for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラックロック

BLK.N

現在値

867.82USD

変化

0.72(+0.08%)

出来高

26,883

本日のレンジ

860.00

 - 

869.46

52週レンジ

451.41

 - 

869.46

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
867.10
始値
860.44
出来高
26,883
3か月平均出来高
12.91
高値
869.46
安値
860.00
52週高値
869.46
52週安値
451.41
発行済株式数
152.63
時価総額
132,350.60
予想PER
22.95
配当利回り
1.91

次のエベント

BlackRock Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

BlackRock Inc's Long Position In ENN Energy Rises To 6.01% - HKEX Filing

Blackrock held 5.12% of UniCredit as of Apr.23 - filing

Honest Company Inc Sees IPO Of Up To 25.81 Million Shares Of Common Stock Priced To Be Between $14.00 And $17.00 Per Share - SEC Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラックロックとは

ブラックロック(BlackRock, Inc.)は、投資管理会社である。【事業内容】同社は、世界中の機関及び小売顧客に、多様な投資及びリスク管理サービスを提供する。同社は資産クラスでアクティブ(アルファ)及びインデックス(ベータ)投資戦略のプラットフォームを多様化して、顧客のために投資成果及び資産配分ソリューションを調整する。同社はシングル及びマルチ資産クラスポートフォリオを提供し、株式・債券・代替製品・金融市場の商品に投資する。同社は直接にあるいは仲介業者を通じてオープンエンド及びクローズド・エンド型ミューチャル・ファンド、iShares為替取引ファンド(ETFs)、分離勘定資産及び集団投資ファンド等の投資手段で商品を提供する。同社はBlackRock Solutionsという名の下で、機関投資家及びウェルスマネジメント仲介業者に、アラジン投資システム、リスク管理サービス、アウトソーシングサービス、アドバイザリーサービス及びテクノロジーサービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

55 E 52nd St

NEW YORK, NY

10055-0002

United States

+1.212.8105300

https://www.blackrock.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Laurence D. Fink

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Robert S. Kapito

President, Director

Robert L. Goldstein

Chief Operating Officer, Senior Managing Director, Global Head of BlackRock Solutions

Christopher J. Meade

Chief Legal Officer, General Counsel, Senior Managing Director

Geraldine Buckingham

Senior Managing Director, Head of Asia Pacific

統計

1.88 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

14.2K

2019

14.5K

2020

16.2K

2021(E)

18.7K
EPS (USD)

2018

26.930

2019

28.480

2020

33.820

2021(E)

37.082
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.83
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
20.91
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

ブラックロック、持続可能性を重視 気候関連の株主提案に賛成票

米資産運用大手ブラックロックが、気候変動、その他持続可能性の問題への取り組みを重視し、投資先企業により厳しい目を向けている。第1・四半期に実施された株主総会では、会社提案に反対したケースが前年同期より増え、株主提案への賛同が増えた。

米ブラックロック、米債見通しを1ノッチ引き上げ 金利上昇受け

米資産運用大手ブラックロックは26日、最近の急激な金利上昇を受け、米債に対する見通しを「アンダーウエート」のまま1ノッチ引き上げた。ただ、短期金利はゼロ近辺で引き続き推移すると見込んだ。

EU、入札での利益相反公表義務付け検討 ブラックロック問題で

欧州委員会が欧州連合(EU)の新たな金融規制立案にあたり、米資産運用大手ブラックロックの傘下部門に域内銀行の調査を委託したことが問題視された件で、欧州委は19日、今後EUが出資する契約に入札する事業者に利益相反の公表を義務付けることを検討すると明らかにした。

配車大手グラブ、過去最大のSPAC上場へ 評価額約400億ドル

東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大の約400億ドル

東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。グラブの企業価値は約396億ドルとなり、SPACとの合併としては過去最大規模。

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離れ加速も

ニューヨークのバンカーやファンドマネジャーは、世界有数の金融都市で働くため、これまで高い税率を受け入れてきた。ただ、ニューヨーク州で富裕層の増税が導入されれば、金融業界ではニューヨークから離れる動きが広がる可能性がある。

ブラックロックCEO、気候問題で非公開企業の開示拡大要求

資産運用世界最大手、米ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は7日、気候変動問題への対応といった持続可能な社会の実現に向け、非公開企業の情報開示義務を拡大するよう求めた。

ビザ、暗号資産による決済に向け準備

クレジットカード大手ビザは29日、暗号資産(仮想通貨)の一種で米ドルに連動するステーブルコインの「USDコイン(USDC)」による決済を認める方針を表明した。

米銀の配当や自社株買いは可能、コロナ禍の回復に自信=イエレン氏

イエレン米財務長官は24日、米国内の銀行は配当金支払いや自社株買いが認められるほど健全であると述べ、新型コロナウイルス禍からの回復に自信を示した。

ブラックロック、投資先に「自然資本」のリスク管理や情報開示要求

資産運用世界最大手のブラックロックは18日、水や森林などの「自然資本」に依存する企業や自然生息地に影響を及ぼす企業に対し、森林破壊を行わない方針や生物多様性に関する戦略を公表するよう求めた。

アングル:「物言う株主」と企業統治で攻防、東芝が臨時総会

東芝が18日に開く臨時株主総会は、昨夏の定時株主総会の運営を巡り、筆頭株主エフィッシモ・キャピタル・マネジメントが提案した第三者による調査委員会の設置が争点の1つになる。

UPDATE 1-世界の有力機関投資家、東芝臨時総会での株主提案に賛意

東芝が今週開催する臨時株主総会を前に、複数の世界の有力な機関投資家が株主提案に賛成の意向を示している。シンガポールの投資ファンドで東芝の筆頭株主のエフィッシモ・キャピタル・マネジメントは昨年の定時総会の運営の適正性について調査を求めており、有力な投資家がこれを後押しすることは、株主提案に反対している経営陣への逆風となりそうだ。

EUの新金融開示規則、ブラックロックは17%が持続可能に分類

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは10日、欧州連合(EU)の「サステナブルファイナンス開示規則(SFDR)」の対象となる運用資産2兆ユーロ(2兆4000億ドル)のうち、17%が持続可能なものとして分類されると明らかにした。

コラム:香港がSPAC上場認可を検討、裏口上場の苦い記憶は

証券取引所たるもの、ライバルの動向に目を光らせて当然だ。香港取引所もこの精神にのっとろうとしている。ニューヨークの2取引所が特別買収目的会社(SPAC)の上場認可で成功したのをきっかけに、これに追随することを検討しているのだ。ただ香港は、「裏口上場」を抑止するための長い闘いで勝利を収めたばかりだ。一方で、SPACとは、その裏口上場をいわば可能にするために存在する形態だ。香港が長年にわたった論議を再開することの利点は定かでない。

みずほFGが東芝株5.07%保有、東証1部復帰で保有率上昇

みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行、みずほ証券、アセットマネジメントOneの3社が、東芝株5.07%を保有していることが明らかになった。みずほ銀行が5日、大量保有報告書を関東財務局に提出した。

ブラックロック、東芝株5.21%を保有 第3位株主に

投資ファンドのブラックロックが、東芝株5.21%を保有していることが明らかになった。ブラックロック・ジャパンが4日、関東財務局に大量保有報告書を提出した。

ソフトバンクG出資のロボット会社上場へ、SPACと27億ドル規模の合併

ソフトバンクグループが出資するロボット開発会社バークシャー・グレイは24日、特別買収目的会社(SPAC)のレボリューション・アクセラレーション・アクイジションと27億ドル規模の合併を通じて上場することで合意したと発表した。

米財務副長官指名のアデイエモ氏、対中強硬路線を表明

米財務副長官に指名されているウォリー・アデイエモ氏は23日、上院財政委員会で開かれた承認公聴会で、中国は「米国の最大の戦略的な競争相手」とし、同国が企業に対し公平な競争の場を提供するよう、他の国とともに取り組んでいくと述べた。

ファンドビュー:ブラックロック、株式を選好 日本株はアンダーウエート

世界最大の資産運用会社ブラックロックは、新型コロナウイルスワクチンの普及に加え、今年の米国の財政支出が最大2兆8000億ドルに達する可能性を考慮し、国債に対するスタンスを引き下げ、株式を選好する姿勢を示した。

投資資金は持続可能な事業に向かう=ブラックロックCEO

米資産運用会社ブラックロック のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は18日、投資家が気候変動といった問題に一段と焦点を当てるようになり、持続可能な事業目標を持たない企業への投資は細っていくとの見通しを示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up