for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベスト・バイ・カンパニー・インク

BBY.N

現在値

107.63USD

変化

1.66(+1.57%)

出来高

443,034

本日のレンジ

106.04

 - 

108.23

52週レンジ

48.16

 - 

119.46

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
105.97
始値
106.41
出来高
443,034
3か月平均出来高
53.49
高値
108.23
安値
106.04
52週高値
119.46
52週安値
48.16
発行済株式数
258.83
時価総額
27,428.44
予想PER
15.14
配当利回り
2.08

次のエベント

Q3 2021 Best Buy Co Inc Earnings Release

適時開示

その他

Best Buy Co Sets Regular Quarterly Cash Dividend Of $0.55 Per Share

Best Buy Reports Second Quarter Results

Best Buy Quarter-To-Date Sales Up About 2.5% Compared To Last Year

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベスト・バイ・カンパニー・インクとは

ベスト・バイ(Best Buy Co., Inc.) は技術製品、サービスとソリューションを提供する。【事業内容】同社は店舗を訪れる顧客、ギーク・スクワッド代理店に従事する顧客、またはウェブサイトまたはモバイル・アプリケーションを使用している顧客に製品およびサービスを提供している。同社は米国、カナダ、メキシコで事業を展開する。同社は国内と海外2つの事業を運営する。国内事業は、「Best Buy」、「Bestbuy.com」、「Best Buy Mobile」、「Best Buy Direct」、「Best Buy Express」、「Geek Squad」、「Magnolia Home Theatre」、「Pacific」を含む各ブランド名で米国のすべての州、地区、領土内での事業を含む。国際事業は、カナダ、メキシコのすべての事業で構成され、「Best Buy」、「bestbuy.com.ca」、「bestbuy.com.mx」、「Best Buy Express」、「Best Buy Mobile」、および「Geek Squad」のブランド名で構成される。

業種

Retail (Technology)

連絡先

7601 Penn Ave S

RICHFIELD, MN

55423-8500

United States

+1.612.2911000

https://www.bestbuy.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Russell P. Fradin

Chairman of the Board

R. Michael Mohan

President, Chief Operating Officer

Corie S. Barry

Chief Executive Officer, Director

Matthew M. Bilunas

Chief Financial Officer

Kamy Scarlett

Chief Human Resources Officer; President, U.S. Retail Stores

統計

2.46 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

42.2K

2019

42.9K

2020

43.6K

2021(E)

45.2K
EPS (USD)

2018

4.420

2019

5.320

2020

6.070

2021(E)

6.928
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.63
株価純資産倍率(四半期)
7.24
株価キャッシュフロー倍率
11.18
総負債/総資本(四半期)
34.75
長期負債/資本(四半期)
16.73
投資利益率(過去12カ月)
22.11
自己資本利益率(過去12カ月)
10.06

最新ニュース

最新ニュース

S&P・ナスダック連日の最高値、コロナ治療期待や米中協議受け

米国株式市場は、S&P総合500種指数<.SPX>とナスダック総合指数<.IXIC>が連日で最高値を更新する一方、ダウ工業株30種<.DJI>は60ドル値下がりした。新型コロナウイルス治療への期待や米中通商協議の進展が相場の下支えになった。

米ベスト・バイ、5─7月期好調 現四半期は鈍化を警告

米家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>が25日に発表した第2・四半期(8月1日まで)決算は、既存店売上高が予想を上回って増加した。ただ第3・四半期については、失業増のほか、政府刺激策の縮小、新型コロナウイルス感染拡大による世界的な供給網阻害などで、増収ペースは鈍化すると警告した。

マイクロソフト、2画面アンドロイド端末を9月発売 1399ドルから

米マイクロソフト<MSFT.O>は12日、折りたたみ式の2画面スマートフォン「サーフェス・デュオ」を9月10日から発売すると発表した。アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」が搭載されており、価格は1399ドルから。

米ベスト・バイ、オンライン売上高が急増 引け後の株価上昇

米家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>は、5月開始の第2・四半期の売上高が7月18日時点で前年から約2.5%増えたと21日に発表した。ネット販売の急増が寄与した。株価は引け後の時間外取引で4%上昇した。

米ウォルマート、買い物客へのマスク着用義務付け 20日から

米小売り大手ウォルマート<WMT.N>は15日、店舗内で買い物客にマスク着用を義務付けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制することが狙いで、20日から全店舗で実施される。

米アップル、独立系修理事業者プログラムを欧州やカナダに拡大

米アップル<AAPL.O>は8日、iPhoneを修理するための部品や工具、マニュアルを独立系修理業者に提供するプログラムを、欧州の32カ国とカナダに拡大すると発表した。

NY市場サマリー(21日)株式反落、ドルは小幅上昇

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅上昇。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたロックダウン(都市封鎖)による世界経済への影響を見極める動きが続いている。

米株反落、米中間の緊張の高まり受け売り優勢

米国株式市場は反落して終了した。前日は2カ月ぶり高値を付けたが、米中間の緊張が再び高まったことを受け、両国の通商合意の先行きが危ぶまれている。

米ベスト・バイ、2─4月期は大幅減益 配達拡充で利益率圧迫へ

米家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>が21日発表した第1・四半期決算(5月2日まで)は新型コロナウイルスの影響で大幅な減益となった。外出自粛に伴う巣ごもり消費でインターネット通販の売り上げは急増しているが、配達サービスへの投資で今四半期の利益率は圧迫されると警告した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(16日現在)

中国商務省の高峰報道官は16日、新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、これまでに中国からの大規模な資本流出は見られていないと述べ、多くの日本企業が中国への投資を拡大する意向を示していると付け加えた。

米アップル、新型iPhone SEを24日発売 価格399ドルから

米アップル<AAPL.O>は15日、iPhoneの廉価版「SE」の新機種を4月24日に発売すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済が悪化し、出費を抑えたい消費者が増える中、低価格の新モデルを投入することで需要開拓を図る。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(16日現在)

15日の取引で米原油先物が20ドル台を割り込み、18年ぶりの安値を付けた。北海ブレント先物も6%超下落した。週間の米原油在庫が1900万バレル増と、週間の増加としては過去最大となったことが嫌気された。

米ベスト・バイ、国内店舗の時間給従業員5.1万人を一時解雇

米家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>は15日、米国内店舗の時間給従業員約5万1000人を一時解雇すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により引き続き店舗を閉鎖しているため、第1・四半期の最初の2カ月間の売上高が約5%減少したという。

米国株市場はダウが初の2万9000ドル台、米中の通商合意署名で

米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種<.DJI>が初めて2万9000ドル台に乗せて終了。S&P総合500種<.SPX>も終値ベースで最高値を更新した。米中両国はこの日、貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名し、1年以上にわたって市場を揺るがしてきた関税合戦の終結に向け取り組む姿勢を表明した。

焦点:ネット販売増で複雑化、見えにくい小売各社「真の実力」

クリスマス商戦の時期に同じ店舗を見て回るのが、マーシャル・コーエン氏の30年来の恒例行事だ。

米サイバーマンデー売上高、過去最高の92億ドルの見込み 無料配送など奏功

米感謝祭明けの月曜日に実施されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の売上高は92億ドルに達する見通しだ。従来予想の94億ドルから下方修正されたが、依然として過去最高に達する見込み。

焦点:トランプ関税、顧客に転嫁せず 米小売企業がコスト吸収

年末商戦シーズンを控えた米国で、大手小売企業がオンライン販売する多くの製品の価格が、中国からの輸入品への関税引き上げにもかかわらず横ばい程度に抑えられている。ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>といった大手が輸入価格の上昇分を吸収し、消費者に転嫁していないからだ。

米サイバーマンデー売上高、過去最高の94億ドルに 無料配送など奏功

米感謝祭明けの月曜日に実施されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の売上高は、過去最高の94億ドルに達する見通しだ。

米ブラックフライデー、ネット販売70億ドル超に増加 店舗利用に変化

米年末商戦の幕開けとされる感謝祭翌日の「ブラックフライデー」の小売売上高は、オンライン販売が70億ドル超に増加する一方、感謝祭当日の夜は実店舗への来客が数年ぶりに増加し、消費者が店舗で買い物するタイミングが変化していることが調査会社のデータでわかった。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対して当初値上がりしていたものの、その後は買いが続かず下げに転じた。米中通商協議を巡って警戒感が根強いほか、感謝祭明けの週末で動意薄となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up