for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank of Montreal

BMO.TO

現在値

101.81CAD

変化

0.00(0.00%)

出来高

546,104

本日のレンジ

101.51

 - 

101.91

52週レンジ

88.24

 - 

106.51

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
101.81
始値
101.70
出来高
546,104
3か月平均出来高
36.79
高値
101.91
安値
101.51
52週高値
106.51
52週安値
88.24
発行済株式数
639.23
時価総額
65,062.01
予想PER
--
配当利回り
4.16

次のエベント

BMO Capital Markets Global Metals & Mining Conference

適時開示

その他

BMO Financial Group To Acquire Clearpool Group Inc

BMO CEO Says Will Buy Back More Shares Toward End Of Year If Capital Ratios Continue To Build-Conference

BMO Financial Group Increases Common Share Dividend By 3 Cents

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Bank of Montrealとは

バンク・オブ・モントリオール(Bank of Montreal)は金融サービスのプロバイダーである。【事業内容】個人・商業銀行(P&C)、資産管理、投資銀行の多様な商品及びサービスを提供する。3つの事業グループを通じて事業を展開する。P&C事業には、カナダの個人及び商業銀行(カナダのP&C)と米国の個人及び商業銀行(米国のP&C)など、2つのリテール及びビジネスバンキング事業セグメントが含まれる。資産管理事業は、保険を含むウェルスマネジメント製品及びサービスの提供により、主流から超富裕層及び機関投資家まで、幅広い顧客セグメントにサービスを提供する。ビーエムオー(BMO)キャピタルマーケット事業は、北米を拠点とする金融サービスプロバイダーであり、企業、機関、政府のクライアントに多様な製品とサービスを提供する。カナダと米国に約900を超える銀行支店がある。

連絡先

1 First Canadian Place

+1.416.8677191

https://www.bmo.com/

エグゼクティブリーダーシップ

J. Robert S. Prichard

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Darryl White

Chief Executive Officer, Director

Thomas E. Flynn

Chief Financial Officer

Daniel D. Barclay

Chief Executive Officer & Group Head, BMO Capital Markets

David R. Casper

U.S. Chief Executive Officer, BMO Financial Group, Chair and Chief Executive Officer, BMO Harris Bank N.A. and Group Head, North American Commercial Banking

統計

2.79 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CAD)

2017

22.3K

2018

23.0K

2019

23.1K

2020(E)

23.8K
EPS (CAD)

2017

8.130

2018

8.990

2019

9.430

2020(E)

9.798
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.75
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.55
株価純資産倍率(四半期)
1.40
株価キャッシュフロー倍率
9.95
総負債/総資本(四半期)
287.93
長期負債/資本(四半期)
57.55
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.71

最新ニュース

最新ニュース

カナダ、国内行の資本要件引き上げ 債務増大のリスクに対応

カナダ金融機関監督庁(OSFI)は10日、家計と企業の債務が過去最高水準に迫る中、潜在リスクへの対応に向け銀行資本要件を強化すると発表した。

米規制当局、外銀19行の「生前遺言」承認

米銀行規制当局は29日、外銀19行が提出した、経営破綻時の円滑な処理の道筋を予め定めておく「リビングウィル(生前遺言)」について、おおむね満足できるものだったとして承認した。

米国のNAFTA離脱を警戒するカナダ企業、具体策打ち出せず

米国が北米自由貿易協定(NAFTA)を離脱した場合、カナダ国内の自動車やアルミ、エネルギーなどの産業は特に大きな影響を受けると予想されている。ただ、NAFTA後の状況を見極めるのは難しく、具体的な策を打ち出せずにいる企業が多い。

〔マーケットアイ〕外為:ドル114円前半、加ドル/円は大手行格下げで83円付近まで下押し

カナダドルは1米ドル=1.3728ドル付近。朝方にカナダの大手銀が格下げされたことを受け、1.36ドル前半から1.3742ドル付近まで弱含んだが、目下、売り一巡したもよう。

ドル114円前半で下げ渋り、6月利上げ観測が下支え

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、若干ドル安/円高の114円前半。米格付け機関がカナダの大手銀を格下げしたことを受け、カナダドルが対米ドルや対円で下落した。ドル/円では、国内輸出企業などからじわりと売りが出たが、引き続き米国の6月利上げ観測が支えとなり、下げは限定的となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up