for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BHP Group Ltd

BHP.AX

現在値

36.20AUD

変化

-1.97(-5.16%)

出来高

15,642,244

本日のレンジ

36.20

 - 

37.18

52週レンジ

35.56

 - 

53.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
38.17
始値
37.18
出来高
15,642,244
3か月平均出来高
226.13
高値
37.18
安値
36.20
52週高値
53.72
52週安値
35.56
発行済株式数
5,061.27
時価総額
193,362.40
予想PER
5.76
配当利回り
12.14

次のエベント

Q1 2023 BHP Group Ltd Operational Review

適時開示

その他

ACCR Files 2 Shareholder Resolutions With BHP For Climate Advocacy

BHP Gets Climate-Related AGM Resolutions To Consider From At Least 100 Shareholders

BHP Names Edgar Basto As COO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BHP Group Ltdとは

BHPグループ(BHP Group Ltd)は、オーストラリアに本拠を置く資源会社である。【事業内容】鉄鉱石、銅、ニッケル、ポタッシュ、冶金用石炭(製鉄用)などを生産する。銅は再生可能エネルギーに、ニッケルは電気自動車に、カリは持続可能な農業に、鉄鉱石と石炭は世界のインフラとエネルギー転換に必要な鉄鋼にと、多様な資源を提供することに重点を置く。3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。銅セグメントでは、銅、銀、亜鉛、モリブデン、ウラン、金の採掘を行う。鉄鉱石セグメントは、鉄鉱石の採掘を行う。石炭セグメントは、冶金用石炭及びエネルギー用石炭の採掘を行う。オーストラリア、欧州、中国、日本、インド、韓国、その他のアジア、北米、南米を含む約90の地域に所在する。

業種

Metal Mining

連絡先

Shop 16 171 Collins St

MELBOURNE, VIC

3000

Australia

+61.3.00554757

https://www.bhp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth Norman Mackenzie

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Mike Henry

Chief Executive Office, Executive Director

David Mark Lamont

Chief Financial Officer

Edgar Basto Baez

President - Minerals Australia

Geraldine Slattery

President - Petroleum

統計

2.45 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

42.9K

2021

60.8K

2022

65.1K

2023(E)

56.7K
EPS (USD)

2020

1.787

2021

3.370

2022

4.204

2023(E)

3.156
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.35
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.97
株価純資産倍率(四半期)
2.85
株価キャッシュフロー倍率
4.44
総負債/総資本(四半期)
36.54
長期負債/資本(四半期)
30.71
投資利益率(過去12カ月)
27.55
自己資本利益率(過去12カ月)
21.95

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:中盤(26日)

午前のシドニー株式市場の株価は続落し、一時約3カ 月ぶりの安値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が高インフレの抑え込みに向け てタカ派的な金融政策スタンスを維持する中、世界経済が減速するとの懸念から、リスク の高い資産への投資が控えられている。 S&P/ASX200指数は0022GMT(日本時間午前9時22分)ま でに一時、前週末終値比1.9%下げ、6月21日以来の安値を記録した。 FRBは先週、3回連続の0.75%利上げを決め、追加引き上げの必要性を示した 。これを受けて市場では景気減速懸念が広がり、投資家の間でポジションを見直...

アジア株式市場サマリー:中盤(21日)

午前のソウル株式市場の株価は反落した。投資家は米連邦 公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定に注目している。 総合株価指数(KOSPI)は一時1.05%安と、日中ベースで7月15日以来、 約2カ月ぶりの安値を付けた。 米連邦準備理事会(FRB)はFOMCで少なくとも0.75%利上げすると見込ま れている。FOMCの結果は21日発表される。 サムスン証券のアナリストは「利上げ自体より、FRBの政策スタンスの方が重要だ 。さまざまな解釈が考えられるためで、株式市場では先行き不透明感が強い」と分析した 。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子...

アジア株式市場サマリー:中盤(20日)

午前のソウル株式市場の株価は前日の米国市場に追随して 反発した。ただ今週想定されている米連邦準備理事会(FRB)による大幅利上げに対す る警戒感から、上値は限定された。 総合株価指数(KOSPI)は一時は1.14%高まで上昇した。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは「FRBの政 策決定の前に本格的な反発は期待できないだろう。結果次第で下振れリスクが強まる可能 性がある」と指摘した。 FRBは21日、少なくとも0.75%利上げすると予想されいる。この先の政策見 通しについても注目されている。 主要銘柄のうち、...

アジア株式市場サマリー:引け(16日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [16日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落した。  前日、過去最高値を付けていたインドネシア市場も下げた。マレーシア市場は祝日で休場。 ソウル株式市場は3日続落。米連邦準備制度理事会(FRB)の積極利上げ観測が高まった。 総合株価指数(KOSPI)は週間で0.06%安と、5週続落。 8月の米小売売上高が予想を上回りプラスに転じたほか、最新の米週間新規失業保険申請件数が減少し たため、FRBは積極的な金融引き締めを継続するとの見方が強まった。 シドニー株式市場は反落。鉄鉱石相場安を背景...

アジア株式市場サマリー:中盤(16日)

午前のソウル株式市場は、米国の積極利上げ観測が高まり 、3日続落している。 8月の米小売売上高がプラスに転じ、市場予想を上回ったほか、最新の米週間新規失 業保険申請件数が減少したため、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを 継続するとの見方が強まった。 シドニー株式市場は反落している。米国の経済指標が市場予想より堅調だったことか ら、米連邦準備理事会(FRB)が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅な利 上げを決めるとの警戒感が強まった。 金融株を除く全セクターがマイナス圏で取引されている。エネルギー株指数 は2%安。...

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。ジャカルタ市場の総合株価指数は0.38%高。一 時過去最高値を付けた。 インドネシアでは世界的なコモディティー価格の高騰を背景に輸出が急増。経済の回 復力を高めており、株式市場にも反映されている。同国は2020年5月以降、貿易黒字 を毎月計上している。 ジャカルタのトリメガ・セキュリティーズのエコノミストは「石炭輸出国であるイン ドネシアは、欧州エネルギー危機の恩恵を受けている」と述べた。 中国株式市場は下落して取引を終えた。新エネルギー株が...

アジア株式市場サマリー:中盤(15日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。米国市場で株高とな った流れを受けた。一方で来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に不透明感が高 まり、上値は限定的となった。 総合株価指数(KOSPI)は前日には1.6%下落していた。 8月の米卸売物価指数が2カ月連続で低下したことで、消費者物価の上昇が予想より 早まるのではないかとの投資家の懸念が緩和された。 新韓金融投資のアナリストは、来週のFOMCまで大きな発表はないため、市場心理 は落ち着いたものとなったと分析した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.35%安。同業SK ハイニックス...

アジア株式市場サマリー:引け(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [14日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。前日発表された米消費者物価指数(C PI)が市場予想を上回る伸びとなったことで、連邦準備理事会(FRB)による大幅利 上げが続く可能性があるとの見方が広がった。 中国株式市場は3週間ぶりの大幅安。米消費者物価指数(CPI)統計を受けて米連 邦準備理事会(FRB)の積極利上げ観測が強まり、資本流出に対する懸念が浮上した。 香港株式市場は2カ月ぶりの大幅安となった。 南華先物の株価指数先物アナリスト、王夢穎氏は「夜間の米国市場急落は中国...

リオ・ティントと宝鋼、豪州で鉄鉱石開発へ 投資額20億ドル

[14日 ロイター] - 英豪系資源大手リオ・ティントは14日、最大の顧客である中国宝鋼集団と西オーストラリア州で鉄鉱石開発プロジェクトに乗り出すと発表した。両社による投資額は20億ドルを見込む。

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [14日 ロイター] - ソウル株式市場は反落し、2%超下げている。前日に発表された8月の米消 費者物価指数(CPI)上昇率が予想を上回ったことを受け、米国市場で株安となった流れに追随した。 サムスン証券のアナリストは、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)後、インフレが数カ月間市場 に影響を及ぼし続けるとの見方が投資家の間で広がっていると話した。  主要銘柄では、半導体大手サムスン電子が2.75%安、同業SKハイニックス<000660.KS >が3.06%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション...

アジア株式市場サマリー:中盤(13日)

連休明けのソウル株式市場は続伸し、上げ幅は2%を超え た。半導体銘柄が押し上げ、連休中に上伸したニューヨーク株に追随した。 半導体大手サムスン電子とSKハイニックスはともに7月中 旬以来となる3%超の大幅な伸びで、相場全体をけん引した。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは1.64%高、サムス ンSDIは4.55%高だった。 外国人投資家は1062億ウォン(約7728万ドル)相当の買い越し。 シドニー株式市場は4営業日続伸している。エネルギー株や鉱業株がコモディティー (商品)相場高を背景に上昇した。市場では、米連邦準備理事会(...

アジア株式市場サマリー:中盤(12日)

午前のシドニー株式市場は続伸し、1週間超ぶりの高値を付けた。コモディ ティー(商品)相場高により、鉱業やエネルギー株が買われた。今週は国内外の重要統計が注目されている 。 今週は米消費者物価指数(CPI)が13日に予定され、その後オーストラリア雇用統計が控えている 。これらの指標は、豪州や米国の中央銀行による利上げの方向性を推し量る材料になる。 鉱業株指数は鉄鉱石高を受けて2.1%上昇した。BHPとリオティントが それぞれ2.8%高と1.3%高。 金融株指数は0.8%上昇で、四大銀行は0.5─1.1%高。ウエストパック銀行 は住宅ローン...

アジア株式市場サマリー:中盤(9日)

午前のシドニー株式市場は続伸した。商品相場高が資源株を 押し上げた。ただ、世界経済成長の減速をめぐる懸念から、投資家の間には警戒感がみら れた。 投資家は、米連邦準備理事会(FRB)によるインフレ抑制に向けた積極的な利上げ が、米国や他の主要経済国を景気後退に押しやる可能性を懸念している。 パウエルFRB議長は8日、FRBが引き続きインフレ押し下げに取り組むと述べた 。 市場参加者はFRBの利上げ軌道に関するさらなる手掛かりを求め、来週の米消費者 物価指数(CPI)統計を待っている。 シドニー市場では鉱業株指数が2.1%高と、株価全般の...

アジア株式市場サマリー:引け(8日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [8日 ロイター] - 東南アジア株式市場の株価はおおむね上昇して引けた。 中国株式市場は下落して取引を終えた。他のアジア市場が上昇した中で逆行安。国内の新型コロ ナウイルス流行が長引き、センチメントを引き続き悪化させている。 香港の主要指数は6営業日続落。半年ぶり安値前後で推移した。 ハンセン指数、ハンセン中国企業株指数(H株指数)はともに終値は3月15日以 来の安値。 前日の原油価格急落を受け、エネルギー株が本土市場で1.6%安、香港市場 で3.2%安。 ハンセン・テック指数は1%安。騰訊控股...

アジア株式市場サマリー:中盤(7日)

ソウル株式市場は反落。総合株価指数(KOSPI)は1% 超下落し、一時7週ぶりの安値を付けた。堅調な米経済指標を受け、同国での積極的な利 上げをめぐる懸念が広がった。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは、米国債利回 りが上昇し、ドル高となったため、ソウル市場は強い売り圧力にさらされていると語った 。 半導体大手のサムスン電子は1.75%安、同業SKハイニックス<0006 60.KS>は1.63%安。一方、電池メーカーのLGエナジー・ソリューション<373220.KS >は0.52%高。 外国人投資家は5営業日連続...

アジア株式市場サマリー:中盤(6日)

ソウル株式市場はほぼ横ばい。3営業日続落の後で、この日 は上昇して寄り付いた。しかし欧州のエネルギー問題をめぐる重苦しい地合いが響き、上 昇分の大半を消した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.18%高、同業SK ハイニックスは0.44%高。一方、電池メーカーのLGエナジー・ソリュ ーションは0.83%安。  外国人投資家は776億ウォン(約5672万ドル)相当の売り越し。 午前のシドニー株式市場は続伸。世界的なコモディティー(商品)相場高を映し、エ ネルギー株や鉱業株が上げをけん引した。 S&P/ASX200指数は0055GMT...

アジア株式市場サマリー:中盤(5日)

午前のソウル株式市場の株価は反発した。良好な内容だった 米雇用統計が支援材料となったが、欧州のエネルギー危機をめぐる懸念が上値を抑えた。 未来アセット証券のアナリストは、韓国の株式市場が欧州のエネルギー問題よりも、 成長や金融政策に関する米マクロ経済の大きな流れを注視しており、不透明感は極めて高 いと分析した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.17%安、同業のSKハ イニックスは0.55%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション< 373220.KS>は0.10%高。 海外勢は351億ウォン(約2564万ドル)相当の買い...

アジア株式市場サマリー:引け(2日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [2日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。中国で新型コロナウイルスの感染拡大防止に 向けた都市封鎖措置や厳しい規制が導入されたことが重しとなった。  投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを継続するか見極めようと、123 0GMT(日本時間午後9時30分)に発表される8月の米雇用統計を注視している。 中国株式市場は週間ベースで7週ぶりの大幅安となった。複数の主要都市が新型コロナウイルス関連規 制を強化したため、景気の先行き不透明感が高まった。 週間ベースではCSI300...

アジア株式市場サマリー:中盤(2日)

午前のソウル株式市場の株価は急反落した前日から反発して いるものの、週間では下落率がここ2カ月で最大となる方向に向かっている。 総合株価指数(KOSPI)は週間ではこれまでのところ2%超下落しており、7月 初旬以来の大幅安になる見込み。 ケープ投資証券のアナリストは、相場が自律反発しているものの、米雇用統計の発表 を控えて投資の方向性は見越しにくいと分析した。 8月の消費者物価指数(CPI)は伸びが7カ月ぶりに鈍化し、市場予想を下回った ものの、インフレ率が当面高止まりするとの観測を強めた。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子と同業の...

英豪リオティント、加ターコイズ完全買収で合意 33億カナダドル

英豪資源大手リオティントは1日、カナダの同業ターコイズ・ヒル・リソーシズの完全買収に向け、同社の未保有株を33億ドルで取得することで基本合意した。ターコイズがモンゴルで運営する世界最大級の銅・金鉱山、オユトルゴイ鉱山の直接運営を手掛けることになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up