for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Berkeley Group Holdings PLC

BKGH.L

現在値

4,179.00GBp

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

3,041.00

 - 

5,562.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,179.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
16.10
高値
--
安値
--
52週高値
5,562.00
52週安値
3,041.00
発行済株式数
125.71
時価総額
5,191.70
予想PER
13.29
配当利回り
2.89

次のエベント

Full Year 2019 Berkeley Group Holdings PLC Earnings Release

適時開示

その他

Berkeley Says On Track To Meet Expectations For FY

Berkeley To Return 1 Bln Stg To Shareholders Over Next 2 Yrs

Berkeley H1 Pretax Profit Slumps

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Berkeley Group Holdings PLCとは

ザ・バークレー・グループ・ホールディングス(The Berkeley Group Holdings plc)は、不動産事業を行う。【事業内容】子会社とともに、再生・複合用途の不動産開発等の住宅主導の不動産開発事業を行う。ポートフォリオは、ロンドン、バーミンガム、イングランド南部の6つの不動産開発者で構成されてる。ブランドには、「Berkeley」、「St George」、「St James」、「St Edward」、「St William」及び「St Joseph」が含まれる。「Berkeley」は、町、都市、田舎で中規模及び大規模なプロジェクトを開発し、エグゼクティブホーム、複合施設、リバーサイドアパート、改装された歴史的建造物、都市のロフトスペースを含む。「St George」は、ロンドンの持続可能な複合再生利用事業を行う。「St James」は、民間の住宅開発、商業用不動産、レクリエーション施設、コミュニティ施設を含むプロジェクトを行う。「St Edward」は、住宅主導のプロジェクトを開発する。

業種

Construction Services

連絡先

Berkeley House, 19 Portsmouth Road

KT11 1JG

United Kingdom

+44.1932.868555

https://www.berkeleygroup.co.uk

エグゼクティブリーダーシップ

Anthony William Pidgley

Group Executive Chairman of the Board

Rob C. Perrins

Chief Executive Officer, Executive Director

Glyn A. Barker

Non-Executive Deputy Chairman of the Board, Senior Independent Director

Richard J. Stearn

Group Finance Director, Executive Director

Sean Ellis

Executive Director

統計

2.61 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

2.7K

2018

2.7K

2019

3.0K

2020(E)

1.9K
EPS (GBp)

2017

487.000

2018

593.592

2019

506.959

2020(E)

313.251
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.32
株価純資産倍率(四半期)
1.71
株価キャッシュフロー倍率
9.79
総負債/総資本(四半期)
10.04
長期負債/資本(四半期)
9.99
投資利益率(過去12カ月)
16.03
自己資本利益率(過去12カ月)
10.66

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=反落、インペリアル・ブランズ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7436.64 -20.38 -0.27 7457.02 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。日中はプラス圏で取引されたものの、配 当落ちしたたばこのインペリアル・ブランズなどが売られ、終盤にかけて落ち込 んだ。 韓国で新型コロナウイルスの感染者が急増したことで市場心理が悪化したことも相場 の重しだった。 インペリアル・ブランズは7.3%下落した。同じく配当落ちした製薬大手グラクソ ・スミスクライン(GSK)と日用品のユニリーバは1.7%と0.6 %それぞれ下落...

欧州市場サマリー(19日)

アナリストの間からは方向感に欠く展開との指摘も聞かれた。DZバンクの金利スト ラテジスト、レネ・アルブレヒト氏は、顧客が「より大幅な利回りの上昇を待つ間、買い を控えている」と指摘し、「市場参加者の誰もが方向感を求めている」と述べた。 独10年債利回りは一時マイナス0.42%まで低下して前日の2週間 ぶり低水準に迫ったものの、その後は戻し、終盤には横ばいのマイナス0.414%で推 移した。 仏10年債利回り、スペイン10年債利回りもほぼ変わらず 。 イタリア10年債利回りは0.926%、ギリシャ10年債利回り<GR10 YT=RR>も0...

ロンドン株式市場=反発、住宅建設銘柄が高い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7457.02 +75.01 +1.02 7382.01 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。投資判断の引き上げが好感された住宅建 設銘柄が買われた。新型コロナウイルスの中国での感染件数の伸びは減速し、懸念が和ら いだ。 FTSE350種住宅建設株指数は1.62%上昇して過去最高値。個 別銘柄ではバークレー・グループが2.1%上昇し、最高値となった。バラット ・デベロップメンツとパーシモン、テイラー・ウィンペイは0. 9─1.9%上昇した。住宅建設部門は、英国...

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 3日続落して取引を終えた。好 調な英製造業指標を受けポンドが上昇し、ドルで収益を上げる国際的な銘柄が値を下げた 。旅行大手のTUIも軟調だった。 英産業連盟(CBI)が発表した製造業楽観指数が上昇したことから英中銀イングラ ンド銀行(BOE) による利下げ観測が後退し、ポンドはユーロに対して5週間ぶりの 高値を付けた。 ポンド高により、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や金融大手 HSBC、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)などの輸出 銘柄が売られた。 TUIは5.5%下落し、昨年9月以来の安値。...

ロンドン株式市場=3日続落、ポンド高が重し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7571.92 -38.78 -0.51 7610.70 ロンドン株式市場は3日続落して取引を終えた。好調な英製造業指標を受けポンドが 上昇し、ドルで収益を上げる国際的な銘柄が値を下げた。旅行大手のTUIも軟 調だった。 英産業連盟(CBI)が発表した製造業楽観指数が上昇したことから英中銀イングラ ンド銀行(BOE) による利下げ観測が後退し、ポンドはユーロに対して5週間ぶりの 高値を付けた。 ポンド高により、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や金融大手...

欧州市場サマリー(20日)

<外為市場> ドルが今年の高値水準に上昇。先週発表された経済指標で米経済の堅 調さが確認されたことを受けた。中国人民元も一時、6カ月ぶり高値を付けた。 市場では、21日の日銀金融政策決定会合、23日の欧州中央銀行(ECB)理事会 を注視している。 アジアでは中国が旧正月の休暇が近づいているほか、米国はキング牧師生誕記念日の 祝日のため、この日は薄商いだった。 米経済の堅調さはユーロ圏を上回っているが、最近の指標では欧州経済の底打ちや中 国の回復が示されている。 RBCキャピタル・マーケッツのアダム・コール氏は「前回のECB理事会以降の経...

ロンドン株式市場=反落、利下げ観測の高まりで銀行株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7651.44 -23.12 -0.30 7674.56 ロンドン株式市場は反落して終了した。欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が再燃した ことに加え、英中銀の利下げ観測が高まっていることが重しとなった。 FTSE100種は前週17日の取引で約6カ月ぶりの高値に迫ったが、こ の日は0.3%安で終了。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のほ か、原油価格の上昇にもかかわらず石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルやエネル ギー大手BPなどが売られたことが押し下げ要因となった...

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英総選挙でジョンソン首相率いる与党保守党が過半数を大きく超える議席を獲得して大勝したことで、英国の秩序だった欧州連合(EU)離脱が実現するとの期待感が相場を押し上げた。

ロンドン株式市場=続伸、英総選挙与党大勝で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7353.44 +79.97 +1.10 7273.47 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。英総選挙でジョンソン首相率いる与党保 守党が過半数を大きく超える議席を獲得して大勝したことで、英国の秩序だった欧州連合 (EU)離脱が実現するとの期待感が相場を押し上げた。 ポンドがドルに対して19カ月ぶりの高値をつけ、輸出銘柄の重しとなったものの、 公益や小売、住宅建設、銀行株が買われ全体水準を押し上げた。住宅建設のパーシモン<P SN.L>とバークレー・グループ、...

欧州市場サマリー(11日)

ある市場関係者は「選挙で保守党が票を伸ばせば、ジョンソン首相の離脱協定案も議 会を通過しやすくなり、経済を巡る不透明感も払拭される」と述べた。 銀行株ではHSBCホールディングスが1.5%安。スタンダード・チャー タード(スタンチャート)が1.8%安。資源株指数は2.3%下 落。 一方、EU離脱動向に敏感な住宅建設株は堅調。テイラー・ウィンペイ、パー シモン、バラット、バークレーが2ー3.6%高。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 横ばいで取引を終えた。香港での抗議デモ激化やスペインの総選 挙結果、さえない中国指標を受けて売りが先行...

ロンドン株式市場=下落、香港デモ激化が下押し 住宅建設株は堅調

ある市場関係者は「選挙で保守党が票を伸ばせば、ジョンソン首相の離脱協定案も議 会を通過しやすくなり、経済を巡る不透明感も払拭される」と述べた。 銀行株ではHSBCホールディングスが1.5%安。スタンダード・チャー タード(スタンチャート)が1.8%安。資源株指数は2.3%下 落。 一方、EU離脱動向に敏感な住宅建設株は堅調。テイラー・ウィンペイ、パー シモン、バラット、バークレーが2ー3.6%高。 (い)

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。通商協議 を巡る米中合意に懐疑的な見方が出たことで、鉱業株やアジアへのエクスポージャーが高 い銘柄が売られた。 米中通商協議の「第1段階」の合意の一環として、双方がこれまでの追加関税を段階 的に撤廃することに合意しそうだとする報道を含め、今週は明るい兆しが見られたため株 価が上がっていた。この日は、米政権内で関税撤廃へ反対の声が上がっているとする関係 筋の話のほか、トランプ米大統領が関税撤廃には合意していないと発言したことで、リス ク志向がくじかれた。 FTSE350種鉱業株指数は2.0%下落...

ロンドン株式市場=反落、米中通商協議を懸念

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7359.38 -47.03 -0.63 7406.41 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。通商協議を巡る米中合意に懐疑的な見方 が出たことで、鉱業株やアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。 米中通商協議の「第1段階」の合意の一環として、双方がこれまでの追加関税を段階 的に撤廃することに合意しそうだとする報道を含め、今週は明るい兆しが見られたため株 価が上がっていた。この日は、米政権内で関税撤廃へ反対の声が上がっているとする関係 筋の話のほか、トランプ...

欧州市場サマリー(31日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。軟調な 決算を発表した銘柄が売られ、全体水準を押し下げた。そのほか、中国当局者が米国との 包括的で長期的な合意に疑問を呈しているとする報道を受け、市場心理が悪化した。 FTSE100種で最も比重の大きい石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは 4.1%下落した。景気の先行き不透明感により250億ドルの自社株買い計画が遅れる 可能性があると警告したことが嫌気された。 銀行大手のロイズは1.4%値を下げた。第3・四半期利益が市場予想を下 回ったことが売り材料だった。 中型株では住宅建設のクレスト・ニコルソン...

ロンドン株式市場=反落、軟調な決算を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7248.38 -82.40 -1.12 7330.78 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算を発表した 銘柄が売られ、全体水準を押し下げた。そのほか、中国当局者が米国と の包括的で長期的な合意に疑問を呈しているとする報道を受け、市場心 理が悪化した。 FTSE100種で最も比重の大きい石油大手ロイヤル・ダッチ・ シェルは4.1%下落した。景気の先行き不透明感により25 0億ドルの自社株買い計画が遅れる可能性があると警告したことが嫌気 された。 銀行大手...

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。原油の 値上がりに伴い石油株が買われたほか、ニッケルと銅の値上がりで鉱業株も値を上げた。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が1.8%上昇。米食品医 薬品局(FDA)が葉巻メーカーのスウェディッシュ・マッチに対して、無煙 たばこ「スヌース」が従来のたばこよりも害が少ない製品として宣伝することを認めたこ とが材料視された。 英国の欧州連合(EU)離脱は依然として先行き不透明感が漂う。英議会は、ジョン ソン首相がEUとまとめた離脱合意案の実行に不可欠な関連法案の大枠について採決し、 可決...

ロンドン株式市場=続伸、石油と鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7260.74 +48.25 +0.67 7212.49 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。原油の値上がりに伴い石油株が買われた ほか、ニッケルと銅の値上がりで鉱業株も値を上げた。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が1.8%上昇。米食品医 薬品局(FDA)が葉巻メーカーのスウェディッシュ・マッチに対して、無煙 たばこ「スヌース」が従来のたばこよりも害が少ない製品として宣伝することを認めたこ とが材料視された。 英国の欧州連合(EU)離脱は依然として...

ロンドン株式市場=反落、英EU離脱巡る楽観的な見方が後退

米中通商協議を巡る先行き不透明感も相場の重しとなった。 銀行のロイズやバークレイズ、住宅建設株<.FTNM X3720>が売られ、FTSE100種は0.5%安で終了。中国貿易統計 を嫌気し、鉱山株が下落したことも圧迫材料 となった。 国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種も0. 6%安。前営業日は、英国とEUが離脱協定案を巡り合意に至るとの期 待から、4%超上昇していた。 サイバーセキュリティ会社ソフォスは36%急騰。プライ ベートエクイティ(PE)トーマ・ブラボーが同社を買収し、株式を非 公開化すると発表したことが材料視された...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。英国が欧州連合(EU)離脱案で合意に至るとの期待から、国内経済に左右される銘柄が買われた。

ロンドン株式市場=続伸、英EU離脱案合意への期待で国内銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7247.08 +60.72 +0.84 7186.36 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。英国が欧州連合(EU)離脱案で合意に 至るとの期待から、国内経済に左右される銘柄が買われた。 ジョンソン英首相とアイルランドのバラッカー首相は前日、月末の離脱期日までに合 意する道筋があると述べた。 JPモルガンが構築する英国内銘柄30種で構成された指数は7.73 %上昇し、3年近く前の指数設定以来の大幅な伸びとなった。 FTSE100種では国内の4大銀行であるHSBC...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up