for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Berli Jucker PCL

BJC.BK

現在値

37.25THB

変化

0.25(+0.68%)

出来高

4,673,100

本日のレンジ

36.75

 - 

37.50

52週レンジ

25.00

 - 

54.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
37.00
始値
37.25
出来高
4,673,100
3か月平均出来高
100.39
高値
37.50
安値
36.75
52週高値
54.00
52週安値
25.00
発行済株式数
4,007.72
時価総額
148,285.70
予想PER
26.57
配当利回り
2.46

次のエベント

Q3 2020 Berli Jucker PCL Earnings Release

適時開示

その他

Berli Jucker Updates On Delisting Of White Group PCL

Berli Jucker Posts Qtrly Profit Attributable 306 Million Baht

Berli Jucker Announces Adjustment Of Offering Price For Securities Of White Group Pcl

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Berli Jucker PCLとは

ベルリ・ユッカー(Berli Jucker Public Company Limited)は取引、製造及びサービス産業に従事するタイの会社である。【事業内容】同社は3つの事業区分により構成される。包装サプライチェーン事業はガラス容器、アルミニウム缶及び硬質プラスチック容器の製造・販売・流通に従事する会社である。消費者サプライチェーン事業はティシュペーパー、スナック、菓子、乳製品、及び石鹸、シャンプー及び化粧品等の個人用製品と健康管理を含む多様な消費者製品の製造・販売・流通を行う。技術サプライチェーン事業は文房具・工業用化学品、食品原料、医薬品、病院用品、自動化と制御システムの組立、産業機器、物流と倉庫設備、及び送電線用亜鉛メッキ鋼塔の輸入・流通を行う。

業種

Containers & Packaging

連絡先

Berli Jucker House

99 Sukhumvit 42 Road, Khlong Toei

10110

Thailand

+66.23.671111

http://www.berlijucker.co.th

エグゼクティブリーダーシップ

Charoen Sirivadhanabhakdi

Chairman of the Board, Chairman of the Executive Board

Aswin Techajareonvikul

President, Chief Executive Officer, Acting President of Retail Business, Executive Director

Tevin Vongvanich

Vice Chairman of the Board, Vice Chairman of the Executive Board

Wanna Sirivadhanabhakdi

Vice Chairman of the Board

Prasert Maekwatana

Vice Chairman of the Executive Board, Director

統計

2.60 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, THB)

2017

164.2K

2018

156.1K

2019

158.0K

2020(E)

156.0K
EPS (THB)

2017

1.300

2018

1.660

2019

1.820

2020(E)

1.279
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.96
株価純資産倍率(四半期)
1.31
株価キャッシュフロー倍率
11.07
総負債/総資本(四半期)
150.80
長期負債/資本(四半期)
132.95
投資利益率(過去12カ月)
2.54
自己資本利益率(過去12カ月)
1.95

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=マニラ3週間超ぶり安値、他の大半の市場は下落

27日の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場が3週間超ぶりの安値で引けた。投資家が相次ぐ新規上場銘柄に投資するため、既存の銘柄から資金を引き揚げた。一方で他の大半の市場は下落した。弱めの中国統計で成長減速懸念が強まった。

東南アジア株式・午前=大半が下落、FOMC議事録待ち

21日午前の東南アジア株式市場は、シンガポール市場を筆頭に大半が下落している。投資家は、7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨待ちの姿勢となっている。

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、金融緩和期待で

中盤の東南アジア株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)など主要中銀による金融政策の緩和への期待から、おおむね上昇している。

焦点:カタツムリコスメ大人気、中国人観光客ブームに沸くタイ

「カタツムリの分泌液ろ過物の保湿成分」──。バンコクの大型スーパーで売られている顔用クリームの白とピンクの箱には、このようなラベルが誇らしげに貼られている。カタツムリ由来の化粧品だというのだ。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米債務上限引き上げ合意で地合い改善

東南アジア株式市場は大半の市場が上昇した。米トランプ政権が連邦政府の債務上限引き上げで野党民主党と異例の合意に達し、政府機関閉鎖懸念が後退したことを受けて世界的に上昇した株価に追随した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up