for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Berkeley Group Holdings PLC

BKGH.L

前日終値

4,528.00GBp

変化

67.00(+1.50%)

出来高

792,332

本日のレンジ

4,454.00

 - 

4,592.00

52週レンジ

3,170.00

 - 

4,620.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,461.00
始値
4,461.00
出来高
792,332
3か月平均出来高
9.66
高値
4,592.00
安値
4,454.00
52週高値
4,620.00
52週安値
3,170.00
発行済株式数
125.89
時価総額
5,700.08
予想PER
13.42
配当利回り
--

次のエベント

Half Year 2019 Berkeley Group Holdings PLC Earnings Release

適時開示

その他

Berkeley Says Non Executive Director John Armitt Sold 2,000 Shares

Berkeley Sees £3.3 Bln In Pre-Tax Profit Over 6 Years To April 2025

Berkeley Group Holdings Posts FY Pre-Tax Profit Of 775.2 Mln Stg

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Berkeley Group Holdings PLCとは

ザ・バークレー・グループ・ホールディングス(The Berkeley Group Holdings plc)は持株会社である。【事業内容】同社は都市再生と多目的開発に焦点を当てる住宅主導の物件開発に従事する。同社のブランドは「Berkeley」、「St George」、「St James」、「St Edward」、「Berkeley First」と「Berkeley Commercial」を含む。同社の開発は市場町の近くにあるホームから数百万ポンドの再生プロジェクト、学校、コミュニティセンター、学生寮及び高齢住宅を含む4000以上のホームの複雑、多目的都市再生スキームまでのサイズに及ぶ。同社の子会社はBerkeley (Carnwath Road) Limited、Berkeley Commercial Developments Limited、Berkeley First Limited、Berkeley Homes (Capital) plc、Berkeley Homes (Carmelite) Limited、Berkeley Homes (Central London) Limited、Berkeley Homes (East Thames) Limited、Berkeley Homes (Eastern Counties) Limited、Berkeley Homes (Eastern) Limited、Berkeley Homes (Fleet) Limited及びBerkeley Homes (Fleet) Limitedを含む。

業種

Construction Services

連絡先

Berkeley House, 19 Portsmouth Road

+44.1932.868555

https://www.berkeleygroup.co.uk

エグゼクティブリーダーシップ

Anthony William Pidgley

Group Executive Chairman of the Board

Rob C. Perrins

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Glyn A. Barker

Non-Executive Vice Chairman of the Board, Senior Independent Director

Richard J. Stearn

Finance Director, Executive Director

Sean Ellis

Executive Director

統計

2.88 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

2.7K

2018

2.7K

2019

3.0K

2020(E)

2.2K
EPS (GBp)

2017

451.400

2018

550.200

2019

469.900

2020(E)

338.371
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.93
株価純資産倍率(四半期)
1.97
株価キャッシュフロー倍率
9.05
総負債/総資本(四半期)
10.12
長期負債/資本(四半期)
10.12
投資利益率(過去12カ月)
19.65
自己資本利益率(過去12カ月)
12.96

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=反落、英EU離脱巡る楽観的な見方が後退

米中通商協議を巡る先行き不透明感も相場の重しとなった。 銀行のロイズやバークレイズ、住宅建設株<.FTNM X3720>が売られ、FTSE100種は0.5%安で終了。中国貿易統計 を嫌気し、鉱山株が下落したことも圧迫材料 となった。 国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種も0. 6%安。前営業日は、英国とEUが離脱協定案を巡り合意に至るとの期 待から、4%超上昇していた。 サイバーセキュリティ会社ソフォスは36%急騰。プライ ベートエクイティ(PE)トーマ・ブラボーが同社を買収し、株式を非 公開化すると発表したことが材料視された...

欧州市場サマリー(11日)

米中が通商協議で暫定合意に至り、米国が中国製品に対する制裁関税の引き上げを先 送りするという期待も相場を押し上げた。米国のムニューシン財務長官と中国の劉鶴副首 相を含む高官らはこの日、通商協議を終えた。 個別銘柄ではドイツのソフトウエア大手SAPが10.2%急騰。第3・ 四半期決算が好調だったほか、最高経営責任者(CEO)の辞任を発表したことが買い材 料だった。 一方、ドイツのファッションブランド、ヒューゴ・ボスは13.5%下落 した。2019年の利益見通しを引き下げたほか、第3・四半期決算が市場予想を下回っ たことが嫌気された。 欧州株式市場...

ロンドン株式市場=続伸、英EU離脱案合意への期待で国内銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7247.08 +60.72 +0.84 7186.36 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。英国が欧州連合(EU)離脱案で合意に 至るとの期待から、国内経済に左右される銘柄が買われた。 ジョンソン英首相とアイルランドのバラッカー首相は前日、月末の離脱期日までに合 意する道筋があると述べた。 JPモルガンが構築する英国内銘柄30種で構成された指数は7.73 %上昇し、3年近く前の指数設定以来の大幅な伸びとなった。 FTSE100種では国内の4大銀行であるHSBC...

欧州市場サマリー(6日)

国債利回りは過去数カ月間は低迷していたが、今週に入り上昇。今週は米中が10月 に通商協議を再開することを決定したほか、イタリアで新政権が発足。英国の合意なき欧 州連合(EU)離脱を巡る懸念も緩和したことで、安全資産に対する需要が減退し、国債 利回りの上昇につながった。 ユーロ圏では、ECB当局者の発言を受けECBが来週の理事会で積極的な緩和策を 決定するとの観測が後退。大和キャピタル・マーケッツの経済調査部門責任者、クリス・ シクルナ氏は「ECB理事会のタカ派とされるメンバーが事前に打ち合わせたとみられる 発言を行ったことで、来週の理事会...

ロンドン株式市場=反発、中国の景気刺激策を好感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7282.34 +11.17 +0.15 7271.17 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国が景気刺激策を発表したことで買い 安心感が広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行の預金準備率を引き下げた。市場に出回る資金 が増え、景気を下支えするとみられる。中国の発表を受け、グレンコア<GLE N.L>やBHPなどの鉱業株の値上がりが目立った。 住宅建設のバークレー・グループは2.8%上昇。ロンドンとイングランド 南東部の市況について前向きな見方を示したことが...

欧州市場サマリー(30日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。ポンド 安に伴い輸出銘柄が買われた。ただ英国の合意なき欧州連合(EU)離脱への不安から、 住宅建設や航空銘柄は値下がりした。 ジョンソン英首相が、EU離脱計画を議会に妨げられるのを回避するため、離脱期日 である10月31日までの議会開会期間を短くする動きに出た。国内経済に左右されやす い中型株で構成するFTSE250種は0.69%低下した。 FTSE100種では、住宅建設のパーシモンとバラット・デベロップメン ツ、テイラー・ウィンペイ、バークレー・グループが2.9%か ら4.8%下落した。同部門...

欧州市場サマリー(28日)

ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1083 1.1093 ドル/円 105.86 105.73 ユーロ/円 117.34 117.28 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 372.86 -0.76 -0.20 373.62 FTSEユーロファースト 1467.10 -2.58 -0.18 1469.68 300種 DJユーロSTOXX50 3365.38 -5.09 -0.15 3370.47 種 FTSE100種 7114.71 +...

ロンドン株式市場=反発、ポンド安で輸出銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7114.71 +25.13 +0.35 7089.58 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。ポンド安に伴い輸出銘 柄が買われた。ただ英国の合意なき欧州連合(EU)離脱への不安から 、住宅建設や航空銘柄は値下がりした。 ジョンソン英首相が、EU離脱計画を議会に妨げられるのを回避す るため、離脱期日である10月31日までの議会開会期間を短くする動 きに出た。国内経済に左右されやすい中型株で構成するFTSE250 種は0.69%低下した。 FTSE100種では、住宅建設...

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英与党・保守党党首選に立候補して いるボリス・ジョンソン前外相が減税を進めるとの報道を受け、住宅建設銘柄が買われた 。 英紙タイムズによると、次期英首相の最有力候補と目されるジョンソン氏は、合意な き欧州連合(EU)離脱に備え、大幅な減税や印紙税の見直しを準備している。報道を受 け、住宅建設のテイラー・ウィンペイとバラット・デベロップメンツ、パ ーシモン、バークレー・グループは1.5%から4.2%上昇した。 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせたトランプ米大統領と中国の習 近平国家主席...

ロンドン株式市場=反発、住宅建設株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7425.63 +23.30 +0.31 7402.33 種 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。英与党・保守党党首選 に立候補しているボリス・ジョンソン前外相が減税を進めるとの報道を 受け、住宅建設銘柄が買われた。 英紙タイムズによると、次期英首相の最有力候補と目されるジョン ソン氏は、合意なき欧州連合(EU)離脱に備え、大幅な減税や印紙税 の見直しを準備している。報道を受け、住宅建設のテイラー・ウィンペ イとバラット・デベロップメンツ、パーシモン 、バークレー・グループ...

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。買収計 画を撤回したスーパーマーケット大手セインズベリーが値を下げたほか、住宅建 設のテイラー・ウィンペイが軟調な利幅見通しを示したことで同業銘柄が広く売ら れた。 セインズベリーは4.7%下落し3年近くぶりの安値をつけた。米ウォルマート<WMT .N>傘下のアスダを73億ポンドで買収する計画を英競争規制当局が阻止し、セインズベ リーは計画を撤回した。同業のオカドとテスコ、モリソンズは 1.2%から1.9%の連れ安となった。 テイラー・ウィンペイは5.4%安だった。住宅建設費用が上がる中で通期...

ロンドン株式市場=続落、セインズベリーと住宅建設銘柄売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7434.13 -37.62 -0.50 7471.75 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。買収計画を撤回したスーパーマーケット 大手セインズベリーが値を下げたほか、住宅建設のテイラー・ウィンペイ が軟調な利幅見通しを示したことで同業銘柄が広く売られた。 セインズベリーは4.7%下落し3年近くぶりの安値をつけた。米ウォルマート<WMT .N>傘下のアスダを73億ポンドで買収する計画を英競争規制当局が阻止し、セインズベ リーは計画を撤回した。同業のオカドとテスコ...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 小幅続落。世界経済の減速や通商政策を巡る先行 き不透明感が相場を押し下げた。 米国と欧州連合(EU)の貿易摩擦によって市場心理が悪化した。また、世界経済への懸念から銅が値 下がりしFTSE350種鉱業株指数は1.58%低下した。 配当落ちした民放大手のITVと保険会社アビバ、資産運用会社スタンダード・ライフ ・アバディーンは3.1%から3.4%下落した。 一方、EUが英国の離脱期日について10月末まで延長することに合意し、英国内のエクスポージャー が高い銘柄は買われた。期日までに英国は合意なき離脱を避けるために打開策...

ロンドン株式市場=小幅続落、世界経済減速や通商政策巡る懸念が相場抑制

<株式指数> 終値 前日 % 前営業日終 コード 比 値 FTSE10 7417.95 -3.96 -0.05 7421.91 0種 ロンドン株式市場は小幅に続落して取引を終えた。世界経済の減速や通商政策を巡る 先行き不透明感が相場を押し下げた。 米国と欧州連合(EU)の貿易摩擦によって市場心理が悪化した。また、世界経済へ の懸念から銅が値下がりしFTSE350種鉱業株指数は1.58%低下し た。 配当落ちした民放大手のITVと保険会社アビバ、資産運用会社スタ ンダード・ライフ・アバディーンは3.1%から3.4%下落した。 一方、EUが...

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。米中通 商協議の進展を受けて鉱業銘柄が買われた。 米政府は、米中通商協議について「建設的で率直な」対話だったとの認識を示した。 発言を受けFTSE350種鉱業株指数は2.00%上昇した。金融大手H SBCや保険最大手プルーデンシャルなどアジアへのエクスポージャー が高い銘柄も値を上げた。 原油高に伴い原油・天然ガス株指数は1.24%上昇した。 英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が高まったにもかかわらず、英EU離脱に関 する不安を量る指標とみなされるアイルランドの主要株価指数は1.49%上昇...

ロンドン株式市場=続伸、鉱業銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7279.19 +44.86 +0.62 7234.33 種 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議の進展を 受けて鉱業銘柄が買われた。 米政府は、米中通商協議について「建設的で率直な」対話だったと の認識を示した。発言を受けFTSE350種鉱業株指数 は2.00%上昇した。金融大手HSBCや保険最大手プルー デンシャルなどアジアへのエクスポージャーが高い銘柄も値を 上げた。 原油高に伴い原油・天然ガス株指数は1.24%上昇 した。 英国の欧州連合(EU...

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 小幅続伸。英国が合意なしに欧州連合(EU)を 離脱する可能性が高まる中、投資家心理は良くなく、欧州株式相場と比べて緩慢な伸びにとどまった。 メイ英首相は議会に対して、離脱合意案を支持するように呼びかけた。英中銀イングランド銀行(BO E)のカーニー総裁は、合意なき離脱となった場合の経済的打撃について再度警告した。 議会は14日、離脱を巡って審議を行う。次の採決の日程は決まっていない。 合意なき離脱の打撃を受けやすいと見なされている住宅建設銘柄も落ち込んだ。バークレー・グループ とテイラー・ウィンペイ、パーシモン、バラット・デベロップメンツ...

ロンドン株式市場=小幅続伸、合意なき英EU離脱の不安で欧州株に劣る

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE10 7133.14 +4.03 +0.06 7129.11 0種 ロンドン株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。英国が合意なしに欧州連合(EU )を離脱する可能性が高まる中、投資家心理は良くなく、欧州株式相場と比べて緩慢な伸 びにとどまった。 メイ英首相は議会に対して、離脱合意案を支持するように呼びかけた。英中銀イング ランド銀行(BOE)のカーニー総裁は、合意なき離脱となった場合の経済的打撃につい て再度警告した。 議会は14日、離脱を巡って審議を行う。次の採決の日程は...

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 続落。金融と住宅建設銘柄が売られ、全体水準を 押し下げた一方、決算が好感された銘柄は買われた。 金融が部門別で最大の押し下げ要因となった。フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラル(ソジェン) が軟調な決算を発表し、5.7%下落。同業銘柄も連れ安となった。 住宅建設のバラット・デベロップメンツとバークレー・グループ、テイラー・ウィン ペイは0.3%から1.2%下落した。英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)が公表した調査に よると、向こう3カ月間の国内住宅販売見通しを示す指数が2018年12月に、過去最低水準に落ち込ん...

ロンドン株式市場=続落、金融と住宅建設銘柄売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6834.92 -27.76 -0.40 6862.68 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。金融と住宅建設銘柄が売られ、全体水準 を押し下げた一方、決算が好感された銘柄は買われた。 金融が部門別で最大の押し下げ要因となった。フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネ ラル(ソジェン)が軟調な決算を発表し、5.7%下落。同業銘柄も連れ安と なった。 住宅建設のバラット・デベロップメンツとバークレー・グループ、 テイラー・ウィンペイは0.3%から1.2%下落した。英王立公認不動産鑑定士...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up