for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Banca Monte dei Paschi di Siena SpA

BMPS.MI

現在値

1.42EUR

変化

-0.01(-0.91%)

出来高

1,886,354

本日のレンジ

1.41

 - 

1.45

52週レンジ

0.99

 - 

1.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1.43
始値
1.45
出来高
1,886,354
3か月平均出来高
60.40
高値
1.45
安値
1.41
52週高値
1.75
52週安値
0.99
発行済株式数
1,104.01
時価総額
1,628.33
予想PER
12.73
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Banca Monte dei Paschi di Siena SpA Earnings Release

適時開示

その他

Monte Paschi says ECB set 10.14% minimum CET 1 ratio requirement for 2020

Monte dei Paschi cut Italian sovereign portfolio by around 1 bln euros in Q3

Monte Dei Paschi preparing liquidity to reimburse government-guaranteed bonds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Banca Monte dei Paschi di Siena SpAとは

バンカ・モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(Banca Monte dei Paschi di Siena SpA)はイタリア会社であり、銀行業に従事する。【事業内容】同社は伝統的銀行サービス、資産管理、並びに生命保険、年金基金と投資信託などのプライベート・バンキングサービスを提供する。同社は3事業セグメントを通して運営する。個人向け銀行業務セグメントは、消費者ローン、小売顧客向けの金融・非金融サービス、個人顧客向けの資産管理と財務計画等を提供する。法人向け銀行業務セグメントは、中小企業、機関と行政部門、並びに大手企業グループや金融機関における法人を標的としてグループ業務を監督する。企業センターセグメントは非部門化事業団体と小規模会社業務を処理する。平成24年12月28日、同社はCassa di Risparmio di Biella e Vercelli (Biverbanca)における持ち分の60.42%をCassa di Risparmio di Astiに売却完了した。

業種

Regional Banks

連絡先

Piazza Salimbeni, 3

+39.0577.294111

https://www.mps.it/

エグゼクティブリーダーシップ

Stefania Bariatti

Chairperson

Marco Morelli

Chief Executive Officer, General Manager

Antonino Turicchi

Vice Chairman of the Board

Andrea Rovellini

Chief Financial Officer, Senior Deputy General Manager

Vittorio Calvanico

Chief Operating Officer

統計

3.00 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

4.3K

2017

4.0K

2018

3.3K

2019(E)

3.2K
EPS (EUR)

2016

-33.800

2017

-6.560

2018

0.252

2019(E)

0.112
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.45
株価純資産倍率(四半期)
0.16
株価キャッシュフロー倍率
3.63
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.12

最新ニュース

最新ニュース

モンテパスキ損失隠し疑惑、ドイツ銀と野村の元従業員に有罪判決

イタリアの裁判所は8日、大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテパスキ)<BMPS.MI>の損失隠しに関与したとして、ドイツ銀行<DBKGn.DE>と野村ホールディング<8604.T>の元従業員13人に有罪判決を下した。

コラム:伊の銀行不良債権処理が進展、欧州銀行同盟を後押し

イタリアの銀行の不良債権問題の前途には、光明が見えている。各行が積極的な処理を進めた結果、不良債権総額はピークだった2015年の3410億ユーロ(3820億ドル)から半減した。貸出債権の不良化ペースも緩やかになってきた。欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン次期委員長にとっては、銀行同盟の完成への道筋を整備する上で、ハードルが1つ少なくなる。

イタリアの50年債に旺盛な需要、約170億ユーロの応募

財政赤字を巡る欧州連合(EU)の是正手続きを回避し、ユーロ圏の緩和的金融政策が続くとの観測が広がる現在の市場の好環境を利用し、2016年に発行した50年債の追加発行に踏み切る。

再送-イタリア、50年債の発行手続き開始

イタリア政府は9日、50年債の募集を開始した。財政赤字を巡る欧州連合(EU)の是正手続きを回避し、ユーロ圏の緩和的金融政策が続くとの観測が広がる現在の市場の好環境を利用し、2016年に発行した50年債の追加発行に踏み切る。

欧州委、イタリア銀巡る裁判で上訴

欧州連合(EU)の下級審に相当する一般裁判所が今年3月、イタリアで5年前に実施された貯蓄銀行の救済措置はEUが禁止する国家補助に当たらないとの判断を示したことについて、欧州委は判決を不服として上訴した。今回の動きは欧州委のベステアー委員(競争政策担当)によるイタリア政府へのけん制と考えられる。

伊、カリジェやモンテ・パスキを健全な銀行と合併させる案を検討=関係筋

イタリア政府が、経営難に陥っている中堅銀行バンカ・カリジェや2017年に救済され政府が株式を保有しているモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)を、UBIなどの健全な競合他社と合併させる選択肢を検討していることが関係筋の話から明らかになった。

UPDATE 1-伊カリジェ銀、債券発行の政府保証を正式要請=経財相

経営難のイタリア中堅銀行、バンカ・カリジェが、債券発行の政府保証を正式に要請した。トリア経済・財政相が17日、議会の公聴会で明らかにした。

伊銀バンカ・カリジェ、債券発行の政府保証正式要請=経財相

経営難のイタリア中堅銀行、バンカ・カリジェが、債券発行の政府保証を正式に要請した。トリア経済・財政相が17日、議会のヒアリングで明らかにした。

ECB、不良債権の引当金積み増しに期限設定へ 伊銀株急落

イタリア紙イル・ソーレ・24・オーレ紙は15日、関係筋の話として、欧州中央銀行(ECB)が監督対象の銀行に対し、不良債権を完全に処理するための資金を2026年ごろまでに積み増すよう要請したと報じた。

ECB、2026年頃までに不良債権向け引当金の積み増し要請=伊紙

イタリア紙イル・ソーレ・24・オーレ紙は15日、関係筋の話として、欧州中央銀行(ECB)が監督対象の銀行に対し、不良債権を完全に処理するための資金を2026年ごろまでに積み増すよう要請したと報じた。

欧州銀行ストレステスト、英銀苦戦 ECBは衝撃への耐性強化と評価

欧州連合(EU)の銀行監督機関である欧州銀行監督機構(EBA)が2日公表した銀行ストレステスト(健全性審査)の結果で、イタリアのバンコBPM<BAMI.MI>と並び、英国のバークレイズ<BARC.L>とロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が予想外に苦戦していることが判明した。

イタリア政府、必要に応じて銀行支援策を準備=関係筋

イタリアのコンテ首相はトリア経済・財務相に対し、銀行支援が必要になった場合の対応策を準備するよう要請した。政府関係筋が29日、ロイターに対し明らかにした。

欧州当局、伊銀の流動性監視を強化 国債利回り上昇で警戒=EU筋

イタリア国債利回りが大きく上昇する中、欧州の銀行監督当局がイタリアの銀行について流動性状況の監視を強めていることが9日、EU当局筋の話で明らかになった。ただ現時点では警戒の必要はないとしている。

イタリア、銀行の税制優遇措置の縮小検討 予算手当てで=政府筋

イタリア政府関係筋は4日、政府が来年度予算の財源を手当てする措置の一環として国内銀行に対する税制優遇措置を縮小することを検討していると明らかにした。

来年のイタリア経済、成長率低下で赤字拡大へ=経済相

イタリアのトリア経済・財務相は8日、ソレ24オレ紙とのインタビューで来年の同国経済について、成長率の低下によって財政赤字が増大し、公的債務の削減が遅れるとの見方を示した。ただ、堅実な財政政策に注力する方針は変わらないと改めて表明した。

焦点:イタリアの銀行再生に暗雲、政局迷走が生むリスク

イタリア政治の迷走が、銀行業界にも長い影を落としている。多年にわたる国内銀行の再建努力を水泡に帰し、資産価値を損ない、資金アクセスを困難にして、さらにユーロ離脱懸念が再燃する恐れがあるためだ。

モンテ・パスキCEO、公的管理脱却策は19年まで提示と認識=報道

イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)<BMPS.MI>のマルコ・モレリ最高経営責任者(CEO)は、イタリア政府は2019年までに、同行の公的管理脱却計画を欧州連合(EU)欧州委員会に提示する必要があるとの認識を示した。

伊モンテ・パスキ、第1四半期は黒字転換

イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)が発表した第1・四半期決算は、純損益が1億8800万ユーロ(2億2400万ドル)の黒字に転換した。

不良債権処理、域内行の計画に満足なら新規制は延期=ECB高官

欧州中央銀行(ECB)の銀行監督部門高官は27日、域内銀行の不良債権の処理計画に満足した場合は、引当金計上などの新たなガイドライン(指針)を延期すると示唆した。

イタリア中銀、ECBからの引当金増額要求に条件の緩和求める=関係筋

欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏内の銀行に貸倒引当金の積み増しを要請する方針を示したことに対し、イタリア中央銀行は条件の緩和を求めている。同中銀の関係筋がロイターに対し明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up