for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barratt Developments Plc

BDEV.L

現在値

695.60GBp

変化

-0.20(-0.03%)

出来高

3,049,387

本日のレンジ

688.00

 - 

701.00

52週レンジ

349.40

 - 

889.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
695.80
始値
692.80
出来高
3,049,387
3か月平均出来高
78.20
高値
701.00
安値
688.00
52週高値
889.20
52週安値
349.40
発行済株式数
1,018.32
時価総額
7,085.45
予想PER
11.50
配当利回り
--

次のエベント

Half Year 2021 Barratt Developments PLC Earnings Release

適時開示

その他

The Capital Group Companies Discloses 5.20% Stake In Barratt

Barratt Developments Plans To Implement Dividend Policy Based On FY Dividend Cover

Barratt Says There Is Continuing Strong Customer Demand For Its Homes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barratt Developments Plcとは

バラット・デベロップメンツ(Barratt Developments PLC)は、持株会社である。【事業内容】主に土地の取得・開発、住宅用不動産の計画・設計・建設、並びに英国に建設する住宅の販売を行う。住宅建設及び商業開発の2つの事業セグメントで構成される。ブランドには、「Barratt Homes」、「David Wilson Homes」、「Barratt London」が含まれる。「Barratt Homes」は、最初の住宅購入者及び家族に住宅を提供し、イングランド、スコットランド及びウェールズ全域に多種省エネ施設を提供する。Wilson Bowden Developmentsは、商業開発部門であり、小売、レジャー、オフィス、工業及び多目的のスキーム事業を行い、単一サイト、産業開発、オフィスパーク、タウンセンター再生プロジェクト等のプロジェクトを含む。

業種

Construction Services

連絡先

Barratt House

Cartwright Way, Forest Business Park

LE67 1UF

United Kingdom

+44.1530.278278

http://www.barrattdevelopments.co.uk/

エグゼクティブリーダーシップ

John Murray Allan

Non-Executive Independent Chairman of the Board

David F. Thomas

Group Chief Executive, Executive Director

Steven J. Boyes

Deputy Chief Executive Officer, Chief Operating Officer, Executive Director

Jessica White

Chief Financial Officer, Executive Director

Jeremy Hipkiss

Group Sales and Marketing Director

統計

2.00 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

4.9K

2019

4.8K

2020

3.4K

2021(E)

4.5K
EPS (GBp)

2018

65.970

2019

73.060

2020

40.230

2021(E)

58.734
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.07
株価純資産倍率(四半期)
1.46
株価キャッシュフロー倍率
16.75
総負債/総資本(四半期)
7.55
長期負債/資本(四半期)
4.88
投資利益率(過去12カ月)
7.40
自己資本利益率(過去12カ月)
5.66

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を 終えた。景気の早期回復期待が相場を押し上げた。配当再開を発表した英住宅建設 最大手バラット・デベロップメンツの値上がりが目立った。 バラットは4.5%高。先売り件数が増えたことも買い材料だった。 FTSE100種は週間ベースで6.39%上昇した。 マーケッツ・ドット・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は、米国で追加刺激 策が導入されれば、融資が増えて債券利回りが上昇する可能性があるとし、株価に良い兆 しだとし、「英経済の先行きや米刺激策について総じて良い見方が出ている」と話した。 英医療当局は米...

ロンドン株式市場=続伸、景気早期回復に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6873.26 +16.30 +0.24 6856.96 ロンドン株式市場は続伸して取引を終 えた。景気の早期回復期待が相場を押し上げた。配当再開を発表した英住宅建設最大 手バラット・デベロップメンツの値上がりが目立った。 バラットは4.5%高。先売り件数が増えたことも買い材料だった。 FTSE100種は週間ベースで6.39%上昇した。 マーケッツ・ドット・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は、米国で追加刺激 策が導入されれば、融資が増えて債券利回りが上昇する...

ロンドン株式市場=小幅続伸、英EUがアイルランド国境問題で合意

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6558.82 +3.43 +0.05 6555.39 ロンドン株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。英国と欧州連合 (EU)がアイルランドと英領北アイルランドの国境管理について合意 したことで市場心理が好転した。より広範な通商協定に注目が集まる。 日中はマイナス圏で取引されたが、ポンド安も相場の下支え要因となり 、終盤にプラス圏へ転じた。 アイルランドに関する合意で英EU間の論争の主要な部分が解決し たが、市場はブリュッセルで今週開かれる英EU間の年間約1兆ドル...

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英国が合意なしに欧州連合 (EU)を離脱するとの不安がポンドを押し下げ、輸出銘柄が値を上げた。一方、英国のEU離脱が混乱し た際に大きな打撃を受ける国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は1.25%下 落した。 英国の移行期間は月末に期限を迎える。英国水域での漁業権、公平な競争条件(国家補助金)、ガバナ ンス(紛争解決手続き)について何週間も交渉している英国とEUは溝を埋めるために最後の交渉段階に入 った。JPモルガンは合意なき離脱の確率が当初の20%から3分の1へ上昇したと指摘した...

ロンドン株式市場=続伸、合意なきEU離脱懸念でポンド安 中型株は売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6555.39 +5.16 +0.08 6550.23 週明けロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。英国が合意なし に欧州連合(EU)を離脱するとの不安がポンドを押し下げ、輸出銘柄 が値を上げた。一方、英国のEU離脱が混乱した際に大きな打撃を受け る国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は1 .25%下落した。 英国の移行期間は月末に期限を迎える。英国水域での漁業権、公平 な競争条件(国家補助金)、ガバナンス(紛争解決手続き)について何 週間も交渉している...

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。英国と 欧州連合(EU)の通商交渉が進展している兆しからポンドが値上がりし、輸出銘柄の押 し下げ要因となった。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数と銀行株指数<.FTNMX8 350>の値下がりが目立った。 一方、英国のEU離脱を巡る市場心理の指標とみなされる国内銘柄が多い中型株のF TSE250種指数は0.33%上昇した。交渉関係筋や文書によると、通商交 渉はジョンソン英首相が設定した交渉期限である15日以降も続く見込みだ。 資産運用会社アッシュモア・グループは7.7%上昇した。第...

ロンドン株式市場=続落、英EU交渉進展の兆しでポンド上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 5935.06 -34.65 -0.58 5969.71 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。英国と欧州連合(EU )の通商交渉が進展している兆しからポンドが値上がりし、輸出銘柄の 押し下げ要因となった。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数と銀 行株指数の値下がりが目立った。 一方、英国のEU離脱を巡る市場心理の指標とみなされる国内銘柄 が多い中型株のFTSE250種指数は0.33%上昇した。 交渉関係筋や文書によると、通商交渉はジョンソン英首相が設定...

ロンドン株式市場=反発、コロナワクチンで製薬上昇 ポンド安で輸出株に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5937.40 +138.32 +2.39 5799.08 ロンドン株式市場は、反発して終了した。製薬大手のアストラゼネ カとグラクソ・スミスクライン(GSK)がそれぞれ新 型コロナウイルスワクチンに関連するニュースで買われたことに加え、 英ポンド安が輸出株の上昇につながった。 FTSE100種はこれまで3週連続で下落していたが、 この日は上昇。FTSE250種も反発した。ただ米市場が祝 日のため休場となっていることで、商いは薄かった。 英国のジョンソン首相が、10...

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 5月中旬以来の安値に続落して取 引を終えた。英国が合意なしに欧州連合(EU)から離脱する可能性が高まり、市場心理 が悪化した。 ヘルスケアと消費財、工業の株価が大きな重しだった。 英国とEUの交渉官や外交官は、英国が国家補助金について完全な自治権を要求して いるため離脱交渉が危機に面していると指摘。合意なき離脱となった場合、新型コロナウ イルスで既に打撃を受けた経済が一段と混乱するとの不安が高まっている。 英国株は新型コロナの打撃を受けた3月の安値からは持ち直しているが、今のところ 米国株式相場に比べ勢いが劣る。米国株...

ロンドン株式市場=続落、合意なきEU離脱を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5799.08 -51.78 -0.88 5850.86 ロンドン株式市場は、5月中旬以来の安値に続落して取引を終えた。英国が合意なし に欧州連合(EU)から離脱する可能性が高まり、市場心理が悪化した。 ヘルスケアと消費財、工業の株価が大きな重しだった。 英国とEUの交渉官や外交官は、英国が国家補助金について完全な自治権を要求して いるため離脱交渉が危機に面していると指摘。合意なき離脱となった場合、新型コロナウ イルスで既に打撃を受けた経済が一段と混乱するとの不安...

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 4営業日ぶりに反発して取引を終 えた。8月の英住宅価格が過去最高値を付けたことで住宅建設銘柄が上昇した。 8月の英住宅価格は前月比2.0%上昇し、2004年以来の大幅な伸びとなった。 FTSE350種住宅建設株指数は3.21%上昇し、2カ月近くぶりの大 幅高となった。個別銘柄ではバラット・デベロップメンツが8.7%高。通期利 益が落ち込んだことで特別配当は止めたものの、向こう1年間の売り上げと住宅完成件数 の見通しを引き上げたことが好感された。 AJベルの投資ディレクター、ラス・モウルド氏は「英住宅価格が過去最高値...

ロンドン株式市場=反発、指標受け住宅建設株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5940.95 +78.90 +1.35 5862.05 ロンドン株式市場は4営業日ぶりに反発して取引を終えた。8月の英住宅価格が過去 最高値を付けたことで住宅建設銘柄が上昇した。 8月の英住宅価格は前月比2.0%上昇し、2004年以来の大幅な伸びとなった。 FTSE350種住宅建設株指数は3.21%上昇し、2カ月近くぶりの大 幅高となった。個別銘柄ではバラット・デベロップメンツが8.7%高。通期利 益が落ち込んだことで特別配当は止めたものの、向こう1年間の売り上...

欧州市場サマリー(6日)

ジェンリック英住宅相は、住宅市場が持ち直している兆しがある中でも今年の住宅着 工件数が最大40%落ち込む可能性があると述べた。住宅建設のパーシモンとバ ラット・デベロップメンツ、テイラー・ウィンペイは3.7─4.3%下 落した。 一方、保険会社アビバは4.6%高。アジアと欧州事業を縮小する計画が好感 された。上半期の営業利益は23%減少した。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 反落して取引を終えた。配当を停止したスイスの商品取引・資源 大手グレンコアが売られたほか、石油株も値を下げた。市場は米国の新型コロナ ウイルスの追加支援策を注視...

ロンドン株式市場=反落、英中銀見通し受けグレンコアに売り

ジェンリック英住宅相は、住宅市場が持ち直している兆しがある中でも今年の住宅着 工件数が最大40%落ち込む可能性があると述べた。住宅建設のパーシモンとバ ラット・デベロップメンツ、テイラー・ウィンペイは3.7─4.3%下 落した。 一方、保険会社アビバは4.6%高。アジアと欧州事業を縮小する計画が好感 された。上半期の営業利益は23%減少した。 (い)

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 4日ぶりに反発して取引を終え た。金融株が持ち直し、全体水準を押し上げた。ただ新型コロナウイルスの感染件数が世 界的に急増し続ける中、リスク志向は弱く、週間ベースでは落ち込んだ。 FTSE100種は週間で1.01%下落。中型株で構成するFTSE250種指数 は週間で0.66%安となった。 景気刺激策に伴った株価上昇基調は今月、勢いをなくしている。経済指標は景気回復 が一時的であることを示唆しているほか、新型コロナの感染件数が世界的に増えているこ とを受け、新たな封鎖措置が導入され回復が続かない恐れがある。 週間ベース...

ロンドン株式市場=反発、週間ベースはマイナス

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6095.41 +45.79 +0.76 6049.62 ロンドン株式市場は4日ぶりに反発して取引を終えた。金融株が持ち直し、全体水準 を押し上げた。ただ新型コロナウイルスの感染件数が世界的に急増し続ける中、リスク志 向は弱く、週間ベースでは落ち込んだ。 FTSE100種は週間で1.01%下落。中型株で構成するFTSE250種指数 は週間で0.66%安となった。 景気刺激策に伴った株価上昇基調は今月、勢いをなくしている。経済指標は景気回復 が一時的であることを示唆...

欧州株式市場=続落、HSBCとノキア売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 366.48 -2.48 -0.67 368.96 FTSEユーロファース 1428.42 -8.68 -0.60 1437.10 ト300種 ユーロSTOXX50種 3286.09 -35.47 -1.07 3321.56 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。英金融大手HSBCホールディングス<HSBA. L>とフィンランドの通信機器大手ノキアが売られ、全体水準を押し下げた。 HSBCは2.9%安だった。トランプ米大統領の一部のアドバイザー...

欧州株式市場=反落、新型コロナ後の回復期待後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 368.96 -2.25 -0.61 371.21 FTSEユーロファース 1437.10 -8.90 -0.62 1446.00 ト300種 ユーロSTOXX50種 3321.56 -28.47 -0.85 3350.03 欧州株式市場は反落して取引を終えた。米国で新型コロナウイルスの感染件数が急増 しているほか、欧州委員会がユーロ圏の経済見通しを引き下げたことで、新型コロナのパ ンデミック(世界的大流行)後の経済回復に対する期待が後退した。 ドイツの製薬...

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。追加刺激 策への期待から銀行などの景気循環株が買われた。 スナク英財務相が、大半の住宅購入者が不動産税を免除されるように課税最低額を最 大50万ポンド(62万3700ドル)まで引き上げる予定であるとする報道が材料視さ れ、住宅建設のパーシモンとバラット・デベロップメンツ、テイラー・ ウィンペイが買われた。 中国経済の回復が世界経済をけん引するとの期待も追い風となった。 アジアへのエクスポージャーが高い英金融大手HSBCホールディングスは 6.6%高だった。 FTSE350建設・資材株指数は1....

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up