for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank Central Asia Tbk PT

BBCA.JK

現在値

28,575.00IDR

変化

-325.00(-1.12%)

出来高

4,002,300

本日のレンジ

28,525.00

 - 

28,800.00

52週レンジ

21,625.00

 - 

35,300.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
28,900.00
始値
28,700.00
出来高
4,002,300
3か月平均出来高
360.60
高値
28,800.00
安値
28,525.00
52週高値
35,300.00
52週安値
21,625.00
発行済株式数
24,655.01
時価総額
708,455,600.00
予想PER
--
配当利回り
1.91

次のエベント

Bank Central Asia Tbk PT Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Indonesia's Bank Central Asia Q1 net income 6.6 trln rupiah

Indonesian lender BCA to acquire Rabobank operations in country

Indonesian lender BCA acquires smaller bank for $70 mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank Central Asia Tbk PTとは

バンク・セントラル・アジア(PT Bank Central Asia Tbk)は銀行事業に従事するインドネシアを拠点とする金融機関である。【事業内容】同行は「Bank BCA」、「BCA」という名で銀行を運営する。同行は伝統銀行事業の他、PT Bank BCA Syariahという子会社を通じてイスラム金融サービスを提供する。他の子会社は融資事業に従事するPT BCA Finance、証券引受とブローカー・サービスを提供するPT BCA Sekuritas、一般保険を提供するPT Asuransi Umum BCA、金貸事業を行うBCA Finance Ltdを含む。

業種

Regional Banks

連絡先

Menara BCA, Grand Jalan MH Thamrin No. 1

10310

Indonesia

+62.21.23588000

http://www.bca.co.id

エグゼクティブリーダーシップ

Djohan Emir Setijoso

President Commissioner

Jahja Setiaatmadja

President Director

Suwignyo Budiman

Deputy President Director

Armand Wahyudi Hartono

Deputy President Director

Erwan Yuris Ang

Independent Director

統計

2.20 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, IDR)

2017

57.0K

2018

63.0K

2019

71.6K

2020(E)

73.1K
EPS (IDR)

2017

945.000

2018

1,049.000

2019

1,159.000

2020(E)

903.839
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.61
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.24
株価純資産倍率(四半期)
4.23
株価キャッシュフロー倍率
23.45
総負債/総資本(四半期)
1.29
長期負債/資本(四半期)
0.81
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
3.03

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=下落、マニラとジャカルタが大幅安

中盤の東南アジア株式市場は軒並み下落、マニラ市場とジャカルタ市場が大幅安となった。新型コロナウイルスの感染者数が急増した両国の主要都市で制限措置が延長されたことで、迅速な景気回復への期待が後退したことを受けた。

アジア株式市場サマリー:引け(2日)

東南アジア株式市場は、大半が続伸して引けた。米中関係の悪化や米国のデモ隊暴徒化といった世界の不安材料より、域内の経済活動再開が重視された。

東南アジア株式・引け=大半が続伸、ホーチミンは下げる

東南アジア株式市場の株価は、大半が続伸して引けた。米中関係の悪化や米国のデモ隊暴徒化といった世界の不安材料より、域内の経済活動再開が重視された。

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、経済回復への期待で

2日の東南アジア株式市場の株価は、軒並み上昇。新型コロナウイルス危機から経済が回復するとの楽観的な見方が広がった。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、経済回復に期待

28日中盤の東南アジア株式市場は、大半の市場が上昇した。新型コロナウイルスの世界的流行から経済が回復する兆しが、香港や貿易をめぐる米中間の緊張の高まりへの懸念を相殺した格好。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、経済再開で

中盤の東南アジア株式市場は大半が上昇。経済活動の再開や、中国による景気刺激策への期待が相場を押し上げた。ただ、マニラ市場は大幅安。決算悪化見通し発表した飲食チェーン運営大手ジョリビー・フーズの急落が響いた。

東南アジア株式・引け=米経済再開指針受け上昇、週間でも大半がプラス

東南アジア株式市場は、軒並み上昇。6市場中5市場が週間でも上昇した。トランプ米大統領が同国の経済活動への制約を段階的に解除する方針を示したほか、米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズが開発した薬によって、新型コロナウイルス感染者の深刻な病状に改善が見られたとの報道も、投資家心理を押し上げた。

アジア株式市場サマリー

ソウル株式市場の株価は大幅上昇して引けた。米経済の活動再開をめぐる期待感が、初のマイナスを記録した中国国内総生産(GDP)統計への懸念に勝る形となった。  

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇

東南アジア株式市場は、軒並み上昇。フィリピン中央銀行が政策金利を0.5%引き下げたことを背景に、マニラ市場が4%超上昇。またシンガポール市場は、3月の輸出額の伸びが17.6%と市場予想を上回ったことを材料に上昇した。

東南アジア株式・中盤=小動き、減産合意に反応乏しく

13日中盤の東南アジア株式市場の株価は小動きとなっている。石油輸出国機構(OPEC)など主要産油国が原油の協調減産で合意したものの、新型コロナウイルスをめぐる投資家の懸念を払拭(ふっしょく)しきれなかった。マニラ市場は緩和期待で上昇した。

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、米株につれ高

東南アジア株式市場は9日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね上昇。新型コロナウイルス感染拡大がピークに近づきつつあるとの期待を背景に、米国市場につれ高となっている。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、新型コロナ死者増加が響く

中盤の東南アジア株式市場の株価は軒並み下落。新型コロナウイルス感染に鈍化の兆しがあるとはいえ、死者数が世界的に増加し続けていることが響いた。前2日間は急伸していた。

東南アジア株式・引け=大半が下落、新型コロナ不安

1日の東南アジア株式市場の株価は、大半が下落して終了した。新型コロナウイルスの感染拡大や世界的な景気後退をめぐる不安が相場を圧迫し、経済的打撃の緩和を図る域内政府の取り組みによる押し上げ効果を上回った。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、シンガポールは反落

中盤の東南アジア株式市場は、大半が上昇。米国の大規模経済対策をめぐる楽観的見方が要因になっている。ただ、シンガポール市場は反落。政府が新型コロナウイルスによる経済への打撃を反映し、年間成長率見通しを下方修正したことが嫌気されている。

東南アジア株式・中盤=マニラ暴落、その他も下げる

中盤の東南アジア株式市場は、3日ぶりに取引を再開したマニラ市場が24%安まで下げた。その他の域内市場も、新型コロナウイルスが経済に及ぼす悪影響への警戒感から大幅安となっている。

東南アジア株式・中盤=大半が反発、安値拾いの買いで

10日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半の市場で前日の急落から反発。各中央銀行が協調的な景気刺激策を行うとの観測が浮上する中、投資家らは大きく値を下げた銘柄に安値拾いの買いを入れた。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、新型コロナが重し

中盤の東南アジア株式市場は軒並み下落した。新型コロナウイルスの感染拡大で中国以外でも経済的な影響が深刻化するとの懸念が広がった。シンガポール市場は景気後退懸念が出る中、1年超ぶりの低水準で推移している。

東南アジア株式・中盤=急上昇、ジャカルタは3.5%高

3日中盤の東南アジア株式市場の株価は急上昇し、ジャカルタ市場の上昇率はここ4年で最大となっている。新型コロナウイルスの感染拡大が経済に与える悪影響を緩和するため、世界各国の中央銀行が景気刺激策を打ち出すことへの期待が拡大している。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、新型コロナ拡大の影響懸念

東南アジア株式市場は大半が下落。中国国外への新型コロナウイルス感染拡大で、経済的影響への懸念が高まった。

訂正(発表者側の申し出)-東南アジア株式・中盤=下落、中国での新型肺炎死者900人超

中盤の東南アジア株式市場は下落。中国での新型コロナウイルスによる肺炎の死者が2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の全世界の死者を上回り、アジアでのリスク選好意欲が低下した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up