサービスの提供に従事する国際金融サービス会社。【事業内容】同社は海外オフィス、子会社と関連会社を運営している。同社は英国リテール・ビジネスバンキング事業、ヨーロッパリテール・ビジネスバンキング事業、アフリカリテール・ビジネスバンキング事業、バークレーカード事業、バークレイズ投資銀行事業、バークレイズ・コーポレート・バンキング事業、ウェルス・アンド・インベストメント・マネジメント事業、本社・その他8つの事業区分を有する。

連絡先

Canary Wharf, 1 Churchill Place

+44.20.31340952

https://www.home.barclays/

エグゼクティブリーダーシップ

Nigel Higgins

Group Chairman of the Board

James E. Staley

Group Chief Executive, Executive Director

Tushar Morzaria

Group Finance Director, Executive Director

Ashok V. Vaswani

Chief Executive Officer - Barclays UK

Paul H. Compton

Group Chief Operating Officer

統計

2.15 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2016

21.5K

2017

21.1K

2018

21.1K

2019(E)

21.5K
EPS (GBp)

2016

12.800

2017

14.920

2018

21.900

2019(E)

21.062
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.45
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
345.13
長期負債/資本(四半期)
160.16
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.21

最新ニュース

最新ニュース

焦点:欧州企業に増益転換の兆し、市場の期待を越えられるか

欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

FRB副議長、外資銀行の監督基準緩和を提案 ドイツ銀など4行

米連邦準備理事会(FRB)のクォールズ副議長は17日、一部の外資系銀行は、保有する米資産が過去10年間で合計50%以上縮小したため、米銀大手と同じ監督基準に拘束されるべきではないと述べた。

ロンドン株式市場=上昇、米イラン衝突への不安後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7598.12 +23.19 +0.31 7574.93 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。中東で本格的な衝突が 起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針 を示した。イランは報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「 撃ち合いは今のところ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能 性はある」と述べた。「比較的落ち着いたことから、注目は...

ロンドン株式市場=横ばい、米イランの緊迫化巡る不安後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7574.93 +1.08 +0.01 7573.85 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤はマイナス圏で取引されたもの の、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方から終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与...

バークレイズ株主、化石燃料向け融資の段階的打ち切りを要望

英金融大手バークレイズ<BARC.L>の株主グループが、化石燃料向け融資を段階的に打ち切るよう求めている。このセクター向け融資が欧州最大級となっている同行に対し、重圧が高まりつつある状況だ。

ロンドン株式市場=横ばい、石油株さえず EU離脱巡る報道で買いも

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7573.85 -1.49 -0.02 7575.34 ロンドン株式市場は、ほぼ横ばいで取引を終えた。中東の緊張が直近で高まる様子が ないことから買い安心感が広がる一方、原油安に伴い石油株が売られた。英国の欧州連合 (EU)離脱で合意がない場合の準備をやめたと伝わり、国内経済に左右される銘柄は値 を上げた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは0.8%と1.1%そ れぞれ下落した。 ジョンソン英首相の離脱協定案が今週、議会で可決される見込みである中、英政府は...

ロンドン株式市場=反落、中東情勢を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7575.34 -47.06 -0.62 7622.40 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。中東情勢の緊迫で金融株を中心に 幅広い銘柄に売りが出た。 トランプ米大統領はイラクに対して制裁を科すと警告したほか、米軍による先週の空 爆にイランが武力で報復した場合、反撃すると表明した。 原油の値上がりに伴い買われた石油株以外は全部門がマイナス圏で取引された。米中 が第1段階の合意に至るとの期待から世界的に株価が上がっていたが、米イラン間の緊張 が買い意欲に水...

ロンドン株式市場=続伸、石油とたばこ株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7622.40 +18.10 +0.24 7604.30 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米国によるイラクへの空爆を受け原油供 給に影響が出るとの見方から石油株が買われた。タバコ株も値を上げた。 米軍の空爆でイランとイラクの司令官が死亡。地政学的緊張感が高まる中でリスク志 向が弱まり、日中は株価が低迷した。 ただ石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPが1.9%と2.7 %それぞれ上昇し、終盤にかけて相場はプラスに転じた。 たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコ...

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。中国の金 融緩和が好感されたほか、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表し たことで買い安心感が広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手BPとスイスの商品取引・ 資源大手グレンコア、チリ産銅大手アントファガスタは2.0%から3 .1%上昇した。 景気循環株も値を上げた。...

ロンドン株式市場=反発、中国の金融緩和や米中の合意署名日発表で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7604.30 +61.86 +0.82 7542.44 年明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和が好感されたほ か、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表したことで買い安心感が 広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手...

英中銀、国内銀行・保険大手の気候変動リスク評価 21年に試験実施

イングランド銀行(英中央銀行)は18日、国内銀行および保険大手に対し、気候変動がもたらす事業への影響を評価する試験を2021年に初めて実施すると発表した。

米GSE債の価格共謀訴訟、13社が3億3700万ドル支払いで和解

米政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNMA.PK>と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)<FMCC.PK>の債券の価格を大手金融機関16社が共謀して不当につり上げたとして投資家らが起こした民事訴訟で、まだ和解していなかった13社が、総額3億3700万ドルを支払う和解案に合意した。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 小幅に続伸して取引を終えた。米中通商合意への期待が相場を下支えした。一方、ジョンソン英首相が英国の欧州連合(EU)離脱交渉について強硬姿勢を示したことで合意なきEU離脱への不安が再浮上し、国内経済に左右されやすい銘柄が売られた。

欧州株式市場=5日ぶり反落、ユニリーバ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 414.92 -2.83 -0.68 417.75 FTSEユーロファース 1619.69 -8.94 -0.55 1628.63 ト300種 ユーロSTOXX50種 3745.28 -27.46 -0.73 3772.74 <.STOXX50E > 欧州株式市場は5営業日ぶりに反落して取引を終えた。軟調な売り上げ見通しを示し た英日用品のユニリーバが売られた。英国の欧州連合(EU)離脱が混乱すると の不安も相場の重しだった。 ユニリーバは7.2%下落した。...

英中銀、銀行の資本バッファー比率を2%に引き上げ 貸出余地確保

イングランド銀行(英中央銀行)は16日、銀行が好況時に積み上げ不況時に取り崩せるカウンターシクリカル資本バッファーをリスク加重資産比で1%から2%に引き上げる方針を発表した。2020年末までに実施する。

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。米中が 第1段階の合意に至ったことと、英総選挙でジョンソン首相率いる与党保守党が勝利した ことで英国の欧州連合(EU)離脱の混乱が収まるとの見方が相場を押し上げた。 米中貿易協議を担当するライトハイザー米通商代表は第1段階の協議が「完全に終わ った」と述べた。通商政策に左右されやすい金融大手HSBCや高級ブランドの バーバリー、鉱業株が買われた。 先週の英総選挙で保守党が勝利したことで、ジョンソン英首相が迅速に英国のEU離 脱を決行し、3年半続いた先行き不透明感が消えるとの見方が広がっている。...

ロンドン株式市場=続伸、米中合意と英総選挙結果で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7519.05 +165.61 +2.25 7353.44 週明けロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米中が第1段階の合意に至ったこ とと、英総選挙でジョンソン首相率いる与党保守党が勝利したことで英国の欧州連合(E U)離脱の混乱が収まるとの見方が相場を押し上げた。 米中貿易協議を担当するライトハイザー米通商代表は第1段階の協議が「完全に終わ った」と述べた。通商政策に左右されやすい金融大手HSBCや高級ブランドの バーバリー、鉱業株が買われた。 先週の英総選挙...

欧州株式市場=続伸、米中合意と英総選挙結果で過去最高値更新

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 417.75 +5.73 +1.39 412.02 FTSEユーロファース 1628.63 +21.09 +1.31 1607.54 ト300種 ユーロSTOXX50種 3772.74 +41.67 +1.12 3731.07 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。前週の英総選挙で与党保守党 が勝利したことに続き、米国と中国が第1段階の合意に至ったことで、STOXX欧州6 00種は過去最高値をつけた。 英国株の値上がりが...

欧州市場サマリー(9日)

これを受け、世界的に株式が下落したが、通常の動きに反してイタリアとギリシャの 国債には買いが集まった。 ギリシャ10年債利回りは14ベーシスポイント(bp)低下の1.4 2%で、11月以来の低水準。イタリア10年債利回りは7bp低下の1. 38%。 イタリアとギリシャより格付けが高いスペインとポルトガルの国債利回りは約4bp 低下した。 みずほの金利戦略部門責任者、ピーター・チャットウェル氏はこの日の動きについて 「ファンダメンタルズに強く関連しているというより、利回りを求める動きに見える」と 指摘。また、年末に向けて取引高が減ることで...

ロンドン株式市場=小幅反落、輸出銘柄とアジア関連株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7233.90 -5.76 -0.08 7239.66 週明けのロンドン株式市場は小幅反落して取引を終えた。ポンド高に伴い輸出銘柄が 売られたほか、中国の成長懸念からアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が値を下げた 。 英総選挙を12日に控えポンドが上昇し、酒造大手のディアジオや製薬のア ストラゼネカなどの輸出銘柄が売られた。 中国の11月の輸出が4カ月連続で縮小したことから米中貿易摩擦の中国経済への影響が 懸念された。 こうした中、小売り大手テスコは4.6%上昇...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up