for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bayer AG

BAYGn.DE

現在値

77.37EUR

変化

0.07(+0.09%)

出来高

1,591,976

本日のレンジ

76.59

 - 

78.12

52週レンジ

52.02

 - 

78.34

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
77.30
始値
77.26
出来高
1,591,976
3か月平均出来高
49.86
高値
78.12
安値
76.59
52週高値
78.34
52週安値
52.02
発行済株式数
982.42
時価総額
76,010.15
予想PER
--
配当利回り
3.62

次のエベント

Q4 2019 Bayer AG Earnings Release

適時開示

その他

Bayer, Nuvisan Create New Research Unit In Berlin

Canada's Competition Bureau Investigating Bayer, Corteva, BASF And Cargill Over Allegations They Sought To Block An Online Farm-Supply Startup- WSJ

Bayer Welcomes EPA's Reaffirmation That Glyphosate Is Not Carcinogenic

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bayer AGとは

バイエル(Bayer AG)は生命科学会社である。【事業内容】同社の事業は医薬品、消費者健康、動物健康及び作物科学である。医薬品事業は心臓病学、腫瘍学、婦人科学、血液学と眼科領域及び放射線医学の専門治療と処方製品の研究、開発、マーケティングに従事する。消費者健康事業は皮膚科学、栄養補助食品、鎮痛剤、消化器、コールド、アレルギー、副鼻腔とインフルエンザ、足のケア及びサン・ケア等の分野で非処方市販薬の開発、製造と販売に従事する。作物科学事業は作物保護ソリューションと種子を研究、開発、販売し、Monsantoという子会社を含む。動物健康事業は処方薬と非処方薬用獣医製品の開発、製造とマーケティングに従事する。

連絡先

Kaiser-Wilhelm-Allee 1

+49.214.301

https://www.bayer.de/

エグゼクティブリーダーシップ

Werner Wenning

Independent Chairman of the Supervisory Board

Werner Baumann

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer

Oliver Zuehlke

Independent Vice Chairman of the Supervisory Board, Employee Representative

Wolfgang U. Nickl

Chief Financial Officer, Member of the Management Board

Liam Condon

Member of the Management Board, Head of the Crop Science Division, Animal Health Business Unit

統計

2.18 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

46.8K

2017

35.0K

2018

39.6K

2019(E)

43.9K
EPS (EUR)

2016

7.204

2017

6.633

2018

5.940

2019(E)

6.383
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.73
株価純資産倍率(四半期)
1.57
株価キャッシュフロー倍率
21.23
総負債/総資本(四半期)
95.26
長期負債/資本(四半期)
82.15
投資利益率(過去12カ月)
-1.39
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.14

最新ニュース

最新ニュース

ソニーやマイクロソフトなど、気候変動対策で最高評価=調査

非営利団体CDPは、世界の企業を対象に気候変動に関する情報開示や活動に基づいてランク付けした報告書を出した。最高評価であるAリスト企業にはソニー<6758.T>、英通信大手BT<BT.L>、仏食品大手ダノン<DANO.PA>、米マイクロソフト<MSFT.O>などが選ばれた。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 5カ月超ぶりの高値に反発して 取引を終えた。中国の2019年の国内総生産(GDP)が予想通りだったことで買い安 心感が広がった。軟調な英小売売上高を受けポンドが下落したほか、英中銀イングランド 銀行(BOE)による利下げ観測が高まったことも相場を押し上げた。 中国の19年のGDPは政府の成長率目標の範囲内に収まったほか、米国との貿易摩 擦が和らいだことにより景況感が改善したことを示唆した。 12月の英小売売上高は5カ月連続で落ち込んだ。統計を受けポンドが下落し、製薬 のアストラゼネカや同グラクソ・スミスクライン(GSK...

欧州株式市場=続伸、過去最高値更新 米EU通商交渉へ期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 424.56 +4.02 +0.96 420.54 種 FTSEユーロファー 1660.03 +15.56 +0.95 1644.47 スト300種 ユーロSTOXX50 3808.26 +34.12 +0.90 3774.14 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は過去最高値に続伸して取引を終えた。欧州連合(EU)のホーガン欧 州委員(通商担当)が米国との通商交渉について前向きな発言をしたことで市場心理が好 転した。中国の国内総生産(GDP)統計も買い...

中国の米農産品大量購入、懐疑的見方強まる 「市場状況」発言で

中国が15日に行われた米国との「第1段階」通商合意の署名式で、米農産品を大量輸入するとの約束について「市場状況に基づく」購入になると発言したことから、農家や貿易業者の間では、米農産品への報復関税で具体的対応が取られるかどうかに懐疑的な見方が強まった。

コラム:欧州企業、大型域外M&Aを積極展開へ 手本は日本勢

欧州企業は、日本企業による大規模な海外M&A(合併・買収)ラッシュを踏襲する態勢を整えつつある。日本勢は国内市場の縮小と超低金利を背景に、企業買収でかつてないほど大きな案件を追い求めている。日本と同じ課題を抱える欧州連合(EU)の企業もこれに追随する構えで、ドイツのシーメンス<SIEGn.DE>、イタリアのENI<ENI.MI>のほか、銀行のBNPパリバ<BNPP.PA>やING<INGA.AS>などが年明けとともに高成長市場に積極的に踏み込もうとしている。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。石油株が 買われ全体水準を押し上げた。 原油の値上がりに伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは 1.0%と1.5%それぞれ上昇した。 米中が通商協議で合意に至るとの期待も相場を押し上げた。トランプ米大統領は中国 と妥結する「可能性は大いにある」と述べた。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬大手グラクソ・スミスクライン (GSK)などの国際的な銘柄も値を上げた。英国の欧州連合(EU)離脱案で 英・EUの隔たりが大きいとの不安がポンドを押し下げた。 中型株で構成するFTSE250種は...

欧州株式市場=続伸、ディフェンシブ株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 382.91 +2.69 +0.71 380.22 種 FTSEユーロファー 1506.05 +10.63 +0.71 1495.42 スト300種 ユーロSTOXX50 3471.24 +24.53 +0.71 3446.71 <.STOXX50 種 E> 週明け欧州株式市場は続伸して取引を終えた。ディフェンシブ銘柄が買われ、全体水 準を押し上げた。 STOXX欧州600食品・飲料株指数は1.02%上昇。原油高に伴い石 油・ガス株指数も上昇した。 ドイツの製薬...

アングル:ペット治療に広がるバイオ技術、業界の起爆剤か

ジェシカ・レスコールトさん(43)は、6歳になる愛犬ムースが人間と同じように、バイオテクノロジーを用いる最先端がん治療を受けることに何の疑問も持っていない。

米エランコ、バイエルの動物用医薬品事業を76億ドルで買収

米国の動物用医薬品会社エランコ・アニマル・ヘルス<ELAN.N>は20日、独バイエル<BAYGn.DE>の動物用医薬品事業を76億ドルで買収すると発表した。買収は現金と株式交換の組み合わせで実施する。エランコは、米医薬品大手イーライ・リリー<LLY.N>から分離・独立した企業。今回の買収により、ベーリンガーインゲルハイムを抜いて、動物用医薬品業界で世界2位となる。

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中貿易摩擦とイタリアの政局混乱への不安から、鉱業と銀行株が売られた。

欧州株式市場=反落、イタリア株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 371.56 -3.15 -0.84 374.71 種 FTSEユーロファー 1462.27 -12.11 -0.82 1474.38 スト300種 DJユーロSTOXX 3333.74 -41.64 -1.23 3375.38 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。イタリアの政局混乱を受けイタリア株が大幅 安となったほか、トランプ米大統領が中国と通商政策で合意する用意はできていないと述 べたことで市場心理が悪化した。 イタリア...

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。前日まで は米中貿易摩擦への懸念から売り込まれていたが、この日は持ち直した。ポンド安は輸出 銘柄を押し上げた。 FTSE100種は一時0.9%上昇する局面もあったが、比較的安全な資産とされ る国債に資金が流れ込み、株式相場は終盤にかけて上昇幅を圧縮した。 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「最近の持ち直しは確かな 根拠によるものではないとの見方がある。値上がりした株は、小幅高にとどまっており、 投資家の自信を表しているわけではない」と話した。 ポンドは売り込まれなかったものの...

欧州株式市場=4営業日ぶり反発、M&Aが買い材料

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 368.60 +0.89 +0.24 367.71 種 FTSEユーロファー 1449.92 +3.56 +0.25 1446.36 スト300種 DJユーロSTOXX 3309.99 +18.33 +0.56 3291.66 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は4営業日ぶりに反発して取引を終えた。合併・買収(M&A)が買い 材料だった。ただ景気後退懸念で米国株式市場が下落して始まったことで、欧州市場は終 盤にかけて上昇幅を圧縮した。 ドイツの製薬...

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中貿 易摩擦への懸念から市場心理が悪化したほか、イングランド銀行(英中銀、BOE)が銀 行に対して破綻処理の枠組みを公表することを命じたことで主要な銀行株が売られた。 トランプ米大統領は中国に対し、通商政策の合意を2020年の大統領選まで先延ば ししない方が良いと警告した。 BOEは銀行大手のバークレイズやロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド(RBS)などの主要な銀行は、2021年までに破綻処理の枠組みを公表す るように求めた。 個別銘柄の主要な材料は企業決算だった。 電力・ガス大手セントリカ...

欧州株式市場=反落、軟調な指標と米中貿易摩擦の懸念で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 385.11 -5.74 -1.47 390.85 種 FTSEユーロファー 1516.75 -21.57 -1.40 1538.32 スト300種 DJユーロSTOXX 3462.85 -60.73 -1.72 3523.58 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な経済指標で市場心理が悪化した上、ト ランプ米大統領が米中摩擦を高めるような発言をしたことで株が一段と売り込まれた。S TOXX欧州600種指数は5月以来の大幅安...

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。銅の値下 がりが続く中、鉱業株が売られた。英国の欧州連合(EU)離脱の混乱を巡る懸念から中 型株で構成するFTSE250種は0.58%低下した。 軟調な英小売売上高や合意なき離脱への懸念で、ポンドは2年超ぶりの安値に落ち込 んだ。 ブラックロックのポートフォリオマネジャー、ルパート・ハリソン氏は、ここ3カ月 で見通しは悪化したと述べる。管理されたEU離脱の確率と比べ、「極端な結末」となる 確率の方が高まったという。 ドイツの化学大手BASFが米中貿易摩擦を理由に利益見通しを下方修正 したことで...

欧州株式市場=続落、化学株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 387.92 -1.98 -0.51 389.90 FTSEユーロファース 1528.10 -6.98 -0.45 1535.08 ト300種 DJユーロSTOXX5 3509.75 -14.01 -0.40 3523.76 <.STOXX50E 0種 > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。ドイツの化学大手BASFが、米 中貿易摩擦を理由に軟調な利益見通しを示したことで、化学と自動車株が売られた。銅の 値下がりに伴い鉱業株も値を下げた。 BASFは、第2・...

欧州市場サマリー(27日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。米中貿易摩擦を巡る先行き不透明感が重しとなった。鉱山の崩壊事故が不安視されたスイスの商品取引・資源大手グレンコアも相場を押し下げた。

欧州株式市場=横ばい、米中合意への期待後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 382.21 +0.01 0.00 382.20 FTSEユーロファース 1505.46 +0.02 0.00 1505.44 ト300種 DJユーロSTOXX5 3442.38 -0.57 -0.02 3442.95 <.STOXX50E 0種 > 欧州株式市場は横ばいで取引を終えた。米政権当局者の発言で米中が通商政策で合意 する可能性があるとの期待が後退し、相場を抑制した。 米中が貿易摩擦解消に向けて進展しているとの兆しからSTOXX欧州600種指数 は...

米民主党の大統領候補討論会、大企業への敵意むき出し

来年の大統領選に向けた米民主党候補者討論会では、参加者は大企業について、医薬品の価格をつり上げ、税金を十分に払わず、雇用を海外に移転して救済資金を返済しているなどと攻撃、敵意をむき出しにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up