for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bombardier, Inc.

BBDb.TO

現在値

0.40CAD

変化

-0.02(-4.82%)

出来高

7,413,820

本日のレンジ

0.38

 - 

0.40

52週レンジ

0.38

 - 

2.15

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
0.42
始値
0.40
出来高
7,413,820
3か月平均出来高
111.65
高値
0.40
安値
0.38
52週高値
2.15
52週安値
0.38
発行済株式数
2,402.71
時価総額
1,039.13
予想PER
-0.64
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For BBD_pc.TO - 0.3906 CAD

適時開示

その他

Alstom’s Bombardier Transportation Acquisition: Net Proceeds Expected Now Up To Eur 5.3 BLN for Alstom

Bombardier, Alstom Sign Definitive Agreement For Sale Of Transportation Business

Australia's ACCC Says It Will Not Oppose Alstom Acquisition Of Bombardier's Transportation Business

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bombardier, Inc.とは

ボンバルディア(Bombardier Inc)は、飛行機と列車の製造を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。航空事業は、Learjet、Challenger及びGlobal等の3つのビジネスジェットファミリーの設計・開発・製造・マーケティング、並びにアフターマーケットサポートの提供を行う。運輸事業は、鉄道、サブシステム、サービス、システム統合及び信号等の鉄道ソリューションの全範囲をカバーし、鉄道業界の製品及びサービスのポートフォリオを提供する。子会社には、Bombardier Aerospace Corporation、Bombardier Aerospace Germany GmbH、Bombardier Services Corporation、Learjet Inc、Bombardier Transit Corporation、Bombardier Mass Transit Corporation、Bombardier Transportation Australia Pty Ltd及びBombardier Transportation Canada Incが含まれる。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

2900-800 Rene-Levesque Blvd W

MONTREAL, QC

H3B 1Y8

Canada

+1.514.8619481

https://www.bombardier.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Pierre Beaudoin

Non-Executive Chairman of the Board

Eric Martel

President, Chief Executive Officer, Director

John Di Bert

Chief Financial Officer, Senior Vice President

David M. Coleal

President - Aviation

Danny Di Perna

President - Bombardier Transportation

統計

3.00 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

16.2K

2018

16.2K

2019

15.8K

2020(E)

13.5K
EPS (USD)

2017

0.030

2018

0.140

2019

-0.250

2020(E)

-0.506
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.05
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-24.78
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.90

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:三菱重が高寄り後値を消す、赤字決算受け上値重い状態続く

三菱重工業が高寄りした後、値を消した。全体の地合い好転から買い優勢で始まったものの、4─6月期決算で赤字決算を余儀なくされたことから、上値が重い状態が続いている。

訂正:三菱重、4―6月期純損益は579億円の赤字 スペースジェット事業損失

三菱重工業<7011.T>が3日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す事業損益が713億円の赤字(前年同期は404億円の黒字)となった。カナダ航空機大手ボンバルディア<BBDb.TO>の小型旅客機「CRJ」事業の買収に伴うのれんの減損や、ジェット旅客機「スペースジェット」の開発体制縮小に伴う損失が響いた。純損益は579億円の赤字(同163億円の黒字)だった。

欧州委、アルストムのボンバルディア鉄道事業買収承認へ=関係筋

欧州連合(EU)の独占禁止当局が仏鉄道車両大手アルストム<ALSO.PA>によるカナダのボンバルディア<BBDb.TO>の鉄道事業買収を承認する見通しであることが27日、関係筋の話で明らかになった。実現すればアルストムは中国国有の中国中車(CRRC)<601766.SS>に次ぐ世界2位の鉄道車両メーカーとして浮上する。

プライベートジェット運航回復に期待高まる、渡航制限緩和などで

休暇目的の旅行需要の持ち直しと欧州での渡航制限の緩和を背景に、今夏はプライベートジェットによるチャーター便の引き合いが強まっている。業界幹部や調査会社の話で明らかになった。新型コロナウイルスで大打撃を受けた航空業界で慎重ながらも期待する声が出ている。

三菱重、今期損益予想ゼロ コロナで民間航空機と中量産品影響大

三菱重工業<7011.T>は11日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益は前期比6.0%減の3兆8000億円、事業損益・当期損益いずれもゼロの見通しと発表した。年間配当は1株当たり75円を予定する。 前期は開発中の小型機「スペースジェット(旧MRJ)」の損失計上が響き、事業損益は20年ぶりの赤字となった。

UPDATE 1-三菱重、今期損益予想ゼロ コロナで民間航空機と中量産品影響大

三菱重工業は11日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益は前期比6.0%減の3兆8000億円、事業損益・当期損益いずれもゼロの見通しと発表した。年間配当は1株当たり75円を予定する。 前期は開発中の小型機「スペースジェット(旧MRJ)」の損失計上が響き、事業損益は20年ぶりの赤字となった。

三菱重、ボンバルディアの事業取得に関連し最大700億円を減損処理へ

三菱重工業<7011.T>は7日、カナダの重工大手ボンバルディア<BBDb.TO>の小型ジェット旅客機「CRJ」事業の取得に関連して、2021年3月期連結決算で500億─700億円を減損処理する見込みだと発表した。一部事業に配分するのれんなどについて、将来キャッシュフローの見積もりが現段階で困難であるためと説明している。

仏アルストム、加ボンバルディア鉄道事業買収で合意 最大67億ドル

仏鉄道車両大手アルストム<ALSO.PA>は17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を最大62億ユーロ(67億ドル)で買収することで合意した。世界第2位の鉄道車両メーカーが誕生し、アルストムは中国国有の中国中車(CRRC)<601766.SS>との競争をこれまでより有利に進められるとみられる。

アルストム、ボンバルディア鉄道事業買収で協議 70億ドル規模か

仏鉄道車両大手アルストムは17日、カナダのボンバルディアの鉄道事業を買収する可能性について協議を進めていることを確認した。買収額は企業価値ベースで70億ドルとなる可能性がある。

新型肺炎、中国便減少でプライベートジェットへの需要増

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国や香港からの航空便運航が減少する中、財界幹部などの話によると、他地域への退避を望む富裕層の間でプライベートジェットへの需要が高まっている。ただ、渡航制限や乗員の感染への懸念などから、プライベートジェットの利用増加にはつながっていないもようだ。

〔情報BOX〕新型コロナウイルス、これまでの感染状況(2月4日現在)

* https://graphics.reuters.com/CHINA-HEALTH/0100B59Y39P/index.html (情報を更新・追加しました。)

シンガポール航空ショー、新型肺炎でボンバルディアなど出展見合わせ続出

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中で、11日から始まるシンガポール航空ショーへの出展を見合わせる航空機メーカーが相次いでいる。これまでにカナダのボンバルディア<BBDb.TO>、米テキストロン<TXT.N>、米ゼネラル・ダイナミクス<GD.N>傘下のガルフストリームなどが不参加を表明した。

加ボンバルディア、鉄道事業統合へ日立や仏アルストムに接触か

カナダの重工大手ボンバルディアが鉄道事業の統合に向け、日立製作所や仏アルストムに接触したことが、複数の関係者の証言で明らかになった。

世界の鉄道産業、「今後数年」で統合が起きる=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は23日、世界の鉄道産業の統合が「今後数年」で起きるだろうと述べた。

欧州株式市場=反発、中国の金融政策と米中交渉の進展で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 419.72 +3.88 +0.93 415.84 FTSEユーロファース 1638.12 +14.16 +0.87 1623.96 ト300種 ユーロSTOXX50種 3793.24 +48.09 +1.28 3745.15 <.STOXX50E > 年明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和と米中通商合意への 期待が相場を押し上げた。 トランプ米大統領は第1段階の合意文書を15日に署名すると表明した。 STOXX欧州600種銀行株指数は1...

欧州市場サマリー(31日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。利益確 定の売りが出たほか、ポンド高に伴い輸出銘柄が売られた。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)や製薬のアストラゼネカ<A ZN.L>などの輸出株が値下がりした。 今年は米中貿易摩擦や各国中銀の政策、英政権、英国の欧州連合(EU)離脱を材料 に相場が乱高下した。懸念が後退するにつれロンドン株は12月に大幅に伸びた。12月 は月間ベースで6月以来の、2019年は年間ベースで12%増と16年以来の大幅な値 上がりとなった。 中型株で構成するFTSE250種指数は12月に月間ベースで1月以来...

欧州株式市場=利食い売りで続落、年間では10年ぶり大幅高

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 415.84 -0.33 -0.08 416.17 FTSEユーロファース 1623.96 -1.17 -0.07 1625.13 ト300種 ユーロSTOXX50種 3745.15 -3.32 -0.09 3748.47 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。貿易摩擦や世界的な景気後退への懸念が和ら ぐ中で12月は株価が上昇していたため、利益確定の売りが出た。 フランスのCAC40指数は0.07%、スペインのIBEX指数は 0.66...

米ボーイング次期CEO、エンブラエル部門買収巡るEU審査も課題

米ボーイング<BA.N>の次期最高経営責任者(CEO)に決まったデービッド・カルホーン氏は、主力旅客機「737MAX」の運航停止問題に加え、ブラジルの小型機メーカー、エンブラエル<EMBR3.SA>の商用機部門買収計画を巡る欧州連合(EU)当局の厳しい審査に直面する。

コラム:三菱重工の小型旅客機事業、利益よりプライド優先か

カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>の小型ジェット旅客機事業買収は、三菱重工業<7011.T>が抱く旅客機開発の夢を下支えする。

焦点:三菱重工、ボンバルの小型機事業買収で巻き返しなるか

三菱重工業<7011.T>は25日、カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディア<BBDb.TO>から小型ジェット旅客機「CRJ」事業を買収することで合意した。ボンバルディアが持つ保守管理サービス網と世界的な顧客基盤を活用し、なかなか進まなかった小型ジェット市場における基盤確保に向けて取り組みを加速させる狙いだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up