for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーション

BK.N

現在値

46.70USD

変化

0.52(+1.12%)

出来高

306,025

本日のレンジ

46.24

 - 

46.81

52週レンジ

40.53

 - 

54.27

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
46.18
始値
46.35
出来高
306,025
3か月平均出来高
87.72
高値
46.81
安値
46.24
52週高値
54.27
52週安値
40.53
発行済株式数
900.68
時価総額
42,587.15
予想PER
11.02
配当利回り
2.69

次のエベント

Dividend For BK.N - 0.3100 USD

適時開示

その他

BNY Mellon Says Its Board Authorized Dividend Of $0.31/Share

Galp: Bank Of New York Mellon Decreases Its Holdings To Below 2%

Galp: Bank Of New York Mellon Increases Its Indirect Holdings To 2.09%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーションとは

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(The Bank of New York Mellon Corporation)は投資会社である。【事業内容】同社は投資管理事業及び投資サービス事業を運営する。また、リースポートフォリオ、企業財務活動(投資有価証券ポートフォリオを含む)、デリバティブおよびその他の取引、企業および銀行所有の生命保険および再生可能エネルギー投資、および事業終了を含むその他の事業も有している。同社の投資管理ブティックでは、パッシブ・プロダクツおよび現金管理に加え、積極的に管理されたエクイティ、債券、オルタナティブおよび債務主導型の投資を提供している。同社は資産のサービシング、清算サービス、発行体サービスおよび財務サービスを顧客に提供している。

業種

Regional Banks

連絡先

240 Greenwich St

+1.212.4951784

https://www.bnymellon.com/apac/en/home.jsp

エグゼクティブリーダーシップ

Joseph J. Echevarria

Non-Executive Chairman of the Board

Thomas P. Gibbons

Interim Chief Executive Officer, Director

William M. Daley

Vice Chairman

Michael P. Santomassimo

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

Monique R. Herena

Chief Human Resource Officer, Senior Executive Vice President

統計

2.95 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

15.8K

2018

16.4K

2019

15.7K

2020(E)

15.8K
EPS (USD)

2017

3.550

2018

4.210

2019

4.020

2020(E)

4.192
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
1.10
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
104.77
長期負債/資本(四半期)
66.29
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

米国株市場は主要指数最高値、S&P初の3300台 IT株が高い

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が初めて3300台に乗せたほか、他の主要株価指数も最高値で取引を終えた。情報技術(IT)株の上昇や堅調な小売統計、強い内容となったモルガン・スタンレー<MS.N>の決算に支援された。

米BNYメロン、第4四半期利益が予想下回る 金利低下で

米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)が16日発表した第4・四半期決算は、利益が予想を下回った。 米連邦準備理事会(FRB)の利下げで利息を生む資産からの利益が低下した。

物言う投資家マルカート・キャピタルが閉鎖へ、成績不振で資産激減

物言う投資家として知られるヘッジファンドのマルカート・キャピタル・マネジメントが、運用成績の不振が2年にわたって続き資産が激減したため、閉鎖する。複数の関係筋が22日、明らかにした。

米国株は下落、米上場の中国株廃止巡る報道で

米国株式市場は下落して取引を終えた。トランプ政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を検討しているとの報道を受け、米中貿易摩擦が激化するとの懸念が高まった。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ユーロが一時対ドルで約2年ぶりの安値に沈んだ。低調なユーロ圏成長見通しに圧迫された。しかしテクニカル上の支持線を試した後切り返し、終盤にかけ上昇に転じた。

米Wファーゴ、新トップにBNYメロンのシャーフCEO起用

米銀大手ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>は27日、新たな最高経営責任者(CEO)にバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)<BK.N>のチャールズ・シャーフCEO(54)を起用すると発表した。来月に就任する。

アングル:「ブロックチェーンの夢」覚めた米金融業界

米取引所ナスダック<NDAQ.O>と米金融大手シティグループ<C.N>は2年前、ブロックチェーン技術によって私募証券取引の決済を効率化する新システムをお披露目し、「世界の金融セクターにおける一里塚だ」(ナスダックのアデナ・フリードマン最高経営責任者=CEO)とぶち上げた。

デジタル通貨決済制度に5000万ドル投資、十数行が計画=関係筋

関係筋によると、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いたデジタル通貨決済制度の構築に向け、複数の銀行大手が約5000万ドルを投資する見通しという。

米大手7行CEOが議会証言、融資先など社会問題への姿勢に質問集中

米下院金融サービス委員会で10日、米銀大手7行の幹部による証言が行われた。大手行幹部が一堂に会した議会証言は10年前の金融危機以来となる。

訂正:米銀は金融危機後に慣行是正、大手行幹部が議会で証言へ

米大手金融機関のトップは10日に下院金融委員会で行う証言で、米経済は力強く、米金融業界は10年前の金融危機につながった慣行を是正したと述べる見通しだ。委員会が8日夜に各行幹部の証言原稿を公表した。

米BNYメロン、ADR関連で5400万ドル支払い和解へ=SEC

米証券取引委員会(SEC)は17日、米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)が、米国預託証券(ADR)の不適切な扱いがあったとされる件で、5400万ドル強支払って和解すると明らかにした。

バークシャー、ゴールドマンとアップル株を買い増し

米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、ゴールドマン・サックス<GS.N>とアップル<AAPL.O>の株式を買い増した。14日、証券当局への提出文書で明らかになった。

NY市場サマリー(19日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、午後に入りトランプ米大統領が強いドルは米国を不利な立場に置くと述べたと伝わったことで、ドルが下落した。

米国株式市場は下落、さえない企業決算や貿易摩擦懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。企業決算が失望を誘ったほか、欧州連合(EU)が米国からの輸入品に報復関税を課す可能性に懸念が広がった。

米下院、ドッド・フランク法改正法案可決 大統領に送付

米下院は22日、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の改正法案を可決した。2007─09年の金融危機の再発防止を目的とした規制の見直しはこれが初めて。

バークシャーがアップルの第2株主に浮上、テバ株の保有倍増

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は15日、アップル<AAPL.O>株式を買い増し、第2位株主に浮上したことを確認した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、米議会で政府機関閉鎖の回避に向けたつなぎ予算案を巡る情勢が不透明となるなか、ドルがユーロ、円、英ポンドなどの主要通貨に対して売られた。

米国株は反落、工業株が安い

このところ堅調だったボーイング<BA.N>は3.1%下落。ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>も3.3%安となり、ダウを圧迫した。

インタビュー:著名投資家ペルツ氏、企業トップと協力する姿勢を強調

著名投資家のネルソン・ペルツ氏(75)は9日、ロイター・ブレーキングビューズのインタビューで、自身は経営に問題がある米国企業の最高経営責任者(CEO)に退任を迫るよりも、CEOと共に経営改善に取り組みたい考えだと強調した。

米規制当局、4行の「生前遺言」不十分と指摘 将来的な対応必要

米銀行規制当局は19日、米大手行8行が提出した破綻時の処理計画「リビングウィル(生前遺言)」について、基準を満たしたと発表した。ただ、このうち4行の生前遺言には「不十分な点」があり、将来的な対応が必要だとの見解を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up