for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank Danamon Indonesia Tbk PT

BDMN.JK

現在値

2,460.00IDR

変化

-40.00(-1.60%)

出来高

1,004,000

本日のレンジ

2,450.00

 - 

2,500.00

52週レンジ

1,620.00

 - 

4,510.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,500.00
始値
2,500.00
出来高
1,004,000
3か月平均出来高
56.17
高値
2,500.00
安値
2,450.00
52週高値
4,510.00
52週安値
1,620.00
発行済株式数
9,773.55
時価総額
23,802,510.00
予想PER
--
配当利回り
7.62

次のエベント

Full Year 2020 Bank Danamon Indonesia Tbk PT Earnings Release

適時開示

その他

Japan's MUFG "cautiously optimistic" about regulator approval for Danamon stake

Temasek Issues Statement On Sale of Stake In Indonesia's Bank Danamon

Mitsubishi UFJ Financial Group Seeks To Take A 73.8 Pct Stake In Indonesia's Bank Danamon

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank Danamon Indonesia Tbk PTとは

バンク・ダナモン・インドネシア(PT Bank Danamon Indonesia Tbk)は主に小売銀行事業に従事するインドネシアを拠点とする金融機関である。【事業内容】同社は3つの事業区分により構成される。小売事業は無担保個人ローン、住宅ローン、クレジットカード発行、保険ビジネス、消費者金融および質屋サービスなど小売銀行サービスを含む。中規模事業は、中小企業に対し、毎年更新するオプション付きの運転資本目的の短期借入金である当座貸越ファシリティを含む多様な商業銀行サービスを提供する。卸売事業は、現金管理、運転資本要件、投資ローン、取引金融および金融サプライチェーンなどの多様な法人銀行、金融機関及び財務サービスの提供を行う。

業種

Regional Banks

連絡先

Menara Bank DanamonJl. HR. Rasuna Said

Blok C No 10Kel. Karet, Kec. Setiabudi

12920

Indonesia

+62.21.80645000

http://www.danamon.co.id/

エグゼクティブリーダーシップ

Takayoshi Futae

President Commissioner

Yasushi Itagaki

President Director

Johanes Berchmans Kristiadi Pudjosukanto

Independent Vice President Commissioner

Honggo Widjojo Kangmasto

Vice President Director

Michellina Laksmi Triwardhanny

Vice President Director

統計

2.80 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, IDR)

2017

18.5K

2018

17.9K

2019

18.4K

2020(E)

18.5K
EPS (IDR)

2017

348.110

2018

409.210

2019

416.780

2020(E)

215.395
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.00
株価純資産倍率(四半期)
0.56
株価キャッシュフロー倍率
6.26
総負債/総資本(四半期)
49.72
長期負債/資本(四半期)
30.85
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.60

最新ニュース

最新ニュース

次世代金融構築へグラブと協業、商銀買収「想定せず」=MUFG社長

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>の亀沢宏規社長は13日までにロイターのインタビューに応じ、今年2月に資本業務提携した東南アジアの配車サービス大手グラブとの協業で「次世代金融サービスに挑戦したい」とあらためて強調した。商業銀行の新たな買収に関しては「現時点で想定していない」とし、インドネシア子会社のバンクダナモン<BDMN.JK>など既存出資先との提携効果を追求する考えも述べた。

メガバンク決算、新型コロナで与信費用1兆円超 今期減益圧力に

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>など大手銀行3グループの2020年3月期連結決算は、傘下銀行の株価低迷や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>を除く2グループが最終減益となった。取引先企業の業績悪化に備えた3グループの与信関係費用は計1兆円を超える見通しで、21年3月期の新たな減益要因となる。

ホットストック:三菱UFJは軟調、減損3600億円 東南アジア子会社の株価低迷で

三菱UFJフィナンシャル・グループは軟調。31日、インドネシア子会社のバンクダナモンやタイのアユタヤ銀行の株価低迷などで約3600億円の減損損失を計上すると発表し、嫌気されている。2020年3月期の連結決算(日本基準)で「のれん」の一括償却による特別損失を計上する。

MUFG、ダナモンやアユタヤ銀株などで減損3600億円

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>は31日、インドネシア子会社のバンクダナモン<BDMN.JK>やタイのアユタヤ銀行<BAY.BK>の株価低迷などで約3600億円の減損損失を計上する、と発表した。2020年3月期の連結決算(日本基準)で「のれん」の一括償却による特別損失を計上する。

MUFG、20年3月期連結純利益目標を7500億円に引き下げ

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>は4日、2020年3月期の連結純利益目標を引き下げると発表した。インドネシア子会社のバンクダナモン<BDMN.JK>の株価低迷に伴う措置で、当初掲げた9000億円から7500億円に見直す。

MUFG、インドネシア子会社株で減損2074億円

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>は30日、インドネシア子会社のバンクダナモン<BDMN.JK>の株価低迷で2074億円の減損損失を計上すると発表した。2020年3月期第3四半期の連結決算(日本基準)で「のれん」の一括償却による特別損失を計上する。

東南アジア株式・引け=景気懸念で大半が下落、バンコクは海外勢の買いで上昇

東南アジア株式市場は大半の市場が下落して引けた。中国の低調な経済統計で、勢いに欠ける世界経済成長への懸念が強まった。バンコク市場は海外資金流入に押し上げられ、6市場で唯一上昇した。

東南アジア株式・午前=大半が下落、中国の弱い経済指標を嫌気

3日午前の東南アジア株式市場は大半が下落。中国のさえない経済指標を受け、世界経済の減速懸念が広がった。

東南アジア株式・引け=ホーチミンなど上昇、欧越の自由貿易協定に期待

26日の東南アジア株式市場ではホーチミン市場が上昇。欧州連合(EU)とベトナムの自由貿易協定(FTA)が6月末までに署名される見通しが示されたことが好感された。一方、1ー3月期の米国内総生産(GDP)の発表を前に、東南アジア市場が全般に薄商いとなる中、バンコク市場は下落した。

再送-インドネシア当局、規制上限超えるMUFGのダナモン取得を承認へ

インドネシア金融サービス庁(OJK)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)に対し、バンクダナモン株73.8%の取得を承認することを確認した。外資系のインドネシア企業買収として最大規模となる。

MUFG、ダナモン銀の出資40%に引き上げ 最終的に73.8%目指す

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>は31日、インドネシアのダナモン銀行<BDMN.JK>の株式20.1%を取得し、出資比率を40%に引き上げることで現地当局から認可を得たと明らかにした。

インドネシア当局、MUFGによるダナモン銀出資比率引き上げを承認

インドネシア金融庁(OJK)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)に対し、ダナモン銀行への出資比率の引き上げを承認した。MUFGが31日、発表した。

東南アジア株式・引け=堅調、フィリピン・ジャカルタは最高値

東南アジア株式市場は堅調。世界経済の見通し改善や、コモディティ―価格高を背景に幅広く値を上げ、マニラ株とジャカルタ株は過去最高値で引けた。

東南アジア株式・中盤=上昇、ジャカルタは最高値

中盤の東南アジア株式市場は上昇。ジャカルタ市場は史上最高値を記録したほか、クアラルンプール市場は3カ月半ぶり高値を付けた。

東南アジア株式・引け=上昇、ジャカルタは史上最高値

東南アジア株式市場の株価は上昇。原油や銅の相場急伸が、アジア市場全般の株価を押し上げた。ジャカルタ市場は史上最高値を付けた。

東南アジア株式・中盤=上昇、ジャカルタ過去最高値

中盤の東南アジア株式市場は、原油や金属の価格上昇を背景にアジア市場全体と歩調を合わせて上昇している。ジャカルタ市場は過去最高値を付けた。

三菱UFJ銀、インドネシアの銀行に4割出資検討 2000億円規模=関係筋

三菱東京UFJ銀行は、インドネシアの商業銀行、ダナモン銀行に4割出資し、持ち分法適用会社にする検討に入った。出資額は2000億円規模になる見通し。今後、資産査定を開始し、年内の基本合意、2018年度中の出資を目指す。関係筋が9日、明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up