for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベスト・バイ・カンパニー・インク

BBY.N

前日終値

67.94USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

47.72

 - 

78.50

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
67.94
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
56.27
高値
--
安値
--
52週高値
78.50
52週安値
47.72
発行済株式数
263.57
時価総額
17,907.17
予想PER
11.97
配当利回り
2.94

次のエベント

Q3 2020 Best Buy Co Inc Earnings Call

適時開示

その他

Best Buy Hiring Thousands For Holiday Season

Best Buy Sees Fiscal 2025 Enterprise Revenue Of $50 Bln

Best Buy Sets Regular Qtrly Cash Dividend Of $0.50 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベスト・バイ・カンパニー・インクとは

ベスト・バイ(Best Buy Co., Inc.) は技術製品、サービスとソリューションを提供する。【事業内容】同社は店舗を訪れる顧客、ギーク・スクワッド代理店に従事する顧客、またはウェブサイトまたはモバイル・アプリケーションを使用している顧客に製品およびサービスを提供している。同社は米国、カナダ、メキシコで事業を展開する。同社は国内と海外2つの事業を運営する。国内事業は、「Best Buy」、「Bestbuy.com」、「Best Buy Mobile」、「Best Buy Direct」、「Best Buy Express」、「Geek Squad」、「Magnolia Home Theatre」、「Pacific」を含む各ブランド名で米国のすべての州、地区、領土内での事業を含む。国際事業は、カナダ、メキシコのすべての事業で構成され、「Best Buy」、「bestbuy.com.ca」、「bestbuy.com.mx」、「Best Buy Express」、「Best Buy Mobile」、および「Geek Squad」のブランド名で構成される。

業種

Retail (Technology)

連絡先

7601 Penn Ave S

+1.612.2911000

https://www.bestbuy.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hubert Joly

Executive Chairman of the Board

R. Michael Mohan

President, Chief Operating Officer

Corie S. Barry

Chief Executive Officer, Director

Matthew M. Bilunas

Chief Financial Officer

Kamy Scarlett

Chief Human Resources Officer; President, U.S. Retail Stores

統計

2.56 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

39.4K

2018

42.2K

2019

42.9K

2020(E)

43.4K
EPS (USD)

2017

3.560

2018

4.420

2019

5.320

2020(E)

5.742
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.42
株価純資産倍率(四半期)
5.48
株価キャッシュフロー倍率
7.62
総負債/総資本(四半期)
38.39
長期負債/資本(四半期)
37.96
投資利益率(過去12カ月)
25.28
自己資本利益率(過去12カ月)
11.40

最新ニュース

最新ニュース

米アップル、独立系修理店にiPhone部品提供へ

米アップル<AAPL.O>は29日、独立系修理店がスマートフォン「iPhone」の修理サービスを行えるよう、純正部品や工具、修理マニュアルを提供する新たな制度を開始すると発表した。

NY市場サマリー(29日)

 金相場は約6年4カ月ぶりの高値水準で推移しており、高値警戒感による利益確定の売りも出たほか、 ドル高・ユーロ安に伴う割高感も売り圧力につながった。 朝方は、2019年4─6月期の米実質GDP(国内総生産)改定値が速報値から小幅に下方修正され たことや米長期金利が上昇したことなどを手掛かりに売り買いが交錯していた。 NY貴金属: <米原油先物> 米原油在庫の減少を好感した買いが継続し、3日続伸した。米国産標準油種WTI中 心限月10月物の清算値は前日比0.93ドル(1.67%)高の1バレル=56.71ドル。11月物 は0.85ドル高の56...

UPDATE 1-米国株式市場=ダウ326ドル高、中国が対米貿易協議に期待表明

(内容を追加します。) [ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価3指数が軒並み1 %超上昇。ダウ平均株価は326ドル値上がりして取引を終えた。中国が対米貿易 協議への期待を表明したことを受け、景気後退懸念が和らいだ。 中国商務省はこの日、米中が貿易を巡り9月の対面協議について話し合っているが、 米国側が良い環境を整えることが重要だと表明した。 トランプ大統領もFOXニュース・ラジオとのインタビューで、貿易を巡る米中の対 立解消に向けて、両国の通商交渉団が同日中に「異なるレベル」での協議を行う予定と語 った。それ以上...

米アップル、アイフォーンの修理がベスト・バイ全店舗で可能に

米アップル<AAPL.O>と家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>は19日、両社の提携契約を拡大し、ベスト・バイの米国内全店舗で技術者がスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を修理できるようになると発表した。

対中関税巡る公聴会開始、米企業「代替調達先少なくコスト増に」

トランプ米大統領が計画する約3000億ドル相当の中国製品に対する追加関税を巡る米通商代表部(USTR)の公聴会が17日に始まり、衣料品や家電などさまざまな業種の企業が、中国に代わる生産拠点を見つけるのは困難で、コスト増につながると訴えた。

再送-米企業、対中追加関税控えるようUSTRに要請 「失業増に」

トランプ米大統領が対中関税を「少なくとも」3000億ドル分上乗せする可能性があると表明したことについて、高級衣料のラルフ・ローレンを含む大手のほか、小規模小売業者など数百社が米通商代表部(USTR)に対し追加措置を発動させないよう訴えた。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

米国、対中関税「第4弾」公聴会を開始へ

米通商代表部(USTR)は14日、総額3000億ドルの中国製品に対する第4弾の制裁関税について、17日から25日まで公聴会を開催すると発表した。公聴会には、米国の小売り業者やメーカーの代表などが出席する予定。

アングル:米国の対中追加関税、自国企業に与える影響

米トランプ政権による中国製品への輸入関税引き上げを受け、多くの米消費関連企業が業績に悪影響が及ぶとの懸念を示した。米政府は先週、中国からの輸入品2000億ドル相当に対する関税率を10%から25%に引き上げた。

米ベスト・バイ、次期CEOにバリーCFOを指名

米家電量販大手ベスト・バイは15日、コリー・バリー最高財務責任者(CFO)を次期最高経営責任者(CEO)に指名した。ベスト・バイの53年の歴史で初の女性CEOとなる。

UPDATE 2-NY市場サマリー(27日)

(株式のリポートを追加しました。) [27日 ロイター] - <為替> ドルが当初付けていた3週間ぶりの安値から値を戻した。米中貿易協議を 巡るライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の発言を受け市場に警戒感が広がり、 安全資産とみられるドルに買いが入った。 ライトハイザー代表は下院歳入委員会の公聴会で、米中の通商問題は非常に深刻で、 中国が米国製品の購入を増やすだけでは不十分とした上で、両国が通商合意に至るには依 然、相当な努力が必要になるとの認識を示した。 ただ、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がこの日まで2日間の日程で行った...

米S&P小幅続落、FRB議長証言など受け下げ幅縮小

米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>が小幅続落して取引を終えた。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やパウエル連邦準備理事会(FRB)議長らの議会証言に大きなサプライズがなかったことを受け、日中安値から大きく切り返す展開となった。

米年末商戦、店舗・ネットで滑り出し好調 賃金上昇が追い風

年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた米国では23日、電気製品や衣料品などの大規模セールに多くの客が駆けつけた。好調な景気動向や賃金の伸びに支えられ、米消費支出が堅調に推移している様子が浮き彫りとなった。

再送-米年末商戦始まる、店舗・ネット双方で好調な滑り出し 賃金上昇追い風に

年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた米国では23日、電気製品や衣料品などの大規模セールに多くの客が駆けつけた。好調な景気動向や賃金の伸びに支えられ、米消費支出が堅調に推移していることを示した。

UPDATE 2-米国株式市場=S&P500とナスダック、3営業日連続で最高値更新

(内容を追加しました) [ニューヨーク 28日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26064.02 +14.38 +0.06 26092.7 26122. 26037. 0 24 85  前営業日終値 26049.64 ナスダック総合 8030.04 +12.14 +0.15 8039.01 8046.3 8009.5 2 9  前営業日終値 8017.90 S&P総合500 2897.52 +0.78 +0.03 2901.45 2903.7 2893.5 種 7 0  前営業日終値 2896.74...

焦点:打倒アマゾン、ウォルマートが挑むラストマイル配送の壁

ウォルマート<WMT.N>の経営幹部は昨年、1万4000人に上る株主の面前で、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などインターネット小売サービスに顧客を奪われないための思い切った計画を披露した。

アマゾン、米各地に「スマートホーム」体験できるモデルハウス開設

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、米住宅建設大手レナー<LEN.N>と協力し、「スマートホーム」を体験できるモデルハウスを全米各地にオープンしたと発表した。

感謝祭とブラックフライデーの米ネット販売、過去最高に=調査

アドビ・アナリティクスの調査によると、米感謝祭と「ブラックフライデー」のオンライン小売売上高が前年比17.9%増の79億ドルとなり、過去最高を記録した。

米年末商戦始まる、初日の客足は比較的穏やか ネット通販は好調

米感謝祭明けの24日、2017年の米年末商戦が始まった。小売各社は大幅な値引きや景品の配布など、集客に向けたさまざまな戦略を展開した。しかし初日の客足は比較的落ち着いており、買い物客の間からは商品を品定めし、実際の購入はネット通販でのセールを待つとの声が聞かれた。

米感謝祭、オンライン販売急増 実店舗への客足も好調

アドビ・アナリティクスによると、米感謝祭(23日)のオンライン小売売上高は、米東部時間午後5時(日本時間24日午前7時)時点で、前年同期比16.8%増の15億2000万ドル超だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up