for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Baker Hughes Co

BKR.N

現在値

22.17USD

変化

-0.38(-1.69%)

出来高

2,016,060

本日のレンジ

21.68

 - 

22.36

52週レンジ

9.12

 - 

24.04

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
22.55
始値
22.18
出来高
2,016,060
3か月平均出来高
145.42
高値
22.36
安値
21.68
52週高値
24.04
52週安値
9.12
発行済株式数
1,034.00
時価総額
22,951.64
予想PER
32.70
配当利回り
3.25

次のエベント

Q1 2021 Baker Hughes Co Earnings Release

適時開示

その他

Baker Hughes Says Delivered Over $700 Mln Of Annualized Cost Savings In 2020 - Conf Call

Baker Hughes Says Worldwide Rig Count For October Was 1,016

Baker Hughes Declares Quarterly Dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Baker Hughes Coとは

ベーカー・ヒューズ(Baker Hughes Co)(旧名:Baker Hughes, a GE Company)は、油田サービス会社である。【事業内容】油田製品、サービス及びデジタルソリューションを提供する。4つの事業セグメントを通じて運営する。油田サービス(OFS)事業は、掘削、評価、完成、生産、介入に至るまで、油井のライフサイクル全体にわたるオンショア及びオフショアの運用のための製品及びサービスを提供する。油田機器(OFE)事業は、海底坑口から地表生産施設への炭化水素の流れを促進するために必要な製品及びサービスのポートフォリオを提供する。ターボ機械及びプロセスソリューション(TPS)事業は、石油及びガス産業全体の機械駆動、圧縮及び発電アプリケーションに機器及び関連サービスを提供する。デジタルソリューション(DS)事業は、資産集約型産業の健康、生産性及び安全性のためのオペレーティングテクノロジー、並びに産業用モノのインターネットを可能にする。

業種

Oil Well Services & Equipment

連絡先

17021 Aldine Westfield Rd

HOUSTON, TX

77073-5101

United States

+1.713.4398600

https://www.bakerhughes.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lorenzo Simonelli

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Brian Worrell

Chief Financial Officer

Maria Claudia Borras

Executive Vice President - Oilfield Services

Roderick Christie

Executive Vice President - Turbomachinery and Process Solutions

Neil Saunders

Executive Vice President - Oilfield Equipment

統計

2.07 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

22.9K

2019

23.8K

2020

20.7K

2021(E)

20.5K
EPS (USD)

2018

0.640

2019

0.850

2020

0.030

2021(E)

0.625
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.11
株価純資産倍率(四半期)
1.26
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
41.84
長期負債/資本(四半期)
36.97
投資利益率(過去12カ月)
-44.37
自己資本利益率(過去12カ月)
-34.49

最新ニュース

最新ニュース

米シュルンベルジェ、5四半期ぶり売上増 需要が回復

米石油サービス大手シュルンベルジェが22日発表した2020年第4・四半期決算は、売上高が5四半期ぶりに増加に転じ、市場予想を上回った。掘削需要が増加するなどした。

原油先物は1%安、コロナ懸念で先週末から下げ続く

18日のアジア時間の原油先物は下落。2%超下げて終了した先週末から下げ続けている。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、8週連続増加=ベーカー・ヒューズ

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した15日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比13基増の373基で昨年5月以来の高水準となった。原油価格が約1年ぶりの高値まで回復する中、8週連続の増加となった。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、7週連続増加=ベーカー・ヒューズ

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した8日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比9基増の360基で5月以来の高水準となった。増加は7週連続で、原油価格の上昇を受け生産再開の動きが加速している。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、6週連続増加=ベーカー・ヒューズ

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した30日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比3基増の351基となった。増加は6週連続で原油相場が1バレル=45ドルを上回る水準を維持する中、生産再開の動きが出ている。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週連続の増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した23日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比2基増の348基となった。増加は5週連続。

原油先物は上昇、米在庫減少や英EU貿易交渉への期待で

アジア時間24日の原油先物相場は上昇。米国の原油・ガソリン在庫が減少したことで、需要拡大への期待が広がっている。英国と欧州連合(EU)が貿易交渉で合意する可能性があるとの見方も支援材料。

原油先物下落、コロナ変異種巡る懸念で

原油先物価格は21日のアジア時間の取引で下落した。英国で感染力が従来のものより最大で7割高いとみられる変異種の新型コロナウイルスの感染が拡大、同国および他の欧州諸国の制限強化で世界経済や原油需要の回復が遅れるとの懸念が広がっている。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、4週連続の増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した18日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比8基増の346基となった。

原油先物は7週続伸、コロナワクチンの展開好感

米国時間の原油先物価格は、9カ月ぶり高値に上昇した。週間でも7週連続の上昇。新型コロナウイルスワクチンの展開やドル安が背景。

原油先物は一段高、石油タンカー爆発で需給ひっ迫懸念

アジア時間の原油先物は上昇し、北海ブレント先物は1バレル=50ドルを回復した。新型コロナウイルスワクチンの供給開始で世界の燃料需要が押し上げられるとの期待感が背景にある。また、サウジアラビアで石油タンカーが爆発したと伝わると、需給ひっ迫懸念が浮上し、買いが広がった。

原油先物は小幅高、ワクチン供給開始による需要改善への期待で

アジア時間の原油先物は小幅に上昇し、北海ブレント先物は1バレル=50ドルを回復した。新型コロナウイルスワクチンの供給開始で世界の燃料需要が押し上げられるとの期待感が背景にある。英国と欧州連合(EU)による通商協議の期限延長も支援材料となった。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、1月以来の大幅増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した11日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比15基増の338基となった。1月以来の大幅な増加となった。

原油先物は下落、コロナ感染拡大が重し

原油先物価格は7日、下落している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各国で行動規制が再び導入されていることが背景。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、3基増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した4日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比3基増の323基となった。

原油先物は下落、OPECプラス会合控え

原油先物価格は約1%下落している。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OEPCプラス」の会合を前に警戒ムードが広がっている。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、10基増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した25日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比10基増の320基となった。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、10週ぶり減少=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した20日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比2基減の310基と、10週間ぶりに減少した。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、9週連続増=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズ<BKR.N>が発表した13日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比12基増の312基と5月以来の高水準となった。増加は9週連続。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、8週連続で増=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズ<BKR.N>が発表した6日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比4基増の300基だった。2018年6月以降で初めて、8週連続での増加を記録した。リグ稼働数は5月以来の高水準となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up