for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barratt Developments Plc

BDEV.L

現在値

510.60GBp

変化

10.60(+2.12%)

出来高

3,293,099

本日のレンジ

494.50

 - 

512.20

52週レンジ

349.40

 - 

889.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
500.00
始値
500.40
出来高
3,293,099
3か月平均出来高
80.56
高値
512.20
安値
494.50
52週高値
889.20
52週安値
349.40
発行済株式数
1,018.31
時価総額
5,199.48
予想PER
11.25
配当利回り
3.82

次のエベント

Full Year 2020 Barratt Developments PLC Earnings Release

適時開示

その他

Barratt Says Total Forward Sales (Including JVS) At 30 June Of 14,326 Homes

Britain's Barratt Says Directors To Take 20% Pay Cut Amid Virus Outbreak

Barratt Developments Says Group Is Suspending All Existing Financial Guidance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Barratt Developments Plcとは

バラット・デベロップメンツ(Barratt Developments PLC)は、持株会社である。【事業内容】主に土地の取得・開発、住宅用不動産の計画・設計・建設、並びに英国に建設する住宅の販売を行う。住宅建設及び商業開発の2つの事業セグメントで構成される。ブランドには、「Barratt Homes」、「David Wilson Homes」、「Barratt London」が含まれる。「Barratt Homes」は、最初の住宅購入者及び家族に住宅を提供し、イングランド、スコットランド及びウェールズ全域に多種省エネ施設を提供する。Wilson Bowden Developmentsは、商業開発部門であり、小売、レジャー、オフィス、工業及び多目的のスキーム事業を行い、単一サイト、産業開発、オフィスパーク、タウンセンター再生プロジェクト等のプロジェクトを含む。

業種

Construction Services

連絡先

Barratt House

Cartwright Way, Forest Business Park

LE67 1UF

United Kingdom

+44.1530.278278

http://www.barrattdevelopments.co.uk/

エグゼクティブリーダーシップ

John Murray Allan

Non-Executive Independent Chairman of the Board

David F. Thomas

Group Chief Executive, Executive Director

Steven J. Boyes

Deputy Chief Executive Officer, Chief Operating Officer, Executive Director

Jessica White

Chief Financial Officer, Executive Director

Jeremy Hipkiss

Group Sales and Marketing Director

統計

2.06 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

4.7K

2018

4.9K

2019

4.8K

2020(E)

3.5K
EPS (GBp)

2017

60.700

2018

65.970

2019

73.060

2020(E)

44.228
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.06
株価純資産倍率(四半期)
1.07
株価キャッシュフロー倍率
6.80
総負債/総資本(四半期)
5.19
長期負債/資本(四半期)
4.96
投資利益率(過去12カ月)
14.05
自己資本利益率(過去12カ月)
11.01

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(6日)

ジェンリック英住宅相は、住宅市場が持ち直している兆しがある中でも今年の住宅着 工件数が最大40%落ち込む可能性があると述べた。住宅建設のパーシモンとバ ラット・デベロップメンツ、テイラー・ウィンペイは3.7─4.3%下 落した。 一方、保険会社アビバは4.6%高。アジアと欧州事業を縮小する計画が好感 された。上半期の営業利益は23%減少した。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 反落して取引を終えた。配当を停止したスイスの商品取引・資源 大手グレンコアが売られたほか、石油株も値を下げた。市場は米国の新型コロナ ウイルスの追加支援策を注視...

ロンドン株式市場=反落、英中銀見通し受けグレンコアに売り

ジェンリック英住宅相は、住宅市場が持ち直している兆しがある中でも今年の住宅着 工件数が最大40%落ち込む可能性があると述べた。住宅建設のパーシモンとバ ラット・デベロップメンツ、テイラー・ウィンペイは3.7─4.3%下 落した。 一方、保険会社アビバは4.6%高。アジアと欧州事業を縮小する計画が好感 された。上半期の営業利益は23%減少した。 (い)

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 4日ぶりに反発して取引を終え た。金融株が持ち直し、全体水準を押し上げた。ただ新型コロナウイルスの感染件数が世 界的に急増し続ける中、リスク志向は弱く、週間ベースでは落ち込んだ。 FTSE100種は週間で1.01%下落。中型株で構成するFTSE250種指数 は週間で0.66%安となった。 景気刺激策に伴った株価上昇基調は今月、勢いをなくしている。経済指標は景気回復 が一時的であることを示唆しているほか、新型コロナの感染件数が世界的に増えているこ とを受け、新たな封鎖措置が導入され回復が続かない恐れがある。 週間ベース...

ロンドン株式市場=反発、週間ベースはマイナス

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6095.41 +45.79 +0.76 6049.62 ロンドン株式市場は4日ぶりに反発して取引を終えた。金融株が持ち直し、全体水準 を押し上げた。ただ新型コロナウイルスの感染件数が世界的に急増し続ける中、リスク志 向は弱く、週間ベースでは落ち込んだ。 FTSE100種は週間で1.01%下落。中型株で構成するFTSE250種指数 は週間で0.66%安となった。 景気刺激策に伴った株価上昇基調は今月、勢いをなくしている。経済指標は景気回復 が一時的であることを示唆...

欧州株式市場=続落、HSBCとノキア売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 366.48 -2.48 -0.67 368.96 FTSEユーロファース 1428.42 -8.68 -0.60 1437.10 ト300種 ユーロSTOXX50種 3286.09 -35.47 -1.07 3321.56 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。英金融大手HSBCホールディングス<HSBA. L>とフィンランドの通信機器大手ノキアが売られ、全体水準を押し下げた。 HSBCは2.9%安だった。トランプ米大統領の一部のアドバイザー...

欧州株式市場=反落、新型コロナ後の回復期待後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 368.96 -2.25 -0.61 371.21 FTSEユーロファース 1437.10 -8.90 -0.62 1446.00 ト300種 ユーロSTOXX50種 3321.56 -28.47 -0.85 3350.03 欧州株式市場は反落して取引を終えた。米国で新型コロナウイルスの感染件数が急増 しているほか、欧州委員会がユーロ圏の経済見通しを引き下げたことで、新型コロナのパ ンデミック(世界的大流行)後の経済回復に対する期待が後退した。 ドイツの製薬...

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。追加刺激 策への期待から銀行などの景気循環株が買われた。 スナク英財務相が、大半の住宅購入者が不動産税を免除されるように課税最低額を最 大50万ポンド(62万3700ドル)まで引き上げる予定であるとする報道が材料視さ れ、住宅建設のパーシモンとバラット・デベロップメンツ、テイラー・ ウィンペイが買われた。 中国経済の回復が世界経済をけん引するとの期待も追い風となった。 アジアへのエクスポージャーが高い英金融大手HSBCホールディングスは 6.6%高だった。 FTSE350建設・資材株指数は1....

ロンドン株式市場=反発、追加刺激策に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6285.94 +128.6 +2.09 6157.30 4 週明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。追加刺激策への期待から銀行な どの景気循環株が買われた。 スナク英財務相が、大半の住宅購入者が不動産税を免除されるように課税最低額を最 大50万ポンド(62万3700ドル)まで引き上げる予定であるとする報道が材料視さ れ、住宅建設のパーシモンとバラット・デベロップメンツ、テイラー・ ウィンペイが買われた。 中国経済の回復が世界経済をけん引するとの期待も追い...

欧州株式市場=反発、好調な指標や中国経済回復の期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 371.21 +5.78 +1.58 365.43 種 FTSEユーロファー 1446.00 +21.85 +1.53 1424.15 スト300種 ユーロSTOXX50 3350.03 +55.65 +1.69 3294.38 <.STOXX50 種 E> 週明けの欧州株式市場は、約1カ月ぶりの高値に反発した。好調な経済指標が買い材 料となった。中国が新型コロナウイルスによる景気低迷から回復するとの期待から世界的 に株価が上がった。 アジアとの関連が強い英金融大手...

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5752.23 -74.38 -1.28 5826.61 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。石油株が売られ、全体水準を押し下げた 。英小売売上高は新型コロナウイルスの危機による経済への打撃を示した。 米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズが開発中の薬の臨床試験 で、新型ウイルスの重症患者への効果がなかったとの報道から、世界的に市場心理が悪化 した。 FTSE100種 は週間ベースで0.60%下落し、2週連続でマイナスとなった 。今週は原油が前代未聞の...

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。原油高によって石油株が 買われたほか、主要な住宅建設企業が近いうちに建設を再開する兆しを受け、関連銘柄が買われた。 原油相場は週初めの落ち込みから回復し、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBP を押し上げた。 住宅建設のテイラー・ウィンペイは9.4%高だった。より小規模なヴィストリー・グループ<V TYV.L>(旧ボビス・ホームズ)は11.5%上昇した。両社とも向こう2週間のうちに建設を再開する計画 だとの発言が買い材料となった。テイラー・ウィンペイは封鎖期間中、オンラインで住宅販売を続けている...

ロンドン株式市場=続伸、石油と住宅建設銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 5826.61 +55.98 +0.97 5770.63 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。原油高によって石油株 が買われたほか、主要な住宅建設企業が近いうちに建設を再開する兆し を受け、関連銘柄が買われた。 原油相場は週初めの落ち込みから回復し、石油大手のロイヤル・ダ ッチ・シェルとBPを押し上げた。 住宅建設のテイラー・ウィンペイは9.4%高だった。より 小規模なヴィストリー・グループ(旧ボビス・ホームズ)は1 1.5%上昇した。両社とも向こう2週間のうちに...

ロンドン株式市場=反発、原油価格持ち直しで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5770.63 +129.60 +2.30 5641.03 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。原油価格の持ち直しと決算が買い材料と なった。 北海ブレント先物は1999年以来の安値を付けた後、新型コロナウイルス の危機による原油需要の低迷を受け主要な産油国が追加減産するとの見方から、相場が持 ち直した。石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルは6.0%と5. 7%それぞれ上昇した。FTSE350種原油・天然ガス株指数は5.54 %上昇した。 アイルランドの建材大手...

ロンドン株式市場=反落、原油安で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5641.03 -171.80 -2.96 5812.83 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。原油価格の急落によっ て関連銘柄が売られた。新型コロナウイルスによる経済への打撃を巡る 不安が高まった。 米原油先物市場では前日、5月物が初めて1バレル=マイナ ス40ドルを付けた。新型ウイルスの感染拡大で原油需要が激減する中 で在庫が増え、保管スペースが枯渇している。前日は異例な動きと捉え られたが、21日も北海ブレント先物と米原油先物の6月物が 値下がりし、需要...

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 不安定な相場展開の末、小幅に 続伸して取引を終えた。生活必需品や製薬などのディフェンシブ銘柄が買われた。ただ原 油価格の急落や企業決算に対する不安から上昇幅は限定的だった。 日用品のユニリーバとレキット・ベンキーザーは4.6%と4.0% それぞれ上昇した。製薬のアストラゼネカは1.9%高だった。 一方、原油安に伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは2 .0%と0.4%それぞれ下落した。 先週は各国が徐々に経済活動を再開させる兆しを受け、終盤にかけて株価が上がった 。週明け20日は、軟調な決算や経済指標が不安視...

ロンドン株式市場=小幅続伸、ディフェンシブ株が下支え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5812.83 +25.87 +0.45 5786.96 週明けロンドン株式市場は不安定な相場展開の末、小幅に続伸して 取引を終えた。生活必需品や製薬などのディフェンシブ銘柄が買われた 。ただ原油価格の急落や企業決算に対する不安から上昇幅は限定的だっ た。 日用品のユニリーバとレキット・ベンキーザーは4 .6%と4.0%それぞれ上昇した。製薬のアストラゼネカは 1.9%高だった。 一方、原油安に伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル とBPは2.0%と0.4%それぞれ...

ロンドン株式市場=反落、インペリアル・ブランズ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7436.64 -20.38 -0.27 7457.02 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。日中はプラス圏で取引されたものの、配 当落ちしたたばこのインペリアル・ブランズなどが売られ、終盤にかけて落ち込 んだ。 韓国で新型コロナウイルスの感染者が急増したことで市場心理が悪化したことも相場 の重しだった。 インペリアル・ブランズは7.3%下落した。同じく配当落ちした製薬大手グラクソ ・スミスクライン(GSK)と日用品のユニリーバは1.7%と0.6 %それぞれ下落...

欧州市場サマリー(19日)

アナリストの間からは方向感に欠く展開との指摘も聞かれた。DZバンクの金利スト ラテジスト、レネ・アルブレヒト氏は、顧客が「より大幅な利回りの上昇を待つ間、買い を控えている」と指摘し、「市場参加者の誰もが方向感を求めている」と述べた。 独10年債利回りは一時マイナス0.42%まで低下して前日の2週間 ぶり低水準に迫ったものの、その後は戻し、終盤には横ばいのマイナス0.414%で推 移した。 仏10年債利回り、スペイン10年債利回りもほぼ変わらず 。 イタリア10年債利回りは0.926%、ギリシャ10年債利回り<GR10 YT=RR>も0...

ロンドン株式市場=反発、住宅建設銘柄が高い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7457.02 +75.01 +1.02 7382.01 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。投資判断の引き上げが好感された住宅建 設銘柄が買われた。新型コロナウイルスの中国での感染件数の伸びは減速し、懸念が和ら いだ。 FTSE350種住宅建設株指数は1.62%上昇して過去最高値。個 別銘柄ではバークレー・グループが2.1%上昇し、最高値となった。バラット ・デベロップメンツとパーシモン、テイラー・ウィンペイは0. 9─1.9%上昇した。住宅建設部門は、英国...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up