for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーション

BK.N

現在値

57.41USD

変化

0.25(+0.44%)

出来高

1,333,301

本日のレンジ

57.00

 - 

57.99

52週レンジ

33.19

 - 

57.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
57.16
始値
57.00
出来高
1,333,301
3か月平均出来高
104.35
高値
57.99
安値
57.00
52週高値
57.99
52週安値
33.19
発行済株式数
863.17
時価総額
49,339.01
予想PER
13.95
配当利回り
2.38

次のエベント

Q3 2021 Bank of New York Mellon Corp Earnings Call

適時開示

その他

Russia's MMK Appoints Citi As Depositary Bank for GDR Programme

BNY Mellon Appoints Akash Shah As Its First Chief Growth Officer

Bank Of New York Mellon Corp - Q2 Earnings Per Share $1.13

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーションとは

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(The Bank of New York Mellon Corporation)は投資会社である。【事業内容】同社は投資管理事業及び投資サービス事業を運営する。また、リースポートフォリオ、企業財務活動(投資有価証券ポートフォリオを含む)、デリバティブおよびその他の取引、企業および銀行所有の生命保険および再生可能エネルギー投資、および事業終了を含むその他の事業も有している。同社の投資管理ブティックでは、パッシブ・プロダクツおよび現金管理に加え、積極的に管理されたエクイティ、債券、オルタナティブおよび債務主導型の投資を提供している。同社は資産のサービシング、清算サービス、発行体サービスおよび財務サービスを顧客に提供している。

業種

Investment Services

連絡先

240 Greenwich St

NEW YORK, NY

10007-2163

United States

+1.212.4951784

https://www.bnymellon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Joseph J. Echevarria

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Thomas P. Gibbons

Chief Executive Officer, Director

Robin A. Vince

Vice Chairman of the Board, Chief Executive Officer Market Infrastructure

Emily Portney

Senior Executive Vice President and Chief Financial Officer

Paul Camp

Chief Executive Officer, Treasury Services

統計

2.12 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

16.4K

2019

15.7K

2020

15.8K

2021(E)

15.8K
EPS (USD)

2018

4.210

2019

4.020

2020

4.010

2021(E)

4.099
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.17
株価純資産倍率(四半期)
1.21
株価キャッシュフロー倍率
9.36
総負債/総資本(四半期)
85.04
長期負債/資本(四半期)
57.60
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.80

最新ニュース

最新ニュース

焦点:米IT大手、AI新技術の活用にブレーキ 倫理的問題に直面

米グーグルのクラウド部門は昨年9月、顧客金融機関から融資審査に人口知能(AI)を活用するサービスを提供してほしいと持ちかけられた。何週間も協議した末、出た結論は却下。AI技術は人種や性別にまつわる差別を永続化させかねず、倫理的に危うすぎる、というのがその理由だった。

米ストレステスト、全23行がクリア 自社株買い・配当制限解除へ

米連邦準備理事会(FRB)は24日、大手金融機関を対象に実施したストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。銀行が十分な資本を保有していることが判明したため、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)を受け導入した自社株買いと配当金支払いの制限を30日付で解除する。

FRB、銀行の自社株買いと配当金の制限解除へ 健全性審査結果発表

米連邦準備理事会(FRB)は24日、大手金融機関を対象に実施したストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。銀行が十分な資本を保有していることが判明したため、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)を受け導入した自社株買いと配当金支払いの制限を30日付で解除する。

ゴールドマン、ビットコインのノンデリバラブル・フォワード提供へ=報道

米ゴールドマン・サックス・グループが暗号資産(仮想通貨)ビットコインのノンデリバラブル・フォワード(NDF)の取り扱いを開始すると、ブルームバーグ・ニュースが6日報じた。

ビットコインが最高値更新し6万2741ドル、イーサリアムも

暗号資産(仮想通貨)のビットコインが13日、6万2741ドルを付けて最高値を更新した。

ビザ、暗号資産による決済に向け準備

クレジットカード大手ビザは29日、暗号資産(仮想通貨)の一種で米ドルに連動するステーブルコインの「USDコイン(USDC)」による決済を認める方針を表明した。

暗号資産の明確なルール必要、大手企業による支持受け=SEC委員

米証券取引委員会(SEC)のヘスター・ピアース委員は、テスラ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)、マスターカードといった大手企業の間で暗号資産(仮想通貨)をオルタナティブ(代替資産)として受け入れる動きが広がる中、明確な規制体制を早急に整える必要があるとの見方を示した。

ナスダックとS&P小幅高、追加刺激策への期待で

米国株式市場はナスダック総合とS&P総合500種が小幅高で取引を終えた。追加財政刺激策への期待に支援された。ただ、市場全般が最高値圏にある中、バイデン米大統領がインフラ計画に関連し、中国の勢いに警戒を示したことが重しとなった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(11日)ナスダック上昇、ビットコイン最高値

(表を更新し株式の内容を追加しました) [11日 ロイター] - <為替> ドル指数が小幅安。朝方発表された週間の米新規失業保険申請件数が市場 予想ほど改善しなかったことが重しとなった。 終盤の取引でドル指数は90.393。今週は週間ベースで昨年12月半ば以 来の大幅な下げを記録する見通し。 ユーロ/ドルは約0.1%高の1.2134ドル。 欧州委員会が域内の今年の経済成長率見通しを下方修正したものの、市場の反応は限 定的だった。しかし、アクション・エコノミクスのロン・シンプソン氏は「現時点で欧州 の景気回復見通しは芳しくなく、ドルが今後...

ビットコイン最高値更新、米大手銀が仮想通貨ユニット新設

米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)は11日、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を顧客が保有、送金、発行するのを支援する部門を新設すると発表した。

NY市場サマリー(21日)ダウ509ドル安、ドル指数6週ぶり高値

<為替> 新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念で世界的な株安となる中、ドル指数が約6週間ぶりの高水準を付けた一方、高リスク通貨は下落した。

ダウ509ドル安、欧州ロックダウン再導入や刺激策の遅延に懸念

米国株式市場では、ダウ工業株30種<.DJI>が509ドル下落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染が再拡大している欧州でのロックダウン(都市封鎖)再導入に懸念が高まったほか、米議会の追加経済対策成立がさらに遅れる見通しが出ていることも懸念要因となった。

米欧などの大手銀が違法資金移動に関与か、20年近くと報道

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)、バズフィードなど複数のメディアは20日、複数の国際級の大手銀行が内部で問題性を指摘されながらも20年近くにわたり違法とされる巨額な資金を移動させていたと報じた。

HSBCなど大手銀が20年近く違法資金移動か、ICIJなど報道

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)、バズフィードなど複数のメディアは20日、複数の国際級の大手銀行が内部で問題性を指摘されながらも20年近くにわたり違法とされる巨額な資金を移動させていたと報じた。

米バークシャー、ゴールドマン株を84%売却 Wファーゴは維持

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は15日、保有する米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>株の大半を売却したと明らかにした。

米ダイヤモンド・オフショア、連邦破産法第11条の適用申請

エネルギー産業への請負契約掘削サービスを提供する米ダイヤモンド・オフショア・ドリリング<DO.N>は26日、連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請した。

コラム:FRBの窓口貸出、中小銀行には「使えない」わけ

米連邦準備理事会(FRB)は、大手金融機関の力を借りて、割引窓口(ディスカウント・ウィンドウ)貸出制度の利用を拡大させようとしている。同制度の利用が与える不名誉という悪い印象を軽減するため、モルガン・スタンレー<MS.N>、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>を含む米銀大手8行が制度を利用すると表明したが、中小銀行が追随するかどうかは明らかではない。

大手米銀8行、FRB窓口貸出の利用表明

大手米銀8行は16日、米連邦準備理事会(FRB)の割引窓口(ディスカウント・ウィンドウ)貸出制度を利用する方針を明らかにした。

米大手銀、自社株買い停止 個人や企業の資金繰り支援優先

業界団体の米金融サービス・フォーラム(FSF)は15日、米大手銀行は自社株買いを一時停止すると発表した。自社株買いの原資を、新型コロナウイルスの影響を受けている個人や企業への貸し出しに回す。

米民主ウォーレン氏、大手銀に気候変動リスクへの対応で説明要求

米大統領選の野党・民主党候補指名を目指すウォーレン上院議員は、国内大手銀行の首脳に21日付で書簡を送り、気候変動リスクに関する評価と対応を詳細に説明するよう求めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up