for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BHP Group Ltd

BHP.AX

現在値

36.87AUD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

33.73

 - 

54.55

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
36.87
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
165.35
高値
--
安値
--
52週高値
54.55
52週安値
33.73
発行済株式数
5,057.04
時価総額
186,408.20
予想PER
6.83
配当利回り
10.68

次のエベント

Q1 2022 BHP Group Ltd Operational Review

適時開示

その他

BHP Group Says Long-Term Goal Is To Achieve Net Zero Operational Emissions By 2050

Noront Resources Affirms Its Support Of BHP Offer & Continues To Recommend Shareholders Accept Offer

BHP To Await Noront Response To Wyloo Proposal Before Determining Next Steps - Spokesperson

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BHP Group Ltdとは

BHPグループ(BHP Group Ltd)は、グローバルなリソース企業である。【事業内容】銅とウラン、銅精錬所、銅精錬所、貴金属など、各種な商品の生産者である。4つの事業セグメントを通じて運営する。石油セグメントは、石油とガスの探査・開発・生産を行う。銅セグメントは、銅、銀、亜鉛、モリブデン、ウラン、金の採掘を行う。鉄鉱石セグメントは、鉄鉱石の採掘を行う。石炭セグメントは、冶金石炭とエネルギー炭の採掘を行う。主にオーストラリアと南北アメリカにある生産事業から鉱物、石油、ガスを抽出・処理する。事業には、鉱物オーストラリア、鉱物アメリカ、石油が含まれる。

業種

Metal Mining

連絡先

Shop 16 171 Collins St

MELBOURNE, VIC

3000

Australia

+61.3.00554757

https://www.bhp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth Norman Mackenzie

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Mike Henry

Chief Executive Office, Executive Director

David Mark Lamont

Chief Financial Officer

Edgar Basto Baez

President - Minerals Australia

Geraldine Slattery

President - Petroleum

統計

2.31 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

44.3K

2020

42.9K

2021

60.8K

2022(E)

65.7K
EPS (USD)

2019

1.823

2020

1.787

2021

3.370

2022(E)

4.030
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.34
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.24
株価純資産倍率(四半期)
2.71
株価キャッシュフロー倍率
6.71
総負債/総資本(四半期)
40.93
長期負債/資本(四半期)
35.80
投資利益率(過去12カ月)
15.39
自己資本利益率(過去12カ月)
12.53

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [28日 ロイター] - 中国株式市場は上昇して終了した。中国人民銀行(中央銀 行)が住宅市場の影響から消費者を守る姿勢を示したことを好感し、不動産株が買われた 。 住宅市場にさらされている消費者を保護すると人民銀が表明し、銀行システムに流動 性を供給したことから不動産指数は5.6%高と急伸した。 不動産株の上昇を受けて銀行株指数は1.8%高となった。 中国国家統計局が28日に発表した8月の工業部門企業利益は、前年同月比の伸びが 6カ月連続で鈍化した。コモディティー(商品)価格高や厳しいエネルギー...

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [27日 ロイター] - ソウル株式市場は反発。外国人投資家は8営業日連続で買い越している。た だ、中国不動産開発大手の中国恒大集団の債務問題に対する懸念から上値は抑えられた。 主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が0.52%高、同業のSKハイニックス<000660 .KS>が1.44%高。電池メーカーのLG化学は0.26%安、IT大手ネイバー は横ばい。 北朝鮮の開城工業団地に事業所を置く服飾メーカーのシンウォンは15%高と急上昇して いる。週末に南北朝鮮の協力関係への期待が高まった。 アーティスト・カンパニー...

アジア株式市場サマリー:引け(24日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [24日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。フィリピン市場は中央銀行のハト派的姿勢 を受け4日続伸した。 シンガポール市場は下落。新型コロナウイルスの1日当たり感染者が過去最多となった。 シンガポールでは人口の80%がワクチン接種済みだが、規制を一部緩和後に感染が急拡大したため、 さらなる経済再開ができないでいる。 中国株式市場は反落して引けた。生活必需品株が値上がりしたが、素材株が下落した。 中国の不動産開発大手、中国恒大集団が社債の利払いをできなかったことを受けて、不動産 株も売られた...

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

ソウル株式市場の株価は反発。中国不動産開発大手・中国恒大集団 の債務危機が世界各地の金融市場に波及するかもしれないという投資家の不安が後退した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子と同業SKハイニックスがほぼ横ばい 。LG化学は0.26%安。一方、インターネット検索大手のネイバーは1.38 %高と買われている。 ケープ投資証券のアナリストは、恒大の債務危機をめぐる警戒感が和らぎつつある様子で、リスク選好 の地合いが戻ったようだと分析した。 海外勢は169億ウォン(約1436万ドル)相当の買い越し。 シドニー株式市場の株価は反落した。金塊...

アジア株式市場サマリー:中盤(22日)

ソウル株式市場は、中秋節のため休場。取引は23日に再開される。 午前のシドニー株式市場のは反落。大型の銀行株や、銅相場安を受けた鉱業株の下落が重しとなった。 エネルギー株やIT株、産金株は上昇しており、下げ幅は限定的。 前日の銅相場は中国恒大集団の債務問題をめぐる懸念の高まりを背景に続落し、1カ月ぶり 安値を付けた。 鉱業株指数は0.4%安。電池用金属探査・開発のライオンタウン・リソーシーズが 2.3%安と下落を主導。凍金用石炭生産のコロナド・グローバル・リソーシズは2.01%安。 BHPグループ、リオ・ティント、フォーテスキュー・メタルズ...

アジア株式市場サマリー:引け(21日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [21日 ロイター] - 東南アジア株式市場の株価は、おおむね上昇して引けた。 ジャカルタ市場の総合株価指数は0.26%安で終了。インドネシア中央銀行が成長 目標を確認し、政策金利を史上最低水準に据え置いた後、下げ幅を縮小した。中銀はまた 、米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和縮小)の影響が、2013 年の「テーパー・タントラム(緩和縮小をめぐる市場の混乱)」ほど深刻にはならないと の認識を示し、警戒感の緩和を図った。 その他の域内市場は、中国不動産開発大手・中国恒大集団の債務問題...

アジア株式市場サマリー:引け(20日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [20日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、薄商いの中、軒並み下落。 インドネシア市場は一時は下落率が1%を上回った。インドネシア中央銀行は21日に開く会合で、主 要政策金利を据え置くと予想されている。 マレーシア市場も下落。汚職で有罪判決を受けたナジブ元首相が19日、ロイターに対し、議員再選を 目指す可能性を排除しない姿勢を示したことから、マレーシア国内のさらなる政治不安への懸念が広がった 。 フィリピン市場も中銀の政策決定を控え下落。中銀は金融政策を緩和的に保つと明言しているものの、 オランダ...

アジア株式市場サマリー:引け(17日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [17日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。観光業への依存度が高いタイは、首都バン コクの外国人旅行客受け入れ再開が延期されるとの報道を受け下落した。 バンコク・ポスト紙は16日、タイのピパット観光相がバンコクの外国人受け入れ再開を2週間延期す べきだと発言したと報じた。 みずほ銀行のアナリストはノートで「タイは不安定な政情、パンデミック(世界的大流行)脱却に向け た不透明な道筋、迅速な政策遂行の限界から引き続き圧力を受けている」と分析。「新型コロナ感染者はピ ーク時から減っているものの...

アジア株式市場サマリー:中盤(16日)

ソウル株式市場の株価は5営業日ぶりに反落。大手ハイテク企業の下落が響いた。 総合株価指数(KOSPI)は一時、0.15%高を付けた。 主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が0.78%安、同業のSKハイニックス<000660 .KS>が2.79%安と下げを主導。メッセージアプリ運営のカカオは0.82%安、電池メー カーのサムスンSDIは4.93%安。 また、車載電池メーカーのSKイノベーション(SKI)は3%超安。同社は、バッテリ ー事業を新会社に分離する提案を株主が承認したと発表した。 外国人投資家は1567億ウォン(約1億3400万ドル...

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落。中国の経済指標は経済活動の低迷を示す さえない内容で、世界の景気回復に懸念が強まり、リスク選好が後退した。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は一時2週間ぶりの安値。同国で14日報告 された新型コロナウイルスの新規感染者数は、2020年8月以来の多さだった。 最近のコロナ感染拡大は封じ込め策の緩和が影響していることから、経済活動再開を止める動きも出て いる。 メイバンクのアナリストらは顧客向けノートで、「コロナの最終的な政策目標...

アジア株式市場サマリー:中盤(15日)

ソウル株式市場は4営業日続伸。世界的な景気回復鈍化の懸念が広がっているものの、ハイテク大手株 の上昇が寄与した。ただ、来週の祝日を前に、積極的な取引は手控えられた。 主要銘柄のうち、半導体大手サムスン電子は0.65%高。インターネット検索大手ネイ バーは0.37%高、メッセージアプリ運営のカカオは0.81%高。 8月の米消費者物価指数(CPI)はコア指数の上昇率は6カ月ぶりの低水準となり、インフレはピー クを迎えたもよう。中国の鉱工業生産と小売売上高の伸びは鈍化し、世界経済減速に対する懸念が高まって いる。 外国人投資家は633億ウォン...

顧客のCO2排出、2050年までの実質ゼロ目指す=BHP

英豪系資源大手のBHPグループは14日、顧客の鉄鋼メーカーと協力して二酸化炭素(CO2)の排出削減を進め、顧客の事業から排出されるCO2を2050年までに実質ゼロにすることを目指すと表明した。

アジア株式市場サマリー:引け(9日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [9日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、景気回復ペースをめぐる懸念から軟 調に推移して引けた。クアラルンプール市場は、マレーシア中央銀行が政策金利を予想通 り据え置く中、1カ月超ぶりの大きな下落率となった。 アジア市場全体が前日のニューヨーク市場の下落に追随した。新型コロナウイルスの デルタ株が景気回復を妨げるとの懸念から慎重ムードが強かった。中国当局による規制強 化の動きも圧迫材料だった。 マレーシア中銀は政策金利を史上最低の1.75%で据え置いた。ワクチン接種進展 による景気加速に期待を...

アジア株式市場サマリー:中盤(8日)

午前のソウル株式市場は続落。規制リスクが意識され、メッセージアプリ運営のカカオやインターネッ ト検索大手ネイバーといった主力ハイテク株が下げた。また、韓国国内で新型コロナウイルスの感染が広が る中、景気回復が遅れるリスクも嫌気された。 カカオは9.7%安、ネイバーは6.41%安。LG化学は0. 13%安。一方、半導体大手のサムスン電子は0.13%高、同業のSKハイニックス<000660 .KS>は1.44%高。 海外勢は2936億ウォン相当の売り越し。 ミラエ・アセット・セキュリティーズのアナリストは、このところの騰勢が落ち着きつつあり...

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

午前のソウル株式市場は下落。主力のハイテク銘柄が引き下げた。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子と同業SKハイニックスがそれぞ れ1.55%安、0.94%安となり、全体の下げをけん引した。IT大手ネイバーとメッセ ージアプリ運営のカカオも1.43%と、0.96%下げた。 外国人投資家は1399億ウォン(約1億2081万ドル)相当の売り越し。 午前のシドニー株式市場は、ほぼ横ばい。オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の9月の政策 決定会合を控え、投資家が模様眺めの姿勢を取った。ロックダウン(都市封鎖)が実施される半面、当局は...

米石油生産再開に遅れ、政府はガソリン供給維持へ緊急備蓄放出

先週末にハリケーン「アイダ」が襲った米メキシコ湾岸の石油施設では2日、稼働再開に向けた作業が続けられた。被害状況が明らかになる中、ホワイトハウスは原油の緊急備蓄の放出を承認した。

アジア株式市場サマリー:引け(2日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [2日 ロイター] - 東南アジア株式はまちまち。市場は3日の米雇用統計待ち。 メイバンクのアナリストは「インドネシア、タイ、マレーシアは新型コロナウイルス の1日当たりの新規感染者数の増加が一時的に減少または横ばいになった。一方でフィリ ピンでは感染はまだ拡大傾向だ」と指摘した。 タイではコロナ感染拡大の脅威が残る中、当局がコロナ対策の移動制限措置の解除を 開始。インドネシアとタイは、新規感染者数の減少を受けてそれぞれコロナ制限措置の緩 和を始めた。 中国株式市場は上海総合指数が上昇して終了した...

シドニー外為・債券市場=豪ドル3週間ぶり高値、ワクチン接種が進展

オセアニア外国為替市場の豪ドルは、3週間ぶりの高値付近。新型コロナウイルスワクチンの接種が進展していることや、最近発表された良好な経済指標を受けて、厳格な行動制限措置が数週間以内に緩和されるとの期待が浮上している。

アジア株式市場サマリー:中盤(2日)

ソウル株式市場の株価は5営業日ぶり反落。投資家は米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング (量的緩和縮小)開始時期の手掛かりとして米雇用総計の発表を待っている。 総合株価指数(KOSPI)は大型IT株に押された。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.04%安、同業のSKハイニックス<00 0660.KS>は1.39%安。IT大手ネイバーは0.34%安。 インターネット専業銀行のカカオ銀行は8%超急落。 投資家は3日の米雇用統計で発表される非農業部門就業者数に注目している。パウエルFRB議長は先 週、雇用の回復はテーパリング...

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [1日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して取引を終えた。アジア では新型コロナウイルス感染再拡大のため、8月の製造業PMIの多くが勢いを欠いてお り、域内最大の取引相手国である中国でも2020年8月以来となる景気の縮小が示され た。 中国株式市場は上昇して引けた。8月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が さえなかったことで、政策への期待が浮上した。生活必需品、不動産、金融、インフラセ クターが上げを主導した。 不動産株指数は5.5%急伸。ロイターは前日、中国の一部の大手銀行...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up