for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bunge Ltd

BG.N

前日終値

55.05USD

変化

-0.35(-0.63%)

出来高

209,483

本日のレンジ

54.53

 - 

55.34

52週レンジ

47.29

 - 

69.20

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
55.40
始値
55.23
出来高
209,483
3か月平均出来高
21.11
高値
55.34
安値
54.53
52週高値
69.20
52週安値
47.29
発行済株式数
141.56
時価総額
7,842.25
予想PER
16.62
配当利回り
3.61

次のエベント

Q3 2019 Bunge Ltd Earnings Call

適時開示

その他

Bunge Expects To Record Pre-Tax Restructuring Charges With Relocation Of Global HQ In Range Of $35 Mln To $45 Mln

Bunge Declares Regular Quarterly Cash Dividend Of $0.50 Per Common Share

Bunge Reports Second Quarter GAAP Earnings Per Share Of $1.43

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bunge Ltdとは

ブンゲ(Bunge Limited)は持株会社であり、子会社を通じて事業を展開する。【事業内容】同社は圃場から消費者食品まで農業・食品関連事業を一貫して行う。同社は農業関連、砂糖・バイオエネルギー、食用油製品、製粉製品及び肥料の5つをセグメントとする。平成25年8月、Yara International ASAは同社のブラジルにおける肥料事業を買収完了した。農業関連セグメントは農産物及びコモディティ商品について購買、貯蔵、輸送、加工及び販売を一貫してグローバルに行う。砂糖バイオエネルギー・セグメントは砂糖及び砂糖黍から作るエタノールを生産・販売する。食用油製品セグメントはパッケージ・オイル及びバルク・オイル、ショートニング、マーガリン、マヨネーズ等植物油精製プロセスから由来する製品を提供する。平成25年12月、同社はGrupo Altex, S.A. de C.V. (Altex)を取得した。

業種

Food Processing

連絡先

50 Main St Fl 6

+1.914.6842800

https://www.bunge.com

エグゼクティブリーダーシップ

L. Patrick Lupo

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Gregory A. Heckman

Chief Executive Officer, Director

John W. Neppl

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christos Dimopoulos

President - Global Supply Chains

Raul Padilla

President - Global Operations

統計

2.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

42.9K

2017

45.8K

2018

45.7K

2019(E)

44.0K
EPS (USD)

2016

4.670

2017

1.940

2018

2.720

2019(E)

3.438
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.39
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.18
株価純資産倍率(四半期)
1.26
株価キャッシュフロー倍率
6.97
総負債/総資本(四半期)
100.27
長期負債/資本(四半期)
63.80
投資利益率(過去12カ月)
4.41
自己資本利益率(過去12カ月)
2.57

最新ニュース

最新ニュース

イラン沖で穀物100万トンが陸揚げ足止め、米制裁で支払い遅延

イランの港湾沖で、計20隻以上の貨物船が総量約100万トンの輸入穀物を積んだまま足止めされている。米国の対イラン制裁で支払い遅延が生じているためだ。貿易に直接関わる複数の関係者が明らかにした。

アングル:トランプ氏の対中貿易戦争、「勝ち組」と「負け組」

米企業は半導体からトラクターまであらゆる業種が、対中通商紛争や鉄鋼関税引き上げなどトランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争の影響を受けたと説明している。

中国、米産大豆輸入を1月再開へ 関税撤廃は不明=米農務長官

パーデュー米農務長官は3日、中国が米中貿易摩擦貿を背景に停止していた米国からの大豆輸入を年明けにおそらく再開するとの認識を示した。

アングル:米中間選挙、影響を受けるトランプ政策と注目銘柄

6日の中間選挙の結果は今後の米政府政策に幅広い影響を及ぼし、その波紋はヘルスケアからハイテク、刑務所運営会社までさまざまな業種に広がりそうだ。

貿易戦争で下落の米国産大豆、非中国勢が相次いで買い付け

米中貿易戦争を背景に米国産大豆が値下がりしていることを受け、中国以外の輸入国が相次いで米国産大豆の買い付けに動いている。

アングル:米中貿易戦争でひと儲け、人気の「空売り銘柄」は

貿易を巡る米中対立がエスカレートし、米国株式市場には激震が走ったかもしれないが、一部投機筋は全面的な貿易戦争にさらされる米企業に対する絶好の空売り機会だと捉えている。

米税制改革、穀物商社が影響を懸念 農家には恩恵も

米国では税制改革の導入で、国内の穀物供給を巡る農協の支配力が強まるとみられている。このため、民間の穀物商社などの間では、穀物調達の競争から締め出されるとの懸念が広がっている。

東南アジア株式・引け=マニラ最高値で終了、バンコクは約24年ぶり高値

14日の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場が1%超上昇し、終値ベースで史上最高値を付けた。工業株と不動産株が上昇を主導した。

今週の米株はFOMCや雇用統計に注目、アップルなど決算目白押し

5月1日からの週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米雇用統計、アップルやフェイスブックの決算など米株式市場の注目材料が目白押しだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up