for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BlackRock, Inc.

BLK.N

現在値

418.07USD

変化

-8.46(-1.98%)

出来高

138,294

本日のレンジ

411.46

 - 

431.62

52週レンジ

323.98

 - 

576.81

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
426.53
始値
426.71
出来高
138,294
3か月平均出来高
20.44
高値
431.62
安値
411.46
52週高値
576.81
52週安値
323.98
発行済株式数
154.83
時価総額
66,038.59
予想PER
--
配当利回り
3.40

次のエベント

Q1 2020 BlackRock Inc Earnings Release

適時開示

その他

Executives From Some Asset Managers Told BoE's New Governor That Financial Markets Should Close For Two Weeks- WSJ

Blackrock Now Owns 5.02% Of Total Issued Shares Of Sibanye Stillwater

Blackrock Long Term Private Capital To Invest In Luxury Fragrance Company Creed In Partnership With Industry Leading Executive Javier Ferrán

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BlackRock, Inc.とは

ブラックロック(BlackRock, Inc.)は、投資管理会社である。【事業内容】同社は、世界中の機関及び小売顧客に、多様な投資及びリスク管理サービスを提供する。同社は資産クラスでアクティブ(アルファ)及びインデックス(ベータ)投資戦略のプラットフォームを多様化して、顧客のために投資成果及び資産配分ソリューションを調整する。同社はシングル及びマルチ資産クラスポートフォリオを提供し、株式・債券・代替製品・金融市場の商品に投資する。同社は直接にあるいは仲介業者を通じてオープンエンド及びクローズド・エンド型ミューチャル・ファンド、iShares為替取引ファンド(ETFs)、分離勘定資産及び集団投資ファンド等の投資手段で商品を提供する。同社はBlackRock Solutionsという名の下で、機関投資家及びウェルスマネジメント仲介業者に、アラジン投資システム、リスク管理サービス、アウトソーシングサービス、アドバイザリーサービス及びテクノロジーサービスを提供する。

連絡先

55 E 52nd St

NEW YORK, NY

10055-0002

United States

+1.212.8105300

http://www2.blackrock.com

エグゼクティブリーダーシップ

Laurence D. Fink

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Robert S. Kapito

President, Director

Rob L. Goldstein

Chief Operating Officer, Senior Managing Director, Global Head of BlackRock Solutions

Christopher J. Meade

Chief Legal Officer, General Counsel, Senior Managing Director

Geraldine Buckingham

Senior Managing Director, Head of Asia Pacific

統計

1.94 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

12.5K

2018

14.2K

2019

14.5K

2020(E)

15.0K
EPS (USD)

2017

22.600

2018

26.930

2019

28.480

2020(E)

28.743
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.54
株価純資産倍率(四半期)
1.96
株価キャッシュフロー倍率
13.39
総負債/総資本(四半期)
14.77
長期負債/資本(四半期)
14.77
投資利益率(過去12カ月)
2.84
自己資本利益率(過去12カ月)
2.76

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

トランプ米大統領は1日、中国が公表している新型コロナウイルスの感染状況に関する統計について、「やや少ない」ようだとの見解を示した。一方、トランプ大統領の補佐官は政府として中国の統計が正確かどうか判断できないと指摘した。[nL4N2BQ223]

世界経済、上期11%縮小の恐れ 新型コロナで=ブラックロック

米資産運用大手ブラックロック<BLK.N>のマネジングディレクター、アメール・ビサット氏は1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界経済が今年上期に11%縮小し、経済生産が6兆ドル失われる可能性があるとの見通しを示した。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は1日、新型コロナウイルス感染の「急速な加速と世界的な拡大」に深い懸念を表明し、新型コロナ感染症による死者と感染者が今後数日でさらに増加するとの見通しを示した。

世界経済、上期11%縮小の恐れ 新型コロナで=ブラックロック

米資産運用大手ブラックロックのマネジングディレクター、アメール・ビサット氏は1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界経済が今年上期に11%縮小し、経済生産が6兆ドル失われる可能性があるとの見通しを示した。

「株式に戻る時」、ブラックロックなど推奨 各国の刺激策受け

米資産運用大手ブラックロックと金融大手クレディ・スイスは26日、新型コロナウイルス対策として各国政府や中央銀行が打ち出した景気刺激策により今週になって株式市場が回復していることを受け、株式投資に戻るタイミングだという考えを示した。

米大手金融機関、今年の賞与は約30%減に 新型コロナでレイオフも

業界関係者や銀行幹部によると、新型コロナウイルスの感染拡大によってリセッション(景気後退)が想定される中、米大手金融機関の今年のボーナスは約30%減少する見通し。レイオフ(一時解雇)も検討されている。

米FRB、CMBS購入代行機関にブラックロック選定

米連邦準備理事会(FRB)は、今週発表した商業用不動産担保ローン証券(CMBS)購入を代行する機関に米資産運用大手ブラックロックを選定した。

世界の金融大手、新型コロナでも上海への投資強化=市政府

上海市政府は20日、新型コロナウイルスの感染が広がる中でも、中国の金融ハブである同市では複数の大手金融機関が投資を増やしていると述べた。

JPモルガンとゴールドマン、新型コロナ対策強化 在宅勤務義務化

米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>とゴールドマン・サックス<GS.N>は12日、新型コロナウイルス対策を強化し、これまで任意としてきた在宅勤務を義務付ける方針を示した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(11日現在)

中国本土で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急対応レベルを引き下げ、人やモノの移動制限を緩和する地域が増えている。10日には習近平国家主席がウイルスの発生源である湖北省武漢市を訪問した。

欧米の大手金融機関、新型コロナ対策を強化 隔離措置や在宅勤務

欧米の大手金融機関が新型コロナウイルス対策を強化している。

孫ソフトバンクG社長、NYで投資家イベント 出資先企業を紹介

ソフトバンクグループ<9434.T>の孫正義会長兼社長は3日、ニューヨークで、出資先の未上場企業を米ウォール街の投資家に紹介するためのイベントを初めて開催した。

米JPモルガン、25日に新たな気候変動対策公表 投資家説明会で

米銀行大手JPモルガン・チェース<JPM.N>は25日に開催する投資家向け説明会(インベスター・デー)で、新たな気候変動対策を発表する。石炭鉱業や北極圏での掘削事業への融資を制限する計画や、持続可能な事業への2000億ドル規模の支援策が盛り込まれている。

各国企業はCOP26までに温暖化対策とりまとめを=カーニー英中銀総裁

イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁は、ロイターのインタビューに応じ、第26回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP26)が開催される11月までに各国の企業が温室効果ガスの排出削減やクリーンエネルギ拡大に向けた戦略を発表するよう求めた。

日本は温室効果ガス削減強化を、機関投資家団体が安倍首相に書簡

運用資産が合計で37兆ドルに上る複数の機関投資家団体は、安倍晋三首相に公開書簡を送り、温室効果ガス排出量を一段と削減するよう求め、日本政府に前向きな動きがあれば、今年11月の気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を前に国際的な環境対策強化につながると指摘した。

コラム:企業融資の決定権握る銀行、気候変動に大きな役割

銀行業界は、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で地球温暖化問題を巡って白熱した議論が行われている現実を肌で感じつつある。今年のダボス会議は、気候変動が支配的なテーマだ。資産運用で世界最大手の米ブラックロック<BLK.N>は、気候変動に十分な手を打たない企業の意思決定に株主総会で反対すると約束しており、一部企業の行動を変えられるかもしれない。ただし規制当局が銀行に、気候変動に付随するリスクを適切に管理せよと要求する方が効果はあるだろう。

ブラックロックが投資再配分の方針、気候変動対策の強化求める

米資産運用大手ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は出資先企業のCEOに宛てた年次書簡で、各社の取締役会は気候変動問題への取り組みを強化しなければさらに投資家の怒りを買うことになると警告した。投資家は持続不可能な事業慣行によって将来、自身の資産が減ってしまうのではないかと懸念していると指摘した。

コラム:ブラックロック、気候変動で言行不一致を軌道修正へ

世界最大の資産運用会社、米ブラックロック(運用額約7兆ドル)<BLK.N>は9日、企業に温室効果ガス排出削減などを促す機関投資家の取り組み「気候アクション100プラス」に参加した。これは気候変動問題で言行が一致しない同社の姿勢を軌道修正する1つの方法だ。

焦点:サウジ投資会議、人権問題やアラムコ上場遅れで存在感低下

サウジアラビアの首都リヤドで来週29─31日に、年次投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)」が開催される。

アングル:米公的年金基金、制裁対象の中国監視カメラ企業に投資

米国で最も規模が大きい公的年金基金の幾つかが、米政府の制裁対象になった中国の監視カメラメーカーに投資していたことが分かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up